ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.02.05

老害

 老害という言葉は日本独特のもので、

他の国にはそれにぴったり当てはまる単語は無いという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリンピック組織委員会会長の森氏は、

総理大臣時代から、思慮分別にかける発言で

さまざまな批判を浴びていた人ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 元自民党総裁、内閣総理大臣を2期も経験してると、

周囲の人たちはいわゆるイエスマンばかりで、

発言や、行動を諫める人はいないんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人間の理性をつかさどるのは主として前頭葉の働きですが、

歳をとると、前頭葉の萎縮がすすみ、

それによって言動に抑制がかかりにくくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いわゆる「キレやすい老人」とは、

まさに前頭葉の萎縮、機能低下によって起こるとされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこまででなくても、老人は思ったことをすぐ言葉や行動に表してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 赤ちゃんやペットを連れていると、

声をかけてくるのは必ず老人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「かわいいねー、いくつ?」

と訊いたり、

「なんていう名前だい?」

何と声をかけてくるのは必ず老人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中にはいきなりペットに手を出したり

赤ちゃんに触ってくる人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、本人には悪気はないのですが、

ペットの飼い主はかまってほしくないと思っているし、

お母さんにしてみれば、見ず知らずの老人に子供を触られるのは

絶対イヤなはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 若いうちは、かわいいペットや赤ちゃんだと思っても

心でそう思うだけで、

触ったりしたら相手が嫌がるだろう、ということは分かるので

せいぜいにっこりするだけです。

女子高生は「カワイー」といいますが、

飼い主や親に話しかけはしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが老人は抑制が効かないので

「かわいい」⇒「このイヌまたは赤ちゃんのことを知りたい」

⇒「触ってみたい」という流れを止められません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 脳の中ではまず前頭葉の機能低下が現れるというから、

気を付けたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、森喜朗氏の頭の形を見ると、

このヒトもともと前頭葉の発育があまり良くないみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから、ムカシからあんなに正直なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、オリンピック組織委員会の役員報酬は

年間2400万とあるが、

オリンピックが1年延期になったので

役員のヒトはもう2400万余計にもらえちゃうのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ