ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.09.30

駆逐艦「櫻」/「橘」

先日、太平洋戦争に参加した聯合艦隊の艦艇のうち

もっとも艦暦の古い「戦艦金剛」を製作しましたが、

じゃあ、今度は最も新しいフネを作ってみよう、

ということで、駆逐艦「桜」。

丁型といわれる「松」型駆逐艦の13番艦、

正確には「櫻」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1番艦「松」が竣工したのが、開戦後2年半も経った1944年4月。

この「櫻」は1944年11月。

終戦までわずか9カ月という時期でした。

1945年7月11日には沈没してるので

艦歴1年を待たず失われたことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦時急造艦ということで設計は徹底的に簡素化され、

それまでの日本海軍の駆逐艦とは

まったく異なったデザインです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キットはタミヤから1995年に発売されたもの。

シンプルな構成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓枠、機銃など一部エッチングを使用、

マスト等は金属線で自作しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、ちっちゃいのよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーペを強拡大にして、両手に精密ピンセット、

くしゃみなど厳禁です。

爆雷投下機や、増設された96式三型25㎜単装機銃は

ストックのエッチングパーツから調達しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

並行して「改丁型」の「橘」も作成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはピットロード製、2004年発売。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「松型」は18隻の同型艦が作られましたが、

「橘型」は合計14隻つくられ、文字通り帝国海軍最後の艦艇です。

「橘」は1945年1月の竣工です。

同年7月14日函館港内で沈没。

儚いなあ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはエッチングパーツ付き。

窓枠の分はなかったので自作です。

前マストの形が松型と異なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「松型」よりさらに設計は簡素になり

シルエットはさながら米国海軍艦船のよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろがストンと切れてるのも松型との違い。

これもアメリカの駆逐艦によくあるやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従来の帝国海軍艦艇のような優美さ、色気は微塵もないが、

これが兵器本来の姿。

みな「松」「竹」「欅」など樹木の名前が付けられ、

戦時急造艦で武装や、速力もそれまでの「艦隊型駆逐艦」に比べ見劣りするので

「雑木林」と揶揄されたそうですが、

レーダーや対潜設備は最新鋭で、優れていたといいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、戦艦大和級など造らず、

これを200隻造っていたら、

太平洋戦争の戦局は変わっていたかも。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.09.29

さいとうたかを氏とマンガの時代

漫画家のさいとうたかを氏が亡くなりました。

84歳だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さいとうたかを氏といえばなんといっても「ゴルゴ13」で、

ギネス登録の世界最長寿マンガらしいですが、

まさか今もまだ連載していたとは知りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床屋や、ラーメン屋に常備されるマンガの

ナンバーワンともいわれていますが

実はオレ、たぶん一度も読んだことがないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少年マガジン連載の「無用の介」(1967年)は

一部読んだはずだがあまり記憶にない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシが記憶に残っているのは

1967年に当時、毎月購読していた雑誌「少年」に連載されていた

「ザ・シャドウマン」。

たぶん、ほとんどの人が知らない・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この漫画で、さいとうたかを氏の名前を知り、

また「劇画」というモノを知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ザ・シャドウマン」は、悪の組織に改造手術を受けた男が

その悪の組織と戦う、というような話だったと思いますが、

こう書くと「仮面ライダー」みたいだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼間は普通の若者だが、

暗いところで肌の色が真っ黒くなると、

超人的な力を発揮する、という設定で、

肌の色、人種差別に対して厳しいチェックが入る今の時代では

とうてい容認されないような設定ですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「少年」3月号の表紙に「ザ・ シャドウマン」の絵が出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、この1968年の3月号が「少年」の最後の休刊号で、

「鉄腕アトム」「鉄人28号」の連載で

一世を風靡したこの少年月刊誌は、

いきなり休刊、廃刊になってしまったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの連載人気漫画はストーリーの途中で「尻切れ」になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、この「ザ・シャドウマン」の話も

尻切れになってしまい、結末を知りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横山光輝氏の「グランプリ野郎」などのように

どこか別の雑誌で連載継続になったかも知れませんが

よく分かりません。

個人的には今後の展開が楽しみだった

「大マシン」が未完になってしまったのが大変残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんにせよ、手塚治虫、横山光輝、赤塚不二夫、石森章太郎、水木しげる、

など、高度経済成長期のマンガ雑誌の黄金期を担った作家が

また一人鬼籍に入ってしまったことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 残るは、ちばてつや氏(82歳)、ただ一人?

あ、松本零士氏(83歳)がご存命でした。

ただ松本零士氏といえば「男おいどん」なので、

ワタシの中では、谷岡ヤスジ氏やどおくまん氏と同じく

1970年代のヒトなので、

ネクストジェネレーションになりますね。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.09.28

佐賀市長選

 佐賀市の市長選にお医者さんが立候補したそうです。

 このお医者さんは反ワクチン運動の推進者として

あちこちで名前の出てくるセンセイです。

 

 

 記事の内容は、

 

 

細川氏が正式出馬表明 ワクチンの即時中止公約に 市長選

 

 

福岡県久留米市の医師、細川博司氏(61)が

24日、佐賀市長選(10月10日告示、17日投開票)に、

無所属で立候補すると正式に表明した。

同市長選への出馬を表明したのは細川氏で7人目となる。

同市内で開いた会見で細川氏は、

新型コロナウイルスのワクチン接種とPCR検査、

マスク着用の即時中止

▽発達障害予防に取り組む

▽佐賀市と糸島市をトンネルでつなぐ

▽予防医学に重点を置く病院設置-などを公約に掲げた。

 

「新型コロナは科学的根拠がない、人工ウイルスだ」

などと独自の主張を展開した。

過去に診療報酬の不正請求で、厚生労働省から

1カ月の医業停止処分を受けたことについては

「反省している」と話した。

細川氏は山口県宇部市出身で

大分医科大大学院修了。

2006年から久留米市で開業している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーむ、「新型コロナは人工ウイルス」

公約は「ワクチン、PCR検査、マスクの即時中止」(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スゴイ、スゴすぎる。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、立候補記者会見のトナリには謎の人物が・・・

マッスル船長、何者?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 宇部市出身で久留米で開業してるけれど

佐賀市の市長選に出るのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このセンセイのクリニックは、

どうもがんの代替療法をメインにやってるみたいですね。

なんだこのSHT療法とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに過去に診療報酬の不正請求で

一ケ月の医業停止を喰らってるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、ツッコミどころが多すぎて・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このセンセイは、経歴に

昭和53年に高校を卒業とあるので

どうもワタシと同学年ですね。

大学卒業は1年後輩ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 是非、大分医大時代の同級生に

このヒトに関する

コメントを聞いてみたいところです。

 

 

 

 

 

2件のコメント
2021.09.27

電磁波

この間書いた「シェディング・エクソソーム」

を主張するお医者さんの一人が書いているブログを読みました。

神戸の内科、精神科のお医者さんです。

このブログが、スゴイ。

「新型コロナ流行の原因は5G(強力な電磁波)と

ワクチン(重金属注入)、この両者による”合わせ技一本”である」

と、あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いわく過去の感染症のパンデミックと

新しい電信技術の導入のタイミングは一致している。

 

 

1889年のインフルエンザの流行は、

1888年にアメリカで電気鉄道が急拡大したことに一致。

1年間で鉄道距離が1000マイル以上延伸したことによるという。

 

 

そして1918年のスペイン風邪は

その発端はアメリカの軍事基地だが(これは事実らしい)

アメリカ軍が1917年から18年にかけて

世界最大の通信ネットワークを構築したことが原因。

 

 

1958年の香港インフルエンザいわゆるアジア風邪は米ソ冷戦時に

アメリカが完成させた世界最大のミサイル防衛システムの

高出力レーダー基地局の膨大なマイクロ波によるという。

 

 

そして、今回の新型コロナの原因は今流行の「5G」。

その証拠は武漢が国を挙げて世界で最も早く5Gを推進した

「スマートシティー」であるからだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お医者さんながら小松左京もビックリの発想力。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしか「電波」「電磁波」は

ワレワレが学んだ精神科の教科書的には

統合失調症(ワレワレが学生の時には精神分裂病といわれた)

の診断上の最重要キーワードなんですけど。

患者さんが「どこからか電波を当てられてる」

「隣の家からの電磁波が原因だ」

的なことをいったら、この病気を疑え、みたいな。

たしか、このセンセイ、

専門は精神科だったはずだが・・・・(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、妻は昨日、新発売の5G対応のiPhon13を早々に手に入れて

喜々としてセットアップしていますが。

あぶないぞー。

 

 

 

 

2件のコメント
2021.09.26

陰謀論は宗教か

 NHKの「ダークサイドストーリー」で

「陰謀論」の話をやっていて興味深く見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 印象深かったのはコメンテーターの人が言った

「ヒトは陰謀論に癒しを求める」

という言葉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人間は未知のものに対し、

恐怖や不安を求めるので、

それに「回答」を与える「陰謀論」を信じることによって

気持ちが落ち着き、安心する、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを新型コロナとそのワクチンに置き換えれば

よくわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「新型コロナはコワイ」という恐怖に対して

「新型コロナはただの風邪だ。」

あるいは

「新型コロナウイルスなど存在しない」

ということが「理解」できれば

その説を信じる人にとっては大きな安心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチンについては

「得体のしれないワクチンを打つのは何となく心配だ」

ということに対し、

「ワクチンは効果がない」

「ワクチンはシェディング・エクソソームがあり、

かえって有害だ」

ということを信じ込んでしまえば、

やはり打ちたくない気持ちを正当化してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういう意味では宗教と同じですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 陰謀論は平和な時代にはすたれるが、

さまざまな災厄が降りかかった時に

一気に広まるといいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 迫害されたユダヤ人がユダヤ教を生み出し、

現代のイスラム過激派の思想も同じです。

日本でも末法思想などといって

戦乱の時代に仏教が発展しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今、コロナ禍によってまさにそんな時代なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 番組に出ていた宗教学者の先生は

「キリスト教そのものが陰謀論です。」

と言ってましたが、

大胆な発言ですが、まさにその通りでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 宗教はそもそも虚構を使って

人々の精神の安定を導くものですから

本質的には同じものといえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、ワクチンにマイクロチップが入っていて

磁石がくっつく、

ってのはあまりにもお粗末な「神の奇跡」ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
2021.09.25

10月のライブのお知らせ

 さて、緊急事態宣言は今月末で解除になるのでしょうか。

ワクチン接種も進んできたところで、

ひさびさのライブ告知です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来る10月10日日曜日、前橋ダイバーでの

「SUDAR☆SONIC vol.12」に「C5-dips」出演します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 8,9月はライブが軒並み中止になり、

すっかり音楽から離れちゃいましたが、

先日ひさびさにスタジオに集まりリハーサル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、バンドは良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 徐々に気分が上がってきました。

今回は新曲も取りまぜ楽しいステージを企画しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場での感染対策は十分に行っておりますが

ワクチン接種済みの方も

マスクなど感染対策をおとりになりご来場ください。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.09.24

同級生

 朝の支度をしながらNHKの「あさイチ」を見てたら、

同級生の高橋くんがテレビに出ていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼は日大泌尿器科の主任教授で

泌尿器科やってる弟に聞きましたが、

この尿漏れや、膀胱関係の疾患については

日本の第一人者らしい。

テレビ出演もけっこう多いようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼とは学生時代仲が良く、

よく下宿で飲んだり

スキーに行ったり、実家にも遊びに行ったことがある。

一緒に勉強したり、夏休みには新潟まで3泊4日で

医学セミナーを聞きに行ったこともあるなあ。

お金がないので、新潟大学の寮の空き部屋に

一泊500円で泊めてもらったのも良い思い出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 教養部のころは、ドイツ語の授業をサボって、

彼を含めた3人で、いわゆるピンク映画を見に行ったこともあり。

洋モノで1本はドイツ映画だったので、

ドイツ語の勉強になったな、

と都合のいい言い訳してたのもナツカシイ。

(もう、時効ですよね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一緒に勉強していた彼が、こうしてテレビに出てると

オレもそっちの道に進む選択肢もあったのだなあ、

と、人生について考えてしまいますね。

実は何年か前に同窓会であったとき、

「オグラが耳鼻咽喉科に入局したとき、

ゼッタイお前教授になると思ってた。」

と、彼に言われビックリしました。

ワタシは最初から、大学に残って教授になる気はさらさらなかったので、

今の選択でよかったと思っていますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビに出る医者は、ヘンな人が多いけれど、

彼の姿を見ると非常に立派な物腰で、

そういうテレビズレした医者とは違うので、

なんというか、ホッとしてウレシイ気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オレも頑張らねば。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.09.23

ワクチン3回目

 朝のニュースで、12月を目途に

医療関係者から3回目接種の動きがあるとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチンの定めですが、

時間経過とともに抗体価が落ちてくるのはやむを得ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中で、伊勢崎市の病院で

職員、患者間で25人のクラスターのニュース。

うち24人は2回ワクチン接種済みのブレイクスルー感染。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーむ、感染の状況は分からないが、

早く3回目を打ちたいかも。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.09.22

新型コロナの陽性者の減少はナゼ?

 新型コロナの新規感染者は、

ここのところ急激に減ってきてはいるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 グラフを見ると過去の1~4波に比べて、

減少のスピードが早いような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピークの高さ、つまり波の「振幅」が大きくても

波の周期「周波数」は変わらない

という法則でもあるものなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染者の急増にみんながビビって、

急に感染対策を強化し、

家からでなくなったというわけでもなさそうだし、

いわゆる「人流」にそれほど変化がないとすれば、

やはりここにきてワクチンの接種率が

上がったことが原因なのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 face bookのトモダチ関係でも、

今日2回目を打ってきました、

なんていう投稿がここのところ目につきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして接種のスピードが上がっていますが、

その接種の広がりの「速度」が

ウイルスのまん延を抑えているのかも。

日本は現在ワクチン接種の1日あたりの人数が世界一らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あとは、コロナにかかるような生活を送ってる人たちは、

もう、あらかたかかってしまったとか。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 謎の多い新型ウイルスですが、

減少傾向にあるとはいえ、

まだまだ油断はできないでしょう。

 

 

コメントはまだありません
2021.09.21

ワクチン帰省

 9月21日、東京で暮らす娘の

1回目のワクチン接種がようやく完了。

自宅で打ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利に住民票があるため、

実家にクーポンが届いたのだが、

なかなか予約が取れず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウチで毎日何十人もワクチン打ってるのだが、

これは「お上」から預かったワクチンですから、

勝手に家族に打つわけにはいかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、キチンと足利市のホームページから

ネットか電話で予約をしないといけないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 予約解禁日に、妻と娘が足利と東京で

ネットにアクセスしまくったが、全然つながらず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 きっと、足利市の予約サイトの

サーバーがショボイせいなのだろうが、

夜までかかって、やっと小倉耳鼻咽喉科の火曜日のワクが

一個とれたそうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、娘は火曜日と水曜日は休みを取り、

火曜日のお昼12時40分に駅に着く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さっそく、妻が注射をし、

(娘は注射がキライなのでビービー言ってたが)

自宅で一緒に昼食を食べ、

2時過ぎの電車でまた東京に戻っていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんだ、明日も休みとってるのなら、

一晩泊まっていけばいいじゃん、

といったら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 木曜日には必ず仕事行かなければならない。

副反応が出るとしたら水曜日なので、

水曜日に東京まで移動できないと困るので、

副反応が出ないうちに帰る、とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おー、だいぶ彼女も大人になったなあ。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ