ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.03.20

コロナ流行中の休日急患診療所

3月20日金曜日は、春分の日で祝日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数ヶ月に一回くらいであまり回ってこない

休日急患診療所の当番ですが、

なんで、よりによってこのタイミングで回ってくるかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナント、新型コロナウイルスの影響で、

いきなり感染疑いの患者さんがずんずん入ってこないように、

基本的に玄関は閉まっています。

スゴイね。

ワタシもカギを開けてもらって入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザの検査は、

マスク、ガウン、手袋、N 95マスク、キャップ、ゴーグルの

完全装備で、陰圧のかかる特別室で行います。

今は溶連菌、アデノウイルスなど、

インフルエンザ以外の迅速検査キットは、

ここには用意されていないそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん新型コロナウイルスの検査も出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、重症者あるいは重症化しそうな人はここでは診られませんし、

軽症の人は新型コロナウイルスの感染が怖いので、

ここには来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっきり言ってヒマです。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この現状ではあまり機能してはいないような印象の

足利医師会休日急患診療所。

忙しいのは電話やインターホンの対応の

事務員さんたちのようです。

保健所はもっと大変だろうなあ。

きっと、テレビショッピング並みに

ただいま、テレホンオペレーター増員で対応中です、に違いない。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.19

風前の灯火

 今朝の散歩中に、新たな看板を発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリンピック聖火リレーのための交通規制。

ここら辺は、3月29日日曜日の朝のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普通ならオリンピックへの期待に心高まるはずであるが、

どうも、そうはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ギリシアでの点火に先立って、

中国武漢で点火されたウイルスの炎は

今や全世界を焼き尽くす勢いで、

聖火の火はまさに「風前の灯火」になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここのところの世界的流行、

とくにヨーロッパの危機的状況を鑑みると、

何となくオリンピックが華やかに開催される、

というイメージはあまりわきませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本の総理大臣は強気の姿勢を見せているが、

どうも世の中は延期ムードの方が上回ってきたという感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1年延期だと今年延期したヨーロッパ選手権と重なってしまうので、

オリンピックは2年延期して、2022年に開催。

とすると今度はワールドカップと重なってしまうので、

これも1年延期してもらい

2023年ワールドカップカタール大会、

というのが、妥当かなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 果たして、この看板の上に「延期」あるいは「中止」の

黄色いステッカーが貼られる日が来るのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年、年末に「今年の漢字」が発表されます。

仮にオリンピックが今年開催されたとしても、

本来ならオリンピックにちなんで

「聖」とか「輪」が今年の漢字に選ばれたでしょうが、

今年のこの時点で2020年の漢字は

コロナの「冠」にほぼ決定だろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.18

明るいニュース

連日ウイルス関連のニュースでは、ちょっと暗いので、

ひとつ、明るい話題を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年秋から、急激に明るさを失っていた、

オリオン座の一等星、ベテルギウスが、

ここにきて明るさを取り戻しつつあるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イキナリ、星の話?

しかも明るい、ってそっちの明るさかよ、

と、突っ込みたくなる皆さんの気持ちももっともですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、この話題は昨年から気になっていたもので・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の秋からベテルギウスの明るさが急激に衰え、

もともと0.42等級くらいの明るい星だったのが、

徐々に暗くなり1.5等級を割り込んで、

一等星から二等星に降格か、という話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考までに星の明るさは対数スケールの「等級」で示され、

1.5等級より大きいものを「一等星」、

1.5等級から2.5等級より大きいものを「二等星」などといいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリオン座は北半球で見ることのできる星座の中では

唯一、一等星を2個持つ星座でした。

(もう一個は0.13等級のリゲル。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、まさかの「降格」とは・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、それは恒星の寿命の末期である赤色巨星であるベテルギウスが

いよいよ超新星爆発を起こす前兆かもしれない、との説に、

にわかに色めき立ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超新星とは夜空に突然出現する明るい星として観測され、

1006年の4月、-7.5等級という歴史上もっとも明るいとされる超新星が

世界各地で観測され、記録が残っている。

日本は平安時代で「新古今和歌集」の藤原定家が、

「客星」として記載しているそうだ。

月の4分の1ほどの明るさで昼間でも見えたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、超新星爆発をこの目で見られるか、と期待していたので

明るさが復活した、というのは、

必ずしも明るいニュースではなかったりしますが・・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いずれにせよ650光年の距離にある星なので、

今見ている現象は650年前の出来事なんですよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 広大な宇宙のことを考えると、

日常のストレスが些末なものに思え、少し解消されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.17

「野生の呼び声」

 日曜日の午前中、映画館へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょうど、家に戻っていた息子と3人で見に来ました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今回見に来たのは「パラサイト」でも「フクシマ」でもなく、

コレです。

アニメじゃない方だよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間、「フォードvsフェラーリ」を映画館で観た際、

予告編でこの映画を知り、ゼッタイ見ようと決めていました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、この映画の原作をワタシは多分小学校高学年の時に読んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「バック」という主人公のイヌの名前に確かな憶えがあり、

映画のタイトルは「野生の呼び声」だが、

読んだ本のタイトルは「荒野の呼び声」だったという記憶。

だが、ジャック・ロンドン原作、ということなら間違いない。

あとで、調べたら当時の和訳の題名はやはり「荒野の呼び声」でした。

原題「The Call of the Wild」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主演はハリソン・フォードですが、やはり主役はこの「バック」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 19世紀後半のアラスカ・ゴールドラッシュの時代の物語ですが、

なんといっても犬と、アラスカ、カナダの自然がスバラシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特にユーコン川はカヌーイストの聖地であり、

ハリソン・フォードがバックとカナディアン・カヌーで川下りをするシーンは

20年ほど前、4駆にカヌーを積んで、

家族で全国の川下りをしていたころの思い出と重なりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時は北は釧路川から、南は四国、四万十川まで、

年に何回も家族でカヌーで川下りキャンプしていたので、

カヌーや焚火のシーンで、そのころの思い出がよみがえって、懐かしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすがにあそこまでの急流は経験ありませんが、

あの滝を落ちた場合、カヤックならいいけど

オープンデッキのカナディアンカヌーの場合、

「浮力体」を積んでいないと確実に沈(チン)します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、またイヌも飼っていますので、

「バック」の仕草やふるまいに、

我が家のレディアと重なり合う部分を見出したり。

いや、賢さや勇敢さは全く別モノですが・・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして子供のころ本で読んで、非常に感動した記憶も蘇ります。

「バック」が小屋で狼の遠吠えを聞いて、

自分の中に眠る野生の本能が呼びさまされてゆくシーンは印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、当時の本については大雑把なあらすじしか記憶になく、

映画とはまた違う部分もあると思うので。

またあらためて読みなおしたくなり、

かえってさっそくアマゾンで注文してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハリソン・フォードのカッコイイ老け方も、かなり参考になります。

いつかオレもヒゲ生やそうかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画が終わったのが12時過ぎ、

いつもいっぱいになるアシコタウンの駐車場は

やはりコロナの影響か多少空所が目立ちます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 家に戻って、徒歩1分の中華料理店「泰鵬」で3人で昼食。

この店も昼時は店の外まで行列なんですが、

今日はテーブル席は満席でしたが、

カウンター席ならばすぐ座れました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画館もワレワレのほかは2組だけだったし、

空いてるのはラクで助かるんだが、

やはり、ここはもっと映画に行ったり、

外食したりしなければイカンなあ。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.16

新型コロナウイルスに対する患者さんへの対応について

 本日、医師会から緊急の書面がまわってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その通達により、今後しばらくは

インフルエンザの迅速検査は行いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インフルエンザの方との接触が強く疑われる場合は、

検査をせずに抗インフルエンザ薬を処方します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方、明らかな接触歴のない方については、

クスリは無しか、あるいは対症薬(解熱鎮痛剤、セキ止め等)のみ処方します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、溶連菌感染症、扁桃周囲炎、急性喉頭蓋炎など

抗生剤や緊急処置が必要な発熱を除外しなければなりませんから

その診察、検査は致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういった疾患がなく、

熱が下がらない方は、当院では対応しかねますので、

保健所、安足健康福祉センターに直接連絡を取り、

指示を仰いでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医師会ではインフルエンザ検査をする際には

ゴーグル、N95マスク、アイソレーションガウン、

キャップ、ゴム手袋を着用し、

それらをすべて密封し感染性廃棄物として処理せよ、とのことですが、

そういったものを供給してくれるわけではないので、

これは、検査するな、との命令と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、近隣の大泉町で、

開業医の先生が新型コロナウイルスに感染し

重症でICU入院中だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさに明日は我が身であり、

この先生の一日も早い回復をお祈り申し上げますが、

この件につき群馬県知事が「遺憾である。」という発言をしたことは

誠に「遺憾」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染の恐怖を常に感じながら

患者さんのために尽くし、

自らも罹患してしまった医師に対し

政治家は「遺憾」としか言えないのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 通常の風邪はもちろん、

花粉症などでもこの時期微熱やセキが出ます。

明らかな接触歴がないのに、

微熱とセキだけで医者が全員仕事を休んだら、

我が国の医療は崩壊してしまうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
医療系をまとめました。
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ