ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.10.24

インフルエンザワクチン2021~22シーズン

 足利市からの委託で行ってきた

新型コロナワクチン個別接種は先週末で終了となりました。

今後、未接種の方は足利市のホームページから

集団接種の方にお申し込みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、10月25日から当院の方は

インフルエンザワクチン接種に移行します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、混乱を避けるため

以下のような体制での接種となるので

ご理解、ご協力のほどをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今期は昨年に比べてワクチン供給量が

2~30%ほど少ないとのことです。

昨年が特別に多かったので、量的にはそれまでの年と同じ、

と、発表されていますが、

なぜ、この期に及んでそんな混乱を招くことになってるのか

よくわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マスコミなどでは専門家の方が

今年はインフルエンザ大流行の可能性もあり、などと言ってます。

個人的には、今年もインフルエンザは流行らないんじゃないか、

と踏んでいますが、実際どうなるかは未知数です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年、インフルエンザが流行しなかったので、

一般の人に免疫がついておらず、

ちょうど、今年のRSウイルスの大流行のような事態になるのでは、

という意見があります。

これは、無いとは言えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、去年インフルエンザが流行らなかったのは、

新型コロナの流行による「ウイルス干渉」のためで、

この冬、新型コロナが落ち着いて来れば、

逆にインフルエンザがまん延しやすい、

という専門家もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この説は、ちょっと受け入れられません。

「ウイルス干渉」とはあるウイルスが流行したときに

その地域では他のウイルスの流行が抑えられる、

という現象ですが、

昨年の冬、12月~1月期で

東京の1日あたり新規感染者数は1000~2000人で、

栃木県は20人から100人程度、

とても「ウイルス干渉」を起こすほどの流行

とは言えないレベルでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ともかく打てるなら打った方がいいとは思いますので、

ご希望の方はお問い合わせください。

予約は足利市経由ではなく直接当院でお受けします。

コロナワクチン接種を受けた方は

2週間の間隔をあけることが必要です。

 

 

 

 

1件のコメント
2021.10.19

副反応と後遺症、原因と結果

 例えば、あなたがある朝起きたときに、

猛烈な頭痛と、激しい吐き気、全身の倦怠感を自覚したとします。

夕べまでは何ともなかったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、あなた何も心配してはいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜなら、あなたは昨夜遅くまで友人と深酒し、

これは、そのための二日酔いだとわかっているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この場合、原因と結果の因果関係は、

かなりの確率で「関係あり」と考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ある日、全身に発疹が出たとしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、2日前から風邪薬を飲んでいます。

クスリを止めたら発疹も消えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この発疹は風邪薬の副作用でしょうか、

風邪のせいでしょうか、

それとも、それらと無関係な

また別の原因での発疹でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、初めて飲んだクスリであった場合、

ほとんどの人は風邪薬が原因、と考えると思いますが、

実は、どの可能性もあり、

どれがより確からしいということも

これだけでは全く分からないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間はこのように体の異変に対し、

常にその原因を探そうとします。

それがわかると安心するからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪薬の場合、もう一回飲んでみる、

という「実験」は可能です。

わざわざそれを試す人はまずいないでしょうが、

たまたま飲んで発疹が出た場合は因果関係は強く肯定されます。

だが、逆に飲んで症状が出なくても

たとえば(発熱など)ある条件の下でだけ

その風邪薬で発疹が出るのかもしれないので、

風邪薬は「無実」ではないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頭痛や発疹のほかにも、ヒトの体に起きる症状として、

メマイや難聴、耳鳴、全身倦怠感や、下痢、不眠、

はたまた顔面神経麻痺や、

がんの発生にしても、

原因のわかるものもあるが、大多数は「原因不明」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、ヒトは「原因」を探ろうとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近、いろいろな症状で受診する患者さんに

「何か、きっかけ、原因になるようなものはありませんか?」

と尋ねると

「ちょっと前に新型コロナのワクチン打ったんですけど・・・。」

と答える方が非常に多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん大半の人はワクチンが原因、

と信じているわけではありませんが、

「可能性がないとは言えない」ということで

そんな答えをするわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 反ワクチン派のお医者さんのブログを見てると、

これを完全に結びつけています。

ワクチンを打ったら顔面神経麻痺が出た、

ワクチンを打ったらがんになった、

ほかに原因が見当たらないのだから原因はワクチンです。

だからこのようなワクチンは打ってはいけません。

という論法をよく見かけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例えば副反応としての発熱は、

抗原の侵入に対する体の免疫応答ということで

説明可能なので、ワクチンが原因と考えていいと思いますが、

これですら、たまたまそのタイミングで風邪をひく、

ということもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単に「Aを行った後にBが生じた、

ゆえにBの原因はAである」という論法は、

朝、いつもと違う道を通ったら、宝くじが当たった、

宝くじが当たった原因は、いつもと違う道を通ったためだ、

というように無意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、新型コロナの後遺障害についても

いろいろいわれていますが、

その症状は本当に新型コロナが原因だったのか、

それとも実は別の原因による症状だが、

たまたま時期が一致して出た症状なのか。

はたまたコロナのあとには

こんな後遺症があると聞いていたので

心理的要因からプラセボ効果で出てしまった症状、

ということだって十分あり得ます。

むしろ、これは意外に多いのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほかに原因が見当たらないから、

これが原因だ、という論法は

原因不明で起こりうる症状に対してはまったく適応されません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 物事は常に科学的に客観的に考えるべきです。

ただし、ワレワレの未だ知らない「科学」もあるということが

問題を難しくしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 因果関係を安易に結びつけることはありませんが、

頭から全否定することも、また慎むべきです。

未知の事象に対しては

客観的なデータの蓄積と冷静な対応が求められるでしょう。

それが「科学的思考」、理系の人間の考え方です。

医者としてワタシは常にそういう考え方をするように心がけています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 故に新しいワクチンや新型コロナの後遺症に対しては

常に冷静に状況を分析していく態度が求められるといえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.18

モデルナ社製ワクチンによる心筋炎

モデルナ社製ワクチンの心筋炎の問題について

書いておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクチン接種後の副反応としての心筋炎の頻度が

10代20代の男子の場合、

モデルナ社製ワクチンの方が、

ファイザー社製よりも有意に高い、

ということから

厚生労働省が10月15日付で注意喚起を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人口100万人あたりの割合で10代男性は約7.8倍、

20代男性では約2.7倍の割合で

心筋炎の発生頻度が高い。

年齢とともにその比率は下がり、

女性の場合は年齢を問わずほとんど差がないというのも

興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今のところ軽症例がほとんどで

胸の痛み、息切れは軽快、回復しているようですが

この結果を受けての発表です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頻度的には100万人あたり28.8人というと

0.00288%ということになり、

実際に新型コロナにかかった時の心筋炎の頻度が

国内で0.0834%(15〜39歳男性)

と30倍以上であることを考えれば

ワクチン接種のベネフィットの方がはるかに上回りますが‘

ファイザーのワクチンが選択できれば

そちらを優先した方が良い、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、心筋炎は1回目の接種後よりも

2回目に高頻度で出現する、との知見から

1回目にモデルナワクチンを打った人でも

2回目はファイザー社製を接種可能

という見解も発表されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、このデータは、

1回目モデルナ2回目ファイザーと

2回ともモデルナの比較試験を行なっていませんので

2回目にファイザー社製を打てば、

心筋炎の発生頻度が減るかどうかはわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ的には1回目モデルナ2回目ファイザーの方が

頻度は下がりそうですが、

逆にあがる場合も無いとは言えない、

というのが科学的な考え方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、1回目と2回目に異なるワクチンを打った場合の

ワクチン効果の差についてですが、

これもまだ分からないのが現状です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原則的に同じワクチンを受けましょう、

ということになっていますが、

海外では異なったメーカーのワクチンを打った場合の方が

抗体価の上昇が見られたという報告もあり

「ちゃんぽんワクチン」は少なくとも

大きな問題はないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論としては若い男性は選択の余地があるならファイザー、

早く打ちたかったらどちらでも可。

1回目モデルナ打っちゃっていたら、

2回目は一応ファイザーが無難なセンですが

これも絶対ではないというところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日も、集団接種会場にモデルナワクチンを受けに来た

20代30代の男性の方には、この説明をしましたが、

みな、1回目のモデルナワクチンを受けて帰られました。

当院の個別接種で打っているワクチンはすべてファイザー社製です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.17

日曜日の集団接種、接種者数が少ないのは良いこと?

またまた日曜日は小山でワクチン接種。

車内で朝ごはん。

今日はローソン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回運転中に、おにぎりのご飯粒をシャツにこぼしたので

今回はこぼれにくさを考慮。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は雨ですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県南体育館、2回目なのですんなり到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回は初めての場所でしたが、

接種会場に向かう人の流れで、

会場入口がすぐわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今日は会場に向かう人の姿がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気も関係してるのかなと思いましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はここ最近、集団接種の予約が激減しているそうで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクチン接種がかなり進んだ、

ということはかなりあるでしょうが、

当会場はモデルナ社製のワクチンを接種しているので

最近、厚労省が発表したモデルナワクチンと心筋炎の関係も

影響しているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10代、20代の男性の場合、

副反応としての心筋炎を起こす可能性が、

モデルナ社製の方がファイザー社製より高いので、

この世代にはファイザー社製が推奨される、

という通達があったためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忙しいのも大変だが、あまりにヒマなのもなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回から決めていましたが、

お昼はまたあそこにしよう。

今日はかなりしっかり降っています。

それにしても、今日は急にサムイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 数日前から、今日は炒飯か中華丼にしようか

と迷っていましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここに来るまでがあまりにも寒かったので

土壇場でラーメンになりました。🍜

いわゆる佐野ラーメンではないトラディショナルな中華そば。

ワタシの好きな系です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ついでに餃子もつけてしまった。

午後はさらに少ないし、マスクとアクリル板で

なんとかなるだろうと...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 体育館前の広い公園も

この天気で人っ子一人いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午後の開始までコーヒーでも飲もうと、

館内の自販機に立ち寄ったが、

ホットコーヒーを買うつもりで、

間違ってアイスコーヒーのボタンを押してしまったのが、

超ショックであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午後はさらにヒマ。

本も読めたし、ブログも書けてしまったので悪くはない。

駐車場のおじさんは雨の中大変だっただろうなあ、

あと1回、2週間後にもここでワクチン担当があるのですが、

どんな状況になってるんでしょうか。

今後はここでファイザーも打つようなので

また少し増えるのかな。

本日の栃木県内の新型コロナ陽性者速報値では、なんとたった1名。

ワクチンがいきわたったおかげで

終息に向かっているのなら、頑張った甲斐があったというものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.14

抗原検査キットが薬局で購入可能に

 9月27日から、医療用の抗原検査キットが

薬局で購入できるようになったみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、薬剤師さんがいて

対面販売で説明できる環境ということになっていますので、

スーパーみたいなドラッグストアでシャンプーと一緒に

カゴに入れて買う、ということではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抗原検査キットについては、当ブログでもたびたび記事にしています。

新型コロナの抗原検査

偽陽性騒ぎ

市販コロナ検査キットに対する注意点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

繰り返しになりますが、要するに

「陽性」判定の場合は感染の疑いが強いので

本当に新型コロナかどうかを医療機関に受診して確認すること、

「陰性」判定の場合には、新型コロナ感染を否定するものではないので、

症状がある限りは外出を控え、具合が悪ければ

やはり医療機関で診てもらうこと、

という扱いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「検査陰性はコロナではないという証明ではない」

というところが一番大事です。

検査が陰性であった場合、

「コロナにかかっているということを証明できなかった」

と解釈すべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、今日のテレビでは、

ライブ参戦する前に陰性かどうか確認しておきたい、

帰郷する前に陰性の確認をしたい、

という目的で購入する人たちが紹介されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは原則的には正しくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陰性判定はコロナ感染なしということではないので、

このような人が感染拡大に一役買ってしまう可能性はあるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には抗原検査の危うさは懸念されるところで

一般の人にすべて正しい理解のもとに使われることは

まず無理だろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、ここにきてコロナにかかる人が激減。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このタイミングで、抗原キットの市販を許可した政府の思惑とは、

イベントや、レジャー、旅行や里帰りなどに対し、

参加、実行をためらっている人の背中を押して、

たとえそれによって感染を拡大させる可能性が多少はあったとしても

経済活動をなんとか回復方向にもっていきたい、

という考えなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それならば、納得できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし以前書いたようなアヤシイ中国製は出回っていますから、

「研究用」ではなく、正しく「医療用」の検査キットを

選ぶようにしましょう。

 

 

コメントはまだありません
2021.10.13

診断しないでクスリを出す医者

新型コロナの流行以来、

いろいろなことが以前と変わったが、

病院の診療体制なども変化しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主として感染対策などの点ですが、

しかし、急性熱性疾患に対し、

診察しないでクスリを出すクリニックがあるのは問題だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏が終わって涼しくなり、

いろいろ風邪ひきなどが増えてきてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある方は熱があるのでかかりつけ医にかかろうとしたが

熱があるとのことで診てもらえず、

総合病院でPCR検査を施行。

陰性であったが、そこでは治療は受けられず、

他の民間病院に行ったら、

こんどは駐車場でインフルエンザの検査をされ、

当然陰性であったが、診察はなく解熱剤カロナールだけ。

この時期にPCR陰性だからといって

インフルエンザの検査だけして帰すとは

本当にバカなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネツもノドの痛みも良くならないので

当院受診したところ、

一目で急性扁桃炎でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある方は、やはり咽頭痛発熱で某クリニックを受診しましたが、

駐車場でPCR検査、陰性であったが

あとは電話で話をしただけで、

大量の抗生剤、去痰剤、解熱剤、抗アレルギー剤、

うがい、トローチ類が処方されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いずれも何の診断もなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、あんたらは医者なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチンも打ってるだろうに、

口開けてちょっとノド見たくらいでは

コロナはうつりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院でも急性熱性疾患で疑いのある人には

PCR検査を行い、実際に新型コロナ陽性となる方もいますが、

濃厚接触が明らかで熱のみの症状の方以外は、

PCR検査の前に口開けてノドの所見は必ず診ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナに罹るより、

重大な病気を見落としてしまう方が、

医者としては断然怖いですから。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.10

代替医療と反ワクチン

反ワクチン派のお医者さんのブログやホームページが面白いので

あれこれ見ているうちに、あることに気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反ワクチン派のドクターはホームページを見ると

いわゆる「代替医療」を行ってる人の割合が

非常に多い、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「代替医療」とは、この間の本にもありましたが

一般に認められている

「保険診療」や「標準治療」に対する言葉で

その効果が一般的には検証されていない

医療行為のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「波動療法/バイオレゾナンス」「ホメオパシー」

「高濃度ビタミンC点滴療法」「グルタチオン点滴療法」

「オーソモレキュラー」「血液クレンジング」「水素水点滴」・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの中には、効果があるかどうか不確かなものから、

ホメオパシーのように全く効果が無いことが

わかっているものまで含まれていますが、

一般の人にはなかなかわかりにくいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらのクリニックのホームページはほぼ例外なく立派で

院内の受付の写真も、まるでホテルのフロントさながらだったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前にも書いたように「プラセボ効果」は

イメージが大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラセボ薬は、剤型が大きく、錠数が多く、

そして薬価が高いほど効く、ということでした。

その法則に従えば、

クリニックの内装がオシャレで、

治療費が高く、

ついでにドクターが洗練された印象があり、

スタッフが美人であるほど

プラセボ療法は効果があるはず。

ホームページも、またしかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのホームページには

各療法の解説が一応してありますが

ワタシなどはいくら読んでも

サッパリ理屈がわからないものばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴としては、必ず

「わが国では、まだ一般的ではありませんが」

という「枕詞」ではじまり

「アメリカ○○大学のナントカ教授が提唱している」

とか

「ドイツの××研究所でカントカ博士が開発した」

という「権威付け」が添えられます。

その博士の実際の権威は概ねアヤシイです。

ほぼ、ドイツかアメリカ、たまにイギリス、ロシアで、

フランスやイタリア、スペインあたりは出てこないんですねー。

もちろん、東南アジア、アフリカ諸国は無いけれど。

やはり、イメージが大事と見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一例「バイオレゾナンス」編

 

バイオレゾナンスとは1975年、

ドイツのパウル・シュミット博士によって体系化された理論です。

レヨメーターという物質の固有振動数を発振する

ドイツの装置を用いて、気の変動を読み取り、

不調な臓器を推定し、

その病気の原因までを推定していきます。

その病因を排除できる可能性のある薬物などを

推定していきます。

さらに、特定した周波数を用いて、

ハーモナイズ(全身の周波数を整える)

を行うことも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむ、チンプンカンプン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「推定する」「可能性がある」

などというところがキモですね。

効果には個人差があります、とか、

あくまで個人の感想です、みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この「周波数測定」にいくら料金をとるんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このサイトはタダだよん。

医療用ではないが、波動測定なんてこんなもんでしょ。

あなたとは波長が合うわ、みたいな。

くれぐれも、騙されてはイケナイ。

 

 

 

 

 

2件のコメント
2021.10.09

足利市の集団接種は思い出の地で?

 10月9日土曜日午後は、診療終了後、足利市の集団接種に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利市では高齢者の集団接種のあと、

各医療機関での個別接種になったが、

今後再び集団接種になるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、ここで接種される方々は、まだ1回目の接種。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さまざな事情でこれまでワクチンが受けられずにいた方々ですが、

アラブ系や南米系などの外国人の方が比較的多かった印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中には先月、当院で新型コロナ陽性と診断した方もいて、

ビックリしました。

お元気になられていてよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 終わって外に出ると、日は暮れ、雨でした。

ここアシコタウンは、もと三洋電機の工場があった場所。

大学生の時夏休みにバイトしました。

12年前にブログに書いています。

ロックな学生アルバイト~その1

ロックな学生アルバイト~その2

ロックな学生アルバイト~その3

およそ40年ぶりにこの場所で働いたことになるわけだ。

人生いろいろですな。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.08

続・注射

 当院は注射に関してはワクチン接種については

インフルエンザ、肺炎球菌などは医者が行っていましたが、

新柄コロナになって人数が多いので、

医師1名が問診、医師1名と看護師1名が接種、

という体制にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日常の採血は基本看護師さんが行いますが

たまに看護師さんがお休みだと医者がやります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なかには

「おー、今日は先生がやってくれるんかい。」

なんていう人もいますが、

間違いなくなく看護師さんの方が上手だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Hさんは、精神科で強迫性神経障害と診断されている女性の患者さん。

ハナやノドの具合が悪いとウチにかかりますが、

本人曰く、医者としてのワタシを大変信頼してくれているそうです。

糖尿病や肺疾患もあるので内科で診てもらっていますが、

内科の看護師さんより当院の看護師さんの方が採血が上手い、

といって時々ウチで採血してデータを持っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間も診察のあと血液検査を頼まれましたが、

その日は、たまたまいつもの看護師さんがお休みでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「今日、看護師さんお休みなので採血はオレだけどいい?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると

「センセイ、最近採血したことあるん?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「いやー、タマにはしてるよ。」💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しばし、考え込んでいましたが、

「ふーん、じゃあ、センセイでもいいか。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、了解をいただき、

患者さん指定の場所から採血させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医者としての信頼と、採血への信頼は、

当然ながらまた別なのだ。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.07

注射

 新型コロナのワクチン接種で

毎日多くの人に注射していますが、

先日、2回目の方が痛かった、という方がいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、多分、タマタマです。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皮膚には痛点という痛みを感じるポイントが

ランダムに配置されており、

針の差し口がそこに当たると痛い、

外れればそうでも無い、

ということになってるので手技の問題じゃないぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛点は1平方センチメートルあたり100から200はあるわけで

打ち分けは不可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉注射はあまり大きな技術的格差はないが、

血管注射や点滴となると、血管に入らなければならないので

技術の差がモノをいう、採血も同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国家試験に合格して大学病院に勤務すると

まずやってくるのが点滴、採血の試練です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市中病院では、点滴、採血は看護師さんの仕事ですが、

大学病院で慣例的にそれらは医者の仕事です。

私立医大ではどうか知りませんが、

少なくとも国立大学では今でもそうだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看護師さんは、学生時代に採血や注射の実習がありますが、

ワレワレが医学生にはそんなカリキュラムはありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、病棟勤務になると、

朝食前の採血と、朝夜1日2回の病棟点滴は、

研修医にとってかなりのプレッシャーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入院中の患者さんは、いろいろな医者が順番に点滴当番になるので

どの先生が上手だとか、下手だとかは、常にチェックし、

また、大部屋の患者間でも情報交換が活発です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たな研修医が病棟に顔を見せると、

ベテラン(?)の長期入院患者さんたちによって

まず「値踏み」されてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのセンセイは下手だ、という噂でも立つと、もう大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生のとき臨床実習で内科病棟の患者さんを受け持った時、

ベッドサイドに病歴を聞きに行きました。

「主治医は○○先生ですね。」

と、尋ねたら、訊いてもいないのに

「そう、あの先生、熱心で、やさしくて良い先生なんだけど、

注射が下手なのよねー。」

と、ひとこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大体大学病院の受け持ちは1年目の研修医です。

学生の時はその言葉は聞き流していましたが、

医者になって1年目、あの時の言葉が身に沁みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幸い、ワタシは比較的早く上達したようですが、

こんどは点滴当番で病棟に行くと、

「あーら、今晩はセンセイで良かったー。

今朝の先生は3回も失敗したのよ。

先生はこの間のときは、1回ですーぐ入って全然痛くなかったのよー。」

などと大きな声で言われると、

これがまた大変なプレッシャーだったなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、話戻りますが、

新型コロナワクチンは筋肉注射なので、

一般には皮下注射のインフルエンザワクチンに比べ

痛みは少ないものです。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ