ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.11.12

電話回線は不通となっています。

 金曜日、突然、当院の電話回線が不通になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原因は不明。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 NTTに問い合わせましたが、

向こうからではわからず、見に来てくれることになりましたが、

月曜日になるとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はっきりしないが、

院内の回線の問題ではないかといわれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに昨日は大風が吹いたし、

その前にけっこう雨も降ったので、

建物が老朽化していることを考えると、

なにかトラブルが起こったとしてもおかしくはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、医院建築の時に電気工事をやってもらった業者に

一応連絡を取ってみることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 平成7年の開院当初の院内外電話の説明書を探し出し、

そこに書いてある電話番号に連絡を取ってみると、

「おかけになった番号は現在使われておりません」。

X電設は消滅したらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうだよなあ、もう26年も前の話、

会社が無くなっていてもおかしくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、開院時に医院全体の工事を請け負った

高崎のY工業は倒産しており、

その後メンテナンスをお願いしていた市内のZ建設も

数年前に倒産、廃業になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、しばらく電話が不通となり、

ご迷惑をかけしますが、インターネット受付は

通常通りできますので、よろしくお願い致します。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.11.11

だし巻き卵

 以前から気になっていたのだが、

ホームセンターに買い物に行ったときに

アウトレットコーナーで安売りしていたので、

ついに買ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 玉子焼き用フライパン♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さっそく試してみました。

人生初の「だし巻き卵」。

iPadでクックパッドを見ながら作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おー、これはけっこう楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなフライパンは日本しかないのかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして、完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なかなか上手くできたと思いますが、

ちょっとしょっぱかった。

何か分量を間違えたかなあ。

まあ、一回目なので。

今後に期待。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.11.10

健康雑誌、健康本

 新聞に載っている本の広告をみると

「私はこれで○○を治した」とか

「××をしたらがんが消えた」

などというタイトルを目にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「健康」とか「壮快」といったいわゆる中高年向け健康雑誌にも

体験談をもとにした健康法、病気撃退法などが目白押しです。

ちなみに、この手の雑誌の人気テーマは、

糖尿病の自力療法、脊柱管狭窄症の克服法、高血圧を自力で下げる極意、

見るだけで目が良くなる写真、耳鳴り・難聴・めまいの撃退法など、

だ、そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 正しいことも、正しくないことも書いてありますが、

気をつけなければいけないのは、

その出来事がたとえ「真実」であったとしても、

逸話の複数形はデータではない、

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すでに診断されている耳鳴、メマイ、老眼、腰痛などは

命にかかわるものではありませんし、

とくにお金のかからない、

オクラ水、酢キャベツ、こうじ水、腸を元気にする極意、足の指回し

などを試すのは問題ありませんが、

まあ、書いてあるような効果は得られないと思いますし、

出版社側も、本や雑誌が売れればいいので、

そのつもりで書いてると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金の棒でこすったらがんが消えた人が

仮に実際にいたとしても

それは、検証された治療ではないので、

正しい標準療法を受けるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.11.09

Bスポット療法とIgA腎症

 さて、ほぼプラセボ効果なのではないか

との仮説を立てたBスポット療法ですが、

ひとつ、IgA腎症に対する効果については、

どうなんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 IgA腎症は慢性腎炎の半数を占める,

もっとも多い腎臓の病気です。

顕微鏡的血尿は必須で持続し,

上気道炎,扁桃炎,腸炎(下痢,腹痛)などで

38.0℃を越える高熱を伴うとき

コーラ色の肉眼的血尿がみられることが特徴的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IgAとは抗体の一種で

血漿中に存在して全身をめぐるIgGに対し、

主として気道や腸管などの粘膜の表面に存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 病原体が来るとこれに取り付いて破壊したり、

白血球に貪食されやすくしたりしますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、このIgAと病原体が合体した免疫複合体が

血中に入り腎臓まで流れ着いて、

腎臓のフィルター状の膜に引っかかると

そこに白血球などが集まってきて慢性的な炎症を起こします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 扁桃は多くのIgAが局在するため、

慢性扁桃炎がIgA腎症の増悪因子として重要で、

IgA腎症の治療のために扁桃摘出術を行うことは

昔から行われており、

ワタシも勤務医時代は内科、小児科からの依頼で

扁桃腺とったことは数知れず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Bスポット療法を行う上咽頭も

アデノイド(咽頭扁桃)のある場所であり、

IgAの局在する場所ですから、

そこの炎症がコントロールされれば

IgA腎症の症状が改善する可能性はあると考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、ここで重要なことは

IgA腎症を起こす免疫複合体がすべて扁桃由来ではない、

ということです。

むしろ、腸管由来のIgAが関与する場合の方が多いとも言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、扁桃腺とってくださいといわれ

たくさん手術しましたが、

結果IgA腎症がどうなったかという返事って、

もらった記憶がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 扁桃が病巣ではない場合に扁桃摘出術が奏功しないように、

上咽頭に病変がない場合は

Bスポット療法も無効であると考えられ

IgA腎症に対するBスポット療法の効果は

限定的であると考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、扁摘術は全身麻酔でコストもリスクもある手術であるのに対し、

Bスポット療法は、手軽にできるので

難病であるIgA腎症に対し

試し」にやってみるということはアリでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 効果の方も尿蛋白や血尿の程度で客観的に評価できるので、

データを見ながら継続か中止かを決める、

ということが出来ます。

この辺の「治験」は比較的容易だと思いますので

ランダム化比較試験としてぜひやってほしいです。

耳鼻咽喉科の病気ではないので

このためにBスポット療法を始める予定はないけれど、

有効性が実証されれば耳鼻科に治療を依頼する、

という関係ができるでしょう。

何回やるのか、いつまでやるのか、

何回やって効果が無かったらやめるのか、

その辺のガイドラインができるといいですね。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.11.08

好みの変化

来年のカレンダーを選ぶ時期で、

ネット上でもいろいろ目にすることが多くなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、ある「発見」があったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「子犬ばっかりのカレンダー」ってのがあったのですが、

可愛い子犬たちの写真を見ても、

なんか、いまひとつ「萌え」ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子犬はたしかに可愛いのですが、

以前に比べてココロときめかず、

かえって成犬の写真の方が

愛おしさを感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、ハッと気づきました。

これは、我が家のレディアが「老犬」になったせいだ (゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子犬よりも成犬、さらには老犬の方に

愛らしさを感じてしまうようになったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナルホド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、この間こんなLINEスタンプをスタンプショップで発見。

一時真剣に購入を考えてしまった。

使い道がビミョーなので、結局購入は思いとどまったが、

設定がメス犬だったら買っちゃったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間、朝ドラ「おかえりモネ」の出演者で

最近は若い女の子の顔がみんな同じに見えて興味がわかず、

最も魅力を感じる女性は竹下景子さんだと書いたが、

イヌについても同じ現象が起きていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻に訊いたところ、

やはり最近は子犬より老犬の方が可愛く感じる、

という実感はあると言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうだよな、やっぱり、老犬と老妻がいいよなあ、

といったら、その文言に関しては

NGワードが含まれていたようで、

あまり明確な同意を得られませんでした💦

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ