ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.01.17

切手コレクターの時代

おそらく60歳前後の、特に男子は、

多くのヒトが数の多少はあるにせよ、

かつて切手を集めたことがあるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1960年代に「切手ブーム」なるものがあり、

切手収集は趣味の王様、といわれたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記念切手の発売日には郵便局の前に列ができ、

デパートには趣味の切手売り場があり、

ガラスケースの中にさながら宝飾品や高級腕時計のごとく

プレミアのついた記念切手が並べられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

額面が5円、10円の切手が、4000円、5000円、

中には切手趣味週間の「月に雁」「見返り美人」のように

1枚6~7万円もした切手もあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくいうワタシも、一時は切手収集にハマりました。

もともと収集癖はあり、王冠とか牛乳瓶の蓋とかすぐ集めちゃうほうだったので。

最初は家に来た郵便から切手をはがして集めることから。

雑誌に切手のはがし方が書いてあり、

封筒を切手よりやや大きめの切って、

ぬるま湯につけてはがし、新聞紙に載せて乾かす、

という作業を繰り返しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうち、郵便についてくる普通切手はほぼそろってしまったので、

切手のカタログを買い、

朝に夕に眺めながら、

お小遣いの中からちびちびと切手を買い集めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高額の切手はもちろん手が出ませんが、

50円から100円くらいで買える切手は何とかなります。

ワタシが買った一番高い切手は

国際文通週間の記念切手、葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」で、

たしか、450円だったと記憶しています。

さんざん買うかどうか迷ったので覚えているのでしょう。

でも、この絵が大好きで、小学生だったワタシは、

それこそ、清水の舞台から飛び降りる気持ちで買いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国際文通週間は当初安藤広重の「東海道五十三次」シリーズ、

その後葛飾北斎の「富岳三十六景」シリーズで、

たしか五十三次の「蒲原」が一番高く

2500円くらいはしていたかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのほかにも国宝シリーズ、国立公園シリーズ、国定公園シリーズ、

日本の伝統芸能やお祭りのシリーズ切手もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、ヒマがあると切手カタログを見ていたので、

そこから得た知識はなかなか侮れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌舞伎の演目は切手にあった

「京鹿子娘道成寺」「助六由縁江戸桜」「勧進帳」

を覚えました。

内容は「勧進帳」以外知りませんでしたが、

読み方は「きょうかのこむすめどうじょうじ」

「すけろくゆかりのえどざくら」と丸暗記しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国立、国定公園の名前と所在地は、

社会科の地図帳で確認し、覚えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国宝も、日本の名画も、浮世絵も、みんな切手で学びました。

阿修羅像や百済観音、尾形光琳や黒田清輝、横山大観、東洲斎写楽の名も

みんな切手で知りました。

切手に取り上げられたものだけですが・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今どきの切手ってシール切手とかで

キティちゃんだったりドラえもんだったり。

はたまた、自分のお気に入りの写真やイラストを

オリジナルのシール切手にできるみたいで、

こうなるとコレクションという意味では、

全くありがたみがないんだなあ、これが・・・(´;ω;`)

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ