ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.01.25

フタマタウイルス

風邪症状で来院したお子さんのお母さんが

「保育園で「気管支二股ウイルス」が流行っているらしいです。」

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「気管支フタマタウイルスです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二股???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬「肺炎双球菌」のことかと思ったが、

はっと、ひらめいた。💡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フタマタではなくてヒトメタ

ひょっとしてヒトメタニューモウイルスでは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも、そうらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヒトメタニューモウイルス」(hMPV)は

2001年に見つかった比較的新しく認知されたウイルスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呼吸器の風邪を起こす「RSウイルス」に似たウイルスといわれ、

感染様式や症状もよく似ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1回の感染で終生免疫ができないのも同様で、

大人になっても感染し、生涯を通じて何度も感染します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生後6ヶ月頃から感染し、

2歳までに50%、10歳までにほぼ全国民が感染するといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RSウイルスと同じく発症者のくしゃみや咳による飛沫感染や、

ウイルスが付着した手や鼻、物に触って移る接触感染などによって、

ヒト→ヒト感染で拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RSウイルスが秋口から春先まで流行するのに対し、

2月から6月が流行のピークといわれますが、

昨今では感染症の流行期は

他のウイルス疾患を含めあいまいになってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迅速キットは6歳未満に保険適応があります。

(RSウイルスは1歳未満)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらにせよ、特効薬はなく、

安静、水分・栄養補給などの対症療法のみ。

休んで寝て治す病気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中耳炎を合併することも多いので、熱が長引く場合は要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても「フタマタ」は、無いなあ・・・・。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.01.24

週末は「ガニメデ」

 今週末は、コレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利のロック酒場のアコースティックナイトに

「ピン」で出演します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一人でやるのは久しぶり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか本名でフライヤーにのるとカッコ悪いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いろいろ考えたのですが、

「Superfly」とか「レディ・ガガ」みたいな

ネーミングでは誰だかわからないし、

「チャー」とか「パンタ」みたいなニックネームも・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かといって「GACKT」や「YOSHIKI」みたいに

ローマ字表記は恥ずかしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「スガシカオ」さんみたいなカタカナ表記や、

「かまやつひろし」さんみたいなひらがな表記も考えましたが、

一応フツウの漢字表記でいってみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 セット大体決まっていますが、

一人だとどうも、練習とかルーズになってイカンなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、軽い気持ちで・・・・。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.01.23

文房具好き

ムカシから文房具が好きである。

昨日伊東屋に行って、またその思いを新たにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万年筆や、シャープペンなどの筆記用具にはこだわりがあるし、

新しいノートを使いだすときは今も清々しい気持ちになる。

スケジュールは最近はiPadで管理するが、

30年来使い続けたfirofaxのシステム手帳はいまだに手放せない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 できれば、お気に入りの0.5ミリのシャープペンシルに

三菱鉛筆uniの「H」の替え芯を入れて、

大学ノートに何か書きたいところだが、

残念ながら今のところ、その機会はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、ふと気づいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシから文房具が好きだったのは、

ひょっとしたら「勉強がキライだったせい」ではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小、中、高から予備校を経て大学まで、

「勉強」はやらなくてはいけないものであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勉強はイヤだけど、どうしてもやらなきゃいけないことなら、

何かそこに楽しみを見出したい、と考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、学校の勉強をするうえで使わざるを得ない「文房具」に凝って、

「文房具を使いたい気持ち」を

「勉強に対するモチベーション」にすり替えて行ったのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、これはあるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに進むと、勉強にとりかかる前に、

鉛筆をナイフでことさらきれいに削ったり、

シャーペンの分解掃除を始めたり、

というのも勉強からの回避行動である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テストが近くなると、勉強部屋の掃除がしたくなったり、

大学生のころは自炊だったから、

やたら手間のかかる料理に挑戦したくなったりしたものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういった「勉強から逃れたい気持ち」に折り合いをつけるのが

文房具の重要な役目だったかも知れんなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういう意味では、今も文房具が好きな大人は、

ずっと勉強をやるのがキライだったヒト、ということかも。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.01.22

水曜日午後

 今日は、午後ひとり東京へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 目的はワタシの長年愛用しているペリカンの万年筆が壊れたため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インクを入れようとしたら、ネジでないところから外れてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、この万年筆を買ったお店へ。

銀座の街は最近、中国人だらけだが、

春節とあって、さらに多いみたい。

ともかく日本人はだいたい黙って歩いているので、

大声でとびかう言葉はすべて中国語。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その前に、もう一件用を足す。

この間、スマホのバッテリー交換をしたが

iPadのバッテリーも減りが早いような気がしたので、

みてもらうことにした。

午前中にネット予約しておいたアップルストアへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果は特に問題なし、とのことだったので、そのまま。

ネットで予約していたおかげで10分足らずで事が済みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、伊東屋へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前の伊東屋は、もっとごちゃごちゃしていて、

文房具に特化した東急ハンズ的な雰囲気でした。

シャレた輸入文具や、画鋲一個から目を引くものばかり。

どんなサイズ、カラーでもあるぞ、という品数の多さと、

何コレ、オモシロイ!というような雑貨文具が満載で、

ともかく見て回って飽きないお店でしたが、

数年前に大改装して、高級ブランドショップみたいになってしまいました。

エスカレーターなくてもいいから、昔の方が良かったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、万年筆を預け、その後、ちょっとショッピングなどして帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の収穫はぶらっと立ち寄った秋葉原の書泉ブックタワーで買ったコレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 海上自衛隊仕様のカレー皿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、海自スプーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近、カレー自炊がマイブームなので、コレは迷わず「買い」でした。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.01.21

ライター

 

 先日、何十年ぶりかにいわゆる100円ライターを買いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 若い頃はタバコを吸っていたのでライターは常に持っていたが、

ジッポを愛用していたので、

100円ライターは最初の頃に一回買ったきり。

たしか、大学の生協だったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はこの間完成したフェラーリ641/2の製作にあたり、

どうしてもライターが必要になったため。

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドライバーズシート前のウインドシールドの固定に

このようなものを自作します。

 これはプラモデルのいらないランナー(部品のついていた枝)を

ライターで炙って細長く伸ばします。

さらにそれをカットした後、

今度はその先を線香で熱すると、

くるっと丸くなってリペット状になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをこの様に刺して透明なウインドシールドを固定し、

その後、余分な部分をカットすると、

接着剤で曇らないし、実感が出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今までライターが必要な工程は、

ジッポライターでなんとかしていましたが、

ジッポはオイルライターなので、すぐにオイルが揮発してしまい、

その都度、オイルを充填しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎日何本もタバコを吸っていた頃はそれで良かったのですが、

めったに使わないライターにその都度オイルを補給するのは、

メンドクサイし、殆ど無駄である、

ということで100円ライターを買うことにしたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近所のコンビニに買いに行ったのですが、

最近の100円ライターはだいぶ進化していました。

100円ではなく、もうちょっとしたけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 適当なものを選んでレジに持って行きましたが、

レジの女の子は、間違いなく、

ふーん、このオッサンはタバコ吸うんだなあ、

と思ったことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼女はさしたる重大性も無く

漠然と意識したに過ぎませんが、

いや、意識すらしてないかも知れないが、

禁煙指導医のワタシとしては、

そこが、なんともクヤシくて、

いや、これはフェラーリのウインドシールドの

リペットに使うのであって、

ワタシは決してタバコなんつうものは吸わないのですよ。

くれぐれも誤解しないでください。

 

 

 

 

 

 ・・・・などと訊かれもしないのに、

言い訳したい気持ちでいっぱいでした。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ