ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.12.06

リモート学会

リモート講演会に続き、週末は学会もリモート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月20~21日に横浜で開催された

日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会のオンデマンド講演を

終日聴講しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専門医講習会というと、専門医の資格を更新するために

単位の取得が必須であり、

朝から晩まで会場にカンヅメになり、

場合によっては昼飯を食う時間にもこと欠くような、

スパルタ講習会であるが、

リモートは、ユルイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自室のパソコンで、好きな時間に聴けるので、

便利といえば、便利だが、

コーヒーを飲みながらとか、

場合によってはプラモデル作りながらでも「聴講」できるので

講義の内容が右から左に抜けてしまうこともしばしば。

妻は編み物しながら聴いてるらしい、ナイショですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際の学会のときには途中で退出できないので、

開始前のトイレに行って準備をしておくのだが、

(特に最近はトイレが近いので)

リモートは早送りはできないが、途中で一時停止はできるので、

トイレに行くことや、その他用足しも可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらには、実際に聴いていなくても

パソコンでそのまま動画を流しておけば

聴講した、ということになってしまうわけだが、

これは会場で最初から最後まで

ほとんど寝てるセンセイもよく見かけるので、

まあ、実際には同じことでしょうか。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場で聴くときには、必ずノートをとりながら聴講するのですが、

なかなか自宅ではそこまで気合が入らない。

聴きなおしや、時間帯の重なった講演も聴くことが出来るので

ヤル気さえあればリモートの方が勉強になるはずだが、

やっぱ自分の部屋だと、他人の目もないし、

つい気が緩んで、そこまで集中できないんだなあ。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.12.05

グンマが日本一

 ついに、グンマが日本一。(゚Д゚;)

12月5日の感染者数は

東京、大阪などの大都市圏をはるかにしのぐ、

堂々たる数字をたたき出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魅力度ランキングでも常に最下位を争う、

全国的に目立つことの少ない北関東ですが、

ついにここにきてグンマが日本のトップに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ‥‥いや、やっぱ、ボトムか。(+_+)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかもクラスターが起きたのは、足利市の隣、太田市。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利と太田はわずか8キロ足らず。

他の隣接する都市の中では断トツに近い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだまだ、コロナ、油断なりませんなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、このタイミングでクラスター出して、

(しかも、デルタ株で)

全国トップになるというのも、

ある意味グンマらしい。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.12.04

リモート講演

 先日、初めてリモート講演というものをやりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 製薬会社の社内勉強会の講師としては

以前から、よくお声がかかります。

普段は宇都宮の営業所まで出向くところであるが、

今回はリモートでお願いします、とのことであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パワーポイントで原稿を作って、

それを掲示しながらしゃべることには変わりがないし、

設営や接続は、すべてメーカーの人がやってくれるので、

別にムズカシイことは無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 診察室の机の前にパソコンを置いて、

マイクとカメラをセットしてもらい話をしましたが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 んーーー、これは違和感ありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バンドの無観客ライブといえば、

スタジオでやってるのと同じですが、

講演となると、ひたすら一人でしゃべってるわけで・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり目の前に人がいて、

ちょっと相槌打ってくれたり、

ときに、ほーっという声にならない反応があったり、

ジョークに笑いがもれるような状況の方が、

ワタシとしてはやりやすいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 話してても反響がないので

ウケてるんだか、退屈させてるんだかわからないし、

普段、聴いてる人の反応を見ながら、

話題の方向をビミョーに変えているので、

まるで雲をつかむようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 講演後の質疑応答などでは、

何となくウケてたらしい、

と感じましたが、

やっぱ、ライブはお客さんがいた方がいいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.12.03

オミクロン株が地球を救う?

「驚異の新人」オミクロン株は、

あっという間に世界各国からその存在が確認されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ、謎の多いオミクロン株ですが、

南アフリカでのデルタ株からの急速な置き換わりを見れば、

デルタ株に比べて段違いの感染力がある、ということは確かなようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう、気になる重症化のリスクですが、

この間書いたように、これだけ短期間で世界各地に広がる、

ということは重症化のリスクはかなり低く、

症状の出ない不顕性感染もそれなりにあるのではないか、

ということが推察されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、実際に海外からの報告では

今のところは軽症例が多いという傾向が伝えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシが、ここ最近考えていたことは、

このオミクロン株がコロナ禍の終わりをもたらすかもしれない、

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで広がった新型コロナウイルスが、

地球上から消えてしまうことは、もはや考えられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクチンによる免疫を強化し続けるという未来もありますが、

もっとも考えやすく、理想的なのは、

新型コロナウイルスが普通の風邪のウイルスになる、

というシナリオです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライノウイルスやRSウイルス、そして旧型コロナウイルスは、

「Common Cold」を引き起こす普通の風邪のウイルスとして存在していますが、

かつてはヒトを死に至らしめるような強毒性のウイルスだった可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、今のようなほどほどの侵襲性を持ったレベルになり

今日まで命脈を保ってきたと考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 繰り返し述べてきたことですが、

細胞外で生きられないウイルスは、

侵襲性が強すぎて宿主が死んでしまえば、

自らも一巻の終わりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他の宿主に移動する手段として、

呼吸器系のウイルスは、咳や、くしゃみで飛ばしてもらう、

消化管系のウイルスは、嘔吐や下痢を介して

次の人の口に入るという方法を取ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 呼吸器系のウイルスとしての新型コロナウイルスの

理想的進化形は、寝込むほどではない軽い風邪症状を起こし

咳やくしゃみ、会話を通じて

人から人に感染を繰り返すモデルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オミクロン株はこのモデルに近いのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オミクロン株で死者が出ることもあったとしても。

ライノウイルスや、RSウイルスなどの普通の風邪でも

こじらせて肺炎を起こしたりして、

重症化したり、命を失う人もいるわけですから、

その辺も考慮して判定すべきでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染力の強いウイルスは、従来のウイルスを駆逐してくれますから、

それが重症化しにくいウイルスであれば、コロナ禍は終わる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上は、ワタシの都合のいい楽観論ですが、

オミクロン株でなくとも、いつかはこういった形で

新型コロナが収束していくのではないかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本では今、新型コロナウイルス感染者が減っているので比較できませんが、

南アフリカなどのデルタ株流行地域でオミクロン株に置き換わったあとの、

致死率や重症化率の比較統計が出れば、

おおよその傾向がつかめるかもしれません。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.12.02

インフルエンザワクチン予約受付中です

 オミクロン株で心配な新型コロナの今後の展開ですが、

インフルエンザワクチンは現在接種を行っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今のところ、インフルエンザの患者は

全国的にもほとんど出ていないようですが、

今後、新型コロナの第6波が起こった場合、

インフルエンザとの鑑別が問題になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は当初はワクチンの供給が遅れましたが、

ここにきて順調に入荷してきていますので、

未接種の方は是非ご予約ください。

今なら、すぐ打てると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところでワタシも副院長も、

まだインフルエンザワクチン打ってません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医療従事者は12月に新型コロナウイルスに対する

3回目のワクチン接種があるのですが、

ワクチン接種はわが国では

2週間のインターバルを設けなければいけない、

ということになっているので、

新型コロナワクチンの接種日がいつになるかわからない段階では、

むやみにインフルエンザワクチンを打つわけにもいかず・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪ひきも増えてきて、何となく不安です。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ