ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.02.08

第10波

雪の降った月曜日、火曜日でしたが、

患者さんはやや少ないとはいえ、

150~170人は来院されており、

なんといってもコロナが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのところインフルエンザのA型はあまり出なくなり、

B型が主流です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、コロナ陽性者、月曜日は17人。

来院者の1割強がコロナということか・・・(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナの第10波といっていいのでしょうが、

マスコミはあえて(?)その言葉を使いませんね。

この記事書いたのは2022年。

このときはまだ第7波だったのか。

しかも陽性者はわずか(?)7人。

むろんインフルなどはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

溶連菌もけっこう多いです、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発熱外来を標榜しながら、

駐車場で鼻に綿棒突っ込むだけで、

ノドも見ない病院、いまだにあります。

内科小児科で中耳炎はわからなくても、

口の中くらいはみれるだろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ノドの痛みが取れず当院に来院するケースで

溶連菌感染症や伝染性単核球症の患者さん結構いますし、

この間は扁桃周囲膿瘍の切開をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場でインフルコロナ同時検査で

インフル陽性なら、タミフル、リレンザ、

コロナ陽性、あるいは陰性ならばトランサミンとカロナール。

そんな診察で発熱外来を標榜しないでいただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中には、その検体採取自体も、

医者がやらず看護師さんがやってる病院もあるという噂もあるが、

それでは、まったく医者の意味がないので、

まさか、そんな病院は無いと思いたいが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ