ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.01.29

ウィズコロナ

最近、よく耳にする言葉に

「ウィズコロナ」というのがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィズコロナ時代の働き方、とか、

ウィズコロナ下での経営戦略、とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ウィズコロナ」は「with corona」であって、

「コロナウイルスの感染蔓延が続く情勢下の」、

という意味であることは

直感的にわかりますが、

和製英語です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語圏では「new normal」というらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、「new normal」は

新型コロナウイルスの感染拡大によって

新たになった生活様式、社会常識、

といった意味でしょうから、

日本語の「ウィズコロナ」と完全に同義ではありませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じように「アフターコロナ」も和製英語です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語では、「post-pandemic」あるいは「post-covid」

などというようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも日本人は和製英語を作るのが好きらしい。

Go To~」もしかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一見英語のようで英語でない和製英語は実は多く、

ベース・アップ、ケース・バイ・ケース、アフターサービスなどは

全て和製英語でガイジンには通じません。

ライブハウスもそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンタジックという言葉は、

ファンタジーの形容詞と思われるかもしれませんが、

英語にfantasicという単語はありません。

fantasyの形容詞はfantasticです。

高校の時旺文社のラジオ講座で

講師の先生が言ってたのを覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが「fantasic」は英語の辞書には乗っていませんが、

「ファンタジック」はたいがいの国語辞典に載っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近、個人的に気になるのが、

食レポなどでよく耳にする

「ボリューミー」という形容詞(?)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも、英語の辞書にはありませんね。

ワタシなどは聞くたびに、何だよボリューミーって、

とツッコミたくなるのですが、

NHKのレポーターも使ってるので、

そろそろ国語辞典に載りそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
医療系をまとめました。
2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ