ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.01.26

シマエナガ

 寒波襲来を受け、日本列島は寒気に覆われているが、

毎年一番寒いと言われる「大寒」は先週20日であった。

実はこの日は「シマエナガの日」らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いきなりシマエナガって何?という向きも多かろうと思うが

しばらく前から我が家で、というより我妻はシマエナガブームなのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年のトイレのカレンダーはこれになっている。

ここは去年はシバであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いわゆる「にわか」ではないことは、

2階のトイレのカレンダーが

2021年から替えられていないことでもわかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おまけにこんなシールまで購入している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「大人の図鑑・・・・・」。

最近はいろんなものがあるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらにはこんなスタンプも作ってしまったという。(・_・;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近、実物が見たい、と言っていますが、

シマエナガは動物園で飼育しているところはないそうです。

しかも、野生のシマエナガは北海道にしか生息していません。

なんか、ネットでシマエナガが見られる場所を検索してるみたいだが・・・・

何か、企んでいるような・・・

 

 

 

 

1件のコメント
2023.01.25

コロナはまだまだ

インフルエンザの発生に伴って、

まずインフルとコロナの同時抗原検査をするパターンが

多くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主流はコロナですが、たまにインフルもでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どちらかでも陽性に出ればいいのですが、

陰性の場合はPCR検査を行うことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一昨日は抗原検査陰性が多く、

コロナも減ってきたかと思ったのですが、

今日戻ってきた結果を見るとPCR11名陽性。

最初からPCR検査だけを行った人もいますが、

その大部分が、抗原検査で陰性だった人でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例によって、熱が無い人、周囲にコロナのいない人が多く、

巷にコロナがウヨウヨしているという印象です。

抗原検査しかやらない医療機関は、

この現状を知っているのだろうか。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.01.24

寒気と寒気

天気予報やニュースなどでは、

10年に一度の強烈な寒気が流れ込むとの話題が

繰り返し報道されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝の朝日新聞の天声人語でも、

「八甲田山死の彷徨」を引用しながら寒さへの注意を

喚起していましたが

その中の

「かつて経験したことのない寒気だった」

というくだりを

「かつて経験したことのないサムケだった」

と読んでしまい、一瞬、えぅ?と思ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事がらカルテの記載などでも

「寒気」は「カンキ」ではなく、

「サムケ」と読むことの方が圧倒的に多いので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気象庁の人は、まず「カンキ」と読むのであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生は「生物」を「セイブツ」と読むが、

食料品を扱ってる人は「ナマモノ」と読むだろうし、

一般には「食べてる最中だ」は「食べてるサイチュウだ」でも、

和菓子屋さんは「食べてるモナカだ」としか読まないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、ワタシの苗字、九州地方では「コクラ」らしいです。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.01.23

春まだ遠し

 発熱者に対する検査は、

インフルエンザの流行を受けて抗原検査をすることが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 陽性の時には最初のクロマトグラフィーで

コントロールラインに達する前に1,2分で反応が出てしまうので

そこで検査終了、診断確定になるが、

ラインが出ない場合は10分待って結果を見極めなければいけない。

そして陰性の場合はPCR検査を行うことになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここのところ陽性率が下がっているので、

それは良いことなのだが、これが困ったことで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 検査時間がかかって、診察に戻れないことももちろんなのだが、

もっと問題なのは、

新型コロナが2類相当な以上、

検査は屋外で行うしかないわけで

ここのところの寒波で結果待ちの間が寒くて寒くて・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナが5類になるのは4月以降か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は10年に1度の寒波が来るとか。

春はまだ遠い、です。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.01.22

コロナが5類に

 さて、昨日21日土曜日は、本当に久しぶりに

当院でのコロナ陽性報告者がゼロでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、抗原検査得陰性だった幼稚園児5歳の

PCR検査結果が陽性であったという連絡が本日来たので、

来院者中新型コロナ患者ゼロの記録は

達成できませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、ついに新型コロナが5類に引き下げになることになるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時期としては、この春、4月くらいからになる模様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 果たしてこの措置でどうなるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少なくとも一時的にコロナ患者は増えるでしょう。

もう、流れに身を任せるしかないわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ