ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.02.10

23rd SANO HEART ROCK FES (後篇)

 前篇から続きます。

 

 

 

 ワレワレの登場はほぼ定刻の17時35分。

一時押し気味であったが、女子高生バンドが持ち曲4曲のため、

結果的に若干の巻きになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間を守る、ということはフェスなどのイベントで大変重要なことで、

バンド・リーダーとしては最も気を使うところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、オープニングは「Rock’n Roll Star」から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お知り合いの皆様が最前列に来てくれて、大変やりやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「American Idiot」のレスポンスもアリガタイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一番最初に出たころは、知らない人ばかりだったが、

こうしてバンドを通じてお友達が増えてシアワセです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 16歳、女子高生と同じステージに立つ還暦ロッカー。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 弟も58歳。

仲良く演ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホールのステージは広くて好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 遊び甲斐がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週風邪気味だったけど、持ち直しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 皆さん、アリガトウ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は「(I Can’t Get No)Satisfaction」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場の時計を見ながら時間内おさまるように尺を調整。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後にお約束の、ジャンプ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「満足」しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 演奏終わってホッとして、次のバンドをみます。

「Another Lily」。

ギター、ベース、ドラムの3ピースなのですが、キーボード、ピアノの音が出てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オジサンにはどんな仕組みかワカラナイ。

曲間に黙って全員でチューニング始めちゃうのも今風か・・・(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、お次は今日のもう一つのお楽しみ。

「マゾミキ」こと「Masochistic Miki Band」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ココも、ノリピーズと並んで選曲がツボです。

往年のロックの名曲が目白押し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 くわえて、ボーカルのミキさんはじめ、手練れぞろい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サポートギターのこの方は

「ギターマガジン」主催のアマチュアギタリストコンテストで

連続優勝の超テクニシャンだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キーボードをワイヤレスにしていた理由はこれだったか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて大トリ、11バンド目は「AXxxxCEL」。

「コンプレックス」のコピーバンド。

たしかにギターは布袋さん入ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、長丁場でしたが、時間通りに終わったのがスバラシイ。

みんなで後片付けをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に星さんから発表。

昨年のボヤ騒動で、来年度は予約が取れなかったため、

2020年度はSANO HEARTROCK FESはお休みだそうです。

うーん、残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、またきっとここに集まりましょう。

今日は最高に楽しかったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おまけ。

「マゾミキ」のミキさんと、ダブルベロマーク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度は一緒にストーンズ、歌いましょう。

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2020.02.09

23rd SANO HEART ROCK FES (前篇)

2020年2月9日「SANO HEART ROCK FES」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回で23回を迎えます。スゴイね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集合は朝8時45分。

このところ暖冬であったが、急に寒波襲来。

早く、入りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、中もまだ冷えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恒例のお菓子コーナー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、焼き芋もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出演者がホールに集合、朝礼です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主宰の星さん。

義理と人情のハート・ロッカー。

今回は、女子高校生バンドもでるとあって、朝の挨拶は「校長先生」風でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

順次リハーサルを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月のこのイベントでボヤ騒ぎがあったので、警備厳重になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、リハーサルも終わり、セッティングも決まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事に出ますが、周囲のレストランはどこも満席、順番待ち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、ここで昼食。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牛丼は裏切らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、カレーも良かったかなー。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13時開演。

トップバッターは、宇都宮の大物バンド「Linn」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナル曲ですが、イメージ的には

何となく「J・ガイルズ・バンド」を彷彿させるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりこういう「ケレン味」がロック・バンドには肝心だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては、もう「ケレン味」のカタマリのような、このバンドですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜワタシがバックステージにいるのかといえば、

順番で、このバンドの司会担当が回ってきたため。

良く知ってるバンドなので紹介はラクです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Power Puff Nori-P’s」。

相変わらずの素晴らしいステージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魅せるパフォーマンス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演奏力だけではこのステージに立つ資格はアリマセン。

てな意味のことを、星校長が朝の訓示で言っていた。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その意味では、模範的優等生のバンドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては「平成ウォークマン」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣で見ていた山本さんが、これは「星野源」ですね、といったが、

なるほど、腑に落ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ファッションもパフォーマンスも、

バンドや音楽に対する考え方も違うネクスト・ジェネレーションです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その次が話題の女子高生バンド「Delphinium」。

デルフィニウムは何かの元素名かと思いましたが、

どうやらお花の名前みたいですね。

最初は「リケジョ」なのかと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、どうしてどうして、立派なステージでした。

きっと、お父さんがバンドやってたんだろうなあ、と思ったら

あとで果たしてそうであったことが判明。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレワレの時代はバンド≒不良であり、

親や教師に隠れるようにしてバンドやってたものですが、

時代は変わりました。

それにしても、今、若者でバンドをやるのはほとんど女の子。

男子は主としてアコギで女々しい曲をやっているようで、

これも時代の流れのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて陰陽座のコピーバンド「九十九神」が出演しましたが、

ちょうどワレワレは受付当番だったため写真撮っていません。

facebookから拝借した写真で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてのバンドは「2BD・・・」

スイマセン、これも見てません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その次が「CRACK」。

吉川晃司のコピーバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「モニカ」やってました。( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次、出番なので、このバンドは、ソデから見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いよいよ「C5-dips」、出番です。

 

 

 

 

 

後篇に続く

 

 

 

 

 

1件のコメント
2020.02.08

注意的新型冠状病毒

 院内に掲示してあります、新型コロナウイルスについての掲示です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 要するに疑いのある人は直接病院には来ないでください、

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染拡大の恐れもありますし、

何しろ一般の病院では検査も治療も何もできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、それくらいのことは大多数の方はご存知と思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、中国語が併記してあるので、興味深い。

日本文と照らし合わせると、ロゼッタストーンのように中国語が解読できます。

時々、わかんない文字があるけど、さすがに何となく意味わかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「咳嗽」や「保健所」は日本語と同じ。

「新型コロナウイルス」は「新型冠状病毒」かあ。

たしかにコロナ、とはラテン語で「王冠」。

CTとかでアタマを顔と同じ面で縦に輪切りにする画像を

「コロナール/冠状断」といいます。

(それと直行する縦切りを矢状断、水平に切るのを軸位断といいます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 休日のことはヒマな日か、とおもったら、

よく見たら「暇」ではなく、「にんべん」でした。(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.07

霜柱

 1月中は記録的暖冬でしたが、

ここにきてぐっと冷え込み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今朝の散歩は寒かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、これは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 霜柱ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この冬初めてかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なかなかに育っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに進むと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはなかなかスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この辺は関東ローム層なので霜柱ができやすい、と小学校のころ習いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べてみると、霜柱を見られる地域は限られているようです。

ワレワレの子供のころは冬になればほぼ毎日見られましたし、

真冬には10センチにもなる霜柱がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、彼女は匂いもしない霜柱には当然興味なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どんどん行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 境内まで行くと真冬の冷気。

さみー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さ、もう、帰りましょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今朝の足利市は今年一番の冷え込みで、氷点下6℃だったとか。

今日は、花粉は少ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.06

「C5-dips」23rd SANO HEART ROCK FES 出演します。

 さて、今度の日曜日はコレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サノ・ハート・ロック・フェス、1年ぶりの出場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インフルエンザもひと段落し、新型コロナウイルスは不気味ですが、

スギの本格飛散はまだこのあと、のこの時期(どんな時期だ)

ぜひとも会場にお運びいただきたく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレの出番は17:40~となっていますが、

前後する場合もありますし、

他にも素晴らしいバンド盛りだくさんですんで、

是非ともお誘いあわせの上、時間に余裕をもってお越しください。

入場無料、なんか今回は入場プレゼントもあるらしい

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ