ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.09.27

消費税増税

10月から消費税が10パーセントに増税されるそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

増税はイヤだなと思いつつも、

10パーセントというのは計算がしやすくていい、

サイフの1円玉も減るのではないかしらなどと、

数字に弱いワタシは思うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、軽減税率というものがあり、

飲食店では10パーセントだが、テイクアウトでは8パーセントとか、

アルコール飲料は10パーセントだが、ソフトドリンクは8パーセントとか、

他にもいろいろあって大変ムズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、期間限定のキャッシュレス決済ポイント還元なんてのもあるらしく、

それらも含めた仕組みが複雑極まりなく、

何を、いつ、どうすればお得なのか、ということを考えることを一切やめた、

というヒトもワタシ以外にも相当多いはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはすべて、増税に対する国民の不満を、

システムを複雑にすることで煙に巻く、

という政府の魂胆であることはまず間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際にマスコミの報道も、

増税に対する国民の不満を取材するよりも

システムをどう活用すれば、よりオトクか、

という方向に完全にシフトしている様子が見て取れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だいたい「軽減税率」なんて言葉もシャラクサイ言い回しで、

税金が軽くなったような印象を与えるが、

実際には「増税据え置き分」に過ぎないわけで、

この辺も、政府のイメージ戦略でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ニコチンやタールの少ないタバコが健康に良い、

というイメージを与える印象操作と一緒ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国家のために必要だ、というのなら税金は払いますけど、

国民が納得するような正しい使い方をしていただきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、増税前に何もしていないけど

ビールの買いだめくらいしておこうかなあ、と思って試算。

缶ビールひとケース24本入りが4800円とすると、

10パーセントと8パーセントの差額分の得する2パーセント分は、96円。

わざわざ重たいのを買いに行くメリットは少ないかなあ。

発泡酒ならさらに安いし・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.26

秋は夕暮

子供のころから最も好きな季節は夏である。

夏休みはもとより、夏にはなにか「非日常的な」うかれた感じや期待感がある。

「夏にご用心」とか「ひと夏の経験」とか「渚のシンドバッド」とか、

夏の歌は、そんなワクワク感をかき立てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その反動で、秋は最もキライである。

イジメは無かったが、

夏休み明けの9月に学校に行くのは苦痛であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年の秋は気温高めであるが、

それでも朝晩の空気や、

何より、外来の患者さんのハナの中をみてると、

ああ、秋が来たなあ、と思うわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつの間にか、日も短くなり、

夕暮の早さにあらためて気づかされたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで唐突に思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清少納言が「枕草子」を書いたのはいつであったか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、平安時代とかいってるのでは無いですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「春はあけぼの」「夏は夜」「秋は夕暮」「冬はつとめて」、

の「枕草子」は四季折々の「オイシイところ」「味わうべきキモ」を書き連ね、

いわゆる「あるあるネタ」で約1000年前に「イイね」をいっぱいもらって

随筆の端緒、日本文学の金字塔の名をかちとった作品である。

当時は印刷機も出版業界もないわけなので、

宮廷で回し読みしたり、写本が出回ったり、ということは、

いまだったら、ブログに近い。

そういう意味ではコンセプトは

この「ロックな耳鼻科」にかなり近い、ともいえる。

(むろん、クオリティは別にして。)(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、その春夏秋冬の随筆はいったい、

いつの季節に書かれたものだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むろん、月刊誌のコラムや、新聞の日曜版みたいに

その季節、その季節ごとに書かれ、

季節の移り変わりに応じて公開され、

あとでまとめて編集されたものかもしれないが

その可能性は低いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物書きの発想から言えば、

四季について書こうと思ったときには、

まず、どれかの季節を思いついて

「春はあけぼの」ならば、「夏は夜」かな、

そのあと「秋は~」「冬は~」と、一気に書いたに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、ワタシの推理であるが、書いたのは秋だな、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春は「夜明け」夏は「夜」冬は「早朝」が良いと言ってるが、

秋は「夕暮」である。

ムカシは暗いので夜にはあまりものを書かないような気がするし、

寒くて凍えてる冬の朝でもないだろう。

すると、春か秋だが、

秋になり、あー、夏が終わっちゃったなー、このあとは冬がくるなー、

とぼんやり夕焼けを眺めていたら、秋の夕焼けって素敵ね、

などと思いついた、とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに有力な根拠としては、時間帯のチョイスである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暑い夏が終わったあとに、

あー、夏は暑かったわ、

夏場に十二単なんてバカみたい、やっぱ、夏は夜よね、夜、

ということで、夜をチョイス。

いっぽう、暑い夏が終わったあとは、なんとなく冬の寒さにあこがれるもの。

だから、冬の早朝のあのピンと張り詰めた感じ、懐かしいわあ、

との思いで「冬はつとめて」。

もし、寒い冬を経験した直後だったら、

もう、サムイのはこりごり、ということで冬の早朝なんか選ばないであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシは夏は今ほど暑くはなく、冬は今よりも寒かったのに、

この選択に至ったのは、このような段取りが推理される。

いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところでヴィヴァルディが「四季」を作曲したのは、

どの季節だったのであろうか?

コレは、多分「春」、でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.25

あえて、自ら退路を断つ?

 早々に姿を消したルヴァンカップのあとで、

準決勝までコマを進めたアジアチャンピオンズリーグ。

残留争いに巻きこまれそうなJリーグ。

で、JFLのチームと戦う、天皇杯ラウンド16。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来週には、アジアチャンピオンズリーグの準決勝第1戦があるし、

その前に次の土曜日リーグ戦の相手は、

降格圏を挟むサガン鳥栖との直接対決。

ともに、勝ちが必須の2試合である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう天皇杯は勝った場合、

その先まだ、準々決勝、準決勝、決勝までちょっと道のりは長い。

しかも次はアントラーズとマリノスの勝者とやらねばならぬ。

マリノスには2連敗、鹿島にはリーグ戦は引き分けたが

ルヴァンカップで敗れたばかり。

中国のチームより難しい相手である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いかにも、この試合、中途半端なモチベーションではある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水曜日夜、行く気になれば見に行けた試合であったが、行かなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スカパーでの生中継はあったが、未契約チャンネルで、

この1戦のためにお金を払って視聴契約するのもなあ・・・・。

と、ワタシも中途半端。

 

********************************************************************************

第99回天皇杯全日本サッカー選手権 ラウンド16

浦和レッズ  0-2   HondaFC (埼玉スタジアム2002)

  (前半  0-0)

  (後半  0-2)

********************************************************************************

 でも、これは、ねーだろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 といいつつも心のどこかでこれを予感していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「予感」は、ひょっとしたら「期待」といいかえてもいいかも?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中継は見られないので、インターネットで途中経過を

時々チェックしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半0-0。

後半も40分くらいまで0-0。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、やだな、と思いつつ、プールに行ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰って、パソコンをつけると、0-2で試合終了。

83分と87分に1点ずつ取られている・・・・(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うわ、マジか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むろん、途中経過、得点の様子など全くわからないが、

まさか、という気持ちと、やはり、という気持ちが半々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、これで邪念なく、ACLと残留争いを戦い抜ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テスト前に、もう全部やってる時間はないから、この部分は「捨てよう」、

なんてこともあったなー、などという学生時代の心情も蘇ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なまじ、ACLダメでも、天皇杯が残っているから、

などという甘えを切り捨てるために、

あえて負けた、負けて良かった、

と、今は思うしかない・・・・(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、見に行ってたら、キツカッタだろうなあ・・・

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.24

もっともハマったアニメ

 もうすぐ終了の朝ドラ「なつぞら」の「大草原の少女」は

たしか、「アルプスの少女ハイジ」かなんかのことだと思いますが、

この手のアニメは全く見ていませんのでわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、子供のころから今に至るまで

「オトナが子供に是非見せたいアニメ」には

ロクなものは無い、というのが持論ですので。

この件については以前書きましたけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供のころ好きだったアニメは

「鉄腕アトム」「鉄人28号」「巨人の星」など。

だがどちらも原作ありきで、

やはりマンガは動画より紙の方が断然好きなワタシです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんななか、ワタシが少年時代熱中したアニメがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは1971年に日本テレビで放映された

「アニメンタリー~決断」。

太平洋戦争における日本軍の戦いをそのときどきの「決断」に

焦点を当ててドキュメンタリー風に仕上げたもの。

「アニメーション」+「ドキュメンタリー」で

「アニメンタリー」という触れ込みであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時小学6年生、

旧日本海軍の軍艦のプラモデルを作っていたワタシは

これにハマりまくりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出てくる航空機や軍艦のプロフィールが、

それまでの戦争マンガより格段に実物に近い。

また、ストーリーが客観的で、

基本的に史実に基づいていたところも魅力でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎週楽しみで、しまいには主題歌のレコードまで買ってしまった。

アニメ、その他ドラマを問わず、

テレビ番組主題歌のレコードを買ったのは、

後にも先にもこれだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、先月8月のスカパーの終戦特集で、

この番組を全25話放送した。

今度、ヒマなときに見てみよう。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても改めて聞くとアナクロな主題歌だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.09.23

「北朝鮮飯店」IN 第二回昭和歌謡ヒットパレード

 2夜連続ライブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜は足利BBCで「北朝鮮飯店」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第2回の昭和歌謡ヒットパレード。

最初は「モッキンバード」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤスさんとあっちゃんによるユニットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中、ヤスさんのソロも。

実はこの間、あっちゃんはお色直し中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その、衣装替えアンコールは、まさかのキャンディーズで大ウケでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてお次は「Music Board」。

2週連続の対バンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 安定のギターと歌声。 

癒されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、初めて見ます「Studio Progress」。

ベテラン、手練れのバンド、という雰囲気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「いちご白書をもういちど」を歌う彼は、バンバンに似ている?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、司会の方のご紹介を受けまして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰ってまいりました「北朝鮮飯店」。

オープニングは「心の旅」。

結成当初はレパートリーがこの1曲のみで、

ライブではこれを3回演奏した。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いては「モモエちゃん」(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ひと夏の経験」。

今回、この曲が最も演りたかった。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いても新曲「ひなげしの花」。

アヤちゃんは、このために白のハイソックスを購入。

¥280。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アグネス・チャンは北朝鮮から来ました。(?_?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして「真夏の出来事」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新御三家から西城秀樹を歌ってもらおうと思ったが、

ショーグン様に拒否され「青いリンゴ/野口五郎」を選曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半戦は奥村チヨ「恋の奴隷」から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ここから森高千里シリーズで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これ被ると暑いし、音が聴こえない。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、お客さんに喜んでいただければ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 被った甲斐があるというもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして森高第2弾は「わたしがオバさんになっても」改め

「わたしたちはオバさんになったが」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オバさんはエライ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして最後に「テリヤキバーガー/森高千里」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロックもヘチマも関係ないわよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アリガトウのアンコールは「キムといつまでも」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間も書きましたが、このインチキバンドが良くここまで続いてるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 数多くの脱北者と新たな拉致を繰り返しながら、

もうすぐ結成9年目に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、最後はそんなインチキバンドとは対照的な超マジメバンド。

サザンオールスターズ・トリビュートバンド「サザナミオールスターズ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ダンサー2人、男女のコーラスやサックス、コンガも揃えて、

サザンのライブを完全再現。

その再現度がハンパない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特にダンサー2人は2回も衣装を交換。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その艶やかさに、ボーカルよりそっちについ目が行ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カッチリまとまった一部のスキもない「ショー」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後は二次会。

階上のOld BBC Clubで。

エミちゃんが遊びに来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 せっかくなので、セッションなどもしちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 酔っ払いオヤジ三人衆。(≧▽≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、疲れたわー。

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ