ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.06.21

ステイホーム・セッション

 新型コロナウイルスの感染拡大が

全世界的な問題になって、

プロ、アマのスポーツや、コンサートなど

多くのイベントが中止になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コンサートやライブ活動ができないミュージシャンたちが、

自宅で撮った動画をYoutubeにあげたりしていましたが、

今回、ワタシもその手の企画に参加させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 群馬、栃木のライブでご一緒したバンド仲間が、

曲を決めて各自のパートを自宅で動画に撮り、

それを組み合わせて1曲にするというステイホーム・セッションです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシも参加させていただき、

指定のパートを一人でスマホで動画を撮って、送りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 楽器の人たちは、指定されたテンポで、

ドラムや、ギターや、ベースなどのパートを撮り、

まとめ役の方に送ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それをミックスして作ったトラックに合わせ、

ボーカルパートは歌を歌い、伴奏なしの歌だけの動画を

また送ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それをミックスして出来上がったのがコチラ。

是非、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、ワタシの「スタジオ」は、

土曜日の夕方、診療終了後の聴力検査室です。(≧▽≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一人で音入れするときは寂しいのですが、

こうしてできてみると感動的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに今回のレッド・ツェッペリンは三作目で、

ワタシは参加していませんが、

他のミュージシャンによる、第1弾、第2弾もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかにコロナは大きな禍でしたが、

こんな素晴らしい作品ができたり、

バンド仲間の交流や結束が強まるのは、

100%のマイナス事象では無かった、

また、そうしなければいけないのかとも思います。

 

 

コメントはまだありません
2020.06.20

政治とカネ

 買収による票の取りまとめを行った、

ということで議員さん夫婦が逮捕されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2500万円も使った、ってすげえなあと思いましたが、

ちょっと昔は、そんなことが当然のごとく横行していたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その辺は表には出ないが「暗黙の了解」というヤツで、

半ば公然と金銭のやり取りはあったようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 俗に言う選挙に必要な「カンバン」「ジバン」「カバン」のうち

「カバン」は資金力であるが、

宣伝費などのほかに「実弾」といわれる

買収のための現金のことを指す場合も多く、

そういった慣習は、今も田舎の選挙ではあるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、関西電力の役員らが、

原子力発電所がらみで福井県の市長だか助役だかから、

多額の金品を受け取っていた問題もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1,2年前、東京医大の裏口入学が問題になりましたが、

私立大学医学部の寄付金による裏口入学は、

少なくともワレワレが大学を受験したころは当然のことだったようで、

偏差値と入学金は反比例する、などといわれたものです。

今は昔ほどではないにしろ、

それなりに地下ルートはあるんでしょうねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、東京医大の一件の時、

身に覚えのあるお医者さん方は、

ニュースや新聞みるたびにドキドキしてたでしょうが、

今回も、身にいくばくかの覚えのある政治家の方は、

国会議員だけでなく、県会議員にしろ、市会議員にしろ

こっちまで火の粉が飛んできませんように、

と、日々念じているに違いない。

その話になると、何とか別の話に話題を変えようとしたり‥‥、(^.^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.19

今年度の学校検診

 通常学校検診は、6月中旬までに終わることになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というのは、文科省の指導で「プールの授業が始まる前までに」

ということが定められているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、今年は新型コロナウイルスの影響で、

4月、5月は休校だったため、検診ができず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6月から学校再開しましたが、

プールの授業がないので、

8月末から9月頃にする予定になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日6月18日は足利特別支援学校の検診でしたが、

これは、コロナ前から予定されていた日程。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後の検診日程だったのが、

その前はすべて延期になったが、これだけ生き残ったので、

今年度最初の検診になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうちょっと後でもいいかなと思ったのですが、

学校側がやってくださいとのことなので、

行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特別支援学校は病院と併設されてるため、

病棟に入院している在校生もあり、

病棟に往診しての検診もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな時期なので、まず病棟の入り口で検温して、

平熱であることを確認してから、

病棟の入り口を開けてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふだんはベッドサイドを回診するのですが、

今年は面会室まで車椅子やストレッチャーで

出向いてもらいの診察でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、あとは8月以降だが、

くそ暑い時期に、ドロドロに汗かいた小学生の検診するのは

今から、気が進まないなあ。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.18

PCR検査センター

 もうすぐはじまる医師会の開設する

新型コロナウイルスPCR検査センターの説明会に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間のブログに何となく場所を書いちゃったのですが、

場所は非公開なので、削除してくださいと、

当局からクレームの電話があり、ブログの方は修正しときました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どこからどう伝わったかは不明ですが、

意外とオレのブログ読んでるヒトいるんだなあ、

と思い、ちょっと自信になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、場所は「ヒミツ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医療機関を通じた完全予約制ですので、

場所分かったところで、直接行っても検査は受けられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 説明を聞いたところでは、

検査する側の感染予防対策は、

かなり厳重に検討されているようですので、

医師会の方々の研究と努力には頭が下がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゆいいつ心配なのは、感染予防の観点から、

医者用のトイレがない、ということなので、

最近、年齢のせいでトイレの近いワタシは、

大丈夫だろうか、ということです。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.17

ファクトフルネス

NHKの「あさイチ」で紹介されたこの本、

アマゾンで注文したら、しばらく在庫切れでしたが、

先週、入荷し、手に入れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、読んでた本があり、先に妻によまれてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと読むことができましたが、

これが、実に面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小説以外の、こういったいわゆる実用書って、

あまり読まないのですが、これは読んでよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファクトフルネスとは

「fact」(事実)と「fullness」(満ちること)を

くっつけた著者の造語ですが、

要するに「データや事実に基づく(理解)」

というような意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新の数字や統計の基づくデータに基づいて、

先入観を持たず謙虚に事実を認識し、

それによって世界を正しく認識しよう、

ということがこの本の趣旨です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいかえれば、我々が過去の知識や、思い込みによって、

いかに誤った認識をしているか、

ということを教えてくれる内容です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読み進めるごとにいちいち腑に落ちる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クイズ形式で、ファクトフルネスを読み解いていきますが

例えば、こんなクイズです。

世界の1歳児で、なんらかの予防接種を受けている子供はどのくらいいる?
・A 20%
・B 50%
・C 80%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手のクイズ、問いかけは、

多くのニュース報道や、ドキュメンタリー番組、

ルポルタージュや、週刊誌、新書などでよく目にする、

常套的な手法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのほぼすべては、

(あなたが考えているより)現状はこんなに深刻なのです、

ということを強調するための問いかけなので、

普通、答えは最悪の事態、

この場合ならAの20%を正解に持ってくるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、視聴者、あるいは読者は、

Bの50%くらいかと思ったが、そんなに現状はひどいのか、

と感じ、インパクトを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それとともに、ワタシが住んでる国は、

みんな予防接種をしているので、良かった、

と思うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、このクイズの正解はCの80%。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、予防接種が受けられない地域もありますが、

それは、この10年、20年でどんどん減っている。

世界はあなたが考えているほど悪くない。

むしろここ最近で、どんどん良くなっている、

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのことを、イメージや、断片的な情報、過去の知識ではなくて、

最新の公正なデータを正しく読み解くことによって理解する重要さ

を説いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、そういった誤った認識に陥りやすい状況を

10通りのパターンに分けて、解説しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本を書いたハンス・ロスリング氏は

スウェーデンのお医者さんで、公衆衛生学が専門です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医者というところにも親近感がわきますが、

その語り口もユーモアとウイットに富んでいて

大変好感が持てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この手法は、近年、医学の分野でよく言われる

「Evidence Based Medicine」のコンセプトを、

さらに拡大させたものといってもいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスマンにもジャーナリストにも政治家にも

そして、できればこの本にある「レベル4」の国々の人全員に、

ぜひとも読んでいただきたい名著です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくに、新型コロナウイルスの世界的流行によって、

さまざまな情報がマスコミやネットからあふれる今こそ、

一人でも多くの人が、この本を読んで、

データを冷静に分析して、正しく現状を理解するスキルを

身につけなければいけないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ