ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.10.02

非接触型体温計

 冬の発熱シーズンに備えて、

非接触型の体温計を購入することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スイミングスクールなどでオデコにかざしてピッと測るやつで

簡単に買えるだろうと、高をくくっていましたが、

アマゾンで「体温計、非接触」で検索するとずらりと出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、見た目は同じようで値段は1000円を切るものから

1万円超のものまであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーむ、これはどうしたものか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見ると、ほとんどが中国製のようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり国産が安心だろうと

「体温計、非接触、テルモ」「体温計、非接触、オムロン」で検索してみると

ひとつも出てきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国産は売り切れなのか、と思い、あれこれ探すうちに、

このガンタイプは「体温計」ではなく「温度計」だ、

ということがわかってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで「温度計、非接触、国産」で検索すると、

似たようなタイプの日本のメーカーの製品が出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、それらには「体温測定には使えません」

との注意書きが添えられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、どういうことなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらくこれはもともと路面の温度とか、素材の温度を測る

工業用なのだが、中国メーカーはそれを「体温測定用」として売ってる。

しかし国内メーカーはおそらく体温計となると

「医療機器」としての規格や基準があり、

それをクリヤーしてないので、違反にならないために

このようなコメントを入れざるを得ないのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、困った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スポーツジムや店舗ならばいいが、

医療機関で診断用として、そんな器械を使うのは大丈夫なんだろうか。

何かあったとき、メンドクサイことになりはしないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、今度は「医療機器、温度計、非接触」と検索してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 するといくつかの製品がヒットしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもそれは、こんな奴で、

主として腋窩でうまく測れない赤ちゃんの体温を測るためのようで、

外来診療では使い勝手が悪そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、困った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ガンタイプは測定環境による誤差があるようで、

そこがネック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、考えた末、温度補正機能のあるガンタイプを発見しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つまり、あらかじめ測る環境で、

スタッフとかがコントロールとして

腋窩と非接触の体温を同時に測っておき

その温度補正をしておけば、

その後の外来患者さんには

ピッとするだけで、わりと正確な体温測定ができるのではないかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それをしておけば、とりあえず、なにかあっもいいわけができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、間もなく導入予定です。

 

 

コメントはまだありません
2020.10.01

今年のインフルエンザワクチン事情

10月になり、秋冬の感染症対策を考えるシーズンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザワクチンに関しては今年は事情が特殊です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスの影響を受け、

インフルエンザとの同時流行を防ぐために、

インフルエンザワクチンの積極的接種が勧められていますが、

9月11日付で厚労省新型コロナウイル感染対策推進本部から

「今冬のインフルエンザワクチンの優先的な摂取対象者への呼びかけについて」

という書類が届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それによると

①原則として予防接種法に基づく定期接種対象者(65歳以上の方等)の方々で

インフルエンザワクチンの接書を希望される方は10月1日(木)から接種を行い、

それ以外の方は、10月26日(月)まで接種をお待ちいただくよう、

国民に呼びかける。

②10月26日(月)以降は特に、医療従事者、65歳未満の基礎疾患を有する方、

妊婦、乳幼児(6か月以上)~小学校低学年(2年生)の方々で、

インフルエンザワクチンの接種を希望される方に対して、

接種できる旨を呼びかけることとする。

③なお、これら以外の方々についても、

10月26日(月)以降は接種をお待ちいただく必要はない。

というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらずお役所風の要領を得ない文書です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この長ったらしい文章を意訳すると、

「インフルエンザワクチンの接種は慌てず焦らず順番に」

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスの関係で、

インフルエンザの流行を押さえたい厚労省は、

なるべく多くの人にワクチン接種をしてもらいたい。

ワクチンは今年、過去最大量の3178万本(約6300万人分)を用意できる見込みですが、

これが、10月1日の段階ですべて接種できるわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザワクチンは現在順次製造中であり、

全てが市場に出回るのはおそらく11月中旬以降。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、今、一斉にワクチン希望者が殺到すると、

いわゆる

「トイレットペーパー現象」

が起きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れもしない半年前、

トイレットペーパーが無くなるらしい、というデマによって

恐ろしい勢いで買い占め、買いだめが行われ、

トイレットペーパーはあっという間に姿を消しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際には工場には十分な在庫があったのに、

流通が間に合わず、大騒ぎになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、インフルエンザワクチンは去年と同じように、

適当な時期に打ちましょう、

というのがお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次回、書きますが、

今シーズンは多分インフルエンザの大流行はないと思われますので、

冷静に対応してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.30

夏の残像

季節外れの学校健診が連日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月末の始まったころは、

猛暑の中、エアコンの効かない「換気の良い部屋」で大変だったが、

ここにきて気温も下がり、

健診自体はだいぶ楽になってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして助かるのは風邪ひきや花粉症の影響が少ないので、

病気のチェックが入る生徒がきわめて少ないこと。

1クラス1~2人lくらいかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは小学校3校、中学校1校、高校2校、

特別支援学校1校の校医を受け持っていますが、

昨日は中学校の健診。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 皆、マスクをつけていますが、

健診の時は、当然外してもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何クラスか診たところで、あることに気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 生徒のつけてるマスクは、様々なタイプがあり、

不織布のサージカルマスクだったり、

布製のお母さんの手作りマスクだったりしますが、

特に女子はいわゆる立体型マスクをつけてる子がわりと多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポリウレタン素材のこのタイプです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ある女の子の耳を診るときに、

耳から頬にかけて、このマスクのヒモのあとが

日焼けあととしてクッキリ残っているのに気が付きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう思ってみると、濃淡はあるけれど、

マスクの日焼けあとがある子はけっこういました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このタイプは耳にかける部分が太く、

顔へのフィットも良いので、ずれにくく日焼けあとがつきやすいのでしょう。

UVカット仕様なんかだと、よけいにですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この夏、コロナのおかげで水着のあとは残らなかったけど、

マスクのあとだけが残ったんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2020年ならではの夏の残像です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.29

新たな、そして恐ろしいジンクス

 かつてはフライデーJリーグは負ける、というジンクスがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのジンクスは破られたわけでは無いが、

コロナ禍による日程変更、過密日程のため、

金曜日の試合そのものが無くなっているために、

そのジンクスに脅かされることは無い、が・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新たな、そしてもっと恐ろしいジンクスが生まれてしまったかも。

 

 

 

 

 

 

 

*************************************************************************************************************

2020年J1 第19節

浦和レッズ  0-2   横浜FC  (埼玉スタジアム2002)

   (前半 0-2)

   (後半 0-0)

*************************************************************************************************************

 それは、テレビ中継のある日の試合は負ける、というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Jリーグ再開後の19試合は

8勝3分け8敗と、勝ち負けはイーブンであるが、

DAZNのみの中継の試合結果が6勝2分け2敗であるのに対し、

BS-NHK、テレ玉、スカパーでテレビ中継のあった試合は、

2勝1分け6敗と大きく負け越している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくにこの1カ月に限ったデータでは、

DAZNのみの場合が4勝1分けと負けなしであるのに対し、

テレビ中継のあった試合は4戦全敗となっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こ、これは困った・・・・(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見てても気が滅入るばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは、今度のFC東京戦は負け、

だが、次の名古屋グランパスには勝てる、ということか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひょっとしてDAZNで見れば、みんな勝てる、

というわけでは無いでしょうね。

再加入を、真剣に検討。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.28

10月の診療変更について

 10月は、毎年恒例の院長、副院長の人間ドック受診のため、

以下のごとくのスケジュールです。

休診はアリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 心配なのはコロナ太りで数値が悪化してなきゃいいけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 下の部分のワタシの不在は、19日が足利市医師会のPCR検査当番。

29日が足利高校での進路講演会のためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご不便おかけしますが、ご了承ください。

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ