ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.02.10

ワクチン接種の順番

 

 2月9日の朝刊では、ワクチンの話が一面でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチン接種の順番としてはわれわれ医療関係者が一番だそうで、

先日医師会に名簿を提出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 優先順位としてはいろいろな考え方があり、

重症化しやすい高齢者、合併症を持った方ににまず接種、

という考え方もあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 重症化や死者の増加を防ぐ、

という観点からはそれが妥当なのですが、

なぜに、医療従事者からなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 病院に入院してる方や、介護施設にいる方に、

ウイルスを伝搬するのは、その周りにいる医療従事者だから、

という考え方はあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、新型コロナウイルス疑いの人が医療機関に受診する場合はもちろん、

その他感染症以外のの患者さんが

安心してかかりつけ医に受診できるためということが

一番の理由だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、もう一つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このワクチンは、まったく新しいワクチンで、

まだ、半ば実験段階にある、ということがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それなりの副反応は予想されますし、

今後新たに未知の事象が生じる恐れもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医療従事者であれば、万が一の場合にも、

医学的な知識があるから、

一般のヒトよりも正しい判断と対応ができるであろう、

ということ。

これは、無いとは言えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初に高齢者や、合併症を持つ患者さんに接種して、

副反応が出たり、重篤なインシデントが発生した場合、

マスコミが大々的に報道して、

その結果、国民がワクチンに対して拒否反応を持ってしまうとマズイから、

ということはあるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレは実験台か(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、当然打ちますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチン接種によるメリット、デメリットを考えた場合、

現状では明らかにメリットの方がはるかに大きいこと、

そしてもう一つ、

予防接種というのは個人のためのものではなく

社会全体のためのものだからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たとえ自分が病気にかかって軽く済んでも、

そのために他のヒトビトに病気を広げてしまったら、

ダメ、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、マスコミ各社は、

ニュースやワイドショーのネタとしての

副反応や有害事象の発生を心待ちにしてるんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.02.09

核酸ワクチンとウイルスベクターワクチン

新型コロナウイルスに対するワクチン接種が

いよいよ日本でも始まろうとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現時点ではファイザー社、モデルナ社のmRNAワクチンと

アストラゼネカ社のアデノウイルスベクターワクチンが入ってくるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mRNAワクチンについては、この間書きましたが、

ワクチンとは病原体を認識させるものを体に取り込み、

ワレワレの免疫システムがその病原体の「顔認証」を行うことで、

その病原体に対する抗体などの特異的免疫を得るものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従来のワクチンは病原体そのものを弱毒化、不活化させて、

病気が起こらない程度に感染させて免疫を得るものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

核酸ワクチンとは、

病原体の設計図である遺伝物質を体に取り込ませて、

その情報をもとにワレワレの細胞にウイルスの一部を作らせて、

それを「顔認証する」というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実物ではなく、設計図を送り込むことで、

犯人の顔を覚えこませる仕組みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのmRNAはヒトの細胞内に入って初めてタンパクを製造できます。

細胞外では分解されちゃうので、

それを細胞内に取り込ませる必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイザー社やモデルナ社のワクチンは、

mRNAを脂質ナノ粒子で包むことによって、

細胞内に取り込ませることができるそうなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、細胞内でmRNAの情報をもとに

ウイルスの特徴的な部分が(この場合スパイクタンパク)合成されるため、

その細胞は見た目、ウイルスが感染したかのような顔になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これをウイルス感染細胞と判断して、

まずはT細胞(ナイーブT)が活性化し、

ウイルスの顔を持った細胞を攻撃する特異的T細胞、

いわゆるキラーTになります。(細胞性免疫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、この疑似ウイルス感染細胞が死ねば、

その情報が樹状細胞によって伝達され

B細胞が特異的抗体を作ります。(液性免疫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題点としてはmRNAを包む脂質ナノ粒子が壊れやすいため、

超低温で冷凍し、かつ輸送中の振動も避けなければならないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超低温の冷凍庫や舗装道路での輸送が必要となるので、

発展途上国では利用が制限されそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つの核酸ワクチンであるアストラゼネカ社のワクチンは

ウイルスベクターワクチンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベクターとは何か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「vector」はワレワレが数学で習った「ベクトル」です。

数学では「ベクトル」は「大きさと向きを持った量」でした。

「大きさのみの量」が「スカラー」でした。

こんな奴でした。{\displaystyle {\vec {a}},\ {\vec {b}}}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでいう「ベクター」とは「媒介生物」という意味です。

感染症の場合の蚊とかダニとかを指しますが、

さらに遺伝子に組み込まれて遺伝情報を伝えるRNA、DNA分子のことを指します。

そのために、別のウイルスを利用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原理は細胞に侵入できる別のウイルスに

コロナウイルスのスパイクタンパクのmRNAを組み込み、

ヒトの細胞内まで運んでもらう、ということです。

ウイルスが遺伝情報の運び屋になるわけです。

ウイルスはナノ粒子より安定なので、

極端な低音冷凍の必要はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「運び屋」役はチンパンジーのアデノウイルスを用いるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チンパンジーのアデノウイルスは

ヒトの細胞に侵入できるが増殖できないため、

アデノウイルスが発症することがないからでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒトのアデノウイルスを使うと、

すでに抗体を持ってる人には注射しても免疫でウイルスが破壊されてしまいますし、

罹ったことがない人だとアデノウイルス感染症が発症してしまう場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということは、ひょっとしてこのワクチンは1回しか打てないのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1回目のワクチン接種で、

新型コロナウイルスに対する免疫とともに

チンパンジーのアデノウイルスに対する免疫も

ついてしまうと考えられるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから、2回目は細胞に侵入する前に

抗体によって爆破されてしまうのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

免疫がついてればいいので、2回目も同じワクチンで良いのかなあ。

だがチンパンジーアデノウイルスに対する免疫と、

新型コロナウイルスに対する免疫が同等につく保証はないし・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よくわかんないので調べてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、ワレワレが接種を受けるのは

ファイザー社のワクチンのようですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.02.08

男子厨房に入る

新型コロナウイルスのステイホームの前から、

朝食、夕食は自炊でしたが、

コロナ以降、昼食もほぼ完全自炊になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがけっこう楽しい。

ほうれん草とベーコンシメジのパスタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親子丼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牛丼。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間はきんぴらごぼうも作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソース焼きそば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カレーうどんもレトルトではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナポリタンはもうお手の物。

タマネギ多目が好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週金曜日スイミングの帰りに10時ころスーパーに行くと、

モヤシが2パック10円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賞味期限まであと数時間でしたが、

ふとこないだの記事を思い出し、

何となくこのままではモヤシがフードロスになってしまう、

と、殺処分になる保護犬を救うような気持で買ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そいで、その晩はハムとキューリのモヤシ和え。

横はやはり半額28円だったコロッケ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして翌日昼は上海風焼きそばでモヤシを消費。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、夜はモヤシと牛肉と宮のタレで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モヤシ完食。

やっぱ、宮のタレ最強だな。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.02.07

コロナ禍

 昨年の新語、流行語大賞へのノミネートはなかったが、

「コロナ禍」というのは、

間違いなく昨年生まれ、かつ多用された言葉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「禍」は「わざわい」で、

以前から「戦禍を被る」とか「大地震の災禍」などの言い回しのほか、

「台風禍」「洪水禍」「津波禍」などが

新聞の見出しなどにしばしば使われていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この言葉、昨年後半から「コロナ禍でライブハウス苦境」

とか「コロナ禍で消費落ち込む」などと、

日常的に非常に多く用いられるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、途中から「コロナ禍の働き方」とか「コロナ禍の成人式」とか

なんていう言い回しが出てきて、

これは「コロナ禍」と「コロナ下」が混同されてるぞ、

と感じてきていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「コロナ禍の状況での働き方」や「コロナ禍の年の成人式」

というべきだろう、と思っていたら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の新聞には

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、もう「コロナ下」という言葉も生まれたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、きっと最初は誤用、勘違いだったとは思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、この「」という字、

当初は「」と間違えていた人が結構多かったみたいで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほど「うず」に巻きこまれる、という感覚もなくはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、バンド仲間のアヤちゃんは

しばらく「コロナ鍋」だと思っていたそうで・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食べ放題ダイスキ、食いしん坊の彼女らしい。(≧◇≦)

 

 

 

コメントはまだありません
2021.02.06

2021年のスギ・ヒノキ花粉症

 たぶん花粉が飛んだであろうこの土日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金曜日、土曜日と花粉症の薬をとりに来られる患者さんで、

かなりの数の方が来院されました。

金曜日は200人近く、土曜日も半日で130人余りは、

コロナ前の9割程度にはなるのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年受診される方は、血液検査の結果に応じて

薬を2か月から3か月分、つまり1シーズン分まとめてお出ししているので、

電子カルテの前回受信日を見ただけで、

来院目的がわかっちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今シーズンは昨年より花粉飛散量が多い予想ですので、

薬のほか、花粉回避もしっかりしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年は、花粉の最も多い時期に

最初の緊急事態宣言が出て、

学校が一斉休校になりましたから、

花粉症の症状が軽く済んだ人が多いと思います。

今年は学校がありますから曝露の機会は増えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また昨年はマスク不足でしたが、

今年は逆にマスク習慣が定着したので、

そこは非常に良いのですが、

室内の換気が推奨されていますので、

今まで症状が起きなかったオフィスや店舗の中でも

花粉が巡っていますので要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 学校の教室も強制的に換気されてるでしょうから、

授業中マスクはもちろん、

ウインドブレーカーなども脱がない方が良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、何年か前、

某ドラッグストアだったか、

レジ打つ人は会社の方針でマスク禁止なので、

花粉症の時ツライです、

と言ってた患者さんがいたなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今はまさかそんなことは無いでしょうから、

コロナ禍によるマスク習慣は、

花粉症の人にとっては良かったことですね。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ