ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.08.11

夏季休業のメリット

 8月11日は今週唯一の診療日でしたが、

多少混雑しましたが、さしたる混乱もなく、

無事、終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午前午後あったのもあるし、

もともと患者さんの少ない時期ではありますが、

新型コロナウイルスの影響による受診控えも、

まだまだ多いと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医療機関の減収は、

やはり耳鼻科がトップで小児科がそれに次ぐ、

という結果が出ているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 全診療科の夏季ボーナスは35%が減額あるいは支給されず、

になったらしいですね。

当院はムリして全額支給しましたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ここにきて猛暑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院は8月12日から16日まで5日間夏季休業になります。

診療日が少ないと当然、減収ですが、

この暑いときに患者さんがあまり来ないのに一日病院開けてると

冷房代がホント、バカにならないので、

この休暇は、その意味ではかえってありがたいかも?

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.08.10

サッカー離れ

 F1の記事を書きましたが、

なぜJリーグの記事が途絶えているのか、

と多くの読者さんは不思議に思っていることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その件についての問い合わせが

一切ないのが少々不満ですが・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、試合を見てないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうちょっと詳しく言うと

DAZNに再加入していないから、なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルヴァンカップはスカパーで全試合中継してくれるので良いのですが、

リーグ戦は基本DAZN独占。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでもこの間のFC東京戦などは、

NHK-BSとテレ玉で中継がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後の湘南戦は中継が無く、

DAZNに再加入しようか迷ってるうちに

テレ玉の浦和レッズの番組「REDS TV GGR」で結果を知り、

これがまさかのボロ負け。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 再加入の意欲が減退・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、この3試合、横浜FC戦、清水戦、名古屋戦は見ていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前のようにネットの得点版だけで見るのもムナシイし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、どうしようかと悶々と過ごす日々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、このままではイカン、再加入しよう、

と思ったが、次節広島戦は、

なんとまたテレ玉とNHK-BSでの中継があるという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・・・もうすこし、待ってみるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても中継があるときは、

NHK-BSでもテレ玉でもあるので、

どっちか片っぽでもいいのにと思いますが、

これは多分JリーグとDAZNとの契約関係だと思うのだけれど、

何となく気持ち的にはモヤモヤしたものが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.08.09

70周年記念GPでレッドブル・ホンダが今季初勝利

 7月から無観客でJリーグが始まりましたが、

時を同じくしてF1も無観客のレースイベントが開始されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はDAZNは退会しちゃったのですが、

スカパーには加入してるため、

F1の視聴は可能なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 7月5日の第1戦がオーストラリアGPとあったので、

当初の第1戦からやり直しかと思ったが、

よく見たらオーストリアGPであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日程は今のところ

7月5日から11月1日までの13戦がアナウンスされていて、

全てヨーロッパ開催。

日本GPの中止は早々と発表されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、もともとF1はヨーロッパの文化なので、

これはやむなしといったところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第1戦、2戦はオーストラリアのレッドブルリンク、

第3戦のハンガリーGPを挟んで、

第4,5戦がイギリス、シルバーストーンでの開催でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その第5戦のシルバーストーンは、

F1 70周年記念グランプリと冠されたわけですが、

ここでレッドブル・ホンダが、見事今季初優勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッドブルチームのレースマネージメントの良さが際立ったレースでしたが、

メルセデス2台を抑えてのトップチェッカーは気持ちよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週の同じサーキットで、

メルセデス勢はタイヤトラブルで苦戦しましたが、

今回も彼らはタイヤがヤバかったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週も、もしフェルスタッペンがタイヤ交換で

ファステストラップを取りに行かなければ、

最終ラップでハミルトンをかわしていたはずなので、

今後も、レッドブル・ホンダにはかなり期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 となると、日本GPが無いのは、

なんとも残念無念。

 

 

コメントはまだありません
2020.08.08

夏季休診のお知らせ

 お盆休みが始まりました。

といっても正確には、山の日関連の連休含みなので

お盆休みシーズンということですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスの影響で、帰省するヒトはかなり減少が見込まれ、

また、旅行なども、先月の4連休で感染が拡大した、

との報道に遠出は控える傾向がありそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなムードの中、8月8日土曜日の外来は、たいした混雑もなく、

12時過ぎにすんなり終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、当院の夏季休業は8月12日から16日まで、

となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つまり、来週は11日火曜日だけ、午前午後とも診察します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、これで11日に外来はどんな感じなんでしょうねー。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.08.07

新型コロナはただの風邪か

 最近Facebookやツイッターで

新型コロナウイルスについて取り上げた記事の中に

ある傾向のものが増えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それは、

「新型コロナウイルスはただの風邪」

「とくに防御や自粛をする必要はない」

と、いったもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、あるていど正しい側面も含んでいるだけに

注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスのPCR陽性者が増える中で、

軽症や、無症状の人が多いことが世間に知られるようになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてそれに加え、死亡者の平均年齢が80歳近いこと、

それが日本人の平均寿命とさして変わらないことで、

新型コロナウイルスは特別なものではない、

とする考え方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その考え方は正しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人間は必ず死ぬものです。

日本人の3大死因はがん、心疾患、脳血管障害ですが、

そのいずれにも感染症が引きがね、

あるいはトドメとなっていることは非常に多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現在はおそらく、

がん末期の人が風邪をきっかけに亡くなる場合、

がんによる死亡にカウントされますが、

その人が新型コロナウイルス陽性であった場合は

新型コロナウイルスによる死亡、とカウントされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホントはコロナはかかっても全然大丈夫だが、

全員がコロナにかかっちゃうとワクチンが無駄になるので

この辺の数字のマジックで、

お上はワレワレを脅して、わざと恐怖を植え付けている、

というのが「防御不要論者」の論理です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、本当はどうなのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウイルスと人間との戦いは、

ウイルスの毒性、繁殖力と免疫力との戦いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウイルスには季節性があり

夏場の時期では従来のコロナウイルスのような

「冬型」のウイルスは活動が弱まります。

これはインフルエンザなども同じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏でもインフルエンザの患者さんは発生しますが、

軽症で済んだり、流行することがないので、

ほとんど問題になりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスが従来型のコロナウイルスのように

冬型かどうかはわかりませんが、

細胞外では紫外線に弱く、高温多湿では消滅が早まる、

ということは確かなようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、夏場はウイルスの侵入口となる、

ハナやノドなどの粘膜の状態が、

冬場の乾燥や寒冷によって荒れた状態に比べて抵抗力が強い、

と考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、今のままの「毒性」で冬も同じ、

とは、ちょっと考えにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも「弱毒性」であっても、

一気に大量のウイルスが侵入すれば、

無症状や軽症で済まずに重症化してしまう、

ということはあらゆるウイルス疾患であることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、まるっきり無防備で良い、

といことはあり得ないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、感染が拡大するとウイルスの世代交代の数が飛躍的に増えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウイルスはその遺伝情報のコピーの段階で

一定の割合でコピーミスにより突然変異を起こし、

そのふるまいを変えることは過去の経験からわかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コピー回数が増えれば増えるほど、

ウイルス変異の確率は増えるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どちらかといえば弱毒性の方にシフトすることの方が多いのですが、

逆に毒性や感染力の強いウイルスに変異する可能性もあります。

20世紀初頭に最大のパンデミックとなったスペイン風邪の場合、

第一波より第二波の方がウイルのの毒性が格段に上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスは、ヒトに感染するコロナウイルスとしては

従来型のアルファコロナウイルス属の229E 、NL63、

ベータコロナウイルス属のHKU1、OC43

より重症呼吸器症候群SARSを起こすSARS-CoVに遺伝子的には最も近い。

そのため新型コロナウイルスはSARS-CoV-2と呼ばれています。

なので致命率10%程度の凶悪なSARS-CoVに近い形に変異する可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、喫緊の問題としては感染者の増加により

軽症者は良いのですが重症者も一定の比率で増加するので

今のままでは病床が足りなくなり、

医療崩壊に直結してしまう、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この調子だとワクチンはともかく、

インフルエンザのタミフルのような治療薬の開発は

少なくとも1,2年は期待できませんから、

感染の拡大をある程度押さえつつ、

ウイルスのご機嫌を伺いながら、

経済活動を少しずつ回復させていく、という今の方向が

一番良いのではないと思います。

ともかく、コロナ陽性者ゼロにはもう当分はならないような気がします。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ