ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.01.18

鼻出しマスクの受験生

 先日の共通テストで、受験生のマスク着用につき

事件があったようです。

 

※朝日新聞2021年1月18日朝刊「共通テスト、

『脱暗記』『問題ページ増』鮮明 第1日程終了」より引用

センターによると、16日に東京都内で、

鼻を出したままマスクを着け続けた受験生1人が、

監督者の注意に従わなかったため不正行為と認定され、成績が無効となった。

地理歴史・公民、国語、外国語を受験し、

それぞれの監督者から鼻を覆うよう計6回注意され、

成績が無効になるとも伝えられていた。

受験生は理由を説明しなかったという。

 

 

 

 

 この記事を見てネット上では賛否両論あったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、指示に従わないのだから処分は妥当なのでは、

という意見の一方、

鼻がマスクから出ているくらいでは、

感染の危険はあまりないので、

やり過ぎではないか、という声もあったとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、この記事は正しいことを伝えていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この受験生は40代であったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初、記事を読んだだけでは、

いたいけな若者がメガネかなんかかけてて、

一心不乱に試験を受けてる間に、

マスクでメガネが曇るので、ついハナを出してしまった、

なんて、ケースも想像できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 または、成人式で騒いで周囲に迷惑をかける、

ガキみたいな行為、ということもあるかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、40代、という一文が入るとだいぶ印象が違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 色々調べると、この受験生は

カードによる試験官からの注意に対し、

(おそらく「きちんとマスクをつけてください」

などと書いたカードがあらかじめ用意されていたと思われます。)

そのカードを手で払いのけていたといいますし、

マスクをしないのなら別室で試験を受けられるという

試験官の提案も拒絶したそうです。

退席の指示にも応じず、他の受験生が全員部屋を移動したうえ、

最後はトイレに立てこもり警察が出動したとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 40代であれば一応分別のある年ごろなので、

普通の大人ならば、

その行為がどんな結果を招くかは

当然わかってるはずです。

何か精神疾患があるかどうかまではわかりませんが、

少なくともフツーのヒトではないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この場合、議論の対象は

マスクから鼻を出すことの是非、

にはならないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この記者はあえて40代という重要な情報を書かなかったのか。

新聞記事はウソを書かなくても、

現実とは異なった事実を伝えることができるのだなあ、

と改めて思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、この一人の受験生のために

騒動に巻き込まれた同じ会場の受験生はかわいそうでしたね。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ