ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.03.01

余禄

 花粉症のシーズンになりましたが、

3月からの学校休業で多くの花粉症患者さんが救われるのではないかと期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 学校休業が新型コロナウイルスの感染拡散予防にもたらす効果は

今のところ未知数ですが、

花粉症の症状軽減、重症化阻止には間違いなく効果が見込めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ディズニーランドの休園も効果あるなあ。

毎年、卒業記念にディズニーランドにいって

花粉症が手が付けられないほど酷くなったという人は必ずいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは2011年の時の状態に似ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2011年は前年の猛暑やスギの木のローテーションからいって、

過去最大級の花粉飛散が予測された年で、

ワレワレ耳鼻科医は、前年から警鐘を鳴らしておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、実際に過去最大級の花粉が飛んだのですが、

患者さんの数や、重症化した人はかなり少なかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それは、ナゼか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それは2011年3月11日に起こった東日本大震災のため、

福島第一原発が被災し、放射能をまき散らしたためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 連日放射能警報が出され、人々は外出やレジャーを控えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その結果、それとは気づかぬまま、

花粉症が発症しなかったり、軽く済んだ人が多かったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 不謹慎ではありますが、今年も、そんなことが期待されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも飛散開始が早かったため、

クスリを早めに飲んでいる人も多いし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、最近、特に若いお母さんなんかは

「花粉症のクスリ、マックスでください。」

「薬はマックスでどれくらい出ますか?」

などという言い方をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「マックス」は「maximum」の「max」で、

最大限、最長、の意味で使っているわけですが、

ムカシは、こんな言い方はしなかったなあ。

いつからなんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに花粉症のクスリの「max」は3か月分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そーいや、ムカシ、ジャンボマックスっていたなあ。

全然、関係ないけど。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ