ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.02.29

デマに踊らされるヒトビト

 コロナ騒動で、マスクが品薄になり、

あおりを食っているのは花粉症の患者さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、思っていたら今度はトイレットペーパーが品薄?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、デマが拡散してオロカな人々が買占めに走ったということらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 災害時などに日本では中国人や、アメリカ人のような略奪は無いとはいえ、

こんなニュースを見ると日本人もまだまだだなあ、と情けなくなりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの周りでは、いないのですが、

どんな人たちがこのような行為に及ぶのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらくこういうヒトたちが振り込め詐欺の被害にあうのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 facebookをみたら、ワタシの学生時代の友人が、

花粉症なのでマスクを買おうと思ってホームセンターの列に並んでいたら、

途中で、トイレットペーパーの列ということが判明し、

がっかりしてそのまま帰ってきたようです。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.28

長い春休み

 昨日夕方飛び込んできたニュース。

来週から小中高校に休校要請。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おー、やりましたね、総理大臣。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 賛否両論あるようですが、概ね支持します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに感染拡大防止という観点からは、

ドンピシャの方策ではないし、

それによって被害をこうむる人たち、

おもに就学児の親御さんでしょうが、

その人たちは迷惑でしょうが事態が事態だから仕方がないとも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本当は、風邪症状のある本人および、

同居する家族に風邪症状のある人すべての外出禁止、

というのがベストな対策ですが、

現実的にこれを実行するのは難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 学校も地域によってそこまでの必要がないところも多いと思いますが、

線引きが難しいので、全国にしたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 期末試験さえ終わってれば、

あとはもう授業もテキトーだし、

卒業式や終業式なんてどうでもいいイベントですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際、高校の卒業式は当時国立2期校の試験前で、

ワタシは出ましたけど、式を休む奴も結構いたし。

小、中、高の卒業式はどれもよく覚えていないが、

子どもにとって、卒業式とは

大人が考えるよりはるかにどうでもいいものだ。

少なくともワレワレはそうだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大迷惑だ、という人も多いでしょうが、

田舎の山間部のほとんど人の行き来がない地域の小中学生なんかは、

丸々得した感じですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏休みと違って宿題もない1か月以上の春休み。

・・・・ウラヤマシ過ぎる。

 

 

 

 

 

 

3件のコメント
2020.02.27

迅速検査キットと抗ウイルス薬

新型コロナウイルスは拡大し、様々なイベントが中止になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある程度予想はしていましたが、

感染拡大の勢いはすごいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間は個体数が多く、集団で生活する生物なので、

ウイルスにとっては子孫を増やしやすい、絶好のカモなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この状況に際し思い出されるのは2009年の新型インフルエンザ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地球の反対側で発生したブタ由来の新型インフルエンザは

各国での懸命な検疫をあっさりかいくぐって

やすやすと世界を1周しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり今回もそうなるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型インフルエンザの時と、今回の新型コロナウイルスの場合で、

何が違うかというと、今回は、簡易検査キットがない、そして治療薬がない、

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型インフルエンザはもともとあるH1N1の亜型だったので、

従来の迅速検査キットが使えて、

タミフルなどの抗ウイルス薬も使うことができました。

なので、比較的スムーズな対応ができたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どっちか一方でもあれば、とも思いますが、

ではもし、かりに今回迅速検査キットがあって、抗ウイルス薬がない、

ということだったらどうなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく、自分で心配になったり

会社や学校から「コロナかどうか調べてこい」なんて言われる可能性が高く、

薬は無いと知りつつ検査を希望する人が病院に殺到。

そこで、来院者間、あるいは医療従事者への感染が連鎖反応的に起こり、

感染者は今よりも爆発的に増えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆に、検査キットは無いが、治療薬はある、という状況だったらどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪の発熱や花粉症での風邪症状、

またはただ単に体がだるい、といった人たちが、

もしかしたら自分は新型コロナウイルスかもしれないから、

薬を処方してほしい、といって病院に殺到するでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抗ウイルス薬はあっという間に品薄になり、

政府は疑いの少ない人には薬を出さないようにと呼びかけますが、

多くの人は納得せず、

薬をよこせ、と各地でいざこざが起こりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、クスリの買い占めや、高額での転売が相次ぎ、

なかには偽のクスリを抗コロナウイルス薬として売りさばくような、

「コロナ詐欺」が、横行するかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやあ、どっちも怖いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、検査キットも薬もない、という状況は

どっちか片方だけがあるより、まだ、良いのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、風邪は体の免疫力で治す、寝て治す。

風邪をひいたら仕事や学校を休む。

すぐ病院にはかからない。

ということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.26

そうはいかない

 1月に発表されたJリーグの日程をiPadに入れながら、

お、今年は珍しくシーズン初めから行ける試合が多いじゃん、

と、喜んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開幕当初は、土曜日の2時からとかいうゲームが多く、

花粉症のシーズンにはとてもスタジアム観戦はムリで、

カップ戦もACLだと、けっこう火曜日の夜なんかに組まれていたりして、

水曜日なら行けるのだが、と悔しい思いをしたものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが今年はルヴァンカップの初戦水曜日、第2戦とも水曜日ホーム。

リーグ開幕戦は金曜日で無理だが、

ホーム開幕戦は日曜日開催、第3節はアウエイながらも日曜日のFC東京戦なので

スタジアム観戦が可能である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、話がうますぎるなあ、と思っていたが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日、13:39に浦和レッズからスマホにメールが来て、

「2/26(水)ルヴァンカップ松本山雅FC戦延期について」

のお知らせだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うわ、新型コロナウイルスの被害はついにここまで来たか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、仕方がない、日曜日の開幕戦に行こう、

と思っていたら、夕方またスマホが鳴った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 浦和レッズから

「3/15までの公式戦延期のお知らせ」であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありゃまー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サッカーの試合よりは満員電車や、ショッピングモールの方が

感染の危険性は高いような気がするが、

まあ、国民に対する注意喚起の意味も多分にあるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 せっかく、公式戦開幕2連勝で波に乗りかけたレッズであったのに・・・・。

そして、延期、変更になった日程は、また、参戦不能な

金曜日や火曜日、土曜日午後に組まれるやも知れず。

・・・・やはり、話がうますぎると思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とにかく、一刻も早い事態の収拾を祈るのみです。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.25

新天皇誕生日

 天皇誕生日が2月にシフトしたおかげで連休になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天皇誕生日は2月23日で、24日は代休だったわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、みんな、把握していないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスの影響で、

新天皇陛下の初の天皇誕生日の一般参賀は取りやめになったそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 即位のパレードも台風21号の影響で中止、延期になったし、

天皇陛下は、何となくオレってついてないなあ、と思ってるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前も書いたように今上陛下は、ワタシと同学年。

誕生日で還暦を迎えたわけで、ワタシ的には非常にシンパシーがある。

天皇陛下というより浩宮さま、のほうが馴染みがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コメントで「まだ、還暦」とおっしゃっておられたようだが、

普通の人が定年を迎える年齢から本職につくわけで、

そりゃ、大変でしょう、

ガンバレ、といいたい気持ちが常にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう、即位後の最初のお仕事がトランプの接待だったりしたので、

いきなり大変だなー、とハラハラしてました。

トランプ夫妻、やたらデカいし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、雅子さんもお元気になられてすごく良かったですね。

二人なかよく頑張ってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、12月23日の天皇誕生日も、

年末の忙しいときに祝日になるので、外来患者さんが立て込んで

その前後のシワ寄せがきつかったが、

2月23日というのも、これまた花粉症のシーズンインで、

ここが休日になると大変。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 休み明けの今日の来院患者さんは260人を越え、

もう、へとへとです。

これから、毎年こんな感じなのだろうか。(@_@。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.24

「北朝鮮飯店」in「第3回昭和歌謡ヒットパレード」

半日でへとへとの花粉症の週末の夜、

今宵はここで昭和に戻る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3回を数えました「昭和歌謡ヒットパレード」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毛毛兄弟のオープニング・アトラクションからの、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Music Board」でスタート。

最近、ライブがやたら多いらしい。

今回シンちゃんがサポートドラム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナオちゃん、今回はキモノスタイル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2番手は「シュガーパンチ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モトオ氏、はりきる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもながら抜群のテクニックです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては「ローリングすめしゃるZ」。

以前、小山のドラキュラ・ロック・フェスタでご一緒したことがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、その間に楽屋で準備するメンバー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「北朝鮮飯店」令和2年最初のステージです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セットリストが決まってから出演までに期間はあったはずなのに、

結局、練習できたのは2回だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間に余裕があると思って新曲4曲も入れちまってマズった。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブ後、ギタリストの皆さんからお尋ねあった、このギターですが、

ムカシっから持ってたのですが、ふと、ステージで使ってみました。

14,5年前、5000円で手に入れた中古のヤマハSFです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

24フレットもあるので、ちょっとポジション間違いそうになります。

いつも使ってるフェンダーは21フレット、ギブソンは22フレットです。

竿、長いです。

24フレットなんて、ワタシが弾くはずもないのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショーグン様、今日はフツーのファッション、というか日本人に変装か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オッサンやな、ただの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おい、せめてもうちっと、なんかアクションしろよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膝が痛くてダメだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、初めてセンターでギタボをやらせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「花とみつばち」、ヒロミ・ゴー、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の目玉は、ケイコさんの歌う「伊勢佐木町ブルース」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のヅラも青江三奈さんのイメージかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はアヤちゃんが「学園天国」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場も盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレのあとはこれまたおなじみ

「グンマ・メディカル・フュージョン・カンパニー」。

みんな、巧いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回はアヤちゃんがキーボードで助っ人。

真剣です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、近い。

演奏力を求められるバンドは違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は「エルモア―ズ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「じゃも~んずプラスマイナス」といったバンドですが、

演出が流石。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は会場ノリノリでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、昭和歌謡といってもいろいろなアプローチがあるわけで、

他のバンドの皆さんのパフォーマンスが大変参考になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、我々はまず、

もうちょと練習をマジメにやらなければ、

というところではあるのですが。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、楽しかったー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.23

誕生日

 昨日、2月22日は妻のX回目の誕生日でした。

誕生日が土曜日に重なることはまれなので、

こちらのレストランを予約してディナーをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利は地方都市ですが、

時々こういった超美味しいレストランがあります。

このクオリティですと、東京ではこのお値段ではちょっと食べられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お誕生日おめでとうございます。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 待てよ、今年はたまたま土曜日ですが、

よく考えると今年から天皇誕生日が2月23日になったってことは、

今後、2月22日は毎年必ず「休前日」になる、ということか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それは、ナカナカ、ラッキーかも。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.22

スタートダッシュ

 暖冬の影響で花粉の飛散開始は思いのほか早く、

18日火曜日には花粉光環が観測されたという。(ウェザーニュースより)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大量の花粉の粒子により太陽の光が屈折して虹色の環が見える現象で、

2月から見られるのは多分あまりないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こりゃあ、土曜日はヤバいぞ、と覚悟していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週129人待ちだったので、今日は150人待ちでも動じないぞ、

と覚悟を決めて朝8時45分にPCを開くと、

160人待ちでした。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネット予約開始の7時半で60人ほどが予約入れていて、

チケットぴあ状態だな、これは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1番をとった患者さんは、どうやって取ったんですか、と訊きたくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 7時31分に予約を入れたヒトは12時過ぎの診察といった感じです。

まあ、多くの人は携帯で順番みながら来院するので、

お昼前までは待合室はそんなに混雑しませんが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっきょく3時近くまでかかってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはりマスクは品薄らしく、

あと30枚ちょっとしかマスクがないのですが、心配です、

と言っていた方もいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、そのうちマスクの供給も復活してくると思いますが、

あとは、花粉が早くバンバン飛んで、

花粉の在庫の方が先に切れちゃえばいいんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本当に予測通り総花粉量が少ないのか、ちょっと心配になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スマホのバッテリーみたいに、

あと残り何パーセント、なんてのが出るといいのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.21

ジンクス克服で三重苦払拭

 Jリーグ開幕戦はなんと金曜日の湘南対浦和。

なして、このカード?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、誰かの悪意に満ちた采配があるかのようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サッカー界には非科学的な「ジンクス」というものが、

かなり強力に存在する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スポーツ新聞の格好のネタである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いわく、①昨シーズンのフライデーJリーグで8試合全敗のレッズ。

いわく、②下位チームの湘南相手に1分け3敗と圧倒的に分の悪いレッズ。

いわく、③ここ数年、開幕戦勝ちなしのレッズ。

ということで、三重苦だそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、このカードの裏にはこの試合があるのでは。

今季から全試合VAR(ビデオアシスタントレフリー)が導入されるにあたって、

その大きなきっかけになったのが正規の大誤審が問題になったこのゲームであった。

なんか、そのアピールに思えて仕方がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、その「三重苦」を跳ね返すべく臨んだフライデーJリーグ。

残念ながらDAZNで観戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえばこの3か月DAZNを一回も見ずに受診料だけ払っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやなことに湘南のスタメンには元レッズの選手が3人、ベンチの梅崎を入れれば4人だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽうのレッズは2トップの一角を杉本健勇から興梠にチェンジ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回ルヴァンカップで好調だった杉本がベンチにもいないということは、

ケガか何かしたのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、そんな「三重苦」をかかえてのキックオフ。

 

 

**************************************************************************************

2020年J1第1節

 湘南ベルマーレ   2-3     浦和レッズ (BMWスタジアム平塚)

    (前半   1-2)

      (後半   1-1)

***************************************************************************************

 「ジンクス」というものは一見非科学的であるが、

しかし「ジンクス」の多くは人の心に宿る。

その意味では、きわめて論理的、科学的現象だ。

レッズの選手からはこの間のルヴァンカップでのきびきびした動きが消えている。

それにしてもバックスタンドの「レモンガス」という広告バナーが気になる。

いったい何の企業であろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開始わずか6分、元レッズの石原直樹に先制点を食らう。

ああ、やっぱり・・・・(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、39分、同点弾を叩きこんだのは

2トップで先発した浦和のエース、興梠慎三であった。

今年も頼りになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、42分に山中のクロスにヘッドで合わせたのは、新外国人レオナルド。

やはりコイツはやってくれそうだ。

ここまでの得点が流れの中からクロスからのダイレクト、というのが

かなりチームにフィットしている印象。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく前半のうちに逆転。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、後半20分、今度はやはり元浦和レッズの山田直輝に同点ゴールを許す。

山田直輝はレッズ生え抜きで、ケガのあと湘南にレンタル、

その後レッズに戻ったが結果が出ず、再び湘南に完全移籍した選手。

うーん、因縁ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そ、そして、さらに因縁の「疑惑の判定」!

レッズDF鈴木のボックス内のプレーに、ハンドの疑い。

初のVAR、さっそく登場。(@_@。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、こりゃ、ハンドだわ。

レッズサポも認めざるを得ないビデオ映像でPK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆転のピンチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 蹴るのは新外国人、タリク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ナント、ボールはクロスバーに当たって枠外へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうして、逆転を免れたレッズは、逆に85分、

交代で入ったマルティノスがドリブル突破。

右サイドの関根が中央でボールをもらうと、

ボックス内でディフェンダーをかわしてシュート。

これがゴール左スミに決まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サッカーでジンクスが大きいのはメンタルなスポーツであるためで、

もし、あのPKが見逃されていたら、

怒りがモチベーションにかわる湘南に、

後ろめたさが萎縮につながるレッズが気おされ、

あるいは失点し、負けていた可能性は少なくない。

それは、「疑惑の判定後の逆転負け」というシンクス通りの

前回の試合の展開であった。

ゆえに正確なジャッジにもとづいた展開が、この得点につながったともいえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして、「三重苦」は払拭された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新たな、ジンクスが生まれるか。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.20

第三回昭和歌謡ヒットパレードへのお誘い

 今度の日曜日はコレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第3回を数える「昭和歌謡ヒットパレード」、

今回も「北朝鮮飯店」にてエントリーさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、今回もすごいバンド多そうですが、

あくまで独自路線でいかせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレ出番は20:40頃からの予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ろくに練習する時間もないのに4曲も新曲をぶち込んでしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型肺炎で不要不急の外出は控えるべきですが、

これは必要緊急のイベントですので、是非御参集ください。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ