ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.05.01

ヤバいヒト

わが国ではなかなか思うように進んでいない

新型コロナウイルスワクチン接種ですが、

主たる理由はワクチンが現場に届いていないことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがアメリカでは、

ワクチンはあるのに接種を拒否する人の存在による

ワクチン余りが問題になっているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その主体はトランプ前大統領支持者の

アタマの固い保守層だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシは健康だからワクチンは打たない、

ワクチンを打たない自由を認めろ、

という主張だそうですが、困ったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、アメリカ人バカだなーと思ったら、

日本にもスゴイのいました。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この県議は自民党福井県連の重鎮らしいが、

新型コロナウイルス騒動は「闇の権力」が計画した、

新型コロナウイルスワクチンはマイクロチップが入った殺人兵器、

実はバイデン大統領も菅総理も逮捕拘束されていて

今で出るのはゴムマスクあるいはクローンの影武者である、

と各方面で主張しているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤバイですね。

早く、お医者さんに診せないと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシ、天然痘の予防接種として

牛痘をすると、牛になってしまう、という

根も葉もないうわさが蔓延したそうです。

それは科学的知識の欠如からくる迷信でしたが、

このヒトは、もう、精神的にイッちゃっていますね。

たぶん、電波、来てるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、お金をばら撒いて当選するヒトと違って

悪意はないのでしょうが、

その分、かえって手に負えませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、このヒトのホームぺージ等には、

この意見を支持するフォロワー、ユーチューバーが数多くいる、

というのもオドロキです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあユーチューバーというヒトたちは、

視聴者数を上げればお金が入るので、

エキセントリックなテーマを煽れば、

拡散され収入につながり、

事実でなくとも責任を問われることもないので、

あえてやってるヒトもいるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この政治家に投票した支持者の人たちも

さぞかし困ってることでしょうなあ。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.30

ネオウイルス学

 最近買って読んだ本の中で面白かったのがコレ。

今年の3月に出たばかりの本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国内のウイルスの最先端研究者が

自らの専門分野と、今後のウイルス学の展望について語る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 別に新型コロナウイルスの話ではなく、

ヒトとウイルスの関わり、

ヒトの病気を起こさないウイルス、

植物や動物のウイルス、

ウイルスの多様性、研究法などの解説です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルス関連の新書も数多く出ていますが、

なんせ現在進行形で、時々刻々と情勢が変化しているウイルスです。

ということは新書といえども、

出版された時にはすでにその内容は過去のものなので、

その手の本はまったく買っていません。

ネットで論文を検索した方が最新の情報を入手できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その一方で、過去の感染症の記録や、

ウイルス学などの本は、この1年でずいぶん読みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この本は20人の共著なので

一人一人の分量が少なく、つっこんだ話ではありませんが、

その分エッセンスが手軽にわかってオモシロイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはりウイルス学というと、

医者よりも獣医さん関係の方が強い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 各著者の「ウイルス愛」がビンビン伝わってきて、

こういう研究者生活も面白いかもなあ、

と思ってしまう内容です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウイルスというものは誠に不思議なものです。

あんなにシンプルなのに謎に満ち満ちています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスの本ではありませんが、

こういう中にも

新型コロナウイルスへの向き合い方のヒントが

あるかもしれないなあと思いながら読んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.29

ロシア映画アトラクション制圧

 新しいテレビで、何か映画観ようってことで、

このあいだWOWOWで録画した映画を観ました。

2017年の映画。

なんと、ロシア製。

なんでもロシアSF映画史上最高のヒットを記録した映画だそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とはいってもロシア製はあまり信用していないので、

それほど大きな期待はせずに、

大画面でのCG目当てに見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ロシア軍が協力してるらしく、

のっけから本物のSu-27が、ガンガン飛ぶので、

あー、これだけでも見た価値はあったな、と。

カッコイー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 内容は、タイトルやポスターから、

「インディペンデンスデイ」的な宇宙人侵略モノかと思いきや、

さにあらず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どっちかというと「E.T.」とか「未知との遭遇」みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリーや演出はB級以下、

ツッコミどころ多すぎで、

あらためて書く気もしませんが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく出てくる人はエイリアンとこの将軍を除いてみなバカなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ特筆すべき点は、基本的なコンセプトが反戦、博愛にあったことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 周辺諸国に侵攻し、少数民族を武力弾圧する

ほぼ軍事政権的なプーチン政権下で、

このような映画がつくられ、公開、輸出されたという点が

かなりオドロキというか、

ちょっと安心します。

中国ではまず許可が出ないだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ロシア軍、よく協力したもんだ。

いきなりミサイル討っちゃったのがこの惨事のもとなのに。

映画の内容を確認してなかったのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「アトラクション 侵略」というタイトルも

全然本編にマッチしてないのですが、

原題も同じなのかしら、と思いましたが、

ロシア語で全くわかりまっしぇんでした。(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.28

テレビ買いました

 実は新しいテレビを買いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今まで見てた液晶テレビが壊れたわけでは無いのですが、

あー、ゴールデンウィークもどこも行けないので、

家で映画でも見るくらいだなあ、

と考えたら、

そうだ、デカイテレビ買おう、

と思いたちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金曜日にヤマダ電機に行ったら、

もう翌日には配送、設置可能だとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間指定はできないということで、

土曜日は仕事がいつ終わるかわからないので、

日曜日に届けてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 じゃじゃーん、77型です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さっそく何か映画を見よう、ということで、

どうせ見るなら大画面にふさわしいモノにしよう、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というと、コレですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、大画面で見たいものといえば「ゴジラ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このテンポのいい導入部は好きです。

有島一郎さんは、のちに「飛びだせ!青春」の校長先生役でいい味出してましたが、

ワタシ的にはこの多胡部長がベストアクトだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高島忠夫もいいぞ。

藤木悠とのコンビも最高。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして造形的には初代ゴジラと並んで、このキンゴジが、

ワタシの好みです。

モスゴジも良いけど、やはりキンゴジ派だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 対するキングコングは言うなればハリウッドスター。

つまり外国人レスラー対力道山の構図。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆三角形のキングコングとの対比を演出するために

キンゴジは三角形、トカゲ顔が強調されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この史上初の怪獣プロレスは

まさにエンターテインメントゴジラ映画の極致。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 舞台が熱海城、ってのもエンターテインメント感を演出しててイイ感じです。

ご存知ない方のために言っておきますが、

熱海城は天守閣風に作った鉄筋コンクリート造りの娯楽施設で、

歴史上に実在した城郭ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は耳鼻科医であったワタシの祖父は現役を引退したのちは、

祖母と2人で熱海の別荘に住んでいたので、

子供のころは何回か熱海城に遊びに行ったことがあるのです。

この映画とも重なる、熱海が日本のマイアミみたいな存在だった時代です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー買って良かった。

コロナ禍でステイホームな連休は何見ようかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.27

ヘンな新語

一昨日から東京が緊急事態宣言。

大型連休にむけて「人流を止める」必要があると。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人流」(!)

また変な言葉出たな。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、意味は分かりますよ。

「物流」に対しての「人流」なんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、広辞苑にも載ってないみたいだし、

「人の流れ」でよくないですか。

「人出」っていうムカシからある言葉もあるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「黙食」も新語ですね。

これは福岡のカレー屋さんが考案し、

ツイッターで拡散して一気に市民権を得たらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから派生して、一人で食べる「個食」

銭湯などの公衆浴場でおしゃべりしない「黙浴」

なんていう言葉も出来てるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まことに日本語は懐が深い。(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんでもかんでも

新語をつくりゃ良いってもんでもないだろうに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、近くの歩道橋の工事中、

歩道が狭くなるので死角になるところに

このような注意を促す看板がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 対向車に対しての使い方だと思いますが、

「タイコウ者」といえば、「対抗者」の字で

一般にはライバルとか打ち負かしたいと思う相手のことですよね。

でも、このシチュエーションではすんなり意味が通じちゃうんですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうち宴会なんだけど会話してはいけない「黙宴」とか

マスクしたまま飲み会を行う「覆飲」とか

居すわらないで1杯飲んだらすぐ帰る

「移酒屋」なんて言葉もできるかも。

「密」を作ってはいけないので

オリンピックも「非密開催」にすべきですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ