ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.02.15

地震の被害

 12月13日土曜日の夜11時過ぎ、

突然携帯のアラームが鳴りだしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相前後して地震が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かなり大きな揺れでけっこう長く続きましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビをつけると栃木県南部は震度5弱、

群馬県は震度4。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 棚から物が落ちることはなかったので、

震度5弱は無いだろうと思いましたが、

果たして、ここ足利市は震度4だったようです。

この辺は天気予報も群馬県の方が近いし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日曜日の朝刊を見ると、

下野新聞の1面はワクチンの記事でしたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2面になんと地震の記事が載ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スゴイね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地震が起きたのが午後11時8分だから、

そこから大急ぎで記事を組み替えたわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 土曜日深夜から日曜日未明にかけての突貫工事。

新聞記者魂に脱帽ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、さしたる被害は無かったわが家ですが、

2回のワタシの部屋に行くと、

積んであったCDが数枚床に散らばっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その中で1枚だけ、ケースから中身が飛び出していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほど、コイツか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 CDのタイトルはYesの「Fragile」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「フラジャイル」、邦題は「こわれもの」です。

ミョーにナットク(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.02.14

肉を焼く

 最近ステーキを焼くことがワリとあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1カ月前、すごく安いステーキ肉があったので焼いてみた。

しかし、これが大失敗。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イイ感じに焼けたと思ったのですが、

固くて固くて、文字通り「歯が立たない」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネットで調べた知識で

残り半分はおろしタマネギにしばらく漬け込んで

何とか噛み切れるまでにはなりましたが、

やはり100g180円の肉ではダメだ、ということで、

今度はもうちょっと高い肉を買おうと・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、これも100g当たり398円ではあるが、

レジでこの値段の半額だから、100g199円。

あれあんまり変わらないか。

貧乏性が抜けんな。

高い肉買って、調理失敗すると敗北感が強いので、つい・・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、今度は大丈夫でした。

薄いんで、ちょっと焼きすぎでしたが、まずまずの出来。

トライ&エラーが自炊の醍醐味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、この間、NHKのあさイチで、

美味しいチキンソテーの焼き方をやっていたので、

それに挑戦。

100g78円、鶏肉は安くていいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あさイチのレシピ通り焼いたら、

これが、ウマイのなんの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 番組で言ったとおり、皮はパリパリ中はジューシーで

かなり感動しました。

これ1個当たり肉の値段は139円ですよ。

しかも味付けは塩だけだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あと2個は冷凍してあるので、

また、つくろうっと。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.02.13

「少ない」は「飛んでいる」ということ

先週末に患者さんが急に増えたが、

今週の金曜日、土曜日はさらにスゴかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、このご時世、

花粉症でくしゃみやセキをして、

周囲に変な目で見られたくない、という意識が働くのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の天気予報でも、気温の上昇を告げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、天気も良く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、NHKに改善を望みたいのがこの画面。

これだと、全体がグレーの色調で

非常に多くなってもあまり画面から危機感が伝わりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてまた、最近来院された方で、

「まだ、花粉飛んでないっていってるのに、目がかゆいんです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違います。

よく見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画面表示の「青」は「飛んでいない」ではなく、

「飛んでいるが量はピーク時に比べれば少ない」

なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてスギ花粉抗体価の高いヒトは、

少ない量でもじゅうぶんに症状が出ますので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重症化してからでは薬が効きませんよ。

 

 

コメントはまだありません
2021.02.12

F-100Dスーパーセイバー

今回はこれ行ってみよー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーセイバーは言わずと知れた

傑作機F-86セイバーシリーズの発展型であり、

F-100のコードネームでいわゆるセンチュリーシリーズの一番手であり、

かつ世界初の実用超音速戦闘機であります。

今回は2機同時製作で。

むろん在庫を減らすのが主たる目的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、最初のタミヤマークのキットは、

実は金型はイタリアのイタレリ社製。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タミヤで説明書をつけてパッケージしたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2個目のエッシー社はやはりイタリアのメーカーですが、

倒産してすでに今は無し。

メイド・イン・イタリアの競演となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パーツ割りはかなり似ています。

どちらもシャープなスジ彫りで制作欲がわきます。

F-100にはこのほか、ハセガワ製のキット、トランぺッター社製のキットがありますが、

ハセガワ製は古くてちょっとあまり触手が動かず、

トランぺッター社の方は絶版でネットで¥27000という法外な値段でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どちらのキットも出来は良いのですが、

タミヤ・イタレリ版はキャノピーに決定的なミスがあります。

本来、単座型にはない余分な窓枠がモールドされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 めんどくさいけど消すしかない。😢

ペーパー1000番~1500番とかけ、

コンパウンドを粗目、細目、仕上げ目と順次かけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、テキトーなところで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1機は無塗装銀、もう1機はベトナム迷彩にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだエリアルールが採用される前の寸胴ボディ。

鯉のぼりが2匹といったところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さてデカールはタミヤ製は機首に矢印が付いたヤツと、

迷彩はワタシのキライなシャークマウス付き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここは2機ともエッシー版のデカールで仕上げます。

デカール、死んで無いと良いんですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 無事でした。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こっちの方がカッコイイ。

ノーズアートと爆撃マーク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 F-86Fをたたいて伸ばしたようなデザインですが、

ワタシ、けっこう好きです。

これのさらに発展形があのヘンテコなF-107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 機体前方にインテークがある最後の機体。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 葉巻型F1に愛着をおぼえる感じに、ちょっと通じるところがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカ空軍第481戦術戦闘飛行隊。

1960年代に南ベトナムのタンソンニャット基地に所属した

「プリティー・ペニー」と呼ばれる機体。

現在この基地は日本のODAでタンソンニャット国際空港になっているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時世界最強だと思われていたF-100Dスーパーセイバーでしたが、

ベトナム戦争に投入されると、

北ベトナムのソ連製MiG-17、MiG-19に対して歯が立たず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 戦闘爆撃機の座はF-105に譲り、

護衛戦闘機として参戦したがMiG撃墜記録は達成できず。

鳴り物入りで登場したわりに

何となく、イマイチな実戦記録でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、もう一方のベトナム迷彩仕様は、

アーカンソー空軍州兵184戦術戦闘飛行隊。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたところ空軍州兵はベトナム戦争の時には

大規模な動員はおこなわれなかったとあるが、

このベトナム迷彩は、国内向け?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こっちは赤いイノシシがトレードマーク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 無塗装銀がベトナムで、こっちが内地とはちょっと解せませんが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ空軍でのF-100の運用は1954年からで、

1971年には第一線を退きます。

アメリカがベトナム戦争に介入したのは1961年から1973年なので、

スーパーセイバーはどちらかというと「老兵」であったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、こっちがタミヤ・イタレリ版で、

銀色がエッシー版です。

キットのテイストが非常によく似ていてパッと見、区別つきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャノピーの窓枠、消えてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どっちも良いけど、ワタシの原体験としてはスーパーセイバーは「銀」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 F-101、F-102、F-104、F-105、F-106、センチュリーシリーズは大好きだなあ。

「ジェット機」の時代ですね。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.02.11

アデノウイルスベクターワクチンについてさらに

 先日のブログ記事で宿題であった、

アデノウイルスベクターワクチンは2回接種できるか、

という問題ですが、

どうもはっきり分けりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1回しか打てない、という記事も多い一方、

2回接種が原則、としているものもあり、

どっちなんだ、というところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本感染症学会が出した

「COVID-19ワクチンに関する提言 第1版」には

それについての記載はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開発、製造に当たっているアストラゼネカ社/オックスフォード大学は

2回接種と謳っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、そこの論文に謎の記載がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アデノウイルスベクターの接種にあたり

「全量二回接種の有効率が62%、半量と全量の接種の有効率が90%」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どゆこと?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つまり1回目の接種で本来の量の半量を打ち、

2回目に全量を打った群の方が、

全量を2回打ったグループより有効性が高いということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜこんなことが起こったかというと、

1回目の接種後明らかに副反応が低い群がいて、

良く調べたら「間違って半量を打っていた」

ということのようです。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やれやれ、現場の混乱ぶりがわかるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この結果に対し推測される理由としては

仮説 1: 治験の規模 (131名のCOVID-19感染者)が
半量/全量と全量/全量の有効率の差を見るに小さすぎる。
事例が今後増えた後は、両者の差はなくなる。
なお、現時点で、半量/全量の有効率は66%まで低下する可能性もあるとする研究者もいる。
仮説 2: 半量接種の方が効果的にT細胞を活性化する。
仮説 3: このワクチン候補は, SARS-CoV-2スパイクタンパク質に対する免疫応答に加えて、
チンパンジーに由来するアデノウイルスベクターに対する免疫応答も誘導するが、
1回目の全量接種は、後者の免疫応答を抑制する。
仮説4: 先行研究にてマウスに対するワクチン接種実験で
低用量のワクチンが高用量よりも効果的な例を経験した研究者はこれを、
一回目の低用量接種は二回目の接種によるメモリー免疫細胞をより迅速に確立するため,
と考えている。
などが、書かれていましたが、どうなんでしょう。
ワタシは仮説1を支持しますが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アストラゼネカ社/オックスフォード大学の最新の報告(2021年2月2日)では

第1回目と第2回目の間隔についての分析で、

間隔12週以上の方が82.4%の有効率で、

間隔6週未満の52.9%よりも有意に高い、

というレポートが出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも原法では1回目と2回目の2回目のワクチンは

4週間から12週間以内とされているのに対し、

2回目のワクチンが準備できずに間隔が開いちゃったら、

そのほうが成績が良かったというお話のようで。

何だよそりゃ。😥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだまだワカラナイことだらけの

新型コロナウイルスワクチン事情です。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ