ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.05.12

怪文書

 先日、郵便物に混じって我が家のポストにこんなものが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いわゆる「反ワクチン派」の団体の仕業と思いますが、

よくやりますね。

1軒1軒入れたのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、自らの氏素性を記載しない、というのが

この反ワクチン派のヒキョ―なところだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、この文章みても、それほど騒ぐような内容ではない。

世界中で延べ100億回以上打たれたワクチンであれば

1291種類の副反応が出てるのは当然ですし、

コロナによって失われるかもだった命が

このワクチンによって救われたというケースが、

この何1000万倍もあることを考えれば

ワクチン打たない理由はありませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この怪文書も出どころはわかりませんが、

グーグルのネット翻訳みたいで怪しいなあ。

1行目、ファーザー社だし。

中国製品の取扱説明書みたいな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 副反応も病名が羅列されていますが、

心停止、新生児の死、口から泡を吹く、などの病名ではないものも同列に並んでいますし、

てんかん精神病や胃腸アミドロ症、精巣自己免疫のような

よくわからん病名が入ってたりしています。

少なくとも書いたのは医学の専門家ではないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、こんな事業にかかわるアブないヒトが

各家の玄関まで来てポストに入れていったと思うと、

ちょっと不気味な感じがしてコワいですね。

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.11

連休効果

 まん延防止令や緊急事態宣言などの

制約のないゴールデンウィークが終わって数日たちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 連休前のブログで、この大型連休によって

人の移動が増えるので感染拡大につながるか、

あるいは、保育園・幼稚園や小中高が休みになるので

そういったクラス内での集団感染の連鎖が抑制されるのか、

どちらに転ぶか見守りたい、

という内容の記事を書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オミクロン株の潜伏期の中央値が2.9日とすると

ちょうど今頃までが連休期間中の感染の発症時期ということになりますが、

どうもここ足利に関しては感染は縮小傾向にある印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日火曜日に検査したPCR検査の結果が本日来ましたが、

結果は全員陰性。

休診日を除いて当院から陽性者が一人も出ないのは何週間ぶりでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだまだ油断は禁物ですし、

この結果だと学校、保育園が再開してからの方が危ないわけですが、

とりあえず沈静化の方向に向ったようでホッとしました。

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.10

カレンダー

昨年はコロナもあり天皇杯以外の現地観戦はなく

DAZNも脱会していうたのでHNKとテレ玉以外のテレビ観戦もないところに

新監督の就任前後から選手の大幅な刷新があったため、

前年半ばに企画制作されると思われるこのカレンダーの顔触れは

実情にそぐわないものになっていました。

なので、去年は1枚もめくらず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年末はカレンダーを購入するか悩んでるうち

ついつい買いそびれ、売り切れになってしまった。

例年年末の折に埼スタに行ったときに買い求めるので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、この間、レッズのオンラインショップを覗いたら

割引価格で売りに出ていたので、買っちゃいました。

定価2200円が1760円というのは4カ月経過して

1年の1/4が過ぎたので残り2200×3/4=1650円よりやや高いじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えー、1月からいきなり槙野かよ。

まあ、年末の天皇杯の決勝点はこの人でしたが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月のユンカーはまあいいとして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はさらに現行のスタメンからは乖離が目立つ。

3月阿部勇樹、引退。

 

4月明本。

 

5月伊藤などはがんばっていますが、

 

6月西大伍、移籍

 

7月、柴戸はほぼスタメン。

 

7月、興梠慎三、札幌へ移籍。

 

8月、関根はまだいます。

10月汰木も移籍

 

11月西川は健在

 

 

12月小泉も在籍。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んなわけで、買ってはみたものの、まだ表紙からめくれずにいます。

まあ、この表し、カッコいいからいいんですけど。

 

コメントはまだありません
2022.05.09

オーチャードホールで初夏のドイツ気分を味わう

さて、渋谷についての第一印象は、人が少ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな少ない日曜日はちょっと覚えがない。

コロナになってからも第9を聴きに来たときはもっと多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連休中がどうだったか知りませんが、

名古屋や大阪は繁華街が人であふれたとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開場を待つオーチャードホール。

今日はことのほか年齢層が高い印象。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて本日のプログラムは、オールベートーヴェン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこれは、このようなシリーズ物の一環であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンサートホールで海外旅行気分を味わう。

いままでロシア、オーストリア、アメリカと来て

今回はドイツ、次回はフランスらしい。

ロシアの回が昨年10月でウクライナ侵攻前で良かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開演前に檀ふみさんによるトークライブあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドイツ出身のタレントサッシャさんとのトークで

ドイツの魅力を紹介していました。

ドイツを旅するなら初夏がいいそうで、

ドイツではお城に泊まれるそうです。

いつか行きたいものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指揮者のマレク・ヤノフスキ氏はワルシャワ生まれだが

母はドイツ人でドイツで育ったという。

1939年生まれの83歳!

(以下、写真はNHK交響楽団の公式ツイッターから)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはりベートーヴェンは王道だ。

前半はエグモント序曲と交響曲第1番。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 指揮者のヤノフスキ氏は、歩くとヨボヨボしてるが、

壇上に立ってタクトを持つと、シャキーンとしてしまう、

高齢指揮者あるあるなのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、休憩をはさんでメインディッシュはベートーヴェンの第5番「運命」。

もうテッパン中のテッパンだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第1楽章は、クラッシック史上もっとも有名なリフがあるが、

実はこの曲は第4楽章が最高にカッコイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさかと思ったアンコールもあって堪能しました。

アンコールはやはりベートーヴェンの交響曲第8番の

第2楽章だったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、気分はすっかりドイツになり

帰ってからはビールとソーセージでコンサートの余韻に浸りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.08

ひつまぶしとスカイツリー

再び東京へ。

これまたひさしぶり、クラシックのコンサートに出かけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もリバティ。

だが、途中下車はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは東京スカイツリー駅で下車。

ソラマチレストラン街でお昼を食べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回も、ここのレストラン街にあるぴょんぴょん舎で

盛岡冷麺を食べるはずだったのですが、

アクシデントで銀座になってしまいました。

ここは日本各地のグルメレストランがあって楽しい。

今日は名古屋のひつまぶしをいただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋以外で食べるのは初めてかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一杯目はそのまま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二杯目は薬味を載せ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三倍目はお茶漬けでいただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常に東京、大阪とは違うことをしようとする名古屋人の発明か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、これは好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、すぐお店に入れたので、時間に余裕があります。

どこかで、時間をつぶさなくては・・・・、

と思い、ハッと見ると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、ここはスカイツリー。

まだ、登ったことがなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、登ってみましょう。

ゴールデンウィークももう終わりなので待ち時間もないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エレベーターであっちゅうまに350mの展望フロアまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてさらにその上の最上階まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、コワイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな高所で工事をしたヒトがいるということが信じられん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対選びたくない職業だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも世の中にはスカイダイビングやバンジージャンプが大好きな人もいるし

高いところが平気な人もいるんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 床がガラス張りの部分がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレは高いところは苦手ですが、なんとかこのガラスの床の上には立てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、観覧車も苦手な彼女はムリでした。

片足だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、半蔵門線で渋谷に向かいます。  

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ