ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.05.28

影響を受けたレコード(国内編)②:「黒船/サディスティック・ミカ・バンド」 

第2弾はコレです。

「黒船/サディスティック・ミカ・バンド」1974年11月5日発売。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加藤和彦氏は日本のフォーク・ロック・ミュージシャンの草分けであり、

1967年フォーク・クルセイダーズとして発表した

「帰ってきたヨッパライ」の大ヒットで、

その名を知られますが、

この曲は当時小学校2年生だったワタシも歌うくらい大人気でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、加藤和彦氏は北山修氏と

名曲「あの素晴らしい愛をもう一度」などを発表、

当時のスタイルはドノヴァンの影響下にあり、

加藤和彦氏のニックネーム「トノヴァン」もそこから来ています。

そういえば、アメリカのボブ・ディランに対して

イギリスのフォークシーンの代表と並び称された

ドノヴァン氏は最近全く噂を耳にしませんが、どうしてますかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、1971年、加藤和彦氏は当時妻だった加藤ミカ氏と

「サディスティック・ミカ・バンド」を結成します。

それまでのフォーク路線からロックへの転向は、

時代の音楽に敏感な加藤和彦氏としては当然の流れだったでしょう。

初代ドラマーはあの「メリー・ジェーン」の角田ヒロ氏、

そしてギターは高中正義氏です。

だが、この頃はまだワタシは小学生。

ほとんど売れなかったらしい「サイクリング・ブギ」は

後追いで聴きました。

CDは持ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシと「サディスティック・ミカ・バンド」の出会いは

1973年10月発売のシングル「ハイ・ベイビー」。

FM東京の番組で、パーソナリティーが、

「サディスティック・ミカ・バンドの曲は変わってる曲が多いですけど、

今度のシングルは、わりと聴きやすいですね。」

と紹介したニューディスクコーナーをエア・チェックしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、この「ハイ・ベイビー」のレコード音源は

Youtubeにはありませんでした。

TVKテレビでの映像がアップされていました。

ドラムは、のちにYMOを結成する高橋幸宏氏、

あー、もう、この時代から、この独特のドラミングです。

いいですねー。

ギターの高中氏は加藤和彦とケンカして、

この時期バンドを離れていたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジオ盤では、最初電話のベルが鳴り、

受話器を上げるガチャッという音のあと曲が始まります。

この直後、フィンガー5の「恋のダイヤル6700」も

電話のベルから始まったので、

ミカバンドのマネじゃん、と思ったことがあります。

曲自体はギンギンのロックではなく、

どちらかというと当時最先端だったフィラデルフィアソウルの

影響が感じられます。

フィラデルフィアソウルの発端ともいえる

この「オージェイズ」の全米ナンバー1ヒットが1973年2~3月ですから、

加藤和彦氏、さすがの早さです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、「黒船」。

実は、デビューアルバム「サディスティック・ミカ・バンド」は

日本ではロクに売れなかったがイギリスで話題になり、

このレコードを聴いた超大物プロデューサー、クリス・トーマスから

プロデュースの依頼があったという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリス・トーマスといえば

ザ・ビートルズやピンク・フロイドもプロデュースした超大物なので、

当時も、いまも、ホンマかいな、

なんかあったんとちゃう?

と思いますが、

とにかく、そういうことになったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レコーディングに450時間かけた、というアルバムは

日本ロック史上にそれまで類を見ないトータルアルバムでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲を寄せ集めたヒット曲集や、作品集とは違い、

1曲1強がアルバムを構成するパーツになってる組曲形式のアルバムを

トータルアルバム、あるいはコンセプトアルバムといい、

ザ・ビートルズの「サージャント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」

デビッド・ボウイの「ジギー・スターダスト」

カーペンターズの「ナウ・アンド・ゼン」

などが有名です。

いわゆる「プログレ」のバンドは多くがこの形式ですし、

先にあげたグリーンデイの「アメリカン・イディオット」

などもこれにあたります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲調もバラエティに富みますが、

それを支えるのは屈指のテクニックを持ったメンバーたち。

ドラムの高橋幸宏、ベースの小原礼、キーボードの今井裕、

そしてクリス・トーマスの要請で、

バンドに復帰したギターの高中正義の組み合わせは、

あとから考えると、とんでもないスーパーグループだったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくにクリス・トーマスが見込んだだけあって

高中正義氏のギターはカッコよかった。

彼はこののちギターをヤマハのSGにかえて、

フュージョン的な曲で大人気になるわけですが、

ワタシ的にはそっちに行っちゃったのがまことに残念。

ヤマハのSGなんて、あんなカッコ悪いギター、

サンタナくらいしか弾かないぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 問題は加藤ミカのボーカルですが、

巷ではヘタクソ呼ばわりされることも少なくないですが、

ワタシは大変良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと、加藤和彦氏の追っかけだったという

加藤ミカ氏はミュージシャンとしてはシロート同然だったはずですが、

手練れのメンバーに支えられることにより、

その奔放な魅力が発揮されたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆に、金子マリやカルメン・マキのような実力派ロックシンガーでは

この味は出せなかったと思われ、

当時のライブ映像でも、そのコケティッシュな魅力が

バンドの大きなアピールポイントになっています。

ちょっと、その後のブロンディのデボラ・ハリ―を連想させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと「サディスティック・ミカ・バンド」というバンド名は

ジョンとヨーコの「プラスティック・オノ・バンド」にあやかって

つけられたものですから、

立ち位置もオノヨーコと同じだったわけです。

むろん、全然ミカさんの方がステキですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1975年次のアルバム「Hot Menu」を録音。

ロキシー・ミュージックの前座として

イギリス・ツアーを行い、

そのロキシーを食うほどの人気を博したミカバンドは、

本格的な海外進出に向け、着実に前進していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、そんな矢先、とんでもない事態になります。

元追っかけの本性が出たのか、

こともあろうにツアー中に加藤ミカさんはクリス・トーマス氏とデキてしまい、

その不倫が発覚した結果、加藤和彦氏と離婚、

バンドは解散に追い込まれることとなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クリス・トーマス氏に見いだされ発展したバンドは、

また、クリス・トーマス氏のおかげで消滅する憂き目にあいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1973年に発表されたこの「黒船」は、

いろいろな偶然によってもたらされた孤高のモニュメントとして、

日本のロック史に燦然とその名を残すことになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.05.27

影響を受けたレコード(国内編)①:「一触即発/四人囃子」

 フェイスブック企画の「影響を受けたレコード10選」は

大変楽しませてもらいました。

「好きな」ではなく「影響を受けた」というところで、

当時の時代背景や、自分の人生を振り返ることができて

大変、興味深かったですし、

新たな発見もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシにとってロックは「ほぼ洋楽」であったので、

10枚すべてが海外アーチストの作品になったのは

まったく当然なのですが、

日本のアーチストのレコードを聴かなかったかといえば、

そんなことはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、影響を受けたレコード、国内編をやってみようと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、そこで問題になるのは

ワタシにとって「ロックの魅力」≒「ロックボーカリスト」

で、あったということと、

「ロックの歌詞」は「英語」に限る、という認識があったことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今では考えられないことですが、

当時は「日本語のロックは成立するか否か」

という問題は常に論じられた問題でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「はっぴいえんど」は日本語ロックの草分けといわれますが、

当時ワタシは「はっぴいえんど」の

どこをどう聴いたらロックに聴こえるのか

まったく理解できませんでした。

(デビューアルバムの「ゆでめん」はLPを所有していましたが。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、ビートルズの英語の発音や、

イアン・ギラン、ロバート・プラントのシャウトを聴くと、

やはり日本人にはロック・ボーカルはムリなのだ、

と自分なりに解釈していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「クリエイション」は高校生の頃人気があり、

曲は全編英語でしたが、竹田和夫氏の発音は、

高校生が聴いてもカタカナ英語にしか聞こえず、

イマイチ、ノレませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「キャロル」の矢沢永吉氏は、

「日本語を英語っぽく歌う」という歌唱法を発明しました。

「キミ」と発音するところを「クッィミィ」というように

日本には本来ない「無声音」を盛り込むことにより、

ちょっと英語っぽく聞こえる、という歌唱法は、

佐野元春や吉川晃司など、後々多くの人がコピーしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、矢沢氏は歌詞は日本語だが、

サビや歌い出しなど重要なところに英語を混入させる、

という手法も開発しました。

これは、もうその後のニュー・ミュージックからJ-POPの

歌詞の常套手段になっていますが、

矢沢氏が、なんとかロックを日本語で

カッコよく歌いたいという思いが生んだ技でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 のちにゴダイゴに入るタケカワユキヒデ氏のデビュー曲、

「走り去るロマン」を聴いた時はショックでした。

1975年に発売されたこの曲を、ラジオで聴いたとき、

その発音の素晴らしさに感動し、

彼が東京外語大の外国語学部英米語科卒ときいて、

なるほど、と思ったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、そんな背景で、初めて日本語のロックで良いと思ったのが、

この「四人囃子」の「一触即発」でした。

1974年6月25日発売。

当時中学3年生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時代はプログレッシブ・ロック・ブームでした。

雑誌「ミュージックライフ」の人気投票では、

「エマーソン・レイク・アンド・パーマー」が

「レッド・ツェッペリン」を抑えて1位を獲得。

「イエス」「ピンク・フロイド」といったバンドが

人気を集めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさに「プログレ」は時代の最先端。

その「Progressive」という単語の意味そのままに

「進歩的な」ロックだったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このアルバムが、日本のロックとしてではなく

「ロックのアルバム」としてすんなり受け入れられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結論から言えば、プログレは

「イントロ~歌~間奏~歌~エンディング」

という構成ではないので、

歌の比重は相対的に低くなっています。

ボーカルスタイルもリード・ギターと対決する

シャウトするボーカルではなく、

アンサンブルの一部として機能するものなので、

「聴かせる」歌はむしろ要求されません。

曲によってはインストもアリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この点が、日本人のボーカルの弱点を、

難なくクリアーしていたので、

非常にすんなりと曲を聴くことができたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、楽曲の良さ、構成力の高さ、

があってのことですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 くわえて「四人囃子」という、ニヤリとさせるセンスあるバンド名、

それに「一触即発」という、

「原子心母」や「危機」と並べても違和感のない

プログレ風のアルバムタイトルもカッコよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、「一触即発」は

ワタシが好きになった日本のロックアルバムでしたが、

それでも一番好きなのはパープルなどの

ハードロックでしたから、ボーカル問題は

解決したわけではありませんでした。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.05.26

ビニールシート

 コメントいただきました。

 

*************************************************************************************************

ビニール。桐生にある某総合病院で受付で垂れ下がっていました。
受付の人は、マスクをして話す。患者には、マスクを受付の人がしているから、声が小さく聞こえる。
なおかつ、このビニール、声が、こもるから余計聞きづらい。
患者は、聞きづらいから、ビニールに張り付いて聞いてましたよ。
ビニールに顔がついちゃうよ。とこちらが心配。
ちなみにこの某総合病院、受付は派遣会社の人なので、不親切です。
貴院は耳鼻科で耳の聞こえが悪い患者さんがいると思います。
どうか、ご配慮を。

**************************************************************************************************

 まったくおっしゃる通り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あのビニールシート、ワタシはたしかにちょっと抵抗があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、当院でもずっとつけていませんでしたが、

医師会から地元の企業から寄付があったので、

希望する医療機関は申し出てください、との連絡あり。

30枚しかない、というのでどうせダメだろうと、

希望を出したら当選しちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すでに自主的につけている医療機関が多かったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、職員に渡したら昼休みにつけたみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに、シートがないと

不快や不安を感じる患者さんもいるかもしれません。

当院に受診する患者さんでも

口は見ないで問診だけでお願いします、

とけっしてマスクをとらない患者さんや、

常にビニールの手袋をつけたままの患者さんもいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マスク取りたくない方は

再診ですし、ノドがどうだというわけでなかったので、

無理にマスクをとらなくてもいいです、

ということでお話で済ませましたが、

いろいろな心配をする人はいるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタッフも、ひょっとしたら

なにがしかの不安があるので、

シートをつけると安心するかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので世間的な慣例に従ってシートがぶら下がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳の遠い方の関しての心配は

あまりないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻科なのでかなり耳の遠い方も来院されますが、

以前も今も、そういった方には職員が待合室まで行って

隣に座って説明や会計をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと、総合病院のような広い待合室ではないですし、

何より、今は空いてて待合室はガラガラなので

普段なら、子供の声とかでうるさいのですが、

今はしーんとしてて、声も良く通りますよ。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.05.25

ようやく資材が届きだしましたが・・・

 一時、品薄だったマスクもこのところだいぶ出回るようになりました。

そんななか、足利商工会議所から、マスクが届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 別に病院だから、ということではなく

年会費を払っている事業所宛で届いたようですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バリバリ中国製。

品質合格がかえって怪しかったりして・・・・。

でも、用途にウイルス予防と書いてないところは

信用できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、マスクはとりあえず助かります。

10枚ですが・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利医師会より、透明ビニールシートも供与され、

一応、受付に貼ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、消毒薬も届きましたが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ん、これは、ヒビテン?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 消毒薬は、ウイルスや細菌の種類によって

効く効かないがありますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えーと、残念ながら主成分の「グルコン酸クロルヘキシジン」は

コロナウイルスのような

エンベロープを持つタイプのウイルスには無効だったような・・・。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
2020.05.24

ワタシの健康を祈るのは・・・

 さてなんだかんだで、5月ももうすぐ終わり。

5月は、ワタシの誕生月。

誕生日13日の少し前、

ワタシ宛に郵送でプレゼント?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 贈り主は生命保険会社。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、使い捨てマスク2枚。(@_@。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つい半月前だが、この当時は、まだ、マスクは品薄で入手困難でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほど、ワタシが新型コロナウイルスに罹って入院でもすれば、

保険金を払わなくてはいけない、

保険会社にとっては損失だからなあ。

だから、心から、健康を祈ってくれるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ