ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.06.19

2021年オリンピックにより、祝日の移動がありますのでご注意ください

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除され、

まん延防止等特別措置に代わるらしいですが、

いまだによく違いワカラン。

ただ、政府の見解としては、

「これでまた必ず増えますから」

みたいなことを連呼しており、

そういうことなの?それでいいの?

という印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、オリンピック、パラリンピックに関して

いまだ、開催の方向で動いているようで、

これもどうなのかなと思いますが、

それにともなって7月8月のカレンダーは、

今掲げられてるカレンダーとは休日が変更されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 名称が「東京2020」になってるので、

紛らわしいですが、これは去年の話ではなく

今年の話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つまりこうなるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、メンドクサイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 祝日を移動する、という意味は、

みんなオリンピック会場や、パブリックビューイングや、

スポーツカフェ、居酒屋に繰り出して、

おおいに騒いでお祭りを盛り上げようぜ、

ということが当初の狙いだったでしょうが、

いまや、状況はまったく逆になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 都内のパブリックビューイングはすべて中止になる予定ですが、

この休日措置で街に繰り出すのは

ワクチン未接種の若者が主体でしょうから、

けっこうヤバイなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともあれ、今後オリンピックの開催、中止にかかわらず、

この日程は変更されない、ということですので

当院の診療日に関しても

このオリンピックカレンダー通りになりますので、

来院される方はご注意ください。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.18

手術指導医

 先日の記事で思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勤務医のころは手術ばっかりしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが市中病院に赴任した当初、

耳鼻咽喉科の前任者の手術件数は少なく

週2回の手術日は、外科や整形外科などに

「侵食」されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それをまず「奪還」し、その後は隙を見て、

他科の手術ワクを奪いにかかり、

最終的には週3~4日は手術していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時耳鼻咽喉科は2人態勢でしたが、

毎年、ほぼ1年交代でワタシの下に若い研修医が来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この新人に手術を教えるのがストレスでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日書いたように、ビデオシステムや光学機器がない時代、

術者にしか術野が見えない手術を指導するのは大変なこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例えば扁桃摘出術は非常にポピュラーな手術ですが、

最初は、途中まで剥離してから助手に交代します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこからは口で

「大丈夫?」

「剥離できてる?」

「出血どう?」

「下極まで行った?」

などと横から様子をうかがうのですが、

ハラハラドキドキです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自分でやっちゃえば20分で済む手術も、

新人だと1時間もかかる場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研修医によって、少しでも不安があると

「先生、ちょっと見てください。」

と、確認を求めてくる者もいますが、

まあ、それは安心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤバイのは「大丈夫?」と訊いても、

「大丈夫です。」と言いながら手術を続ける奴で、

明らかに苦戦してるようなのになかなか譲ろうとしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どんどん汗だくになって、

さすがに、そろそろ、ちょっと代わって、

といって術野を見ると、

けっこう大変なことになっていたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、後遺障害や合併症が起こる前には介入しますので

何か問題が起こったことは一回もありませんが、

そうならないためのストレスは大変でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 術野の画像が共有できる現在は

指導医のストレスもだいぶ軽減されてるでしょう。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.17

ワクチン接種会場にて

 木曜日のお昼休みは、足利地場産センターにて

新型コロナウイルスワクチンの集団接種。

これは250人余りの接種が終わったあとです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 接種個所は4か所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院のナース関口さんは今回は接種修了者の経過観察係。

向こうの方にいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ズームアップすると、なんか道路工事のビブスみたいの着てました。

ナゼに夜間反射板がついてる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他にも多くのスタッフが受け付け、書類記載の手助け、誘導などで

てきぱきと働いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 驚いたことに、接種担当の看護師さんの一人が

ワタシとアンタレススイミングスクールでいつも逢ってる人でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いきなり声かけられてビックリしましたが、

そう言えば、見覚えがある人です。

プールでは一度も挨拶すらかわしたことがありませんでしたが、

向こうはワタシが耳鼻科開業医であることを

人づてに聞いて知っていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今までお互い水着姿でしか逢ったことがないわけで、

言われなければ絶対思いもよらなかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、看護師さんの年齢はおそらく

ワタシと同じかやや年上かと思われます。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.16

手術の動画

日本耳鼻咽喉科学会総会の動画配信を見てますと

いろいろ思うところがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般の日常診療に役立つ最新のトピックスもあるのですが、

手術手技の紹介や手術法の教育的講演などもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 動画によって紹介されるそれらの手術の様子が、

最近の画像テクノロジーの進歩により、

大変スバラシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレが研修医だったころは

手術はひたすら手術書を読んで、内容を頭に叩き込み

手術は術者の横からのぞかせてもらって、

覚えたものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 手術書はシェーマと呼ばれる線で描いた略図が主体で、

もちろん白黒です。

当然、連続画面ではなく、途切れ途切れの静止画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足りない部分は頭の中で再構築しなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、略画のイラストと実際の手術では

大きな開きがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そもそもオペ書には、血が描いてないんだよなー。」

とは、ワタシの何年か上の先輩医師が言った言葉ですが

けだし「名言」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、耳鼻咽喉科の手術は術野が狭く、

のぞき込むような視野の手術が多いので、

術者以外は手術してる場所が見えない、

という場合が大変多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、今はどうだ。

手術映像はハイビジョン画質で手術室の全員が共有できるし、

自宅のパソコンで手術の予習復習をすることも意のままです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、研修医のころこんなのがあったら、

オレももっと手術が巧くなっていたのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もはや、この歳になって、しかも開業医の身では、

新しい手術の習得などは関係のない話であるが、

こんな手術、やってみたかったなあ、

と一抹の寂しさを覚えつつ学会の配信を見ています。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.15

ヘルシー

ヘルシーという言葉は

英語の「健康な、健康に良い」という意味の「healthy」からですが、

最近は主として食品に対し「カロリーの少ない」

という意味で用いられることがほとんどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お野菜たっぷりでとってもヘルシー」とか

「糖質オフのヘルシーレシピ」

なんて感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに高カロリーの食事による

肥満や脂肪肝は糖尿病や高血圧など

さまざまな生活習慣病の原因になりますが、

カロリーの少ないことが健康、というわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもカロリー摂取過多が問題になってきたのは

日本ではたかだかこの5,60年のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1950年代まではいわゆる戦後の食糧難が、

日本国民の健康に深く影を落としていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その前、江戸時代までは天候不良で飢饉が起こるたびに

何千、何万人もの餓死者が出て、

最大の飢饉といわれる典明の大飢饉では

日本全国で92万人もの人口減があったといいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも人類の歴史は人類の誕生以後、数百万年の間

常に「飢え」との戦いでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人類は、いや、まだ、ヒトになる前の動物の時代から、

様々な手段で、少しでもカロリーの高いものを取り込む方策を講じ、

種の生存をはかってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我々人間は血糖値を下げるホルモンは

インスリンただ一つであるのに対し、

血糖値を上げるホルモンは、

成長ホルモン、副腎皮質ホルモン(コルチゾール、アルドステロン)

副腎髄質ホルモン(カテコールアミン)甲状腺ホルモン、

グルカゴン、ソマトスタチンなど数多くあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはすべて、なんとか生物として生き残ろう、

と、ご先祖様が何千万年もかけて

苦難の末、手に入れたすべなわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地球上には依然、飢餓と戦ってる国もありますが、

日本をはじめとした「豊かな国」では、

フードロスが社会問題になり、

エネルギーを生み出さない食品が、

「健康的」になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少なくともワタシが子供のころは、

「栄養満点」「お腹イッパイ」は売り文句だったのが、

今や「健康」と「カロリー」が

背反事項になってしまったというのは、

なかなか感慨深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とはいうものの、

ここのところ「鉄板プレート」がマイブームで

ついついカロリー過多になり、体重増え気味。

ダイエットしなければ・・・。

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ