ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.11.07

新型コロナウイルスの激減はなぜ?

新型コロナの感染者数の急激な減少が続いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのスピードは、第3波、第4波の時より明らかに早く、

なんか、このまま収束しちゃうのでは、

と思いたくなるような勢いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この原因は何なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクチン接種の浸透が大きな力を発揮していることは、

まず、間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、それだけなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、興味深い記事を発見。

国立遺伝学研究所と新潟大のチームが発表したものですが、

デルタ株でゲノム(遺伝情報)の変異を修復する酵素が、

変化し、働きが落ちたため、

ウイルスが変異を修復できなくなり自滅したのではないか、

というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウイルス増殖の際に起こる複製ミスを修復する働きがある

nsp14と呼ばれる酵素があるが、

これが変化したタイプのウイルスは

変異が蓄積し、やがて増殖できなくなる。

人間の体内にある「APOBEC」という酵素が、

このnsp14を変化させたと推測されるそうで、

東アジアやオセアニアでは、

この「APOBEC」の働きが活発な人の割合が多いという。

このnsp14の遺伝子が変化したウイルスが増えたおかげで、

感染が縮小していっているのではないか、

というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむ、ホントですかね。これは1970年代に提唱された

「ウイルスは変異しすぎるとそのせいで自滅する」という

「エラーカタストロフの限界」という理論に裏付けられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかにウイルスは世代交代が早いので、

進化と絶滅の経過が早送りのように見られるわけです。

これだけ地球上に蔓延したウイルスであれば、

数え切れない自己複製の回数があったわけで、

その過程でこういった致命的なミスが現れてもおかしくはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、これはあくまで仮説ですので

実際のところはどうなのか。

このまま、ウイルス自滅により収束に向かうのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもコピーミスのウイルスがそれほど蔓延するのか、

という疑問があります。

ウイルスは当然ながら感染力の弱いものは淘汰され、

感染力の強いものがメインになるはずです。

自滅型のウイルス株が主流になるのは何となく解せない。

ある程度時間が経つとそういった「臨界点」が

同時多発的に起こるのかもしれませんが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パンデミックを起こしたウイルスはある時期から病原性の低い、

いわゆる弱毒性のものに置き換わるという現象が過去見られています。

罹った人が、寝込んだり、死んでしまったりせずに

元気に歩き回ってくれる方がウイルスの拡散に有利だからです。

ひとくちにデルタ株といっても多くの「亜株」があるはずで、

その中で何らかの理由で弱毒化したものが増加したところ、

そのタイミングでワクチンの効果が十分に発揮され、

感染、発症が大幅に抑制されたのに加え、

日本は諸外国に比べてマスク生活が定着しているので、

感染拡大がおさまったのではないか、

というのがワタシの考えですが

実際のところは謎です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際にこの仮説のような酵素変異によるウイルス自滅が

日本や東南アジアで起ったと仮定した場合、

ヨーロッパや北米、南米のデルタ株は、

酵素変異を受けていないとすれば、

海外渡航の規制緩和によって、

それらの非自滅型ウイルスが我が国に流入し、

また新たな流行を起こすことが懸念されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲食店や各種イベントの規制緩和は進めていいと思いますが、

外国人留学生の受け入れなどはまだいいとしても、

観光客の入国については、まだ慎重な対応をとった方が良いでしょうね。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.11.06

耳から鼻血

 寒くなってくると風邪ひきが増えるのですが、

耳鼻咽喉科的には高齢者の鼻出血が増える時期でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供の鼻血は、アレルギーのシーズンに多いのですが、

高齢者の鼻出血は硬化した血管壁に対し、

温度変化により血管の拡張、収縮が起こるため

血管が破綻して出る場合が多いので、

脳溢血などと同様、寒くなってくるこの時期に多いものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金曜日の夕方、市内の内科医院のセンセイからお電話がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「鼻出血が止まらないので、これからお願いできますか。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時刻が受付終了間際だったので、電話入れてよこしたのでしょうが、

それにしてもセンセイの声、なんか上ずっていたなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 20~30分ほどして、患者さんが来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どっちから出ていますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初右で、綿を詰めたら左からも出て、

そして口からも出て、左耳からも出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナント耳からも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 70代の女性ですが、心臓の手術をしたので、

抗凝固剤、いわゆる血液サラサラのクスリを、

2,3種類飲んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので血が固まらず、出血がなかなか止まらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳から血が出るのは、この方、慢性中耳炎があって

左耳に小さい鼓膜穿孔があるため。

右鼻からの出血が上咽頭から耳管を通って左耳の孔から出た、

ということです。

タバコの煙を耳から出せる人がいますが、

そのような人は慢性中耳炎で鼓膜に孔が開いているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出血点は右鼻腔で、コブ状になった血管から

噴水上に血が出ているのを確認。

その部を電気凝固し、無事止血しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、やはりその後左耳は中耳炎を起こしましたが。

治療で良くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般のヒトが鼻からも口からも、

そして耳からも血がだらだら出てるヒト見たら、

そりゃ、焦るでしょうね。

内科のセンセイは無論、耳から血が出る仕組みはわかっていたと思いますが、

初めてのことで、さすがにうろたえたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.11.05

Bスポット療法の真実

この間、代替医療解剖を読んでから、

ずーっと気になってることがあるんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これについて記事を書くと毎回反響があるので、

その点でも書こうかどうか迷っていましたが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bスポット療法は「プラセボ効果」なのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、また、なんか各方面から反響がありそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから「効く」ということですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんせ、あの中国4000年の歴史を誇る

「鍼治療」でさえ、その大部分は

「プラセボ効果」だということが、

証明されつつあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんたって「Bスポット」治療も

効能効果がやたら多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これほど多くの症状がすべてBスポット療法によって改善されるとは

やはり科学的にはどうも考えにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえばノドの奥の違和感や、

後鼻漏の不快感は直接その部に痛み刺激が加わるので、

感覚がマスクされ少なくとも一時的に症状は改善する

ということは多分確かです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蚊に刺されて痒いところを、

爪でバッテンすると、一時的に痒みが治まるのと同じ原理です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうちに本来の症状が気にならなくなれば、

患者さんはBスポット療法で治ったと考えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭痛、めまい、咽頭違和感、不眠、肩こりなどは

原因不明で自然に消えていくことも多いので、

治療効果を検証するのはなかなか難しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薬や治療法の検証には、

以前述べたようにランダム化比較試験と二重盲検試験が必要ですが、

内服薬、注射薬などと違って

処置療法は鍼治療などと同じく、

二重盲検試験が非常に困難です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍼治療の臨床試験には、

鍼の刺す深さを浅くしたり、ツボを外して刺す、

などの方法が採用されたそうですが、

上咽頭に塩化亜鉛をグリグリするこの治療法の二重盲検試験は

どのようなデザインでやればいいのでしょうか。

ツボを外す、というわけにはいかないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっとも簡単なのは薬剤に偽薬を使う。

塩化亜鉛と、それと同じような色、性状の液体を使って

術者者も患者もどちらのクスリを使っているかわからない

という条件で、施術後の効果を判定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、ここで問題なのは、塩化亜鉛という薬剤の働きが、

いわゆる「腐食作用」であって「薬理作用」ではない点である、

と考えられることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bスポット療法はかなり痛いので、

「痛いから効く」という側面はありそうなので、

対照となる薬剤の選択は困難です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とすると、例えば「生理食塩水」などでは比較にならない、

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じくらい「痛くて沁みる」別の薬剤が望ましいですが、

先ほども言ったように主たるメカニズムが薬理作用でないとしたら、

同じくらい痛いクスリと塩化亜鉛との間で有意な差が出なくても

Bスポット療法が効かない、という結論にはならない、

ということもまたいえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので塩化亜鉛と生食と、

痛いけれど粘膜腐食効果のない薬剤(どんなのがあるかわからないけれど)

の3者で治験しなければ分からないのかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、これを推進するヒトビトは、

それらについて二重盲検試験を行い、

各症状の効果判定をしてこの治療法の効果とその限界を、

ぜひ、明らかにしていただきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、実際にはこれには膨大なコストと時間、手間がかかりそうです。

その一方でBスポット療法そのものは副作用はほぼなく、

従来の標準治療を妨げるものではなく、

かつ料金が保険診療では1回140円で3割自己負担だと48円と格安です。

1回48円の治療なんて、そうは無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 がんの代替医療のように、

それによって患者さんの生命が脅かされたり、

ホメオパシーや水素なんちゃらのような

法外な自由診療料金を請求されるということではないので、

なかなか精密な大規模臨床試験は行われないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、真実を、知りたい。

 

 

コメントはまだありません
2021.11.04

11月13日、ライブです。

 ライブのお知らせです。

来る11月13日土曜日、

「C5-dips」は足利BBCで開催されるこのイベントに出演します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思えば、前回足利でライブを行ったのが、

昨年10月のこのライブ

実に1年1か月ぶりという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染者は激減していますが、

感染対策をしてお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレの出番はラストなので、

22時15分ころからの予定です。

19:00~OPEN

20:00~20:30 サクラ式ドロップス

20:30~20:45 DJ

20:45~21:15 Franky

21:15~21:30 DJ

21:30~22:00 BUHY&MARY

22:00~22:15 DJ

22:15~22:45 C5-dips 

 

 

 

 

 

 

 楽しいバンドばかりですのでぜひよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.11.03

フォン・ノイマンの哲学

 東大医学部に入るのは、

限られた天才を持った人だと書きましたが、

それでも、日本で年間に80人出る程度の天才です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 世界には、そして歴史的にはとてつもない天才が、

それこそ突然変異のごとく出現することがあり、

この間読んだこの本は

20世紀最大の天才といわれたフォン・ノイマンの話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジョン・フォン・ノイマンは1903年に

ハンガリーの首都ブダペストに生まれましたが、

コンピュータ、原子爆弾の開発で知られ、

その才能は数学、物理学、工学、計算機科学にとどまらず、

経済学、気象学、心理学、政治学の分野にも

後世に大きな影響を与える

数多くの論文、研究発表を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6歳で8桁の掛け算を行い、8歳で微積分をマスターし、

ゲーテ、ディケンズの小説を一字一句たがわずに暗唱できたという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その天才ぶりは読めば読むほどすごいのだが、

その一方で、楽器は何を習っても一向にモノにならず、

ゲーム理論を構築した人物なのに、トランプでは常に負け続け、

車の運転も下手で、年中事故を起こしていた、

また、女性秘書のスカートを覗くのが大好きだった、

というのも興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「悪魔の頭脳」「人間のフリをした悪魔」と呼ばれたノイマンだが、

核実験に伴う放射線暴露が原因と思われる骨腫瘍、すい臓がんによって

53歳で死去してしまい、ノーベル賞の受賞はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この本には、アインシュタインをはじめとした

他の多くの同時代の「天才」が出てくるが、

その人物像、性格は様々で、

外交的な人、内向的な人、几帳面な人、ズボラな人、

自信家の人、慎重派の人・・・

やはり「天才」と「人物」は別のモノなのだなあ、と思う。

芸術家やスポーツ選手などの「天才」はさらにその辺、明確です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人類の歴史において、アルキメデスやピタゴラス、

ダ・ヴィンチ、ガリレオ、ニュートン、アインシュタイン等々、

天才は時々現れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナは変異株であるデルタ株によって、

感染の版図を大きく拡大することに成功しましたが、

われわれの生活や社会を発展させてきた科学の進歩が、

時に現れる一握りの「天才」たちによって

推進されていることを考えると、

彼らは、一定の確率で出現する

ウイルスの「変異株」みたいなものかもなあ、

と感じます。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ