ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.04.07

渡良瀬橋、開通

 前回工期延長になっていた渡良瀬橋

4月3日までとのことだったので

7日に工事が終わってるか確認に行きました。

また、夜にきて延長になってると困るので。

ありゃりゃ、まだ工事の覆いがかかってるぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、通行止めの看板は無し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 工事は終わっていないが、通行は出来るようになったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、確認を終えたところで、歩いていくと

信号待ちのクルマの人にイキナリ声をかけられました。

日赤に勤務する友人Y氏の通勤路だったのだ。

あー、びっくりした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここのサクラも葉桜になってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小中高の新学期も始まるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに始業式に間に合わないと、

この橋を自転車で通る高校生は困るだろう。

夜はここを通ってスイミングに。

だいぶ、あたたかくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2022.04.06

抗原検査、再び出番

 あー、毎日検査、検査、コロナの世界~。

(「氷の世界/井上陽水」のメロディーで)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここに来て、家族内クラスターが多いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 保育園から子供がもらってきて、

あるいは父さんが職場からもらってきて、

それが家族内に順次広まるという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎日熱が出た家族を一人ずつ

日替わりでクルマで連れてくるお父さんもいました。

最後には本人も発熱(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染力の強いオミクロン株では、

家族内のクラスターを防ぐことはかなり難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3月いっぱいは「みなし陽性」が適応されたので、

時間、距離、症状から明白な症例については

それで処理していましたが、

今月からはみなし陽性廃止によりすべて検査せざるを得なくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いちいちガウンを着て、マスク、フェイスシールド、

手袋で駐車場に行って、鼻の奥まで綿棒入れるのはまことに手間です。

そして、抗原検査の場合、看護師さんは

検体を検査キットにたらし込んでの操作を屋外でします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういった、たぶん絶対出るだろう症例の場合

「抗原検査」を行いますが、

やはり、ほぼすべて「強陽性」に出ます。

みなし陽性によりしばらく出番のなかった抗原検査ですが、

ここに来て急増。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抗原検査はこういう時に使うのよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 保育園や、会社の濃厚接触者の場合は原則PCR検査。

その家族内で1~3日のうちに

38度超えの熱が出た場合は抗原検査で良いと思いますが、

0歳、1歳の子の場合には他の疾患で高熱出すことがありますので、

PCR検査をしたうえで陰性ならば中耳炎等の熱源の検索が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、ケースバイケースで適切な検査を行い

見落としをしないようにして蔓延を防がなければなりません。

なおかつ、自ら感染しないようにしなければならず、毎日神経使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああー、温泉行きてえ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.04.05

フェアレディ240Z 1972年モンテカルロラリー

からの、モンテカルロラリー仕様。

同じくハセガワの1/24。

カウンターステアを当ててる箱絵がカッコイイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、サファリ仕様とは並行して同時に作っていました。

塗装も同じ、共通部品も多いので作業効率が上がります。

なんせ、人生の残り時間が限られているので、、、。

フードに穴があけてある方がサファリ仕様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モンテカルロラリーはWRCの中でも最も伝統あるラリーで、

F1のモナコGPに相当しますかね。

(場所も同じだけど。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぱっと見の特徴は、フロントのこの4連ライト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モンテカルロラリーは何と言っても

雪のチュリニ峠越えのナイトステージが見せ場です。

そのためのこのライト。

以前もモンテカルロで活躍したクルマを作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、雪かき用のスコップも、サファリには無い。

あたりまえだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロントフードには大きく「DATSUN」の文字が見えますが、

「フェアレディ240Z」は欧米では「DATSUN240Z」

のネーミングで販売されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダットサンは日産自動車のルーツにまつわるブランド名ですが、

海外では「ダッツン」という発音で認知されていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ブルーバード510で1970年のサファリを制し、

翌1971年には240Zでサファリラリーを連覇した日産ですが、

車体が重く、FRである240Zは、

雪の山道のワインディングロードでは不利で

イコールコンディションのサファリと違って

地元で走りなれたヨーロッパ車に苦戦を強いられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日産は同一車種でのサファリ、モンテカルロの

両ラリー制覇を目指していたそうですが、

結局このクルマによる1972年の総合3位が最高位でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、後から気づいたんですが、

このトゥドはあのジャン・トッドですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが知ってるジャン・トッドの最初は

1987年からプジョーを率いて

パリダカールラリーで4連覇を成し遂げたチーム監督としての姿です。

三菱パジェロは常に彼の前に苦杯を舐めていました。

その後、低迷するF1のスクーデリア・フェラーリに招かれ、

1993年途中から鳴り物入りで総監督に就任すると、

1991年以来未勝利であったフェラーリに4年ぶりの勝利をもたらし、

1999年から2004年まではコンストラーズタイトル6連覇、

ドライバーズタイトル5連覇という黄金時代を築きます。

その後2006年にフェラーリのCEO、

2009年から2021年まではFIAの会長を務めたという

モータースポーツ界の超大物ですが、

最初は、日産のコドライバーだったんですね!(◎_◎;)

初めて知った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、日産ラリー黄金時代の名車。

DATSUN240Zを2台、ロールアウトしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうちフェアレディに先立つブルーバード510も紹介します。

コメントはまだありません
2022.04.04

フェアレディ240Z 1971年サファリラリーウイナー

この間のシボレートラックにちょっと写っていた

フェアレディ240Z。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年になってから2台作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっかけはこの本。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなかマニアックは内容でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシが子供の頃、モータースポーツに興味を持っていた時分には、

海外で活躍する日本の自動車メーカーは、

F1のホンダと、ラリーの日産だけでした。

日産はブルーバードに続きこの240Zでサファリラリーを制し、

カー少年だったワタシに強いインパクトを与えました。

タミヤの1/12のキットが有名ですが、

もう随分前に作ってあるので、

今回はハセガワの1/24です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、かっちょえ〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェアレディZは、そもそもがそれまでの日本車にはない、

流麗なレーシングクーペのフォルムですが、

サファリ仕様になって逞しさが加わってさらにカッコいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性に人気の美形の2枚目俳優が、

新境地で男くさい役を演って、

男性ファンもぐっと増えた、みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サファリ仕様の最大の魅力は

このフロントフードに埋め込まれた補助ライト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、フェンダーにも補助ライト。

アフリカの道なき道を舞台に開催される

世界一過酷といわれたサファリラリーをゆく240Zは、

子供の目にはマッハ号のように見えたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨今のラリーカーはヤリスやフォーカスなど

コンパクトカーになってしまいましたが、

昔はこんなカッコ良いクルマがラリーを戦っていたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロングノーズ、ショートデッキは、

かつてのスポーツカーのフォルムの代名詞でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、このあとはモンテカルロ仕様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.04.03

C5-dip’s in DEF☆PALOOZA Phase002

昨年12月以来、実に4か月ぶり。

4か月といったら1/3年なわけで

ようやく今年最初のライブになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナの影響により1バンド減って、3バンドでの開催。

最少催行バンド数3なので、ギリギリであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一発目は主催の星さん率いる「Gakken」。

「Dokken」というバンドのコピーだそうだ。

相変わらず衣装に金かかってます。

カッコイイ。

ロックはかくあるべし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルの「Dokken」は聞いたことないのですが、

星さんはこの間は「Z會」というバンドやっており、

今回「Gakken」ということは、意外と受験勉強好き?

つぎは「オーブンシャ」かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Gakken」はまた7月にライブがあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして2番手はお馴染み「Power Puff Nori-P’s」

今回は重大なイベント付きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギターの「柴犬ようすけ」氏がしばしバンドを離れることになり

新サポートメンバーとして加わったカワサキ氏が

新たな「飼い犬」として参加、

今夜はその命名式を予定していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観客からの命名により「スイーツ犬マロン」にめでたく決定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく女王様からキビシイ調教を受けていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の2匹とも早くも馴染んでいるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず。愉快なバンドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そして3バンド目。

「C5-dips」の出番です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4月にして、今年初めてのライブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4月までライブがなかったのは初めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナ禍の昨年でさえ3月に初ライブできてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それほど第6波の影響は大きかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、まだ終わっていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回後半は予定していたストーンズセットを

フーファイターズのドラマー、

テイラー・ホーキンス氏が急逝したことを受け

急遽、フーファイターズセットに差し替えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシも、ホリさんもフーファイTシャツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主役はドラムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には、ライブの間隔があきすぎて、

ノリの感覚がいまひとつ戻ってなかった感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今後は、バンド活動が順調にできますように。

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ