ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.04.21

マスク学園

 学校検診のシーズンが始まりました。

昨日は小学校の検診でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前と違うのは学校現場や親からの「マスク指導」が

よほど徹底されたと見え、

子供たちがマスクを取りたがらないことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マスクを取らないことには耳鼻科の健診などできませんから、

次の順番の子供はあらかじめマスクを取って

待ってもらうようにしているのですが、

耳から外したそのマスクを手で口に当てて待ってる子が結構いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小学生ですから自分の考えというより親や教師からの指導で、

うかつにマスクを外さないような習慣が叩き込まれているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前花粉症の時は親からマスクをしなさいといわれても

ほとんどの小学生は鼻出しマスクかあごマスクだったことも思えば、

花粉症の子に対しては親も真剣にマスク指導をしていなかったんだな、

ということが改めてわかります。(~_~メ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても今や学校生活を通じ全員が

ずっと一日中マスクをしているという状況になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新入生は初めて会うクラスメートの素顔を知らずに

ずっと学校生活を送っていくわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、小学校に限らず、中学、高校、大学でも同じこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは高校は男子校でしたが、

中学や、予備校、とくに大学では

新入生の中でどの子が可愛いか、ということが

ワタシの周りでは常に最大の関心事でした。

今もおそらくかなりの割合で男子の興味はソコだと思いますが、

この状況ではなかなかムズカシイ。

女子もそうなのかもしれませんが、

ワタシは女の子の事情は分かりませんので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの娘が可愛いと思うんだけど、

何とかマスクを取った素顔を見たいものだ、

という思いは、今や日本全国の男子新入生の願いだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、妄想が膨らむとマスクに覆われた部分を

自分好みの理想的な形に想像してしまう、

ということがあるでしょうから、

なんかのきっかけで望みがかなったときに

大きな落胆に見舞われる若者も、

また数多くいるんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 青春だなあ。

 

 

 参考「マスク美人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.20

新型コロナワクチン2回目接種の翌々日と副反応について

 けっきょくカロナールは朝1回飲んだだけで、

その後は徐々に全身倦怠感も改善したので、

夜までにはほぼ回復しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一応、夜のスイミングは見合わせましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 熱がいつ下がったかについては、

その後、自宅の体温計が電池切れになったので不明ですが、

印象としては夜までには平熱になった感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今朝からは、もう全然平気みたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4月中旬から全国で高齢者に向けたワクチン接種が始まってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医療従事者向けのワクチンは地元医師会が、

高齢者向けのワクチンは地方自治体が管轄してるらしく、

地域によってはワクチン未接種の医者が

高齢者のワクチン接種に駆り出される、

という事態も発生してるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幸い足利市は市と医師会の連係がスムーズにいってるみたいで

今のところ大きな混乱はないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高齢者のワクチンは集団接種と個別接種の地域に分かれるようですが、

足利市は集団接種になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には集団接種の方が断然良いのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチンの管理や接種後の一定時間の経過観察も

個人のクリニックではムズカシイ。

キャンセルが出てワクチンが余った場合も

集団接書の方がロスが少なそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだまだ、未知のワクチンであり、

マスコミによるワクチンの副反応、

アナフィラキシーなどにつき

不安を煽る報道も目につきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に一過性とはいえ全身的な副反応が

けっこう高率で起こるワクチンなので、

その原理などについても理解されていない一般の高齢者の場合、

さまざまな不安の訴えやクレームが起こることも

じゅうぶん想定されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチンを接種しておこる発熱、全身症状に対し、

おー、これは、あのテレビで言ってたアレじゃねーのか、

ということで、イキナリ

「昨日コロナ打ってもらったんだけど、

今日なったら身体がシンドくってさ、ネツもあるんで

どうもあのテレビで言ってた

デモクラシーショックってのが出たみてえなんさ。」

なんちゅう電話をかけてくるヒトが絶対いるって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この際、集団接種で日曜日だろうとゴールデンウィークだろうと

どこでも注射に赴きますんで、

そういった電話対応だけは保健所の人にお任せしたい。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.19

コロナワクチン2回目の翌日

新型コロナウイルスワクチン2回目を接種して

1回目の経験からいつ腕が痛くなるだろう、

とたびたび腕を上にあげてみてましたが、

昨日のうちはちょっと痛いけれど

腕が上がらないということはありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしていつも通り就寝。

ちょっと寒いけど外でビュービュー風が吹いてるせいだろう

くらいに思ってたのですが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜中に熱が出たようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体中が痛く、何回も目が覚めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかヘンテコな同じ夢を延々と見ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんが次々にハナが詰まるんです、

と来院するのですが、

診ると全然詰まっていなくて、

大丈夫です、心配ないですと繰り返し説明する夢。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうもそのたびに半分寝ながら腕を伸ばして

ノビをしていたような記憶があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく頭の中で、

寝てる間にワクチンの副反応が出るかもしれない、

腕が上がらなくなったら要注意だ、

というような思い込みがあって、

半覚醒のたびにノビをして、この寝苦しさは副反応ではない、

と無意識に確かめていたのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく朝が来て、身体は痛いが腕は上がるぞ、

ということで寝不足で身体が痛いのかなあと思ってましたが、

念のため熱を測ったらなんと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訊けばスタッフも発熱や下痢などあり、

一番若い20代のマイちゃんはお休みします、と電話があった。

2回目の接種後の副反応は筋肉痛ではなく、

発熱や全身倦怠感が主体のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体はしんどいけど、これはmRNAが翻訳され

筋細胞内でスパイクタンパクが生成され、

それに活性化した免疫細胞が攻撃を加えているんだな、

と思うと、何となく頼もしくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 熱はあるけど人にうつすものではないし、

時間が経てばおさまるもの、という安心感はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずカロナールを飲んで仕事。

そして、昼休みは足利PCRセンターで出張検査。

キッツいなー。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2021.04.18

新型コロナウイルスワクチン2回目

 新型コロナウイルスのPCR検査は、

診察室内では検体採取時に飛沫が飛ぶ可能性があるので

当院では、駐車場で待機いただき、

クルマに乗ったまま窓だけ開けて検体を採取します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これもクルマ社会である田舎の利点といえ、

都会のビル診の先生方はさぞかし苦労されてるところだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院は屋根付き駐車場のところにとめてもらえば、

そのまま濡れないでクルマまで行けるのも便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 白衣の上に使い捨てガウンを着て

マスクとフェイスシールドでクルマまで行くわけですが、

冬場は寒くて寒くてタイヘンでしたが、

最近はずいぶん暖かくなって快適だ、と感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、夏になったら長袖のガウン、マスク、フェイスシールドは

今度は暑くてたまらんだろうなあ。

最近この辺は減ってるけど大阪、神戸では第4波だというが、

いったいいつまで続くんでしょうと思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、ついに本日2回目のワクチン接種を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回の接種からちょうど3週間。

2回目なので接種までの流れはさらにスムーズでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして15分間待機。

タイマーかけて本読んで待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても「会話は控えてください」って出てるのに

この待機所はおしゃべりしてる人がやたらいます。

中には後ろを振り返ったり、

離しておいてある椅子をわざわざ引き寄せて会話する人もいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあお互いいつも一緒に働いてている人同士だから、

お互いの感染のリスクはまず無いとは思いますが、

マナーとしてもどうなのかなと思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて1回目よりも2回目は副反応が格段に多い

というウワサの新型コロナウイルスワクチン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 発熱、全身倦怠感などはかなりの割合で出るみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、ワタシは明日、明後日の両日、

医師会の新型コロナウイルスPCR当番にあたっており、

月曜日、火曜日とも昼休みなしでぶっ通し仕事予定。

まだ、免疫も完全にはついてないし。

この辺、まったく配慮されてまへんなあ。(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.17

ウイルスの命名

新型コロナウイルスは正式には「SARS-Ⅽov2」と呼ばれます。

これは2003年に

「SARS:Severe acute respiratory syndrome」(重症急性呼吸器症候群)

を起こしたコロナウイルス(Ⅽov)の類縁と考えられるので、

その2番目で2がついています。

新型コロナウイルス感染症は同じくCOVID-19。

これはコロナⅭorona(ⅭО)ウイルスⅤirus(VI)による病気Ⅾisease(Ⅾ)で

2019年に発見された、という意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでこんなメンドクサイ名前になったかというと

WHОが2015年に制定した

ヒト新興感染症に対するルールに基づきます。

それは貿易・旅行・観光・動物愛護に及ぼす無用の悪影響を極力防ぎ、

あらゆる文化・社会・国家・地域・職業集団・民族集団の

感情を害さないようにするために

特定の地名、人名、動物名、食品名、文化・集団・職業名、

および不当な恐怖をかきたてる用語は

新規の病原体、疾患名に使用しない、というものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の例を挙げれば

・ 地名:中東呼吸器症候群(MERS),、スペイン風邪、ウエストナイル熱、エボラ出血熱
・ 人名:クロイツフェルト・ヤコブ病、シャーガス病
・ 動物や食品の種名・種類名:鳥インフルエンザ、野兎病、ベネズエラ馬脳炎、サル痘
・ 文化・集団・業界・職業的言辞:レジオネラ症

などは、今の基準ではアウトです。

ただし、過去の病名は原則、変えないみたいです。

あー、在郷軍人病も、そうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近年はウイルスが発見された土地の名前が

つけられるのが習わしで、

エボラウイルス、マールブルグウイルス、

ウエストナイルウイルス、ジカウイルス・・・

怖いウイルスもみんな地名です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、今回の新型コロナウイルスも、

武漢ウイルス、武漢呼吸器症候群などと呼ばれて当然だったのですが、

先のような理由でこの名称は公式には用いられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今でも、右寄りのヒトはネットでも

あえて武漢ウイルス、武漢肺炎などと呼んでいますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年に制定されたルールなので、

2012年のMERSには「中東」と地名が入ってるのですが、

2003年のSARSは中国広東省が起源でしたが、

「広東ウイルス」や「中国呼吸器症候群」とならなかったというのは、

やはり一部の人が言ってるように

WHOは中国に忖度してるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつてスペイン風邪はパンデミックを引き起こしましたが、

この病気の起源はスペインではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に起こったのはアメリカ合衆国、

それもアメリカ陸軍内といわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時アメリカは第1次世界大戦に参戦したところであり、

これによってヨーロッパにこの新型インフルエンザがもたらされ

大流行に至ったとされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時はヨーロッパ中が戦争中であったため、

感染の状況は情報の検閲により外部に出ることはありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、スペインは当時中立国として

戦争に参加していないため、報道の規制が無く、

スペイン国での感染者の増大が世界中に発信され、

スペイン風邪の名前で呼ばれることになってしまったのです。

なんということだ。

本当はアメリカ風邪なのに、とんだ濡れ衣です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15世紀の新興感染症である梅毒は

コロンブスのアメリカ大陸発見によって

ヨーロッパにもたらされた病気ですが、

病気が広まったのはやはり戦争でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時コロンブス隊の水夫が帰国後、

フランス軍に参加し、ナポリ攻略戦に参加したそうです。

ここでフランス軍にこの病気が広まり、

フランス軍はこの病気を「ナポリ病」と呼び、

ナポリの人々は「フランス病」と呼んだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また梅毒がヨーロッパ中に広まったとき、

ポーランドの人はこれを「ロシア病」

ロシア人は「ポーランド病」と呼び、

イスラム教徒であるトルコ人は「キリスト病」と呼んだらしい。

なんか、わかるわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペイン風邪は、もはや時効なのかとも思いますが、

アメリカにもロッキー山紅斑熱というのがあります。

わが国も日本脳炎というのがありますねー。

診たことは無いけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はセンダイウイルス、トーキョーウイルス

というのも存在するのですが、

これはヒトに深刻な病気を起こすウイルスではなく、

むしろ発見地、発見者の誇りを持って名づけられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の新型コロナウイルスも

流行が落ち着いて脅威で無くなったら、

やっぱ武漢ウイルスでもいいんじゃないかなあ、

いつまでも新型じゃないんだし、

そのほうが断然分かりやすい。

とは、思いますが、今の中国が相当にヤバい国になっちまってるので

ちょっとムリかな。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ