ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.04.03

マスクの配布

 4月1日のエイプリルフールには

総理大臣が給食当番みたいなマスクをして

「国民の全世帯にガーゼマスクを2枚ずつ郵送する。」

という発言をし、

多くの国民が大いに安堵し、勇気づけられました。(-_-メ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、その数週間前には、

買い占めで品不足の中、

政府が確保したマスクを医療機関に配布する、

という話があったのですが、

まったく音沙汰なく、あてにもしていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、突然、こんなメッセージとともにマスクが来ました。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一医療機関当たり50枚の使い捨てマスク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウチは医者を含め全スタッフ7人だが、

もっとたくさんの従業員がいる病院でも50枚なんだろうか。

まあ、7人だって50枚だとわずか1週間分。

来週、また追加来るんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、ガーゼマスクにしろ、医療機関用のマスクにしろ、

タダで配布、というのは一見ありがたいようだが、

実は税金が使われているわけで、

定価、または原価に近い格安で買ってもらう、

というわけにはいかないんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ガーゼマスク、いらない人も多いと思いますし、

必要な人は定価でも買うんじゃないでしょうか。

このコロナ騒動で、政府もいろいろお金が要ると思うのですが、

もともと借金財政のわが国としては、

税金の使い道をもっと慎重に考えてほしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.04.02

シュウキンペイ

新型コロナウイルスの感染拡大を防止する、

ということのために

「密閉」「密集」「密接」の「三蜜」を避ける、

という、スローガンが掲げられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネット上では「壇蜜」はイイが「三密」はダメ、

などという書き込みもありますが、

(個人的には壇蜜さん好きです。)

実は「三密」とは仏教用語であったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真言密教の弘法大師の教えに「三密」というものがあるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すなわち「密」とは、人間の「顕」に対する言葉で、

人間の思考でははかり知れないものを指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 生命現象をつかさどる三つの働き

「身(身体)」「口(言葉)」「意(心)」を、仏の三密に合致させる、

具体的には、手に仏の象徴である印を結び(身密)、

口に仏の言葉である真言を唱え(口密)、

心を仏の境地に置くこと(意密)

によって仏と一体になれるという。

現世において仏になるこのことを即身成仏といい、

真言密教の奥義です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすが、空海、天才だが、凡人にはよくワカリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、ネットでは「三密」に代わり、

「シュウキンペイ」というスローガンが流行ってるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すなわち「集・近・閉」
『集、多数が集まるのは危険』>
『近、近くで話したり歌うのは危険』
『閉、閉鎖された換気の悪い場所は危険』
ということで、これはウマイ。

何となくウイルス発祥の国にも敬意を払っているし。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「三密」を悪いことに例えられるのに耐えられない

真言宗のお坊さんが考え出した、

というウワサもあるが本当かしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、真言宗の「三密」をとなえて

悟りを開いて現世で即身成仏するのはいいけど、

新型コロナの「三密」を冒して

ウイルスに感染してホトケになったのではシャレになりませんから、
ワレワレは、生きるために現在できる努力をしていくことです。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.04.01

新型コロナウイルスと嗅覚・味覚障害

新型コロナウイルスに感染した場合、

他の症状がなくても嗅覚の異常、

味覚の異常が先行することがある、

ということが報じられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味覚障害はほぼ嗅覚障害がその主体であることが多いのですが、

むろん、新型コロナウイルスに限った症状ではなく、

他の風邪症候群や、まったく別の疾患でも出る症状です。

個人的にはコロナウイルスはそもそも風邪のウイルスなので

そりゃ、そういうこともあるでしょう、という感想ですが、

なにせ「未知の」ウイルスなので何があるかワカラナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現時点では、嗅覚、味覚障害だけで

PCR検査を受けることはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと鼻の病気、たとえば花粉症、アレルギー性鼻炎とか

副鼻腔炎などがなくて

「急に」においや味が感じられなくなった場合は

新型コロナウイルスに感染している場合も考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、日本耳鼻咽喉科学会から次のような要請がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①「におい」や「あじ」の異常を感じてから2週間は、

できるだけ不要不急の外出を控えてください。

マスクをつけて会話をしてください。

手洗いもこまめにしてください。

医療機関への受診は控えて、毎日体温測定をしてください。

 

②37.5℃以上の発熱が4日以上続く場合や、

咳、息苦しさ、だるさがあれば、

お住いの区市町村の帰国者・接触者相談センターにご相談ください

厚生労働省のホームページから検索することもできます。

 

③嗅覚障害・味覚障害に対しての治療(対症療法)は、急ぎません。

まずは何も使わないで様子を見ましょう。

自然に治ることが多いです。

発熱や咳などの他の症状がなく、

嗅覚障害や味覚障害の症状が2週間以上経過しても変わらない場合は、

耳鼻咽喉科外来までお問い合わせください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということですので、

皆様もこのような形での対応をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 くわえて病院、診療所に対しては、

急性発症の嗅覚・味覚障害の患者さんが来院した場合、

内視鏡やX線などの検査はしないこと、

初診時にステロイドや消炎鎮痛剤の投与を行わないこと、

が指示されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 くれぐれも冷静な対応で、

感染を拡大させないように

皆で注意しましょう。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.31

志村けんさん

先日、足利市で新型コロナウイルス感染者出ました、

と書いたら、2件のコメントで指摘があり、

安足健康福祉センターは足利市だけではないので佐野市かもしれないです、

とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに調べたら安足健康福祉センターの管轄は

足利市と佐野市なんですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも安足の足は足利市ですが、

安は安蘇郡のこと。

安蘇郡とは葛生町あたりだという漠然としたイメージだけでしたが、

佐野市も明治18年の市制施行までは安蘇郡だったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1955年以降は阿蘇郡とは葛生町、田沼町のことでしたが、

2005年にこの2つの町が佐野市に合併したので

今は、安蘇郡は存在しないとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、今回の患者さんは、足利市か、佐野市、

ということらしいので訂正します。

ですが、ここまでくれば調べていないが感染している人は、

どちらの街にもいるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週スイミングに行ったとき、

インストラクター氏が、

いやあ、足利でも出ましたね、足利の東のほうらしいですけど。

といったら、もう一人の生徒のオジサンは、

いや、ワタシは足利でも西の桐生よりの人だとききました、

というから、わからないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

居住地は個人情報に配慮して、公開しないのでしょうが、

じゃあ、どうして大泉のお医者さんのときは

医院名まで公開されてしまったのでしょうか。

病院ではいろいろな人が出入りするから、という意見もありますが、

例えば美容師さんだったりラーメン屋さんだったりの時はどうなのかなあ。

他の職業の場合は「自営業」としか出ていないようです。

マスコミは医者をいじめるのが好きだからか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、その件はさておいて

志村けんさんが昨日3月30日、

新型コロナウイルスによる肺炎のために

逝去されました。

70歳だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国民のだれもが知っている超有名人の死、

しかもそれほど高齢でなく

入院直前までふつうに仕事をしていたとなれば、

なかなかセンセーショナルなニュースです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、ワタシが大好きだったころのドリフターズは荒井注さんで、

志村けんさんは最初のころは、「ドリフ見習い」というキャプションとともに

体操コーナーあたりにちょこちょこ登場したのを覚えています。

まだ、セリフもなかった。

なんだコイツ、と思いましたが、

まさかのちにここまでの大物になるとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたところでは志村さんはかなりのヘビースモーカーで

1日に40~60本もタバコを吸い、

数年前にも肺炎で緊急入院したことがあるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その入院の時からタバコをやめたそうですが、

すでに時遅く、

長年の喫煙で肺がかなり弱っていたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナでなくても肺炎になれば

命が危ない状態だったのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 志村さんの死は我々に2つのことを教えてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一つはタバコを吸っている人は

ふだん、元気そうに見えても

新型コロナウイルスにかかった時に重症化しやすく、

時に致命的な経過になるということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、もう一つは、ウイルスはそこかしこにいる、

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染ルートは非公開ですが、

志村さんは、その男気から

コロナ騒ぎで閑古鳥のなく飲食店にお金をおとそうと、

かえって積極的に夜の街を飲み歩いていたそうで、

そのために感染してしまったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 志村さんの死は、大変残念ですが

そこからわれわれが、このウイルスとの戦い方を

いくらかでも学び取ることができれば

このやっかいな敵との戦いに役立つような気がします。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.30

コロナ効果

 新型コロナウイルスの影響で

花粉症のハイシーズンというのに

今年は静かな3月でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おまけにライブ、コンサート、イベントがみな中止で

Jリーグもなく、

博物館の類も休館中、とのことで、

週末の予定は毎週真っ白。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、そのおかげで趣味のプラモデルの方は

この1か月余り、かつてないほどの作品がロールアウト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なにせ、週末ともなると朝起きてから夜ビール飲むまでは、

ずっとプラモデルを作っていられるので、

もう、シアワセでシアワセで・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 作るものは押し入れに山のようなストックがあり、

自宅にこもりきりなので感染の危険は一切ない。

きわめて、健康的である。(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 強いてあげれば、シンナー吸い過ぎで、

そこが健康面でやや心配だが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これでどんどん押し入れ在庫が減るかと思いきや、

1個作ると、これまたコロナ感染の恐れがないネットオークションで

自宅にいながらポチってしまうので、

なかなか、在庫が減らず、

とかくこの世はままならない。

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2020.03.26

コロナな日々

日に日にいろんなニュースが飛び込んでくる

新型コロナウイルス関連ですが、

トム・ハンクスさん、田島幸三氏に続いて、

ジャクソン・ブラウンさん、志村けんさん、

そしてなんとチャールズ皇太子の感染が報じられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こりゃあ、世界中のそこかしこに

ウイルスがいるということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、志村けんさんは

そこら辺の居酒屋で公演の打ち上げなんかすることもあるでしょうが、

チャールズ皇太子のようなやんごとなき方が

どこでもらっちゃううんでしょうねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、イタリアが中国を抜いて死者がトップになったのに続いて、

スペインも死者が急増、中国の死亡者数を上回ったという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この、イタリア、スペインの死亡率の高さは驚くばかりですが、

ハグや、握手といった生活習慣の違いよりも、

病院のベット数の不足や、

集団感染を起こしやすい個人主義の国民性、

そして喫煙率の高さが大きく関係しているように思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば志村けんさんも

ちょっと前まではかなりのヘビースモーカーだったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タバコ、怖いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お隣の館林厚生病院では医師、看護師に陽性者が出たので、

2週間の外来閉鎖だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻も働いたことのある病院、ワタシも何回かバイトに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第一戦に立って罹患してしまった

お医者さん、看護師さんはまことに気の毒で

平癒されることを願っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今こそ、国民は一丸となって

イタリアやスペインのようなオーバーシュートを起こさないために

自粛、危機管理をするべきでしょう。

重症化の最危険因子であるタバコも、止めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.25

ネブライザー休止のお知らせ

オリンピック、延期になりましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、という思いが国民の大半であろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついこの間には、予定通り完全な形での開催、

を力強く語っていた安部総理大臣ですが、

悪びれず延期の発表をする態度には、

さすが政治家、昨日言ったことはもう過去のこと

オレのせいじゃないもんねー、という感じで、感心(?)しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、そんな中、ついに当足利市でも、

新型コロナウイルスの感染者が確認されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 70代の男性の方ですが、渡航歴はなく、

新型コロナウイルス感染者との濃厚接触も未確認だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 軽症、あるいは無症状で感染している人がいるという可能性が高いわけで、

今後、一層の注意が必要となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院ではインフルエンザの検査は医師会からの申し入れで、

すでに見合わせておりますが、

ネブライザー治療につきましても、

今後、当面のあいだ、使用を見合わせることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、患者さんに接するマスク部分は毎回交換し、

消毒したものを使用していますが、

感染をおこす可能性が完全に否定できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本耳鼻咽喉科学会からの勧告や指示はありませんが、

念のためしばらくは休止とさせていただきますので、ご了承ください。

 

 

 

2件のコメント
2020.03.20

コロナ流行中の休日急患診療所

3月20日金曜日は、春分の日で祝日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数ヶ月に一回くらいであまり回ってこない

休日急患診療所の当番ですが、

なんで、よりによってこのタイミングで回ってくるかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナント、新型コロナウイルスの影響で、

いきなり感染疑いの患者さんがずんずん入ってこないように、

基本的に玄関は閉まっています。

スゴイね。

ワタシもカギを開けてもらって入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザの検査は、

マスク、ガウン、手袋、N 95マスク、キャップ、ゴーグルの

完全装備で、陰圧のかかる特別室で行います。

今は溶連菌、アデノウイルスなど、

インフルエンザ以外の迅速検査キットは、

ここには用意されていないそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん新型コロナウイルスの検査も出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、重症者あるいは重症化しそうな人はここでは診られませんし、

軽症の人は新型コロナウイルスの感染が怖いので、

ここには来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっきり言ってヒマです。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この現状ではあまり機能してはいないような印象の

足利医師会休日急患診療所。

忙しいのは電話やインターホンの対応の

事務員さんたちのようです。

保健所はもっと大変だろうなあ。

きっと、テレビショッピング並みに

ただいま、テレホンオペレーター増員で対応中です、に違いない。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.19

風前の灯火

 今朝の散歩中に、新たな看板を発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリンピック聖火リレーのための交通規制。

ここら辺は、3月29日日曜日の朝のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普通ならオリンピックへの期待に心高まるはずであるが、

どうも、そうはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ギリシアでの点火に先立って、

中国武漢で点火されたウイルスの炎は

今や全世界を焼き尽くす勢いで、

聖火の火はまさに「風前の灯火」になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここのところの世界的流行、

とくにヨーロッパの危機的状況を鑑みると、

何となくオリンピックが華やかに開催される、

というイメージはあまりわきませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本の総理大臣は強気の姿勢を見せているが、

どうも世の中は延期ムードの方が上回ってきたという感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1年延期だと今年延期したヨーロッパ選手権と重なってしまうので、

オリンピックは2年延期して、2022年に開催。

とすると今度はワールドカップと重なってしまうので、

これも1年延期してもらい

2023年ワールドカップカタール大会、

というのが、妥当かなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 果たして、この看板の上に「延期」あるいは「中止」の

黄色いステッカーが貼られる日が来るのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年、年末に「今年の漢字」が発表されます。

仮にオリンピックが今年開催されたとしても、

本来ならオリンピックにちなんで

「聖」とか「輪」が今年の漢字に選ばれたでしょうが、

今年のこの時点で2020年の漢字は

コロナの「冠」にほぼ決定だろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.16

新型コロナウイルスに対する患者さんへの対応について

 本日、医師会から緊急の書面がまわってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その通達により、今後しばらくは

インフルエンザの迅速検査は行いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インフルエンザの方との接触が強く疑われる場合は、

検査をせずに抗インフルエンザ薬を処方します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方、明らかな接触歴のない方については、

クスリは無しか、あるいは対症薬(解熱鎮痛剤、セキ止め等)のみ処方します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、溶連菌感染症、扁桃周囲炎、急性喉頭蓋炎など

抗生剤や緊急処置が必要な発熱を除外しなければなりませんから

その診察、検査は致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういった疾患がなく、

熱が下がらない方は、当院では対応しかねますので、

保健所、安足健康福祉センターに直接連絡を取り、

指示を仰いでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医師会ではインフルエンザ検査をする際には

ゴーグル、N95マスク、アイソレーションガウン、

キャップ、ゴム手袋を着用し、

それらをすべて密封し感染性廃棄物として処理せよ、とのことですが、

そういったものを供給してくれるわけではないので、

これは、検査するな、との命令と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、近隣の大泉町で、

開業医の先生が新型コロナウイルスに感染し

重症でICU入院中だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさに明日は我が身であり、

この先生の一日も早い回復をお祈り申し上げますが、

この件につき群馬県知事が「遺憾である。」という発言をしたことは

誠に「遺憾」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染の恐怖を常に感じながら

患者さんのために尽くし、

自らも罹患してしまった医師に対し

政治家は「遺憾」としか言えないのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 通常の風邪はもちろん、

花粉症などでもこの時期微熱やセキが出ます。

明らかな接触歴がないのに、

微熱とセキだけで医者が全員仕事を休んだら、

我が国の医療は崩壊してしまうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
医療系をまとめました。
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ