ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.04.15

10年タイマー

 10日ほど前から、お風呂の給湯器のリモコンが

888の数字を点滅し始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんだ、故障か?

と思いましたが、調べてみると10年目点検のアラートらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 設置後10年たつと、一度安全点検を受けましょうという意味で、

この数字が点滅するのだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 設置の時に説明があったかもしれないが、

妻もワタシも記憶の片隅にもなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 取り扱い説明書なんかもどっかいっちゃってたのですが、

こういうときインターネットは便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メーカーに連絡をして、点検を予約しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、昨日無事点検を受け、

問題なし、ということになったのですが、

1万1000円かかりました。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても10年タイマーってスゲエな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べてみるとたしかに2011年の4月に

風呂釜を新しくしたことがブログの記事にありました。

しゃべる風呂釜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この日付が2011年4月26日火曜日で、

直ったのが先週末とあるから4月24日とかそこいらへん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この月のブログを見ると、

ちょうど妻が北海道で1回目の股関節の手術で入院中。

あれから10年たつのですね。

その後反対側も手術して、

おかげ様で今では歩行は何の問題もないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他には、その年の3月に起きた東日本大震災のことや、

キャンディーズのスーちゃんが亡くなった、

などという記事がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、スーちゃんも亡くなって10年なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、このタイマーはいつからカウントして10年なんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 給湯器に時計はついてるけど、

雷とかで停電してそのまま時刻合わせしないときもけっこうあったし、

そもそも設置から丸10年まではまだ半月ほど早かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時計とは別に内蔵されたタイマーなのか、

すると開始は工場出荷時なのか、

それとも・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、風呂釜のおかげで

10年前の4月を振りかえることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、今後はどうか、ということですが、

タイマーとは別に何かカウンターみたいなものが内蔵されてて

給湯器の使用回数がある数値を超えると、

今度は消耗部品の交換修理になるそうだ。

いろいろ、念が入ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度は888の次で777が点滅するのだろうか。

そして、その次、悪魔の数字666が点滅すると、

いよいよ最期のときとか・・・(;゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.14

トラホーム

このあいだ、「流行性角結膜炎」を調べていたら

この病気がかつてアメリカで「Shipyard eye」

と呼ばれていたことが書かれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「造船所の眼」というのは、

造船所の従業員に流行したから。

しかし、その原因は造船所の労働者が眼の外傷の際、

眼科に受診し、その眼科医の手によって

医原病的に伝染し流行したもののようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういや、子供のころの眼科検診は、

眼科の先生がまぶたを手でひっくり返して裏側を観察してましたが、

そのうち病気を伝播する、ということで

やらなくなったようなんですがどうなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眼科検診のあとはまぶたを翻転されるので、

しばらく目がゴロゴロしてヘンな感じだった。

校医のセンセイの指がやけにザラザラしていた感触が

記憶に残っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシは「トラホーム」という失明しちゃう怖い病気があって

おそらくそれの発見のためだと思いますが、

眼科の知識に乏しいので間違ってたらゴメンナサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 保健室には赤く腫れたトラホームの目の絵が必ず貼ってあった。

なかなか、グロくてコワかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 わが国では1919年(またまたスペイン風邪の年!)に

トラホーム予防法が公布されましたが、

昭和58年に廃止されたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トラコーマの原因は

クラジミア・トラコマティスという細菌なんですが、

大学生の時にトラコマティスだからトラコーマなのか、

と腑に落ちた覚えがあります。

ペニシリン系の抗生物質は効きませんが、

マクロライド系、テトラサイクリン系、

ニューキノロン系の抗菌剤が著効します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところでトラホームともトラコーマとも言いますが、

英語読みとドイツ語読みの違い。

これは「Trachoma」のchが英語では「カ行」の発音だが

ドイツ語では「Trachom」のchは「ハ、ヒ、ホ、フ」に似た音になります。

ミハエル・シューマッハの英語読みは

マイケル・シューマッカということ。

「トラホーム」というと「パナホーム」みたいで住宅会社ぽいですが。

ムカシは医学用語はドイツ語が主流でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、ムカシの眼科医院の広告看板には

目玉の絵(しかも必ず一個だけ)が描いてあったけど、

最近は見ないっすね。

ブロック塀とか電信柱とかにありましたね。

あれもけっこうコワかった。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.13

新型コロナウイルスは撲滅できるか

 昨日のブログで新型コロナウイルスは流行性疾患になるか、

というお話をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスが完全に消滅することはあるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで思い出されるのは

20世紀における医学生理学史上の金字塔である

「天然痘の撲滅」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつて感染性も致死率も高く、

20世紀までに最も多くの人間を死に至らしめたといわれる天然痘は、

そのワクチンと防疫の努力によって1980年に撲滅宣言が出されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ天然痘ウイルスを地球上から駆逐できたことの背景には

いくつかの重要な要因となるこの病気の特徴がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それらは天然痘は

①終生免疫が獲得されワクチンの効果が非常に高いこと

②ウイルスに1つの型しか存在しないこと

③自然宿主となる動物が存在しないこと

④感染の潜伏期間が12日と短いこと

⑤感染すると必ず症状が現れること

でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを新型コロナウイルスに当てはめてみると

①ワクチンの効果はそれなりに高いようだが、終生免疫はどうもなさそうだ

②ウイルスは現時点でも次々と変異し新種が出てきている

③自然宿主としてはコウモリが想定され、他の動物への感染の報告もされている

④潜伏期間は数日から2週間程度でエイズなどのように数年に及ぶことはなさそうだ

⑤感染しても無症状の人が感染源になることがわかっている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ①と④は不確定ですが、仮にこれがクリヤーできても

②③⑤は完全にアウトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、ここまで世界じゅうに広がった新型コロナウイルスが

撲滅される可能性は無いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウイルスの変異が弱毒化につながれば、

変異株が従来の新型コロナウイルスを駆逐して、

より感染力の強い、そしてより軽症のウイルスが

主体になってくれるといいのですが。

これはウイルスパンデミックでしばしば起こる現象ではありますが

今のところは何とも言えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 期待されるのはワクチンの普及による集団免疫の獲得が、

ウイルスの変異のスピードを上回れば、

従来の風邪やインフルエンザと同じような存在になることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現時点ではファイザー社のワクチンに最も期待がかかりますが、

なかなか供給が追い付かないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっそ、ファイザー社がワクチンのレシピを世界に公開して

世界中のワクチン会社がそれを生産する、

という体制はできないのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.12

流行する病気

そんなわけで、流行性感冒という病名は今や姿を消しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在「流行性~」と称される疾患は

「流行性耳下腺炎」と「流行性角結膜炎」の

2種類にほぼ限られるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「流行性耳下腺炎」はいわゆる「おたふくかぜ」で

病因はムンプスウイルスの感染です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムンプスウイルスは終生免疫なので、

一回かかると2回目の罹患はなく、

予防接種も普及したので、

今は「流行」することはあまりなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「流行性」もいずれ消滅するかも?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、潜伏期間が1から3週間と長いのと、

耳下腺が腫れる前から感染力があるので、

集団保育での完全な隔離、防御が難しく

大流行ではないが、だらだらと発症者が続くことはあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽうの「流行性角結膜炎」は

「アデノウイルス」による眼の病気で、

これは今もけっこう流行するようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛沫やエアロゾル感染はなく接触感染なのですが、

アデノウイルスは種々の物理学的条件に強く、

新種を含めた多くの亜種があるので、

保育園、学童を中心に夏場を中心に流行しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「流行性」という意味では、

冬場に流行るノロウイルスやロタウイルスの胃腸炎の方が

はるかに流行性は高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、コイツらは「感染性胃腸炎」とは言いますが

「流行性」とは言われてきてませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 眼が赤く腫れたり、ほっぺたが膨らんだり

といった独特の症状に比べれば、

嘔吐や下痢は他のことでもよく起こるので、

あまり問題にされなかったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 または下痢を起こす感染症には

歴史的に「コレラ」や「赤痢」

といった恐ろしいものがあるので、

むしろ「それ以外」ということでくくられていたのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、便が白っぽくなるロタウイルス胃腸炎については

「赤痢」に対比して「白痢」という呼び名もありました。

学生のころ習いましたが今はあまり使わないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、新型コロナウイルスが、今後終息するのか、

それともインフルエンザのように、

毎年決まった時期に流行を繰り返す病気になるのか、

注目に値するところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.11

流感を知らない子供たち

昨夜はNHKで放送されたドラマ「流行感冒」を見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは1918年8月から1919年7月にかけての

わが国でのスペイン風邪の第1波の大流行をうけて

志賀直哉が1919年4月に発表した小説のドラマ化だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、当時の日本でのスペイン風邪に対する出来事と

今の新型コロナウイルスのパンデミックと対比させて見てもらおう、

という意図のもと企画されたドラマでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1919年といえば、大正8年。

実はうちの父は大正8年1月3日生まれだったので、

すごいときに生まれてたんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマはなかなか面白かったですが、

新型コロナウイルスの流行あってこその面白さともいえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、新型コロナの流行がなかったら、

あー、昔は検査キットもタミフルがなくてタイヘンだったなあ、

という感想だったかもしれぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、過去の文学作品の中のスペイン風邪という件では、

ちょっと前にこんな本も読みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはやはり明治、大正、昭和の文豪菊池寛が

当時のスペイン風邪を題材に1920年7月に発表した小説です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主人公は恰幅はいいが内臓が弱く、

流感にかかったら死んでしまう、

と医者に言われた作家ですが、

おそらく菊池寛本人のことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小説の舞台は

5月に市俄古(シカゴ)の野球団が来て早稲田と試合をした、

と書いてあるので、

調べるとやはり志賀直哉と同じく1919年、大正8年の東京です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2つの作品を合わせると、

当時のスペイン風邪に対する日本国民の受け止め方が

立体的に見えてきて大変興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、どちらも病気の名前については

スペイン風邪ともインフルエンザともよばず

「流感」となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「流感」とは「流行性感冒」の略で、

当時インフルエンザはこう呼ばれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに志賀直哉の方のタイトルは「流行感冒」ですが、

これは作家が意図的にこう表記したか、

勘違いした変わりませんが、

「流行性感冒」が正しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、今は使いませんが、

ワタシが小学生くらいの時分にはたしかに

「流行性感冒」「流感」という言葉を使っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつからインフルエンザになったのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、インフルエンザという言葉もあったので

予防接種は「インフルエンザの予防接種」だったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その一方、1968年に従来のH1N1型から新たに流行した

H3N2型の新型インフルエンザは

「新型インフルエンザ」ではなく

「香港風邪」と呼ばれたのを覚えています。

ワタシが小学校3年生の時でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1977年から1978年にかけて大流行したH1N1は

ソ連風邪と呼ばれていました。

でもこのころは(インフルエンザ)Aソ連型、

という名称も良く使われたような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このころからか

インフルエンザは風邪では無い、区別しよう、

という動きがすこしずつ出てきたとみられ、

「流行性感冒」の名称が使われなくなったのかもしれません。

ちなみに1974年出版の小松左京氏の「復活の日」では

「流感」という言葉がまだ使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらにネットで検索していると

2010年前後に書かれた記事で、

「今ではインフルエンザとフルネームで呼びますが、

そのうち「インフル」などと略されてしまうかもしれませんね」

などと書いてあるのを発見しました。

ことばウラ・オモテ」(2009年)

死語(164)流感」(2012年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今やもう「インフル」が普通ですね。

言葉の移り変わりのスピードは昔より早くなってるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて現在の「新型コロナウイルス」、

5年後、10年後には何て呼ばれてるんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リンクを引いたNHKのコラムでは

当時の新語「ドメスティック・バイオレンス」が

将来的に「ドメバイ」と呼ばれるか、

という議論が書いてありますが、

これは今はこの時は予想もされなかった「DV」になっていますね。

だから「新コロ」にはならないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ