ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.04.27

戦艦長門1927

今回はこれを作ってみようかと。

以前は第2次改装後しかキット化されなかったのですが、

艦船模型ブームによってあの特徴的な屈曲煙突のモデルが最近は手に入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陸奥と交代で長らく連合艦隊の旗艦を務めた長門は

国民に最もよく知られた戦艦でした。

なかでもこの屈曲煙突時代が、もっとも長い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけにこんな「大人向け手抜きパーツ」も発売されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金で精密さを買う、というのは

金で飛距離を買う、という中高年ゴルファーに通じるものあり。

ワタシ、ゴルフやらないんでクラブを握ったこともないのですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長門の特徴はこの前鐘楼。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7本の柱で構成されています。

扶桑型までの三楼構造では

40センチ(16インチ)砲の爆風に耐えられないと

平賀譲造船中将が設計したそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、何と羅針艦橋は鉄の屋根ではなく

帆布張りのテント構造。

これを再現するため、真鍮線で枠組みを作り、

ティッシュペーパーで帆布を再現します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、雨や風の日もあるだろうに、なしてテント。

まあ、当時は空からの攻撃はなかったでしょうが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくて、完成。

当時世界のビッグ7といわれた長門の雄姿です。

ビッグ7とは16インチ砲を搭載した長門型戦艦2隻、

アメリカ海軍のコロラド級戦艦(コロラド、メリーランド、ウェストバージニアの3隻/1921年)、

イギリス海軍のネルソン級戦艦(ネルソンとロドニーの2隻/1927年)

のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長門級は竣工当時世界最大、最速、最強の戦艦でした。

日本の建艦技術が明治維新以降初めて欧米列強に肩を並べたとのことで

国民の誇りでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界に類を見ないこのフォルム。

特徴的なこの屈曲煙突は、煙突から艦橋に降りかかる煤煙対策のため。

さすがにこの吹きさらしの艦橋では石炭の煙はつらかったでしょう。

1934年(昭和9年)の第二次大改装により重油専燃の1本煙突に変更されましたが、

この形が大正から昭和にかけて最も広く国民に愛された長門の姿でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、カタパルトは無く、艦載機はクレーンで海面におろして発進します。

1920年(大正2年)の竣工当初は艦載機が無く着弾観測用の気球があったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水偵は1927年に制式採用になった一五式水上偵察機と思われるが、

この時代の海軍機は資料が少なく苦労しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40センチ砲を8門備え、これは大和級に搭載される46センチ砲までは世界最大。

大和のライバルであるアイオワ級はパナマ運河航行の関係で46センチ砲は搭載できず

長門級と同じ40センチ砲を採用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 陸奥とともに交代で聯合艦隊の旗艦を務めた長門。

聯合艦隊の戦艦の名前は伊勢、日向など江戸時代の旧国名から名づけられた。

長門のネーミングは、かつて長州藩があった山口県の旧国名。

この日本、いや世界最大の戦艦に長門の名が選ばれたのは

やはり海軍に長州藩出身が多かったせいであろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすがに第二次世界大戦時と違い、

装備品も少なく、対空機銃なんて言うものもなく、

甲板が広々として非常にのどかな佇まいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1927年(昭和2年)といえば1922年のワシントン軍縮会議によって、

列強各国が戦艦、巡洋戦艦などの主力艦の建造を凍結した

1936年まで続くいわゆる「ネイバルホリデー」の時代。

戦争の影はまだ遠く、1927年の流行語は

「モダンボーイ、モダンガール」を意味する「モガ、モボ」であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、翌昭和3年には関東軍が張作霖爆殺事件を起こし、

徐々に日本は戦争に向かい始めるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この後は第二次大改装後、開戦時の長門をご紹介します。

やはり「並べてみる」のが模型の醍醐味ですんで。

 

 

コメントはまだありません
2022.04.26

BA.2って何だ

さて、今のコロナの主流は言うまでもなくオミクロン株。

そして、さらにBA.2が主体になっていますよ、

とメディアで喧伝されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、BA.2ってなんだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オミクロン(ο)の次はパイ(π)じゃないの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺のところニュースではあまり報道されません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BA.2はオミクロン株の「亜型」にあたります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オミクロン株はもともとBA.1という型でしたが、

その一部に変異が生じたのがBA.2と呼ばれるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、BAはなんかの略なのか?

みんなビーエー、ビーエーと普通に呼んじゃってますが。

変異(variation)の略ならVAだしなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ調べて、やっとわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはSARS-Cov-2、すなわち新型コロナウイルスの変異株、亜型の

国際的な命名法「Pango命名法」にのっとっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すなわちSARS-Cov-2の遺伝子変異に基づいてAから順番に名付けます。

インフルエンザのA型とかB型と同じです。

IとOとXは除外です。

さらにA型のなかの亜型、すなわち微小な変異はA1、A2などと番号を振ります。

さらにその中の子孫をA1.1、次はA1.1.2、A1.1.3というように孫番号を割り当てます。

ただし3桁目のA1.1.1.1というのはなくこれは新しいアルファベットBがあてられます。

このやりかたでAからZまでいっちゃうと、

次は2文字で順番にAA、ABとなり、これがAZまでいくと、

次がBAです。

BAの一個目がBA.1、これに変異が起こったものがBA.2です。

やっと出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにアルファ株はB.1.1.7系統、ベータ株はB.1.351、デルタ株はB.1.617.2、

ガンマ株はP.1、ラムダ株はC.37、オミクロン株はB.1.1.529系統ですが、

この重要なオミクロン株に亜型が出現したため、

あらたにBA.1というエイリアス(別名)を作成。

その亜型をBA.2とし、BA.3、BA.4もすでに検出されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 BA.2は検査方法によってはオミクロンとして検出されない場合があったので

ステルスオミクロンとして問題になりましたが、

今の検査法では問題なく、そもそも我が国の検査法では

オミクロンとして検知できていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実効再生産数が高い、ということは感染しやすい、ということですが

ウイルスの重症度にはあまり差異はないと思われます。

今や世界中オミクロンですが、これが順次BA.2になっていると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 世界的にはBA.2の亜型BA.2.2、BA.2.3、BA2.3.2、BA2.9、BA2.10などが主流になっています。

BA.3系統、BA.4系統は置き換わっていないので今のところBA.2が最も「成功」した新型コロナと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染力は強いものの重症度やワクチン効果には差はないようなので、

今まで通り「オミクロン」の扱いでいいようです。

 

 

 

コメントはまだありません
2022.04.25

2日目は草津熱帯圏

続きです。

 

 

そして2日目。

朝食はバイキング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイキングを取り行くときにはマスクのほか、

手袋をすることになってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さしたる意味があるとは思われませんが、決まりなので仕方がない。

おかわりを取りに行くのにも再び手袋装着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日は小雨模様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目指すは草津熱帯圏。

熱帯園ではなく熱帯圏なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爬虫類と小動物のみの小さな動物園です。

温泉の熱を利用して熱帯の動植物を飼育。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20年くらい前に一度来たことあり。

その時にもレトロ感を感じたが、いまや遺跡、化石の趣もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「昭和感」がたまりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘビやトカゲ、カメやカエル類は苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが

我が家はみな大好き。

この動物園はかなりツボです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施設は老朽化していますが、

飼育員はみな若く、動物の看板へのコメントはどれも愛があふれていて好感が持てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今回の目玉はカピバラ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんはまだ生後1週間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いました💛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんのおっぱいを飲んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おー、カワイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は檻越しにカピバラに触ることが出来、

授乳中のお母さんの背中をなでなでしています。

おしりを触るのは嫌がらないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見えないけどこの向こうにもう一匹しゃぶりついてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生後1週間のカピバラを間近で見る機会はそうないのでラッキーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、マーラの赤ちゃんも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはまだケージの中でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マーラはこう見えてげっ歯類。

カピバラと同じくネズミの仲間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

餌がもらえるのでぐいぐい来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネズミというよりはシカのようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後霊長類ゾーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここも触れます。

エリマキキツネザルはお尻さわられるのは好きだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして握手もできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見事なコウモリ。

この間観たバットマンを思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外に出るとサル山。

これもまたレトロな佇まい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 温泉もあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、見学終わりまだお昼前でしたが、

午後に土曜日に検査したPCR検査の結果が医院に来るので、

早めに帰るため、草津を後にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰り道に八ッ場ダムに立ち寄りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この下にかつての川原湯温泉街が沈んだのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エレベーターで下まで降りてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 デカイ。

ダムの上に黒い点々のように人がみえるのですが・・・・、写真ではわからんな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よくこんなデカいもの造ったもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、帰り道で昼食を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 焼き肉「あおぞら」は群馬に住んでるころ

スキー帰りに何回か利用しました。

その時は渋川店だったが、今回は原町店。

だが、ナツカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 運転があるのでビールが飲めないのがつらいところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば焼肉屋に入るのも数年ぶりだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、土曜日の午後に出てほぼ丸1日だけの短い旅でしたが、

大変充実した内容になり、コロナで疲れた心身ともリフレッシュできました。

帰宅後、病院のファックスを確認し、

新型コロナのPCR検査の結果を患者さんに電話連絡しました。

 

 

コメントはまだありません
2022.04.24

草津良いとこ一度はおいで

午前中仕事だったので出発は14時。

昼飯はコンビニで買って、車内で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北関東道から、関越自動車道、渋川ICで降りてからは一般道。

原町まではかつて原町日赤に勤務していた時の通勤路。

3~40年前は何回となくクルマを走らせたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間ちょっとで到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何となく、昭和のスキー宿的な。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおお、この黒電話!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この冷蔵庫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このタイプ、まだあったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、温泉饅頭。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクチン接種証明書でひとり5000円引きのほか、

2000円/人分のお土産金券、そして大滝の湯の無料入場券サービス。

観光地は人気回復にかなり気合を入れてるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩いてすぐなので、まずはここで温泉に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、その後歩いて湯畑へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おや、あんなところにネコが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あったかいのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、夕食。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやーシアワセ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しゃぶしゃぶをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は再び湯畑へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライトアップが素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、ここは日本一の温泉場でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後旅館に戻り、また温泉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱし草津温泉サイコーだ―。

 

 

 

 

2日目に続く

 

コメントはまだありません
2022.04.23

2年半ぶりの温泉旅行

温泉に行くのはどれくらいぶりでしょう。

学会がらみでは2019年10月の

富山、氷見温泉なので2年6カ月ぶり。

プライベートの観光旅行では

2017年11月のイヌ連れ水上温泉以来なので

なんと4年5か月ぶりということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナによる外出自粛と

レディアの高齢化に伴う介護が重なった結果ですが、

改めてこんなに間隔があいていたのかとビックリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  きっかけは友人がFacebookで草津温泉にいます、

という記事をアップしたこと。

ワクチン3回接種割引きで1人当たり5000円オトク、

というのも気になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それで、群馬県の旅行キャンペーンを調べてみると

群馬県民のほか、茨城県民、千葉県民、埼玉県民は割引対象になり、

4月からは神奈川県民も追加、とあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えーーー、栃木県がはいってないじゃん💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京都はともかく、お隣の栃木が入っていないとは、

北関東のライバル県として、何かイジワルしてるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、一時は鬼怒川温泉や、那須湯元温泉も考えたが、

やっぱり温泉の王様といえば草津温泉。

老い先短い身としては行きたいところから行っておきたい、

とのことで草津温泉を予約。

ゴールデンウィークは混みそうなので密を避けてその前に行くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、4月は10日、17日と日曜日が連続ワクチン接種だったので、

日程的には、この土日しかないということになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かく言ううちに、栃木県もめでたく割り引きキャンペーンに加えられ、

しかも、ネットで草津熱帯圏にカピバラの赤ちゃん3匹誕生、

というニュースを発見し、

もう数日前から楽しみで楽しみで

アタマの中をカピバラの赤ちゃんが行進していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 旅行のいいところは、行く前からウキウキ楽しい、というところ。

こんな気持ちは久しぶり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 土曜日の外来は前日10人調べたPCR検査が5人陽性と

相変わらずコロナに翻弄されていましたが、

ともかく、ナントカ脱出。

一路、草津を目指しました。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ