ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.10.16

岸田新内閣総理大臣

 自民党総裁選で岸田新総裁が選出され、

第100代の内閣総理大臣になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 政策や人物などはまだ未知数ですが、

前総理よりは頭の回転は早そうなので、

今後のお手並みを拝見したいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 政治家の経歴を見るときに、

過去の職歴や、役職などはあまり分からないので、

元ナントカ大臣や、元ドコソコ長官といのは

読み飛ばします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 政治に疎いワタシが

見るところは親が政治家だったかどうかと、

出身大学です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本では親が大物政治家だと、

ほぼ本人の努力なしに代議士になれるシステムなので、

親が政治家だと、その分割り引いてみなければなりません。

ちなみに、岸田氏のお父上は元通産官僚、広島選出の元衆議院議員。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大学受験をみるとだいたいのアタマの出来がわかるので、

必ずしも政治家としての資質とは比例しないかもしれませんが、

同級生で同じ学部に進んだヤツなどと比較すると、

ある程度参考になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、岸田首相は早稲田大学法学部卒ですが、

実は東大受験に3回失敗しているんですねー。

親しみ湧くなあ。

東大を目指したのはお父さんが東大法学部卒だったからでしょうね。

早稲田でも前総理が2流大学、前々総理が3流(4流?)大学卒だったことを思えば

だいぶ偏差値上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして岸田氏はワタシより2個上の昭和32年生まれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは岸田氏の3回目の受験は、

ワタシの1回目の受験の年だったことになります。

ということは同年足高から現役で文科1類合格した

同級生のアイツの方ができたわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昭和53年の大学受験は、翌54年からの新制度、

共通一次試験導入の前の年でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新制度になるとそれまでのノウハウが役に立たず

浪人には不利、といわれていましたので、

岸田氏も3浪目はあきらめて、早稲田で手を打ったのだなあ。

オレはそこから浪人生活に入ったわけだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところでその昭和53年までは国立大学は

一期校、二期校と2校受験できたのですが、

二期校はどこ受けたのかなあ、

予備校はやっぱ駿台だったのかなあ、

参考書は何使ってたのかなあ、

基本英文700選は終わったのかなあ、

(オレは半分くらいまでだったような・・・)

ちょっと気になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.15

住めば都

また、今年もこれですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年はわが栃木県が最下位になり、

県知事などは、最下位返上へかなりの予算をつぎ込んだらしいですが、

どうでもいい話だ。

まあ、最下位脱出したので喜んでるのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、情けねえのはコイツだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんという器の小ささ、フトコロの浅さ・・・(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういうのでムキになるって、

自分に自信がない証拠じゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシムカシ、ワタシがまだ若い医者のころ、

外来で診察中にあまりにもぞもぞ動く子供に対し、

「ほら、貧乏ゆすりしないで、

家、ビンボーなのか。」

といったら、

いきなり横にいたお母さんが怒って

「ウチは貧乏なんかじゃありません、社長です。」

と怒鳴られたことがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、スイマセンでした、💦

と、その場はすぐ謝りましたが、

子供相手の冗談にあの剣幕はただ事ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 社長は社長でも中小企業で

ひょっとして多額の負債でも抱えているのかも知れぬ、

と思ったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 栃木・群馬は他の県の人から見たらわからないけれど、

東京に日帰りで手軽に遊びや買い物に行けて、

埼玉スタジアムも近いし、

地震や水害、大雪や土砂崩れなどの自然災害も少なく、

海が無い分、津波の心配もなく、

人口密集していないのでコロナなどにも強いことがわかり、

住むにはなかなか悪くない場所だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いかに北海道がいいところだといっても

ローリングストーンズが来日した際には

東京ドームではコンサートをやりますが、

札幌ドームではやらないでしょうし、

ルヴァンカップや天皇杯の決勝は

必ず首都圏のスタジアムですからねー。

恐竜展もフェルメール展も北海道や沖縄からでは

見に行くのが大変ですよー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その点、足利なんて電車で上野まで1時間15分、

乗り換え一回、特急料金込みで片道2120円ですから。

魅力は無くとも、個人的には

住むなら北海道より栃木、群馬だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.14

抗原検査キットが薬局で購入可能に

 9月27日から、医療用の抗原検査キットが

薬局で購入できるようになったみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、薬剤師さんがいて

対面販売で説明できる環境ということになっていますので、

スーパーみたいなドラッグストアでシャンプーと一緒に

カゴに入れて買う、ということではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抗原検査キットについては、当ブログでもたびたび記事にしています。

新型コロナの抗原検査

偽陽性騒ぎ

市販コロナ検査キットに対する注意点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

繰り返しになりますが、要するに

「陽性」判定の場合は感染の疑いが強いので

本当に新型コロナかどうかを医療機関に受診して確認すること、

「陰性」判定の場合には、新型コロナ感染を否定するものではないので、

症状がある限りは外出を控え、具合が悪ければ

やはり医療機関で診てもらうこと、

という扱いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「検査陰性はコロナではないという証明ではない」

というところが一番大事です。

検査が陰性であった場合、

「コロナにかかっているということを証明できなかった」

と解釈すべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、今日のテレビでは、

ライブ参戦する前に陰性かどうか確認しておきたい、

帰郷する前に陰性の確認をしたい、

という目的で購入する人たちが紹介されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは原則的には正しくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陰性判定はコロナ感染なしということではないので、

このような人が感染拡大に一役買ってしまう可能性はあるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には抗原検査の危うさは懸念されるところで

一般の人にすべて正しい理解のもとに使われることは

まず無理だろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、ここにきてコロナにかかる人が激減。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このタイミングで、抗原キットの市販を許可した政府の思惑とは、

イベントや、レジャー、旅行や里帰りなどに対し、

参加、実行をためらっている人の背中を押して、

たとえそれによって感染を拡大させる可能性が多少はあったとしても

経済活動をなんとか回復方向にもっていきたい、

という考えなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それならば、納得できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし以前書いたようなアヤシイ中国製は出回っていますから、

「研究用」ではなく、正しく「医療用」の検査キットを

選ぶようにしましょう。

 

 

コメントはまだありません
2021.10.13

診断しないでクスリを出す医者

新型コロナの流行以来、

いろいろなことが以前と変わったが、

病院の診療体制なども変化しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主として感染対策などの点ですが、

しかし、急性熱性疾患に対し、

診察しないでクスリを出すクリニックがあるのは問題だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏が終わって涼しくなり、

いろいろ風邪ひきなどが増えてきてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある方は熱があるのでかかりつけ医にかかろうとしたが

熱があるとのことで診てもらえず、

総合病院でPCR検査を施行。

陰性であったが、そこでは治療は受けられず、

他の民間病院に行ったら、

こんどは駐車場でインフルエンザの検査をされ、

当然陰性であったが、診察はなく解熱剤カロナールだけ。

この時期にPCR陰性だからといって

インフルエンザの検査だけして帰すとは

本当にバカなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネツもノドの痛みも良くならないので

当院受診したところ、

一目で急性扁桃炎でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある方は、やはり咽頭痛発熱で某クリニックを受診しましたが、

駐車場でPCR検査、陰性であったが

あとは電話で話をしただけで、

大量の抗生剤、去痰剤、解熱剤、抗アレルギー剤、

うがい、トローチ類が処方されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いずれも何の診断もなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、あんたらは医者なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチンも打ってるだろうに、

口開けてちょっとノド見たくらいでは

コロナはうつりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院でも急性熱性疾患で疑いのある人には

PCR検査を行い、実際に新型コロナ陽性となる方もいますが、

濃厚接触が明らかで熱のみの症状の方以外は、

PCR検査の前に口開けてノドの所見は必ず診ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナに罹るより、

重大な病気を見落としてしまう方が、

医者としては断然怖いですから。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.12

「SUDAR☆SONIC vol.12」後編

 続きです。

さて、7月のドラキュラロック以来のステージです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープニングは今回仕込んだ新曲「Toys in the Attic」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、今回、この弾きにくいフライングVを導入したかというと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はここに伏線あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、ゲストのアンジーが、ギターサポートというネタで、

ホウキのギターを持ち込んでもらい、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、実際にオレのフライングVを弾いてもらい、

(猛練習したそうです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、オレは、ホウキギターを弾くという。(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、寸劇、コントみたいなもんで、

皆さんに喜んでいただこうという、演出です。

曲は「Anarchy in the U.K.」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかげさまで、ウケました。(^.^)/~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ここからは、

先日亡くなったチャーリー・ワッツを偲びつつのストーンズセット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ、ストーンズサイコーだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、また、ライブできるようになってウレシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来月のライブも決まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はビニールカーテンもなし、

こっから前に出ちゃいけません、の線もなし、

なので、ステージ前まで進出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、お客さんはみんなマスク着用なのは、

さすが日本人、ガイコクとは違うモラルの高さです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナ収束までもうちょっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アンコールの「Summer Time Blues」。

最後はみんなでウインドミル奏法。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.11

「SUDAR☆SONIC vol.12」前編

10月10日は前橋ダイバーで開催された

「SUDAR☆SONIC vol.12」に出演してまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日の群馬県の新型コロナ陽性者数は8名。

当初出演予定であったバンドが1つ辞退し、

なぜワレワレがトリになっちゃいました。

ZZサクセション以外は、初めてタイバンするバンドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一個目の「バンザイドロップ」は衝撃的でした。

ボーカルはドラえもん&ドラミちゃん。

だが、ほのぼのアニメバンドではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナル中心のパンクロック風で、

毒のある「ワル・ドラえもん」なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中からドラえもんは衣装替え、っていうか、脱いだ。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供が見たら、夜泣くかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、サウンド的にはかっちり決まったカッコイイバンドでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続く2番手は「meeca & the nugget’s」。

名前から連想される通り

「sheena & the rokkets」のトリビュートバンドでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このバンドのギター&ドラムのお二人は

「シビレターズ」というバンドで過去何回かタイバンしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

80年代テイスト出てて、こういうバンドは大好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっきのドラえもんは夢だったのか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後このボウイのコピバン「MIYAROCK BAND」をちょっと見て

仕込みに入りましたので、以後写真がありません。

モニターや柵に片足乗せるのが

ボウイコピバンスタイル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、出番だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続く

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.10

代替医療と反ワクチン

反ワクチン派のお医者さんのブログやホームページが面白いので

あれこれ見ているうちに、あることに気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反ワクチン派のドクターはホームページを見ると

いわゆる「代替医療」を行ってる人の割合が

非常に多い、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「代替医療」とは、この間の本にもありましたが

一般に認められている

「保険診療」や「標準治療」に対する言葉で

その効果が一般的には検証されていない

医療行為のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「波動療法/バイオレゾナンス」「ホメオパシー」

「高濃度ビタミンC点滴療法」「グルタチオン点滴療法」

「オーソモレキュラー」「血液クレンジング」「水素水点滴」・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの中には、効果があるかどうか不確かなものから、

ホメオパシーのように全く効果が無いことが

わかっているものまで含まれていますが、

一般の人にはなかなかわかりにくいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらのクリニックのホームページはほぼ例外なく立派で

院内の受付の写真も、まるでホテルのフロントさながらだったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前にも書いたように「プラセボ効果」は

イメージが大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラセボ薬は、剤型が大きく、錠数が多く、

そして薬価が高いほど効く、ということでした。

その法則に従えば、

クリニックの内装がオシャレで、

治療費が高く、

ついでにドクターが洗練された印象があり、

スタッフが美人であるほど

プラセボ療法は効果があるはず。

ホームページも、またしかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのホームページには

各療法の解説が一応してありますが

ワタシなどはいくら読んでも

サッパリ理屈がわからないものばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴としては、必ず

「わが国では、まだ一般的ではありませんが」

という「枕詞」ではじまり

「アメリカ○○大学のナントカ教授が提唱している」

とか

「ドイツの××研究所でカントカ博士が開発した」

という「権威付け」が添えられます。

その博士の実際の権威は概ねアヤシイです。

ほぼ、ドイツかアメリカ、たまにイギリス、ロシアで、

フランスやイタリア、スペインあたりは出てこないんですねー。

もちろん、東南アジア、アフリカ諸国は無いけれど。

やはり、イメージが大事と見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一例「バイオレゾナンス」編

 

バイオレゾナンスとは1975年、

ドイツのパウル・シュミット博士によって体系化された理論です。

レヨメーターという物質の固有振動数を発振する

ドイツの装置を用いて、気の変動を読み取り、

不調な臓器を推定し、

その病気の原因までを推定していきます。

その病因を排除できる可能性のある薬物などを

推定していきます。

さらに、特定した周波数を用いて、

ハーモナイズ(全身の周波数を整える)

を行うことも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむ、チンプンカンプン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「推定する」「可能性がある」

などというところがキモですね。

効果には個人差があります、とか、

あくまで個人の感想です、みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この「周波数測定」にいくら料金をとるんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このサイトはタダだよん。

医療用ではないが、波動測定なんてこんなもんでしょ。

あなたとは波長が合うわ、みたいな。

くれぐれも、騙されてはイケナイ。

 

 

 

 

 

2件のコメント
2021.10.09

足利市の集団接種は思い出の地で?

 10月9日土曜日午後は、診療終了後、足利市の集団接種に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利市では高齢者の集団接種のあと、

各医療機関での個別接種になったが、

今後再び集団接種になるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、ここで接種される方々は、まだ1回目の接種。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さまざな事情でこれまでワクチンが受けられずにいた方々ですが、

アラブ系や南米系などの外国人の方が比較的多かった印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中には先月、当院で新型コロナ陽性と診断した方もいて、

ビックリしました。

お元気になられていてよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 終わって外に出ると、日は暮れ、雨でした。

ここアシコタウンは、もと三洋電機の工場があった場所。

大学生の時夏休みにバイトしました。

12年前にブログに書いています。

ロックな学生アルバイト~その1

ロックな学生アルバイト~その2

ロックな学生アルバイト~その3

およそ40年ぶりにこの場所で働いたことになるわけだ。

人生いろいろですな。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.08

続・注射

 当院は注射に関してはワクチン接種については

インフルエンザ、肺炎球菌などは医者が行っていましたが、

新柄コロナになって人数が多いので、

医師1名が問診、医師1名と看護師1名が接種、

という体制にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日常の採血は基本看護師さんが行いますが

たまに看護師さんがお休みだと医者がやります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なかには

「おー、今日は先生がやってくれるんかい。」

なんていう人もいますが、

間違いなくなく看護師さんの方が上手だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Hさんは、精神科で強迫性神経障害と診断されている女性の患者さん。

ハナやノドの具合が悪いとウチにかかりますが、

本人曰く、医者としてのワタシを大変信頼してくれているそうです。

糖尿病や肺疾患もあるので内科で診てもらっていますが、

内科の看護師さんより当院の看護師さんの方が採血が上手い、

といって時々ウチで採血してデータを持っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間も診察のあと血液検査を頼まれましたが、

その日は、たまたまいつもの看護師さんがお休みでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「今日、看護師さんお休みなので採血はオレだけどいい?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると

「センセイ、最近採血したことあるん?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「いやー、タマにはしてるよ。」💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しばし、考え込んでいましたが、

「ふーん、じゃあ、センセイでもいいか。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、了解をいただき、

患者さん指定の場所から採血させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医者としての信頼と、採血への信頼は、

当然ながらまた別なのだ。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.07

注射

 新型コロナのワクチン接種で

毎日多くの人に注射していますが、

先日、2回目の方が痛かった、という方がいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、多分、タマタマです。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皮膚には痛点という痛みを感じるポイントが

ランダムに配置されており、

針の差し口がそこに当たると痛い、

外れればそうでも無い、

ということになってるので手技の問題じゃないぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛点は1平方センチメートルあたり100から200はあるわけで

打ち分けは不可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉注射はあまり大きな技術的格差はないが、

血管注射や点滴となると、血管に入らなければならないので

技術の差がモノをいう、採血も同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国家試験に合格して大学病院に勤務すると

まずやってくるのが点滴、採血の試練です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市中病院では、点滴、採血は看護師さんの仕事ですが、

大学病院で慣例的にそれらは医者の仕事です。

私立医大ではどうか知りませんが、

少なくとも国立大学では今でもそうだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看護師さんは、学生時代に採血や注射の実習がありますが、

ワレワレが医学生にはそんなカリキュラムはありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、病棟勤務になると、

朝食前の採血と、朝夜1日2回の病棟点滴は、

研修医にとってかなりのプレッシャーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入院中の患者さんは、いろいろな医者が順番に点滴当番になるので

どの先生が上手だとか、下手だとかは、常にチェックし、

また、大部屋の患者間でも情報交換が活発です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たな研修医が病棟に顔を見せると、

ベテラン(?)の長期入院患者さんたちによって

まず「値踏み」されてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのセンセイは下手だ、という噂でも立つと、もう大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生のとき臨床実習で内科病棟の患者さんを受け持った時、

ベッドサイドに病歴を聞きに行きました。

「主治医は○○先生ですね。」

と、尋ねたら、訊いてもいないのに

「そう、あの先生、熱心で、やさしくて良い先生なんだけど、

注射が下手なのよねー。」

と、ひとこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大体大学病院の受け持ちは1年目の研修医です。

学生の時はその言葉は聞き流していましたが、

医者になって1年目、あの時の言葉が身に沁みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幸い、ワタシは比較的早く上達したようですが、

こんどは点滴当番で病棟に行くと、

「あーら、今晩はセンセイで良かったー。

今朝の先生は3回も失敗したのよ。

先生はこの間のときは、1回ですーぐ入って全然痛くなかったのよー。」

などと大きな声で言われると、

これがまた大変なプレッシャーだったなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、話戻りますが、

新型コロナワクチンは筋肉注射なので、

一般には皮下注射のインフルエンザワクチンに比べ

痛みは少ないものです。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ