ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.08.29

ジャワカレー

 もう8月も終わるが、あまりに暑いので、

そうだ、暑いうちにもう一回くらい鮎食べに行かない?

と妻と話し、日曜日のお昼に行く予定でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、念のためにホームページをチェックしたところ

緊急事態宣言を受け、店舗での飲食中止し、

テイクアウトのみ、との記載。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、鮎は焼き立てをその場で食べてこそ、

とのことで、今回はあきらめて自宅で

千葉真一氏の訃報で急に食べたくなった(?)ハウスジャワカレー。

辛さがウリのジャワカレー。辛口

辛口を買う勇気が無く中辛に。

辛味順位ではクラス4でクラス3のバーモントカレー辛口より辛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午前中から仕込みます。

ニンジン、タマネギ、ジャガイモと豚肉小間切れ。

余っていた冷凍のシーフードミックスもぶち込みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルーのほか、クミンシードとガラムマサラを少々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 じゅうぶん煮込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近カレーはよく作るので手慣れたもの。

(もともと大した料理じゃないけど)

例の海上自衛隊のカレー皿とスプーンで。

千葉真一氏を偲びつつ頂きました。

次回は辛口にチャレンジしてみるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 のんびりカレーを食べながら考えてみると、

今日は8月最後の土日、

小学生、中学生は残った宿題をかたづけるため、

大変な週末になっていることでしょう。

 

 

コメントはまだありません
2021.08.28

不織布マスクNGの音楽イベント

群馬の音楽イベントで不織布マスクNG、

という件がネット中心で話題になっているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渋川市でライブハウスを始めた知人が、

緊急事態宣言で休業、自粛に追い込まれてるのに

何だ、コレは―(# ゚Д゚)、

とFacebookに投稿してたので知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーと、グンマで野外音楽イベントあったかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンド仲間は群馬県に最も多いので、

野外音楽イベントなどあれば、それについて

出演します、とか見に行きます、

などの投稿があるはずですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは音楽イベントといっても

バンドではなく、ダンスイベントですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、最近はDJと呼ばれる人が音楽をかけて

ダンスグループがステージでパフォーマンス、

お客さんはそれに合わせて踊る、みたいなものは多いらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、音楽イベントといってもバンドではないので

バンドイベントもダンスイベントも好き、

という一般の人はいるかもしれないが、

バンドやってる人種はおそらくダンスイベントには

まず興味ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、このコメントはヒドイ。

 

 

主催者のコメント

「割とダンスパーティーはマスク着用率が悪い」

って、マスク着用率の悪いことが前提?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

印象としてはバンドやってるのは中高年が多いが、

ダンスはほぼ若者でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういった、意識の低い層が

着実に新規陽性者数を増やしているわけだ、

ということで、妙に納得(?)しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これによって、また

真面目に感染対策に取り組んでいるライブハウスが

ワリ食わないといいのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、ウレタンマスク、布マスクは

不織布マスクに比べて感染予防効果がかなり低いことが

わかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも昨年、不織布マスクが手に入らなくなったときに

「代用品」として広まったと思うので、

最近、やっとあのあやしいマウスシールドは姿を消しましたが、

今は、可能な限りマスクは不織布のモノを使いましょう。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.08.27

ワクチン接種と実際の感染で抗体価はどちらが高いか

新型コロナウイルスに一度かかったヒトが

また2回目にかかる、というニュースがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このメカニズムはこの間の

ブレイクスルー感染」の話を読んでいただければ

当然であることはご理解いただけると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

獲得免疫というのは病原体の認識が重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクチンも、感染も同じように体の免疫系が

「新型コロナウイルス」というものを「認識」し、

さらにそれを「記憶」し、

次の感染、病原体の侵入に対して抗体などを準備します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、それでは実際に新型コロナウイルスに感染した場合と

ワクチンを打った場合とでは、

どちらがより確実に「免疫」を獲得できるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般には、例えばはしかや水ぼうそうに実際に罹った人は、

終生免疫を獲得し、2度かかることは通常ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その一方、はしかや水痘のワクチンを受けても

抗体価が十分に上がらなかったり、

あるいは上がっても時間とともに抗体価が低下し、

はしかや水ぼうそうにかかってしまう、

ということは珍しいことではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクチンとは不活化あるいは弱毒化した病原体を体に注射して

その「人相」「指名手配写真」を体に覚えてもらう、

というモノ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手配写真といってもそのものずばりでは感染してしまうので、

例えば、2重3重にコピーしたもののように

細部がぼけたような手配写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、インパクトが弱く、

抗体の量も、持続もホンモノには及びません。

やっぱりシミュレーションは実体験には勝てないな、

といったところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、驚くべきことに

新型コロナウイルスに関していえば、

ワクチン接種により得られる抗体の方が、

実際に感染して得られる抗体よりも

強く、長く続くということがわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは何故か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはメッセンジャーRNAワクチンという

新しいワクチンの原理によります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 病原体が侵入したとき、

免疫系はそれを取り込んでその情報を記憶します。

バラバラに分解されたウイルスの、

各パーツを認識するのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、新型コロナが身体に侵入するときには

その中で「スパイクタンパク」と呼ばれる

トゲトゲの部分を使うので、

ここに対する抗体がウイルス感染に対して有効に働くわけです。

他の部分に対する抗体はウイルスにくっついても

侵入を防げない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところがmRNAワクチンはこの新型コロナウイルスの

「スパイクタンパク」をつくる部分だけを切り取って

つくられていますから、

ウイルス撃退に必要なポイントに絞って

効率よく抗体を作ることが出来るのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、最初に述べたように

従来の不活化ワクチンなどは

病原性をなくす、減らす処理が施されていますから

提示される「人相書き」は

いわばボカシやモザイクの入った不鮮明な写真のようですが

mRNAワクチンはRNAから直接作ってるので

無修正の「モノホン」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、

ワクチン接種の方が実際の感染より抗体価が高くなる、

という、従来の常識とは逆のことが起こるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スゴイね、この発明。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.08.26

シー・フィーバー~深海の怪物

 なんせどこにも出かけないので、

ちょっと前にWOWOWで観た映画の話題を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシと妻はほぼ映画の趣味が一致し、

SF、モンスターものは一番好きなジャンルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、モンスターパニック物らしい、

しかし、シーフィーバーとはタイトルからしてB級っぽいなあ、

と思いその覚悟で見たのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、モンスターは出るには出るが主役ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クラゲのお化けみたいなのが、漁船にとりつくが、

問題はその触手(?)から船内に侵入した

幼体(?)であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが寄生虫のように水を介して人体に侵入し

身体を冒して、目から飛び出すという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 眼から飛び出す、というところがナカナカコワイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、これはモンスターパニックではなくて、

実はバイオホラーもの。

でも、このジャンルも大好きで

とくに新型コロナ以降は、現実と対比して興味倍増。

船の中に未知の生命体が侵入して

乗組員を次々に餌食にする、というのは

あの「エイリアン」のプロットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、誰が感染しているかわからないが

眼球を見るとその中を泳ぐ寄生虫が見えるので

一人一人テストをする、というのは

あの「遊星からの物体X」のシーンを思い出させます。

「The Thing」邦題「遊星からの物体X」は

1951年のオリジナル、1982年のリメイク版、2011年の続編を含め

夫婦ともども大好きな映画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして主人公はこの漁船に「実習」のために乗りこんだ

大学院生かなんかのお姉ちゃん。

研究室にこもって勉強するのが好きなのだが、

実習に行かないと単位やらんぞ、とかナントカ教授に言われて、

たまたま乗りこんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 赤毛は船に禍をもたらすとかいう迷信があるらしく、

当初は乗組員に忌み嫌われるが、

持ち前の生物学の知識を駆使して、

寄生虫退治のプランをあれこれ考えます。

この迷信やジンクスに囚われがちなプロの船乗りたちと、

科学の知識で物事を判断するという

リケジョな主人公との対比が

最初から伏線になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オタクでひきこもり性格だが、

海洋生物を研究しているのでダイビングは得意。

漁師は海に潜らないということで、

一人で潜って船の周りを調べたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして海水の生物は真水では長く生きられない、

とか、深海生物は紫外線に弱い、

などと様々なアイデアを出し、

アタマでモンスターを追い詰めます。

こういう展開は大好物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 低予算なので、モンスターのCGやセットにお金使わないで

こういう展開にして正解のようだ。

タイトルからは、

最初ビキニのお姉ちゃんがボートで遊んでいて

巨大なクラゲにおそわれてみんな食べられちゃう、

というストーリーを予想していたのですが、

予想外に暗いトーン。

そのわけは、この映画、製作は

アイルランド、スウェーデン、ベルギー。

海はカリブ海や南太平洋ではなく、

北海かバルト海か、なので必然的にこんな感じになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タイトルのシーフィーバーはテキトーな邦題かと思ったら、

原題が「Sea Fever」。

意味は「海洋病」で、

昔から船乗りが公開中に精神的に不安定になり、

心を病んで自殺してしまったり、

そういった精神病が他の乗組員にも伝染することを

指す言葉らしい。

セイレーンなんかもこの手の言い伝えです。

この伝説的な精神病を実は寄生虫的なモノが原因だった、

と捉えたプロットは秀逸。

「深海の怪物」とつけくわえられたほうがいい加減な邦題だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 非常に残念だったのは、

最後にこの娘が、船のスクリューを壊して入港を阻止するくだり。

他の乗組員が言うような、

そのまま上陸はもちろんダメだけど、

きちんと当局に連絡、説明をして検疫、隔離をする、

という公衆衛生学に基づいた段取りを踏むべきでしょ。

ここで、急に主人公に対する思い入れがしぼんでしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、カタストロフィー的な結末。

監督はどうしても最後船の炎上シーンを撮りたかったのか。

序盤が良かっただけに

このストーリーの詰めの甘さが大変残念。

誰か、リメイク版作ってくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、この映画の主演女優ハーマイオニー・コーフィールドさんは

「スターウォーズ・最後のジェダイ」に

反乱軍のパイロット役で出てたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、なるほど、・・・って全然覚えてないけど。

しかし、なんでもわかるな、インターネット。(^^)

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.08.25

イデ隊員とチャーリーが・・・(涙)

 朝の新聞でイデ隊員の訃報を知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウルトラマンでハヤタ隊員の次に好きだったイデ隊員。

第2話「侵略者を討て」の回の演技が良かったなあ。

あとは「小さな英雄」、ジェロニモンの回も傑作だった。

80歳だそうで、誠に残念。

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というネタでブログを書こうと思っていたら、

さらにとんでもない訃報が舞い込んだ。

なんと、チャーリーが・・・(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北米ツアーには体調不良で参加しないことは聞いていましたが、

もし、極東ツアーが開催されるなら、きっと間に合う、

と信じていたのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 残念過ぎる・・・(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナ下で発表された

「Living in a Ghost Town」が遺作になってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう、あの飄々としたドラミングは見ることが出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イデ隊員と同じく80歳。

そういえばストーンズでも常に一歩引いて、

科特隊のイデ隊員と似たような立ち位置だったかも。

(ちょっと、強引だけど・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年4月のロックダウン中にアップされたこの動画がラストプレイ。

チャーリー、安らかに・・・・

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ