ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.09.04

申請

 以前も繰り返し書いた気がするけど、

事務処理苦手、大キライです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 保健所やら社会保険庁やら、その他良く知らないところから

申請の手続きや、届け出や調査の書類が送られてくるけど、

だいたいほったらかしにして電話で催促される、

ということの繰り返し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、医療機器屋さんから、

先生、コロナの慰労金申請しました?

と尋ねられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、そんな書類あったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チラっと見たけど、

たしか、新型コロナウイルスの治療を行った医療機関に20万円、

で、何かに10万円、その他に5万円支給、って書いてあったような…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウチ、新型コロナ診てない「その他」だし、

春以来、何百万もの減収だっつーに

書類いっぱい書いて5万円ぽっちもらってもしょうがないなあ、

と思い、ほったらかしにしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしたら、センセ、あれは職員ももらえるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えー、そうなの、1医療機関あたりだと思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタッフ全員に5万円ずつくれるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょうどスタッフがまわりでその話を聞いていたので、

手続きをしてなかったワタシの信用は丸ツブレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 じゃあ、申請しましょう。💦

でも、メンドクサそうだから、やってくれる?

と、事務のスタッフに書類を封筒ごと丸投げしちゃいましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開業して一番ツライのはここです。

勤務医のころは、みんな病院事務の人がちゃんとやってくれてよかったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、病院として新型コロナ対策として購入した備品には

100万だか200万だかのお金が出る、という話ですが、

ウチはサーモグラフィーも滅菌ガウンも

フェイスシールドも購入していないので、

せいぜいマスクとアルコールくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マスク、アルコールはコロナにかかわらず購入してるものだし、

これも、書類をいっぱい書かなきゃならないらしいので、

ハナから申請あきらめています。

どうせ、大した金額にはならないないだろうし。

値段、全然知りませんけど。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういうのも、マメに申請する開業医のセンセイもいるんだろうなあ。

ちなみに副院長はワタシよりもさらに事務処理能力がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.03

ユニバーサルマスク

新型コロナウイルス関連の記事を読んでいて

「ユニバーサルマスクが推奨される」という

アメリカCDCの発表がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ユニバーサルマスク」とは、何ぞや、

どこで売ってんの?と思われる方も多いと思いますが、

これはマスクの種類ではなく

「(症状がないヒトも)全員マスクをつける」

ということです。

以下、今回の記事はYahooニュースの

忽那賢志先生の記事を参考にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある研究で、アメリカのヘアサロンで

感染した美容師さん2人が139人のお客さんのヘアカットをしたが、

双方がマスクをしていたために

お客さんからの発症はゼロだった。

美容師さんの家族には発症があったということです。

お客さんのPCR検査等はされていませんので、

感染しなかった、ではなく発症しなかった、ということですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスが無症状のうちから感染力があることは

すでに突き止められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医療現場で医療従事者と患者の双方がマスクをつけることにより

感染率が減少したという報告もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、こんな研究もあります。

ハムスターに新型コロナウイルスを感染させ

マスクの有無で感染率を見た研究です。

これによると感染を防ぐ意味よりも

やはり感染させない意味の方があるようですが、

双方ですることによりさらに効果的であることが推測されます。

ハムスターさんにはお気の毒ですが

ハムスターのマスク姿とくしゃみ、見てみたいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういったデータを見ると、

今までマスクの効果に関してはやや懐疑的だったワタシも、

やはり、もうしばらくマスクはつけた方がイイのかなあ、

という気がしてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むろん実験結果を見ても絶対的な効果があるものではありませんが、

前に書いたように「侵入するウイルス量を減らす」

という意味では、発症、重症化を抑制する力はありそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、「ユニバーサルマスク」は

対人間では推奨されるもののようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は「ユニバーサルマスク」ときいて、

まず思い出したのは、こっちでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「タイガーマスク」に登場する「ユニバーサルマスク」は

虎の穴が雇った悪役レスラーで、

フライングキックなどの空中殺法が武器。

タイガーマスクと金網デスマッチを繰り広げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど、空中殺法≒飛沫感染か・・・・。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.02

2学期最初のイベント

学校現場というのは驚くほど保守的で

ムカシから、ずっと同じことをしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、運動会、スポーツテストや合唱大会、

アサガオの観察などは変える必要もないが、

家庭訪問みたいなヘンな習慣もまだ続いているらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校検診については、ここではコメントを差し控えますが、

ワタシが子供のころにはあったが、

さすがに今はやってないでしょうというイベントが、

かつてはこの時期ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは「クロンボ大会」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、もう名前からしてダメですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休み明けの9月上旬に水泳大会があったのですが、

その中の「番外企画」でこのようなものがあったと記憶しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日焼けコンテスト」というと無難ですが、

やはり「クロンボ大会」の方が小中学生にはしっくりくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、成立しないのは、

まず第一に今は「紫外線は悪」とされているので

小中学生でも日焼けさせないようにする、

という意識や指導があると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつては「日焼け」は健康のシンボルでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫外線を浴びることにより体内でビタミンDが作られ、

カルシウムの取り込みを促進し、

骨を丈夫にします。

かつては母子手帳にも

「子供はなるべく外で遊ばせて日光を浴びさせること」

が書かれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い女性でも「小麦色の肌」は健康的な美の象徴であり、

アグネス・ラムちゃんを代表とする褐色の水着美女は

誰もが魅力的だと思ったものです。

今はなき伝説の美人女優夏目雅子さんも

1977年にデビューしたときの「資生堂クッキーフェイス」では

真っ黒けで、黒人かと見まごうばかりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが1990年代になると

紫外線はシミやシワなどの肌の老化を促進し、

ひいては皮膚がんの要因になるという報告が相次ぎ

途端に状況が一変します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母子手帳から「日光浴」が削除され、

UVカットや、UVケアが化粧品の売りとなり、

「美白」なる新語が新たなる美の基準となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、紫外線は目にも害があることがわかってきました。

角膜炎や、白内障の発生にも関連するということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、「日焼け」は

今や推奨されなくなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、全く別の観点で、

「肌の色による差別」という問題も最近はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが小中学生だった50年前ころにくらべれば

最近は外国にルーツを持つ方が日本で暮らす場合も格段に増え、

黒人系の子供は学年に何人かいて普通です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはそもそも肌の色の黒さを競う意味はないし、

下手をすると差別につながりかねません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カルピスのマークや、タカラのダッコちゃん、

「ちびくろさんぼ」が黒人差別とはワタシは思いませんが、

こういったものが差別的である、ということで消えていったことも事実です。

みんな、好きだったんだけどなー。

(ちびくろさんぼはその後復権されたらしい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近では特にアメリカで黒人に対する警官の暴力が問題になり、

大阪なおみ選手がテニスの大会をボイコットしたり、

F1のワールド・チャンピオン、

アフリカ系イギリス人の父親とイングランド人の母親を持つルイス・ハミルトンは

レーシングスーツの下に

「Black lives matter」のメッセージが入ったシャツを着てアピールをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、「クロンボ大会」今はありえない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは、いわゆる「地黒」であり、

夏休み中はほとんど学校のプールに通っていたので、

いつも「クロンボ大会」ではいいセンいったが、

優勝は逃していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう言えば優勝したヤツは、

水泳はイマイチだったのだが、黒さはピカイチだったので、

みんなに称賛され、素直に嬉しそうだったなあ。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.01

今日から9月

今日から9月。

本来なら、今日から2学期のスタートのわけであるが、

子どもたちはすでに2週間も前から学校が始まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝、散歩コースのアサガオを見ると、

まだ咲いてるのもありますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受粉して、タネができてきているものが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、本来はこの状態で2学期が始まるんだよなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今年は梅雨はざんざか毎日雨ばかり降ってましたが、

子供たちの夏休みが始まる8月になったとたんに

梅雨が明けて極端な猛暑になりました。

そしたら、今日、9月1日になったら急に涼しくなった感じです。

これから少なくとも数日は暑さは遠のくそうです。

極端というか、几帳面というか、メリハリがありますね。

この様子だと、今度はガンガン台風が来るのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.08.31

今期のインフルエンザワクチンについて

 足利市から今年のインフルエンザワクチンに対して

助成金が出ることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 WHOが新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、

シーズン前にインフルエンザワクチンを接種をとくに推奨する、

という発表をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他にも、そういった情報は上がってきており、

この冬、インフルエンザワクチンの接種希望者は

かなり増えるのではないかと見込まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、インフルエンザワクチンの生産量は

今シーズンは7%増の6300人分といわれますが、

果たしてきちんと行きわたるか心配な面があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一番心配なのは、このことによって

インフルエンザワクチンの買い占めを行う医療機関が出やしまいか

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これに乗じて一儲けしようとする不逞な輩が、

出てくる可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それによって毎年行きわたっていた人に

インフルエンザワクチンがまわらない、

という事態が起こるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 または、高齢者や合併症を抱えリスクのある人が、

インフルエンザワクチンを受けられない、

という事態が起こる可能性もあります。

そもそも日本の人口が1億2000万とすれば受けられるのは

ほぼ2人に1人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも6300万人分のワクチンが一時期に出荷されるわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出来れば、混乱を避けるために

2009年の新型インフルエンザの時のように、

政府や自治体が管理して優先順位を定め、

必要性の高いヒトから順番に摂取できるような体制があったほうがいいのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 助成金に対しては、

新型コロナウイルス対策で医療費がひっ迫している状況においては、

普通に患者負担でもいいのではないかと思っています。

自分をを守るための数千円なら払って当然、

と思うのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、みなさん、冷静に。

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ