ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.07.09

ついに、やっぱり、無観客

ついに、というか、やっぱり、というか

オリンピックの無観客開催が決定したようです。

今のところ、首都圏の一都三県に限り、

となっております。

これも「今のところ」は外せない。

全会場、ってなったら札幌のマラソンはどうなるんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと前に文部科学省が

オリンピック開催に際し

国立競技場に1万人収容した場合の

感染率をスーパーコンピューター富岳で

シミュレーションした結果を発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それによると

観客1万人の中に従来株の感染者10人が4時間滞在した場合、

新規感染者が何人生じるかを予測。

競技場の設計通り観客席後方から風が吹く場合、

全員がマスクをして、前後左右に空席を設けると

新規感染者はほぼゼロとなった、

とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんじゃこりゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観客1万人が4時間マスクつけて無言で、

ジュースや水も飲まず、お弁当やスナックも食べず、

売店やトイレにもいかず、

ただじっと座ってた場合ですか。

入場や退場や生き帰りの交通機関や、

その前後の1万人の飲食、会食が全くゼロという設定ですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とか観客を入れて開催したい政府が、

でっちあげた悪あがき的なデータですが、

スーパーコンピューターに失礼だぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンピューターはスーパーでも、

入力するヒトがスーパーおバカでは、

お話になりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、そんなわけで無観客はやむを得ないところでしょうが、

そこまでして開催するオリンピックって・・・・。(~_~メ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、今から楽しみなのが、

オリンピックの公式記録映画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までの例から、すでに誰か大物監督が依頼されており、

通常であれば開幕前から撮影に入っていると思われます。

ということは去年のコロナ前から、

すでにクランクインして撮り始めているはずですが

さぞかし苦労されてることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネタ的にはいっぱいあるはずですが、

「公式映画」となると主催者側に否定的な描き方はできないわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあテーマ的には

「コロナに打ち勝って成し遂げた」

みたいな路線を目指すのでしょうが、

「打ち勝てる」かどうかも今のところ不透明なわけです。

映画のシナリオの「結末」が未定のまま

撮り進めているってことですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 依頼を受けたのは当然コロナ前ですから、

あー、メンドクサイもの引き受けちゃったなー、と

さぞかし後悔しているのではないか。

でも、どちらにせよ過去のオリンピック映画と比較しても、

ひときわ異彩を放つ、

歴史に残る1本にはなることは間違いないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.08

マクラーレンM8A

F1もル・マンもインディ500も、WRCも、

昔からずっと続いているモータースポーツ・イベントであるが、

中には一時的に非常に盛り上がったが、

今は存在しないものもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CAN-AMシリーズと聞いても、今の若い人は分からないかと思うが、

1960年代絶大な人気を誇ったモーターレースであった。

正式にはカナディアン‐アメリカン・チャレンジカップ、といい

日本でも「カンナム」の通称で通っていました。

この間作った「シャパラル2E」が戦ったレースイベントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2シーター、オープンカーのレースで、1966年から1974年までが第一期、

第二期は1977年から1986年まで開催されたようですが、

もっとも人気のあった1967年から1971年あたりが、

ワタシの小学生時代レーシングカー大好きだった時代と同じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時代、カンナムを席巻していたのが、マクラーレン。

F1コンストラクタ―のマクラーレンですが、

もともとはブルース・マクラーレンという

ニュージーランド人ドライバーが始めたレーシングチームでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、今回のタミヤ1/18マクラーレンM8A。

作ったのは去年です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年に再版されましたが、もともとは1970年発売のこのキット。

発売時は1000円。

当時小学5年生だったワタシは、1/32や1/24の

100円から500円くらいまでのプラモデルを作っていたので、

この1/18チャレンジャーシリーズは敷居が高く、

手を出せませんでした。

当時はみなモーター内蔵で走らせて楽しむプラモデルでしたので、

電池を入れる場所やスイッチ類もモールドされていますが、

これらのギミックは再版ではすべてオミットされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時の自分にとっては、とても完成できないような複雑なキットだったのですが、

今、この歳になってみると、こんなスカスカだったのか、という感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マクラーレンのチームカラーはパパイヤオレンジ。

ワタシにとって「マクラーレン」といえば、ずっと、こちらでした。

その後、1988年からのマクラーレン・ホンダの時代になって、

やっと赤白マルボロカラーのイメージになるのですが・・・。

ということで、オレンジを塗ってみますが・・・・・

うーん、なんか頭にあるイメージと違うなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、イエローを増量して再調整。

うーん、こんなもんかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するにパパイヤオレンジは、オレンジではなく、むしろ黄色であった。

黄色といっても総武線の黄色ではなく、銀座線の黄色ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくして、完成。

素組みというのもあるが、なんだかやたらあっさり完成してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チーム・オーナーのブルース・マクラーレンが、自らハンドルを握っていました。

ニュージーランド出身の彼にちなんでチームのシンボルマークは「キウイ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとはモーターで走るキットなので、無人車が走ってはおかしいというわけで

ドライバーの人形が付属しています。

つまり、このヒトがブルース・マクラーレンさんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「呼んだー?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

首は真鍮線を入れているのでクルクル回ります。

わき見運転は、イケマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期、オープン2シーターのカンナムスタイルは日本でもブームで、

1968年の第5回日本グランプリではニッサンR381とトヨタ7という

ワークスのオープン2シーターマシンがエントリーされた。

優勝したニッサンR381は、

当初は屋根のあるスポーツプロトタイプでプレスリリースされたが、

本番ではオープン2シーター仕様になっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、このブルース・マクラーレン氏は1970年テスト中の事故で帰らぬ人となる。

わき見運転が原因ではないはずだが、

この時代、レーシング・ドライバーの事故死は非常に多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本でも同じようなオープン2シーターである

トヨタ7のテストをしていた福沢幸男、河合稔の2名が相次いで事故死。

1969年に亡くなった福沢幸男氏の恋人は小川知子さん、

1970年に亡くなった河合稔氏の奥様は半年前に結婚したばかりの

「オー!モーレツ」の丸善石油のCMで有名だった小川ローザさんだった。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.07

唾石症

人体に「石」ができる、となると

泌尿器科系の「腎結石」、「尿管結石」、

あるいは胆のうの「胆石」が有名ですが、

どっこい耳鼻咽喉科にも「石」のできる病気があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは「唾石」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唾液を分泌する大唾液腺には

耳下腺、顎下腺、舌下腺とありますが、

とくに顎下腺にはときに腺内、あるいは唾液腺管内に

「石」ができることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状としては唾液腺管が詰まって

唾液が流れにくくなるので、

左右どちらかの顎の下の部分が、

とくに食事のときに腫れて痛い、

ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事のときに唾液の分泌量が増えて

渋滞するためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唾液がうまく流れないため、

口腔内からバイキンが入って感染を起こすこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石が自然に出ることもありますが、

摘出術が必要な場合は多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出口付近にあれば口から摘出可能ですが、

顎下腺内にある場合は、外切開で顎下腺ごと取る、

ということもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大唾液腺は左右3対ありますので、

1個2個とっても唾液が足りなくなることはありません。

3個まで取っても大丈夫、と効いたことがありますが

3個取ったことは無いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間も、そんな患者さんが見えまして、

若い男性でしたが、

感染もあったので抗生剤を出して

また来てもらうことにし、

開口部をちょっと広げて自然排出も期待しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌週、顎の下の腫れはなくなったが、

見てみると、まだ石あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開口部に近かったので、

ちょっと外来混んでましたが、

取るしかねえか。

何とか、口腔から取ることができました。

土曜日の午前中に来るなよー、と内心思いましたが、

患者さんの事情もあるのでまあ、仕方がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな奴。

長径2,3ミリといったところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥さんが看護師さんで、どんなのが出るか期待してた、

とのことなので、お土産にしてお持ち帰りいただきました。

オシッコから出た石だと持ち帰る人はあまりないかと思いますが、

家で奥さんと盛り上がったことでしょう。

身体の中で石ができるなんて真珠貝みたいですが、

この石は脆いので指輪やペンダントには向きません。(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

砂粒のような、小さな唾石も多い中、

今回の方はやや大きめですが、

かつてはこんなデカいのもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よくこんなになるまで育てたものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の患者さんに見せたら

「負けた」と言ってました。

いや、勝ち負けじゃねーから。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.06

医者のブログ

この間、Bスポット療法について書いた当ブログに

耳鼻咽喉科のお医者さんからコメントをいただきましたが、

このブログはいったいどれくらいの人が読んでて、

その中にお医者さんはどれくらいいて、

さらにそのなかに耳鼻咽喉科のセンセイが

どれくらいいるんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時々コメントいただく耳鼻咽喉科医のセンセイもいますが、

ホントのところあとはウチの妻くらいしかわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お医者さんのブログも時々検索して見ていますが、

大体は開業直後に集患の目的で始めるが、

そのうち(おそらく患者さんが増えて経営が軌道に乗ってくると)

立ち消えになっちゃってるブログが結構多い印象。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログを続けてるセンセイも、

インフルエンザワクチン始めました、とか

花粉症のシーズンなのでクスリを取りに来ましょう、

といった営業目的のブログがほとんどで、

それもたまにしか更新されないから

面白くないったらありゃしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と薬剤師さんや歯科医のセンセイの方が

趣味や旅行記を交えたブログを書いていて

面白かったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当ブログをお読みの方で、

これは面白い、

「ロックな耳鼻科」よりこっちの方が面白いぞ、

というお医者さんのブログをご存知の方がいましたら、

参考にしたいので

ぜひとも教えていただきたく存じます。

 

 

 

 

 

2件のコメント
2021.07.05

熱海の思い出

 梅雨末期の集中豪雨は

毎年日本のどこかに災害をもたらしますが、

今回は、熱海、伊豆山でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 災害にあわれ、お亡くなりになった方には

心よりご冥福申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は熱海の伊豆山には何回も行ったことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前も書いたことがありましたが

ワタシの祖父、祖母が伊豆山の別宅に住んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻咽喉科医だった祖父は、

当時大学病院の助教授だった父を呼び寄せて医院を継がせ、

自分は熱海に、おそらく貸別荘みたいなものであったと思いますが、

移り住んで引退後は祖母とそこで二人暮らしをしていました。

まだ、ワタシが生まれる前からの話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、ワタシはお正月や夏休みはよくその熱海の家で

何泊も泊まって遊んだ記憶があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、高齢のため二人暮らしが心もとなくなり、

熱海の家を引き払って足利に戻ってきましたが、

たぶん1年ほどでまず祖母が、その2か月後に祖父が亡くなり、

その時ワタシは小学校1年生か2年生だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、熱海の記憶はあいまいなのですが、

いくつかは鮮明に覚えていることもあり、

家の周りの急峻な坂道や、

高台にあった家の窓から

海や初島が臨めた景色は今でも目に浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 熱海は山から海までが近いので、

今回の土石流はおそらく

かなりのスピードだったことがイメージできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 祖父の記憶は漠然としかないのですが、

たぶん厳しい人だったというイメージがあります。

今にして思うと、

海軍軍医で自分は東郷大将と同じ墓地に入りたいといい、

東京の多摩墓地を購入したほどの厳格な軍人気質の祖父が、

キッパリ引退して当時の高級リゾート地だった熱海に住む、

というのは何となくしっくりこない印象もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明治生まれの人というのは

大正生まれや昭和初期の人と違って

むしろそういった先取のライフスタイルに

柔軟だったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ