ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.05.16

東京オリンピックの医師ボランティア

東京オリンピックの医師ボランティアの

200名の募集に対し、

定員をはるかに上回る応募者があったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとオドロキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスの第4波が猛威を奮い、

緊急事態宣言やまん延防止特別措置法の指定区域が

拡大している状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ようやく始まった高齢者へのワクチン接種ですが、

なかなか医療スタッフが確保できず、

医師だけでは足りないので

今後、接種担当を医師だけでなく

歯科医師も注射を打っても良いように法律改正しようかという

議論がなされる昨今、

開催の疑問視されてるオリンピックに、

ボランティアを希望する医者がそんなにいるとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どんなお医者さんが応募されたのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 募集条件は3日程度から5日以上、というもののようですから、

一日の休日利用とはいかず、

その期間は勤務医にしろ、開業医にしろ仕事を休むわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利市は新型コロナウイルスのワクチン接種を、

まず高齢者向けに集団接種でスタートするので、

ワレワレ開業医も昼休みや、診療終了後、土日祝日など

診療時間以外にほぼ毎週接種会場に出向かなければなりません。

すでに7月後半までのスケジュールが言い渡されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本全国、そんな状況ですから、

いったいどこにそんな時間に余裕のある医者がいるのか不思議です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.15

新型コロナウイルスワクチンは変異株に効くのか

 予防接種の効果というものは、

獲得している免疫の量と、

侵入してくるウイルスの量の競争です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、抗体が侵入するウイルスを次々に駆逐しても、

その処理スピードを上回る速さでウイルスが増殖すれば、

感染し、発症してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザの例で考えてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシは仕事柄、インフルエンザの患者さんに多く接するため

免疫が相当ついて、通常の接触ではまず感染しない。

毎日インフルエンザの患者さんを診察してても

うつらなかったワタシが

2004年にインフルエンザに罹りました。

そのときは、土曜日に娘が発熱したが

その時点で娘の迅速検査結果が陰性だったので、

「インフルエンザではない」と判断して

土、日とずっと同じ部屋にいたために、

感染っちゃったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つまり持っている抗体の処理能力を上回るウイルスが来たため、

ウイルス退治が追い付かなかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、ワクチンの効果はある、ないの絶対的評価ではなく、

その状況における相対的評価で測られるものです。

新型コロナウイルスのワクチン接種が完了しても

きわめて大量のウイルスに襲われれば

感染、発症することもあるわけです。

ただし、現時点でファイザー社のワクチンの有効率は

インフルエンザワクチンに比べて

かなり高いので、その可能性はかなり低いといえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に変異ウイルスに対して、有効性が落ちるといっても、

その落ち方はさまざまですが、ゼロになるわけではなく、

ワクチンは感染、発症予防、重症化阻止の助けになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般にインフルエンザワクチンの有効率が30%台と言われていますから、

従来型新型コロナウイルスに対し

90%以上効果のあるファイザー社のワクチンの場合

イギリス型変異株、ブラジル型変異株には従来型と同等だが、

南ア型変異株には1/3に効果減弱と言われてますので

その効き目がインフルエンザワクチン並みになる

ということでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今後のウイルスの変異の仕方によって、

ワクチンの効果は変わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチンの効果がいつまでもつかは

まだ確実なデータが提示されてませんが、

これから新たに製造していくワクチンは、

主流となった変異株をモデルとして

デザインされるようになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今後、インフルエンザワクチンのように

その時点での流行の型のワクチンを

年1回程度の接種が必要になる可能性はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチンが感染拡大を制御できるか否かについては、

ウイルスの変異がどれくらい早く起こるか

ということはカギになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウイルスの変異を遅らせる、ということは

今後もヒトーヒト間の密な接触を避ける、

という措置をとり続ける必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何かの具合で感染性が極めて高く、

病原性の極めて低いウイルスが現れ、

これが主流になってくれるとワクチン要らなくなるんだがなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.14

高齢者向けワクチン接種

 高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン接種が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医療関係者向けの時には起きなかったトラブルが出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひとつは予約のトラブル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 電話予約が殺到して繋がらなかったり、

インターネットやLINEの予約がお年寄りに理解できなかったり、

といった事例が多発しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは地方自治体の読みが甘いことがほとんどのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何千何万人もいるエリアの予約を一斉に受けたら

そりゃ、パンクしますがな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜ、もっと細分化しない、

さらにはなぜ先着予約制にするのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 65歳以上全員接種ならば、

例えば、まず80歳、とか、

エリアの人数によっては90歳以上の方から

あなたの接種は何月何日です、と接種日時を指定し

以後段階的に指定日に摂取してもらい、

都合が悪い、接種できない、接種を希望しない、というヒトを

除外していけばいいのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 電話予約でも地区や年齢を区切ることにより

電話の集中を避けることができます。

往復ハガキ、なんかもいいんじゃないかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 早くしないと無くなっちゃう、というなら話は別ですが

遅くなっても打てる日が決まってれば安心するものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 愛知県では予約が取れない腹いせに

病院のドアガラスを蹴って割った男性が逮捕される、

なんていうニュースもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、いっぽうで

某ドラッグストアの社長だか会長だかが、

市の方に圧力をかけて順番とばして接種を受けたり、

市長、町長などが、キャンセル分の注射を優先的に接種した

なんていうセコイ話も伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、なんとあさましい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特に地方には、

自分は特別だという上級意識を持った

政治家や、町の有力者がいるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利市も、本日から電話、インターネットで予約が始まったようです。

先の選挙で残念ながら市長が代わってしまいましたが、

市長選を応援した市内の自民党幹部や市の有力者が

新市長に、優先的に接種枠を確保しろ、

などと便宜をはからせているなんてことは

まさか無いでしょうね。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.13

62歳になりました

 本日5月13日で、62歳になりました。

今朝のニュースはこんな感じです。

毎日、重苦しい・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 父が57歳で亡くなっておりますので、

もう5年も余計に生きることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨夜は午後11時に娘からフライングで

おめでとうコールが来ました。

何でも仕事が忙しく時間が不規則になり、

目が覚めた瞬間に、勘違いして電話かけてきたそうです。

緊急事態宣言もあり、もうずいぶん子供たちには会ってません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻からは誕生日のプレゼントとして、

ステーキ用の鉄板のお皿とフォーク、ナイフのセット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 基本3食自炊で、最近ステーキなど自分で焼くことが多いので

そこに目をつけたとはサスガ。

鉄のお皿、欲しかったんです。

今まではフツーのお皿だったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間ステーキハウスに行ったとき、

シェフの焼き方を参考にするぞーと思っていましたが、

お肉が高級すぎてあまり参考になりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 安いお肉をいかに美味しく焼くかが、

ワタシの目標ですので、

今後、このお皿でチャレンジします。

 

 

 

 

 

 

 

 

4件のコメント
2021.05.12

新型コロナウイルスのダークサイド

偶然ある人から聞いた話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名前は伏せますが市内の開業医の某先生は

新型コロナウイルスワクチンに対し否定的で自分は打たないと言ってる。

そればかりか、PCR検査も意味が無いのでやらない、

的なことを言っていてビックリしました、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時をほぼ同じくして、facebookの投稿に

「新型コロナは存在しない」

などという動画にリンクが張られていたりするのを何件か見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間のワクチン陰謀論の議員さんは特殊な例かと思ったが

実は、最近は新型コロナウイルス騒動に対する

ダークサイドがかなりのボリュームで存在するらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試しにYoutubeでその手の動画を見てみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわく、PCR検査は遺伝子の断片しか見ていないので

確定診断として用いるのは不適当であり、

変異し続ける新型コロナウイルスを検出できるのはおかしい。

新型コロナウイルスの無症状感染者にウイルスが感染している証拠はない。

PCR検査が急にこれほど世界中に普及するのは不自然だ。

誰も新型コロナウイルスをこの目で見ていない。

存在するのはPCR検査キットで検出できる何ものかだけであって

以前はPCR検査などしていなかったのだから

それは以前からあったものかも知れず、

よって、本当は新型コロナウイルスは地球上に存在しない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おー、実にオモシロイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B級SFホラーのネタとすれば、映画の1本も出来そうな話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、アリエナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 PCR検査をやめればコロナは終わる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、ここ最近、医師や生物学者の資格を持ってる人による

ワクチン不要論

本当はこわくない新型コロナウイルス

PCRは、RNAウイルスの検査に使ってはならない」

みたいな本が数多く出版されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自粛のストレスや収入の減少、

失職や倒産などで

現状への不満が飽和点に達しようとしてる人に対しては

まさに飛びつきたくなる「福音の書」といえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、進行がんと宣告され、

標準治療を行いましょう、と担当医に告げられた患者さんが、

波動を用いた「バイオレゾナンス療法」や

高温の水素風呂に浸かるとがん細胞が消えるという「水素温熱免疫療法」、

はたまた「金の延べ棒」で体を擦り、邪気を払うことで

「気」の流れを良くして病気を癒やすなどという

インチキ療法に導かれていく図式と重なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はたまた、第一次世界大戦に敗れ、

多額の賠償金を課せられ、

貧困と国際的弾圧にあえぐドイツ国民の前に

ユダヤ人をやり玉にあげ、

アーリア人による第三帝国を築くという甘いスローガンのもと

圧倒的な支持を受けて政権をとった

ナチスのヒトラーの姿さえ浮かんできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふと、このコピーが浮かんでしまった。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナのダークサイドはそんなアナタを狙っています。

 

 

6件のコメント
2021.05.11

騙してるのは政治かマスコミか

 今朝の新聞広告にはビックリしましたねー。

朝日、読売、日経の3紙に掲載されたそうです。

見開きカラーで掲載料は幾らなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスに対する政府の対策を批判してるわけですが、

なかなか過激です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、政府だって医療機関だって頑張ってるわけで、

コロナによる感染、重症、死亡者数は

世界的に見ても悪くないのだから、

何も変わっていないわけでは無いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに、もっとこうすれば良かった、

という政策はいくつもありますが、

(アベノマスクとか(≧◇≦))

ガマンをしたからこその今の結果なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それより「ごちゃごちゃ言ってるだけ」なのは

売らんがために無責任な情報を垂れ流すマスコミなのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の広告もこの本を売りたいための広告なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチン接種の出遅れはたしかに失策でしたが、

それも徐々に進行しつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インドなどの状況を見れば、

今、やらなければならないことは明らかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 政府に騙されるのもイヤだが、

マスコミに騙されるのもカンベンです。

 

 

 

 

2件のコメント
2021.05.10

インド人にビックリ

インドで新型コロナウイルスの感染が

とんでもないことになってるようです。

インド人もビックリ、などといってられない状況。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院でもいっぱいで治療が受けられず、

火葬もできない遺体が路上に並べられるなど、

ワレワレの想像をはるか超える事態になっているらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクチン接種が進み

一時は感染収束に向かいかけたインドが

このような事態になったのは、

ワクチンに対する耐性を持った変異株が蔓延した

との情報もありますが、

どうもそれだけではないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝のNHKの映像は衝撃的でした。

ヒンズー教のお祭りのためガンジス川に密集する人の群れ。

誰ひとりマスクなし、

っていうか、仮にマスクしてても

こんだけ密集したらダメでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変異株とはいえワクチンの効果がゼロになるわけではありません。

たしかに抗体の効果がウイルスの種類によっては

1/3から1/6になってしまう変異株もあるようですが、

それでも効果はゼロではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった点を考えると、

インドの感染拡大は、ワクチン耐性の変異株だけではなく、

むしろ、ワクチン接種により減少に転じた際に発生した

気のゆるみに主たる原因があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月の時点で1日の感染者が1万人を切り、

インドはコロナに打ち勝った、という空気が流れたそうです。

1万人ったってめっちゃ多いですが、

それまで10万人以上だったので、

ワクチン接種の拡大と相まって、

ヒンズー教のお祭りや、集会、結婚式などが連日行われたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、予防接種回数は多いとはいえ、

インドは人口が多いのでまだ人口の5%。

しかもインドでは摂取対象者が45歳以上だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、見かけ上の収束傾向に油断したために、

ヒト-ヒト間の距離が縮まって、

爆発的な感染拡大に至ったと考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので我が国でも今後ワクチン接種が広まっても

当面は会食、旅行、集会、イベント等の規制、自粛は

ある程度必要になってくるものと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、賢い日本国民は一気にマスクを取って密集しちゃう、

という事態にはならないと思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしてもヒトを救うはずの宗教が、

かえって人命を奪ってしまうということは、

昨年にイタリアで聖職者が患者宅を訪問したり、

教会でコロナから救われるための集会を開いたりが

感染拡大につながったという事例を踏襲しています。

まずは、科学的思考が宗教に優先されるべきなのですが・・・。

 

 人類を救うのは神ではなく、人類の叡智です。

もともと神という存在も

大昔の人が頭の中で作ったものにすぎませんから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.09

Vax Live: The Concert To Reunite The World

 アメリカで、新型コロナウイルスワクチンを世界に、

という趣旨のチャリティーコンサートが行われたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 WAX LIVEと題されたこのコンサートは、

国際支援団体「グローバルシチズン(Global Citizen)」が主催。

ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇(Pope Francis)や

ジョー・バイデン(Joe Biden)米大統領らが動画メッセージを寄せた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカ在住のヘンリー王子は

「今夜、私たちは、インドで壊滅的な第2波と闘っている

何百万もの家族と連帯する」と述べ、

「新型コロナウイルスに国境は意味を持たない。

ワクチン接種の権利も地理に左右されない」と訴えたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カリフォルニア州のイングルウッドで

開かれたこのコンサートには

ワクチン接種を受けた、

コロナと戦う医療関係者が招待されたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ニュースではジェニファー・ロペスさんなど

多くのアーティストが出演、と言ってましたが、

なんだ、この映像はオレの大好きな

フー・ファイターズじゃあありませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、観たかったー。

ジェニファー・ロペスはどうでもいいけど。

聞けば、このステージでフーファイターズと

AC/DCのブライアン・ジョンソン

の共演もあったらしい。( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカの医療従事者、ウラヤマシイ。

まあ、実際にアメリカでコロナ診るのは相当怖いけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょうどワタシのバンドでも

2日前フーファイターズの曲スタジオで練習したばかり。

ニュース見て、気分、アガりました。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.08

月遅れ結婚記念日

 久々のディナー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は結婚記念日にここでディナーを、

と思ってたのですが、

結婚記念日は4月14日。

4月18日に新型コロナウイルスの2回目の予防接種予定だったので、

やはり、そのあと10日以上たってからの方が良いかな、

と思い、5月にずれこんじゃいました。

ワインではなく、ウーロン茶です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシはビールですが・・・。(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外で夕食をとるのは2月の妻の誕生日以来。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 美味しい料理を食べながら、楽しく会話も弾みました。

しかし、毎日24時間一緒にいて、

よく話題が尽きないなあ、と我ながら思います。

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結婚記念日であることを告げたら、こんなサービスもありました。

1990年4月に結婚して今年で結婚31年目、

結婚してからの時間の方が長くなりました。

アリガタイことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1990年といえばバブル最後の年。

2月にローリングストーンズが初来日。

夏には大阪で「花と緑の博覧会」が開催され、

どちらも見に行きました。

東西ドイツが統一されソ連邦が崩壊した年でもあります。

うーん、そう思うとはるかムカシだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このお店に来たのもだいぶ久しぶり。

以前はいつも家族4人で来ていたことを

お店の方も覚えていてくれましたが、

今では子供2人は東京にいて

なかなか帰ってこられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうちょっとしたらまた4人で外食できますかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後は、家に帰って、大画面テレビで映画を観ました。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.07

続編も見ちゃいました、アトラクション侵略

 この間、映画「アトラクション制圧」について書いたので

クダラナイ映画だけど、前作で記事を書き、

続編も観たので書いときます。

前回も「制圧」しなかったけど、

今回も「侵略」はありませんでした。

そこはもう、織り込み済み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回で宇宙人から不思議な力を授かったヒロインは、

そのパワーにつき軍の研究対象になっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこを逃げ出す彼女に、

宇宙に帰った彼がまたまた現れ2人で逃げる。

しかし彼の仲間の異星人(AI?)は

メディアを乗っ取り、

市民に彼女がテロリストであるという情報を流し、

また軍の命令系統をハッキングして

彼女らに攻撃命令を出させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このプロットが唯一良かった。

スマホの会話をハッキングして改変し

違った内容を伝えるのは

「デマの伝播」と同じことだし、

ニュースキャスターにウソのニュースを語らせるのは

まさに「フェイクニュース」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人間がいかにこういったデマや

フェイクニュースによってミスリードされやすく、

災害や騒動の際、それが大変恐ろしい事実誤認につながるということは、

東日本大震災や新型コロナウイルスの感染拡大のときにも垣間見えました。

この映画はそこの危うさをうまく突いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 友人のアドバイスは必ずしも正しくないし、

テレビで言ってることがすべて真実というわけでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、この映画では一人の人間を殺すために

こんな回りくどいメンドクサイことしなくても

それだけの科学力があれば、

なんかもっと別の手があるような気がしますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前作のヒットでだいぶ製作費が増えたみたいで、

CGの迫力はかなりパワーアップしてハリウッド並みでした。

大画面テレビ向きです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリーは二番煎じ、演出もソツだらけですが、

前作よりはましになったかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、もう一つ見どころ。

前回出たスホーイSu-27フランカーは今回も出ていましたが、

今回異星人の宇宙船を破壊するのは、このTu-160。

アメリカのB-1に対抗して作られたと思われる超音速可変翼爆撃機。

ロシアのの呼び名は「ベールイ・レーベチ」で白鳥の意味だが、

NATOのコードネームは「ブラックジャック」。

劇中でも字幕は「ブラックジャック」になってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さてさて、このフェイクニュースネタで、

もっと面白い映画できないかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチン陰謀論とかか?(*^^)v

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ