ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.02.22

リモート学会の座長

昨日は、依頼されて学術講演会の座長をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ以降、学会はすべてリモート開催となり、

昨年あたりから、また会場で行う「生」の学会も増えてきたのですが、

昨日はリモート開催でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演者のセンセイは茨城県。

ワタシは足利のニューミヤコホテルの個室で、

2人のメーカースタッフとパソコンの前に座ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リモート学会の出演も、何回か経験しましたが、

やっぱり難しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブ会場だと、聴いてる人の顔や反応が見えるので、

それに対し、またこちらがリアクションもできるし、

なにより聴いてもらってる、という実感があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコンに向かってしゃべるのは、

なんか、誰もいない暗闇に向かってしゃべってるようで、

手ごたえがなく落ち着かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ、ライブはコール&レスポンスが欲しいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 講演の内容は素晴らしいもので、

非常に興味深く拝聴しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり副鼻腔炎と鼻炎は切り離して考えるいことはできないし、

病態は同一患者さんであっても時々刻々変わるものだという

常日頃ワタシの考えていることに合致し、

非常に腑に落ちるところがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 演者の先生は開業医でありながら、

常に新しい知見や方針を試されており、

そこが素晴らしい。

やはり考えない医者はダメだと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春に鼻水、クシャミなら花粉症の薬、

咳が出たら咳止め、

熱が出てインフルコロナ陰性ならカロナールとトランサミン、

というような思考停止した開業医の如何に多いことか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 観察し、分析し、仮説を立て、検証して、証明する、

という科学者にとって基本となる姿勢を、

開業医であっても常に持ち続けるべきだと改めて思いました。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2024.02.21

飛び石連休

今週は金曜日が天皇誕生日で祝日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう当院は水曜日休診ということで、

今日からは飛び石連休です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火曜日診療、水曜日休診、木曜日診療、金曜日休診、

土曜日午前診療・午後休診、日曜日休診。

という感じで完全に1日おき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ休診日の前後は混むので、

診療日は毎日忙しそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで「飛び石連休」という言葉、

ワレワレ昭和世代にはなじみ深いのだが、

土曜日が企業小中学校が休みになり、

ハッピーマンデー法が出来、5月4日が祝日になってからは、

もはや死語になりつつあるのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、今年の5月のカレンダー。

昭和ならば3日金曜日祝日、4日土曜日半ドン、5日日曜日祝日、

6日の月曜日はフツーに学校、ということになり、

2連休すらなく、まさに飛び石連休。

小中学生はガッカリだったが、

それが現在では3日から6日までスカッと4連休になっちまうんだから。

いい時代になったんもんだ。

今の小学生は飛び石連休なんて言葉は知らないのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、この週末、土曜日休みの企業並びに小中学生は3連休なのね。

ウラヤマシイ。

 

 

 

コメントはまだありません
2024.02.20

ネットの受付枠を一時的に制限します

 最近、インフル、コロナに加えて花粉症の季節になり、

外来がたいへん混雑しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間は終業時間が午後9時半になってしまい、

職員の方からネット受付枠の縮小要請がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 働き方改革の流れもあり、

その辺の要望もくみ取らなければならいので、

試みとして花粉症シーズンのネット受付枠を、

半日で100人に縮小しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネットでの朝7時半からの午前枠、昼12時からの午後枠は、

それぞれ100人に達した時点でいっぱいになるので、

ネット受付予約がとれなかった方は

受付時間内に直接お越しいただき受付をしてください。

通常通り診察受付ができます。

ネット受付をした方は、待ち時間を見て

遅れないようにお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外来の状況を見ながらまた検討いたしますので、

とりあえずよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2024.02.19

皿うどん

 皿うどんを作ってみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 皿うどんといえば長崎名物。

もともとあった「ちゃんぽん」を

出前のとき汁がこぼれないようにアレンジしたものがルーツ

といわれるが諸説あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても「沖縄そば」はどう考えても

「そば」ではなく「うどん」なのだが、

逆にこいつは「皿うどん」といいつつ

「うどん」ではなく「やきそば」系だよなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2024.02.18

一石二鳥?

ここに来て関東地方は花粉シーズンに入り、

外来は年に一度、花粉症の薬を取りにくる患者さんで

たいへん混雑しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は暖冬の影響で、いつもはバレンタインデー過ぎからね、

といってるのがすでに本格的に飛んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その一方で、インフルエンザ、コロナも流行が続いており、

発熱で受診→検査でインフルエンザ、あるいはコロナと診断

→インフルエンザの薬、あるいは解熱剤を処方

→ついでにカルテの過去のアレルギー検査結果から

花粉症の薬を3か月分同じ処方箋に、

というパターンの患者さんが非常に多い。

こんな経験は初めてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんにとっては一回で済んじゃうので、手間が省けるし、

コロナあるいはインフルエンザで5日間の自宅待機になるので、

その間、花粉を浴びないので花粉症の症状もリセットされる、

という一石二鳥効果もあるのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近特に、発熱したが1日で解熱したという方、

あるいは熱はないがノドが非常に痛く体がだるいという方、

微熱があったが花粉症のせいだと思っていた方、

の新型コロナ患者さんが非常に多いので気を付けてください。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2024.02.17

双子の卵

 ワタシの日々の朝食は、ほぼ卵かけごはん、

週1回程度トースト、ということになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トーストの際は必ずハムをのせ、

ハムエッグかベーコンエッグを一緒に作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間卵を割ると、おお双子ちゃんだ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほぼ毎日食べてるけど、

双子にあたったことは

ここ数年自炊するようになってからは初めてかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気になって調べてみると双子の卵は

1~3%程度の確率であるらしいですが、

規格選定の段階ではじかれてしまうことが多く、

スーパーの卵で出会うことはかなり稀らしい。

この卵はオイシックスですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 卵かけごはんだとかき混ぜちゃうと同じになっちゃうので、

トースト朝食の日にあたってよかった。

洋の東西を問わず双子の卵は吉兆ととらえられてきたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんとなく、モスラを思い出しながらいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2024.02.16

郷に入っては郷に従え

さて、先日の北海道旅行のときにも感じたことだが、

コロナ禍で途絶えていた外国人観光客が、

またまた増加しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が国の経済や、特に観光地にとっては、

まことにありがたいことなのですが、

気になるのは外国人観光客のマナーの悪さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットではバイキングの料理をタッパーに入れて持ち帰ったり、

コーヒーサーバーから直接自分のポットに入れちゃう中国人もいる、

という信じ難い話もありますが、

そこまでではなくとも気になることは多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず一番多く気になるのは、

公共の場所で大声で会話をすること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 満員のエレベーターの中で大声で会話したり、

山手線の椅子に座ったまま通路を挟んで会話を続ける、

なんてことは日本人の常識では考えられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間の函館行き新幹線でも、

英語圏の白人の観光客、

おそらく2,3組のファミリーなんですが、

途中から席を立ってアルコールを飲みながら、

通路に立ってずっと大声で会話をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 車内アナウンスでは日本語で、

「携帯はマナーモードに設定し、通話はデッキでお願いします。

また、パソコンのキーボードの音なども

周りの方々へのご配慮をお願いします。」

と放送されていましたが、

日本語なのでおそらく彼らには分からない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ていうか、日本人はそんなことわかってるので、

車内放送は外国語中心にやってもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外国人観光客向けのパンフレットを手渡すとか、

乗務員が巡回して注意する、ということはできないのだろうか。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2024.02.15

ブラタモリ、鎌倉編に!

 昨年秋、鎌倉に行った折、

偶然にも建長寺でブラタモリのロケをやっていた、

ということは以前のブログで書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その放送を心待ちにしておりましたが、

NHKの番組表で「ブラタモリ/武士の都・鎌倉」の回を発見し、

おおこれだ、と2月3日の放送回を見ましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後まで観ましたが、建長寺は登場しませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は今回の鎌倉編は2回に分かれており、

建長寺ロケは翌週2月10日放送の後編の「鎌倉の寺」の回でした。

旅行中だったので録画しておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出た、建長寺。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、この時刻、この場所にワレワレもいたのね、いい記念だわ、

と思いながら観てると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映ってるやん!

タモさんの肩越しにワレワレ2人が映ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、一瞬ではなく、そのまま歩いてきて、

パンフレット見ながら何やら相談してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度は妻の方がさらにアップで。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤッター、という感じ。

まさかと思ったが、ばっちり映り込んでいた。

ピースサインとかしなかったのが勝因か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくて2015年の「クローズアップ現代」に続いて、

ひさびさにNHKのゴールデンタイムに進出したのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当然ながら、今回はクローズアップではなかったなあ。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2024.02.14

開業から30年で次々と・・・

 当院は2台のネブライザーユニットを稼働させていますが、

まず木曜日に左側のネブライザーから焦げたような異臭。

モーターも過熱しているようで、

業者さんに連絡したところ、

火曜日まで修理に行けないので、

とりあえず止めておいてください、

とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこでもう1台のユニットを使っていたが、

これが金曜日に突然コンプレッサーが動かなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので土曜日は半日で160人も来院があったが、

ネブライザーは使用できず。

ご迷惑をおかけしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 連休明けの火曜日に修理に来てもらい、

モーターがダメ、で交換必要とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とりあえず、応急的に仮のモーターをつけてもらい、

今は使えるようになってますが、

新しいモーターを購入することになり、

これでまた相応のお金がかかってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、お金もそうだが、

この間の診察椅子といい、

開院当初からのものが経年劣化で、

同時多発的に次々に壊れていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのたびに気になるのは、

開院前から使い続けて老朽化している自分の身体なのだ。

修理でなおる分には、まだいいけど、

新品には交換できないので。

だましだまし使います。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2024.02.13

一泊二日で函館へ~にわかバードウオッチャー編

続きです。

 

2日目の朝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝食前に温泉で朝風呂。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

露天風呂に行こうとドアを開けようとしたが、開かず。

朝はやってないのかと思い戸を見てみると凍りついていたのであった。

無理やり引っ張ると、開いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空気はチョー冷たい。

温かいお湯に入りながら見る凍りついた湖と雪景色が乙なモノ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝食バイキング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和食党。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このビン牛乳が良いなあ。

駒ケ岳が描かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナツカシイ。

子供の頃、牛乳瓶の蓋を集めていたことがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出発前にホテル周辺を散歩。

残念ながら野鳥には会えず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シャトルバスで再び大沼公園駅へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コインロッカーに荷物を預けたあと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰りの切符を買っておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 窓口で問い合わせたところ、

帰りの新幹線に連絡する新函館北斗駅までの指定券、

なんと2枚だけ余っていました。

昨日ネットで見たときは完売だったのがキャンセルが出たみたいです。

訊いてみるもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お昼前にもう一度散策。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は看板の上半分、線路の東側の小沼周辺のルートを巡ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 といっても沼は全面凍結。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 森の中では小鳥のさえずりや、キツツキの木を打つ音が響きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いた。

アカゲラのようです。

このほかアオゲラも見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらはミヤマカケス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤマガラ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すっかりにわかバードウオッチャーになってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上ばかり見て歩いてると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うっかり雪に足をとられることも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんだあれは。

カメラマンの人だかり。

みんな大砲みたいなレンズのカメラをもって三脚を立て、

すごい勢いで連写しまくっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カワセミのようです。

小さいけど、画面中央やや上、緑色の鳥が水面を見つめています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっと近くで撮りたかったが、

これ以上近づいて下手に音でも立ててカワセミが逃げちゃうと、

大砲カメラマン軍団に大ヒンシュクなので、

ここで我慢しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回はシマエナガに出会うことはできませんでしたが、

多くの野鳥を見ることができ、マンゾク。

お昼を食べて帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 焼肉丼はフツーでしたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こいつは美味かった。

北海道はビールが旨い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここも駒ケ岳のデザイン。

ここに来る前にこれ見せられても何のデザインだか分からなかったですが、

もう、この形、パッと見て分かります。

地元の人のシンボルなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 駅で列車を待ちます。

床のデザインもかわいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大声でしゃべりながら入って来たのは中国人の団体。

たちまち待合室はいっぱいに。

指定券買えてて良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 短い滞在でしたが充実した時間を過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北斗8号、来ました。

ここは単線でホームも一つしかありません。

列車後方、自由席方面は混んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新函館北斗駅。

実はここでも妻はあるものを狙っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 JR北海道限定、シマエナガ×鳥獣戯画のコラボグッズ。

現地でしか買えないそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヒジョーに満足そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、大宮まで4時間、またのんびりと。

新青森までは車内販売はないのでキオスクで買っておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 青函海底トンネル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 楽しかった電車の北海道旅行でした。

この2日間、ずっと鳥のことばかり考えていたので、

帰りのリバティりょうもう号のテーブルロックが小鳥の顔に見えてしまった。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ