ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.03.11

D-Day

 皆さん、気づいていると思いますけど、今日が、その日ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 雨が上がって、気温が上がって、晴天、しかも風もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すべての条件がそろいました。

もう、わかってると思いますけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暖冬の影響で、例年より半月ほど早く推移している今年の春。

そして、今日の天気は「最悪」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は花粉症の方はゼッタイ「外出禁止」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日と明日が、今シーズンの花粉のピークです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日ばかりは、学校が休みでホントに良かった。

気温上昇による上昇気流の影響で日没後も多くの花粉が降ってきますよー。

 

 

 

 

 

 くれぐれも油断なきよう。

 

 

コメントはまだありません
2020.03.10

臭と嗅

 昨日の「鼻」と「洟」のお話を書いていて気になったことが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 皆さんが意外と誤解されていることに「ニオイの感覚」があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは「嗅覚」といいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ゴール前での嗅覚」とかいうアレですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時々これを「シュウカク」と間違って言う方がいます。

つまり漢字では「臭覚」ですが、

このような言葉はアリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「臭」は「(臭い)ニオイ」の意味で、

訓読みの動詞では「臭い(くさい)」「臭う(におう)」

ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「悪臭」「口臭」「加齢臭」「脱臭剤」などで使う「臭」は

一般に不快なニオイに用います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにたいして「匂」は良いニオイに使われます。

ただし「匂」は国字(日本で作られた文字)なので、

訓読みはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 良いニオイについては大和言葉で「かおり」という言葉があり

「香り」「薫り」「芳り」などという字があてられます。

「芳香剤」なんてのもありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう「嗅」は、読みは「キュウ」で、訓読みは「嗅ぐ(かぐ)」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、ニオイの感覚は「嗅覚」なのでお間違えないように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ついでに言うと「臭」は「自」と「大」ですが、

「嗅」は口へんに「自」と「犬」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 旧字は自と犬だったようですが、

略字が当用化されたようです。

じゃあ「嗅」も「大」にしろよといいたくなりますが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと「自」は「はな」の象形文字、

自分を表すのに自分の鼻を指さすことからできたといいます。

で、「犬」が鼻でくんくんにおいをかぐ様から

「臭」の字ができたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、春が来てレディアのお散歩コースには

水仙の花が咲き乱れていますが、

彼女の仕草を見ていると、

どうも、くんくん嗅いでいるのは水仙の匂いではなく、

他の雄犬が道端にしたオシッコの臭いのようです。

おっと、レディアにとってはオシッコの「匂い」なんですね、きっと。(笑)

 

 

 

 

  

 

コメントはまだありません
2020.03.09

「鼻がたれる」

初診の患者さんには問診表を書いていただいていますが、

まず最初の、本日はどのようなことで受診しますか、

という趣旨の設問に対し、このところ花粉症のシーズンですので

「鼻が詰まります」「鼻が出ます」「鼻がたれます」

といった記載が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は「鼻が詰まります」は正しい表現ですが、

「鼻が出ます」「鼻がたれます」

は誤りで、正しくは

「洟が出ます」「洟がたれます」

となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「鼻」とは顔の中央部に隆起する部分の名称で、

その部分は解剖学的には「外鼻」ですが

通常はその内部のキャビティである「鼻腔」を含んだ部分を指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに耳鼻咽喉科的には

鼻腔に連続する空洞である「副鼻腔」も含めて

「鼻」と総称します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらは人体の構造物ですが、

たれてきたり、かんだりする「ハナ」は、

「鼻」ではなく「洟」という字を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、「鼻が出る」というとピノキオみたいな状態だし、

「鼻がたれる」というのは

芥川龍之介の禅智内供(ぜんちないぐ)のような状態になってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、そのような場合は

「はなが出ます。」「ハナがたれます。」

と、カナで書くか、

「鼻水」「鼻汁」といった言葉を使うのがよろしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、いちいち患者さんに

「いや、見たところ、全然たれてないですよ、普通の形です。」

などという、大人気ないツッコミはしませんけど。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.08

コロナが来る

 太田市の小中学校は休校になっていないので、

コロナはともかく、花粉症が大変です、

なんて話を書いたらイキナリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 太田市でコロナウイルス感染者が出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、保育士の方のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、子供さんに感染していたら拡大が懸念されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何しろ、子供、特に未就学児では感染しても

不顕性であったり、症状が出ても軽症で済む場合が多いはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは知らぬ間に子供たちが感染を広げる可能性は高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というよりむしろ、逆にこの新型コロナウイルスは、

保育園に通園している子供さんから

この保育士さんがもらったという可能性の方が高いのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もしそうだとすれば

太田市から当院に来てる子はけっこういるので、

すでにワタシも新型コロナウイルスに接触している可能性は

決してないとは言えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、この保育士さんが最初にある医療機関を受診して

インフルエンザ陰性の診断を受けた、という報道から、

ひょっとして、それ、ウチだったりして、という考えが頭をよぎったが、

保健所から何の連絡も来てないので、

たぶん、そうではなかったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これから一段と気をつけて診断にあたらんといかんなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを受けて、太田市の小中学校も休校になるようですから、

昨日の花粉症問題のほうは解決に向かいそうですが・・・。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.07

コロナウイルス騒動の花粉症への影響

 土曜日朝の待ち人数はついに100人台まで減りました。

花粉症、ヤマを越えたか。(^.^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、学校が休みの影響で、

平日の午前中から花粉症の患者さん多かったから、

たんにバラけただけなのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その点で気づいたこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  当院に来院する患者さんはこの足利市だけでなく

佐野市、館林市、桐生市、太田市などの近隣の都市からも来られますが、

その中で、太田市だけが市の意向で小中学校が休校していません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 太田市は当市に最も近く、多くの患者さんがみえるのですが、

小中学生の花粉症の症状が他の街にくらべて明らかにヒドイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 予想はされていた事態ですが、

ここまで違うとは思いませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉が少ないといわれている今年で、

こんなに症状が悪化している要因は何なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの推測ですが、

おそらく太田市の学校では、

新型コロナウイルス感染予防のため、

室内の換気を積極的に行う方針のもと、

窓を頻回に開けて外の空気を教室内に入れているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その場合、換気のたびに大量の花粉が教室内に流入し、

授業中、室内でも大量の花粉の曝露を連続的に受けているもの

と推測されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だとしたら、これは、相当カワイソウだ。

どうにかならないものかしら。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ