ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.03.11

10年前

あれから10年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10年前の震災の日、当日のブログを見ると

花粉症の猛威の記事である。

やすらはで寝なましものを

このころ連載していた「小倉花粉百人一首」の一篇です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはその後のブログによると

地震が起こる直前の昼休みにアップされた記事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この年は、スギ花粉が大変多い年であったのですが、

福島原発事故による放射能汚染が起こり、

大人も子供も外に出なくなったので、

花粉症は多くの人が重症化せずに済みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、当日の記事はココにあります。

地震の日」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地震の直接の被害は無かったこの地方ですが、

これからしばらく「計画停電」やら「ガソリン不足」やら

いろいろ大変な日々が続いたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10年たって、昨年からの新型コロナの記事を読むとき、

また、新たな感慨があるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.10

確定申告

 午後に税理士さんが、本年度の確定申告の大筋がまとまりました、

とのことで、説明に来られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシも妻も税金関係は全くダメなので、

すべて元同級生のサッカー部のヤマちゃんに丸投げです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 グラフを見せてもらうと、

予想されていたことですが、

3月を境に売り上げがガタ落ちであった様子が、

はっきりわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、こりゃ、スゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 保険診療は当然ですが、

その他の雑収入も激減しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、今年は講演会などの講師料の書類が

一個もなかった、とヤマちゃんが言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほどー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 学会、研究会、勉強会の類はほぼすべて中止でしたからねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、でも、ここまで苦しいながらも

何とかやってこられて良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おかげで払い過ぎた税金もけっこう戻ってくるみたいだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これから少しずつ上向いてくることを期待。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても医療従事者向けの

新型コロナウイルスワクチン接種の連絡は、

その後まったく音沙汰がないんですが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.09

予防できる病気

 外来の雰囲気が、冬場の風邪モードから、

春の花粉症モードに完全に転換しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この風邪シーズンに、当院は、

インフルエンザ、新型コロナウイルス診断体制をとり、

疑わしい発熱者には新型コロナウイルスのPCR検査と同時に

インフルエンザ迅速検査を実施してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この冬、当院の検査で

新型コロナウイルス陽性と診断された方はいましたが、

インフルエンザ陽性患者はここまでのところゼロでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 全国的にもインフルエンザ患者は去年の1000分の1以下だったようです。

グラフ一番下オレンジ色が2021年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 院外調剤薬局で調剤可能な抗インフルエンザ薬、

オセルタミビル、ザナミビル、ラニナミビル、バロキサビル

を処方された患者の数を集計したデータによると、

16年以降の1月のインフルエンザ患者数は、

16年2万7129人、17年8万5539人、18年12万6445人、19年15万402人、

20年5万1997人、そして21年87人だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当ブログでも、昨年10月初めに

今シーズンインフルエンザは流行らないのでは、

という記事を書きましたが、

予想をさらに下回る少なさでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウイルス干渉が起きるほど、

新型コロナウイルスが蔓延していた様子はありませんから、

これは、マスク、手洗いと、

人との接触を避けて、

風邪症状があったら会社、学校を休む、

という予防医療を国民全体で行った結果でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年騒ぎになるインフルエンザって、

実はかなり完全に予防できる病気だったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.08

ドレスコード

足利市の山火事は鎮火したようですが、

スギ花粉は炎上中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連日来院される患者さんの中には、

けっこう重症の方も見受けられるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年いうことですが、

花粉症の抗体価が一定以上の方は、

薬を飲んでるだけで症状をコントロールすることは困難です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院では花粉症の方には

必ず守るべき心得9か条をお渡ししております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その中に服装に対しての注意もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるべく花粉を付着させないような、

ツルツルサラサラの上着を着用するように書いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、けっこういるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いわゆるモフモフの毛足の長いフリースを着てくる人。

パタゴニアとかねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの手の服は、静電気で花粉を吸い寄せるので絶対避けてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年注意しているのに、

そんな上着を着て花粉症がヒドイです、

などといって来院される方が後を絶たず・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻咽喉科医としては、

タバコをポケットに入れたまま

「セキやタンがずっと前からヒドいんです。」

という患者さんと同じくらい、

フリースの花粉症患者さんには落胆させられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリースやニットは「マナー違反」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症のドレスコードをもう一度ご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.07

タンメンの謎

60年以上生きてきても、

この歳になって初めて知ってビックリ、

ということは数多くあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日ビックリしたこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フライパンも新調したので、

お昼にタンメンでも作ろうか、

と、ちょっとインターネットで調べていたら・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「タンメン」は関東地方のメニューで、

基本、西日本にはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジかー(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関東地方ならば、「タンメン」は

ほぼどこの街中華にもあるおなじみメニューです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが大阪に行くと「ワンタンメン」や「担々麺」はあるけど、

「タンメン」は全く通じないという。

まさかと思ってネットでいろいろ調べたが、

間違いないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシはタンメン大好きで、

地元の「泰鵬」に行くと、3回に1回はタンメンを注文します。

こちら、泰鵬のタンメン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、自分で作りました。

豚肉にキャベツ、白菜、きくらげ、モヤシ、ニラ、ニンジン

・・・・煮卵はサービス。(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ベースはコレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 野菜たっぷりで、美味しいうえにカラダにやさしいタンメン、

これがないとは、やはり関西には住めないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ