ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.07.01

コロナ不況

 今日は7月1日。

気がつけば、2020年も、半分が終わったことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスの影響で、前代未聞の出来事が連発し、

2020年は、歴史に残る年になるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 将来日本史、世界史で「新型コロナウイルスの年」を学ぶ諸君は、

2020年という覚えやすい年号で良かったですね。

ただ、原因ウイルスは前年2019年に発見されたCOVID-19なので、

試験の落とし穴だったりして・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスの影響で、

医療機関はどこも大幅な減収になっているようで、

小児科、耳鼻科は特にきびしいようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院も6月に振り込まれる4月分の社会保険の収入は、

前月の半分以下、今後、5月分はさらに少ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここしばらくワタシの給与はおそらくほぼゼロ、

あるいはひょっとするとマイナスなんですが、

それでも6月はボーナス月なので、

職員にはボーナスを出さなければならないという・・・・。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この先、耳鼻科は一年を通じて最も患者さんの少ない

7月8月期を迎えますので、

いったいどうなるんでしょうねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、オンライン診療も

満足のできる診療レベルはできないでしょうからやりませんし、

必要以上に患者さんを通わせて

再診料を稼ぐことだけはしたくありませんので、

今まで通りマジメにやるだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医療機関によっては、副鼻腔炎の患者さんに

週2回も3回も通院させるところもありますが、

当院は基本的には2週間ごとです。

でも、それで治ります。

(栃木県ではマクロライド少量長期のクスリが2週間までしか出せないため)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鳴や難聴で意味のないビタミン剤やストミンAを

延々と出す病院もありますが、

開院当初から、それはやめよう、と妻と話し合っていました。

ストミンで耳鳴が治るはずがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マジメにやって、ダメなら仕方がないっす。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今週は、月曜日、火曜日と、

6月初めての100人越えだったのですが、

今日もまた、ヒマで、こんな時間にブログ書いています。(一一”)

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2020.06.30

夜の街

 栃木県内で、久々に新型コロナウイルスの陽性患者が出ました。

宇都宮市内のキャバクラで、クラスター感染のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近、この「夜の街」が、問題になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初のころニュースなどでは「接待を伴う飲食店」

と言っていましたが、

いわゆる「業者の接待」などでしばしば利用される

「料亭」などと間違われるために

「夜の街」と呼称を飼えたようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「夜の街」というのもビミョーな表現ですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昼間やってるキャバクラやホストクラブってのも

東京あたりならあるのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは基本的にキャバクラ的な

女の子のいる店は好きではないのですが、

好きな人はいるんですよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勤務医時代や、開業してからも、

製薬メーカーの接待が盛んだったころは、

よく2次会と称して、連れていかれたことはあります。

実はよく一緒に接待された薬局の男がダイスキだった。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシとしては、お酒飲むのは大好きですが、

できれば親しい友人と話をしながら飲みたいので、

初対面の女の子、それも

その後また会うこともないかもといったヒトと

話題を合わせて会話をするのがメンドクサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、お金を払って(いや、接待だから自分は払ってないけど)

こっちが女の子の機嫌を取らなきゃならないのかワカリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、なんか言えば、相手は肯定してくれますが、

あっちは仕事ですから、それは当然なので、

そう思うとなんか、ムナシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビジネスでなくて、フツーに女性と話すのは好きなんですけど。

でも、それも、最近は若い子とは世代ギャップあり過ぎてちょっと苦痛かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、キャバクラに行ったことがない方のために説明しますと、

「指名」というシステムがあります。

そんなに偉そうに言うほど、よく知らないのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは女の子の名前も憶えないのでしたこともありませんが、

お客さんが来るとお店の女の子には「指名」がかかり、

さっきまで話していた子は、指名のあった別のテーブルに行ってしまいます。

そうすると、また、別の全然知らない子が来て

イチから話題を探さなきゃいけない、

というメンドクサイことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、おそらくウイルスを伝搬する仕掛けなのではないかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっきょくお店に来た人は、

お店の女の子を介して、他の多くのお客さんとも接触することになるので、

個別に食事をするお店と比べて感染の機会が数倍~数十倍に増えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらにホストクラブは、行ったことないですが、

お客さんはそういったキャバクラ等で働く女性が多いという話ですので、

また、そこから指数関数的に接触感染の機会が増えるものと推測されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく、ともに若いヒトなので、

症状が軽かったり、無症状の人が多いことも

感染拡大の要因でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オレに言わせると、パチンコもそうだけど

キャバクラのどこが楽しいんだかわからないのですが、

でも、これも好きな人はなかなかやめられないんだろうなー。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.29

尻ポケット

 金曜日にちょっとした飲み会があり、

サイフとともにスマホを

ジーパンの尻ポケットに入れて出かけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これまでの季節ならば、

ジャケットや革ジャン着ていたので、

スマホ入れるところがあったのですが、

シャツ1枚になると、収納場所が、ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの一件以降、車に乗るときは

必ず尻ポケットから出すようにしてたのですが、

今回、飲み会なので落としたりなくしたりしないように、

ということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 居酒屋が、座敷だったのが、マズかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、画面が見えなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何回も再起動したがダメで、

電子機器は冷やすといい、と聞いたもので冷蔵庫に入れたりもしたが、

復活せず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、もう修理もなんだから、

この際、新しいスマホに買い替えようかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 土曜日はライブがあったので、

日曜日に携帯ショップに行くことにしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 んで、土曜日のライブの時、

尻ポケットで曲がったのが原因ならば、

逆向きに曲げれば直るのでは?

という考えのもと、試してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうせ壊れても買い替えだし、ということで。

反っているのと反対向きに尻ポケットに入れておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、‥‥‥‥治った!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお、これは今度はそっとして、

と、胸ポケットに入れたら、また見えなくなった。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ならば、とまた、向きに気をつけて尻ポケットに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 復活!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう、わかったぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とりあえず、もうちょっと、このスマホを使うことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたところによると、このiPhone6は、

曲がりやすいので有名、らしいです。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.28

ガニメデ、アコナイに出演

土曜日ガニメデ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応、こういうことになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2週間ぶりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップバッター、イマイユウヤ氏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお店常連の彼ですが、久々のステージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、Yann-E’s。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱演に、ヅラが落ちる。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J-POP、歌謡曲などのほか、

クイーンの曲をアレンジして数多く演奏。

このヅラは、ブライアン・メイだったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんでもって、登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は前代未聞の吉田拓郎セット。

1曲目「春だったね」。

ハモニカムズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回、前々回とローリングストーンズセットだったので、

今回は趣向を変えて全曲吉田拓郎にしたわけですが、

選曲は一ひねりしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中からは吉田拓郎が作ったフジカラーのCMソング。

本人が歌ったものと山口百恵ちゃんが歌った曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、他の歌手に提供した曲。

石川ひとみちゃんの「ハート通信」は誰も知らないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、続いてのキャンディーズ「やさしい悪魔」は

スーちゃんと、ミキちゃんにコーラスお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、もう1曲吉田拓郎作曲の「アンドゥトロワ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 吉田拓郎ファン、というわけでもないのですが、

タマにはこういうのもありかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、やっぱり早くバンドやりてーな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうちょっと、かなあ。

DJカシワセ、ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キャンディーズは、またやりたいかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、テツカズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜も楽しかった。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.27

チフスのメアリー~病魔という悪の物語

疫病関係ではこんな本も読みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この物語は、20世紀初頭のアメリカでのお話。

「チフスのメアリー」とは本名メアリー・マローンといい、

1869年生まれのアイルランド移民。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の話は、前回のロンドンのコレラからは半世紀がたっており、

その半世紀の細菌学の目覚ましい進歩により、

この時点ではチフスはチフス菌(Salmonella Typhi)によるもの

であることは、すでに分かっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時のニューヨークでは

年間3000~4000人ものチフスの患者は出ていたのですが、

集団発生した家庭を調べたところ、

そこで、同じ女性が家政婦として働いていたことがわかったのです。

彼女は過去10年間に8軒の家で賄い婦として働き、

そのうち7軒の家から22名のチフス患者が出ていました。

うち1名が死亡。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雇い主から調査を依頼された衛生士は、

彼女があやしいと考え、ニューヨーク市衛生局に連絡。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまで、まったくチフスの症状がなかった彼女は、

当初、検査を頑強に拒否しましたが、

(大きな金属製のフォークを振り回して抵抗したといわれています)

最終的に警察が介入し強制的に身柄を確保。

検査の上、彼女の便からチフス菌が検出されたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今でいう「健康保菌者」「無症候保菌者」「Healthy Carrier」ですが、

当時は、その概念がよくわかっていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女は島の隔離施設に隔離され、

身に覚えのない彼女は、裁判を起こしますが、裁判には敗訴。

だが、その後、料理の仕事につかないことを条件に

約3年後に施設を出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、メアリーは衛生局と連絡を取りながら

しばらくは洗濯婦など食品を扱わない仕事をしていました。

しかし、その後行方をくらまし、

数年後にチフス発生の施設で

偽名を使って賄い婦として働いていたことが発覚、

今度は25人が感染、2名が亡くなりました。

再び隔離施設に収容され、

今度は、それから23年間生涯そこを出ることはなかったといいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この悲劇の本質はどこにあるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会一般から見れば、

危険な病原菌をまき散らすと知っていながら、

偽名を使ってまで、賄い婦を続けたメアリーは

「恐ろしい魔女」と認識されるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくにそのイメージは、そのことを誇張して書き立てた、

マスコミによって増幅されました。

1909年の新聞に載ったこのイラストが象徴しています。

「チフスのメアリー」と悪意のあるニックネームをつけられた彼女が

フライパンに入れているのは人間の頭蓋骨です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また検査を拒否したり、フォークで抵抗したり、

なんといっても、消息をくらまし、偽名で調理人として働いていた、

ということは「悪意」を持っていることを示しているとも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その一方で、彼女は白人ではありますが、

貧しいアイルランド移民として差別されていた、という背景もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニューヨークには少なくとも100~200人程度の

健康保菌者がいたといわれ、

実際に名前と因果関係が確認され、

隔離の措置を受けた人もいましたが、

生涯を通じて出所がかなわなかったのは彼女だけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女の頑なな性格もありますが、

彼女としては貧しいアイルランド移民であるがために

身に覚えのない冤罪をこうむっている、

という被害者意識があったものと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女のような身分では洗濯、掃除などの一般的な仕事よりも

料理賄人としての方が、はるかに高収入を得られ、

彼女自身も料理が好きで得意であった、ということもあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、何よりも当時の医学の状態では、

「健康保菌者」についてよくわかっていなかったことが多く、

医者としても、自信を持った正確な説明が、彼女に対してできず、

まして無学な彼女には、その事実がよく理解できなかった、

ということが考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後の病理解剖で、

彼女の胆のうにチフスの感染源があったことがわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時の未熟であった医学の診断と治療の隙間に、

彼女は落ち込んでしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 伝染病に関して、公衆衛生的な問題と、人権の問題は

しばしば摩擦を起こします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハンセン氏病の患者さんは、

長年にわたって社会から酷い差別を受けてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エイズウイルスの蔓延が世界的に始まったころ、

同性愛者への偏見、中傷が数多くありました。

また、本来、日常の接触では感染しないウイルスであるのに、

エイズ患者に対する差別も多くありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今回の新型コロナウイルスの場合も、

我が国の医療関係者や、その家族に対し

いわれのない非難が浴びせらることがあったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チフスのメアリーは不幸でしたが、

症例としての彼女の存在は、医学界にとって大きな知見となり、

のちの感染症に対する診断、治療の進歩に寄与しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それとともに、我々は、チフスのメアリーから、

病気に対して正しい知識を持って、

感染症を決して差別の対象にしてはいけないのだ、

ということもまた学ぶべきでしょう。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ