ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.05.06

今年の日耳鼻総会は緊急事態宣言下の京都開催

 東京都、大阪府、京都府、兵庫県に出されていた

緊急事態宣言は、6日の発表で

11日までの期限を5月末まで延長、

ということになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、今年の日本耳鼻咽喉科学会総会は、

5月12日から京都で開催されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年5月に開催される

耳鼻咽喉科専門医の単位取得に重要なこの学会は

毎年出席してましたが、

昨年は19月に変更、

現地開催、ウェブ開催の並列開催になりました。

10月はある程度感染が抑えられてきた時期ですが、

現地参加は困難と考え、ウエブ参加しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年の日耳鼻総会に関しては、

この春先からの状況を見て、

まあ、京都に行くのは無理だろう、と考え、

早々にウエブ参加の方で申し込みをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今の京都は昨年10月の岡山よりはかなり状態が悪そうです。

ワレワレは問題ないのですが、

主催者、演者、発表者の方々は、

今回の期間延長を受け、すったもんだの大騒ぎなってるでしょうな。

果たして、ウェブでも開催できるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今のところ学会のホームページ上では

特別なアナウンスは無いのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.05

シャンゴ風スパゲッティ

緊急事態宣言やらまん延防止措置やらで

この大型連休はほぼ引きこもり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一回だけホームセンターに行きましたが、

あとはイヌの散歩以外は外に出ず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも一回くらい外食しようか、ということで

5月4日のランチは外で。

伊勢崎市にあるパスタのお店「シャンゴ」まで。

グンマで青春を過ごしたワレワレとしては

このお店の味が刷り込まれており、

ときどき無性に食いたくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルマで30分ちょっと。

途中のレストランの駐車場はみなガラガラであったが、

ここはほぼ満車。

熊谷、宇都宮、大宮、練馬・・・なんか他県ナンバーが多い。

ウチもとちぎナンバーですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも外までヒトが並んでます。

着いた時点でワレワレの前に12組の待ちであった。

群馬県は新型コロナの感染拡大のためこの日から

県独自の警戒度が最高レベルの「4」に引き上げられた、というが・・・。

ワレワレは予防接種済みなので、

夫婦の食事だけでは感染拡大への影響はないと思われますが、

何となく、ここにきて良いのか、という意識もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12組待ちのわりには意外と早く

15分程度で席に着くことが出来ました。

名前書いて、待ち切れず帰った人も何組かあったらしい。

この間はナポリタンだったが、

今回はひさびさにシャンゴ風でいくかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンゴは大学生のころ高崎にしかなくて、

わざわざ前橋からクルマで行ったものだが、

今は前橋にもあります。

足利市からはここ伊勢崎店が一番近い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

群馬県民ならだれでも知ってるが、

他県のヒトは知らない、と思ってましたが、

最近はテレビ番組で高崎パスタが

ご当地グルメで紹介されて有名になったようです。

だから他県ナンバーあんなに多いのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「シャンゴ風スパゲティー」は、

このお店のシグネチャーメニューです。

トンカツにドミグラスソース風のミートソースがかかった、

カツカレーみたいな感じのパスタです。

テイスト的にはスキー場で食べる「ゲレ食」に近いかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 懐かしの味ではありますが、

群馬にいたころは全然意識してなかったし、

フツーにボンゴレとかカルボナーラなど食べており、

それほど執着のあるメニューではありませんでした。

しかし、ここでしか食えないということになると、

むしろ、群馬を離れてからの方がオーダー率高いかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、満足、満足。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レシートを見ると、入店オーダーから会計まで30分弱でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても他県ナンバーが多くてビックリ。

帰りのクルマの中で

「テレビとかで紹介されちゃうと混んじゃって

地元の人が食べにくくなっちゃうわね。」

と言った妻の立ち位置は

「ワレワレは地元民 <(`^´)>」というものでした。

とちぎナンバーだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.04

ホラー映画

 ウチの娘はホラー映画ファンらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 らしいというのは、

この娘は小さいころチョー怖がりで、

お化け屋敷や、キモだめしの類は、全然ダメで、

保育園時代、先生がお面をかぶった節分の鬼でも

ビービー泣いてたクチでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻とのラインや電話からの情報では、

一人暮らしを始めてからは

映画館や動画配信などで相当ホラー映画を見てるようだ。

妻の話では小さいころの反動ではないかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレ夫婦は映画の趣味はかなり一致しており、

好きな映画は似通っている。

違いはワタシがアニメ映画は観ないことと

妻が戦争映画を観ないこと。

そして原則として2人とも

ホラー映画、恋愛映画、韓国映画はまず見ないのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コワイのがダメというわけでは無く

コワイSFモノは大好きで

「エイリアン」「遊星からの物体X」「ポルタ―ガイスト」

などは、お気に入りで何回も見たし、

スティーブン・キングのファンで

「シャイニング」や「ペットセメタリ―」なども

好きな作品ではあるのだが、

どうも血が飛び散るスプラッターって奴は苦手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 別に2人とも外科医である以上、

血が苦手、ってことではまったくないのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食わず嫌いかもしれないってことで、

スカパーをチェックしてて録画した

「死霊のはらわた」という1981年の映画を観てみました。

ネット上のホラー映画ランキングをいくつかみると

12位、14位、12位あたり。

評価は「ホラー映画の王道」「スプラッター映画を牽引した名作」

となかなか高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、全くツマラナイ。

それほど怖くもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリーも演出もツッコミどころが多すぎで、

あまりにくだらないので

観たのはよく似たタイトルの別の映画かと思ったくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、今度は観たことなくても

名前だけは知ってる超有名作品「サスペリア」1977年。

覚えてますよ「決してひとりでは見ないでください」の名コピー。

当時、かなり流行りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらはさらにランキングは6位、7位あたりの上位。

評価も「ホラーの金字塔」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、これも、拍子抜けでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、そうくる?

という展開でなんとなくシラケてしまうこと多し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「死霊のはらわた」よりはだいぶマシでしたが、

お粗末なストーリーで、

これがホラー映画の金字塔とは・・・・。

ホラー映画ファン、ワカラナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今日はジャンル的にはホラー映画ではなく

SF映画、でも怖いヤツ、ということで

1978年の「SF/ボディスナッチャー」という作品を観ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これがかなりオモシロかった。

宇宙から来た生命体が人類をコピーし、

入れ替わり地球を乗っ取るという。

「インベーダー」とか「ビジター」とか

ムカシからけっこうある話ではありますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかしこの手の話は間違いが少ない。

血は飛び散りませんが、コワイ、オモシロイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人と入れ替わったエイリアンは、

完成しちゃうと外見上、もとの人物と何ら違いがない、

というところがコワイ。

子供のころトラウマになるほど怖かった

マグマ大使の人間モドキを思い出しました。

そういえば「鉄人28号」にも似たようなエピソードがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出てくる俳優さんがミスター・スポックのレーナーニモイと、

ザ・フライのジェフ・ゴールドプラムという、

ちょっと人間でないような雰囲気の俳優なのも面白い。

ジェフ・ゴールドプラム氏はのちの

ジュラシック・パークでのマルコム博士で有名ですが、

ワタシとしてはハエ男の印象が強い。

そういえば「ザ・フライ」もコワイSF映画で大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリーも特に前半はテンポよく、

ぐいぐい引き込まれます。

ツッコミどころが少ないのがストレスが無くイイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中のアクションシーンはいらない気もしますが、

ラストの「オチ」も良く、これはなかなか傑作だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、血が飛び散ってもなんとも思わないから、

一般の人と感覚が違うのだろうか。

いや、やっぱ、そこじゃないような気がする・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、「サスペリア」は1977年、

「SF/ボディスナッチャー」は1978年とほぼ同時期ですが、

主演女優さんが、けっこう似てると思いました。

上が「サスペリア」下が「ボディスナッチャー」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、助かったのはどっちでしょう?

あっ、これってネタバレ?💦

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.03

密室

先日テレビを買って、配送の人に設置していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20代と思しき若い男性2人組。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古いテレビを回収し、新しいテレビを搬入して、

アンテナやインターネット環境、付属機器をつないで

チャンネル設定をするまで20~30分かかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その間われわれはその同じリビングで

本を読んだり、スマホをいじって待ってるわけですが、

マスクをして作業してる2人を見てて、ハッと気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、あわてて

「あの、ワレワレマスクしてないんですけど、

もう2人とも新型コロナのワクチン接種2回済んでますんで

ご心配なく。」

と、説明。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20~30分も窓閉まった部屋で一緒にいるので、

もし不快に思っていたら申し訳ないと思いましたが、

とくに気にしてはいなかったみたいな反応で、

安心しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に工事する側じゃなくて、自宅側のヒト、

テレビに限らず、電気工事、水道工事の人が

自宅の中で作業をするときに、

気にするヒトもいるかもしれない。

こっちの方が多いかも知らんな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 工事の人が来るなりマスクをするのはもちろん、

いきなり窓を開けたり、

工事の人が帰ったあと、

触ったところを消毒するヒトだって、

きっといるんじゃないかな。

そんなところからうつることはまずないと思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ、メンドクサイ世の中になっています。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.02

天のおぼしめし

 先日、上野の国立博物館に鳥獣戯画展を見に行ったおり、

ランチに立ち寄ったお店がココです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぴょんぴょん舎は当ブログでもたびたび登場する

盛岡冷麺の有名店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん盛岡が本店ですが、

椎名誠氏のエッセイでその存在を知り、

お取り寄せでファンになり

東京は銀座にお店があるので

何回か食べに行ったことがありました。

冷麺と、科博」「そうだ、あれ食べたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと前、この「ぴょんぴょん舎」のお店が

東京スカイツリーのところにできた、

との情報を入手しておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水曜日のお昼、電車に乗ってから、

さて、どっかでお昼食べていこう、

ラーメンじゃ暑いかなあ、などと考えていたとき

突然閃きました。💡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで北千住乗換を一駅乗り越し、

東京スカイツリー駅まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この駅で降りるのは初めて。

実は、ワレワレまだ東京スカイツリーには登ったことはありません。

今回もスカイツリーは登らなかったわけですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、期せずして冷麺にありつけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後も科博等に行く途中ランチとしてラインナップに入りそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントは本場盛岡に行って食べたいところですが、

この状況では旅行などできませんので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とか言ってたら、この3日後東京にも行けなくなっちゃいました。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、急に冷麺のことを思い出したのは

偶然か、と思いましたが、

実はこれが関係していたようです。

4月21日、まさにその日です。

スカイツリーはたまたま一致ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アイスクリームを食べたくなる気温、

かき氷を食べたくなる気温、

おでんが恋しくなる気温、

食品によってはこういったものがあるようですが、

その手の話だったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほど、自分の意思で行ったように思えたが、

そうでもなかった。

天の動きには逆らえない、

まこと人間は矮小な存在だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ