ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.04.13

新型コロナウイルスは撲滅できるか

 昨日のブログで新型コロナウイルスは流行性疾患になるか、

というお話をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスが完全に消滅することはあるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで思い出されるのは

20世紀における医学生理学史上の金字塔である

「天然痘の撲滅」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつて感染性も致死率も高く、

20世紀までに最も多くの人間を死に至らしめたといわれる天然痘は、

そのワクチンと防疫の努力によって1980年に撲滅宣言が出されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ天然痘ウイルスを地球上から駆逐できたことの背景には

いくつかの重要な要因となるこの病気の特徴がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それらは天然痘は

①終生免疫が獲得されワクチンの効果が非常に高いこと

②ウイルスに1つの型しか存在しないこと

③自然宿主となる動物が存在しないこと

④感染の潜伏期間が12日と短いこと

⑤感染すると必ず症状が現れること

でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを新型コロナウイルスに当てはめてみると

①ワクチンの効果はそれなりに高いようだが、終生免疫はどうもなさそうだ

②ウイルスは現時点でも次々と変異し新種が出てきている

③自然宿主としてはコウモリが想定され、他の動物への感染の報告もされている

④潜伏期間は数日から2週間程度でエイズなどのように数年に及ぶことはなさそうだ

⑤感染しても無症状の人が感染源になることがわかっている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ①と④は不確定ですが、仮にこれがクリヤーできても

②③⑤は完全にアウトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、ここまで世界じゅうに広がった新型コロナウイルスが

撲滅される可能性は無いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウイルスの変異が弱毒化につながれば、

変異株が従来の新型コロナウイルスを駆逐して、

より感染力の強い、そしてより軽症のウイルスが

主体になってくれるといいのですが。

これはウイルスパンデミックでしばしば起こる現象ではありますが

今のところは何とも言えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 期待されるのはワクチンの普及による集団免疫の獲得が、

ウイルスの変異のスピードを上回れば、

従来の風邪やインフルエンザと同じような存在になることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現時点ではファイザー社のワクチンに最も期待がかかりますが、

なかなか供給が追い付かないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっそ、ファイザー社がワクチンのレシピを世界に公開して

世界中のワクチン会社がそれを生産する、

という体制はできないのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.12

流行する病気

そんなわけで、流行性感冒という病名は今や姿を消しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在「流行性~」と称される疾患は

「流行性耳下腺炎」と「流行性角結膜炎」の

2種類にほぼ限られるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「流行性耳下腺炎」はいわゆる「おたふくかぜ」で

病因はムンプスウイルスの感染です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムンプスウイルスは終生免疫なので、

一回かかると2回目の罹患はなく、

予防接種も普及したので、

今は「流行」することはあまりなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「流行性」もいずれ消滅するかも?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、潜伏期間が1から3週間と長いのと、

耳下腺が腫れる前から感染力があるので、

集団保育での完全な隔離、防御が難しく

大流行ではないが、だらだらと発症者が続くことはあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽうの「流行性角結膜炎」は

「アデノウイルス」による眼の病気で、

これは今もけっこう流行するようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛沫やエアロゾル感染はなく接触感染なのですが、

アデノウイルスは種々の物理学的条件に強く、

新種を含めた多くの亜種があるので、

保育園、学童を中心に夏場を中心に流行しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「流行性」という意味では、

冬場に流行るノロウイルスやロタウイルスの胃腸炎の方が

はるかに流行性は高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、コイツらは「感染性胃腸炎」とは言いますが

「流行性」とは言われてきてませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 眼が赤く腫れたり、ほっぺたが膨らんだり

といった独特の症状に比べれば、

嘔吐や下痢は他のことでもよく起こるので、

あまり問題にされなかったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 または下痢を起こす感染症には

歴史的に「コレラ」や「赤痢」

といった恐ろしいものがあるので、

むしろ「それ以外」ということでくくられていたのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、便が白っぽくなるロタウイルス胃腸炎については

「赤痢」に対比して「白痢」という呼び名もありました。

学生のころ習いましたが今はあまり使わないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、新型コロナウイルスが、今後終息するのか、

それともインフルエンザのように、

毎年決まった時期に流行を繰り返す病気になるのか、

注目に値するところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.11

流感を知らない子供たち

昨夜はNHKで放送されたドラマ「流行感冒」を見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは1918年8月から1919年7月にかけての

わが国でのスペイン風邪の第1波の大流行をうけて

志賀直哉が1919年4月に発表した小説のドラマ化だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、当時の日本でのスペイン風邪に対する出来事と

今の新型コロナウイルスのパンデミックと対比させて見てもらおう、

という意図のもと企画されたドラマでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1919年といえば、大正8年。

実はうちの父は大正8年1月3日生まれだったので、

すごいときに生まれてたんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマはなかなか面白かったですが、

新型コロナウイルスの流行あってこその面白さともいえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、新型コロナの流行がなかったら、

あー、昔は検査キットもタミフルがなくてタイヘンだったなあ、

という感想だったかもしれぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、過去の文学作品の中のスペイン風邪という件では、

ちょっと前にこんな本も読みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはやはり明治、大正、昭和の文豪菊池寛が

当時のスペイン風邪を題材に1920年7月に発表した小説です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主人公は恰幅はいいが内臓が弱く、

流感にかかったら死んでしまう、

と医者に言われた作家ですが、

おそらく菊池寛本人のことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小説の舞台は

5月に市俄古(シカゴ)の野球団が来て早稲田と試合をした、

と書いてあるので、

調べるとやはり志賀直哉と同じく1919年、大正8年の東京です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2つの作品を合わせると、

当時のスペイン風邪に対する日本国民の受け止め方が

立体的に見えてきて大変興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、どちらも病気の名前については

スペイン風邪ともインフルエンザともよばず

「流感」となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「流感」とは「流行性感冒」の略で、

当時インフルエンザはこう呼ばれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに志賀直哉の方のタイトルは「流行感冒」ですが、

これは作家が意図的にこう表記したか、

勘違いした変わりませんが、

「流行性感冒」が正しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、今は使いませんが、

ワタシが小学生くらいの時分にはたしかに

「流行性感冒」「流感」という言葉を使っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつからインフルエンザになったのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、インフルエンザという言葉もあったので

予防接種は「インフルエンザの予防接種」だったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その一方、1968年に従来のH1N1型から新たに流行した

H3N2型の新型インフルエンザは

「新型インフルエンザ」ではなく

「香港風邪」と呼ばれたのを覚えています。

ワタシが小学校3年生の時でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1977年から1978年にかけて大流行したH1N1は

ソ連風邪と呼ばれていました。

でもこのころは(インフルエンザ)Aソ連型、

という名称も良く使われたような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このころからか

インフルエンザは風邪では無い、区別しよう、

という動きがすこしずつ出てきたとみられ、

「流行性感冒」の名称が使われなくなったのかもしれません。

ちなみに1974年出版の小松左京氏の「復活の日」では

「流感」という言葉がまだ使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらにネットで検索していると

2010年前後に書かれた記事で、

「今ではインフルエンザとフルネームで呼びますが、

そのうち「インフル」などと略されてしまうかもしれませんね」

などと書いてあるのを発見しました。

ことばウラ・オモテ」(2009年)

死語(164)流感」(2012年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今やもう「インフル」が普通ですね。

言葉の移り変わりのスピードは昔より早くなってるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて現在の「新型コロナウイルス」、

5年後、10年後には何て呼ばれてるんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リンクを引いたNHKのコラムでは

当時の新語「ドメスティック・バイオレンス」が

将来的に「ドメバイ」と呼ばれるか、

という議論が書いてありますが、

これは今はこの時は予想もされなかった「DV」になっていますね。

だから「新コロ」にはならないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.10

ウチワ会食

 あー、なんて政治家ってバカなんだろう。

県が「うちわ会食」呼び掛け まん延防止対象地域の飲食店に32万本配布へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「うちわ会食」というから、

他人ではなく「内輪」だけの会食かと思ったが

なんと「団扇」とは・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フェイスシールドだってダメなんだから、

うちわで感染が防げる分けないじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなモノに税金使う間があったら、補助金にまわせよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひょっとしてうちわの表には

日の丸と五輪マークで「成功させよう東京オリンピック」

そして裏面は真っ赤な「コカ・コーラの広告」

だったりして・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.08

第4波

大阪を中心に

第4波といわれる新型コロナウイルスの感染拡大が

止まりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大阪など、都会の繁華街の人出はどんな感じなんでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシなどは普段も外食はほぼなく、あっても家族だけ。

先週ライブがあったとはいえ、

その時も飲食、打ち上げは無し。

スーパーに食材を買いに出るのと

スイミングプールに通う以外は

ほとんど外に出ず、街の状況などもわからないですが、

そもそも足利は田舎なので人がいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういう時、田舎は強い。( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このウイルス、健康で無症状の人でも感染力があるので、

感染の広がりはヒトヒト間の飛沫およびエアロゾルであることは

ここまでの調査でほぼ間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連日数百人の新規陽性者が出る大阪や神戸の

陽性者の感染経路を統計的に発表することはできないのでしょうか。

居酒屋何%、カラオケ店何%、レストラン何%、野外のお花見何%

会社内何%、家庭内何%・・・・とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大雑把な数字でもわかれば

人々は何に気をつければいいのかが

わかるような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、厚労省や都や県のお役人が

ためらいもなく大人数での送別会、歓送迎会をしてるのには

あきれるばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくに

「厚労省の職員23人が深夜まで宴会」

というニュースがありましたが

その数日後、

「厚労省で新型コロナウイルスの陽性者複数。

宴会に出席していた職員が含まれるかは不明。」

というニュース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 宴会に出た人がわかってるんだから

いくらなんでも不明、ってことはないだろう。(# ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、国民のだれもが思っていたが、

今日になり

「感染者のうち3人は先の宴会に出席していた」

との報道がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初からわかっていたはずですが、

隠しきれると思ったのか。

開いた口が塞がらないとはまさにこのことですが、

こういう隠ぺい体質が、

ますます国民の不信感を招きますね。

(隠蔽のぺいは常用漢字ではない?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても競泳の池江璃花子選手のオリンピック内定で、

ちょっと盛り上がりかけているオリンピックまで、

もうあと100日なんですが・・・。

果たしてこのあとどうなるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現時点では開催は難しいのでは、と思いますが、

今回の池江さんの奇跡の復活が、

逆にオリンピックの強行開催に利用されなければいいな、

と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本国内のワクチン接種も遅れている現状で、

このペースでは感染の収束にはまだ程遠いような印象ですし

なんかブラジルとか、海外の様子もかなり大変そうです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.05

まん延防止

政府が新型コロナウイルス対策として「まん延防止等重点措置」を

大阪、兵庫。宮城の1府2県で適用したものの、

感染の制御は出来ないわ、

緊急事態宣言との違いが分からんとか、

さんざん批判を浴びてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しまいには、この「まん延防止等重点措置」を

「まん防」と略すと魚の「マンボウ」を連想させて、

迅速な対応が必要なのに緩いイメージを連想させるのは不適切だと指摘されると

厚生労働委員会で尾身茂会長が、

なるほど、その通り、とその意見を認め、

ワタシはもう使わない、などと発言したというが、

ナニやってんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ厚生労働委員会でそんな議論をしなきゃならんのか。

そこは議論すべき本質ではないような気がしますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、今回のブログも本質的ではない話なんで恐縮なんですが、

なぜ「蔓延防止等」では無くて「まん延防止等」なんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「蔓延」の「蔓」という字が、

常用漢字で無かったかららしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くだらねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「熾烈」「凱旋」「迂回」なども常用漢字でない漢字が含まれるため、

新聞表記では「し烈」「がい旋」「う回」などと表記されるようです。

こういった単語のアタマの文字がひらがなだと非常に読みにくい。

「骨粗しょう症」みたいに単語の間ならばそうでもないですが。

「ライバルどうしし烈な争い」

「渋滞ようやくう回できました。」

「戦場からがい旋しました。」みたいに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「熾烈」「凱旋」「迂回」などは

文章の中にあれば漢字の方が断然読みやすいし、

意味もすぐ理解できるような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「拉致」の「拉」も常用漢字になかったので、

ムカシは「ら致」と書かれていましたが、

北朝鮮の拉致問題などで多用されるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが「若い女性拉致される」が、

「若い女性ら致される」

という見出しだと

「若い女性ら、致される」

と読めてしまい

「複数の若い女性がイタされてしまったんだな。」

と意味が変わってワケが分からなくなっちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで2010年に「拉致」の「拉」は

急遽、常用漢字に加えられた経緯があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシがムカシムカシ子供のころ、

小学館の学習雑誌というものがありました。

「小学〇年生」というやつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その雑誌ではたとえば「小学3年生」ならば、

小学校3年生までに習う漢字は必ず使い、

習っていない感じは使わない、というルールがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その結果、

「ど力目ひょう」とか「と山れっ車」など

非常に読みにくい単語が出てきて、

コドモ心にもこれはないよなあ、と違和感を覚えたものです。

「努力目標」「登山列車」と書いた方がフツーに読めるのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 漢字は表意文字ですので、読める読めないの前に

意味が瞬間的に伝わる、というのが

アルファベットにない強みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに日本語は漢字カナまじり文にすることによって

単語、熟語が接続詞や助詞、助動詞などから解放され、

独立して目に入ってくるので、

漢字だらけのオリジナルの中国語よりも

ひと目で文意がわかる優れた言語だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的にはそんなわけで「漢字カナまじり単語」は、

非常に抵抗感がありす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「蔓延」に関しては同じつくりを含んだ

「漫画」の「漫」や「饅頭」の「饅」があるので、

「まんえん」という言葉も周知されてる以上、

「蔓延」でみんな読めるのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういう「決まり」は

何となく幼稚な感じがして好きではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルス対策とは全く関係ない話でスイマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに「蔓延る」、読めます?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 考えればわかるかもですが、

これは「はびこる」と読みます。

ご参考までに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスも、だいぶ蔓延っちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2021.04.02

市販コロナ検査キットに対する注意喚起

 ニュースで消費者庁が

新型コロナウイルスの市販の検査キットに注意喚起した、

というものがありました。

市販コロナ検査キット「使わないで」 消費者庁呼びかけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中国製のアヤシイ抗原検査キットを

「厚労省承認済み」などとウソの宣伝で販売したり、

過去の感染歴しかわからない抗体検査キットを

現在の感染の判定に使えるかのような表示をしていたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トンデモねー奴がいるなー。

でも、だまされる側も、もっと注意するべきだなー、

というのがワタシの感想でしたが、

この記事に対するコメントを見ると、

どうも一般市民の反応はちょっと異なるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いわく、政府が広く検査を行わないから、

また、疑いのある患者を医療機関で診察してくれないから、

こういった検査に頼らざるを得ないのであって、

悪いのは政府であり、医療機関である、という意見が結構ある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、ちょっと驚きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年の春ごろならともかく、

夏からは医師会のPCRセンターが開業し、

秋冬以降は新型コロナウイルスの検査を行う医療機関は登録をし、

当院などでも発熱患者はきちんと診断し、

必要性を認める方には新型コロナウイルスのPCR検査を行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地域によっては、こういった体制が

確保されていないところがあるのでしょうか。

その意味では足利市はかなり体制が整っているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京などでは、発熱患者を一切診ません、

なんていうクリニックもけっこうあるみたいだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 眼科や整形外科ならともかく、

耳鼻咽喉科、小児科、内科医たるもの

新型コロナウイルスを心配する患者さんには

ちゃんと正しい診断や説明をするのが開業医の務めだと思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オレだってコワいのでできれば診たくないけれど

そういう職業なのでやむを得ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてシロート判断でキットの誤った検査結果を信じて、

感染を拡大させちゃうのが最もヤバイ、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.30

新型コロナウイルスワクチンのその後

日曜日に注射を受けたときは、

お、筋注って痛くない(^^♪

と喜んでましたが、

よく朝起きたら事情が変わっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 目が覚めて、布団の中で肩が痛い。

寝返り打ったら痛くて目が覚めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 痛みの性質はまさに筋肉痛。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに上腕を外転させると痛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外転とは医学用語で上腕を側面から上方にあげる運動を指します。

要するに痛くて腕が上がらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 看護師さんの国家試験問題。

上腕を外転させる筋肉はどれか。

  • 1. 大胸筋
  • 2. 三角筋
  • 3. 上腕二頭筋
  • 4. 上腕三頭筋

解答

 ✖ 1. 大胸筋
 〇 2. 三角筋
 ✖ 3. 上腕二頭筋
 ✖ 4. 上腕三頭筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おー、たしかに三角筋に注射されてるのだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 訊いてみるとスタッフもみな同じ症状。

発熱や倦怠感を感じた人はいませんでした。

ワタシも筋肉痛以外は全く無症状。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに痛いけれど、痛みがある方が、

イメージ的には正しくワクチンが注入されて、

筋細胞がメッセンジャーRNAを読み取ってるんだな、

やがてスパイクタンパクが合成されて、

そしてそれを樹状細胞が検知して、

・・・などと言う段取りが体の中で進行してる感じがして、

むしろ頼もしい。( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 接種翌日夜まで痛く、

夜のスイミングはちょっと苦労しましたが、

今朝起きたら、もう、ほとんど痛みはなくなっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタッフも一様に、同じ展開だったので、

たぶんこれが普通の流れのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.29

新型コロナウイルスワクチン1回目

 日曜日の午後3時、新型コロナウイルスのワクチンを打ってもらってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の接種対象者は

足利市内の医療機関のうち、

新型コロナウイルス感染症の検査を行っている施設の職員です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間前についたが、けっこう並んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あらかじめ記載した名前入りの問診票を持参します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 検温、消毒。

何はなくても今はコレだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、こんなフロアマットも、

きっとコロナ禍で生まれた商品に違いない。

これをビジネスチャンスとして儲ける人もいるわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 受け付け、問診から接種。

並んではいてもサクサク進み、

10分くらいであっちゅう間に終わりました。

その後、しばし待機。

自己判断で勝手に帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間がかからないのは、

おそらく、全員医療関係者なので、

理屈や勝手がわかっていて、まごまごしたり

見当違いの質問をするヒトはいないから。

問題点はあらかじめ自分のクリニックの医者に相談済みだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてまた、今回の注射は筋肉注射、

ということがわかっているので、

皆さん、一瞬で肩が出せるような服を

着てきていたからだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いるんだよねー、

予防接種打ちに来てるというのに、

長袖ヒートテック着込んで袖が上がらないとかで、

けっきょく上半身脱がなきゃならないヒトとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医療関係者を先にした、というのは

まずスムーズに大人数のワクチン接種をスタートさせる、

という狙いもあるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 貴重なワクチンなので、

予約者の分を解凍してから、

いろいろな事情で打てない人が多く出ちゃうと、

ワクチンがムダになってしまう恐れもあるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そいでもって、2回目は3週間後。

果たしてちゃんとワクチンは入荷するのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、筋肉注射は

インフルエンザの皮下注射より

全然痛くなかったですよー。(^O^)/

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.28

聖火リレー見てきました

 福島を2日前にスタートしたオリンピックの聖火リレーは

今日から栃木県。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たいした興味はなかったけれど、

たまたま日曜日だし、

家から徒歩10分なので、聖火コースまで行ってみることにしました。

家のすぐ前から交通規制が始まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 空からはヘリコプターの音が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 山火事以来だ。(^_^;)

山火事鎮火してヨカッタね。

山火事に聖火ではシャレにならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北仲通りの突き当り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我が家から最も近いコースは「鑁阿寺(ばんなじ)」なので、

そこに行ってみます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 南側の通称「太鼓橋」から聖火リレーは鑁阿寺境内を通って西門に抜け

北進してすぐの市役所でゴールということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 境内に入ってみます。

けっこうヒトいますが、それほど密ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国宝「鑁阿寺」はかつて当地を拠点とした足利氏の旧邸宅跡です。

国宝の本堂は1229年鎌倉時代の建立です。

八木節パフォーマンス始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利氏の守り本尊である大日如来を祀っていることから

市民には「大日様」と呼ばれ、

子供のころはよくここで遊びました。

ちょうど桜が満開です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなコースから離れたところに

ソーシャルディスタンスのノボリ立ててもダメやん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんかみんなスマホ観てるなあ、とおもったら

NHKでライブストリーミングやっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やがて聖火ランナー隊入場。

最初はそれまで走った人たちなのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その次に来た赤い集団はスポンサーのコカ・コーラ!

なんとなく、カネとオリンピックな感じがしてエグイかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、聖火入場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 周囲を護衛(?)する鎧武者は、足利大学の留学生らしい。

特に前の黒人の2人デカくて聖火ランナーが見えない・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが別にランナーが見たいわけでは無いので問題なし。

ランナーが石原さとみちゃんだったら大ブーイングだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本堂前で聖火リレー。

この画像はライブストリーミングの動画から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次のチームがスタート。

足利銘仙の着物姿のお嬢さんたちが送り出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 聖火に満開の桜と国宝の寺の組み合わせは海外的にもなかなか絵になるのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 市役所まで追っかける人たちもいたようですが、

ワタシは、ヒトの流れとは逆に帰路につきました。

帰りがけに大日様の桜を見ると、

これも樹齢の関係かずい分折れたり切られたりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、この聖火、果たして、無事、国立競技場まで届くのでしょうか?

このところの第4波の兆しで「風前の灯火」か?

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ