ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.09.13

部活とコロナ感染

 ここに来て、新型コロナの陽性率は、

当院の検査では徐々に減ってきているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、感染経路不明の割合は増えてる様子。

本当に不明なのか、知られたくない事情があるのかは、

不明ですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新学期が始まって、学校の部活でうつった、

という例も出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間の子はバスケ部。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、バスケ部はサッカー部や野球部よりも、

感染リスクが高いかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに格闘技は一般に高そうだが、

剣道<空手<柔道≦レスリングの順で高いかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、でも剣道は「メーーーン」とか声を出すから、

意外と高いかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 柔道で「おおそとがりーーー」

などと声を出して、技をかけることはないでしょうから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はつ(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、「柔道一直線」では

「しんくうー投げー」とか「だいふんか投げー」とか、叫んで技をかけてたような。

ジュードーキッドの「ライナー、ナゲ」や

「フェニックス、てへーーーい」

ってのもあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、みたいな、柔道一直線。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、新型コロナの話に戻りますと、

競技の種類によらず、感染リスクが一番高いのは

やはり部室、更衣室、ロッカールームだと思われます。

 

 

 

コメントはまだありません
2022.09.12

全ウルトラマン大投票

NHKで放送されたこの番組。

それほど興味津々というわけではなかったが、

やはりウルトラ世代としては、

押さえておかねばならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、納得いかねー、この結果。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシの予想ではウルトラマンとセブンが

僅差で1,2位を争うと見ていたのだが。

これはやはり投票の母集団が関係していると思われる。

この手の投票に参加するのは20代中心で、

その子たちが子供のころに見たウルトラマンが上位に来たのだな。

40代の投票が少ないのは、その世代が子供のころ

ウルトラマンシリーズの放送がなかった、という解説も納得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビデオ出演した黒部進さんが、

「5位という高順位ですが、」というインタビューに

「それは、納得できないんだよ。」

と答えたのが、印象的。

今でもカッコいいぞ、ハヤタ隊員。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モロボシダンも登場。

こちらは、こんなコメントでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になる怪獣部門。

えー、ゼットンが1位なの。

これも、信じられない。バルタン星人、ゴモラは納得だが。

2位のジャグジーみたいな名前の怪獣は知らないけど、

バルタン星人、ゴモラより上なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼットンはたしかにウルトラマンを倒した怪獣だが、

造形的にもストーリー的にも思い入れはあまりないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5位以下。

キングジョー、メトロン星人、エレキング、ジャミラ、ピグモンは知ってます。

エレキングは好きだけど、ジャミラは嫌いな怪獣。

何故、こんな上位に。

ウルトラマンの怪獣はみんな好きだが、ジャミラとシーボーズは嫌いだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレの一押しは何だろう。

バルタン星人、ゴモラは当然上位。

レッドキングよりはアボラスが好き。

子供のころはヒドラが一番好きだった。

カネゴンがエントリーしてるってことは、ウルトラQもあり、

とすればゴメス、パゴス、ナメゴンあたりも入ってくるが、

やっぱりペギラかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてウルトラメカ部門も、この1位のセブンガーって何なんだ。

ウルトラホーク1号がぶっちぎりと思っていたが、

これもまた投票世代が反映しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウルトラホーク1号がアルファ号、ベータ号、ガンマ号に

分離して戦うギミックは確かに当時興奮しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンダバダバ・・・の発進シークエンスもカッコよかったが、

これはサンダーバードの影響。

そしてまた、3機分離するのは、

直前に放映された「キャプテンウルトラ」のシュピーゲル号が先駆です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウルトラマンのあと、ウルトラセブン放映開始までの「中継ぎ」で

放映された「キャプテンウルトラ」は、

円谷プロではなく、東映製作なので、

ウルトラシリーズにはカウントされず、

今やほぼ忘れさられている番組ですが、

当時の子供は、チャンネルも放送時間も

スポンサーも同じ「タケダアワー」で放映されたので、

ウルトラシリーズの一環として見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレのメカ部門ナンバー1はこのシュピーゲル号かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、番組を見てきて感じたのが、

実は自分はウルトラヒーローにはあまり共感していない、

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 似たようなことをゲストの佐野史郎さんも言ってましたが、

ウルトラQから入ったワレワレは、

ウルトラマンを見ていても夢中になったのは

毎週週替わりで登場した、さまざまな個性を持った怪獣たちであり

その怪獣のスペックや、怪獣にまつわるドラマに興味があったのです。

怪獣の出身地や特徴、必殺技、弱点などはすべて暗記。

ウルトラマンは、言ってみれば「狂言回し」のような存在にすぎなかったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウルトラマンが勝つのはわかっているので、

レッドキング対チャンドラーや、ドラコ対ギガス、

アボラスとバニラの戦いなどの方が盛り上がった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウルトラマンが最後にお決まりのスペシウム光線で怪獣を破壊すると、

子供たちは喝采を上げたのではなく、

あーあ、終わっちゃった、と思ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、ワタシが当時最も好きだった高原竜「ヒドラ」は

ウルトラマンが倒さなかった唯一の怪獣だったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2022.09.11

とちぎ国体2022

 わが栃木県で国体が始まったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回が昭和55年の「栃の葉国体」で、

そこから数えて42年ぶりだそうです。

まあ、48都道府県があるので、

これくらいのインターバルで巡ってくるのだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昭和55年といえば、ワタシは大学2年生であったわけで、

前橋に下宿するようになったのは3年生からだったから

まだ、足利から通ってたはずだが、

これが、まったくといっていいほど記憶にありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回足利市は、ビーチバレー、レスリング、ソフトボール、ボウリングなどが

行われるらしいが、ビーチバレーやボウリングなんて競技が国体にあったのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ビーチバレー、どこでやるんだ、

海もないのに、と思いましたが、

足利日赤の近くの土地に砂を運び込んで、

特設会場を作ったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、本県勢はいきなり一回戦で負けちゃったらしく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本県にビーチバレー人口がどれくらいいるか知れませんが、

少なくとも普段練習する場所は無いよなあ、栃木県には。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 負けた相手を知って、納得した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手は鳥取県でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥取県なら鳥取砂丘があるので、

ビーチバレーコートなんか無限に作れそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.09.10

中秋の名月の夜に埼スタに帰ってきた

いったいどれくらいぶりであろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく昨年、レッズの試合は12月の天皇杯しか行っていない、

そして、それは国立競技場であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調べてみると埼玉スタジアムへの来訪は、

一昨年、2020年の10月以来、ということになるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どことなく、浦島太郎的な・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何回も来たことがある場所なんですが、

前来ていた場所とはどこか違うような、

周りの人も以前とは違うような、フシギな感覚です。

みんな、マスク星人になってしまったから?

コロナに感染して人格が入れかわってしまったたから?

なんかSF的だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今夜は中秋の名月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

異世界ムードをさらに演出?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座席は一個飛ばしではなく、全席販売したようで、

ワタシの両隣も男性2人ずつのグループが着席。

1列後ろの列は誰もいなかったので、そちらにうつろうかと

さて、サッカーのブログも停滞してましたが、

レッズはここのところかなり調子を上げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AFCアジアチャンピオンズリーグのノックアウトステージを

3連勝で勝ち上がり、アジア東地区の代表となり、

西地区王者との決勝戦にコマを進めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリサンジェルマン戦以降、

リーグ戦ではアウェイの名古屋で負けたものの、

川崎フロンターレ、ジュビロ磐田に大勝し、

前節の鹿島戦は引き分けであったが、

アウェイの鹿島スタジアムで2点先制されてからのドロー。

リーグ戦で敗れた名古屋もルヴァンカップ準々決勝で粉砕して

ルヴァンカップ準決勝に勝ち進んだので、借りは返した形だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまでの不振がたたってリーグ戦10位であるが、

今日の相手柏レイソルは、5位と上位であるものの、

現時点ではレッズの方が強いはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*******************************************************************************

2022年J1第25節

浦和レッズ  4-1  柏レイソル (埼玉スタジアム2002)

(前半  2-0)

(後半  2-1)

********************************************************************************

と思ったら、レッズはコロナ陽性者が続出したようで、

スタメンは大幅に入れ替え戦力ダウンの様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今のレッズは誰が出ても同じように機能する、という

ロドリゲスイズムが、浸透している。

いつもの緩急のあるコンビネーションサッカーで

早々に先制。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今季ブレイクした松尾は、レッズを背負うストライカー人る予感。

いつも、ゴール後の表情に笑顔がないのは

当初取り消しゴールが多すぎたため?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、続く24分にアレックス・シャルクの

J初ゴールが決まる。

ユンカーやモーベルグが加入後すぐ結果を出していたので、

このゴールはかなり嬉しいはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなるとホーム埼スタの声出し応援が、チームを盛り上げ、相手を威嚇する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半、今度は知念が、初ゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ペナルティエリア内でのハンドからPK獲得。

ここは、安定のショルツがきっちり決める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4-0と勝利を確実なものに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レイソルはこの試合、イエローカード5枚。

レッズの攻撃に手を焼いていたことがうかがえる。(1人はすでに交代)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観客28632人。

これくらいが、見やすいけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4―0のまま終わりたかったが、終了間際に失点。

レッズのお約束。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもまあ、4-1は快勝といっていい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の暑さも夜はすっかり無くなって、

涼しく、快適なサッカー観戦。

中秋の名月に花を添える、良いゲームでした。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.09.09

ウェルカモバック

足利学校にカルガモの赤ちゃん発見、

の記事を書いたのはもうだいぶ前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日の散歩コースなので、

それから毎日子ガモの成長が見られる、と期待していたのですが、

見られたのは、その1日だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日のぞき込むのですが、一羽も姿が見えず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は、ワレワレの散歩の時間以外に

水浴びしてんだろうかと思っていましたが、

まったく姿を見せないので、

これはネコか、カラスかなんかにやられちまったのか、

あるいは熱中症でくたばったかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、この間、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや、子ガモではありませんが、

これはおそらく、あの子供たちが成長したのにマチガイ無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ガモ時代が見られなかったのは、誠に残念でしたが、

無事に成長したようで、まずはメデタシ、メデタシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、人の心配をよそにポーカーフェイスなカモなのであった。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ