ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.12.21

コロナビジネス

 フェイスブックにこんな広告が出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 にしたんクリニック、調べてみると

東京、銀座と渋谷にあるチョーあやしいクリニックでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 美容点滴や、ダイエット注射などの

効果は(?)な自由診療を中心にしてるクリニックらしく、

緊急避妊薬や酸素カプセルなどのほか、

がん予防・抗がん治療と称して

高濃度ビタミンC点滴までやってるという。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも検査希望者は病院には行かず、

ドラッグストアでキットを買って自宅で唾液を採取して郵送するシステム。

結果がメールで送られてきて、

また追加料金で陰性証明書の発行もありとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この自費PCR検査は、

検査申し込みがなんとこれまで20万件に達したという。

多い日は1日6000件の申し込みもあるということだが、

どうやってさばいてるんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とんでもない儲けになったのは間違いないが、

こんなビジネスを考える医者もいるんですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このシステムはいろいろツッコミどころはあるけれど;

世間のニーズにこたえた、ということでは

この帝京大学出身の院長先生は、

医者としてはともかく、

ビジネスマンとしては才覚があるんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば「新型コロナ陰性証明書」が

ヤミで高値で売買されている、

というウワサは本当なんだろうか。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.20

第1回宇都宮爆音祭

19日土曜日夕方に宇都宮市民文化会館まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを見るためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このライブは、我らが「C5-dips」にも参加要請があったのですが、

メンバーのホリさんがケーキ屋さんで、

12月のクリスマス前は仕事が鬼のように立て込んでるので、

ライブどころではない、ということで

やむなく辞退した経緯があり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず入り口で、検温、消毒、そして住所氏名を記載します。

そして、LINEにこのような登録をさせられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公共のホールなのでなかなか、主催者側も気を使っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栃木県内の新型コロナに関する情報が、

その後も逐次送られてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

席も隣り合っては座れないようになっていて、

むろん、マスク着用、声援は禁止、拍手のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何となく、不自由ですが、ホールでライブ出来るだけマシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペースデーモン氏の力でも、

地球上のコロナ撲滅、というわけにはいかず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念だったのは、お目当ての「Power Puff Nori-P’s」が

時間が押して3曲しか演奏できなかったこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は来年夏の開催だそうで、その時はぜひ出たいところですが、

いったい、どんな状況になってるでしょう。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.19

2020年Jリーグ、地味に終了

 この2020年、コロナ禍によって生活の様々なスタイルが変化しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その中で、ワタシ的にはサッカーの試合を見る回数が減った、

ということがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年までは、浦和レッズの試合はすべて観ていましたし、

現地参戦もホームゲームはもちろん、

大阪や仙台などのアウエイゲームも年数回遠征していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、本年3月のJリーグ中断以降、

DAZNを退会したため、Jリーグはテレ玉かNHK-BSでのテレビ中継のみ、

ルヴァンカップはスカパーでやってましたが早々に負けてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現地参戦も今年は埼玉スタジムの2試合のみ。

1試合はコロナ中断前のルヴァンカップ仙台戦、

もう1試合が再開後のJリーグサガン鳥栖戦でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最終節はテレ玉の中継があったのでテレビで見ました。

かつて、最終節で優勝にからむと

外来休診にしてかけつけたこともあったのだが・・・。

 

******************************************************************************************

2020年J1最終節

浦和レッズ  0-2   北海道コンサドーレ札幌 (埼玉スタジアム2002)

   (前半 0-0)

   (後半 0-2)

******************************************************************************************

 テレビ解説では、浦和の目標としては

この試合に勝って、ぜひ一桁順位を、

ということであったが、なんと地味な目標であろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、その目標も達成できず、

コンサドーレに完敗で、最終順位は18チーム中10位という

不甲斐ない結果に終わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 終始押されっぱなしのレッズに対し、

元レッズのペトロヴィッチ監督の采配で、

元レッズの駒井選手、はりきって1ゴールを含む大活躍でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、今シーズンは無かったようなもんだからな・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ一つ良かったことといえば、

今シーズンの現地参戦が1勝1分けで、

Jリーグ創設以来、初めて現地参戦負けなし、

のシーズンになったということ、かな。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.18

過去最高更新中

新型コロナウイルスの陽性者が東京で800人台、

この分だと、たぶん1日1000人くらいにはいくのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒くなってくると風邪ひきは増え、

その結果、新型コロナウイルスの検査を受ける人も増え、

結果的に軽症の陽性者が発見されてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近いところで陽性者が出れば、

それを受けて、また検査を受ける人も増えるので、

その結果、無症候の陽性者があぶりだされてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、この時期、年末年始の帰省や旅行を考えているので、

PCR検査をしておこう、というヒトが多いと思うので、

その結果、やはり無症候の陽性者がカウントされるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 検査の陽性率は6%台で10月頃の3~4%よりは増えてはいるが、

8月頃も7%まで行っているのでその頃と同レベルのようだ。

軽症、無症状が増えてるので、

重症者、死者も数は増えていても率は減ってるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フランスのマクロン大統領が

新型コロナウイルスに感染しちゃったみたいで、

おりしもEU首脳会談に出席していて、

スペインやポルトガルの首相も濃厚接触者になっちゃったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イギリスのジョンソン首相や、

アメリカのトランプ大統領も罹ったので、

そろそろ我が国の首相も

新型コロナウイルスに罹らないと乗り遅れちゃいますかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、多分、ドイツのメルケルさんは

絶対に罹らないような気がする。

ね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.17

時間と距離

NHKの女性キャスターが新型コロナウイルスに感染したそうで、

退院後、その顛末を「あさイチ」でやっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それによると、金曜日夜、のどの痛みを覚え、

土曜日に数十年来かかりつけの耳鼻咽喉科受診。

「いつもと同じところが腫れていますね」

といわれ、ノドに薬をつけてもらい、内服薬をもらって帰宅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日症状は軽快してきていたが、

月曜日からの仕事を考えて「念のため」病院でPCR検査を受けたところ、

「陽性反応」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番組では、その後の緊急隔離などの問題や、

同居する要介護の母親の問題などを中心に取り上げていましたが、

ワタシとしては、気になったのはその耳鼻咽喉科です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱もなく、元気なかかりつけの患者さんが、

風邪をひいてノドが痛い、ということで受診し、

本人は軽快したが、実は新型コロナウイルスであった、というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的な、新型コロナ患者との濃厚接触がなければ、

こういう対応をするのが通常でしょうし、

この先生の対応に間違いはないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流行地である東京と地方都市の差があるので、

東京ならば、可能性は、この足利市よりは高いとはいえ、

それでも、すぐに積極的に検査を勧めることはなかなかムズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このキャスターさんが、体調の悪いうちは自宅療養し、

その後も一定の感染拡大に対する注意を怠らなければ、

新型コロナの診断がなくても

たぶん他人にうつすこともなく、そのまま済んだ可能性も高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、ご本人は仕事のことを考えて検査を受けた、

とおっしゃっていましたが、

本音として一番の理由は、

同居する要介護の母親のことが理由でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一定の予防策を講じていれば、

通常の人ならば

新型コロナウイルスに罹りにくいし、

かかっても重症化しにくく、無症状の場合も多いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題は、家庭内感染で、

とくに高齢者や合併症を持ったハイリスク群です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はお母さんは陰性だったようで、

抱きかかえなければベッドから移動もできない状況だったわりには、

発症前から含め、数日間一緒にいたがうつらなかったわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の一件で分かるのは、

新型コロナウイルスはうつるときはうつり、うつらないときはうつらない、

ということと、

熱のあるなしで判断することはあまり意味がないなあ、

ということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスはゼッタイ罹っちゃいけない病気ではないし、

かるく罹って治ればむしろラッキーですらあるのだが、

重症化するヒトにはうつしてはいけない病気だし、

流行地にあっては誰でもかかってる可能性はある病気になってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入場者や、来店者の熱を測るのは、

あまり意味が無いのかもしれぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 熱がない、ほとんど症状がないヒトでも

感染している場合があるわけで、

ともかく、いっさいの他人と長時間同じ空間で過ごさない、

ということに尽きるような気がします。

ウイルス量は、時間に比例し、

距離の2乗に反比例すると思われるので。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ