ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.03.26

3月の土曜日に集団接種かよ

 サクラがようやく開花して、

スギ花粉もこれからピークを過ぎますが、

ヒノキ花粉をお持ちの方はもうひと山きますので

くれぐれも油断召されぬよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 といった折の午後1時からの集団接種への協力は

これはもう、医師会の人は

耳鼻咽喉科の3月というものを理解していない、

としか思われない。

小倉医院は土曜日午前のみだから大丈夫だと

思っていたのだろうが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ギリギリ12時40分過ぎまで100人くらい大急ぎで診たが、

けっきょく残った3,40人を副院長に任せて、

集団接種会場のアシコタウンに向かう。

見送る職員の目が何となく冷たく感じるが、

オレのせいじゃないから💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくて、集合時刻の12時50分に5分遅れで到着。

あわただしく接種業務開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 県の運営するビバモールはガラガラなのに

こちらは大忙し。

医者2人で2時間で240人、というペース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医者1人当たり120人換算だから

休みなしで1人にかける時間は

患者さんの入室、退室時間を含めて、

ちょうど1分ということになる。

中には車いすの人も、分厚いお薬手帳持ってくる人もいるので

かなりのハードワークです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう午前中からずっとしゃべり続け、声はガラガラ。

問診表にサインを120回以上も書き

長い名前得なくて良かった、と思いました。

もう一人の先生はワタシよりかなり年輩とお見受けしたが、どれらい診たのかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 家に帰って、昼飯を食べたのはもうほぼ午後4時でした。

医院の方の診察もかなりかかったようで、

お昼ごはんは散歩を先にしてきた妻もほぼ同時でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、これでコロナが終わるのなら・・・・

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.03.17

2022年、ここまでの花粉の飛散パターン

急に花粉が増えましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間の日曜日「西渓園」に行ったとき、

この気候はヤバイ、と思いましたが、

果たして、土、日、月と暖かさで大量の花粉が飛んだようで

今週の外来は連日250人ペースでごったがえしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の花粉飛散パターンの特徴は、

もともと出来ている花粉量が多めのところに、

2月に寒波が何回か来て飛散量がかなり少なめでした。

そこにきて、3月最初から急に4月5月並みの気温になったので、

花粉が一気に飛散を始め、

1日あたり花粉料が膨大になったと考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症は多少の花粉では発症に至りませんが、

大量に花粉を浴びると、

アレルギーの細胞が鼻腔に数多く誘導され、

その後は少量の花粉や、

花粉以外の温度変化、機械的刺激、といった、

非特異的な要因によって、容易に症状が発現します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スギ花粉はこれから飛散のピークを迎えますし、

ヒノキの花粉はそのあとです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、耳鼻咽喉科を受診していない方は、

一刻も早く受診し、対策をとるようにしてください。

ホントはもう一ヶ月早く受診するべきなんですが、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.03.04

空間除菌

 通年性アレルギー性鼻炎の患者さんで、

コロナ禍になってから症状が悪化した、

という方がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本人がコロナに罹ったわけではもちろんなく

いろいろ吟味した結果、

どうも職場で次亜塩素酸ナトリウムの噴霧を始めたことに

原因がありそうでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 職場に話して、やめてもらったところ、症状が改善しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次亜塩素酸は皮膚や粘膜に障害をもたらす恐れがあり、

アレルギー性鼻炎などで鼻粘膜の敏感な人に対しては

その症状を悪化させることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、こういった薬品の空中噴霧に対しては

明らかな抗ウイルス効果は確認されていません

 

 

 以下、厚生労働省のホームページ

「新型コロナの消毒・除菌方法について」より抜粋

【参考情報3 「次亜塩素酸水」の空間噴霧について】
「次亜塩素酸水」の空間噴霧で、付着ウイルスや空気中の浮遊ウイルスを除去できるかは、メーカー等が工夫を凝らして試験をしていますが、国際的に評価方法は確立されていません。
安全面については、メーカーにおいて一定の動物実験などが行われているようです。ただ、消毒効果を有する濃度の次亜塩素酸水を吸いこむことは、推奨できません。空間噴霧は無人の時間帯に行うなど、人が吸入しないような注意が必要です。
なお、ウイルスを無毒化することを効能・効果として明示とする場合、医薬品・医薬部外品の承認が必要です。現時点で、「空間噴霧用の消毒薬」として承認が得られた次亜塩素酸水はありません。
 

 
特に、人がいる空間への次亜塩素酸ナトリウム水溶液の噴霧については、

眼や皮膚に付着したり吸入したりすると危険であり、

噴霧した空間を浮遊する全てのウイルスの感染力を滅失させる保証もないことから、

絶対に行わないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これから花粉症のシーズンになりますが、

次亜塩素酸噴霧はコロナ除菌の効果はほぼ見込めず、

鼻炎、結膜炎を増悪させる可能性が高いので、

ぜひ、やめるようにお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ついでに、ときどきウイルス除菌なんていうカード状のものを

首から下げている方もいますが、

あれも効果は全くないし、

下げてる人がバカに見えるだけなので、やめときましょう。

そもそもウイルスと細菌は別モノですから、

「ウイルス除菌」という言葉そのものがオカシイ。

「除菌」じゃなく「除ウイ」だろうが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、加湿器などによる水蒸気の噴霧は、

ハナやノドの粘膜の乾燥を防ぎ、

空気中に漂う花粉やウイルス飛沫の落下を促進しますので

どちらに対しても効果的だと思われます。

 

 

 

コメントはまだありません
2022.02.25

花粉症は、明日から。

今年のスギ花粉は、1月中旬からちらほら飛び始め、

敏感なヒトや屋外に長時間いたヒト、

あるいは運悪く花粉を浴びちゃったヒトなどは

すでに症状が出ていますが、

寒波が続いたため、まだ本格的には飛んでいませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日26日からです。

この週間気象予報を見れば火を見るよりも明らか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん準備はできてますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症の症状は、今流行中の新型コロナ、

オミクロン株の症状と紛らわしいことがありますので、

花粉症の方はくれぐれも準備、防御を怠らず、

きちんと対処してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後、自分的には花粉症、というコロナの患者さんが、

外来にうっかり訪れないかが、大変心配です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症と決めつけずにコロナの可能性も頭においてください。

そして、花粉症が毎年ある方は、その症状が出ないように

しっかりと早めの対策をよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホント、頼みますよ。

もう、ビクビクしてます。(´;ω;`)

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.02.17

ジェネリック医薬品の一部が不足

花粉症のシーズンがもうすぐ本格的に開幕します。

1月中から花粉症の薬をとりに来る患者さんが多くなりましたが、

今年はちょっと事情が異なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症の薬は以前は花粉の飛ぶ2週間前から、

などと言われていたこともありましたが、

今はその説は実証実験によって否定され、

花粉症の薬は花粉飛散開始、あるいは症状発現と同時に開始、

というのが推奨される使い方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、当院では患者さんの過去のデータに基づいて、

花粉シーズン前に必要な分の薬を

2〜3ヶ月分お渡しし、

花粉シーズンの過ごし方、注意事項を指導する、

という方針にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに必要な武器をすべて与え、

とるべき戦法を教えるから、

あとは自分の力で戦え、

オレのいうとおりにすれば絶対勝てるから、

という事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすれば、患者さんは年1回の来院で済み、

お互いラクです。

世の中にはわざと1回に2週間分くらいしか処方せんを出さず、

シーズン中何回も通院させて再診料を稼ぐという

セコイ病院もあるみたいですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今年、いわゆるジェネリック医薬品問題のため

一部のクスリが長期処方できなくなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症の薬ではオロパタジンという薬が、

流通不足のためしばらく1ヶ月分までの処方に

させていただく事態になっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週から薬局さんのご尽力によって、

90日処方もOKとの連絡をいただきましたが、

今後の入荷の状況によっては、

またご不便をかける場合もあるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、こんな事態になったかというと、

ジェネリック医薬品メーカーの中に

品質が一定の水準に達していない製品がいくつかあったため、

そのメーカーの他の薬も出荷停止になってしまった、

ということらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、それはジェネリック医薬品メーカーだけの責任ではなく、

医療費削減のためといいながら、

先発品を圧迫しジェネリック医薬品への転換を

強引にすすめた厚生労働省の責任も大きいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚労省幹部のほうでは、こういった事態を招く恐れは

十分に把握していたのではないか、と考えられるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果的に薬が行き渡らず、

医療費削減の目的は達していますが、

ワリをくってるのはいうまでもなく患者さんたちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギーの薬だけでなく、

抗がん剤や精神科の薬、抗生物質などの中にも

品薄、流通不足を起こしている薬が数多くあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチは幸い多くの患者さんに御納得いただけていますが、

患者さんに詰め寄られる薬局や、

医者に怒鳴られる卸しさんもいるかも知れず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、お上の責任は問われないんだなあ。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.11.21

スギ花粉、飛んでます

 この時期、毎年のことですが

今年は例年以上に目につくのは花粉症の患者さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それも「スギ花粉」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 秋にも花粉を飛ばすイネ科の花粉症は稲刈りとともに収束し、

(田んぼの稲は花粉症を起こさないので「目安」として)

ブタクサ類もだいぶ枯れてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スギ花粉は本来は2月後半から4月上旬、

3月がメインですが、

11月には、気温がちょうど3月と同じくらいになる

タイミングがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特に雨など降っていったん気温が下がった後に

暖かい「小春日和」の日があると、

スギの木は「勘違い」して花粉を飛ばすのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日来院した小学校6年生の男の子。

昼休みにサッカーをした後から、

急にノドが痛くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ノドに発赤は無く、鼻内はアレルギー性鼻炎の所見、

眼の充血もあり、以前の検査ではスギ、ヒノキのみ

アレルギー検査が強陽性でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼻症状に乏しいですが、診断はスギ花粉症です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普段はマスクをして鼻呼吸をしているのだが、

屋外でマスクなしで運動をするときには

鼻よりも口から大量の花粉を一気に吸いこむことになります。

それが、ノドの痛みをもたらしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今週は、ひんやりした雨のあとに気温が上がり、

スギ花粉が飛ぶ気象条件が整いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、秋のスギ花粉症の方が多い印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今後、寒波の襲来とともに冷え込むようなので、

今秋以降はスギ花粉症は収まるでしょう。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.21

マスク学園

 学校検診のシーズンが始まりました。

昨日は小学校の検診でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前と違うのは学校現場や親からの「マスク指導」が

よほど徹底されたと見え、

子供たちがマスクを取りたがらないことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マスクを取らないことには耳鼻科の健診などできませんから、

次の順番の子供はあらかじめマスクを取って

待ってもらうようにしているのですが、

耳から外したそのマスクを手で口に当てて待ってる子が結構いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小学生ですから自分の考えというより親や教師からの指導で、

うかつにマスクを外さないような習慣が叩き込まれているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前花粉症の時は親からマスクをしなさいといわれても

ほとんどの小学生は鼻出しマスクかあごマスクだったことも思えば、

花粉症の子に対しては親も真剣にマスク指導をしていなかったんだな、

ということが改めてわかります。(~_~メ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても今や学校生活を通じ全員が

ずっと一日中マスクをしているという状況になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新入生は初めて会うクラスメートの素顔を知らずに

ずっと学校生活を送っていくわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、小学校に限らず、中学、高校、大学でも同じこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは高校は男子校でしたが、

中学や、予備校、とくに大学では

新入生の中でどの子が可愛いか、ということが

ワタシの周りでは常に最大の関心事でした。

今もおそらくかなりの割合で男子の興味はソコだと思いますが、

この状況ではなかなかムズカシイ。

女子もそうなのかもしれませんが、

ワタシは女の子の事情は分かりませんので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの娘が可愛いと思うんだけど、

何とかマスクを取った素顔を見たいものだ、

という思いは、今や日本全国の男子新入生の願いだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、妄想が膨らむとマスクに覆われた部分を

自分好みの理想的な形に想像してしまう、

ということがあるでしょうから、

なんかのきっかけで望みがかなったときに

大きな落胆に見舞われる若者も、

また数多くいるんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 青春だなあ。

 

 

 参考「マスク美人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.27

ピークアウト

 山路きて何やらゆかしすみれ草。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何気ない日常の中で、

季節の移り変わりを感じる瞬間はふとあるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症の方々は、

外に出たときの目のかゆみの程度、

あるいは、鼻のムズムズ感に

お、最近花粉減ったかも、

と感じていらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレ耳鼻科医も、

日々花粉症の患者さんのハナの中をみていて、

季節の移ろいを感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スギ花粉はピークを過ぎたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カタカナ好きの小池都知事なら

「ピークアウト」と言うところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ピークアウト」はもちろん和製英語で、

英語圏では通じませんが、

もともとは株式用語らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういや、新型コロナウイルス感染者数が

「下げ止まり」だ、などと

この頃よくニュースで報道されますが、

「下げ止まり」も株式用語らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 株や経済に疎いワタシとしては

この表現を聞くたびに違和感があるのですが、

一般の方はどうなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、たびたびブログでも書いていますが、

いつも患者さんに説明する花粉症の目安として、

サクラが開花するとスギ花粉は減少に転じる、

サクラが全部散ったらスギ花粉はおしまい、

という説明をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、論文に記載されてることでも

ワタシが実際に検証したことでもなく、

彰までワタシの個人的な印象から導かれた推測ですが、

かなり正確に当たってると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽうヒノキは4月いっぱいと、

いつも言っていますが、

このような展開だと、もっと早く終息しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2月中に来た患者さん方には

4月いっぱいまでのクスリを出しちゃっていますが、

早く終わればとっておいてまた、来年使えますよ、

という説明もしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3月中旬過ぎて薬を取りに来る患者さんの中に

ほとんど症状が出てない人がいて、

訊いてみると、やはり昨年の残りを飲んでた、

という方は毎年いらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まったく正しい対処法だと思いますが、

毎年3月中旬は激混みですので、

待ち時間を考えれば

できれば残り錠数と日数を計算して、

ギリギリまで待たずに、

早めに来てもらった方が良いかもです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.20

サクラ咲いたら

 サクラの開花は記録的な速さで進行中らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつてワタシが通った旧西小学校のサクラも、

多くは切られてしまったが、残った木々に花がついた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この子はいつも頭の中に花が咲いているが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 16年目のレディア。

このサクラの木も老木だが、何年くらいなのだろう。

ソメイヨシノの寿命は60年といわれますが、

ワタシがこのサクラに迎えられて入学したのは55年前のことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつてはサクラ咲いたら1年生、

と、サクラの花は入学式のイメージがあったが、

地球温暖化の影響か今は卒業式のイメージになってるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利の山林火災も鎮火し、

数日前からハイキングコースがまた解放されたので、

一時は消防関係車と自衛隊の車で埋め尽くされていたこの駐車場も

祝日の今日はハイカーと一部火事場見物の野次馬?のクルマでイッパイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般のヒトと違って、ワレワレ耳鼻科医は

サクラの花が咲くとスギ花粉が減り始めると感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このキビシイ季節も、もうちょっとの辛抱だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.19

学校教育現場の体質

 花粉症で治療していた子供が、

ある日突然重症化して受診。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉の対策も、クスリも十分だったのにナゼか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 聞けば、昨日は社会の授業で「街中探検隊」とかナントカといって

市内各所を半日歩いたのだという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それも天気のいい、暖かい日の日中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自殺行為だろ。😡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのほかにも体育の授業が2時間通しで校庭であって、

花粉症治療が一気に崩壊、という悲惨な子供さんもいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 体罰にも等しい。(# ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症の怖いところは、いったん増悪すると

連鎖反応により次々に炎症細胞が動員されて、

花粉が入らなくなっても症状が治まらないばかりか、

今度は少しの花粉や、温度変化、機械的刺激などでも、

アレルギー発作を起こしやすくなることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例外もあるとは思いますが、

学校のセンセイというのはルールを守る、慣習を重んじる、

ということに熱心なあまり、

思考停止していて状況の変化への対応に疎い、

という印象があります。

こんな記事を書いたこともあります。

担任のおふれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 街中散策は毎年行っていて

子供の教育上有用なことなのかも知れませんが、

この時期にやったら花粉症の子供の症状が大変なことになる、

という考えはなかなか浮かばないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食物アレルギーでは以前死亡事故が起こったことがあるので、

学校側は気を使ってるようですが、

有病者のはるかに多い花粉症に対しては、

病気を持つ子供たちに適切な配慮がされているとは

到底考えられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっと、アタマ、使えよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ