ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.09.14

ブラバムBT52~女子大生ブームとBMW

この夏、どこにも旅行に行かず、

ひたすらステイホームな日々でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月に完成したプラモデルその1。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラバムBT52、1983年のネルソン・ピケのチャンピオンマシンです。

ただし、コンストラクタータイトルは126C2Bでフェラーリがとりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キットはアオシマBeemaxシリーズのNo.14、

2017年発売の新しいモデルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タミヤから新作F1がなかなか出ない昨今、

こういったところから「往年の名車」が出るのはありがたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このBeemaxシリーズは日本の青島文化教材社と

マカオのメーカーの共同企画らしいですが、

F1やラリーカーなどでミッシングリンクを埋めるような

アイテムを取り上げてくれます。

モールドもシャープで考証も正確みたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、このマシンが走ってた頃はF1から遠ざかっていたので

あまりよく知りません。

1983年からのウイングカー廃止、フラットボトム化を受けて

鬼才ゴードン・マーレーがデザインしたのがこのクルマ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レース中の給油を想定してガソリンタンクを縮小し

空気抵抗を減らすためサイドポンツーンを可能な限り切り詰めて

重心を後方にうつしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして目を引くのはBMW製ターボエンジン、ナント4気筒。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ターボ以前には8~12気筒が主流であったが、

ターボ時代になり気筒数は減ったがそれでも主流はV型6気筒。

直列4気筒、左右非対称のレイアウトはF1のエンジンには見えませんね。

それにしても、シンプル、コンパクトな構造です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、このマシン、いきなり開幕戦ブラジルGPでデビューウイン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、BMWエンジンの信頼性の低さに4回のリタイアもありましたが、

ネルソン・ピケは3勝を挙げ、完走時は2位3回、3位2回、4位2回と

早さを見せました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもこのイカみたいな独特の形。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低重心にこだわるゴードン・マーレーは、

その後、ブラバムBT55というヒラメみたいなマシンを作る。

そして、その「イカ」と「ヒラメ」から学んだコンセプトをもってマクラーレンに移籍。

1988年のF1グランプリ全16戦中15勝を挙げた超傑作マシン、

マクラーレン・ホンダMP4/4をモノにするのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイドポンツーンがないので

カーナンバーはサイドラジエーターにかかれています。

スポンサーの方が大事ですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1983年といえば、音楽は「カルチャークラブ」や

マイケル・ジャクソンの「スリラー」などのMTVブーム。

映画は前年12月公開の「E.T.」が大ヒット。

「フラッシュダンス」「スターウォーズ・ジェダイの復讐」が7月に公開された。

4月には東京ディズニーランドがオープンし、

ワタシは大学5年生でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メインスポンサーは「フィラ」ですが、

そういやこの当時「フィラ」や「エレッセ」などの

アパレル系輸入高級スポーツブランドは大ブームだったような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時は女子大生ブームで、

「ビーエム」は「アウディ」と並んで女子大生人気ナンバーワンカーであった。

むろん、ワタシの通う地方国立大学では

外車なんか乗り回してる学生は一人もいませんでしたけど。

そういえば、あの「オールナイトフジ」が始まったのが1983年4月なんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヒストリックレーシングカーも、

時代背景を回顧しつつ眺めると、

また違った味わいがあるものです。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.13

今日のお昼は

 本日は日曜日であるが、お仕事なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相変わらずこの体制です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、そんなわけで受診する患者さんは少ないです。

もともとあまり風邪なども少ない季節ですし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今朝最初の患者さんは、

鼻の中にスポンジを入れちゃったという

3歳の男の子でした。σ^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中には、最近トイレに行っても、またすぐ行きたくなるけど

診てもらえますか、

という電話でのお問い合わせがありましたが、

さすがにそれはムリですとお断りしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここでは何の検査も出来ないし、

緊急性がなく休日急患診療所で診るものではありませんね。

でもこういう人もいるのですなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はここに朝から夕方まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 唯一の楽しみはお昼のお弁当だったのですが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えー、コレなんですか?

以前は幕の内弁当だったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、コンビニのかけそばとおにぎりとは。

炭水化物✖️2で栄養バランス的にもいかがなものか。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 せめてもう一個はファミチキとかサラダとかに

して欲しいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この二つで税込¥515なので、

予算の都合も有ると思いますが、

ほか弁とか牛丼とかの方がいいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とかいってたら、今、休憩室のテレビのコマーシャルで

やよい軒でチキン南蛮定食と味噌カツ煮定食が

税込¥490でキャンペーン実施中ですと(T . T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.12

ラテン系

 新型コロナの飛沫感染を調べていたら、

面白い説を発見しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナの感染者が多いイタリアやスペインなど

ラテン系の国は、言語に巻き舌や破裂音が多く、

相手に押し込む感じで会話をするので

より飛沫が飛びやすく感染しやすいのではないか。

アメリカでもヒスパニック系に感染者が多く、

ブラジルについても同様に説明できる。

というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーーーん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、日本でも関西に感染者が多く、

逆に口をあまり開かないで会話も少ない東北地方に少ないのも

同じような理由である、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、ねえ・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに関西人はラテン系だからなあ・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、影響はあるかもしれないけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 基本的には人口密度の差だと思っていますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカのヒスパニック系の人たちやブラジルの感染爆発を起こした地域は

多くの人が密集して暮らしている地域のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、たしかにヒトとヒトの距離は、

東北より関西の方が近い気はしなくもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 関西人のライフスタイルは、

関東に住むワレワレにとってたしかにかなり異質なものですが、

関西弁が悪い、ということではないでしょう。

一時、茨城で新型コロナウイルスの感染者がいないのは、

納豆を食べてるせいだ、といわれたことがありましたが、

それよりはちょっと信憑性があるかな。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.11

2020年学校検診事情

 学校健診は通常の在校生の健診が

プールの始まる前の4~5月、

来年小学校に上がる就学時健診が

毎年9~10月に行われることになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが今年は4,5月に学校が休校だったため、

9月10月が健診シーズンとなり、

就学時健診と一緒になってしまい、

怒涛の健診ラッシュです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日は梁田小の就学時健診で、

本日は同じく梁田小の在校生の学校健診と2日連続。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなことは今までなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスの影響で今年は

この歳になって初めて経験することが多いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで就学時健診は

保護者の方と子供さんに一緒に検査室に入っていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 保護者の方に、子供さんについて

なにか耳鼻咽喉科的に気になることがないか、

または現在治療中の病気や、

今、風邪をひいているかとか

過去に反復した病気があるか、

耳鼻咽喉科の手術など受けたことがあるかどうかを

尋ねるためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 世の中にはいろいろな考えのある人がいるので、

健診によって新型コロナウイルスが感染する可能性があるから、

子どもを診せない、とか

マスクを外させないお母さんなんかがいたら困るなあ、

とちょっと心配していましたが、

そのようなことはなく無事健診ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、昨日は健診をしたのはエアコンのない部屋。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらはマスクを外せないので、

終わった時は汗びっしょりでした。

ツライ・・・💦

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.10

コロナ禍の中のJリーグを体験

現地観戦は2月16日以来というから7日月近くぶりだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月から再開したJリーグ、最初は無観客試合であったが、

7月12日からは少人数シーズン会員のみ。

7月22日からは5000人限定で一般公開となったが、

なんせ、チケットが取れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水曜日の試合でカードも地味なんでチケット取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入場時に体温はかるのか。

開始間際に駆けこんだのでは体温が上がって入れてもらえないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも利用する民間駐車場。

ここまでガラガラとは・・・・。

駐車場のおじさんもさすがに元気がなかった。

収入激減でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアムに向かう道もサビシイ。

ここも駐車場になってたはずだが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業をあきらめたようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアム前の広場には普段ならグッズや飲食の売店が立ち並び

お祭り広場的な様相を呈するのであるが、

今はナンにもなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口ではアルコール消毒と、サーモカメラによる体温測定。

無事パスできました。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてチケットは入り口で係の人に確認してもらったら

自分でもぎってビニール袋に入れます。

こんなの生まれた初めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアムに入る。

シーンとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてゲートをくぐって中へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽は流れているがスタンドは静まり返っている。

選手入場の時もいっさい声を出してはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手紹介も拍手だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、6万人超収容の埼スタにわずか5000人足らず。

イベント人数制限はスタジアムキャパにかかわらない、というところがちょい謎。

12000人しか入らないスタジアムもJにはあるのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタジアム内でマスクとることは禁じられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなに人いないのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

**************************************************************************************************************

2020年J1第15節

浦和レッズ    2-2     サガン鳥栖  (埼玉スタジアム2002)

  (前半    0-1)

  (後半    2-1)
**************************************************************************************************************

 さてそんな雰囲気の中キックオフ。

いつもと違うのは観客席だけなのに

なぜかピッチが広く感じるのはナゼなんだろう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと前半早々に失点。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半、ボックス内には攻め込むレッズだが、

サガン鳥栖のディフェンスが「密」でなかなかゴールマウスにシュートが打てない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 0-1で後半へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半開始早々に興梠が待望の同点ゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは興梠慎三のリーグ通算150点目の記念ゴールであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 歓声も控えめに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると後半15分に再び失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半の飲水タイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1点ビハインドで後半の飲水タイムを迎えたところは前節と同じ。

前節はこのあと2点取られて惨敗だったが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜は違うぞ。

81分に交代の武藤が鮮やかなミドルを決める。

反対側のゴールなんでよく見えなかったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーロラビジョンで確認。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで2-2。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の入場者数。4398人。

J2かっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後もチャンスをうかがうが、得点を奪えず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局、2-2の引き分けに終わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、追いついての引き分けなんで負けなくて良かったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、非常に独特な雰囲気のゲームであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あんときゃコロナで大変だったねー、と思い返す日が来るのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ