ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.12.01

科博「毒」展からのランチ

例えば、夏場の冷麺や冷やし中華、

焼きトウモロコシや鮎料理、

秋のサンマやキノコ料理、

これからの季節のおでんや寄せ鍋のように、

季節の変化によって

食べたい、というモチベーションが上がる料理があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、シチュー、ビーフシチューが食べたい気分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てなことで、この店を思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーフシチューならここでしょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜祝日の昼時は1時間以上の待ち時間となる人気店ですが、

平日の12時前だったので、

15分から20分待ちです、と言われ、

外で待つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが人気店なので待つ時間のさばきが正確で

店内に呼ばれたのは、14分30秒後であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシはビーフシチュー、妻はタンシチューをオーダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うまそー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、いただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牛肉がたっぷり、肉料理、という感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このレトロな店内も好きなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、マンゾク、マンゾク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま浅草始発の特急で午後2時に足利市着。

帰って、昨日のPCR検査の結果を電話連絡しました。

ここのところ、陽性者結構出てますねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.11.30

科博特別展「毒」

水曜日、休診日の朝は早起き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例によって6時44分発のりょうもう号。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝ごはんはここにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イートインでパンとコーヒー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして上野公園に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀杏が最後の色どりを見せていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の特別展は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「毒」💀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展覧会の発表以来、ずっと楽しみにしており、

今月初めに開幕早々来る予定でしたが、

夫婦してコロナに罹患し、今日まで伸びました。

巨大なスズメバチとハブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはイラガの幼虫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毒々しいという形容詞はコイツのためにあるかのようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毒の種類や、生物が毒を持つ意味、人類とのかかわりから

人類が作り出した環境を脅かす毒まで、

さまざまな切り口から毒のすべてが網羅されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毒蛇はアタマが三角、と限ったわけではなく、

毒キノコの見分け方は存在しない、ということは知っていましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実に様座な生物が毒を身につけて、

身を守ったり、相手を攻撃したり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、吹き矢や矢じり、はたまた殺人に人間がその毒を利用してきた歴史、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらには、(人にとっての)有害生物を駆除するために使われた毒、

蚊取り線香は全世界で数えきれないほどの人をマラリアから救っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おー、この尿本、採集したのは、かの牧野富太郎博士ではあないか。(◎_◎;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 動植物から毒を抜いて食用にする例の代表として、

群馬のこんにゃくが出てました。

コンニャクイモは毒性のあるシュウ酸カルシウムを多く含むため

そのままでは食べられません。

それにしても巷にいろんなこんにゃくがある中で、

なぜか群馬アピール度がめちゃ高いパッケージ。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、大変見ごたえがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実に面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、彼女は会場ガチャガチャでで買った

セアカゴケグモのバッジをさっそく付けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 図録は、完売だったので、あとから送ってもらうよいううに手配しました。

恐竜展とかじゃないのであまり部数印刷しなかったのかしら。

12月中旬以降までおあずけになったのが残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この後昼食へ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.11.29

風邪薬飲んだら仕事に行かないで

相変わらずコロナの陽性率は高いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、問題になるのが「抗原検査」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20代の男性ですが、喉が痛く、熱が出たので自宅で抗原検査をし、

陰性だったので市販の風邪薬を飲んで出勤。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日も熱っぽかったので自宅で抗原検査を施行。

陰性だったので市販薬を飲んで出勤。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も熱っぽくのどの痛みがあるうえ、

同棲中の彼女も熱は無いが、ノドが痛くなったために

2人して受診。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時点で、ワタシの中では診断はほぼコロナに確定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PCR検査の結果、やはり2人ともコロナでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、受診した当時2人は、自分たちがコロナかも、

という意識はなかったようで、

普通に待合室で待っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市販の風邪薬は解熱鎮痛薬がほぼすべてに配合されているので、

飲んでると、高熱にならず、症状も緩和さえれてしまう場合が多い。

そして、何より抗原検査の陰性は、

たとえ病院でおこなったものであっても陰性の証明にはならない、

ということが、なかなか一般に理解されていないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抗原検査陰性であっても、症状がある人は

風邪薬飲んで仕事に行かないでくださいね。

風邪かな、と思ったら、本来は仕事は休むべきですが

どうしても仕事に行く場合は

とりあえず風邪薬は飲まないで行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.11.28

アンタレスが工事で休館

 秋も深まった日曜日、朝の散歩で渡良瀬橋を渡ります。

水鳥たちが羽を休めています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 浅間山のイチョウは、西半分が散っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 橋を渡ったところにあるのが、

いつも通っているアンタレススイミングスクール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、11月27日から1月初めまで休館。

屋根の改修工事のためです。

最近は夕立のたびに雨漏りしてたからなあ。

プールの水は抜かれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 休館の間は、系列のアンタレススポーツクラブに

1カ月の特別会員になって、プールを使わせてもらう申し込みをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1カ月以上泳がないと、

老人としては、一気に運動能力が低下してしまうと思われ、

まさに命にかかわる問題といってもいいので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 利用は12月1日からですので、今はただ歩くだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.11.27

そして、コスタリカ

 ワールドカップ第2戦は、日曜日午後7時という、

まさにゴールデンタイムの放送。

放送はテレ朝で、解説は松木安太郎。

この辺から、いやな予感はしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合は前半から日本が圧倒的に主導権を握るが、

得点を奪えない。

ピッチレポーターの内田篤人が、試合中しきりに

コスタリカ、弱いっすっよ、とか、

ニュージーランドとのプレーオフ見て、

コスタリカ来たら絶対勝てると思いましたよ、

などといってるのを聞いて、

あー、コイツホントにバカなんだな、と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サッカーで圧倒的にボールを支配しながら点が入らない、

というのは確実に押されてる方のチームの勝ちパターンなのだ。

今まで、そんな試合を何度見たことか・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほら、見ろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ある意味、当然の敗戦でしょう。

吉田麻也、またやっちまったが、

むろん彼だけの責任ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合後のメディアの報道で、

懇切での決勝トーナメント進出はお預け、

なんていう言い回しがあったが、いったい何考えているんだか。

さーて、スペインに勝って、決勝トーナメントに進みますか。

何が、どうなれば、そんなことが起こるだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ