ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.12.22

校則

  最近ブラック校則なる言葉があり、

中学や、特に高校などで、

意味のない、理不尽な、あるいは時代にそぐわない校則が

取りざたされることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には、各々が社会のルールを守っていれば、

スカートの丈や、髪の毛の色、ピアスやパーマも

あまり問題ないとは思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 男子の髪型ツーブロック禁止、なんてありゃ、

7・3分け刈り上げみたいなもんで、

ワレワレのころは最もダサい髪型だったぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの高校生時代、足利高校は、

もっとも緩い校則の学校だったようで、

服装検査も持ち物検査も受けたことは無いし、

校則というモノを意識したこともなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、11月が暖かかったせいか12月の寒さが身に染みる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、街中で最近目につくのは、

スカートの下にジャージを穿いた女子高生の姿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで、ワタシは是非とも言いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あれを校則で禁止にしてくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 制服のスカートの下にジャージを穿くのは、

見苦しいことこの上なく、何しろ田舎丸出しである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スカートが寒いのは分かる。

ならば、スラックスでいいじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それよりも最近は保温や発熱効果を謳った、

タイツ、レギンスの類が数多く市場に出回っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いわゆる山ガールの人が穿くようなやつでもいいし、

ともかくああいったスタイルのものを学校が指定し、

ピアスやネイル、つけまつげなんてどうでもいいから、

ジャージのあのような着こなしをナントカ校則で禁止してもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 違う?

 

 

 

コメントはまだありません
2022.12.21

マイルール

 先日、アンタレススポーツクラブに行き、

プールで泳ぎ、お風呂とサウナに入り、

ロッカールームで着替えていた時のことである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシのすぐ近くで同じように着替えていた男性。

年の頃はワタシとほぼ同じくらいかと思われたが、

ズボンをはいた後、ベンチに腰掛けて、

そばにあったアルコール消毒のスプレーを

シュコシュコと足の裏にかけ、

ペーパータオルで拭ってから靴下をはいていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 流行のはじまりから3年の時を経て、

新型コロナ対策については個人個人の理解による

「マイルール」が存在するが、

これは初めて見ましたなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナウイルスが足の裏からどうやって感染するのかは

はなはだ疑問ではあり。

感染予防の観点からは医学的にほぼ意味が無いと思われるが、

まあ、誰かに迷惑かけているわけでもなし、

特別のコストもかからないだろうから、

自分はコレやってるんで、いまだコロナとは無縁だよ、

などと思ってるのかもしれず、

それはそれで微笑ましいことではある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、これから冬場の乾燥した季節、

かかとがひび割れにならないかが、ちょっと心配です。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.12.20

新語・流行語大賞2022

齢63になり、世の中の流れから

取り残されつつあると感じる今日この頃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまだに何とかペイは使ったことが無く、

音楽はCD、録画はBlu-ray、

コンビニやユニクロの自動支払いはようやく慣れたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の新語流行語大賞も全く馴染みの無い言葉であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「村神様」?

何ソレ、と思ったら野球選手のことらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良かった、野球選手ならば昔からほとんど知らないので

歳のせいではないな。

ワタシの日本のプロ野球選手は

王貞治と長嶋茂雄と星飛雄馬で止まってる。

ああ、新しいところでは江川卓も知っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  個人的にはやはり今年はコロナがらみで

流行語は「3年ぶりの」、新語は「オミクロン」かなあ。

オミクロンはギリシャ文字で厳密には新語ではないけれど、

アルファやデルタと違って、

ほとんど一般の会話に入ることは無かった単語ですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流行語大賞、ワールドカップがあと1カ月早かったら、

「ブラボー!」になってたかも。

 

 

コメントはまだありません
2022.12.19

アルゼンチン!

考えた末、4時に起きることにした。

日曜日深夜12時キックオフなので、延長、PK戦にでもなったら、

月曜日午前中の診察がキビシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

録画で昼間見てもいいが、ワールドカップ決勝ともなると

朝のニュースやインターネット、SNSなどで

試合結果が否が応でも飛び込んでくるので、

情報をシャットアウトするのはきわめて困難。

スタッフや、患者さんからアルゼンチン(またはフランス)勝ちましたねー、

などと言う声かけも大いにありそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、日本対スペインや、準々決勝の4時キックオフの試合のように、

4時に起きて録画で観れば、

PKまで行っても午前7時には終わるので、

通常の朝のシークエンスに戻れるのだ。

あー、この「一反木綿」のオープニングを見るのもこれが最後だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくて、決勝戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はいずれも過去二回の優勝経験のある国同士。

フランスはジダンの2006年と、昨年だが、

アルゼンチンはケンペスの1978年、マラドーナの1986年以来

36年ぶりの優勝を狙う。

試合は開始22分にアルゼンチンがPK獲得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蹴るのはもちろんメッシ。

決勝まで来た事はあるが、ドイツに敗れてワールドカップを取り逃がしたメッシ。

今回が、最後で最大のチャンス、ということが胸中に去来しただろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、彼はこの試合に集中していた。

準々決勝で見せた力いっぱいのキックではなく、

キーパーのタイミングを読んで逆を突く緩いシュート。

精神的な安定がなければこのキックは出来ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待望の先制点を得たアルゼンチン。

しかもメッシが決めた、という点がさらにチームに勢いを与えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに36分には、メッシを起点とするカウンターから、

ディ・マリアが決め追加点。

メッシとともに長くアルゼンチン代表を支えてきた

この選手のゴールで、2―0のリードとなり

アルゼンチンの優勝へのおぜん立てが整ったかに思えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、勝負は簡単には終わらなかった。

後半35分、フランスはPKを獲得。

エムパべがこれを決め、1点差。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとそのわずか1分後、エース、エムパべのスーパーボレーが決まる。

マジかー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、試合は延長へ。

やっぱり録画でヨカッタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

延長後半、アルゼンチンにゴールが生まれる。

決めたのは・・・・メッシ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オフサイドはなし。

テクノロジーの勝利、今回の大会は判定の後味が良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、このワールドカップはメッシのワールドカップになった、

とだれもが思ったのだが・・・

延長後半終了間際にアルゼンチンDFがエリア内でボールがひじに当たり

ハンドの判定。

エムパべが大会7点目を決め、同点に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合はついにPK戦にもつれ込む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先攻フランスはエムバぺ、後攻アルザンチンはメッシと、

最初のキッカーを務めた両エースは確実に決める。

サスガである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、その後フランスは2人が外し、

全員が決めたアルゼンチンがついに死闘を征した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても解説の山本さんが、

途中交代した選手は余裕があるが、

120分戦った選手は外す確率が高い、

と言った直後に、その通りの結果になったのはタマゲタ。

サスガや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくて、神の子メッシは、クリスマスを前に神になった。

自身が唯一手のにしていなかったビッグタイトルをついにものにしたのだ。

何と、座りの良い結末でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この男は4年後にどんな姿で現れるだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ここまで見たら織姫山の朝7時のチャイムが鳴りました。

 

 

コメントはまだありません
2022.12.18

中国のコロナ感染爆発

 ニュースの伝えるところによれば、

今、中国で新型コロナが大変なことになっているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3年近く、ゼロコロナ政策をとって、

厳重な管理体制、外出規制、ロックダウンを取ってきた政府が、

一転、制限緩和に舵を切って、

一週間も経たないうちに、感染爆発が起き、

医療体制は崩壊、薬局での解熱剤等もすべてなくなり、

宅配を頼む人が急増した一方、

宅配業者にもクラスターが起こり

膨大な荷物が配達できず路上に放置されているという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはあらかじめ予測された事態ではないのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゼロコロナ政策でロックダウンをしていれば、

国民の感染は抑えられるが、

同時に抗体保有率も極めて低いものになり、

いわゆる集団免疫が獲得できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチンの接種率がどれくらいか正確には分からないが、

中国で打たれていたのはシノバック社製の国産ワクチンで、

ファイザー社やモデルナ社のmRNAワクチンとは違う、

旧態依然の不活化ワクチンなので、

その効果はかなり劣ると思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、自由主義諸国と違い、

国民は政府の発信する一元的な情報しか国民は手にすることが出来ないから、

様々な方面からの正しいウイルス知識を得ることが出来ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 政府がマスク取って外に出ていいよ、

と言って、それをそのまま丸のみにして

無防備な国民が、わっと繰り出した結果がコレなのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、先生や親の言うことしか聞かない

小学生か幼稚園生のようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中国という国は経済的にも軍事的にも大国であるが、

その一方で、発達障害的な未熟、幼稚な国でもあることが、

今回の一件でまたはっきりした形ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本がこれまで取ってきた、じわじわと行って、

死者、重症者を最小限に抑える、

という方針は、間違ってはいないと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもわが国では、マスコミやネットが様々な知識やニュースを

多元的に伝えているので、

中にはいい加減な情報もあるが、

極端に偏らず国民がある程度自分の頭で考えて

自らの行動を律している、

という点も良いのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、中国とはいえ

トップの人は、アタマが良いはずで、

それこそ世界レベルの科学者、医者もいるだろうに、

なぜ、こんな対応をしたのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思うに、中国トップも、

そろそろゼロコロナ限界だなと思っていたが、

ワールドカップ中継をきっかけに、

国民から、外国ではマスクしてねーじゃねーか、

という不満が出て、

その抗議活動が、全国レベルに波及したので、

これはいい機会、とばかりに、

じゃあ、皆さんがそんなにいうならいいですよ、

と、突然規制を解除。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その結果、瞬く間にコロナに罹患する国民が急増し、

医療現場や社会活動は混乱し、

多くの死者が出ることも計算のうちで

一気に「借金の踏み倒し」を図ったのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一ケ月も経てば、国民の大半が感染を経験し、

抗体保有率は急上昇、新規感染者は減少に転じ、

その間かなりの数の国民が死ぬだろうが、

そんなの関係ないもんね、という。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それくらいのことはやりかねない国だもんなあ。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ