ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.02.12

F-100Dスーパーセイバー

今回はこれ行ってみよー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーセイバーは言わずと知れた

傑作機F-86セイバーシリーズの発展型であり、

F-100のコードネームでいわゆるセンチュリーシリーズの一番手であり、

かつ世界初の実用超音速戦闘機であります。

今回は2機同時製作で。

むろん在庫を減らすのが主たる目的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、最初のタミヤマークのキットは、

実は金型はイタリアのイタレリ社製。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タミヤで説明書をつけてパッケージしたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2個目のエッシー社はやはりイタリアのメーカーですが、

倒産してすでに今は無し。

メイド・イン・イタリアの競演となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パーツ割りはかなり似ています。

どちらもシャープなスジ彫りで制作欲がわきます。

F-100にはこのほか、ハセガワ製のキット、トランぺッター社製のキットがありますが、

ハセガワ製は古くてちょっとあまり触手が動かず、

トランぺッター社の方は絶版でネットで¥27000という法外な値段でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どちらのキットも出来は良いのですが、

タミヤ・イタレリ版はキャノピーに決定的なミスがあります。

本来、単座型にはない余分な窓枠がモールドされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 めんどくさいけど消すしかない。😢

ペーパー1000番~1500番とかけ、

コンパウンドを粗目、細目、仕上げ目と順次かけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、テキトーなところで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1機は無塗装銀、もう1機はベトナム迷彩にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだエリアルールが採用される前の寸胴ボディ。

鯉のぼりが2匹といったところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さてデカールはタミヤ製は機首に矢印が付いたヤツと、

迷彩はワタシのキライなシャークマウス付き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここは2機ともエッシー版のデカールで仕上げます。

デカール、死んで無いと良いんですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 無事でした。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こっちの方がカッコイイ。

ノーズアートと爆撃マーク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 F-86Fをたたいて伸ばしたようなデザインですが、

ワタシ、けっこう好きです。

これのさらに発展形があのヘンテコなF-107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 機体前方にインテークがある最後の機体。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 葉巻型F1に愛着をおぼえる感じに、ちょっと通じるところがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカ空軍第481戦術戦闘飛行隊。

1960年代に南ベトナムのタンソンニャット基地に所属した

「プリティー・ペニー」と呼ばれる機体。

現在この基地は日本のODAでタンソンニャット国際空港になっているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時世界最強だと思われていたF-100Dスーパーセイバーでしたが、

ベトナム戦争に投入されると、

北ベトナムのソ連製MiG-17、MiG-19に対して歯が立たず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 戦闘爆撃機の座はF-105に譲り、

護衛戦闘機として参戦したがMiG撃墜記録は達成できず。

鳴り物入りで登場したわりに

何となく、イマイチな実戦記録でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、もう一方のベトナム迷彩仕様は、

アーカンソー空軍州兵184戦術戦闘飛行隊。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたところ空軍州兵はベトナム戦争の時には

大規模な動員はおこなわれなかったとあるが、

このベトナム迷彩は、国内向け?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こっちは赤いイノシシがトレードマーク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 無塗装銀がベトナムで、こっちが内地とはちょっと解せませんが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ空軍でのF-100の運用は1954年からで、

1971年には第一線を退きます。

アメリカがベトナム戦争に介入したのは1961年から1973年なので、

スーパーセイバーはどちらかというと「老兵」であったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、こっちがタミヤ・イタレリ版で、

銀色がエッシー版です。

キットのテイストが非常によく似ていてパッと見、区別つきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャノピーの窓枠、消えてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どっちも良いけど、ワタシの原体験としてはスーパーセイバーは「銀」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 F-101、F-102、F-104、F-105、F-106、センチュリーシリーズは大好きだなあ。

「ジェット機」の時代ですね。

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ