ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.02.26

誕生日のディナー

先週は妻の○○回目の誕生日でしたので

ひさびさに外食に出ました。

いつものお店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしか3年前のこのバースデーディナーの時

例の両崖山の山火事が起きたのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの頃はコロナでこのお店も時短営業でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風のルージュは2006年洞爺湖サミットで提供された

足利ココファームワイナリーのワイン。

フルーティーな味わいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜も美味しいディナーをいただくことができました。

  

 

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 誕生日はいくつになってもメデタイもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また来年もお祝いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに土曜日の外来は14時過ぎまでかかったので、

夜のディナーを考え、またお昼はこんな感じ。

賞味期限が昨年11月に切れてたのでちょうどよかった?

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2024.02.25

指折り数えて待っていた

 ついにこの日がやって来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの日から3か月

今日はついにギブスが外れるかもしれない日。

この日が来るのを指折り数えて、

もとい、指折らずに待っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 診察の結果、今日から外していいでしょう。

ただし、不意の衝撃が伝わらないように、

夜だけは装具をつけてください、

とのことで1か月後に再診。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、やっと取れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかしまだ指はよく動かず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だんだん治ってくるとの話であったが、

ギブス無しは久々なので、まさにおっかなびっくりである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちゃんとギターが弾けるようになるといいのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2024.02.24

ヘグモ新監督、初戦は黒星。

Jリーグ開幕戦は金曜日。

最初、新聞で見たときは何だ、しょっぱなから

フライデーJリーグかと思ったが、

よくよく考えたら、2月23日金曜日は天皇誕生日で祝日であった。

しかもNHK地上波での中継あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このほどサンフレッチェ広島の新スタジアムが完成したため、

このカードが中継に選ばれたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、オープニングセレモニーみたいなものがあり、

国歌独唱がある。

歌うはなんと吉川晃司。

うわ、いやな予感しかしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

果たして、ヒジョーにビミョーな国歌独唱であった。

 

*********************************************************************************

2024年J1第1節

サンフレッチェ広島  2-0   浦和レッズ (エディオンピースウイング広島)

(前半   1-0)

(後半   1-0)

*********************************************************************************

さて、新監督ヘグモ氏を迎え、

オフシーズンに大幅な補強を図ったらしいレッズだが、

残念ながらワタシはまだ全貌を把握していない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨シーズンリーグ最少失点で4位のレッズ、

次いでリーグ2位の失点数でリーグは3位のサンフレッチェ広島。

ともに課題は得点力、という似たような事情のチーム同士の対戦は、

試合開始後レッズの方がより多くいい形を作ったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半終了間際に失点。

失点した時間帯も悪いが、

しかも得点者は新加入のFW大橋 祐紀で、

こういう選手がゴールを決めると、チームも本人も、よっしゃ、行けるで、

と勢いづいちゃうものなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーフタイムにはNHK地上波らしくこんな2人連れをインタビュー。

恋人や夫婦ではなくきょうだい、ということで良かったね。

カップルなら別れるパターンだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、後半、今度は小泉がボックス内でファウルを犯し、

PKを与えてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ここはGK西川の貫禄勝ち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コースを読まれた相手はワクを外す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このPK失敗は、ここで流れをレッズに引き戻すチャンスであったが、

逆に、その直後にサンフレッチェ広島に追加点を許してしまう。

しかもゴールを決めたのはまたしても大橋。

これは痛かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2点目が重くのしかかり、

試合は0-2で終了。

期待のシーズンは黒星発進となってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天皇誕生日で祝日ならば、現地観戦も不可能ではなかったが、

無理して行かなくてよかった。

次節は3月3日のホーム埼玉スタジアムだが、

ちょうどライブと重なって現地参戦出来ず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2024.02.23

天皇陛下、お誕生日おめでとうございます。

天皇誕生日の朝はミゾレであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天皇陛下におかれましてはお誕生日おめでとうございます。

やっとオレと同い年になりましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前にも書いたが今上天皇とワタシは同学年。

ワタシのイトコのヨシコちゃんはまたワタシと同い年で、

学習院初等科だったので陛下とご学友だったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 二人が結婚してればオレも親戚になったかもしれないわけだ。

まあ、ないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレの学年、昭和34~35年生まれ組もそろそろ、

定年退職して年金もらう年になってきましたが、

お互いもうちょっとガンバリましょう、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、テレビで見た天皇陛下は

顔の色つやも良くお元気そうで、

やはりここの家は長生きの家系らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2024.02.22

リモート学会の座長

昨日は、依頼されて学術講演会の座長をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ以降、学会はすべてリモート開催となり、

昨年あたりから、また会場で行う「生」の学会も増えてきたのですが、

昨日はリモート開催でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演者のセンセイは茨城県。

ワタシは足利のニューミヤコホテルの個室で、

2人のメーカースタッフとパソコンの前に座ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リモート学会の出演も、何回か経験しましたが、

やっぱり難しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブ会場だと、聴いてる人の顔や反応が見えるので、

それに対し、またこちらがリアクションもできるし、

なにより聴いてもらってる、という実感があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコンに向かってしゃべるのは、

なんか、誰もいない暗闇に向かってしゃべってるようで、

手ごたえがなく落ち着かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ、ライブはコール&レスポンスが欲しいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 講演の内容は素晴らしいもので、

非常に興味深く拝聴しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり副鼻腔炎と鼻炎は切り離して考えるいことはできないし、

病態は同一患者さんであっても時々刻々変わるものだという

常日頃ワタシの考えていることに合致し、

非常に腑に落ちるところがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 演者の先生は開業医でありながら、

常に新しい知見や方針を試されており、

そこが素晴らしい。

やはり考えない医者はダメだと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春に鼻水、クシャミなら花粉症の薬、

咳が出たら咳止め、

熱が出てインフルコロナ陰性ならカロナールとトランサミン、

というような思考停止した開業医の如何に多いことか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 観察し、分析し、仮説を立て、検証して、証明する、

という科学者にとって基本となる姿勢を、

開業医であっても常に持ち続けるべきだと改めて思いました。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ