ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.02.07

コロナ禍

 昨年の新語、流行語大賞へのノミネートはなかったが、

「コロナ禍」というのは、

間違いなく昨年生まれ、かつ多用された言葉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「禍」は「わざわい」で、

以前から「戦禍を被る」とか「大地震の災禍」などの言い回しのほか、

「台風禍」「洪水禍」「津波禍」などが

新聞の見出しなどにしばしば使われていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この言葉、昨年後半から「コロナ禍でライブハウス苦境」

とか「コロナ禍で消費落ち込む」などと、

日常的に非常に多く用いられるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、途中から「コロナ禍の働き方」とか「コロナ禍の成人式」とか

なんていう言い回しが出てきて、

これは「コロナ禍」と「コロナ下」が混同されてるぞ、

と感じてきていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「コロナ禍の状況での働き方」や「コロナ禍の年の成人式」

というべきだろう、と思っていたら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の新聞には

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、もう「コロナ下」という言葉も生まれたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、きっと最初は誤用、勘違いだったとは思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、この「」という字、

当初は「」と間違えていた人が結構多かったみたいで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほど「うず」に巻きこまれる、という感覚もなくはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、バンド仲間のアヤちゃんは

しばらく「コロナ鍋」だと思っていたそうで・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食べ放題ダイスキ、食いしん坊の彼女らしい。(≧◇≦)

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ