ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.08.31

今期のインフルエンザワクチンについて

 足利市から今年のインフルエンザワクチンに対して

助成金が出ることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 WHOが新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、

シーズン前にインフルエンザワクチンを接種をとくに推奨する、

という発表をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他にも、そういった情報は上がってきており、

この冬、インフルエンザワクチンの接種希望者は

かなり増えるのではないかと見込まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、インフルエンザワクチンの生産量は

今シーズンは7%増の6300人分といわれますが、

果たしてきちんと行きわたるか心配な面があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一番心配なのは、このことによって

インフルエンザワクチンの買い占めを行う医療機関が出やしまいか

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これに乗じて一儲けしようとする不逞な輩が、

出てくる可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それによって毎年行きわたっていた人に

インフルエンザワクチンがまわらない、

という事態が起こるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 または、高齢者や合併症を抱えリスクのある人が、

インフルエンザワクチンを受けられない、

という事態が起こる可能性もあります。

そもそも日本の人口が1億2000万とすれば受けられるのは

ほぼ2人に1人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも6300万人分のワクチンが一時期に出荷されるわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出来れば、混乱を避けるために

2009年の新型インフルエンザの時のように、

政府や自治体が管理して優先順位を定め、

必要性の高いヒトから順番に摂取できるような体制があったほうがいいのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 助成金に対しては、

新型コロナウイルス対策で医療費がひっ迫している状況においては、

普通に患者負担でもいいのではないかと思っています。

自分をを守るための数千円なら払って当然、

と思うのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、みなさん、冷静に。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.08.30

コロナの夏のトウモロコシ

夏休み、最後の夏の味覚。

今年も高速とばしてここまで来ました。

50分くらいかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、夏はこれを食べなければ。

今年も1本330円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、コロナ対策で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、ここは、もとより、すべてテイクアウト。

しかも屋外。

待つ人もソーシャルディスタンス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、焼くヒトは暑くてマスクつけてたら熱中症になっちゃうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓も締め切り。

この窓ガラスもかなり熱せられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11時過ぎについて番号札は15番。

すぐに3番の人が呼ばれてたから、すでに2巡目以上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 20分程度で、呼ばれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナ対策で、お皿ではなく、新聞紙とビニール袋になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これこれ。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これこれ。(^O^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 くー、たまんねーな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 焼きたてをここでいただくのがポイント。

美味しさが違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食べ方はワタシは相変わらずタイプライター式。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻はローリング式です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナであってもトウモロコシは実る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年も、また来年も。

 

 

コメントはまだありません
2020.08.29

ウイルスと抗体

ワクチンと抗体のお話の続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで「免疫がある」ということについて

考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

免疫には「自然免疫」と「獲得免疫」がある、

という話をしましたが、

「おたふくの免疫がある」などと言うときは

感染、あるいは予防接種による獲得免疫のことを指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり体の中に「おたふくかぜ」のウイルスに対する抗体があるので、

ウイルスが侵入しても、増殖する前にすぐにその抗体により処理されてしまい、

発症しない、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう、インフルエンザのワクチンを打っても、

インフルエンザにかかってしまう場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはなぜでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは3つのパターンが考えられます。

すなわち

①ワクチンを打ったが十分な免疫応答がなく抗体価の上昇が少なかった。

②抗体価は上がったが、それを上回るウイルスが侵入した。

③ワクチンとウイルスの型が違っていた

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③のパターンはともかくとして

①と②は本質的には同じことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらも侵入したウイルスの量が、

準備してあった抗体量を上回った、ということだからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮に十分な量の抗体を持っていたとしても、

それを上まわる量のウイルスが侵入すれば防げない、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、ここで強調したいことは、

免疫は(-)か(+)か、ゼロか1かではなく、

その間のいろいろなレベルがある、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザワクチンは

インフルエンザにかからないためのワクチンではなく、

インフルエンザにかかりにくくしたり、

かかっても症状の重症化を押さえたりするワクチンです、

と毎年説明しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、ある冬、インフルエンザの流行期、

毎日のようにマスクなしで数多くのインフルエンザ患者さんの

診察をしていましたが、

ワタシがインフルエンザにかかることは全くありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、ある土曜日、当時小学生の娘が発熱。

迅速検査でインフルエンザ陰性だったので、

まあ、風邪じゃない、ということで様子見てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが月曜日になっても解熱しないため、

改めて検査したらインフルエンザ陽性。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その翌日の火曜日、ワタシは発熱。

娘と土日ほぼずっと一緒の部屋で過ごしたため、

おそらくウイルス量がワタシの保有する免疫の許容量を上回ったため、

普段はかからないインフルエンザにかかってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、免疫とはそういうものなので、

新型コロナウイルスは抗体がつきにくいウイルスのようですがら

かりにワクチンを打っても、

ウイルスを大量に浴びないような

注意、自粛は続ける必要があるでしょうね、残念ながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.08.28

真夏の健診

 先日の木曜日は小学校の耳鼻科健診でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本来ならば4~5月に行う学校健診ですが、

このたびの新型コロナウイルスにより、

この時期にすることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 8月の学校健診なんて、ナント恐ろしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供たち、特に男子はほぼ皆、汗みずくです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、春に比べてこの時期は、

花粉症などのアレルギー性鼻炎の影響がなく、

風邪ひきもほとんどいない

いたとしても、

風邪症状のある子どもはそもそも今は登校できないので、

異常所見のある子は少なく、ラクはラクです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例年、学校健診が4~5月にあるのは

プールの授業が始まるまでに終了すること、

という文科省のお達しがあるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年はプールの授業もないので、

耳垢が結構たまっていても、まあ、いいかな、

と、見逃してやるぜ的なパターンも多く、

ほとんどの子が「異常なし」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 8月27日の健診を皮切りに、

このあと、9月は10回以上の健診が立て込んでますが、

個人的には、今年は健診なしになるのでは、

と期待してたんですが。

プールもなければ、あえてやらなくてもいいよねー、

とは思いますが、

まあ、お上の命令なんで仕方がないっす。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.08.27

新型コロナウイルスワクチンについて

新型コロナウイルスに対するワクチンは、

世界中の多くの製薬会社で開発が続いており、

完成間近ではないか、という期待もあるが、

実際にはなかなか難しいような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未知の部分の多い新型コロナウイルスですが、

今までに報告された中に

一度かかったのに、再感染したとか、

PCR検査で陽性だったのに、抗体が確認されなかったとか、

という例がみられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロンドンで新型コロナウイルスの患者さんの抗体を測定したところ、

検出可能なレベルの抗体がない症例が2~8.5%いた、

という論文が出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、どういうことか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我々の体を守る免疫システムは、2重3重の防御網を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体に侵入した病原体は、まずNK(ナチュラルキラー)細胞などの

「非特異的」免疫システムにより攻撃されます。

これを「自然免疫」といいます。

その後、次の段階として

敵の「旗じるし」を認知したうえで

それに対する「特異的」な抗体という物質が作られ、

さらにウイルスを攻撃します。

これを「獲得免疫」といいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「抗体」は細胞に記憶されたデータにより、

その後も作り続けられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクチンの仕組みは、病原体の「しるし」を

体に覚えさせて、あらかじめ体に抗体を産生させ、

それによって次にウイルスが来たときに

最初から抗体も使って攻撃しよう、というものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、この論文の

感染は確認されたが、抗体が検出されなかった、

というヒトは、

抗体の出番の前の自然免疫の段階でウイルスが撃退されてしまった、

と考えることができます。

もちろん、抗体生産が準備された可能性はあるが、

それが大量生産ラインにのる前に

戦争が終わってしまった、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、同じコロナウイルスグループの

従来型の風邪のコロナウイルスは一時的な免疫しかできずに

繰り返しかかることがわかっていますし、

ワクチンもありません。

新型コロナウイルスにより近い

SARSやMERSのワクチン開発もいまだ成功していないのが現状です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とすると、このコロナグループは

抗体ができにくくワクチン開発が難しい、のではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少なくともポリオや天然痘のように

絶対大丈夫なワクチンはできないだろうと思います。

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ