ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.01.16

第8波の死亡者数

新型コロナの第8波は続いていますが、

感染者数は第7波を越えてはいません。

だが、その一方で最近の報道では

死亡者数は過去最多を更新しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはいったいどういうことなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間診た人のカルテです。

70代の女性です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一番上の「喉痛 車」は

喉が痛いという訴えなので、待合室でなくクルマで待ってます、

という受付からの連絡です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 雑な記載で分かりにくいですが、

2日前からノドが痛いが、昨日から強くなってきた。

熱はなく、周囲にコロナの人もいないので、

コロナでは無いと思う。

扁桃腺がよく腫れるので、その症状だと思う、

という訴えでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、とりあえず診察室に直接上がって診察します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、ノドは少し赤いものの、扁桃腺の腫れはアリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、すぐクルマに戻ってもらい、

PCR検査を施行。

結果は新型コロナ陽性でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ノドの強い痛みと、咽頭所見の乖離が

新型コロナを疑う決め手でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 要するにこんなコロナの人はけっこういるわけです。

この方も熱もない、感染者も周囲にいないということで

自分がコロナだとは全く考えていなかったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このような症例が、見逃され

年配者のお友達の間で新型コロナが拡散する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高齢者ですと中には重症化する方もいるわけで、

場合によって持病のある方などでは亡くなられる方も出るでしょう。

その場合は、当然コロナの検査はされていますから、

コロナによる死亡とカウントされるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つまり、第8波の感染者数は

統計上は第7波を越えていないが、

実際には第7波よりはるかに多いコロナ患者さんが存在すると

ワタシは考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 集団免疫を獲得するには、

軽症の感染者は必要ではあるのですが、

重症者、死亡者を出さないために、

ワレワレは常に目を光らせなければならないのです。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.01.15

相次ぐ訃報、今度はユキヒロさんが😢

 つい数日前にジェフ・ベック氏の

訃報の記事を書いたばかりなのに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも70歳。

若い・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ついこの間、「小倉あん」東京ライブのときに、

「タイムマシンにお願い」を演奏したのですが、

この当時サディスティック・ミカ・バンドのドラマーは

高橋幸宏さんだったねー、という話をメンバーとしたばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、その後イエローマジック・オーケストラで

世界的に有名になったわけですが、

ワタシのファーストコンタクトはアルバム「黒船」の

裏ジャケの写真でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高橋幸宏氏のドラムはそのシンプルでタイトなリズムと

小気味のいいフィルが魅力でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ミカバンド、YMOのほか、ソロアルバムも所有しています。

どれもセンスのいいドラミングが聴かれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 YMOといえば、かねてから坂本龍一氏が

がん闘病中と伝えられており、

そちらの方が心配になっていましたが、

まさかのユキヒロさんとは・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 皆さん、記事に「ライディーン」を貼ると思われますが、

ワタシはこの曲で。

1980年のソロアルバム「音楽殺人」からシングルカットされた

タイトル曲、のB面!

この曲、好きだったんだよなー。

当時、ニューウェーブの全盛期で、

その流れで「ベンチャーズ再発見」的なムーブメントがありました。

 「BIJIN-KYOSHI AT THE SWIMMING SCHOOL(スイミングスクールの美人教師)」

このギターを弾いている大村憲司さんも

1998年に49歳の若さで亡くなっちゃったのだったなあ。

 

コメントはまだありません
2023.01.14

インフルエンザと新型コロナの同時検査

 最近は抗原検査とPCR検査の比率が逆転してきて、

抗原検査をする割合の方が高くなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最大の理由はインフルザの存在です。

当院はインフルエンザと新型コロナを

同時に検査できるキットを使用しています。

この間、両方陽性になった人が出ちゃいましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 発熱の方の1,2割にインフルエンザA型が見られるようになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナ前は流行期には

1日に10人以上もインフルエンザ診断してましたから、

大流行とは言えませんが、見逃すわけにはいきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日、若い女性の方で、

同棲している彼氏がコロナになったので、

実家に戻ってきたら、母が発熱。

母はインフルエンザA型。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 発熱した彼女は、さあ、どっちだったでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果はインフルエンザA型でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、そんなわけで、

毎日午前も午後もこんなことの繰り返しで、

大変です。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.01.13

黙式

 今週診察していて特徴的だったのは

20歳のコロナ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 発熱の患者さんに問診して、

周囲にコロナの方がいましたか?

・・・・・・いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何か、ほかの人と会って会話とかしませんでしたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日曜日が、成人式で・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、ナルホド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナは症状が無いヒトからでもうつるわけですし、

成人式ともなれば多少ノドがイガイガしても

出ちゃうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてひさびさにあった同級生との成人式、

そりゃあ「黙式」というわけにはいきませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 軽症で済めば、

思い出に残る成人式、ともいえますが、

おじいちゃん、おばあちゃんにはうつさないように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.01.12

ジェフ・ベック氏の訃報

 突然の訃報でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロックが好きになって、

まず知りえた知識の一つが「三大ギタリスト」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤードバーズにかつて在籍した3人のギタリスト、

エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、、ジミー・ペイジを

(ブリティッシュ)ロックの三大ギタリストという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 誰が言い出したのか、また世界的にもそういわれてるのかは

定かではありませんが、

この定義は今考えてもなかなかに興味深いものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤードバーズという決して超有名ではないブルースバンド、

しかも3人ともオリジナルメンバーでも、バンドリーダーでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時のブリティッシュロックというものが、

ブルースにルーツを持っていること、

ギタープレイヤーがサウンドのカギを握っているということ、

がわかるわけで、

これは今考えるとかなり独特なことだったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、同じバンドに在籍した3人は、

その後全く違った音楽スタイル、ギタープレイを志向するようになり、

それぞれが大成功を収めたのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クリーム、ブラインド・フェイスを経たクラプトンは、

一時ドラッグでヤバかったが、

レイドバックサウンドでカムバックし、

その後は再びブルースに回帰していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジミー・ペイジが自ら結成した新バンドの名前は

「ニューヤードバーズ」であったが、

やがて「レッド・ツェッペリン」と改名し、

今もなおロックバンドの頂点と語り継がれる存在になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ペイジはブルースをルーツとしつつも、

バンドサウンドとしてのギタープレイに重きを置き、

その構成力と多彩なリフを考案してハードロックのスタイルを構築した。

その一方でギターテクニックについてはイマイチ(?)で、

ツェッペリンがライブ盤出さないのは

ジミー・ペイジがトチるせいらしい、とのウワサが

高校生のワレワレの間でまことしやかにささやかれていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジェフ・ベックはそんな2人とはまた違って、

とことんギターの新しいスタイルとテクニックを突き詰めていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤードバーズ後は、第1期、第2期のジェフ・ベック・グループで

それぞれ2枚ずつ、計4枚のアルバムを残すが、

解散し、1972年「ベック、ボガート&アピス」を結成。

本来はボーカリストを入れる予定であったが、

叶わず3ピースバンドとなったが、

その3人に超絶テクニックはあのクリームを彷彿とさせるものだった。

しかし、このバンドは1974年に解散してしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この年代、けっこう重要で、

ワタシがロックを積極的に聴き漁るようになったのは、

1973~1974年頃からなので、

ちょうどBBAが解散しようとしていた時期。

後追いでは聴いていましたが、

リアルタイムでのジェフ・ベックは1975年の「ブロウバイブロウ」

当時の邦題「ギター殺人者の凱旋」(笑)でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロック史上に残る名盤、と言われる本アルバムですが、

ワタシは、どうもいま一つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜなら、これはボーカル無しの

全編インストルメンタルアルバムだったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ギター求道者たるベックは、ついにボーカルに見切りをつけ、

自らのギターの究極の高みを目指したわけですが、

ロックの本質は、シャウトするボーカル、との価値観だったワタシは

このアルバムに反応しませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1975年8月に日本で開催されたワールド・ロック・フェスティバルに

ジェフ・ベックが出演したのですが、

高校時代に一緒にバンド組んでいた仲間は

後楽園球場まで観に行ったのですが、

ワタシはパスしてしまいました。

行けばよかったと今も後悔しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後も、ジェフ・ベックは何となく離れた存在でしたが、

聴いてはいましたし、アルバムもけっこう持ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近年のライブでは、

クラプトンは老眼鏡かけてダサい格好してるし、

ジミー・ペイジは白髪になっちゃって

レコードのリマスタービジネスはやっているが

ほとんどバンド活動してないのに、

ジェフ・ベックは見た目もプレイもバリバリで、

若いころと変わりがなく、

一番元気だと思っていただけに、

今回の訃報は大変ショックでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に、ギタリスト、ジェフ・ベックの

非常にレアなボーカルをお届けします。

高校生の頃これ知ったときはビックリしました。

プロデューサーに丸め込まれて無理やりレコーディングさせられたのだろうか。

ジェフ・ベック本人も封印したい黒歴史だろうなあ。

ボーカルはリンゴ・スターを連想させるホノボノ系ですが、

ギターソロに彼の意地を感じられ、味わい深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ