ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.07.22

連休ですが、ワクチン接種に出動

今週は、ワクチン集団接種が2回。

火曜日には昼休みに足利地場産センター。

高齢者接種なのでジジババさんセンターか。

おっと、迂闊なことをかくと

過去の不適切発言でのちのち問題になってしまう・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして世間的にはオリンピック4連休ですが、

木曜日も接種会場へ。

ここは西幸楽荘。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここは市営の老人福祉センターです。

はじめて来ました。

駐車場入り口で、接種に来た高齢者と間違われて

一般駐車場に誘導されそうになったので、

窓を開けて、医者でーす、といって

医師駐車場に駐車させてもらいました。

火曜日もそうだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 白衣を着てクルマ運転してくるセンセイが多いのだと思うが、

ワタシは街中を白衣着て運転するのはイヤなので、

健診なども必ず私服で行って、現地で着替えます。

なので就学時健診の時もかつては良く父兄と間違われた。

でも、東京とかで電車で行くセンセイは、

白衣のまま行きませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、白髪頭でクルマ運転してくれば、

もう、立派な高齢者なんですが・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、ここは老人福祉施設なので、

普段はお風呂なども利用できるようです。

オレも近い将来お世話になるのか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はお休みですが、売店なんかの営業もあるようで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お寿司も100円、安いなあ。

まさか回転寿司の一皿分ではないだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そいでもって、注射を打つのは大浴場の脱衣場。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いきなり服を脱いで籠に入れる人はいなかったそうです。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 接種は、午後1時半から。

暑い中、お年寄りはみんな元気でした。

この炎天下、自転車で来られたとおっしゃった方も何人か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日はみな、2回目の接種。

問診では1回目の接種で何かありましたか、

と訊くのですが、皆さん大きな副反応はなかったようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ中には、1回目はどうでしたか、と尋ねると、

横から付き添いの人が、

あー、たぶん覚えてないですよ、認知なんで・・・

と口をはさむ場合もあり、ナルホド、でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 皆様、お暑い中ご苦労様でした。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.17

見慣れた地図と数字

 昨日の新聞の第一面。

毎日、見慣れてるこの地図と数字。

ふーん、東京、1041人か・・・・。

えっ、神奈川も1000人越えたの?

ありゃ、と、栃木882人って、いったい・・・(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく見たら新型コロナの陽性者数では無かった。

まず東京都を見るので、つい、勘違い。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、この日、東京は1149人であった。

ヤバイねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2021.07.16

ワクチン戦争

東京オリンピックの開幕を直前に控え、

東京都の感染者数は連日1000人越え。

先行きが不安です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ワクチン接種の済んだ高齢者の感染者や重症者は減少し、

医療現場でのクラスターもなくなりました。

感染者の中心は20代、30代の若者だということなので

やはりワクチンの効果は確実だなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽうインドネシアで新型コロナウイルスの爆発的感染拡大が

大きな問題になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日あたり5万人の感染者、死者数も800~1000人/日というから

かなり深刻です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、2回のワクチン接種を受けた医療従事者から

181人も死亡者が出ている、というのが怖いところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インド由来のデルタ株の蔓延も重大ですが、

インドネシアで主として打たれていたのは、

中国製の「シノバック」だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、中国製・・・・😴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのためインドネシア政府は3回目のブースター接種を

アメリカ、モデルナ社製のワクチンで10月に

医療従事者に優先接種することを決めたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイでも同様のことが起きていて、

やはり「シノバック」を2回受けた医療従事者に

「アストラゼネカ」社のワクチンを

ブースターショットする予定らしい。

アストラゼネカのワクチンは以前解説したように

ウイルス・ベクターワクチンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国製のワクチンは民間企業「シノバック」と

国営「シノファーム」製があるが、

いずれも「不活化ワクチン」という、

従来型の病原体の毒性を減じたワクチン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

民間企業シノバックが開発したワクチンは、

ブラジルで行った臨床試験(治験)で

有効率がわずか50.4%にとどまった。

トルコで行った別の治験では83.5%の有効性だった。

国営シノファームが開発した

2つのワクチンの有効性は79.4%と72.5%。

一方、米ファイザー・独ビオンテック連合や

米モデルナが開発したmRNAワクチンは

それぞれ、97%と94%に上る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりワクチンは新型コロナを契機に

新時代に入ったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで「シノバック」「シノファーム」の

「シノ」は「中国の」という意味の接頭辞「sino-」

に由来します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「sino-」は、たぶん「シナ」「支那」のことでしょう。

中国のことを「シナ」と呼ぶのは

最近は右翼系の人たちだけのようで、

ある種の差別的表現ともみなされていますが、

中国のメーカーが自ら名乗ってるということは、

別に蔑称というわけではないのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「支那そば」「シナチク」は大丈夫らしいですが、

Microsoft Windowsの日本語入力システムでは

「しな」は「支那」に漢字変換出来ないのは

今回、文章書いてて初めて知りました。

いろいろメンドクサイ因縁があるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、国家の威信をかけて命名した

「シノバック」、Sino(中国の)Vac(ワクチン)でしたが、

やっぱり「メイド・イン・チャイナ」かー、

ということになりつつあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえばロシアがまた国の威信をかけて開発した

ワクチンの名前は「スプートニクV」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはもちろん1957年に旧ソビエトが

人類初の人工衛星として成功させた

「スプートニク1号」にあやかっていると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スプートニク1号の成功は、

特に東西冷戦下にあったアメリカ合衆国の国民に

パニックをもたらしたため、

これは「スプートニク・ショック」と呼ばれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイプとしてはアストラゼネカ製と同じ

アデノウイルスベクターワクチン。

有効性は91.6%といわれ、

プーチン大統領いわく

「カラシニコフ並みに信頼できる」😮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラシニコフAK-47はロシア製の自動小銃で

1947年の採用以来、現在に至るまで

世界各地の軍隊、テロ組織に用いられ、

世界中のありとあらゆる戦争、紛争地域で人々を殺傷し続けている。

『世界で最も多く使われた軍用銃』として

ギネス世界記録に登録されているほどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人類を救うワクチンを兵器に例えるとは、

やはりプーチン、ヤバイ奴。

スプートニク1号もアメリカを脅かす軍事的プロパガンダでしたが、

今回のスプートニクワクチンも世界制覇の道具

と認識してる、ってことでしょうね。

「スプートニクV  」の「V」は

「Vaccine」かと思ったら「Victrory」らしいですし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロシアも中国も胡散臭いところのある国なので、

個人的にはそんな国のワクチンを打つのはためらわれる。

日本は今のところファイザー、モデルナで良かったなあ。

 

 

コメントはまだありません
2021.07.13

オリンピック貴族

 無観客にはなったけど、

オリンピックはやるみたいなので、

テレビのニュース番組なども

オリンピック目指してがんばる日本選手を応援、

みたいなトーンが増えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、選手は「被害者」なので、

これを応援して盛り立てていく

というムード作りは大事でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、国民感情を逆なでするようなニュースもあるわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうもIOCバッハ会長は一泊300万円のお部屋に泊まってるらしく、

そんな高い部屋があるのにもビックリだが、

IOCから出る宿泊費は一泊400ドル(約4万4000円)と決まってるので

その差額は、組織委員会、つまり税金から出るという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スゴイね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一泊300万円ったって、一泊じゃ済まないわけで、

20日間泊まれば6000万だよ。

もっと泊まるのかな。

そのお金でマンション買えちゃうよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも会長1人ではなく、ほかの関係者の宿泊費も不足分は

開催都市、または国が補填してるわけで、

高級ホテル1400室×滞在日数の

税金負担分はいったいいくらになるのやら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、こんな緊急事態の中、ヒトのカネで

堂々とこの部屋に泊まっちゃう「貴族」の感覚も

ワレワレの理解を越えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、これが我が国の天皇陛下や皇族の方だったら、

同じような状況になった場合、

周囲は反対するだろうが、

ワタシはもっと安いところで良いですよ、

そのお金を他に回してください、

とおしゃったことでしょう。

 

 

 

 

 

2件のコメント
2021.07.09

ついに、やっぱり、無観客

ついに、というか、やっぱり、というか

オリンピックの無観客開催が決定したようです。

今のところ、首都圏の一都三県に限り、

となっております。

これも「今のところ」は外せない。

全会場、ってなったら札幌のマラソンはどうなるんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと前に文部科学省が

オリンピック開催に際し

国立競技場に1万人収容した場合の

感染率をスーパーコンピューター富岳で

シミュレーションした結果を発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それによると

観客1万人の中に従来株の感染者10人が4時間滞在した場合、

新規感染者が何人生じるかを予測。

競技場の設計通り観客席後方から風が吹く場合、

全員がマスクをして、前後左右に空席を設けると

新規感染者はほぼゼロとなった、

とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんじゃこりゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観客1万人が4時間マスクつけて無言で、

ジュースや水も飲まず、お弁当やスナックも食べず、

売店やトイレにもいかず、

ただじっと座ってた場合ですか。

入場や退場や生き帰りの交通機関や、

その前後の1万人の飲食、会食が全くゼロという設定ですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とか観客を入れて開催したい政府が、

でっちあげた悪あがき的なデータですが、

スーパーコンピューターに失礼だぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンピューターはスーパーでも、

入力するヒトがスーパーおバカでは、

お話になりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、そんなわけで無観客はやむを得ないところでしょうが、

そこまでして開催するオリンピックって・・・・。(~_~メ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、今から楽しみなのが、

オリンピックの公式記録映画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までの例から、すでに誰か大物監督が依頼されており、

通常であれば開幕前から撮影に入っていると思われます。

ということは去年のコロナ前から、

すでにクランクインして撮り始めているはずですが

さぞかし苦労されてることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネタ的にはいっぱいあるはずですが、

「公式映画」となると主催者側に否定的な描き方はできないわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあテーマ的には

「コロナに打ち勝って成し遂げた」

みたいな路線を目指すのでしょうが、

「打ち勝てる」かどうかも今のところ不透明なわけです。

映画のシナリオの「結末」が未定のまま

撮り進めているってことですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 依頼を受けたのは当然コロナ前ですから、

あー、メンドクサイもの引き受けちゃったなー、と

さぞかし後悔しているのではないか。

でも、どちらにせよ過去のオリンピック映画と比較しても、

ひときわ異彩を放つ、

歴史に残る1本にはなることは間違いないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.02

浦和にけん責

 新型コロナウイルス以降変わってしまったことのひとつに

当ブログからサッカーの記事が激減した、

ということがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前からうちの妻などから

「ブログは読むけど、サッカーの記事はとばしている。」

などの発言があり、

サッカーの記事はウケが悪い、

という印象もありましたし、

サッカーの記事が出ないことに対するクレームは

残念ながら今のところないのですが  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後DAZNは退会したままですが、

ときおりテレ玉やNHK-BSで放送されるJリーグや

スカパーで放送されるルヴァンカップの

レッズの試合は見ております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、コロナの状況で現地観戦がなかなかできないので

サッカー熱が下がっていることは否めない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしたら、こんな記事が。

この試合もテレ玉で中継があったので、

テレビ観戦したのですが、先制したものの

2-3と逆転負けした不愉快な試合だったので記事にしませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あら、まあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 詳細はJリーグに出場する選手は

定期的に新型コロナウイルスの検査を受け

その陰性証明がないと試合に出場できないが、

浦和のGK鈴木彩艶は日本代表に帯同していたため、

クラブでの検査を受けないまま出場してしまったとのこと。

ただし、日本代表で行った検査はすべて陰性であった。

クラブ側の申し出により発覚した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、そうなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ルールだから仕方がない、

明らかにクラブ側の手落ちですが、

今回、クラブ側からの申し出で発覚したそうですが、

試合を管理するJリーグやマッチコミッショナーへの

見落としに関するお咎めは無いのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本代表を管轄するのは日本サッカー協会で

Jリーグとは別組織だから。

日本代表での陰性証明は無効、っていうのも、

検査日時がワカラナイので何とも言えませんが、

引っかかる点でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このような場合は0-3で没収試合、

というルールになってるらしいですけど、

これが勝った試合だったら、痛手ではありますが。

2-3負けが0-3負けになっても、

勝ち点は変わらないし、まあ、そこまで痛くはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、0-4で負けてたら、

0-3になって得をしたのか?

それとも0-7になっちゃうのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと、知りたい。😊

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.01

スポーツイベント会場クラスターのある要因

 今日から7月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは、すでに1年の半分が終わった、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2020年に続いて、「白紙の時間」が過ぎてゆく・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、4年に1回、

ワールドカップの合間の真ん中の年に開催されるので、

本来は昨年開催であったユーロ2020。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京オリンピックと同じく今年に延期されたわけですが、

6月12日に一足早く開幕しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スコットランドが1998年のワールドカップ以来、

23年ぶりに国際大会出場を果たしたり、

イングランドがラウンド16で、

自国開催の1966年ワールドカップ決勝以来、

55年間勝てなかったドイツに勝ったとか、

(1966年当時は西ドイツ)

いろんな話題がありますが、

やはり気になるのは新型コロナのニュース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開催地はヨーロッパ各地に分散しており、

その場所のルールで観客数が20%、50%、100%

などとまちまちだが、

ロシア対フィンランドの応援にロシア・サンクトペテルブルクに行った

フィンランドサポーターのうち86人が

新型コロナウイルスに感染。

そこからフィンランド国内の感染者が急増したという。

サンクトペテルブルクでは50%の観客制限だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらにはスタジアム観戦や渡航などでロンドンに行った

1991名のスコットランドファンが

新型コロナウイルスに感染したと報告された。

そのうち397人は18日のイングランド対スコットランド戦を競技場で観戦した。

感染予防のため、18日の試合でスコットランドサポーターに販売された席は

2600人分に限られており、計算上は約15%の人が感染したことになります。

かなりの高率。

もちろんスタジアム内だけではなく

その前後にサポ同士がパブで盛り上がって感染が広がったのでしょうが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、そうなりますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、これを見ると

感染拡大が起こる試合には原因となる

それなりの背景があるような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前、書いたようにフィンランドは独立前から

さんざんロシアに蹂躙されてきた国なので、

敵地ロシアでのロシア対フィンランドといえば、

フィンランド人は、そりゃ、燃えるだろうよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、スコットランドにしても

オリンピックはイギリス、ユナイテッドキングダムとして出場するが、

ワールドカップやユーロでは、

イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドは

それぞれ別の国という扱いなので、

強国イングランドのために、予選を勝ち抜けず、

なかなか本戦に出られない。

それが23年ぶりに本戦出場し、

しかも相手がイングランドという因縁の対決で

試合会場のウエンブレーがあるロンドンまでは

クルマで行けるわけだから、

そりゃ、ビールやスコッチ飲んで盛り上がるしかないわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは、

ひょっとして、東京オリンピックのサッカー決勝が、

まかり間違って

日本対韓国になっちゃったらヤバイってことですかねー。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.27

パンドラの箱

このあいだ、NHKの朝の番組で

新型コロナウイルスの後遺症の話をやっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、長引いても時間とともに改善される場合が多い、

という話でしたが、

最後の方に耳鼻咽喉科で行うBスポット療法が効果あり、

なんてことが紹介されていまして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、また出ちまった・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前にも書きましたが、この怪しげなBスポット療法に

いまだ踏み切れないでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、この間ブログに書いたら、

ほどなくお手紙をいただきまして、

それはBスポット療法を推進するある団体からでして、

「先生のところで始められるのであれば、

当方のホームパージに治療可能機関として掲載しますので、

そうすればどんどん患者さん来ますよ」的な趣旨でして、

こんな本まで同封されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあまりの迅速さに、かえって、引きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか組織の陰謀に巻き込まれそうで・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症例によっては確実に効く人もいるようですが、

あらかじめ効くのか効かないのかが分からないし、

そもそも効いても何がどう効いてるんだか不明です。

コロナ後遺症だって多くは自然に治るっていってるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良くなってもならなくても患者さんは、

通院してくるだろうし、

やっぱりこの手の愁訴は、

器質的疾患のあるなしにかかわらず、

精神的な要因、神経質な気質がかかわってる場合が

少なからずあるだろうから、

そういった場合の対応にも自信がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうのを割り切って、

患者さんが多く来てくれればいい、

因果関係はどうあれ満足してくれればいい、

特に害はないのでお金がもうかればいい、

という気持ちにはなかなかなれないのが本音です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、ある患者さんが持ってきてくれた

県内の某耳鼻咽喉科のBスポット療法のパンフレットには

「慢性炎症の改善には2~3か月かかるとされています、

週1~2回の頻度で治療されることをお勧めします」

とあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、「全ての方が完治するわけではありません、

改善に至らなくても症状が軽減している場合は、

その維持目的に治療を継続されることもあります」

とも書いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んー、この継続される、の

「れるられる」は何なのだ。

敬語の「(患者さんの意志で)継続されること」なのか、

受け身の「(もうやめたいと思っても)継続されちゃう」のか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかに食うに困っても

ニンニク注射やプラセンタ注射、点滴パーラーなどを

やるような医者だけにはなりたくない、

と思ってきました。

この過去記事「点滴パーラー」への

看護師さんのコメントも興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リティンパのように、はい鼓膜の穴ふさがりました。

とか、やっぱりこの方法ではふさがりませんでしたね。

というのならはっきりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、突発性難聴で治療したけど、

1か月たってまったく改善がないから、

もうこれ以上は意味が無いからクスリ止めましょう、

というお話も良くします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 治らない突発性難聴に

メチコバールやストミンAを

何カ月にもわたって内服させるべきではない、

ということは開院の時に副院長と確認しました。

白内障の進行を止めるという名目で延々と目薬を出す眼科医はまだいるんだろうか。

コラーゲンでお肌プルプルなんていってるレベルの

素人をだますのは簡単ですが、

医者としての倫理にもとる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3か月間週2回ずつのどにクスリつけて、

頭痛、肩こりが以前よりは改善してきたというヒトに、

維持目的にさらに治療を続けましょう、

とは、オレは言えないなあ・・・。

もうちょっと釈然としたガイドラインが欲しいです。

 

 

 

4件のコメント
2021.06.25

沈黙の水泳

 ちょっと前からワタシの通うスイミングプールに

新たな掲示がされるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プールわきのジャグジーには黙浴。

(画像はネットから)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてサウナには「黙蒸」。

「もくむす」と読むようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、プールには「黙泳」かなと思ったが、

「黙トレ」であった。

たしかに泳ぎながら会話するのはたとえ背泳ぎでも難しく、

しゃべってるのは水中歩行のオバサンたちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、こんな張り紙があっても、

ジャグジーに入ってるオバサンたちは

全くいお構いなしに大声で談笑してるわけで、

スイミングのスタッフもハラハラしながらも、

若い男性の身ではなかなか声をかけて注意することは

できないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 きっと心の中ではあの「黙トレ」が

「黙ットレ(だまっとれ)(# ゚Д゚)」

と読めちゃってるんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.24

今こそ見直される昭和の名コピー

 オリンピック会場での酒類販売は、

一転して「しない」方針に転換されたようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 発表から変更まで転換が早かったが、

これはオリンピックスポンサーで

会場内の酒類販売を独占契約していたアサヒビールが、

SNSなどでの世論の動向に

「これはヤバい」と危機を感じて、

中止を申し入れたのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ、そうだ。

オリンピック会場内のみでの酒類販売は

全国の居酒屋、飲食店を敵に回しかねない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんだよー、会場だけ酒売って、

行き帰りの立ち寄りは飲みは禁止かよ。

アッタマ来たから

ウチは今までアサヒだったけどキリンに、

あるいはウチは今後はサッポロに変えよう、という

居酒屋、飲食店が全国的に雪崩のごとく現れるところであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 酒類を提供するお店はここまで相当不満がたまってるでしょうから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそもアルコールに罪はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会話によるエアロゾルがいけないわけで、

ひとり呑みも認められないとは

全く理不尽なところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一人で黙って飲む分には何の問題もないはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで思い出した、昭和の名コピー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「男は黙ってサッポロビール」🍺

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ