ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.09.09

塞翁が馬

DAZN退会してから、レッズの試合は

NHK-BSのJリーグタイムや

テレビ埼玉のReds TV G.G.R.でダイジェスト版を見る、

という状況になっちまっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまにNHKでレッズ戦の中継がまわってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間の土曜日はアウェイでのセレッソ大阪戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

録画して、久々に見ました。

*****************************************************************************

2020年J1第14節

セレッソ大阪    3-0     浦和レッズ (ヤンマースタジアム長居)

     (前半  0-0)

     (後半  3-0)

*****************************************************************************

今夜の相手セレッソは首位川崎フロンターレを追う2位につけている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッズも良く戦っていたのですが、

後半開始直後の清武→坂元→戸倉の

ダイナミックな連携からのゴールはビューティフルで、

さすがセレッソ、と思い知らされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半の給水タイムになり、さてこれからだ、

というときになって、あれ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナントJリーグ中継は、チャンネル2に切り替えろだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、雷雨の影響で試合歌詞が30分繰り下げられたことによるためらしい。

台風の接近も関係あるようだ。

録画なのでどうにもならず。

なんて、こった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、録画観戦は途中中断。

くそー、これからだったのに、

とこの時点では思いましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、その後Jリーグタイムで見たところ、

その後セレッソに追加点を決められ、

ロスタイムにはDFとGKの連係ミスで

無様な3点目を取られて惨敗。

ああ、これは見なくて良かったな、

という展開でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 乗り遅れたヒコーキが墜落した、とまでは言いませんが、

録画に失敗したことが、

あとから思えばむしろラッキーだった、ということですな。

 

コメントはまだありません
2020.09.08

大波乱のイタリアGP、勝ったのは元ミナルディ(・□・;)

 それにしても波乱万丈のレースでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタートでポールのハミルトンが無難なスタートを決めた瞬間に

ああ、これでもう優勝は決まったな、と誰もが思ったことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここ最近のメルセデスの早さ、ハミルトンの安定感、

抜きにくい高速サーキット、

天候やレースコンディションの変化を予兆させるものもなく、

前戦以上に退屈なレースになると思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、18周目にハースのマグヌッセンがマシンをとめ、

セーフティカーが入ったのだが、

とめた場所がピットレーンの近くだったため、

ピットレーンは一時的にクローズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それを見逃したハミルトンとジョビナッティが結果的に10秒ペナルティ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに24周目にフェラーリのルクレールが

パラボリカからタイヤバリアに突っ込んだため、

刺さったマシンを撤去するため赤旗中断。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間にハードからミディアムにタイヤ交換をしたガスリーが、

レーシングポイントを抜き、

ハミルトンのペナルティによって首位に立つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他のサーキットに比べDRS効果の出にくいモンツァで

ガスリーは首位を守り切って初優勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自身の初優勝とともに、

ホンダエンジンの今期2度目の優勝と、

アルファタウリにチーム初優勝をもたらした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アルファタウリは元トロロッソ。

その元をたどれば、あのミナルディでっせ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさか、ミナルディがF1で優勝する日が来るとは・・・・。

こんなこと書いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中のレッドブル・ホンダを合わせ、

2018年以来ずっとホンダエンジンで戦ってきたピエール・ガスリーの優勝は、

またホンダファンにとっても大変うれしいこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年、鈴鹿が無いのは、誠に残念。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.07

鼻内のチューブ

本年5月末に受診した80代の男性。

鼻が詰まって、クサイ。

ということで、鼻内を見ると

悪臭のあるカスが充満、色はミドリ、クロ、シロ・・・。

ただし右側だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何じゃあ、こりゃ。

最初は悪性腫瘍か多発血管性肉芽腫症か、

といった印象でした。

今まで、何回も副鼻腔炎の手術をしたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく丹念に時間をかけて、易出血性のこの痂皮を取り除く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とすると何やら、人工的な物体が。

ちょっとこの写真ではわかりにくいですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで改めて病歴を確認します。

20歳のころ東京の病院で局所麻酔の蓄膿の手術。

20年前に都内の大学病院で再手術。

6年前に、県内の総合病院で再々手術。

その後は、市内の耳鼻科で時々抗生剤をもらっていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その、最後の手術の時に

鼻の中にチューブかなんか入れませんでしたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、そうでした。

チューブ入れて、その後外来で取ろうとしたけど

取れなかったので、そのままになっていたような・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それだ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残存したチューブの中や周囲に痂皮がたまり、

次第に堆積していったものでしょう。

前の耳鼻科のセンセイでは、

全くその話はなかったというので

このモノの存在に気づいていなかったようですが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと、鉗子で引っ張ってみますが、

たしかに痛くて抜けません。

血も出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、CTを撮って中の様子を見ることにしました。

当院はCT無いので、病院に依頼して撮ってもらった写真がこれ。

右側(向かって左側)の鼻のわきに

白く湾曲して見えるU字型が留置されているチューブのようです。

こんなに強い湾曲ではたしかにひっぱっても抜けないわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、鼻内を麻酔してチューブ摘出をすることにしました。

下の部分の癒着を外していき、

なるべく奥の方で切断。

残りの上半分は上から引き抜きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取れたものがこれです。

シリコン製のチューブ。

中には悪臭あるカスが充満していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 取ったあとの鼻の様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 翌日、だいぶスッキリしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このあと、のう胞に再貯留する可能性もあるので

そこの注意が必要ですが、

もう鼻づまりや悪臭に悩まされることはないはず。

本日見たところこんな感じでした。

キレイになっており、これで終わりとしました。

良かったっすね。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.06

アフリカでポリオ根絶

8月25日WHOから、このような発表がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポリオは「ポリオウイルス」によって引き起こされる

「急性灰白髄炎」のことで、

かつては全世界中で数多くの感染者を出し、

毎年50万人以上に後遺障害としての麻痺や死をもたらしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく知られる後遺障害は

小児期の感染による上肢や下肢の変形、運動障害です。

一般に「小児まひ」といわれます。

ワタシの医学部時代にも

おそらくこれにより片脚が不自由になっている教授がいました。

他にも数多くの著名人の罹患が知られており、

アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトも

ポリオによる下肢の麻痺をきたしていたとのことです。

(ただしこちらはポリオでなくギランバレー症候群だったという説もあり。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1980年にWHOが宣言した天然痘撲滅は

医学史上の最も輝かしい栄光ですが、

ポリオに対しても根絶の日が近づき、

また一つ医学の力で古くから人類を苦しめてきた

疫病の克服がなされようとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは本当に素晴らしいことで、

医学を学んだものとして、

大変喜ばしく、誇らしいことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天然痘が最後まで残ったのはエチオピアと、ソマリアでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時この2か国間は戦争をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いままた、ポリオの残っているアフガニスタンとパキスタンも

常に紛争の絶えない地域です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人間が起こす戦争がいかに愚かなものか、

また、戦闘による被害だけでなく、

疫病による被害も、戦争により拡大、蔓延する、

ということの明らかな証拠です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスが全世界で猛威をふるう今、

わたしたちは戦争や紛争のない社会の上にこそ、

万民の健康がもたらされる、

ということも肝に銘じるべきでしょう。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.05

コロナ受診方式見直し

先週末の厚労省の発表。

ちょっとは期待していたのですが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要約すると、今まで発熱者が保健所等に連絡して指示を仰いでいたが、

これを直接かかりつけ医に電話相談。

そこでコロナの検査ができる場合は受診し、

できない場合は可能な医療機関を紹介してもらう、

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんじゃあ、こりゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに一般診療所や病院に「丸投げ」ということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスが2類から外されない以上、

専用の検査室、専用の検査スタッフ、

PPEと呼ばれる完全防御の使い捨てガウンとフェイスシールド、

が最低限必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの診療所で、これを準備することはできないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに医師が1人しかいないクリニックの場合、

これによって他の多くの患者さんの診察に支障をきたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、電話で診られません、というしかありませんが、

発熱者が多く発生する冬場では、

受付はこの電話対応で追われて大わらわでしょう。

しかも、その際の診療報酬は一切ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただの風邪もありますが、急性中耳炎や扁桃炎など、

耳鼻咽喉科でなければ対応できない発熱疾患も数多くありますから、

それらの人はまずどこかの病院で新型コロナウイルスの検査を受け、

陰性の場合、そこの病院では治療できないから、

あらためて耳鼻咽喉科を受診しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、現行のままでは

一般のクリニックでインフルエンザの検査も受けられませんから

これも大混乱をきたすでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスをインフルエンザと同じ5類にしてもらえれば、

隔離など一定の対策をとったうえで、

診療所でもどんどん患者さんをさばくことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、新型コロナウイルスの感染はコワイですが、

多くの医者は、やれといわれればやるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現状では当院では患者さんに話を訊いたうえで

発熱患者さんの診察をしています。

急性中耳炎はもとより、アデノウイルスや溶連菌など様々な病気が発見されます。

しかし、インフルエンザが流行した場合、

この方針では、少しでも疑いのある発熱患者さんについては

断らざるを得なくなるということになってしまうのではないかと思います。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ