ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.01.15

風が吹けば

 聴力の中で低い音の聴こえだけが悪くなる

低音障害型感音難聴は、比較的多い疾患です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明確な原因は不明ですが、

ストレスや不眠などに伴う循環不全が原因になるといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いったん治っても、

またストレスなどを誘因に再発することが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何年か前にも当院でこの病気を治療した方が、

また、再発で再受診しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何か、原因に思い当たることはありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、去年から仕事が忙しくて忙しくて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この方は獣医さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、獣医さんがそんなに忙しいのだろう。

新型コロナの影響で一般のニンゲンの病院は

どこも患者数が減少してるというのに・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は理由があったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この獣医さんはイヌの鳴き声を小さくする手術をやっていますが、

その予約が昨年からびっしりなんだそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ステイホーム、在宅ワークになって、

多くのヒトが自宅で過ごす時間が増えると、

今までは問題にならなかった

ペットの鳴き声に対する隣家からのクレームが、

急増したらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クレームが来る前に処置を、

というケースもあわせてこの手術のために

遠方からも予約がひっきりなしに入るとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、コロナが流行ると、獣医が難聴になるという、

風が吹けば桶屋がもうかる的な話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、ワタシの知り合いのミシン屋さんは、

メーカーも投げ出したミシンも修理しちゃうという名職人ですが、

コロナが流行してから、それまで廃業寸前だったミシン屋が

修理の依頼が殺到して大忙しになってしまったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 理由は昨年春先にマスクが品切れになり、

皆さん自分でミシンでマスクづくりを始めたため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナは、

ワレワレの想像を超えたところに影響をもたらしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

3件のコメント
医療系をまとめました。
2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ