ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.02.16

アシコタウンで高齢者3回目接種

昨日はアシコタウンで新型コロナワクチンの集団接種でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後12時50分集合なので、

午前中の診察を終え、慌ただしくラーメンをつくって食べ

そのまま出かける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は足利市が運営する集団接種。

対象は65歳以上の高齢者です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間の栃木県の運営する集団接種の時には

ガラガラだったので、今回も大したことはないのかな、

と思っていましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何と、2時間の枠に250人ほどの予約が入ってますとのこと。

ここもモデルナワクチンですが、大人気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医者が2人で2時間で250人というと、

予診は接種対象者1人あたり1分以内で2時間ほぼ休みなくぶっ通し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って事で、予想外に大変でした。

そのまま大急ぎでとって返して、午後の外来。

昼休みの集団接種はキツイなあ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.02.15

抜群の内容でスーパーカップを獲る

前年のJリーグチャンピオンと天皇杯王者が戦う

スーパーカップ。

昨年までは「ゼロックス スーパーカップ」であったが

今年から「フジフィルム スーパーカップ」に

名称が変更になったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

王者同士の対決とはいえ、

その実は1週間後にリーグ開幕を控えた、

ムード盛り上げのためのプレシーズンマッチではありますが、

タイトルマッチには変わりありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、何といっても最大の注目点は新チームの仕上がり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんせ、リカルド・ロドリゲス監督は2年目にして

さらに独自色を出すべく、数多くの選手を新たに加入。

ベンチメンバー18人中、実に7人が今季新加入(赤文字)。

その他の選手でも昨年途中から加入などかなり多いので

ロドリゲス監督就任前から在籍してる選手は

GKの西川を除けば、

フィールドプレイヤーは岩波、関根、柴戸の3人のみ。

これだけ、メンバーが変わったのは過去に例がありません。

 

<スターティングメンバー>
GK 西川
DF 酒井、岩波、ショルツ、馬渡
MF 関根、柴戸、岩尾、伊藤
FW 江坂、明本
SUB 彩艶、犬飼知念宮本安居、平野、松崎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対する相手は昨年リーグ連覇を成し遂げ、

現時点でのリーグ最強チーム、川崎フロンターレ。

レッズは昨年初めに0-5でボロ負けし、

その後の対戦は3戦とも引き分け、勝ちがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この難敵相手にどんな戦いになるかと思いましたが・・・

*************************************************************************************

2022年フジフィルム スーパーカップ

川崎フロンターレ  0-2    浦和レッズ (日産スタジアム)

    (前半   0-1)

    (後半   0-1)

*************************************************************************************

驚きましたね。

新メンバーでのこのコンビネーションの完成度はどうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川崎に王者のサッカーをさせず、

チャンスの芽をことごとく摘み取っていく。

ボールへの反応が早く、ディフェンスの連係が非常にいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、攻撃は、早い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一点目も、守備からゴール前まであっという間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに驚きは、途中交代で新加入の選手を次々投入するが、

皆、長年やってきた間柄のように有機的に連携している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでの仕上がりは、

2006年のゼロックス・スーパーカップで

ガンバ大阪を3-1で下したあの試合以来。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今シーズンの出来を占うファーストゲームだが、

天皇杯王者としてスーパーカップを征した2006年シーズン、

レッズは初の年間チャンピオンに輝くことになったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いうことは今年はその2006年以来の

Jリーグチャンピオン獲得か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、さすがにそれはまだ気が早いけれど、

ともかく、ここ18年間では最も期待できるシーズン開幕になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2022.02.14

抗原検査の陰性

 発熱があり、コロナが疑われた場合は

今のところ、抗原検査とPCR検査を組み合わせて診断しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抗原検査はその場で診断でき、

結果が出るまでが早くていいのですが、

ウイルスが一定量無いと反応が出ないため、

検査陰性イコールコロナでは無かったとはいえません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽうPCR検査はウイルスの遺伝子を

連鎖反応によって増幅させて検出するので、

微量のウイルスでも反応が出ますが、

時間がかかるのが難点です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、当院では症状が強い、病歴から感染が濃厚、

という方にはまず抗原検査を、

そうでない方にはPCR検査を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抗原検査で強陽性が出れば、

その時点で新型コロナ感染者と診断しますが、

陰性の場合はさらにもう一度検体を採取し

PCR検査にまわします。

陽性でも反応が薄い場合は偽陽性もあるので

逆にコロナでない場合もあるので要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはコロナだな、と思う人に抗原検査をするので

これはだいたい当たります。

みんな瞬間的に陽性ラインがくっきり出ます。

いままで抗原検査陰性でPCR検査を改めて採った人は

一人だけでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、何でもかんでも抗原検査をして、

あとは何もしないという医療機関があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 土曜日に受診した若い女性は

37度台の熱があり、ノドの痛みで水曜日に某病院を受診し、

抗原検査が陰性で、抗生物質だけ出されたという。

PCR検査は時間がかかるから、と言われたそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抗原検査陰性はコロナの疑いが晴れたわけではないし、

風邪には抗生物質は出すべきではないし、

いったい、ナニ考えているんだか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おまけにカロナールやロキソニンといった

解熱鎮痛剤が一日3回飲むように出てたりします。

これでは、熱があるのかないのかわからないし

病気が遷延化、重症化しかねません。

コロナだった場合、熱が下がったと思い

会社や学校に行って感染を広げることになります。

急性熱性疾患の解熱鎮痛剤は頓服で、

という基本の基からして間違っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この方も自分では熱が下がったから大丈夫と思っていましたが

解熱剤で下がっていただけかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 薬局の検査でも、医療機関で受けた検査でも

抗原検査の陰性は陰性証明ではありません。

市販の風邪薬(解熱鎮痛剤が入ってます)や

医療機関で出された解熱剤を飲んで

熱が下がったからといって、

会社や学校、保育園などに決して行かないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その場合はどこかでPCR検査を受けるか、

症状が完全になくなるまで

人と会わずに自宅待機をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、先ほど述べた

他院で抗原検査陰性で当院受診した方は、

PCR検査の結果は「陽性」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういった人が「病院で陰性といわれた」といって

社会にコロナを広めていくのだなあ。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.02.13

デルタ株、消滅

よっしゃー ( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いんでないの、いんでないの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほら見ろ、オレが言ったとおりになってきたではないか。

オミクロン株が地球を救う?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いたのは昨年12月3日。

ナミビアからの外交官が成田空港で

日本で初めてオミクロン株感染と発表されたのが

11月30日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれから、あっちゅうまでしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、ちょっとです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このまま、だらだらとオミクロン株が沈静化すれば、

コロナの出口も見えてくるというもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのためにもここは3回目のワクチン接種が大事だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうちょっとですよ。

ガンバロー。

 

コメントはまだありません
2022.02.12

雪の日はシチュー

 2月10日は、雪が降る降ると、

ずいぶん前から騒いでいましたが、

結局、足利市の降雪量はゼロ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝方と、日が暮れてから雪になりましたが、

大部分の時間帯はほぼ雨でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この前に東京や埼玉で雪が降ったときも

足利はまったく何も降りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、11日の積雪量を見ると、

足利周辺だけぽっかり抜けています。

毎度のことながら、ここはもう結界がはられてるとしか

言いようがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも夜は雪になったので、

雪を求めて(?)散歩のコースは鑁阿寺まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 雪になってはいましたが、

ミゾレ的な重いびちょびちょの雪でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、雪中梅はなかなか趣がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 家に帰って、寒いのでこんな日はシチューにしようと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 寒い雪の日、クリームシチューのイメージは

ハウス食品のコマーシャルによって

子供のころから刷り込まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 てなわけで、作るなら今夜だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大変美味しく、温まりました。

やっぱ雪の日はシチューだ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、1箱10皿分なので、半分使って鍋いっぱいに作り、

妻にも分けて、

オレはたぶん2皿分くらい食べて、

残った分は食べきれないのでタッパーに入れて冷蔵庫にしまった。

それとは別に、なお、あと5皿分のシチューミクスが

顆粒状態で残ってるんですが。

と、なるとあと、3,4回はシチューを食べないといけない。

今度の日曜日も雪が降るかもと言ってますが、

足利はたぶん降らないと思う。

残りのシチューをいつ食べるかは、問題だ。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ