ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.07.02

フェラーリ312T5

 昨日、いきなり完成しちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6月14日に手を付けて以来、わずか2週間ちょっと。

これは、異例の速さといえよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この速さの要因は

①コロナウイルスの影響で仕事もヒマ、

ライブもサッカーもなく作業時間が豊富にとれる

②組みにくいプロターのキットもクセがわかって慣れてきた

③カウルに覆われる部分、完成後見えなくなる部分の手抜き工作

④高温多湿なのでスプレー塗装が楽

⑤ドライデカールなので貼りにくいかわりに、乾燥時間を見なくてもいい

⑥途中中断すると、そのままやる気がなくなり

完成しなくなるかもという強迫観念で、一気呵成に取り組んだ。

などの外因性、内因性の要因が共に働いた、と考えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、フェラーリのF1史上、最も遅かったマシンが、

1/12スケールF1としては最速で完成しました。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうしてみると、312シリーズの最終進化形だけあって、

直線的なデザインはわりとカッコイイかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタイル的には312T4と同じ、カメの子型。

312TシリーズはT3まではほぼフルカウルだが

T4からはエンジンの後半部トランスミッション部がむき出しになっています。

 

 

 参考312T3。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プロターのキットは例によってカウルの合いは相変わらず悪いので、

なんとかビスで止めたあとは、もう再び開ける気はしませんが、

蓋を閉める前はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 裸の状態はこんなです。

この時代のF1はアルミ製の弁当箱。

こりゃあ、クラッシュしたら死にます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エンジンのパイピングもだいぶ適当です。

ごちゃごちゃ感が出ればいいかな、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シートベルトは、布製です。

説明書では針で縫えとの指示ですが、メンドクサイので、

ビニール系接着剤で仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドライデカールも布シートベルトになんとか貼ることができ、

なかなかいい感じに仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回のキットの白眉は、この部品。

これは、一種の「治具」で、付属の金網をこれで挟んで、

エアファンネルができる、ってやつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これまでプロターのキットは、

エアファンネルをペンの蓋みたいなやつで押して作れ、

というのもので、大変苦労したのですが、

これがあれば12気筒だろうと簡単に量産可能。

もっと、早く入れてほしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カーナンバー1は、前年1979年のチャンピオン、

ジョディ・シェクターだが、

ここはやはりF1界の悲劇のヒーロー、

カーナンバー2のジル・ヴィルヌーヴ仕様にするモデラ―がほとんどかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抜群の速さとスター性を持ったジル・ヴィルヌーヴは

1979年にはチャンピオンになる可能性があったが、

チームオーダーをまもり年間2位。

その後も、マシンの不調に泣いたが、

傑作マシン126C2を得た1982年、

チャンピオン獲得の可能性は高かったが、

ベルギーGPで事故死する。

このゼッケンナンバー2は、

彼が生涯最高ランキングの2位を1979年に記録した証なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1975年にデビューした312Tシリーズは

時代の流れの中で先代のT4から、ボディ下面の気流でダウンフォースを得る

いわゆるウイングカーになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし1970年以来の水平対向12気筒エンジンは

パワーもあり車高は低く抑えられるが、

車体の下部分に突出するエンジンの幅が広いため

ウイングカーとしてはベンチュリ―効果が十分に得られないため、

このマシンをもってフェラーリは12気筒水平対向エンジンに見切りをつけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、これで312Tシリーズは1/12スケールで1~5までコンプリート。

(312T、T4はタミヤ製、T2,T3,T5はプロター製) 

この勢いで、あの難物に挑んでみるか。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.15

ネクスト

 さて、お正月のフェラーリ641/2、予定より2週間遅れの「納車」となったため、

先に述べたように、これでタミヤ1/12のF1はコンプリート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、スポーツカーモデルのストックやバリエーションキット、

そして、「難物」のプロター社のF1モデルのストックを合わせると、

まだ10台以上の在庫があり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 救い(?)は、タミヤの1/12F1モデルが、もうしばらく新作が発売されていないこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間完成したフェラーリ641/2は1991年発売。

時のF1ブームに乗って、10年ぶりに1/12のF1マシンがプラモデル化されました。

金属製のサスペンション・アームやビスを多用した新世代の設計で、

精密でかつ作りやすいと絶賛されました。

実際に作っていて実に楽しいキットだと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この流れで翌1992年に

アイルトン・セナ最後のチャンピオン・マシン、マクラーレン・ホンダMP4/6、

そして1993年12月にナイジェル・マンセルが圧倒的な強さでチャンピオンを手にした

ウイリアムズ・ルノーFW14Bが、1年ごとに発売されましたが、

このウイリアムズ・ルノーを最後に、1/12のF1はモデル化されていません。

もう26年以上、ニューキットの発売がない、ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、1990年のフェラーリ641/2、

1991年のマクラーレンMP4/6、

1992年のウイリアムズFW14B、

この3台、今振り返っても、歴史に残る名マシンで、

この前後10年のF1はこの3台で必要十分じゃないかな、という絶妙なチョイスです。

あえて、追加するのなら1988年に年間16戦中15勝を挙げた

マクラーレン・ホンダMP4/4 をいれるか、というところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後の長いブランクがあるわけですが、

ただ、最近のF1マシンはどうもごてごてして、

オジサンモデラー的には食指が動きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、次はコレかな。

フェラーリ歴代のマシンの中でも超失敗作といわれた

「フェラーリ312T5」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1979年312T4で6勝を挙げ、

ドライバーズとコンストラクタ―ズのダブルタイトルをとったフェラーリは

ドライバーズ・チャンピオンのジョディ・シェクターと、

ポイント2位のジル・ヴィルヌ―ヴがそのまま1980年シーズンを戦ったが、

このニューマシン、312T5の出来があまりにひどかったため、

なんとシーズン未勝利に終わってしまった。

1979年の年間ポイントが113だったのに対し、

1980年はわずか8ポイントで、コンストラクタ―ズランキングは10位に沈み、

前年チャンピオンのジョディ・シェクターは

シーズン通じてわずか2ポイントしか取れず、

そのまま引退、という有様であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、こんなマシンがキット化されているのか疑問である。

しかもキットは作りにくさでは定評のあるイタリア、プロター社製。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 作りにくい上に、全く思い入れのないマシンとあって、

この半年間、眺めていたが、コロナ騒動で時間のある割には

一向に食指が動かず・・・。(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ここにきて、ようやく着工。

昨日、パーツを中性洗剤で洗いました。

出来上がりはやっつけ仕事でソッコーででっちあげるか、

はたまたまた途中でモチベーションが切れて、

しばらく、お蔵入りになるか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、先週末に今年の日本グランプリ中止が発表され、

昨年の台風直撃に続き2年連続鈴鹿詣でができず、残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プラモデルを作りビデオを見て

何とか、来年の秋を待ちましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.05.04

F-86Fセイバー

今度はコレ。

このあいだに続いての「ハチロク」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、セイバーといえば航空自衛隊、

まあ、ワタシ的には前にも書いたように

ゴジラ映画のやられメカですが・・・・。

さて、各部隊のマークがチョイスできますが、どれにしようかな。

と、いっても尾翼のマークが異なるだけで、

派手な迷彩はなく、どれも単色銀塗装。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その尾翼のマークも三角やストライプなどの図形ばかり。

なので、唯一絵柄である第8部隊にしました。

名古屋、小牧基地所属なので、名古屋名物「シャチホコ」。(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空自なので資料は豊富です。

ネットを漁るといろいろあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはコックピットですが、

このフジミのキットはインテイクからジェットファンまでが再現され

その上に乗っています。

完成後、まったく見えなくなっちゃうんですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じでおさまります。

先端に鉛の錘を入れてエポキシパテで固定しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コックピットは戦闘機としては幅広。

F-86は1947年初飛行、1949年実戦配備。

1950年代にかけてアメ車はどんどん大型化し、

でかいバスタブみたいなクルマが流行しましたが、

そんなイメージが無きにしも非ず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真、いいですね。

日差し斜めの感じは朝なのか夕方なのか。

翼の上の若者はパイロットなのか整備士なのか。

機体番号はこの970番にしよう。

この写真のように駐機状態の時はほぼ必ずエアブレーキが開いて垂れ下がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、それを再現しようと。

しかし、いやらしいことに日の丸が一部かかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

張り付けたあと、半がわき状態でナイフでラインに沿ってカットします。

そろりそろりと起こしてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よし、OK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくして、完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空自のセイバーは無塗装銀ではなく、銀塗装。

ギラギラのジュラルミンではなく、全体が少しくすんだ色目になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、機銃パネルのところだけ色目が違います。

白黒写真だとやけにはっきりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このくらいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コックピット。

ちょっと曇って写ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このマークを、おお、カッコイイ、と思うか、

ったく、しょうがねーなー、趣味ワカランよ、と思うかですが、

それこそが「名古屋人か否か」ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんでも「シャチホコ」を初めて天守閣に載せたのは、織田信長だとか。

中国の建物に似せたため、とチコちゃんでやっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このイナタいフォルムが、郷愁を誘います。

自衛隊で使われていたF-86と、M4シャーマン戦車は、

ワタシにとってジェット機と戦車のデフォルトです。

デザインに、共通のイメージを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 F-86Dと並べてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 形の違いは、ほぼノーズだけですが、何となく国籍マークの関係で、

鼻の高いアメリカ人と、鼻の低い日本人に見えてしまう・・・(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外人さん、ハナ、高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゴジラ相手では全く役に立たなかったF-86ですが、

一番の晴れ舞台は、なんといっても1964年10月10日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」が、

東京オリンピックの開会式で、

国立競技場の上空に鮮やかな五色の輪を描いたのでした。

これは、以前作ったF-86Fのブルーインパルス仕様。

同じフジミの1/72のバリエーションキットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時、少年雑誌で世界のエアアクロバットチームとして、

アメリカのサンダーバーズ、ブルーエンジェルスや

イギリスのレッドアローズなどとともに紹介されていて、

日本にもあるんだ、と知り大変誇らしく思った記憶があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ブルーインパルス(青い衝撃波)」と紹介されていて、

このチーム名もやたらカッコいいと思ったものです。

その後、ブルーインパルスの使用機体は国産のT-2から、T-4 へと変遷しましたが、

カラーリングも含め、歴代のブルーインパルスの中ではこのセイバー版が一番好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2020年の東京オリンピックでも

ブルーインパルスが登場するはずでしたが、

残念ながらオリンピックは来年に延期になってしまいました。

しかし、この様子では来年も危ういかも?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.04.30

MiG-21 bis BLACK LYNX フィンランド空軍

そして3機目はおなじみMiG-21。

このうちの1機を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初、ソビエト空軍仕様で製作予定でしたが、

2つキットがそろったので、

2種類あるマーキングのうち、

まずはフィンランド軍仕様で作ってみることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MiG-21のコックピット色は以前書いたように独特ですが、

今回、MiG-21のキットを大量に入手してしまったので、

コックピット色を調合して見ました。

色の調合はあまっても使わないので通常やらないのですが、

こんだけMiG-21があれば作っといても損はないかということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、いつもの彼には休んでいてもらい、

パイロットなしでシートベルトも塗装して見ました。

ステイホーム、ということで。(^.^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

錘は説明書の指定では5g。

釣り用の板鉛、1cmが0.7gなので約7cmに切り

縦に半分にした14cm分を丸めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回は初のフィンランド空軍です。

フィンランドといえば森と泉の国。

機体はいわゆる「森林迷彩」です。

しかし、写真によってだいぶ色目が違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪の中のMiG-21というのもオツなモノ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中東の砂漠から雪に覆われた北欧まで、さすが世界のベストセラー。

これは雪下ろしした方が良いのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗分けはマスキングシートを切ったり、マスキングパテを使う方法もありますが、

メンドクサイし、多少のボカシがある方が好きなのでフリーハンドでいくことにしました。

まず、境界線を極細のノズルで吹いて、その間を塗りつぶしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 濃いほうの色はキットの説明書の指定ではちょっと違うかなと思ったので独自に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、今度はなんか、ミドリの方がイメージが違うかも。

キット指定のイスラエル空軍機色は明るすぎる感じ。

ミドリガメの色だな、こりゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 グリーンが少し明るすぎる感じでしたが、塗り直しはメンドクサイので

ウェザリングカラーのブルーとブラックでフィルタリングをし、トーンを落としました。

デカールを貼って、艶消しクリアーコーティングを軽く施して完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、こんな感じですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、社会主義国家でないフィンランドになぜソビエトのミグがあるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スカンジナビア半島にあってフィンランドは

常にスウェーデンとロシアという2大国家に挟まれていました。

とくにロシアにはナポレオン後の1809年から

ロシア革命の1917年まで直接支配され、

その後もロシアへの対抗から、

第2次大戦ではドイツに連携して戦い、敗戦国となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第二次世界大戦ではフィンランド空軍のマークは

ナチスと同じ形の青いスワスチカ(鉤十字)であったが、

これは由来は別で偶然だったということである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、敗戦国となったフィンランドには軍備制限がかけられ、

パリ協定により東西両陣営から武器を購入しなければならないことになった。

なので、空軍ではイギリス製のデハビランド・バンパイアと

ソ連製のMiG-21を併用、という

他のヨーロッパ諸国では例を見ないようなことになったわけです。

勉強になるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、長くロシアに苦しめられてきたフィンランドは

意外な親日国である。

ロシア占領下にあったとき、はるか極東の小国日本が、

日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を撃破し、日露戦争に勝利したときは

当時のフィンランド国民は熱狂的な歓喜に沸いたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう思うと、なんか親近感がわくフィンランド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネコも可愛いし。

このマークは「リンクス(オオヤマネコ)」。

スカンジナビアからロシアにかけて分布し、

フィンランドでは1200頭ほどが生息するという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とがった耳が特徴で体長は100~150㎝、体重20㎏前後。

黒いやつはいないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第二次世界大戦中のフィンランド空軍のバッファローにも同じマークがありますね。

先ほどのメッサ―シュミットMe109はドイツ製、

このブリュースターバッファローはアメリカ製。

さて、枢軸国のフィンランド空軍に、なぜ連合軍のアメリカ製の機体が、

という疑問がまたまたわいてくるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べてみると、

第二次世界大戦は1939年9月のドイツのポーランド侵攻から始まりますが、

これとは別に1939年11月末にソ連はフィンランドに侵攻し、

フィンランドとソ連の間で「冬戦争」と呼ばれる、戦争が勃発しました。

この時点では、ソ連はドイツと戦ってはおらず、

アメリカもまだ第二次世界大戦に参戦していません。

この時、ソ連の侵攻を受けたフィンランドを支援するために

アメリカはスウェーデン経由でバッファローを44機も提供しています。

当時フィンランド空軍は戦闘機を31機しか保有していなかったといいます。

さて「冬戦争」は1940年3月にいったん停戦しますが、

1941年6月バルバロッサ作戦によりドイツがソ連に宣戦布告します。

当初中立を宣言していたフィンランドですが、

フィンランド領内からソ連に進行したドイツ軍への報復として

ソ連はフィンランドに爆撃をします。

このためフィンランドは再びソ連に宣戦を布告し

これは「継続戦争」といわれます。

当初は2国間の戦争のはずでしたが、

ソ連がイギリスに圧力をかけ、イギリスがフィンランドに宣戦。

結果的にフィンランドは枢軸国の一員となって、

再びソ連と戦うことになります。

実は、この時バッファローはすでに旧式で

太平洋戦争では日本軍の零戦や隼に対しては

全く歯が立たなかったのですが、

ソ連機相手に大活躍をし、多くの戦果を挙げたそうです。

その後ドイツの勝利は見込めないと考えたフィンランドは

1944年9月にソ連と講和条約を結びフィンランドの敗戦というかたちで継続戦争は終了。

しかし、独ソ戦は継続していたため、

フィンランドは今度は昨日までともに戦ったドイツ軍と戦う羽目になったのです。

1945年5月ドイツの敗北でヨーロッパ戦線は終結します。

フィンランドはソ連の侵略から身を守るために巻き込まれた戦いで

戦後は日本、ドイツなどとともに国際連合の敵国条項に含まれる枢軸国扱い。

一方のソ連は1939年のフィンランド侵略により国際社会から非難を浴び

その時点で国際連盟から除名されていましたが、

大戦終了後は戦勝国として国際連合の常任理事国になってしまったわけです。

こりゃ、フィンランド国民は納得いかないでしょうね。

そのために戦後はフィンランドは社会主義国家ではないが、ソ連の影響下にあり、

ソ連から(おそらくはB級品の)MiG-21を買わされることになったのでしょう。

これが、今回の作例につながるわけです。

戦闘機から紐解く世界史、

当時の国家間の状況がわかって実に興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、話が大分それましたが、

白夜、オーロラ、ムーミンとサンタクロースの国のMiG-21。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 戦闘機は恐ろしい兵器に違いはないが、

同じ機体であっても

中東や北ベトナムのMiG-21と違って、血生臭さがうすく、

ネコのマークと癒し系の森林迷彩のおかげか、

そこはかとないほのぼのとした感じがするのはワタシだけでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.04.28

ファントムF.3

そして、またまた「ファントムⅡ」。

これはイギリス空軍のファントムFGR.Mk3。

通常「ファントムF.3」と呼ばれている。

イギリスのファントムといえば

以前作ったファントムFG.1が

エンジンを自国製のロールスロイスエンジンに換装していたが、

これは、中身はほぼアメリカ空軍のF4JファントムⅡ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1984年のフォークランド紛争で、現地にイギリス空軍が派遣されたため、

手薄になった本土防空網の穴埋めのため、アメリカからF-4Jの中古を輸入。

なのでエンジンはアメリカ製のGEのまま。

塗装がイギリス空軍のいわゆるロービジになっています。

実機写真、うーん、のっぺりしていて地味ですね。

トラさんマークが唯一のアクセント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、前回、前後分割になっている胴体の継ぎ目の整形に苦労したハセガワのF-4。

今回は迷彩ではないので、スジ彫りを生かしたいが、

パテ盛りで消えたスジ彫りを彫り直すのはイヤダ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、説明書の順番ではなく、先に前後の胴体を面一になるように合わせてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあと、コックピットを組み込んで、

左右の「前半部分」だけを接着。

コックピットから後ろはまだ接着していないのでパカパカです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、前半分が固定されてから、今度は後半部を接着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、大成功。

ご覧のようにパテは極小で済みました。(緑の部分)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 機体はロービジなので、上面色と下面色はぼぼ差がない。

モールドを埋めないように厚塗りは避けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回のF-4よりは、だいぶ時短で完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 機首のレドームと、機体色は同じですが、

光沢を変えてアクセントをつけました。

機首の部分だけクリアーを吹きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 効果出ています。

ちょっと違う色に見えますが、つやの違いだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても地味な塗装です。

まあ、ドラマなんか見てもイギリスの空はいつもこんな感じで 

どんよりしてるからなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この機体はおそらく隊長機なので垂直尾翼がグロスブラックだが、

一般的には、ここもどんよりしたグレーの単色。

トラさんマークもそんなに強そうではないし、ビミョーだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロービジの国籍マークはアメリカ軍だとブルーグレーの単色になりますが、

イギリス軍のような蛇の目マークは単色にしちゃうと

フランス軍でもイタリア軍でもみんな同じになっちゃうので、

本来のユニオンジャックの赤と紺の彩度を落としてパステルカラーにしてるんですね。

この2色の組み合わせは「サガン鳥栖」のチームカラーですね。

現在20億円の赤字でチーム存続の危機ですが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、今回はミサイルが調達できず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サイドワインダーもスパローもない「丸腰」です。

別売のミサイルを買うのはなんかクヤシイので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、フォークランドでドンパチやっていても

英国本土は戦場ではないので武装は無しで・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コックピットはまあこんなもん。

キャノピーのバックミラーは

裏からシルバーを塗ってちょっと鏡っぽくしてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このファントムはロールスロイスエンジンに慣れた整備兵からは不評で、

空軍では先に就役したロールスロイスエンジンのFG.2より、

早く退役してしまったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、この前後を先に接着しちゃう方法でうまくいったので、

この工程でいけば、もう、ハセガワのファントムⅡは怖くない。

つぎはいよいよ本命のアメリカ海軍仕様に挑戦か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このペースでいくと意外と早いかも。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.04.27

FH-1ファントム

10日間で3機完成、は、おそらく新記録。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、コイツのご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この飛行機、ナニ?

と訊かれて、答えられる人は相当のマニアだと思います。

実は、これこそが初代ファントム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二次世界大戦中の1943年に開発が始まり、

1947年に配備された、史上初のジェット艦上戦闘機。

ちなみに当時マクダネル社は1939年に設立されたばかり。

戦争中だったのでグラマン社など他のメーカーは忙しいだろうと、

この新興メーカーに試作発注されたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、その後のジェット機の加速度的な技術革新のため、

1949年、わずか2年で実戦部隊からは退役。

太平洋戦争の終結が1945年、朝鮮戦争の勃発が1950年ですから、

この機体は実戦経験はなかったわけです。

歴史的な機体ではあるが、幻の戦闘機としてプラモデル上もほとんどキット化されず。

これは、相当前に都内で入手したまさにレアキット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんたって、メイド・イン・チェコスロバキアである。

チェコスロバキアは1992年に解体しているから、

少なくとも28年以上前のキットであることは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる簡易インジェクションといってガレージキット並みのレベル。

足りないところは自分で何とかしてね、というレベル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部品のゲートも大きく、パーツの精度も悪く、

バリといわれる餃子の羽根的な部分も多く。

ともかく立体化するのには相当の手間がかかります。

唯一の救いは機体形状がシンプルなこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

組み立て説明書もこんなもん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつお節みたいな機体。

オモリは充分に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げはこのように当時はグロス仕上げ。

これはミュージアム展示ですが、ともかくピッカピカのミッドナイトブルー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デカールがどうか心配でしたが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題なく貼れて、完成。

スケも少なく、柔らかく、いいデカールでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4本あるアンテナ類は付属していないので自作。

特に垂直尾翼のピトー管は2段構造なので、

伸ばしランナーに穴をあけて金属線を挿入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上手いこと行きました。

ちなみに金属線はギターの弦なのでいくらでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実機の胴体と主翼接合部は滑らかになっているが、

キットはガイドのダボもないイモづけで、しかも全然合わないので

パテとペーパー、相当手間がかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる第1世代といわれる極初期のジェット機です。

後退翼もまだなく、レシプロ機の面影を残しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャノピーは透明プラスチックではなく、

ヒートプレスという塩化ビニールの押し出しですが、

ヘタなプラスチック製より薄くてこっちの方がイイです。

昔のキットには氷砂糖のようなぼてぼてのキャノピーがよくありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかくこれが元祖ファントム。

普段、ファントム、ファントムといってるヒコーキは

あくまでファントムⅡ、なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、双発、ということを除けば、

機体のデザイン上の共通点は全くなく、

全く別物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、ファントムⅡは主翼に途中から上反角がついている一方、

水平尾翼は、極端な下半角がついていて、かなり特異なフォルムなんですが、

この元祖ファントムは、水平尾翼に逆に不自然な上反角がついていて、

ここは、ある意味共通点?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初代と2代目を並べてみます。

大きさも形も全く「別人」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、30年近く押し入れに眠っていたキットが、無事に形になりました。

メデタシ、メデタシ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.04.22

爆買い

 新型コロナウイルスの影響で

外来の患者さんは半減しましたし、

スイミングも休館になって困っていますが、

ずっと家にいてヒマで困る、ということはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも1年以上前から食事はほぼ三食自宅で自分で作りますし、

家にいる時間は、食事と読書を除いては

ブログを書いているか、模型を作っているか、

あるいはブログや模型作りのために

インターネットで資料を検索しているかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうも、プラモデル製作、という趣味は

このご時世にはうってつけの様で、

ここ最近は、

外来診療で感染してしまうかもという心配は常にありますが、

それ以外は、心身ともに安定した毎日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間の、MiG-21で大変満足したので、

ヤフオクでそのキットのバリエーションキットを探していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このフジミのMiG-21は1990年ころの発売で、

すでに絶版なのだが、

多くのバリエーションキットがあったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今までに製作した

「MiG-21MF Pin-Up MiG」「MiG-21MF JAY FIGTHER」「MiG-21PF Phantom Killer」

そして、ストックの「MiG-21bis BLACK LYNX」のほか、

「MiG-21RF Indian MiG」「MiG-21MF African MiG」「MiG-21MF Peeping MiG」

「MiG-21SMT Humpback」「MiG-21MF RED STARS」「MiG-21 GERMAN MIG」

と、少なくとも全部で10種類のバリエーションキットがあることがわかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、全部揃えたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生のころから収集マニアだったワタシの血がうずく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その後すでに「MiG-21SMT」についてはヤフオクでゲット。

2個セットでの出品だったので

ここでまたファントムが一個増えてしまった。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その後、ヤフオクで魅力的なセットを発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9機セットだがなんと、このうち3つも未収集のMiG-21が。

で、このセットを5700円で、

あと送料が安くなるので同じ出品者から

もう一個MiG-21の入った11機セットを、3300円で落札してしまった。

しめて、10000円。

20個だから送料入れても1個565円と大変お買い得だが、

中には、多分作らないだろうキットもあるので

実質1個700円くらいかなと思うのですが。

フジミのMiG-21に関しては

発売時の定価1500円、平均落札価格は2000円くらいなので、

お買い得には違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ問題は、一気にストックが増えたこと。

どどーんと段ボールで来ちまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セットに同じキットも含まれていたのでMiG-21だらけに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この7個を加えて、一気にMiG-21のストックは9機になった。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん同じキットでも、

デカールが2,3種類ずつセットされているので

全て異なる機体に組み上げることが可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超音速ジェット戦闘機としては最高の

破格の1万機以上が生産され、

60か国余りで運用されたMiG-21ですから、

(2位は約5200機が12か国で運用されたF-4 ファントムⅡ)

我が家にも12機くらいあってもいいかなと思います。

楽しみで、ワクワクしますが、

外出自粛がいくらあっても、時間が足りない。

(そのファントムは製作済みが3個、

今回のセットにも1機入っていたので、

ストックが4個になり計7機あるのでバランス的にもちょうどいい?

いっぱいあるなあ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、バリエーションキットのラインナップで

2種類だけまだ未入手の「MiG-21MF RED STARS」

「MiG-21 GERMAN MiG」があるらしい。

きっと、またオークションで探しちゃうんだろうな。

セットだったら、どうしよう・・・。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.04.20

F-86Dセイバードッグ

86(ハチロク)といえば、一般にはトヨタのライト・スポーツカーだが、

ジェット機ファンならこのハチロクを思い出す人も多いのでは。

朝鮮戦争で活躍した西側ジェット戦闘機の初期のベストセラー。

ノースアメリカンF-86セイバー。

今回は、その派生型のF-86D。

定価1600円のところ、前橋の模型店で一昨年800円で購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例によってコックピットから。

ハセガワのF-86Fは1960年代に発売された古いキットだけど、

これは1996年発売と新しいのでコックピットもちゃんとしています。

しかし、ここに手を加えることはしません。

ワタシはいつもキャノピーを閉めた状態で仕上げることにしてるので

どうせ、完成後はロクに見えないのよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このセイバードッグは機体の後半はこの時代のジェット機によくある

ジュラルミンむき出し無塗装銀なので、

パネルごとにシルバーの色目と光沢をビミョーに変えて塗装します。

一方、前半分は保護のため銀塗装がされてるらしい。

なので、前と後ろは同じ銀でも色目が違うはず。

もちろん実機に忠実というワケではなく塩梅はあくまでテキトーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくして、完成。

朝鮮戦争で活躍したF-86Fセイバーにレーダーシステムを追加し

全天候型戦闘機となったのがF-86Dセイバー。

運用開始は1951年、アメリカ空軍では1965年には退役しています。

レーダー搭載によりイヌのような顔になったので、

セイバードッグとも呼ばれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全天候型戦闘機とは何ぞや。

別にそれまでの戦闘機が雨が降ると飛べない、ということではありません。

戦闘機のお仕事とは飛ぶだけではなく、

敵機を補足して迎撃することです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すなわち雨天や夜間で目視できなくとも、

敵機をとらえ要撃できる戦闘機を全天候型(All Weather)と呼んだのです。

現代の戦闘機にとっては当たり前の機能なので、

全天候型戦闘機という言葉は、「カラーテレビ」のようにもはや死語ですが、

ワタシが子供のころプラモデル買うと

箱に「アメリカ空軍全天候型戦闘機」などと書いてあったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供にはその意味するところがわからなくて、

そうか、どんな悪天候でも台風の中でも飛べるのか、すごいなあ、

と思ってましたが

そんなことはありません。

そういえば昔のプラモデルは戦闘機を戦斗機と記載してるのもありました。

「斗」は「闘」の略字で用いられていた時代があり、

「OK牧場の決斗」なんて映画もありました。

国語的に正しいかどうかはわかりませんが、

漢字テストでは×だったでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コックピット。

やっぱ、見えない。

ややっ、マスキングラインがずれている。(゚Д゚;)

実機もここはパネルの分かれ目ではなく塗装の分かれ目なので、

こんなこともあるかも・・・・・、な、わけないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初の後退翼を持ったジェット戦闘機ではあるが、

まだ音速の壁を越えてない第1世代ジェット機に分類される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本の航空自衛隊でも運用され、

F-86Fとともに、映画ではゴジラに叩き落される戦闘機の代表格でした。(^^;)

少年時代の郷愁をかきたてられる機体です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.04.18

MiG-21PF(Early)ファントムキラー

新型コロナでどんどん進むプラモデル。(^^;)

MiG-21シリーズ第3弾はいよいよコレだ。

MiG-21PF(初期型)その名も「ファントムキラー」。

やはり、ミグキラーのファントムを作ったからには、

ファントムキラーのミグを作らなければ片手落ち、ということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デカールは3種類あるが、ここはもちろんファントムキラーです。

北ベトナム空軍のヒコーキを作るのは、むろん初めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かいところは差し替えがあるが、基本的にフジミのミグ、

3機目なので手慣れてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コックピットはネットを漁るとこんな詳細な写真がありました。

けっこうドギツイ色してんだなあ。

赤のスイッチが目立ちますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな写真も。(@_@。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわ、このシチュエーションはなんなんだ、

別のところに注意がいってしまうではないか・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

邪念を捨てて模型作りに取り掛かります。

色の調合メンドクサイので、日本軍機内色の青竹色で。

ちょっと違うがまあいいか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パネルもそれなりに。

赤のスイッチ適当に入れてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パイロットは男性です。たぶん。(まだ、邪念あり。)

彼は、この間のチェコスロバキア人、イラク人から、今回はついに北ベトナム人に。

白人から、アラブ系、黄色人種までこなします。

このあとロシア人役が待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このキットの良いところは機体の構造上、

翼関係と胴体を別々に塗装できるという点。

中翼式で胴体に刺さってる形なので

主翼と胴体の境目処理の必要がないからです。

あと背中の部分がコンパーチブルなので、ここの合わせ目の処理もいらない。

大変作業効率がよろしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インテークの開口も忘れずに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は今まで使っていた極細ドリルが折れちゃったので、

新たに購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根本が太いので使いやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、この部品もエアインテークを開口。

分かるかなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実機では空気の流れを測定するセンサーらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピアノ線を通すと開通していることがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翼端灯が省略されていますので、

透明ランナーを延ばし、先端を線香であぶって自作。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穴をあけて差し込み式にします。

これを押し込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほいでもって完成。

今回も10日足らず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北ベトナム軍のMiG-21はジュラルミン剥き出しの無塗装で、

実機写真を見るとパネルによっていろいろなトーンの「銀」が

パッチワークのように見えます。

 

 今回の目標はこの上の写真にあるような「無塗装銀」の表現です。

いろんなシルバーを吹いてはマスキングしての繰り返しで、エライ手間かかりました。

だが、けっこう再現できてるのでは。<(`^´)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1960年初頭から始まったベトナム戦争は、

朝鮮戦争に続き南北に分断された自由主義国家と社会主義国家の戦争で、

アメリカが南ベトナムの傀儡政権に直接軍事介入すると同時に、

社会主義陣営のソ連が北ベトナムを強力に支援した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわば、東西冷戦の代理戦争で、

戦線は泥沼化し、熱帯雨林の国土は荒廃した。

アメリカの強力な軍事力に対して、ソ連は積極的に兵器を供与。

年代的にワタシが小学生の6年間、

テレビ、ラジオ、新聞は毎日のようにベトナム戦争のニュースでした。

北爆、ベトコン、ゲリラなどの言葉は耳から覚えました。

ベトナム戦争というものはプロ野球や大相撲などと同様に「日常」だったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北ベトナムの素朴な若者がこの星のマークの飛行機で、

粗末な飛行場から飛び立ち、

空母から、あるいは沖縄からやってきた米軍機を迎え撃ったのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしてもこの撃墜マークはスゴイ。

14個もあります。

ホントにこんなに撃墜した人がいるのか?

社会主義国家特有の「フカシ」、「フェイク」ではないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたところによると、

北ベトナムはアメリカ軍などと違って、

パイロットと飛行機は固定ではなく、

いろんなパイロットがとっかえひっかえ乗るらしい。

この4324号機は第921飛行連隊に所属していたが、

12人のパイロットが搭乗し、69回の空戦に参加して、

14機のアメリカ軍機を撃墜。

この機に搭乗したパイロットの3/4が敵機を撃墜していることから

幸運の機と呼ばれていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 荒れた飛行場でも離着陸できるMiG-21の頑丈な脚は、

まさにこのような戦場に向いていた。

西側の戦闘機より太めのタイヤを履いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間作ったMiG-21MFとはキャノピーの形状などが違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 意外と計器盤の赤いアクセントなどがみえて、ウレシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初期型は無骨な感じがいっそう強調されてカッコイイです。

機首のピトー管もシンプルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 武装は例のサイドワインダーのコピー、アト―ルを2発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自作の翼端灯。

ちょっと大きすぎた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例の極小の穴をあけた空力データ感部はココ。

全然目立たない。(T_T)

なくなっても気づかない。

でも、ちゃんと、穴開いてんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際に空中戦を行ったファントムⅡと比べてみます。

やはり、かなり大きさが違う。

イメージ的にはファントムが帝国軍、ミグが反乱軍?

少なくとも、ベトナムの人はスターウォーズ見たらそんなイメージを抱くでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1990年発売のこのキット。

発売後まもなく買ったと思うが、30年たってやっと作れたファントムキラー。

素晴らしいキットでした。

残るは本家ソビエト連邦のMiG-21。

これは、必ず作らねば。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.04.14

エタンダールⅣとシュペルエタンダール

航空母艦の艦載機というと、

映画トップガンにあるように

戦闘機が華であるように思われるが、

実は、重要なのは攻撃機である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てなわけで、今回はコレ。

フランス、ダッソー・ブレゲー・シュペルエタンダール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋葉原の中古プラモデル店でなんと500円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリス、エアフィックス社製であるが、

これ、中身はフランスのエレールというメーカーのもの。

かなり古いキットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、このシュペルエタンダールの先代にあたる

「エタンダールⅣ」のキットがストックにあったので

まとめて作っちゃうことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは500円ではなく、新品だったので2000円くらいしたかと思います。

説明書やデカールが立派です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、実機同様、シュペルエタンダールの金型を流用しており、

キットの初発は同じく30~40年前くらいの古いもののようです。

シュペルエタンダールの「シュペル」はフランス語で英語の「スーパー」にあたります。

だから「F-86セイバー」に対する「F-100スーパーセイバー」みたいな。

フランス語で「スーパーマーケット」は「シュペルマルシェ」というそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

比べてみると、こんな感じ。

ついでに「エタンダール」は「旗、軍旗」の意味らしい。

エレール社のプラスチックはなぜか非常に柔らかく独特の感触。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古いキットなのでやたらシンプル。

射出座席上部にある黄色と黒のフェイスカーテンハンドルは、

完成後も見えてアクセントになるので自作しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファントムやトムキャットでは2つの輪っかがついているのですが、

エタンダールⅣ、シュペルエタンダールでは輪っかは1個のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伸ばしランナーを線香であぶってリング状にして自作しました。

お線香、便利です。

普段立ちこめているシンナーとは違うありがたい香りが部屋に漂います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、完成。

まずはエタンダールⅣ。

フランス海軍仕様です。

っていうか、この機体、フランス海軍以外での運用はありません。

アメリカ以外では戦後初の攻撃型空母クレマンソー級で1962年から運用開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機首のあごの部分にフィンがついている独特のデザイン。

ローリング防止のために試作機の段階で追加されたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネイビーブルーの機体はいいですね。

アラが目立ちにくいし・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独特の平面形。カッコイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、機首のエラは何となく変だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスカーテンハンドルがアクセントになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この角度から見ると、なんとなく「蛾」を連想させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、お次の「シュペルエタンダール」。

箱絵はフランス海軍の機体だが、

実はこのキット、アルゼンチン海軍仕様のデカールも入っています。

なんか、実際よりかわいい感じがするが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは色はネイビーブルーでなく、

エクストラダークシーグレイにしてみました。

シーハリアーなんかもこの色で、大好きな色です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

艦上攻撃機「シュペルエタンダール」の名前を広く世界に知らしめたのが、

イギリスとアルゼンチンの間で1982年に勃発した「フォークランド紛争」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルゼンチン海軍の「シュペルエタンダール」は

その空対艦ミサイル「エグゾセ」によって、

イギリス海軍の駆逐艦「シェフィールド」を撃沈させたのだ。

発売元のエアフィックスはイギリスの会社だが、

よくアルゼンチン海軍のデカールを入れましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、その「エグゾセ」。

フランス語で「トビウオ」の意味だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この巨大なミサイルを一個だけ搭載、というのが、カッコいい。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる、ではなく

一発必中の職人芸。

超低空から侵入し、敵艦の姿も見ず遠距離からミサイルを発射する。

主翼の錨のマークも海軍魂が感じられていいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルゼンチンのナショナルカラーのスカイブルーも

モケイ映えして、大変によろしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニコちゃんマークは、やっぱ可愛すぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はシェフィールドに命中したエグゾセは不発弾で、

残っていたロケット燃料により火災になり航行不能になり、

曳航中浸水で沈没したという説もあるけど、

航空機のミサイルが軍艦を沈めたことに変わりはない。

結果的にこのシュペルエタンダール+エグゾセが

イギリス海軍機動部隊にフォークランド諸島への接近をあきらめさせたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 機首にレーダーが搭載されたため、ロングノーズ化して

エタンダールⅣに比べてデザイン的にバランスが良くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お尻を落としたクラウチングスタイルは艦上機の証。

ただし、アルゼンチン海軍は空母を当時1隻もってはいたが、

シュペルエタンダールは配備直後で

その時点ではまだ空母着艦が承認されておらず、

地上基地からの発進でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コックピット。

追加工作は効果的かな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、フランスの飛行機はどれも美しい。

これは、イギリスとは全く対照的。

この機体はワタシが好きなジェット機ベスト5に入るな。

戦車はドイツがカッコいいけど、イギリスはダサイ。

どうもイギリス人のデザインセンスには問題があるようだ。

1978年に運用が開始されたシュペルエタンダールは

フランス海軍では2016年にその座をラファールに譲ったが、

アルゼンチン海軍とイラク空軍では現役だそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ