ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.01.25

炎の肖像

この間、スカパーで放送され録画しておいた映画

「炎の肖像」を見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1974年の日本映画でジュリーこと沢田研二の

セミドキュメンタリー的な映画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢田研二がロックスター「鈴木二郎」を演じるのだが、

この鈴木二郎が「ジュリー」という芸名であって、

メインはそのライブ映像。

そこまでのストーリーはあってないようなもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢田研二のブリーフ一丁の姿はファンサービスかもしれないし

サインはVの中山麻理さんとのベッドシーンもあり、

まだ新人の秋吉久美子と原田美枝子が共演しているのですが、

ともかくつまらなかった。

見て損した、と思うくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、後半「おっ!」というシーンがあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終盤のライブシーンの前に会場に入るジュリーを映した

1分足らずのこのシーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、間違いなく、今取り壊し中の足利市民会館。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさか、こんなところに記録されているとは。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この後のライブ映像は足利市民会館のものではなく

1974年の12月に東京都体育館で行われた

「Hey!Julie Rock’n Roll Circus」のものらしい。

足利市民会館のコンサートの日は不明ですが、

この東京都体育館のコンサートが12月2日、

映画の公開が12月28日なので、

製作はかなりの「突貫工事」だったのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビで見るジュリーと違い

「C.C.Rider」「Move Over」「Honky Tonk Women」などの

洋楽カバーを歌う姿はちょっとカッコよかったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに「Rock’n Roll Circus」とは、

あの1968年にローリングストーンズが主催したテレビイベント

と同タイトルだが、ストーンズ好きの沢田研二が

日本版「ロックンロール・サーカス」を目指したものらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1974年といえばワタシは中学3年生。

当時は、寝ても覚めてもロックに夢中であったが、

ジュリーはあくまでも歌謡界のスターであり、

ワタシの眼中にはまったくなかったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利市民会館の公演も市内では話題になったはずだが、

全く記憶になく、足利市民会館でのロックコンサートといえば、

以前も書いたが、1976年頃見た「紫」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、大変つまらない映画ではありましたが

貴重な発見があった、ということだけ、

是非お伝えしたかったので。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.01.24

コロナの感染者が増えています

 月曜日に外来に出ると、なんとなく空気感が一変していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 患者さんはあまりいないのだが、電話が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナ疑いの問い合わせで、

今日午前中は疑いのある人、数人を検査をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 PCRのキットや抗原検査も足りなくなりそうなので、

手配して、確保しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナのPCR検査は、院内で行わず、

駐車場までこちらが出向いて、

クルマに乗ったまま鼻腔から検体を採ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クルマ社会のこの地域ならではです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 群馬栃木はマイカー保有率が全国1位。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビで見たら、都会のセンセイは、

建物の外の壁と塀の間の隙間、

エアコンの室外機を置くような場所で

検査をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今後、新型コロナの疑いの方は増えると思いますが、

必ず先にお電話してから来院してください。

電話で問診後、駐車場で検査します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方、この時期花粉症のクスリを取りに来られる方は、

昨年と同様でアレルギー検査がしてあれば

すぐに最大3か月分まで処方が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今のところ外来は空いています。

花粉シーズンの密を避けたいので、

なるべく早めに来院してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここ足利市やその近郊でもコロナの感染者がかなり多くなっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、風邪症状がある人は

学校や保育園、会社に行かず、家にいること、

が、もっとも大事でしょう。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.01.23

ダブルパンツ

 以前はこんな記事も書いていたが、

最近はヒートテックタイツは必須になった。

これはもう10年前の記事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 きっかけは、昨年冬。

コロナの冬を迎えるにあたって、

ぜったい風邪をひくわけにはいかん、ということで

安全のため常時着用することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、いまだ抵抗感、背徳感があり、

スイミングプールに行って更衣室で着替えるときには、

なるべく素早く履き替えるようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、この間、朝タイツをはこうとしたとき、

中に何かあるのを発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初は靴下かな、と思ったが、

取り出してみると、何とトランクスでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは常にユニクロの

エアリアルのトランクスを愛用してるのですが、

この状況は、昨日はトランクスを肢の部分に入れたまま

タイツ穿いていたということか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スイミングに行ったときに、

人にあまり見られないように素早く着替えるため、

タイツとトランクスを一緒に脱いじゃうことが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 泳ぎ終わった後は、

トランクスは新しいものに穿き替えるので、

そのまま、肢のところにパンツが入ったままの

タイツを穿いちゃった、

ということらしい。

そのまま歩いて帰ってきたわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビックリした。

なんで、気づかなかったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、こういう時に考えるのは、

もし、万が一、スイミングからの

帰り道で不慮の事故や病気などで、

意識消失状態になり、

救急車などで病院に搬送された場合である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 救急外来で、救急救命医が看護師さんに言います。

患者さんの服とズボン脱がしてくれる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あれ、センセイ、この方、タイツの中にパンツ入ってますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パンツは穿いてる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 別にパンツも穿いてますから、

ボケ老人ですね、きっと。😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、そんなことにならなくて良かった。💦

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.01.22

マイナンバーカード

 先日、ついにマイナンバーカードを作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに必要に迫られたわけではありませんが、

娘が運転免許を持っておらず、

身分証明書としてマイナンバーカードがあった方が

いろいろと便利なので作らせよう、

と妻が言い出しまして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それで、お正月休みに子どもたちが帰ってくるので

その機会に家族全員が作ることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スマホで専用サイトにアクセスし、

必要事項を登録、最後にスマホで自撮りした顔写真を転送すると

数週間して受取証のハガキが送られてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それと、身分証明書をもって市役所で

以前送付された通知カードと引き換えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと待て。

注意事項にはこんな文言が。

本人確認書類にマイナンバーカード?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マイナンバーカードを受け取りに行く人は、

マイナンバーカードを持ってないのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あいかわらず、お役所の文章は意味不明な点があり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひょっとしたらマイナンバーカードは

何年か経つと更新があるので、

その時の書面と共用のためかしれませんが、、

それくらい更新用の書面を別に作成してもらいたいもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、肝心の娘の方は、お年ごろなので

スマホで自撮りするのにもそれなりの準備が必要だが、

自分で納得のいく写真がなかなか準備できないようで、

いまだ交付に至っていない模様。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.01.21

紅白梅

 季節は大寒、一年で最も寒さの厳しい時期ですが、

少しずつ春の準備は進んでいるようで、

毎日散歩する鑁阿寺の境内にも、

紅白の梅の花が咲きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、ここに紅白梅があることを、

ついぞ知りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 生まれてこのかた何百回来たかわからないこの場所ですが、

この時期には来たことがなかったか、

あるいは今まで見ても認識がなかったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく後者であろう。

子供のころから、花にはほぼ興味がなかったので、

今回も妻に言われて気づいたわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利学校の「學校門」のところの梅も満開だというが、

ここは有料ゾーンなので、遠くから撮りました。

ワタシが子供のころは出入り自由だったんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナ第6波で厳しい毎日だが、

春の足音は近づいている。

(春になれば収束する、ということではありませんが。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて梅が咲くと、次はスギの花粉かあ・・・。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.01.20

一斉休校すべきでは

 オミクロン株に対する対応などと昨日書きましたが、

事態は予想はるかに凌ぐスピードで展開しているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日検査した市内の小学生の男の子は

ほとんど症状が無く、鼻水程度でしたが、

クラス内で陽性者が出たため検査をすると

やはり、新型コロナに感染していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 facebookや、その他のSNSで

栃木、群馬に住む知り合いや、その家族の

新型コロナ陽性者が、次々報告されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つまり、津波はもう到達している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 問題なのは、子供の無症状~軽症者が

数多く出ていること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供はワクチンを誰もまだ打っていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして子供同士で距離を保って感染を防ぐことは、

まず不可能と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、帰宅した子供が感染源になって、

家族に広げていくと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年のコロナのごく初期に行った一斉休校は

ほとんど意味が無かったと思われますが、

今こそ、緊急に一斉休校をするべきではないでしょうか。

少なくとも、この北関東両毛エリアでは。

今なら効果があるはずです。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.01.19

オミクロン株に対する対応

 東京の新型コロナ感染者数が7377人を超え、

8月に記録した5908人を大きく塗り替えて過去最高を更新、

全国の感染者数も4万人を超えて

過去最高になったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーむ、オミクロン株、おそるべし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特に、幼小児への感染が、

今までになかった脅威です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが聞いた例では、

おじいちゃんが1歳の孫から感染。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その孫は数日前、小学校低学年のいとこと遊んだのだが、

そのいとこのクラスで発熱者が多発、

そのうちの一人がコロナであったとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのいとこが症状が出たかどうかは不明ですが、

少なくとも一緒に遊んだ時には熱などは無かったはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その程度で感染を起こすということは、

かなりの感染力と見て良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにお孫さんは双子で、

二人とも一緒に遊んだが発症したのは一人だけ、

おじいちゃんの方も「無症状」だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、困ったのは今後、子供の発熱をどう診たらいいかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小さいお子さんはちょくちょく熱を出すので、

そのたびに使い捨てガウン、手袋、マスク、フェイスシールドで

全員にPCR検査をやっていたのでは、

診療はまったく立ち行かなくなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、熱の出ていない子からも感染するとなれば、

これはもう、お手上げです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 政府、厚労省は、その辺の判断を

医療機関に丸投げなので、

ここは外来診療のきちっとした指針を

是非、示してもらいたいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現状では一番の安全策は、

風邪症状の患者さんお断り、ですが、

それでは何のために医者やってるか分かりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現時点ではコロナを絶対見逃さない、

ということはもはや無理のようで、

重症化させないことと、

感染拡大のスピードをいくらかでも緩やかにすること、

ではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それとともに、コロナ疑いに紛れて、

オミクロン株よりずっと恐ろしい、

重症感染症である扁桃周囲膿瘍や急性喉頭蓋炎、

幼小児の急性中耳炎などを見逃さないことでしょう。

やはり、医者である以上、

ノドが痛い、という人に

ノドを診ないでクスリを出すことはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 手探りですが、頑張るしかありません。

コワイけど。

 

 

 

コメントはまだありません
2022.01.18

3回目のワクチン接種について(続報)

 先日ご連絡した2月からの

新型コロナワクチン3回目接種についての続報です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、足利市から委託された人数が前回より少なかったので、

受付時間の短縮は午前中だけで済みそうです。

2月は午後は通常通りですが、

午前中は11時までとし、その後ワクチン接種時間になります。

土曜日は受付制限を行いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 対象となる方はクーポン券が送付されますが、

それに基づき1月23日から順次予約が始まるとのことです。

予約は足利市のホームパージからお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また足利市が設置する集団接種会場のほか、

土曜日日曜日に開設される県が設置する集団接種会場のほうにも

個人的に参加協力を申し出ましたので、

また休日返上のワクチンな日々が始まります。

コロナ収束に向けて頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.01.17

共通テストの日に

1月15,16両日に行われた大学入試共通テストは

ただでさえオミクロン株の感染拡大で

始まる前から大騒動でしたが、

試験当日はさらに、

1日目は東大会場で刃物を持った高2生、

2日目は南太平洋の海底火山の大噴火による津波騒ぎで、

受験生の皆さんの中には直接被害にあわれた方はもとより

思わぬトラブルに動揺された方も少なからずいるだろうかと思います。

人生の大事な日に大変な思いをされ、心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、1日目の刃物騒ぎを受けて、

2日目は会場周辺の警備を強化する、なんてことを言ってましたが、

いかにも「お上」が場当たり的に言ってるようで、

そんなことはほぼ意味が無いし、

また、こんなこと言ってんのか、という印象でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな刃物高校生が、

日本各地に急に同時多発的に出るわきゃあないし、

大学側も本格的に大がかりな対策をしたわけではないと思うけれど、

とりあえず、体面上そういっておく、みたいな

政治家や、お役所、学校などの公的機関にありがちな、

無責任なコメントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、今度は、海底火山の爆発を深く受け止め、

今後は太平洋全域の海底火山が試験日に爆発しないように、

万全の対策をとっていく、とでもいうのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

津波の被害はわが国ではそれほど大きくなかったようで幸いですが、

NHKの番組はニュース報道が臨時に行われたため、

NHK-BSで毎週日曜日の朝放送している

「ウルトラセブン4Kリマスター版」が放送中止になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎週録画して保存版にしていたので。

まあ、再放送があるようなので、

ニュース字幕が入ったものよりは良かったかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、放送中止になった回が、

第42話「ノンマルトの使者」だったのは

単なる偶然か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それとも海底火山の爆発は

先住海底民族ノンマルトの反逆の狼煙なのか。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・とすれば、その前日の刃物高校生事件は、

精神科病院放火事件、列車火災漢事件と併せて

メトロン星人の仕業か、などとつい連想してしまう

ウルトラ世代。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
2022.01.16

ワクチン翌日は休日急患診療所

朝起きて、恐る恐るわが体調を確認。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のワクチン接種による、

左腕の筋肉痛はあるものの、

著しい全身倦怠感や発熱などの症状はないようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いうことで、今日はナント

足利日赤の敷地内にある休日急患診療所まで

歩いていくことにしました。

7丁目から今福に抜ける切通し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この富士見橋を越えると、日赤が見えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は幸い穏やかな天気。

富士見橋から富士山が見えました。

だから富士見橋なのだ。

写真では、わからないかなあ。

ちょうど、真ん中辺です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浅間山も見えます。

これはさらにわかりませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、右手には赤城山が。

手前の山の向こうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山ばかり見てる場合ではない。

今日は仕事なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで歩いてきたのは初めてだなあ。

ここ日赤の敷地は競馬場の跡地。

プールもあって泳ぎに来たこともあるし、

小学校のカエルの解剖のカエルは

ワタシの小学区の学区では捕れないので、

相馬くんとこの辺まで来て捕まえた覚えがあります。

でも、いつも自転車でしたから。

グーグルマップさんの言う通り、徒歩35分で到着しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、肝心の仕事の方は、

今日はともかく嘔吐、下痢が多かった。

赤ちゃん~小児が多かったが、大人もあり。

ナウゼリンをこんなに処方したのは初めてかも

というくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1日診療所にカンヅメになるので、

楽しみなのはお昼のお弁当ですが、うーむ。

以前の「コンビニもりそばとおにぎり」よりはよくなってはいるが、

やっぱりイマイチだなあ。

写真ではそれほどでもないように見えますが、

エビフライのエビはエンピツより細い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、心配していたコロナ関連ですが、

当診療所はPCR検査はできないため、

それほど受診はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、午後3時過ぎに来た20歳の女の子。

埼玉の学校に通学していますが、

数日前にクラスでコロナ感染者が出たという。

昨日から38℃台後半の発熱があり、

症状からも病歴からも新型コロナが疑わしいので

対面診察はせず、電話で問診後、

隔離ブースでガラス越しに鼻腔から検体を採取。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 PCRでなく抗原検査キットですが、

コントロールラインが出る前に強陽性の反陽性。

5分もかからずあっという間の判定でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 COVID19と確定診断し、

保健所に届け出、連絡するとともに、

本人、母親に電話で説明しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 訊けば、1週間前には成人式に出てたそうで、

オミクロンの潜伏期間は3日程度なので時間的にはビミョーだが、

デルタ株なら潜伏期間がもうちょっと長いので、

成人式でのクラスターが起きていないことを祈ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 精度も当てにならず、陰性証明にもならない抗原検査ですが、

今回のような場合には結果がすぐ出るので

使い道があるのだなあ、と見直しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、携帯電話があるのでこのような

直接対面しないやり取りが手軽にできますが、

携帯電話のない時代だったら大変だっただろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、そんな感じで1日仕事をし、

また歩いて帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日赤の向かいにある登利平で夕食用のお弁当と焼き鳥を買って帰りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんといっても、1日通して、発熱や倦怠感、頭痛などの

ワクチンの副反応が出なくて助かりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ