ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.07.06

最も患者さんが減ってる科は

やはり、一番ヤバいのは耳鼻咽喉科らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆(開業医)診療科ごとの6月の外来患者数増減(n=439)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 皮膚科や精神科は、あまり影響受けないのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「コロナうつ」とか「マスクあせも」なんかは、

むしろ増えるかもしれませんし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その点、耳鼻科は風邪や、風邪に続発する疾患が多いので、

みんなが風邪ひかないように最大限の注意をしてる限り、

患者さんが少ないのは当然ですかね。

当院もその後、7月に入ってまた2ケタ台が続いていますし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 呼吸器内科で患者数が20%以上増えた施設は、

新型コロナウイルス疑いを積極的に受け入れているところなのかな。

だが、開業医でそんなところはないはずだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、旅館とか、飲食店とか、ライブハウスとか、

もっと大変な業種はいっぱいあるでしょうね。

バス会社や、旅行業界もかなりヤバいだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏には耳鼻咽喉科の患者さんは毎年最も少ないので、

今後もこんな感じでヒマな期間が続く可能性が高いですね。

インフルエンザが流行りだす冬には

いったい、どんな状況になっていくんでしょうか。

まさか、今後もインフル検査はしない、

というわけにもいかなそうですが。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.07.05

ようやくリーグ戦再開

 7月4日、ようやくJリーグが再開しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2月21日の第1節湘南ベルマーレ戦から、

実に約4か月半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その間、DAZNからは脱会、スポーツ新聞の購読延長もお断りしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は「リモート・マッチ」といわれる「無観客試合」ですが、

テレビ埼玉で中継がありました。

頼りになるぜテレ玉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 無観客だが、会場はこの通り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スゴイですね、さすがはレッズサポ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6万枚のビニールとタオルマフラーで6万4千人収容の埼玉スタジアムを「満員」にしました。

一体どれだけの手間と時間がかかったことやら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

********************************************************************************************************

2020年J1第2節

浦和レッズ  0-0   横浜Fマリノス (埼玉スタジアム2002)

   (前半 0-0)

   (後半 0-0)

********************************************************************************************************

 

 ホーム開幕戦の相手は昨年のリーグチャンピオン、横浜Fマリノス。

キックオフ前の集合写真も「密着」を避けてますが、

まあ、ぶっちゃけ、大した意味はないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合ともなれば、接触プレーや密着マークは、当然なので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 給水もピッチ外に置かれたドリンクボトルを回し飲みするのではなく、

一人一人にペットボトルを手渡します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、この辺は、そうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合は、双方とも攻撃的な姿勢。

たぶん、モチベーションが相当たまっていたか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、試合勘とか、連携の精度はまだまだで、

決定機を生かせず、前半は0-0。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この展開は後半も変わらず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 印象としては連携や崩しではマリノスに分があったが、

西川の好セーブ連発で、シャットアウト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズ的には、前半のユル木のシュートや、

興梠へのクロスなどいくつかの決定機があったが、

後半10分に橋岡からのクロスに杉本健勇がフリーで合わせたヘッドが、

もっとも得点に近かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが決まっていれば、とも思うが、

それを言ったらきりがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合は、結局0-0のまま、スコアレスドローになったが、

最大の問題は、コレでした。

相手監督ではなく上のテロップです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5分のロスタイムは、長いといえば、長いが

そう珍しいことではないはずですが、

残りおそらく数十秒で、試合中継は中断されてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、レッズのこの攻撃のところで終わってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最終的な結果はインターネットで知ることになったわけですが、

0-0で、まあ良かったが、

サッカーは最後の数秒で得点が入ることがあるので、

ちょっと、これはマズイんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うがった見方をすれば、

これはあるいはDAZNの策略か?

ロスタイムを長めにとるように審判に裏工作をしていたとか・・・・・

 

 

コメントはまだありません
2020.07.04

マスクマナー

 新型コロナウイルスの影響で、

国民のマスク着用は、日常化し、  

とくに病院に受診する人のマスク着用率はほぼ100%になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院は耳鼻咽喉科なので、口や鼻を見ることが多いため、

問診が終わって、じゃあ、診てみますね、

というとマスクを外す方が普通ですが、

中にはマスクをとってくださいといわないと

外してくれない人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに鼻水や、鼻づまりなど、鼻の症状でかかる人は、

診察の時、マスクをずらして鼻だけ出す、

という方も多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 のどの炎症や、後鼻漏の有無などもみなくてはならないので、

鼻の症状であっても、特に初診の場合は口内は必ず見ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、お口開けてください、というと、

マスクを外すか、あごまでずらしてくれるのですが、

ある時、ふと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この人たちが診察の時もすぐマスクを外さないのは、

①マスクをするのが今どきのマナーなので、

マスクを外して、相手(ワタシですね)に

不快な思いをさせることを恐れるためか、

それとも

②病院には、ひょっとしたら

新型コロナウイルスがいるかもしれないので、

マスクを外して、自分にうつることを心配してなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 漠然と、ずっと①の理由しか考えていなかったのですが、

あるとき②の理由の人もいるかもしれない、

と、突然気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人それぞれで、考え方が違うので、

そう思って見ると、いろいろムズカシイですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には、セキや、クシャミをしているのでなければ、

別にマスクしてなくても気になりはしませんが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日来院した患者さん。

慢性中耳炎の術後で、半年にいっぺん、耳の処置に来る70代の女性の方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 慢性中耳炎の耳の処置なので、鼻やのどは診ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「あっついんねー、先生。マスク取っていい?」

「暑ければ、取っちゃっていいですよー。」

「あったしゃ、マスク、キライでさー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳の処置してるあいだずっと、

脳梗塞で3回目の入院をしているご主人の話をしゃべりまくり。

今、病院の面会は予約制でパソコンを通じた「リモート面会」だそうで、

まったく、メンドサいんさねー、なんてことなどを、楽しそうに話したのち

あー、さっぱりした、じゃあ、またくるわ、あははー、

と、ごきげんで帰っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人によって、感じ方は様々なのですが、

心配し過ぎるよりはこのくらいでもいいのでは。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.07.03

都会の絵の具

 緊急事態宣言解除後の感染者数はじわじわと増えているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 果たしてこれは、想定内の事態なのか、

はたまた再び営業や外出自粛の要請が行われるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 若年層に多く、そのため軽症者が多い、

というのはおそらく想定内で、

さらには無症状の感染者、いわゆる不顕性感染も

数字としては見えませんが、

同じかそれ以上のペースで増えているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 場所としては東京が圧倒的。

そして、その近郊。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをみてわかるのは、

東京には新型コロナウイルスがいて、新規感染者も多く、

地方の新規感染者は東京都内への距離、

それも直線距離ではなく移動時間に比例しているようだということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっと正確にいえば、移動時間×移動人数。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たとえば、足利市から池袋、新宿までは電車で2時間弱、

いっぽう千葉からは1時間程度。

時間距離は2倍たらずに過ぎないが、

これに移動人口をかけるとおそらく2~3ケタくらい違うでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この6月から予約制で科学博物館が再開したとの話で、

妻と行ってみるか、という話も出たのですが、

やはり、どうしても行きたい、というわけでもないので、

もうちょっと見合わせることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 県をまたいで田舎の方に行くのはあまり問題ないでしょうが、

都会、人口密集地に行くのは、

もう少し時間をおいてからのほうがよさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに、我々のような高齢者は。(^^;)

 

 

 

コメントはまだありません
2020.07.02

フェラーリ312T5

 昨日、いきなり完成しちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6月14日に手を付けて以来、わずか2週間ちょっと。

これは、異例の速さといえよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この速さの要因は

①コロナウイルスの影響で仕事もヒマ、

ライブもサッカーもなく作業時間が豊富にとれる

②組みにくいプロターのキットもクセがわかって慣れてきた

③カウルに覆われる部分、完成後見えなくなる部分の手抜き工作

④高温多湿なのでスプレー塗装が楽

⑤ドライデカールなので貼りにくいかわりに、乾燥時間を見なくてもいい

⑥途中中断すると、そのままやる気がなくなり

完成しなくなるかもという強迫観念で、一気呵成に取り組んだ。

などの外因性、内因性の要因が共に働いた、と考えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、フェラーリのF1史上、最も遅かったマシンが、

1/12スケールF1としては最速で完成しました。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうしてみると、312シリーズの最終進化形だけあって、

直線的なデザインはわりとカッコイイかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタイル的には312T4と同じ、カメの子型。

312TシリーズはT3まではほぼフルカウルだが

T4からはエンジンの後半部トランスミッション部がむき出しになっています。

 

 

 参考312T3。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プロターのキットは例によってカウルの合いは相変わらず悪いので、

なんとかビスで止めたあとは、もう再び開ける気はしませんが、

蓋を閉める前はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 裸の状態はこんなです。

この時代のF1はアルミ製の弁当箱。

こりゃあ、クラッシュしたら死にます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エンジンのパイピングもだいぶ適当です。

ごちゃごちゃ感が出ればいいかな、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シートベルトは、布製です。

説明書では針で縫えとの指示ですが、メンドクサイので、

ビニール系接着剤で仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドライデカールも布シートベルトになんとか貼ることができ、

なかなかいい感じに仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回のキットの白眉は、この部品。

これは、一種の「治具」で、付属の金網をこれで挟んで、

エアファンネルができる、ってやつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これまでプロターのキットは、

エアファンネルをペンの蓋みたいなやつで押して作れ、

というのもので、大変苦労したのですが、

これがあれば12気筒だろうと簡単に量産可能。

もっと、早く入れてほしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カーナンバー1は、前年1979年のチャンピオン、

ジョディ・シェクターだが、

ここはやはりF1界の悲劇のヒーロー、

カーナンバー2のジル・ヴィルヌーヴ仕様にするモデラ―がほとんどかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抜群の速さとスター性を持ったジル・ヴィルヌーヴは

1979年にはチャンピオンになる可能性があったが、

チームオーダーをまもり年間2位。

その後も、マシンの不調に泣いたが、

傑作マシン126C2を得た1982年、

チャンピオン獲得の可能性は高かったが、

ベルギーGPで事故死する。

このゼッケンナンバー2は、

彼が生涯最高ランキングの2位を1979年に記録した証なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1975年にデビューした312Tシリーズは

時代の流れの中で先代のT4から、ボディ下面の気流でダウンフォースを得る

いわゆるウイングカーになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし1970年以来の水平対向12気筒エンジンは

パワーもあり車高は低く抑えられるが、

車体の下部分に突出するエンジンの幅が広いため

ウイングカーとしてはベンチュリ―効果が十分に得られないため、

このマシンをもってフェラーリは12気筒水平対向エンジンに見切りをつけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、これで312Tシリーズは1/12スケールで1~5までコンプリート。

(312T、T4はタミヤ製、T2,T3,T5はプロター製) 

この勢いで、あの難物に挑んでみるか。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.30

夜の街

 栃木県内で、久々に新型コロナウイルスの陽性患者が出ました。

宇都宮市内のキャバクラで、クラスター感染のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近、この「夜の街」が、問題になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初のころニュースなどでは「接待を伴う飲食店」

と言っていましたが、

いわゆる「業者の接待」などでしばしば利用される

「料亭」などと間違われるために

「夜の街」と呼称を飼えたようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「夜の街」というのもビミョーな表現ですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昼間やってるキャバクラやホストクラブってのも

東京あたりならあるのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは基本的にキャバクラ的な

女の子のいる店は好きではないのですが、

好きな人はいるんですよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勤務医時代や、開業してからも、

製薬メーカーの接待が盛んだったころは、

よく2次会と称して、連れていかれたことはあります。

実はよく一緒に接待された薬局の男がダイスキだった。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシとしては、お酒飲むのは大好きですが、

できれば親しい友人と話をしながら飲みたいので、

初対面の女の子、それも

その後また会うこともないかもといったヒトと

話題を合わせて会話をするのがメンドクサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、お金を払って(いや、接待だから自分は払ってないけど)

こっちが女の子の機嫌を取らなきゃならないのかワカリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、なんか言えば、相手は肯定してくれますが、

あっちは仕事ですから、それは当然なので、

そう思うとなんか、ムナシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビジネスでなくて、フツーに女性と話すのは好きなんですけど。

でも、それも、最近は若い子とは世代ギャップあり過ぎてちょっと苦痛かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、キャバクラに行ったことがない方のために説明しますと、

「指名」というシステムがあります。

そんなに偉そうに言うほど、よく知らないのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは女の子の名前も憶えないのでしたこともありませんが、

お客さんが来るとお店の女の子には「指名」がかかり、

さっきまで話していた子は、指名のあった別のテーブルに行ってしまいます。

そうすると、また、別の全然知らない子が来て

イチから話題を探さなきゃいけない、

というメンドクサイことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、おそらくウイルスを伝搬する仕掛けなのではないかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっきょくお店に来た人は、

お店の女の子を介して、他の多くのお客さんとも接触することになるので、

個別に食事をするお店と比べて感染の機会が数倍~数十倍に増えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらにホストクラブは、行ったことないですが、

お客さんはそういったキャバクラ等で働く女性が多いという話ですので、

また、そこから指数関数的に接触感染の機会が増えるものと推測されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく、ともに若いヒトなので、

症状が軽かったり、無症状の人が多いことも

感染拡大の要因でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オレに言わせると、パチンコもそうだけど

キャバクラのどこが楽しいんだかわからないのですが、

でも、これも好きな人はなかなかやめられないんだろうなー。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.27

チフスのメアリー~病魔という悪の物語

疫病関係ではこんな本も読みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この物語は、20世紀初頭のアメリカでのお話。

「チフスのメアリー」とは本名メアリー・マローンといい、

1869年生まれのアイルランド移民。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の話は、前回のロンドンのコレラからは半世紀がたっており、

その半世紀の細菌学の目覚ましい進歩により、

この時点ではチフスはチフス菌(Salmonella Typhi)によるもの

であることは、すでに分かっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時のニューヨークでは

年間3000~4000人ものチフスの患者は出ていたのですが、

集団発生した家庭を調べたところ、

そこで、同じ女性が家政婦として働いていたことがわかったのです。

彼女は過去10年間に8軒の家で賄い婦として働き、

そのうち7軒の家から22名のチフス患者が出ていました。

うち1名が死亡。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雇い主から調査を依頼された衛生士は、

彼女があやしいと考え、ニューヨーク市衛生局に連絡。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまで、まったくチフスの症状がなかった彼女は、

当初、検査を頑強に拒否しましたが、

(大きな金属製のフォークを振り回して抵抗したといわれています)

最終的に警察が介入し強制的に身柄を確保。

検査の上、彼女の便からチフス菌が検出されたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今でいう「健康保菌者」「無症候保菌者」「Healthy Carrier」ですが、

当時は、その概念がよくわかっていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女は島の隔離施設に隔離され、

身に覚えのない彼女は、裁判を起こしますが、裁判には敗訴。

だが、その後、料理の仕事につかないことを条件に

約3年後に施設を出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、メアリーは衛生局と連絡を取りながら

しばらくは洗濯婦など食品を扱わない仕事をしていました。

しかし、その後行方をくらまし、

数年後にチフス発生の施設で

偽名を使って賄い婦として働いていたことが発覚、

今度は25人が感染、2名が亡くなりました。

再び隔離施設に収容され、

今度は、それから23年間生涯そこを出ることはなかったといいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この悲劇の本質はどこにあるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会一般から見れば、

危険な病原菌をまき散らすと知っていながら、

偽名を使ってまで、賄い婦を続けたメアリーは

「恐ろしい魔女」と認識されるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくにそのイメージは、そのことを誇張して書き立てた、

マスコミによって増幅されました。

1909年の新聞に載ったこのイラストが象徴しています。

「チフスのメアリー」と悪意のあるニックネームをつけられた彼女が

フライパンに入れているのは人間の頭蓋骨です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また検査を拒否したり、フォークで抵抗したり、

なんといっても、消息をくらまし、偽名で調理人として働いていた、

ということは「悪意」を持っていることを示しているとも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その一方で、彼女は白人ではありますが、

貧しいアイルランド移民として差別されていた、という背景もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニューヨークには少なくとも100~200人程度の

健康保菌者がいたといわれ、

実際に名前と因果関係が確認され、

隔離の措置を受けた人もいましたが、

生涯を通じて出所がかなわなかったのは彼女だけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女の頑なな性格もありますが、

彼女としては貧しいアイルランド移民であるがために

身に覚えのない冤罪をこうむっている、

という被害者意識があったものと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女のような身分では洗濯、掃除などの一般的な仕事よりも

料理賄人としての方が、はるかに高収入を得られ、

彼女自身も料理が好きで得意であった、ということもあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、何よりも当時の医学の状態では、

「健康保菌者」についてよくわかっていなかったことが多く、

医者としても、自信を持った正確な説明が、彼女に対してできず、

まして無学な彼女には、その事実がよく理解できなかった、

ということが考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後の病理解剖で、

彼女の胆のうにチフスの感染源があったことがわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時の未熟であった医学の診断と治療の隙間に、

彼女は落ち込んでしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 伝染病に関して、公衆衛生的な問題と、人権の問題は

しばしば摩擦を起こします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハンセン氏病の患者さんは、

長年にわたって社会から酷い差別を受けてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エイズウイルスの蔓延が世界的に始まったころ、

同性愛者への偏見、中傷が数多くありました。

また、本来、日常の接触では感染しないウイルスであるのに、

エイズ患者に対する差別も多くありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今回の新型コロナウイルスの場合も、

我が国の医療関係者や、その家族に対し

いわれのない非難が浴びせらることがあったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チフスのメアリーは不幸でしたが、

症例としての彼女の存在は、医学界にとって大きな知見となり、

のちの感染症に対する診断、治療の進歩に寄与しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それとともに、我々は、チフスのメアリーから、

病気に対して正しい知識を持って、

感染症を決して差別の対象にしてはいけないのだ、

ということもまた学ぶべきでしょう。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.25

感染地図

 新型コロナウイルス騒動で、

感染症や疫学関係の本が

目につきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何冊か読んだのですが、

これは以前4月のブログで書いた「コレラ」の本。

まずは、この本。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 150年前のイギリス、ロンドンで、

原因不明の病気「コレラ」が

糞尿に汚染された水を摂取することが原因であるということを

予測し、実証した2人の男の物語。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一人のジョン・スノウは無口な麻酔科医、

そしてもう一人のホワイトヘッドは地区の教会の牧師で

この無関係の2人が別々のルートで、

コレラの原因を探るうちにお互いの存在を知り、

最初は意見の対立もあるが、

事実に基づいた検証を重ねながら、

真実をつきとめる、というストーリーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 読んで思ったことは、やはりヒトヒト間の伝染病というのは

当然ながら、都市部で爆発的にはやりやすい。

しかも、衛生状態が悪く、いわゆる三密を強いられる

居住空間、生活空間を共有する貧困層に起こりやすい。

これは、今の新型コロナウイルスも同じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、コレラが経口感染であり、

新型コロナウイルスが飛沫・接触感染であることからわかるように、

いや、それ以前に「病原性微生物」というものを知っている我々には

当然理解できることなのですが、

不衛生や密集や、ましてや貧困は病因ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドイツの細菌学者ロベルト・コッホにより

コレラ菌が発見されたのは1884年のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この物語の時代、1856年当時は、

コレラの原因は不衛生な環境から立ち上るニオイの中にある、

という「瘴気説」が正しいとされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医者や学者や衛生局の役人が、

当時の常識である「瘴気説」をふりかざすなか、

仮説と証明を繰り返し、これをくつがえして、

その後、何千、何万人もの命を救ったこの彼らの功績は大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 翻って現代の社会を見ると、

新型コロナウイルスに対し、さまざまな仮説や憶測、推論が

医学界のみならずマスコミやインターネットでも議論されていますが、

真実は、どこにあるかわからない、とも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 150年前と比べれば、この2020年現在は

細菌学、ウイルス学、免疫学などの進歩は著しく、

さまざまな事実が明らかになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、我々はウイルスのすべてはもちろん、

自分たちの体の仕組みのすべてさえ、

完全に理解しているわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時の知識ではまったく正しいように見えた「瘴気説」が、

実は誤りであったように、

我々も事実を見極める目や耳をもって、

さまざまな情報を吟味しなければならないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、本筋とは無関係なのですが、

18世紀のロンドンの医者事情がちょっと興味深かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それによると、医療行為を行う資格には3つあるそうで。

まずは薬剤師の徒弟になって修行し、

薬剤師協会の免状をもらってクスリを称する資格を得たのち、

いくらか現場経験を積んで独立開業し、

簡単な外科手術や歯科治療を行いながら、

効き目不詳(笑)のクスリを患者に与えるというもの。

もう少し野心があるものは医学校に入って勉強し、

王立外科医師会の認可を受けて正式な一般開業医、「外科医」になる。

で、これより上に医学博士という大学の学位があり、

これを取得すると外科医より上の「内科医」を名乗れることになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「薬剤師」はともかく

「内科医」は「外科医」のさらに上のステイタスだったんですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、今でも医師会なんかでは、

やっぱりワレワレ外科医より、

内科のセンセイが幅を利かせているような気が・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.21

ステイホーム・セッション

 新型コロナウイルスの感染拡大が

全世界的な問題になって、

プロ、アマのスポーツや、コンサートなど

多くのイベントが中止になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コンサートやライブ活動ができないミュージシャンたちが、

自宅で撮った動画をYoutubeにあげたりしていましたが、

今回、ワタシもその手の企画に参加させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 群馬、栃木のライブでご一緒したバンド仲間が、

曲を決めて各自のパートを自宅で動画に撮り、

それを組み合わせて1曲にするというステイホーム・セッションです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシも参加させていただき、

指定のパートを一人でスマホで動画を撮って、送りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 楽器の人たちは、指定されたテンポで、

ドラムや、ギターや、ベースなどのパートを撮り、

まとめ役の方に送ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それをミックスして作ったトラックに合わせ、

ボーカルパートは歌を歌い、伴奏なしの歌だけの動画を

また送ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それをミックスして出来上がったのがコチラ。

是非、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、ワタシの「スタジオ」は、

土曜日の夕方、診療終了後の聴力検査室です。(≧▽≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一人で音入れするときは寂しいのですが、

こうしてできてみると感動的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに今回のレッド・ツェッペリンは三作目で、

ワタシは参加していませんが、

他のミュージシャンによる、第1弾、第2弾もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかにコロナは大きな禍でしたが、

こんな素晴らしい作品ができたり、

バンド仲間の交流や結束が強まるのは、

100%のマイナス事象では無かった、

また、そうしなければいけないのかとも思います。

 

 

コメントはまだありません
2020.06.18

PCR検査センター

 もうすぐはじまる医師会の開設する

新型コロナウイルスPCR検査センターの説明会に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間のブログに何となく場所を書いちゃったのですが、

場所は非公開なので、削除してくださいと、

当局からクレームの電話があり、ブログの方は修正しときました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どこからどう伝わったかは不明ですが、

意外とオレのブログ読んでるヒトいるんだなあ、

と思い、ちょっと自信になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、場所は「ヒミツ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医療機関を通じた完全予約制ですので、

場所分かったところで、直接行っても検査は受けられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 説明を聞いたところでは、

検査する側の感染予防対策は、

かなり厳重に検討されているようですので、

医師会の方々の研究と努力には頭が下がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゆいいつ心配なのは、感染予防の観点から、

医者用のトイレがない、ということなので、

最近、年齢のせいでトイレの近いワタシは、

大丈夫だろうか、ということです。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ