ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.07.19

ドラキュラロックフェスタ@グランテラス筑西~灼熱のロックフェス

 日曜日は2年4か月ぶりのドラキュラロックフェスタ。

茨城県筑西市の会場に朝9時集合なので、

家を7時半過ぎに出る。

クルマの中で食べるコンビニ朝食は久しぶり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも筑西市は古いカーナビには入っていない。

2005年に下館市が付近の町村と合併してできたらしい。

道路標示にはってある下の表記はおそらく下館なのだな。

けっこう道、混んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10分弱の遅刻で朝のミーティングに到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スペースデーモン氏、どっか違うぞと思ったら、靴がまだスニーカー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすがにこれは、アツイから本番まではナイキでいくのだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドラキュラロックフェスタの主催者スペースデーモン氏は

晴れ男で知られるが、

今回もこの日程に合わせて梅雨を明けさせてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、朝から暑いのなんの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東に見える筑波山が近い。

それゆえここは筑西市なのだが、

「つくばさん」だけど「つくせいし」ではなく

「ちくせいし」らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トップは壬生ダンススタジオのベリーダンスのお姉さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小中高校生のダンスチームも共演したが、

ついお姉さんの方に目が行くのは止むを得まい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、バンド演奏が10時スタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回はドローンによる空撮もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ステージ前に陣取ったこの方が操縦してるが、

アツイでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は全部で10バンド。

朝10時から夕方5時過ぎまでの長丁場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 全部見てたら確実に熱中症になるので、

控え室で暑さをしのぎます。

献血も忘れずに。

ただし、ワタシはHBs抗体陽性のため献血できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テキトーなところで昼メシにします。

ここのお勧めはキングポークらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ま、本番まで時間があるのでとりあえず。🍻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はビールが美味いが、1杯だけにしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピリ辛キングポーク丼1210円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アニメタルのコピバンらしいけど、

その服暑くないすか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スペデー氏も参加。

メタル系の人は服装が暑そうでタイヘンですねー。

ヅラも暑いだろうし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレの前のバクチクのコピバンは

2枠分エントリー料を払って1時間演奏。

よくできるなー。

とかいううちにワレワレの出番。

午後14;40から、というのはかなり気温の高い時間帯。

最高気温は南中時刻から約2時間後に観測されます。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場のテントは風が吹き抜けるが、ここは後ろが壁のせいか

日陰とはいえかなり体感気温が高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも前半は良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アップテンポの曲をあえてはずし、

水分を取りながら、MCを挟みながら進行。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、ライブの流れとしては後半に盛り上げていくものよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、ギターを換え、ストーンズ。

ロックンロール路線へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ステージを降りて客席へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うおーー、あっち―💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よせばいいのに動き回る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ステージに戻り、また、激しいアクション。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲が終わって、ステージモニター裏の時計を見ると、

残り時間が、かなり少ない。

なので水分補給をせずそのままラスト曲へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中、一瞬ミミが聞こえなくなり、意識が飛びかけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、最後は腕をブンブン回してウインドミル奏法。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ジャンプ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 終わったあと、しばらく立てませんでした。

やはり、最後あそこで水分補給せず、連続で演奏したのと、

お昼のビールも効いたかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おまけにウインドミル奏法で、

また指を怪我してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 血染めのピック。

星飛雄馬かっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後も3バンド。

このバンド「SAORY」はお友達のバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はみんなマジメに時間を守り定刻の終了。

今回の献血はナント受付者が70人、

実際に献血いただけた方も60人を越えたそうだ。

皆様、ありがとうございます。

また、スニーカーになったスペデー氏に代わって御礼を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 終わったあとはみんなで後片付け。

お家に帰るまでがロックフェスタです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝から一日がかりでしたが

起伏のないまま過ぎ行く2021年の

記憶に残る1日になりました。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.18

天気予報

 週のはじめ頃から、

金曜日頃には梅雨明けするでしょう、

といつになく自信満々で気象予報士のヒトがいってましたが

なんとピタリと梅雨が明けちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気象予報士的にはしてやったり、であり

今回は祝杯でも上げてるでしょうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天気予報がはじまった明治時代には

腐りかけたものを食べる時、

「測候所 測候所 測候所」

という言葉を唱えると良いとされました。

現在の地方気象台等を測候所と称していたからで、

天気予報があたらないことから

食べものに「当たらない」の意味です。

同じ理由で「ふぐ」を食べるときに唱えた、

という話もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後は日本が戦争する時代になった時は

天気予報は「たまにあたる」ので

「弾にあたる」から

縁起悪いといわれたこともあるとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、明治時代でなくても

ワタシが子供のころには

まだ、天気予報は「当たらないものの例え」

としての意味があったと記憶しています。

昭和50年以前に発行された辞典の「天気予報」の項には、

普通の意味に加えて、

「あてにならぬ予告」とか、

「あまりあてにならない予想や予言」

という意味が載っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということからは最近の天気予報は

かなり「当るもの」になってるという

印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、

気圧、気温、風向き、風向とかの測定のデータが、

気象衛星やインターネットも含めて

過去とは比較にならないレベルで収集されているためであり、

また、過去のデータの蓄積により、

コンピューターを用いた

気象シミュレーションがかなり精密に行われている

ためでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムカシは測候所や観測船からの電話電信の連絡や、

せいぜい富士山レーダーの情報でしたから。

富士山レーダー知ってるヒトは一定年齢以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するってーと、気象予報の仕事は

AIの介入に非常に適した分野だと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AIの進歩により、

そのうち医者は要らなくなる、

なという未来予想が、

週刊誌などでしばしば取り上げられますが、

気象予報士の方が、多分先に要らなくなのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の朝ドラ「お帰りモネ」のモネちゃんも

招来的には仕事ないとか?

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.17

見慣れた地図と数字

 昨日の新聞の第一面。

毎日、見慣れてるこの地図と数字。

ふーん、東京、1041人か・・・・。

えっ、神奈川も1000人越えたの?

ありゃ、と、栃木882人って、いったい・・・(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく見たら新型コロナの陽性者数では無かった。

まず東京都を見るので、つい、勘違い。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、この日、東京は1149人であった。

ヤバイねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2021.07.16

ワクチン戦争

東京オリンピックの開幕を直前に控え、

東京都の感染者数は連日1000人越え。

先行きが不安です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ワクチン接種の済んだ高齢者の感染者や重症者は減少し、

医療現場でのクラスターもなくなりました。

感染者の中心は20代、30代の若者だということなので

やはりワクチンの効果は確実だなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽうインドネシアで新型コロナウイルスの爆発的感染拡大が

大きな問題になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日あたり5万人の感染者、死者数も800~1000人/日というから

かなり深刻です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、2回のワクチン接種を受けた医療従事者から

181人も死亡者が出ている、というのが怖いところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インド由来のデルタ株の蔓延も重大ですが、

インドネシアで主として打たれていたのは、

中国製の「シノバック」だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、中国製・・・・😴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのためインドネシア政府は3回目のブースター接種を

アメリカ、モデルナ社製のワクチンで10月に

医療従事者に優先接種することを決めたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイでも同様のことが起きていて、

やはり「シノバック」を2回受けた医療従事者に

「アストラゼネカ」社のワクチンを

ブースターショットする予定らしい。

アストラゼネカのワクチンは以前解説したように

ウイルス・ベクターワクチンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国製のワクチンは民間企業「シノバック」と

国営「シノファーム」製があるが、

いずれも「不活化ワクチン」という、

従来型の病原体の毒性を減じたワクチン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

民間企業シノバックが開発したワクチンは、

ブラジルで行った臨床試験(治験)で

有効率がわずか50.4%にとどまった。

トルコで行った別の治験では83.5%の有効性だった。

国営シノファームが開発した

2つのワクチンの有効性は79.4%と72.5%。

一方、米ファイザー・独ビオンテック連合や

米モデルナが開発したmRNAワクチンは

それぞれ、97%と94%に上る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりワクチンは新型コロナを契機に

新時代に入ったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで「シノバック」「シノファーム」の

「シノ」は「中国の」という意味の接頭辞「sino-」

に由来します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「sino-」は、たぶん「シナ」「支那」のことでしょう。

中国のことを「シナ」と呼ぶのは

最近は右翼系の人たちだけのようで、

ある種の差別的表現ともみなされていますが、

中国のメーカーが自ら名乗ってるということは、

別に蔑称というわけではないのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「支那そば」「シナチク」は大丈夫らしいですが、

Microsoft Windowsの日本語入力システムでは

「しな」は「支那」に漢字変換出来ないのは

今回、文章書いてて初めて知りました。

いろいろメンドクサイ因縁があるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、国家の威信をかけて命名した

「シノバック」、Sino(中国の)Vac(ワクチン)でしたが、

やっぱり「メイド・イン・チャイナ」かー、

ということになりつつあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえばロシアがまた国の威信をかけて開発した

ワクチンの名前は「スプートニクV」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはもちろん1957年に旧ソビエトが

人類初の人工衛星として成功させた

「スプートニク1号」にあやかっていると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スプートニク1号の成功は、

特に東西冷戦下にあったアメリカ合衆国の国民に

パニックをもたらしたため、

これは「スプートニク・ショック」と呼ばれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイプとしてはアストラゼネカ製と同じ

アデノウイルスベクターワクチン。

有効性は91.6%といわれ、

プーチン大統領いわく

「カラシニコフ並みに信頼できる」😮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラシニコフAK-47はロシア製の自動小銃で

1947年の採用以来、現在に至るまで

世界各地の軍隊、テロ組織に用いられ、

世界中のありとあらゆる戦争、紛争地域で人々を殺傷し続けている。

『世界で最も多く使われた軍用銃』として

ギネス世界記録に登録されているほどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人類を救うワクチンを兵器に例えるとは、

やはりプーチン、ヤバイ奴。

スプートニク1号もアメリカを脅かす軍事的プロパガンダでしたが、

今回のスプートニクワクチンも世界制覇の道具

と認識してる、ってことでしょうね。

「スプートニクV  」の「V」は

「Vaccine」かと思ったら「Victrory」らしいですし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロシアも中国も胡散臭いところのある国なので、

個人的にはそんな国のワクチンを打つのはためらわれる。

日本は今のところファイザー、モデルナで良かったなあ。

 

 

コメントはまだありません
2021.07.15

「C5-dips」ライブ情報~ドラキュラロックフェスタ出演のお知らせ

 今週末、ひさびさにドラキュラロックフェスタに

「C5-dips」として出ます。

前回の出演が2019年3月でしたから、

実に2年7か月ぶりの出演となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、このイベント初の2Days開催となりますが、

ワレワレは2日目の日曜日に出演。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出番は8番目、時間は14:40~15:10の予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 場所は道の駅グランテラス筑西

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく梅雨明けして暑さ全開と思いますので、

感染対策のほか熱中症対策も万全にしてお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ