ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.05.02

栃木県内で新型コロナで合併症のない10歳未満の女児が死亡

 オミクロン株になってから重症化例が少なくなり、

PCR検査の結果を電話連絡するときも

「PCR検査は陽性でした。」

と告げても、

「ああ、そうですか。」

といった、さしたるショックではないような受け答えが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、栃木県内で特に合併症のない10歳未満の女児が

新型コロナで亡くなる、というニュースが報道されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 詳細は不明ですが、新型コロナはやはり未知の病気。

このようなことが起こっても決して不思議ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 死因が肺炎でなく脳症ですが、

下気道の炎症を起こしにくいオミクロン株では、

デルタ株までのような肺炎による重症例は減少していますが、

脳症はインフルエンザもそうですが子供に起きやすいので

注意が必要ということでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに

ご遺族の方には心よりお悔やみを申し上げますが、

コロナ診療にかかわるものとしては、

一層気を引き締めて日々の診療にあたらねば、

との思いを新たにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.01

サクラ石

 この間行った草津でも桜が満開だったので、

赤城の千本桜を含め、今年はことのほか桜がたくさん見られました。

いまや桜も終わり、これからは新緑の季節です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、「桜石」というものをご存知でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜貝は桜の花びらのような

淡いピンクのグラデーションからのネーミングと思われますが、

桜石はピンク色の石ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜の花びらはこのように先が割れていますが、

表面にこのような模様がある石を桜石と言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムカシよく拾ったなあ、と思ったら

意外な事実が判明しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は桜石は特殊な石であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットで桜石を検索すると、

全然違う桜石が出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、京都の亀岡で採れる石で、

標本やお土産として売られているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは擬六方柱状になった菫青石(きんせいせき)が分解して

絹雲母(きぬうんも)や緑泥石などに変化したもの。

白、淡桃、淡緑色などで、横断面がサクラの花のようにみえるところからこの名がある。

京都府亀岡(かめおか)市にある桜天神は、境内からこの鉱物を産することで有名である。

とあります。

こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バラ売りもあるらしい。

サクラなのにバラ売りとはこれいかに、なんて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この石には伝説があり、

その昔、菅原道真が大宰府へ左遷されるとき、

ある人が道真への別れの挨拶のために京都を訪ね、

別れのしるしに道真より1株の桜の木をもらい受け庭に植えたという。

やがて道真も亡くなり、植えた桜の木も枯れてしまったが、

枯れた桜の木の下にあった石に桜の花の紋様が付いたと伝えられているそうな。

よって、厄除け、雷除けのご利益があるともいわれているらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう、ワタシの拾ったことのあるサクラ石はこんなやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも菫青石(きんせいせき)が 変質して雲母化したものらしいですが、

形が違い、桜の花びらが散った感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがなんと、ほぼ足利市を流れる渡良瀬川でしか採れないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供のころ河原で石を探すと1個や2個は出てきたものでしたが。

そんな、貴重なものだったとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供のワタシが探したのは、川で水切りする用の石だったので、

ゴロゴロしたサクラ石は水切りにはむかないので

見つけてもポイポイ捨ててました。(^^;

そういえば、大人は有り難がっていたような記憶が・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今でも河原に行けばあるんだろうか?

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.04.30

大型連休が吉と出るか凶と出るか

 東京など大都市圏では、新規コロナ感染者の減少が伝えられ、

ロシアのウクライナ侵攻や、知床観光船の事故、

はたまたキャンプ場で行方不明になった女児の手がかりなどが発見されるに及んで

ニュースの優先順位が変わって

何となく、コロナは国民の関心の第一線から消えつつあるが、

田舎はそうでは無いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今週月曜日は22人もPCR検査を行い、9人が陽性。

火曜日は検査は11人だったが、8人が陽性。

水曜日は半日で検査数も4人で陽性者ゼロだったものの、

木曜日は7人検査して7人全員陽性という結果で、

陽性率は上がっているような印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、感染経路不明の人、

ノドの痛みだけで熱の出ない人、

若者から幼小児、乳児までの陽性者が目につきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 陽性者のなかで一番小さい子はまだ3カ月で、

保育園に行ってる兄弟からの感染で

39℃を超える熱が出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幼稚園あたりの年頃では、

マスクや、沈黙、ソーシャルディスタンス

といった感染予防はまず不可能なので

必ず感染が広がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供はすぐ熱が下がる場合が多いですが、

軽症だからと検査をしないでいると、

家族にうつしたりまた、またその大人が会社にひろめたり・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我々、臨床医にできることは、

感染の芽をいち早く摘み取って、

感染の連鎖を断ち切ることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゴールデンウィークで休みになることで

学校や幼稚園、保育園での感染の連鎖は断ち切られる望みがありますが、

逆に行楽や、会食、イベント参加で感染の輪が広がる恐れもあり

どうころぶか大変懸念されるところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日も周囲にコロナの人はいないが、

土日に幕張でのイベントに参加してきたという若者の

PCR検査陽性を確認しました。

うーむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.04.29

25周年のあしかがフラワーパーク

 週間予報で金、土、日の飛び石連休は

金曜日☂土曜日☼日曜日☂で

晴れは土曜日のみだがこの日は仕事というあいにくの並び。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、金曜日の雨が降るのはお昼過ぎからということで、

ここしかないということで金曜祝日のあさイチで来てみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あしかがフラワーパークの藤は今が見ごろ、ということで。

しかし、朝7時の開門前にすでに長蛇の列。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、西ゲートではチケット販売無いとのことで、

正門まで歩いて移動。

いや、歩くのはもはや願ったりなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こっちも列でした。

今年のゴールデンウィークはすごそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この時期入場料は最高値。 

ワタシはアンタレス会員なのでタダです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお、イイ感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フラワーパークのベストシーズンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天気も何とか持ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 桜色の藤。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 白藤。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、名物の大藤。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年はタイミングが合いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たぶん、来週では散り始めているかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年で大藤移設後25周年だそうです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつては今のヨークバニマルのある土地にあった

早川農園に植えられていた大藤です。

よくこんなデカイもの移動できましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この白藤の壁もだいぶ木が成長しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 裏から見るとこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年進化しているのが此処のすごいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、今回の大発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、ヤンマの羽化です。\(◎o◎)/!

貴重なものを見ることが出来ました。

ヤンマも朝早くから人がいっぱいでアセッたかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、朝飯前の1時間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 無事、今年も見ることが出来ました。

この日はやはりお昼過ぎから大雨になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.04.28

戦艦長門 開戦時

 そして、開戦時の長門。

フジミの1/700。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤマダ電機のポイントで買いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 純正エッチングパーツも購入。

こちらは、アキバのヨドバシで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プラモデルはもはや模型屋で買う時代ではないのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キットは昭和16年の開戦時。

ワタシの最も好きな長門です。

艦橋はもはやテントではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 艦橋をくみ上げていくと、

やはりあの7本の支柱から成り立つことがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくて完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昭和16年、この当時は戦艦大和はまだ完成しておらず、

聯合艦隊旗艦であるこの長門から

「ニイタカヤマノボレ一二〇八」の命令が発せられたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、ワタシは大和型よりこの長門型の方が断然好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、大和は秘密兵器だったんで、写真も出回らず、

国民は大和の姿を知らなかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 竣工当時世界最大最速最強の戦艦であった長門も、

この時すでに艦歴20年を超えていましたが、

依然日本海軍のシンボルでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国民に親しまれた屈曲煙突は廃され、

重油専念の一本煙突になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 長門は、太平洋戦争を戦い抜いて、終戦時唯一残った戦艦でした。

僚艦、陸奥は1943年柱島沖で謎の爆発を起こし、沈没。

武蔵は1944年のレイテ沖海戦で、

大和は1945年の天一号作戦(沖縄特攻)で沈んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 敗戦後、米国に接収され、ビキニ環礁での原爆実験に用いられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 長門は2度の原爆にも耐え海上にその姿をとどめ、

この堅牢ぶりを示しましたが、

2度目の実験のあと、夜間のうちに誰にも知られずにひっそり沈み、

翌朝、その姿を消していたといいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 聯合艦隊の栄光と終焉を見届け、

誰にも知られず姿を消したところは、

最後のサムライ的な、または死にゆくオオカミのリーダーのような

ある種独特の感慨を持たらすエピソードではあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、現実的には、太平洋戦争においては

すでに戦艦の時代は終焉を迎えており、

この40センチ砲が、敵艦にダメージを与えることはついにありませんでした。

長門が終戦時に残っていたのもほとんど最前線に出る幕がなかったから、

ということも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さてお待ちかね、新旧長門そろい踏み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 擬装の密度が全然違いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 手前1927年、向こうが1941年、14年間の間に軍艦の形や役割も大きく変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このあと、太平洋戦争中に航空機による艦船攻撃が主体となり、

長門を含むすべての水上艦艇は対空兵装の強化に

次々と機銃の増設を行い、優美な姿は

なりふり構わぬハリネズミのような形になっていきます。

またレーダー(電探)も装備されますが、この時期はまだありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 機銃満載の方が勇ましい、と思う向きもあるかと思いますが、

やはりワタシはこの時期の長門が一番好きです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ