ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.05.07

スイミング休業延長

5月6日水曜日、連休最終日のお昼ころに、我が家の電話が鳴りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話に出た妻から

「あ、いま、代わります」

と手渡された電話は、

果たしてアンタレススイミングスクールからでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緊急事態宣言の延長を受けて、

5月6日までの予定であったプールの休業期間が、

さらに継続する、という内容でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを、恐れていた。

まことに、残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 緊急事態宣言が延長されたとはいえ、

栃木、群馬は13の特定警戒都道府県に入っていなかったので、

5月7日からまた泳げるのでは、と期待していましたが、

それは、叶わぬことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、お断りしておきますが、

実は、ワタシは水泳が好き、というわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パチンコ屋が休業だからといって、

1時間もかけて他県の空いてるパチンコ店に

わざわざ行くようなパチンコ依存症とは理由が違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、むしろ、できれば、泳ぎたくないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、プールに行きたいのは体のため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 年寄りには運動不足は致命的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スイミングに行かなくなってから、

体重がじわじわと増加し、イヌの散歩でも足腰が疲れやすくなり、

健康に対する不安が増大しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何より、ビールが美味くない。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 数日前から、事態の深刻さを鑑み、

ご飯のグラム数を減らし、糖質、脂質の接種を、

特に夜は控えるようにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、運動量が減って体重維持のためカロリーを制限する、

というのはマイナスの発想です。

本来であれば食事量をキープするために

スイミングと同じ運動量を維持しなければならないところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、1㎞の水泳と同等の運動量を

日常生活に組み込むのはなかなか困難です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、早く再開してくれないと、命が縮む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういった意味では、

このコロナ禍でリハビリや

デイサービスに行けなくなった多くの高齢者が、

サルコペニア、フレイルに陥る可能性はかなり高いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 半年後、1年後に寝たきり老人が爆発的に増えるということが、

じゅうぶん起こり得るといえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナを生き延びても、

別の理由で国民の健康が損なわれないか、心配です。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.05.06

ステイホームの大型連休、1回だけ外出

 この4連休、ほぼステイホームであった。

レディアの散歩以外で出かけたのは、

月曜日のお昼だけ。

家から徒歩1分のこのビル。

織物会館一階の中華料理泰鵬。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、コロナ騒動になってから、このお店に来ることが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 飲食店支援、のためもあるが、

普段混んでて店の外で待つことも多いこのお店、

さすがに最近はガラガラなのですぐ席につけるため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うれしいことにこのお店、何食べてもおいしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先代がここに開店したのがもう50年以上前。

それ以来ワタシはガキの頃から、ずっとお世話になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大変な時期ではあるが、美味しいもの食べてガンバロウ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、運動不足のため体重増加が気になり、

ガッツリ食べられないのが、残念。

・・・といいつつ、今日はカロリー高め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.05.05

マスク美人

巷ではマスク姿が当たり前になり、

ちょっと前のニュース映像や、

NHKの「小さな旅」の再放送なんかで

誰もマスクつけていない集団をみると、

ややっと思います。

ほんのちょっと前なのにはるかムカシのようで、

こういう時代もあったなあ、などと

コロナ以前、という言葉が頭に浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに時代が「B.C.」(Before Corona)と

「A.D.」(After Disease)または(After Disaster)

に分かれたかのようだ。

(実際は「Before Christ」「Anno Domini」です。念のため。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、コロナ以前のムカシっから

ずーっとマスクつけっぱなしの場所もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、オペ室。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも食品工場とか給食センターとか廃棄物処理場とか、

そこで働く人がマスクを常につけてる職場もありますが、

オペ室が決定的に違うのは、

そこで働くのがお医者さんと看護師さんという、

全く別の組織に属する人たちがともに仕事をしていて、

看護師さんには女性の割合が多く、お医者さんは男性の比率が高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、特殊な意味ではなく「異性の目」があるので、

とくに若い看護師さんはアイメイクに余念がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むろん場所柄、過剰なお化粧はしませんが、

スッピンでなければダメ、ということはないので、

やる気のある(?)方はけっこう力入れてるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 顔の下半分は常にマスクに覆われており、

アタマも手術用の帽子をかぶっているので、

リップメイクや、ヘアメイクは適当でもアイメイクが重要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただオペ室に出入りする外科系や麻酔科のドクターは

彼女たちの素顔を見たことがありません。

服もだぼだぼのオペ着にガウンなど着てますから、

服のセンスはもちろん、体型もわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、たまにオペ室の忘年会などで

マスクをしてない私服の彼女たちと顔を合わせると、

少なからずショックを受ける場合もあります。

いや、もちろん中にはマスクなしの方が可愛いじゃん、

という方もいらっしゃいましたが・・。

ヤバイ、これ以上書くとセクハラに・・・・・(゚Д゚;)

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.05.04

F-86Fセイバー

今度はコレ。

このあいだに続いての「ハチロク」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、セイバーといえば航空自衛隊、

まあ、ワタシ的には前にも書いたように

ゴジラ映画のやられメカですが・・・・。

さて、各部隊のマークがチョイスできますが、どれにしようかな。

と、いっても尾翼のマークが異なるだけで、

派手な迷彩はなく、どれも単色銀塗装。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その尾翼のマークも三角やストライプなどの図形ばかり。

なので、唯一絵柄である第8部隊にしました。

名古屋、小牧基地所属なので、名古屋名物「シャチホコ」。(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空自なので資料は豊富です。

ネットを漁るといろいろあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはコックピットですが、

このフジミのキットはインテイクからジェットファンまでが再現され

その上に乗っています。

完成後、まったく見えなくなっちゃうんですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じでおさまります。

先端に鉛の錘を入れてエポキシパテで固定しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コックピットは戦闘機としては幅広。

F-86は1947年初飛行、1949年実戦配備。

1950年代にかけてアメ車はどんどん大型化し、

でかいバスタブみたいなクルマが流行しましたが、

そんなイメージが無きにしも非ず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真、いいですね。

日差し斜めの感じは朝なのか夕方なのか。

翼の上の若者はパイロットなのか整備士なのか。

機体番号はこの970番にしよう。

この写真のように駐機状態の時はほぼ必ずエアブレーキが開いて垂れ下がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、それを再現しようと。

しかし、いやらしいことに日の丸が一部かかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

張り付けたあと、半がわき状態でナイフでラインに沿ってカットします。

そろりそろりと起こしてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よし、OK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくして、完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空自のセイバーは無塗装銀ではなく、銀塗装。

ギラギラのジュラルミンではなく、全体が少しくすんだ色目になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、機銃パネルのところだけ色目が違います。

白黒写真だとやけにはっきりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このくらいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コックピット。

ちょっと曇って写ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このマークを、おお、カッコイイ、と思うか、

ったく、しょうがねーなー、趣味ワカランよ、と思うかですが、

それこそが「名古屋人か否か」ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんでも「シャチホコ」を初めて天守閣に載せたのは、織田信長だとか。

中国の建物に似せたため、とチコちゃんでやっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このイナタいフォルムが、郷愁を誘います。

自衛隊で使われていたF-86と、M4シャーマン戦車は、

ワタシにとってジェット機と戦車のデフォルトです。

デザインに、共通のイメージを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 F-86Dと並べてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 形の違いは、ほぼノーズだけですが、何となく国籍マークの関係で、

鼻の高いアメリカ人と、鼻の低い日本人に見えてしまう・・・(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外人さん、ハナ、高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゴジラ相手では全く役に立たなかったF-86ですが、

一番の晴れ舞台は、なんといっても1964年10月10日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」が、

東京オリンピックの開会式で、

国立競技場の上空に鮮やかな五色の輪を描いたのでした。

これは、以前作ったF-86Fのブルーインパルス仕様。

同じフジミの1/72のバリエーションキットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時、少年雑誌で世界のエアアクロバットチームとして、

アメリカのサンダーバーズ、ブルーエンジェルスや

イギリスのレッドアローズなどとともに紹介されていて、

日本にもあるんだ、と知り大変誇らしく思った記憶があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ブルーインパルス(青い衝撃波)」と紹介されていて、

このチーム名もやたらカッコいいと思ったものです。

その後、ブルーインパルスの使用機体は国産のT-2から、T-4 へと変遷しましたが、

カラーリングも含め、歴代のブルーインパルスの中ではこのセイバー版が一番好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2020年の東京オリンピックでも

ブルーインパルスが登場するはずでしたが、

残念ながらオリンピックは来年に延期になってしまいました。

しかし、この様子では来年も危ういかも?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.05.03

白いカレンダー

 新型コロナウイルスの流行によって、

ほとんど開かなくなったものに手帳があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと30年来使っているfirofaxのシステム手帳と

iPadでスケジュールを管理していますが、

予定が全くなくなったので開く意味がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よって、手帳は真っ白。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バンド練習やライブ、スイミングなど全部なくなったので真っ白。

以前入れた学校検診や、Jリーグの日程などは

一応延期扱いなので、iPadの方はそのまま残してあります。

手帳は修正テープで消さなければなりませんが、

iPadの方はスライドできるので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、本日から大型連休に入り4連休。

ここのところ大型連休は、毎年家にいるので

今年も旅行の計画などはなかったのですが、

Jリーグと、中学の同窓会と、休日診療所当番が

1日ずつ予定になっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、ご存知のようにJリーグは再開のめどが立たず、

同窓会も早々と中止となり、

予定は休日診療所当番だけになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、2,3日前に医師会から電話があり、

連休中の急患診療所は内科医だけの体制で行うので、

来なくてもいい、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、そうですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで、連休中の予定は全くなし、になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相前後して、足利市の小中学校の休校が、

5月末まで延長になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで、iPadに入っている5月分の7日間の学校検診が

予定からなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 が、健診中止、ではないので、

4月分の5日分と合わせて、

12日間分の健診を、どこかですることにはなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、8月とかにやれといわれたら、キツそうだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ