ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.01.15

風が吹けば

 聴力の中で低い音の聴こえだけが悪くなる

低音障害型感音難聴は、比較的多い疾患です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明確な原因は不明ですが、

ストレスや不眠などに伴う循環不全が原因になるといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いったん治っても、

またストレスなどを誘因に再発することが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何年か前にも当院でこの病気を治療した方が、

また、再発で再受診しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何か、原因に思い当たることはありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、去年から仕事が忙しくて忙しくて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この方は獣医さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、獣医さんがそんなに忙しいのだろう。

新型コロナの影響で一般のニンゲンの病院は

どこも患者数が減少してるというのに・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は理由があったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この獣医さんはイヌの鳴き声を小さくする手術をやっていますが、

その予約が昨年からびっしりなんだそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ステイホーム、在宅ワークになって、

多くのヒトが自宅で過ごす時間が増えると、

今までは問題にならなかった

ペットの鳴き声に対する隣家からのクレームが、

急増したらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クレームが来る前に処置を、

というケースもあわせてこの手術のために

遠方からも予約がひっきりなしに入るとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、コロナが流行ると、獣医が難聴になるという、

風が吹けば桶屋がもうかる的な話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、ワタシの知り合いのミシン屋さんは、

メーカーも投げ出したミシンも修理しちゃうという名職人ですが、

コロナが流行してから、それまで廃業寸前だったミシン屋が

修理の依頼が殺到して大忙しになってしまったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 理由は昨年春先にマスクが品切れになり、

皆さん自分でミシンでマスクづくりを始めたため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナは、

ワレワレの想像を超えたところに影響をもたらしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
2021.01.14

栃木県も緊急事態宣言

一都三県の緊急事態宣言に続き、

関西、東海と、そしてナント本県にも緊急事態宣言が発令されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栃木県、田舎なのにまさか、という感じですが

人口当たりの感染者数が東京、神奈川、千葉に続いて

全国4位になった、というのが理由らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県別魅力度ランキング最下位の本県が、

ファンヒーターに関して世界の中心なのはいいが、

コロナ感染率が全国4位は困ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲食店の方は大打撃でしょうが、

それに関連した業者の方にも影響は波及することは必至。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、耳鼻咽喉科などの医療機関も、

患者数の激減により、またまた大幅収入減、

ということになるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまでくると、自分もいつどこで感染するかワカリマセンが、

基本的にはどこにも出かけない、他人とは会わない、

ので、感染するとすれば患者さんからだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、熱があったり、風邪症状のヒトも来院しますが、

そういった患者さんはあらかじめ車の中や別室で待ってもらい、

診察も接触をなるべく避け、

検査などは防護服を着て屋外で行うので、

そういうヒトからうつることはまずないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪ひきの子供が診察中あばれて、

その飛沫で感染することもあるかもしれませんが、

子どもの感染力はあまり高くない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むしろ、一見全く関係ない、

最近耳なり、メマイがする、とか、

2か月前からノドに異物感がある、

という風邪的には無症状のヒトから、

新型コロナウイルスの感染を受けてしまう可能性の方が

高かったりして・・・。

そういった患者さんの方が問診の時間が長いゆえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.01.10

今年の成人式

 いわゆるハッピーマンデー法案によって

成人の日が1月15日から、1月の第2月曜日に移ったのが

2000年からだそうです。

今回令和2年度の新成人は、

2000年4月から2001年3月生まれなので、

ちょうどその直後に生まれた、ということのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ご存知のごとく、

新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、

今年度の成人式は中止、リモート、もしくは延期

となっているところが多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、オレに言わせれば、

成人式とは小中学校時代の同級生が、

久々に再開し、皆20歳になって、晴れて飲み会ができる、

というのがそのエッセンスですから、

この状況では開催するわけにはいきますまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新成人で市長や政治家の挨拶をわざわざ聴きたい、

などという輩はまず皆無であろうから、

飲み会なくして成人式無し、というのは男子の場合、

ほぼ当然といえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、女子の場合、晴れ着姿を見せびらかす、

ということが成人式のエッセンスであると推測されるので、

多少違ってきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもせっかくの晴れ着がマスク着用では台無しですから、

これもまた今の開催は見合わせるしかないところでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 秋に延期する自治体が多いようで、

やっぱ、夏は晴れ着着るには暑すぎる、

という配慮もあるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 秋にはマスク無しで、飲み会ができる、

という状況になるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 秋に、スッキリとした気持ちで成人式ができれば、

それも良い思い出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、リモート中継の成人式はまったく意味ないだろ。

政治家の話聴きたくて成人式出るやつはいない。

新成人を新たな「票田」とみて、

顔を売るつもりだった市会議員、県会議員の先生方は、

秋前に選挙があったりすると、ちょっとガッカリですかねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.01.09

花粉症の準備もお忘れなく

 1都3県に緊急事態宣言が発出された1月8日の前あたりから、

また、外来の患者さんの数がぐっと減りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと毎年、年末までは患者さんが多いが、

年末年始のお休みがあると、

耳鼻科の患者さんの大半を占める

子供の風邪ひきがいったん収まるので、

年明けは患者さんが減る時期ではあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このあとは、いつもですと

インフルエンザの患者さんが増加するのですが、

今シーズンは全国的にも流行は無く、

今後も国民全体で感染予防を続ける限り、

流行はおそらくないだろうと考えられますので、

これに関しては患者さんは開院以来初の

インフルエンザ患者数ゼロ、ということになるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1月は花粉症のレーザー治療も多いのですが、

今年は予約がスカスカで、

皆さん、コロナ騒ぎで、

花粉症のことは忘れてるな、という印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、今年は、非常に少なかった昨年に比べると、

かなり多めの花粉が飛ぶ予測も出ていますので、

くれぐれも油断なきよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今週になり、目がかゆい、鼻がムズムズ、などの

花粉症様の症状で受診される方が目につきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、本格飛散は1カ月半くらい先なので、

ハンノキの花粉なのかもしれませんが、

毎年スギ花粉症があり、

今年すでに症状のあるかたにはクスリを2~3か月分出して、

今のところは症状に応じて、

2月後半からは連続的に飲んでくださいと指導しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前から当院に受診されてる方には、

毎年、シーズン初めに来ていただき、

以前の検査結果に応じてそのシーズン分のクスリを

目薬、点鼻を含めて2,3か月分まとめて出すことにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうすることで、患者さんの来院日数を、

年1回程度にすることができ、

待合室の混雑を緩和することが狙いでしたが、

今年は、新型コロナウイルスの対策にもなりますな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外出を控える分、花粉の曝露は減る、という見方もありますが、

暖かくなってくると、密になる屋内を避け、

公園や、動物園などの野外での活動が増えれば、

忘れていた花粉の攻撃を食らうことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 室内の換気のために窓を開けていると、

スギ花粉が室内に循環して、

花粉が「密」な環境になることも考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スギ・ヒノキ花粉症の方は、

なるべく早いうちに、クスリ取りにきておいてください。

 

 

 

3件のコメント
2021.01.08

休業補償制度

日本医師会の新型コロナウイルスに対する

休業補償制度というものができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医師や、看護師、その他スタッフが新型コロナウイルスに罹患し、

その結果、7日以上の休診となった場合

100万円の休業一時金を受け取ることができるというもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掛け金は1年間で48000円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということは単純に計算して、

閉鎖で補助金をもらうのが20医療機関に1施設ならば、

収支はとんとんということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな医療機関が申し込むかはわかりませんが、

いくらなんでも申し込んだ全医療施設の

5分の1の割合で1週間以上の休業、

ってことはないでしょうから、

これは保険屋がもうかる仕組みなんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 7日間で100万円ではたいした補償にはなりませんが、

まあ、とりあえず申し込みました。

使わずに済ませたいところですが、

この勢いでは、誰がどこで罹ってももはや不思議ではない・・・。

何せ、症状のないウイルス感染者がいっぱいいるのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.01.06

手袋

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、

マスクはもう必須になっていますが、

たまにゴムやプラスチック製の手袋をしている方がいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モノに付着したウイルスを直接手で触れることを避けたい、

という思いなのかもしれませんが、

これは気を付けないとかえって逆効果の場合もあるので注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大原則として、ウイルスは

口や鼻腔、気道、あるいは目などの粘膜部分から侵入しますが、

手指の皮膚から体内にウイルスが侵入することはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の皮膚感覚は非常に敏感で、少量の飛沫がついても、

「付着感」「ぬれた感じ」がわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、その手をすぐ洗うことによってウイルスを洗い流せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、手袋をしてるとその感覚がわからないので

そこに大量のウイルスが付着したままになる可能性が高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外し方や、外した後の処理にも気を使わなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので使い方にもよりますが

手袋よりは手洗い、アルコールによる手指消毒の方が

安全なような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モノからうつることはまずないと思いながらも。

スーパーのおばちゃんが青い手袋してレジしてるのが、

何となく気になる今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.01.05

2021年の仕事始めは

本日1月5日から2021年の仕事始め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例年、仕事始めの日には朝からドドドっと患者さんが押し寄せて、

外来は大混雑になるのですが、

今年は様相が違いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トータルでは午前中だけで80人以上来院されてるので

少なくはないのですが、

来院する患者さんがインターネット予約をうまく使って、

自分の順番近くまでは来院しないで

自宅やあるいはクルマの中で待っていていただいたようで、

待合室が密になることはあまりありませんでした。

今後もこの感じで行っていただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 保育園に通ってる子供たちは、

年末からハナミズやセキを反復していましたが、

この年末年始のお休みでだいぶ良くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年その傾向はありますが、

今年とくにその印象が強いのは、

お正月に外出や旅行、移動をした家族が少ないせいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、また保育園は始まりますが、

緊急事態宣言が出て、自粛ムードが高まれば、

少なくとも普通の風邪に関しては

今期は過去最低レベルになるような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.01.03

初詣2021

 毎年初詣は元日に明治神宮。

これはもう26年間変わらず、であったが、

今年は新型コロナウイルスのため見合わせることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、ひょんなことから1月3日に初詣をしちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 30日から帰省していた娘が1月4日から仕事、ということで

クルマでアパートまで送っていくことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その東京の住まいが明治神宮からわずか4キロ足らずにあるので、

娘を送り届けたあと、せっかくだから明治神宮へ寄っていこう、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 正月も3日になればもう空いているだろうという予想もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、あまり人がいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは去年の守札を返納。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年はコロナから守っていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでは、参りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 参道を進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、なにやら参道にオレンジのゴムのようなものが並んで埋められています。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレは、何だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほど、そういうことですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが立ち止まることなく神門の前までは進むことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで、しばし待つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 警察の指示が出るまで、ラインの上で待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして本殿へ。

思ったより混んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ココでも1メートル間隔で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1列ずつ進むので最前列までけっこう時間がかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 参拝を終えてホッと一息。

こうしてみると列がきちんと整っているのが、さすが日本人。

予想外の人混みに、来たことを一瞬後悔しましたが、

まあ、屋外だし、みんな距離をとってマスクして黙ってるので、

この程度ならば感染の恐れはまずないでしょう。

もともと明治神宮では、参拝は一方通行なので、

帰りの人とのすれ違いもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お守りとか破魔矢などの「物販」は普段はこの場所だが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は蜜を避けるため、別の広場に移動。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここなら広いから問題なさそうです。

例年のごとく守札と土鈴を買って帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 良い年になりますように、との思いは、

今年は字面だけでなく、

誰しもが真剣に思うとこでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、昨年の子年から、土鈴はこのボール型になったみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、ウシというより、タコか、ミカンか・・・・・。

ともかく、今年一年よろしく頼みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.01.01

2021年、元旦

 2021年、明けましておめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年恒例の「初日の出を拝む会」は、

今年は、中止が発表されていました。

撮影12月31日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、元旦の朝のお散歩。

ちょうど山頂で日が出たころ家を出ましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、初日の出を拝みに来た人がだいぶいたようです。

ぞろぞろ降りてきます。

まあ、太陽は勝手に上るし、

政治家の挨拶なんかないほうがうるさくなくて良いし。

初日の出見るのは勝手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近くの(別の)お寺の駐車場も近県ナンバーのクルマでイッパイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とか言ううちに、山の下でも初日の出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近のお散歩コースは、

もはやレディアが石段を登れなくなったため、神社には登らず、

旧西小学校までの周回コース。

ここの駐車場も満車。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、いつもと違うなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、このあたりで初ウ〇コを無事出してメデタシ。

ああ、スッキリ。

1年の計は元旦にあり。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初日に向かって帰路につきます。

帰り道は軽快♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おせち料理をいただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レディアのおせち。

ってか、いつものドッグフードはもう食べたのでデザートですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お正月なので、一応家族全員で食卓につきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年はどんな年になるのでしょうか。

良い年になりますように、という言葉が、

普段の年のお正月に比べて、より現実味を帯びて響きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.31

2020年大みそか

間違いなく歴史に残る年になるであろう2020年も

大みそかを迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の年越しそばはこちらにい邪魔しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンド仲間のヒトシさんのご実家です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鴨汁そば美味かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあとは、ここにケーキをとりに行く用があったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パティスリーホリは「C5-dips」のベース、ホリさんのお店、

超人気のケーキ屋さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスケーキ、

ムリ言って家族がそろう年末に作っていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メリークリスマス&ハッピーニューイヤーということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年こそは良い年になりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も1年間で367本の記事をこのブログにアップすることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来であれば華やかだったオリンピックイヤーを

回顧するはずだった大みそかの記事ですが、

今日の感染者は東京で1300人を越え、

日本全国でも4000人を越え過去最高。

来年もどうなるのか、まだ出口の見えない状況です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、正しい情報を集めながら、

冷静さを失わずに行動し、

この危機を乗り越えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年の大みそかには明るい話題が書けますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今年も大変なこともいっぱいあったけど、

楽しいこともそれなりに多かったと思います。

コロナ禍にあってかえって深まった人とののきずなや

家族のありがたみもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、良いお年を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ