ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.03.31

ハンプバック

サクラは満開を過ぎ、少しずつ散り始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ3月というのに今年は早いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、歳のせいで

最近はめっきり腰がまがってしまったレディア。

イヌの16歳は、人間でいえば96,7歳くらいらしいが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方妻が散歩しているときには、

いろいろ声かけられるそうで、

あるカフェではいつもウインドウ越しに見えるレディアの姿から

「猫背ちゃん」と呼ばれてるそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヌなのにネコ背とは、というところだが、

なんとこの間は散歩中のオジサンに

「連れているのはヤギですか?」

と尋ねられたそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくらなんでも、ヤギってことはないだろう。

と思いながらもツノと首に鈴でも付けてコスプレしたろうか、

なんて思ったりして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにワタシが似てるなーと思うシルエットは

「パラサウロロフス」です。

このコスプレも悪くない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 🐕ほっとけ💢。

 

 

コメントはまだありません
2021.03.30

新型コロナウイルスワクチンのその後

日曜日に注射を受けたときは、

お、筋注って痛くない(^^♪

と喜んでましたが、

よく朝起きたら事情が変わっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 目が覚めて、布団の中で肩が痛い。

寝返り打ったら痛くて目が覚めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 痛みの性質はまさに筋肉痛。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに上腕を外転させると痛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外転とは医学用語で上腕を側面から上方にあげる運動を指します。

要するに痛くて腕が上がらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 看護師さんの国家試験問題。

上腕を外転させる筋肉はどれか。

  • 1. 大胸筋
  • 2. 三角筋
  • 3. 上腕二頭筋
  • 4. 上腕三頭筋

解答

 ✖ 1. 大胸筋
 〇 2. 三角筋
 ✖ 3. 上腕二頭筋
 ✖ 4. 上腕三頭筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おー、たしかに三角筋に注射されてるのだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 訊いてみるとスタッフもみな同じ症状。

発熱や倦怠感を感じた人はいませんでした。

ワタシも筋肉痛以外は全く無症状。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに痛いけれど、痛みがある方が、

イメージ的には正しくワクチンが注入されて、

筋細胞がメッセンジャーRNAを読み取ってるんだな、

やがてスパイクタンパクが合成されて、

そしてそれを樹状細胞が検知して、

・・・などと言う段取りが体の中で進行してる感じがして、

むしろ頼もしい。( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 接種翌日夜まで痛く、

夜のスイミングはちょっと苦労しましたが、

今朝起きたら、もう、ほとんど痛みはなくなっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタッフも一様に、同じ展開だったので、

たぶんこれが普通の流れのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.29

新型コロナウイルスワクチン1回目

 日曜日の午後3時、新型コロナウイルスのワクチンを打ってもらってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の接種対象者は

足利市内の医療機関のうち、

新型コロナウイルス感染症の検査を行っている施設の職員です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間前についたが、けっこう並んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あらかじめ記載した名前入りの問診票を持参します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 検温、消毒。

何はなくても今はコレだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、こんなフロアマットも、

きっとコロナ禍で生まれた商品に違いない。

これをビジネスチャンスとして儲ける人もいるわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 受け付け、問診から接種。

並んではいてもサクサク進み、

10分くらいであっちゅう間に終わりました。

その後、しばし待機。

自己判断で勝手に帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間がかからないのは、

おそらく、全員医療関係者なので、

理屈や勝手がわかっていて、まごまごしたり

見当違いの質問をするヒトはいないから。

問題点はあらかじめ自分のクリニックの医者に相談済みだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてまた、今回の注射は筋肉注射、

ということがわかっているので、

皆さん、一瞬で肩が出せるような服を

着てきていたからだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いるんだよねー、

予防接種打ちに来てるというのに、

長袖ヒートテック着込んで袖が上がらないとかで、

けっきょく上半身脱がなきゃならないヒトとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医療関係者を先にした、というのは

まずスムーズに大人数のワクチン接種をスタートさせる、

という狙いもあるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 貴重なワクチンなので、

予約者の分を解凍してから、

いろいろな事情で打てない人が多く出ちゃうと、

ワクチンがムダになってしまう恐れもあるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そいでもって、2回目は3週間後。

果たしてちゃんとワクチンは入荷するのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、筋肉注射は

インフルエンザの皮下注射より

全然痛くなかったですよー。(^O^)/

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.28

聖火リレー見てきました

 福島を2日前にスタートしたオリンピックの聖火リレーは

今日から栃木県。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たいした興味はなかったけれど、

たまたま日曜日だし、

家から徒歩10分なので、聖火コースまで行ってみることにしました。

家のすぐ前から交通規制が始まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 空からはヘリコプターの音が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 山火事以来だ。(^_^;)

山火事鎮火してヨカッタね。

山火事に聖火ではシャレにならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北仲通りの突き当り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我が家から最も近いコースは「鑁阿寺(ばんなじ)」なので、

そこに行ってみます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 南側の通称「太鼓橋」から聖火リレーは鑁阿寺境内を通って西門に抜け

北進してすぐの市役所でゴールということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 境内に入ってみます。

けっこうヒトいますが、それほど密ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国宝「鑁阿寺」はかつて当地を拠点とした足利氏の旧邸宅跡です。

国宝の本堂は1229年鎌倉時代の建立です。

八木節パフォーマンス始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利氏の守り本尊である大日如来を祀っていることから

市民には「大日様」と呼ばれ、

子供のころはよくここで遊びました。

ちょうど桜が満開です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなコースから離れたところに

ソーシャルディスタンスのノボリ立ててもダメやん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんかみんなスマホ観てるなあ、とおもったら

NHKでライブストリーミングやっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やがて聖火ランナー隊入場。

最初はそれまで走った人たちなのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その次に来た赤い集団はスポンサーのコカ・コーラ!

なんとなく、カネとオリンピックな感じがしてエグイかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、聖火入場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 周囲を護衛(?)する鎧武者は、足利大学の留学生らしい。

特に前の黒人の2人デカくて聖火ランナーが見えない・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが別にランナーが見たいわけでは無いので問題なし。

ランナーが石原さとみちゃんだったら大ブーイングだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本堂前で聖火リレー。

この画像はライブストリーミングの動画から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次のチームがスタート。

足利銘仙の着物姿のお嬢さんたちが送り出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 聖火に満開の桜と国宝の寺の組み合わせは海外的にもなかなか絵になるのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 市役所まで追っかける人たちもいたようですが、

ワタシは、ヒトの流れとは逆に帰路につきました。

帰りがけに大日様の桜を見ると、

これも樹齢の関係かずい分折れたり切られたりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、この聖火、果たして、無事、国立競技場まで届くのでしょうか?

このところの第4波の兆しで「風前の灯火」か?

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.27

ピークアウト

 山路きて何やらゆかしすみれ草。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何気ない日常の中で、

季節の移り変わりを感じる瞬間はふとあるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症の方々は、

外に出たときの目のかゆみの程度、

あるいは、鼻のムズムズ感に

お、最近花粉減ったかも、

と感じていらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレ耳鼻科医も、

日々花粉症の患者さんのハナの中をみていて、

季節の移ろいを感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スギ花粉はピークを過ぎたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カタカナ好きの小池都知事なら

「ピークアウト」と言うところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ピークアウト」はもちろん和製英語で、

英語圏では通じませんが、

もともとは株式用語らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういや、新型コロナウイルス感染者数が

「下げ止まり」だ、などと

この頃よくニュースで報道されますが、

「下げ止まり」も株式用語らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 株や経済に疎いワタシとしては

この表現を聞くたびに違和感があるのですが、

一般の方はどうなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、たびたびブログでも書いていますが、

いつも患者さんに説明する花粉症の目安として、

サクラが開花するとスギ花粉は減少に転じる、

サクラが全部散ったらスギ花粉はおしまい、

という説明をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、論文に記載されてることでも

ワタシが実際に検証したことでもなく、

彰までワタシの個人的な印象から導かれた推測ですが、

かなり正確に当たってると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽうヒノキは4月いっぱいと、

いつも言っていますが、

このような展開だと、もっと早く終息しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2月中に来た患者さん方には

4月いっぱいまでのクスリを出しちゃっていますが、

早く終わればとっておいてまた、来年使えますよ、

という説明もしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3月中旬過ぎて薬を取りに来る患者さんの中に

ほとんど症状が出てない人がいて、

訊いてみると、やはり昨年の残りを飲んでた、

という方は毎年いらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まったく正しい対処法だと思いますが、

毎年3月中旬は激混みですので、

待ち時間を考えれば

できれば残り錠数と日数を計算して、

ギリギリまで待たずに、

早めに来てもらった方が良いかもです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.26

新型コロナウイルスワクチン接種始まります

 予定が大幅に遅れた新型コロナウイルスワクチン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先月の段階では、3月初めから医療関係者の接種開始で、

当院は3月の3日5日に一回目の接種、

となってましたが、直前でスケジュールは白紙に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後音沙汰がありませんでしたが、

先日、3月22日の週に入荷するので、入荷次第打ちます、

との連絡がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院は新型コロナウイルスの診断も行ってる関係から

第1グループになってますので、

たぶん、今週打たれるのだな、

月曜日イキナリは無いだろうから、

火曜日かな、水曜日かな、木曜日かな

などと考えながら、首を洗って(?)待ってたのですが、

週半ばに、今度の日曜日に打ちますので準備しておいてください、

との緊急連絡が来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日曜日かよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幸い、当院スタッフは何の予定もありませんでしたが、

中にはイベントや冠婚葬祭の予定が、

前もって入っちゃってる人もいたのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このバタバタした感じに、

現場の混乱もうかがい知ることができますが、

調整にご尽力された医師会スタッフの皆様には

たいへんご苦労様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、NHKのニュース報道などでは、

副反応が同時に起こる事態を避けるため、

病院のスタッフは日を分散して打つ方が良い、

などと伝えられていましたが、

どうもそんな余裕はないようで、

予定表を見るとどこのクリニックも

スタッフ一括して接種のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、安全なワクチンのようですので、

月曜日に市内クリニック相次いで臨時休診、

ということにはならないでしょうが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの弟は、

群馬の病院でいち早く先週打ったそうですが、

特に熱も出なかったとのことですし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、2回目も3週間後なので、

またまた日曜日に行かなきゃならないんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.25

ひさびさの日韓戦で3-0完勝

 1年半ぶりの代表戦。

しかも日韓戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この時期に?という意見もありましたが、

日韓戦となると、観ないわけにはいかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが小学生、中学生のサッカー小僧だったころ、

テレビのサッカー中継といえば、

元旦の天皇杯の決勝と、日韓定期戦以外はほとんどありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、日韓サッカーで日本が勝ったのを見た記憶はほとんどありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 記録を調べると1972年から1991年までの15戦で

日本の3勝2分け10敗だったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、韓国つええ、

なんで、こんなに勝てねーの、という印象が刷り込まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが昨日の韓国は弱かった。

そして、日本代表のサッカーは素晴らしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実に気持ちイイコンビネーションサッカーで、

韓国をチンチンにしてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 印象としては海外組は

ヨーロッパで大柄でラフな外国人プレーヤーと

日常的に渡り合うことによって、

1対1のフィジカルな強さが以前の日本代表に比べて

格段に向上しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、もともと体を当ててくる韓国のサッカーに対し、

一歩も譲らないばかりか、

それをうまく跳ね返し、いなしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手とボールに対しての体のおき方が大変良くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近は日本も韓国に勝てることが多くなってきましたが、

ここまでの完勝は、あまりお目にかかったことはありません。

もう、2,3点入ってもおかしくない試合でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、海外組を収集するにあたって、

国内組との接触を避けるため、

ホテルのフロアもロッカールームもすべて別で、

海外組はPCR検査が3回連続で陰性にならないと出場できなかったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで日韓の通算成績は日本の15勝23分け42敗になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このポイチ監督の指揮で東京オリンピック、期待できるかな。

開催できれば、だけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今回の完敗には韓国では大騒ぎだろうなあ。(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.24

「他山の石」

 二階幹事長の「他山の石」発言は、

ワタシもたまたまニュースを見てて

「えっ?」と耳を疑ったのですが、

やはり各方面から問題になってますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日ごろからいかにも自民党の威張ったジジイ、

という雰囲気マンマンの二階氏ですが、

今回の発言は、「自民党とは関係ない」

という本来の意味でいったのか、

はたまた言葉の意味をよく知らなかったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、麻生太郎氏や安部元首相だと、

漢字もロクに読めないくらいだから、

「他山の石」の意味を知らなかったんだろうなあ、

と思われるのですが。

以前こんなブログも書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1990年の東大の入学式で、

学長が「竜尾より鶏頭たれ」と述べたことがニュースになりました。

「鶏口となるとも牛後となるなかれ」をもじったらしいが、

一部で「誤用」ではないか、と話題になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは「鶏口となるも牛後となるなかれ」と

「竜頭蛇尾」がごっちゃになってるような印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「鶏口牛後」とは「『史記』蘇秦列伝」に由来します。

中国の戦国時代、当時一番大きな国だった「秦」が、

周りの6つの小国に領地を要求した時、

弁論家の「蘇秦」は「燕」という国に行き、

「秦」の支配下に入るくらいなら、

6つの国で同盟を組んで小国のトップでいた方がよいと、

同盟を組むことを説得しました。

「牛後」は牛のお尻、「鶏口」はニワトリの口で、

大きな組織の末端よりは、小さな組織のボスの方がやりがいがある、

みたいな話です。

ちなみに「鶏頭」ではなく「鶏口」です。

高校の世界史で学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「竜頭蛇尾」は

「最初は勢いがあってもしりすぼみになってしまうこと」で、

中国の仏教書である「碧巌録(へきがんろく)」や

「恵徳傳燈録(けいとくでんとうろく)」が由来となっているそうです。

とある中国の偉いお坊さんが、旅のお坊さんと議論になってしまいました。

偉いお坊さんが投げ掛けた問いに、

答えることの出来なかった旅のお坊さんは黙り込んでしまいます。

最初は勢いのあった旅のお坊さんが、

勢いをなくし黙り込んでしまった様子を

「竜頭蛇尾」と表したことが元となっています。

最初の方は竜の頭のように立派だが、

終いの方は蛇のしっぽみたいでお粗末、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東大の学長先生が誤用したとは考えにくいが、

でも、ちょっとアヤシイと当時思いました。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、友人の知り合いで

この手の誤用をよくするヒトがいて、

「そりゃあ、都合のいいムシだなあ。」

と言ったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「都合のいい話」と「ムシがいい話」がごっちゃになってます。

 

言わんとすることは分かりますが。(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ワレワレも二階氏の言葉を「他山の石」として、

言葉の使い方には気を付けたいものです。

(使い方、あってるかな。)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.23

柴犬肘

 2,3日前から右ひじの外側が痛む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 腕を回したり、モノを持ち上げるときに鈍い痛みあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは「テニス肘」ではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 学生時代に整形外科で習った病名がアタマに浮かんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう40年近くも前の記憶なので、

調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「テニス肘」とは正しくは「上腕骨外側上顆炎」。

上腕骨の外側上顆という、

手首や指を動かす筋肉の付着部の腱に起きた炎症。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 腕を酷使する作業の反復で発生するが、

テニスプレーヤーに多いので俗に「テニス肘」

というわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 安静時には症状はないが、

「物をつかんで持ち上げる」「ドアノブを回す」

「タオルを絞る」「キーボードを打つ」などの動作をしたときに

痛みを感じるということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの場合、それほど強い痛みはないのだが、

進行すると激痛になる場合もあるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、なぜワタシは「テニス肘」になったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むろんテニスなどやらないし、

ギターは肩から下げるので腕には負担がかからない。

普段、ファイバースコープより重いものを持つことはありません。

スイミングもむろん関係ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 では、ナゼか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今朝、突然原因がわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我が家の老犬レディアは最近足腰、特に後肢が衰えて

歩行が困難になってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それで散歩の時にはこんなハーネスをつけて、

リードで胴体を引っ張り上げるようにして

半宙づり状態で歩かせています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 常に肘をまげて、上にひっぱりあげるようにして

散歩をさせてるので、その負担がテニス肘を招いたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本整形外科学会のホームページによるとこんな記載があります。

 

 

 中年以降のテニス愛好家に生じやすいのでテニス肘と呼ばれています。

一般的には、年齢とともに肘の腱がいたんで起こります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、年齢が関係しているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「老老介護」という言葉がふと頭をよぎります。(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.22

SUPER SUDAR SONIC 2021 vol.2に向けて

 今週末はコレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週水曜日は「C5-dips」のスタ練。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回(も)「Power Puff Nori-P’s」のアンジーさんがゲスト参加。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一晩だけ全員で合わせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今回は「マゾミキ」こと

「Masochistic Miki Band」の方にワタシがゲストで呼ばれ、

今夜はスタ練。

千代田町のスタジオフリーハウスは初めて行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホリさんとアンジーも参加です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2回合わせただけなので、ちょっと不安ですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本番、楽しみです。

チケットご予約は、このブログへのコメント、

または直接当院でも可です。

それにしても広いスタジオだこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ