ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.07.14

ゴジラvsコング

 梅雨末期の集中豪雨は相変わらず大変ですが

この間の熱海で思い出した。

熱海城といえば「キングコング対ゴジラ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、コレ。

7月2日から封切りになってるじゃないですか。

コロナで閉まっちゃう前に早く行かねば。

そもそも昨年5月公開予定が、

新型コロナの影響で延期になっていた作品です。

熱海城は出ないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということでやってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日のお昼12時10分の回でしたので、

家で早めに昼メシ食ってアシコタウンに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日のお昼だが、足利市の映画館はこんなもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

字幕版です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吹替え版は1日4回上映に対し、字幕版は2回しかない。

そういえばこの映画の観客の年齢層は

どんな感じなんでしょうか。

今の子供はゴジラどうなんだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この映画は2014年のハリウッド版ゴジラからの

モンスターバースシリーズ第4作目。

前々から話題になっていたこの「王座決定戦」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こっからネタバレあります。

結論から言うとですねー、

CGを主体とする格闘シーン、特撮シーンのクオリティは

過去最高レベルで高いが、

脚本や、設定は過去最低レベルかも。

シナリオベースでは「ゴジラ対メガロ」以下かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなり、イマドキ地球空洞説にも無理があるが、

あんなに怪力のコングが、イカダの鎖をぶっちぎれないし、

地球の真ん中まで貫通しちゃうゴジラの熱線が、

コングの斧でさえぎられちゃうし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地球内部の空洞が

なぜ真っ暗でないのかについても何の説明もなかったし

その穴の底からコングが上に上がってくるまで

熱線を吹かずにただ待っているゴジラも不自然だし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小栗某がやっていた芹澤博士の息子も

存在感が全くなく、役どころがよく分からない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラスベガス1週間分の電力で止まりかけたコングの心臓に

カウンターショックを与える、という設定も

カウンターショックは止まった心臓に対して行う処置で、

動いてる心臓にやったら止まっちゃうよ。

そして心臓が止まりそうなほどのダメージを受けたコングが

電気ショック一発でまた全開パワーを回復しちゃうのもオカシイ。

1962年の「キングコング対ゴジラ」で

キングコングがカミナリ浴びて

電気エネルギーたくわえて

パワーアップしたエピソードがあったが、

それへのオマージュなんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも「怪獣プロレス」は迫力がありました。

第一ラウンドはなんと原子力空母上の

「海洋デスマッチ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

破壊された原子力空母からの

放射能漏れの方がかなり心配ではありましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして第二ラウンドは、香港。

ナゼに香港なのかはチャイナマネーのためか、

1962年の熱海のような歓楽地がこのカードにはふさわしいと考えたのか。

それならいっそラスベガスでもよかったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてまた、残念だったのは

小栗某が変顔で操縦するこのメカゴジラのデザイン。

これはイタダケナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラクタの寄せ集め的なデザインで、

メカゴジラ伝統の毅然とした美しさがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初代メカゴジラ。

個人的には、これが一番好き。

鼻がブタだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして2002年の二代目メカゴジラ。

これも二等辺三角形の造形がスバラシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは正式には「三式機龍」といい、

自衛隊の対ゴジラ兵器で釈由美子ちゃんが操縦していたのであった。

こんな女の子に託すのはどうかと思ったものでしたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、「怪獣プロレス」をいかに見せるか、

というコンセプトであれば、最初から最後まで格闘シーンの連続で

見せ場は多いが、ドラマがほとんどなくて

格闘バトルゲームのような感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それさえあれば良い、

というファンも存在するのかもしれませんが、

昭和のゴジラファンとしては

1954年の「ゴジラ」が原点なわけで、

その意味では、そんなワレワレをもうならせた

「シン・ゴジラ」の偉大さを再確認した思いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、逆にアメリカの新しいゴジラファンは、

むしろこういう格闘技選手権ゲームバトルを

求めているのかもしれず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怪獣たちは派手に街を破壊しますが、

逃げまどう人々は、あまり描かれず

怪獣によってもたらされるその場にいる人間の

「恐怖」や「災厄」については

ほとんどまったく触れられていません。

まるで無人の街を破壊しているかのようです。

放射能、核へのアンチテーゼは

無論、微塵もありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肝心の「頂上決戦」は、

一応ゴジラがキングコングを瀕死の状態まで叩きのめし、

勝者となったが「武士の情け」でトドメを刺さなかったところに

メカゴジラ登場で、今度はゴジラピンチ。

そこに復活したキングコングが

メカゴジラを倒して、

予想通り(?)の痛み分け、ということになり、一件落着。

協力してメカゴジラを倒した

ゴジラとキングコングが最後に握手しなくて良かった。

(マジでハラハラしながら祈ってました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良かったのは、最後に戦いを終えたゴジラが、

夕日の海に帰っていくシーン。

これは、まさにあのゴジラ第15作目にして、

ゴジラ第1シリーズ最終作、

そして本多猪四郎監督の最後のゴジラ映画である

「メカゴジラの逆襲」のラストシーンの

完璧な再現でした。

思わず、映画館で声を上げそうになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1975年のこのラストシーンでゴジラシリーズは「終了」。

その時には1984年になって「復活」するとは思いもよらなかったので、

このシーンが、ゴジラとの永遠のわかれであったわけです。

ちなみに本多猪四郎監督のゴジララストショットでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということはハリウッド版ゴジラも

これで当面新作はない、ということなのでしょうか。

 

 

 

3件のコメント
2021.07.13

オリンピック貴族

 無観客にはなったけど、

オリンピックはやるみたいなので、

テレビのニュース番組なども

オリンピック目指してがんばる日本選手を応援、

みたいなトーンが増えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、選手は「被害者」なので、

これを応援して盛り立てていく

というムード作りは大事でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、国民感情を逆なでするようなニュースもあるわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうもIOCバッハ会長は一泊300万円のお部屋に泊まってるらしく、

そんな高い部屋があるのにもビックリだが、

IOCから出る宿泊費は一泊400ドル(約4万4000円)と決まってるので

その差額は、組織委員会、つまり税金から出るという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スゴイね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一泊300万円ったって、一泊じゃ済まないわけで、

20日間泊まれば6000万だよ。

もっと泊まるのかな。

そのお金でマンション買えちゃうよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも会長1人ではなく、ほかの関係者の宿泊費も不足分は

開催都市、または国が補填してるわけで、

高級ホテル1400室×滞在日数の

税金負担分はいったいいくらになるのやら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、こんな緊急事態の中、ヒトのカネで

堂々とこの部屋に泊まっちゃう「貴族」の感覚も

ワレワレの理解を越えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、これが我が国の天皇陛下や皇族の方だったら、

同じような状況になった場合、

周囲は反対するだろうが、

ワタシはもっと安いところで良いですよ、

そのお金を他に回してください、

とおしゃったことでしょう。

 

 

 

 

 

2件のコメント
2021.07.12

サンマの予言

金曜日のスイミングの帰りに

半額になったお刺身や、お惣菜を買って帰るのが楽しみ、

ということがここしばらくのルーティンでしたが、

コロナ禍ステイホームになってから、

何も残っていない、という事態はけっこうあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜も何もないかー。

ウナギ蒲焼き売ってるから、これで精をつけるか、

と思ったが一尾1680円という値段に、

やはりためらう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、お、コレだ、と選んだのが、コイツ。

2尾で158円とはウナギの20分の1以下。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、最近不漁のため、やせっぽちのサンマばかりの中、

まずまずの大きさです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜は、豪勢に2尾まとめて尾頭付きだー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しかったすが、

脂のってて、2匹喰ったら

ちょっともたれました。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、2008年にこのブログを始めたばかりのときに

サンマ」についての記事を書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 13年前のブログ。

当初はまだ改行、行間余白が無いので読みにくいなあ。

おー、サンマ一匹30円だったんですね。

豊漁だったと、書いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、さらに妻の「予言」が書いてあります。

回遊魚であるサンマの豊漁は地球環境の変化だから、

そのうち全く獲れなくなるかも、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、今起こっている事態を

完璧に予測しとる。

我が妻殿、おそるべし(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.11

ワタシがブログを書く理由

 2008年からブログを始め、

2016年3月からは「毎日更新」をモットーに

これまで書いてきた「ロックな耳鼻科」ですが、

振り返れば、膨大な量です。

この間、「医者のブログ」という記事を書いて、

フト、なんでオレはこんなに長いことブログ書いてるんだろうか、

との思いに至りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医院開業して20年以上。

今や、あまり忙しいのは困るので、

この期に及んでブログによる増患効果は

全然望んでおりませんし、

当ブログは見ての通り広告はないので、

広告収入でお小遣いがもらえるわけでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 単に好きだからやってます、ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 考えてみると、それについて思い当たる要因は2つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひとつは、子供のころから

「人前で何かやること、人にものを教えることが好き」

だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小さいころから人前で発表したり、講義をするのが好きで

学芸会なんかでは主役以外やったことない。

バンドでギターボーカルやってるのもその路線ですね。

「目立ちたがり」ともいう。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう一つは、やはり子供のころから

「文章を書くのが好き」

ということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小学校1年生のときに、

担任の先生からクラス全員に日記を書くような課題が出て、

そこで褒められてから文章を書くのが好きになったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日記は小学時代は書いていましたし、

作文コンクールや読書感想文では常に賞をいただいていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その2つの合体を考えるとたどり着くルーツは

小学校3年生の時に国語の授業であった

「壁新聞」ではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 数人のグループに分かれて、記事を書き編集して、

壁にはりだすというもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 授業中だけでは間に合わず、

放課後も残って作業を進めたりするわけですけど、

これが、楽しくて、楽しくて。

もう「天職」かと思いました。

当時、天職なんて言葉は知らなかったと思うけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく自分の作った新聞が、

学校の廊下に張り出されて、

全校生徒の注目を集めるというのが快感でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その流れで、中学では

サッカー部のほかに新聞部に入りましたが、

決められた記事を書かなければならない学校新聞よりも、

自由度の高い「ウケる記事」を扱える

学級新聞には相当チカラを入れました。

大学生の時は、クラスで分担して試験対策の「資料」

というプリントを作るのですが、

その時もかなり凝ったものを作り好評で、

たしか医学部の卒業アルバムの中に

その資料の表紙が掲載されたような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、こうして自己分析してみて

このブログはワタシにとって

「壁新聞」の延長なのだなあ、

ということが今さらながらに分かりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、気の向くままに

今後もしばらく書くと思います。

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2021.07.10

耳石のメマイ~良性発作性頭位めまい

耳鼻咽喉科領域で「石」ができる病気、

「唾石症」を紹介しましたが、

いや、ほかにもあるよ、という方もいらっしゃるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、多くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メマイがしたら、内科の先生が耳の石のせいだ、と。

ワタシの耳の中に石ができちゃったんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、はい、はい、それ違ってますよー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳石というのは誰の耳の中にもあるもので、

平衡感覚のセンサーのひとつのパーツです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、頭を動かすたびに耳でガサガサいいます、

石が動いてるんですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、それも、ゼンゼン違いますねー。

石がある場所は「内耳」でして頭蓋骨の中、

ほとんど脳に近い場所で動いても音はしません。

ガサガサいってるのは多分、外耳道の奥にある耳アカです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内耳の身体の平衡機能を司るところには、

有毛細胞という毛の生えた細胞の上に

耳石というカルシウムの結晶が乗っています。

周囲はリンパ液で満たされており、

この耳石の乗ったゼラチン状の耳石膜が動くので

運動を感知する仕組みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので石といっても大きさは数ミクロンで肉眼では見えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳石は消耗品で古いものははがれて落ちるのですが、

何かの拍子にこれが半規管の中に入りこむと

そこで激しいリンパの流れを作るので

動いた瞬間、頭の位置を変えた瞬間に

回転性のメマイ発作が起こるというものが

「良性発作性頭位めまい」のメカニズムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつては、メマイで内科にかかると、

何でもかんでも「メニエール病」といわれていましたが、

耳鼻科で診ると大半は「メニエール病」以外のメマイでした。

最近はこの病気がポピュラーになったため

内科の先生はCTとって異常がないと

「耳の石がずれたからだ」

という説明をすることが多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに頻度的にはたいへん多いメマイですが、

それで内科で「良性発作性頭位めまい」

あるいは「耳石がずれたためのメマイ」だ、といわれ、

毎日点滴に通いました、

などという患者さんも少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「良性発作性頭位めまい」に効く薬、点滴はアリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 迷入した浮遊耳石が、もとに戻れば治るわけで、

唯一の治療法は「運動療法」です。

つまり、頭の位置を動かして、

石を動かすことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳石が迷入した場所によって、

運動の方法は多少違いますが、

ざっくり言えば、

「メマイが起こるような動き」を続けると大体治ります。

かなり不快ですが、

エイヤっ、と気合入れて繰り返し目を回すのが大事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メマイが起こらないように、

そろりそろりと動くような生活をしてるとなかなか治りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 点滴では治らないけど、

毎日点滴に通えば、そのたびに寝たり起きたりするので、

それでそのうち治っちゃう、

ってことはありますけど。(^^;)

 

 

 

 

2件のコメント
医療系をまとめました。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ