ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.09.08

潜伏期間

そんなわけで,日曜日はライブで楽しかったわけですが、

気になるところは、会場でコロナをもらってないかどうか、

ということでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むろん、演奏中以外はマスクをしていましたし、

出演者、スタッフ、お客さんに風邪症状の方はいなかったのですが、

新型コロナはマスクをしていてもうつるし、

無症状の人からもうつる、

ということはわかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の人との会話も控えめにして、

同じ場所に長くいないように心がけていましたが、

半日、いろんな人とのやり取りがあれば、

運悪くウイルスをもらう可能性はあるわけです。

なんせ、岸田総理も罹っちゃったんだからなあ。

(感染経路はナイショみたいだけど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常診療で、コロナの患者さんを毎日何人も診察していますが、

そのつもりで対策をしていれば、

診察中に感染することは、まずありません。

当院で新型コロナの診断をした何百人という患者さんと

相対してきましたが、

ワタシもスタッフも感染はしていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてワタシ自身は今まで、

家族以外の複数のヒトと会話をする、ということは

ほぼありませんでした。

だから、普段はこのような心配はしませんが、

今回は可能性が無いとは言い切れないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 家族内感染を除いて、

コロナは、一般に症状のない知人との会話から感染するのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨今の流行状況を鑑みると、

たとえば群馬県の人口200万人中1日あたりの陽性者数が1500人前後なので

県民の0.075%にあたります。

発症の1日前から感染力があるので、

会った人が20人くらいだが、濃厚接触したかもという相手は

バンドメンバーの4人のほか、2,3人。

多めに見積もって10人として10×0.075=0.75

つまり0.75人くらいは無症状で感染力があるかもしれない。

そして、濃厚接触者の感染の可能性は統計上5%とされているので

最大で0.75×5=3.75パーセントくらいは

感染の可能性があるんではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 降水確率5パーセント以下なら、ふつうは傘はもっていかないし、

合格率3.75パーセントなら志望校は変更すべきだが、

コロナとなると、まず無いとは思っても油断はできず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今のオミクロンは、ノドのイガイガ~ノドの痛みで始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナの感染から発症までの期間は、

現在は2日目が中央値で前後1日が要注意。

月曜日、火曜日、水曜日は、ことあるごとにノドに神経を集中して、

痛みの兆候がないか神経質にチェックしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状のある人はいなかったが、

コロナは発症の前日から感染力があるため、

もし、参加者にコロナの人がいたとすれば月曜日に何らかの連絡があるはず。

連絡があればうつっている可能性があるということ。

だが、月曜日の連絡はなし。

これでかなり危険はなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、常に心のどこかに

「いつ出るか」という不安を抱え生活する、

というのは、なかなかイヤなものです。

何となく、映画「エイリアン」を思い出したりして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 丸々3日が経過し、無症状であるところを見ると、

どうも、コロナの感染はなかったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、不顕性感染を考えればきりがありませんが。

厄介な病気だなあ。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.09.07

ピカチュウありきのポケモンラーメン

恒例(?)ですので、ポケモンラーメンも

パッケージを開封し、内容確認。

ウルトラマンシリーズと同じく、

ラーメンの種類ごとに3パターンのポケモンが展開されてることは

ネットで確認済み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5袋パックを開封すると

ピカチュウ3袋、ほか1袋ずつという構成であった。まあ、ポケモン全然知らないので。

ウルトラシリーズは2,2,1という構成であったのでちょっと違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思うに、子供が食べるばあい、

ピカチュウを食べた異,と言う子が多く、

きょうだい間で取り合いになるだろうから、

ピカチュウの割合を増やした、と考えられます。

改めて、調べてみると、どの種類にもピカチュウが入っています。

なるほどー、きょうだいゲンカを未然に防ぐ配慮であったか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、とりあえず食べてみます。

もはやラーメンブログと化している。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 要は、この間のスープカレーラーメンと同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カレーとしては、かなり甘口です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ガラムマサラを少しふりかけ

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果イイ感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ,カレー味にハズレ無し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.09.06

「小倉あん」デビューライブ

告知通り、9月4日は前橋ダイバー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新人バンド「小倉あん」の出番はショッパナ4時。

メンバーは

小倉アイスオグラ:V&G、桜餅あんじー:V、あずきミルクRYO:Key&Ch.

大判焼TatuNEEぼた餅;B、いちご大福のりぴ~:Ds.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープニングはモット・ザ・フープルの「ロックンロール黄金時代」。

小倉アイスオグラことワタシのシャツは小倉アイスがモチーフ(?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、桜餅あんじ~の衣装は桜餅!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サウンドの要は、あずきミルクRYOちゃんのキーボード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベースのタツニイは、お腹ががぼた餅?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラムスののりぴ~は、いちご大福シャツでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろやらかしましたが、まあ、ともかく楽しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんのウケもサイコーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ライブ終わってホッと一息。

このサイズ感の違い。

マトリョーシカか、という意見もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次回ライブは11月にもう一回予定が入っています。

お見逃した方は、是非どうぞ。

 

 

コメントはまだありません
2022.09.05

サッポロ一番ポケモンシリーズ

 実にアブナイところであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼のサンヨー食品が「ウルトラマンキャンペーン」のあと、

「ポケモン」で同じようなキャンペーンを打ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポケモンには全く興味はないが、

ラーメンパッケージコレクターとすれば、

もし、こちらが先に出ていたら、全種買い揃えたかもしれず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、そのあとウルトラマンシリーズであったら、

これはもう買い占めるしかないので、

恐怖のラーメン地獄にハマるところであった。

発売の順番が逆でなくて良かったと、ぞっとするところであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 仮面ライダ―カード欲しさに、

仮面ライダースナックを買った子供たちが

カードだけとって仮面ライダースナック(不味かった)を捨てた、

という現象が一時社会問題化したが、

食品ロスが問題となっている現在、

大の大人が袋だけ集めて中身を破棄する、

というわけには当然行かないないので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、ちょっと集めたい気もあり、

よくよく見ると、ウルトラマンシリーズではなかった

「サッポロ一番カレーラーメン」がラインナップされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、つい・・・・

まあ、カレーラーメンなら目先が変わっていいかな、

と5個パック。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、このあとサッポロ一番ゴジラシリーズとか、

くれぐれも発表されませんように・・・・

(出前一丁ゴジラシリーズなら、迷わず絶対買います。)

 

 

 

 

 

2件のコメント
2022.09.04

塩とんこつで1クール完了

 さて、残った最後のパッケージはサッポロ一番塩とんこつらーめん。

これはウルトラマンA(エース)ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1972年放映のこの番組も見てませんが、

再放送を何回か見たことがあり。

ウルトラマンAは北斗隊員と南隊員が空中で合体して変身するという、

独特の設定でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 敵は「ヤプール」という異次元人で、

ヤプールが地球に次々に送り込んでくる超獣と

ウルトラマンAが戦うという設定であった。

超獣は、それまでの怪獣より別格に強いので

怪獣と呼ばず超獣ということになっていたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中身の内訳は「バキシム」2袋「ルナチクス」2袋「エースキラー」1袋で、

これらはまったく知りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 男女2人が合体して戦う、という画期的な設定であったが、

これが「破綻」し、第28話で南夕子隊員は「降板」、

北斗隊員1人がエースに変身、ということに急遽なったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、視聴率があまり上がらなかったためですが、

男女合体変身に対し、

視聴者からの反応が芳しくなかったため、

とくに子供たちが「ごっこ遊び」をするのが難しいため、

といわれています。

だが、ウラではいろんな「大人の事情」もあったんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不本意に降板させられた南夕子さん役の女優さんは

さぞかし悔しい思いをしたことでしょう。

自分に非が無いのに、

番組のテコ入れのため、辞めてもらう、

って、そら納得いかないわな。

男女でウルトラマンAになるという

男女雇用機会均等法にのっとった設定であったが、

1972年当時は、この法律はなかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、そんなビミョーなウルトラマンAですが、

ウルトラマンAがビミョーなら、

塩とんこつというのもビミョーな位置づけです。

そもそもラーメン屋であまり見かけない「塩とんこつ」。

どうやって食べようかと思ったのですが、ちゃんぽん風にしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、かなり正解でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、これで一通り食べてみましたが、

ウルトララーメンは、あと4周、28食分あります(^^;)

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ