ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.07.02

フェラーリ312T5

 昨日、いきなり完成しちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6月14日に手を付けて以来、わずか2週間ちょっと。

これは、異例の速さといえよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この速さの要因は

①コロナウイルスの影響で仕事もヒマ、

ライブもサッカーもなく作業時間が豊富にとれる

②組みにくいプロターのキットもクセがわかって慣れてきた

③カウルに覆われる部分、完成後見えなくなる部分の手抜き工作

④高温多湿なのでスプレー塗装が楽

⑤ドライデカールなので貼りにくいかわりに、乾燥時間を見なくてもいい

⑥途中中断すると、そのままやる気がなくなり

完成しなくなるかもという強迫観念で、一気呵成に取り組んだ。

などの外因性、内因性の要因が共に働いた、と考えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、フェラーリのF1史上、最も遅かったマシンが、

1/12スケールF1としては最速で完成しました。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうしてみると、312シリーズの最終進化形だけあって、

直線的なデザインはわりとカッコイイかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタイル的には312T4と同じ、カメの子型。

312TシリーズはT3まではほぼフルカウルだが

T4からはエンジンの後半部トランスミッション部がむき出しになっています。

 

 

 参考312T3。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プロターのキットは例によってカウルの合いは相変わらず悪いので、

なんとかビスで止めたあとは、もう再び開ける気はしませんが、

蓋を閉める前はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 裸の状態はこんなです。

この時代のF1はアルミ製の弁当箱。

こりゃあ、クラッシュしたら死にます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エンジンのパイピングもだいぶ適当です。

ごちゃごちゃ感が出ればいいかな、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シートベルトは、布製です。

説明書では針で縫えとの指示ですが、メンドクサイので、

ビニール系接着剤で仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドライデカールも布シートベルトになんとか貼ることができ、

なかなかいい感じに仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回のキットの白眉は、この部品。

これは、一種の「治具」で、付属の金網をこれで挟んで、

エアファンネルができる、ってやつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これまでプロターのキットは、

エアファンネルをペンの蓋みたいなやつで押して作れ、

というのもので、大変苦労したのですが、

これがあれば12気筒だろうと簡単に量産可能。

もっと、早く入れてほしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カーナンバー1は、前年1979年のチャンピオン、

ジョディ・シェクターだが、

ここはやはりF1界の悲劇のヒーロー、

カーナンバー2のジル・ヴィルヌーヴ仕様にするモデラ―がほとんどかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抜群の速さとスター性を持ったジル・ヴィルヌーヴは

1979年にはチャンピオンになる可能性があったが、

チームオーダーをまもり年間2位。

その後も、マシンの不調に泣いたが、

傑作マシン126C2を得た1982年、

チャンピオン獲得の可能性は高かったが、

ベルギーGPで事故死する。

このゼッケンナンバー2は、

彼が生涯最高ランキングの2位を1979年に記録した証なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1975年にデビューした312Tシリーズは

時代の流れの中で先代のT4から、ボディ下面の気流でダウンフォースを得る

いわゆるウイングカーになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし1970年以来の水平対向12気筒エンジンは

パワーもあり車高は低く抑えられるが、

車体の下部分に突出するエンジンの幅が広いため

ウイングカーとしてはベンチュリ―効果が十分に得られないため、

このマシンをもってフェラーリは12気筒水平対向エンジンに見切りをつけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、これで312Tシリーズは1/12スケールで1~5までコンプリート。

(312T、T4はタミヤ製、T2,T3,T5はプロター製) 

この勢いで、あの難物に挑んでみるか。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.07.01

コロナ不況

 今日は7月1日。

気がつけば、2020年も、半分が終わったことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスの影響で、前代未聞の出来事が連発し、

2020年は、歴史に残る年になるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 将来日本史、世界史で「新型コロナウイルスの年」を学ぶ諸君は、

2020年という覚えやすい年号で良かったですね。

ただ、原因ウイルスは前年2019年に発見されたCOVID-19なので、

試験の落とし穴だったりして・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスの影響で、

医療機関はどこも大幅な減収になっているようで、

小児科、耳鼻科は特にきびしいようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院も6月に振り込まれる4月分の社会保険の収入は、

前月の半分以下、今後、5月分はさらに少ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここしばらくワタシの給与はおそらくほぼゼロ、

あるいはひょっとするとマイナスなんですが、

それでも6月はボーナス月なので、

職員にはボーナスを出さなければならないという・・・・。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この先、耳鼻科は一年を通じて最も患者さんの少ない

7月8月期を迎えますので、

いったいどうなるんでしょうねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、オンライン診療も

満足のできる診療レベルはできないでしょうからやりませんし、

必要以上に患者さんを通わせて

再診料を稼ぐことだけはしたくありませんので、

今まで通りマジメにやるだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医療機関によっては、副鼻腔炎の患者さんに

週2回も3回も通院させるところもありますが、

当院は基本的には2週間ごとです。

でも、それで治ります。

(栃木県ではマクロライド少量長期のクスリが2週間までしか出せないため)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鳴や難聴で意味のないビタミン剤やストミンAを

延々と出す病院もありますが、

開院当初から、それはやめよう、と妻と話し合っていました。

ストミンで耳鳴が治るはずがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マジメにやって、ダメなら仕方がないっす。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今週は、月曜日、火曜日と、

6月初めての100人越えだったのですが、

今日もまた、ヒマで、こんな時間にブログ書いています。(一一”)

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2020.06.30

夜の街

 栃木県内で、久々に新型コロナウイルスの陽性患者が出ました。

宇都宮市内のキャバクラで、クラスター感染のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近、この「夜の街」が、問題になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初のころニュースなどでは「接待を伴う飲食店」

と言っていましたが、

いわゆる「業者の接待」などでしばしば利用される

「料亭」などと間違われるために

「夜の街」と呼称を飼えたようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「夜の街」というのもビミョーな表現ですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昼間やってるキャバクラやホストクラブってのも

東京あたりならあるのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは基本的にキャバクラ的な

女の子のいる店は好きではないのですが、

好きな人はいるんですよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勤務医時代や、開業してからも、

製薬メーカーの接待が盛んだったころは、

よく2次会と称して、連れていかれたことはあります。

実はよく一緒に接待された薬局の男がダイスキだった。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシとしては、お酒飲むのは大好きですが、

できれば親しい友人と話をしながら飲みたいので、

初対面の女の子、それも

その後また会うこともないかもといったヒトと

話題を合わせて会話をするのがメンドクサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、お金を払って(いや、接待だから自分は払ってないけど)

こっちが女の子の機嫌を取らなきゃならないのかワカリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、なんか言えば、相手は肯定してくれますが、

あっちは仕事ですから、それは当然なので、

そう思うとなんか、ムナシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビジネスでなくて、フツーに女性と話すのは好きなんですけど。

でも、それも、最近は若い子とは世代ギャップあり過ぎてちょっと苦痛かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、キャバクラに行ったことがない方のために説明しますと、

「指名」というシステムがあります。

そんなに偉そうに言うほど、よく知らないのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは女の子の名前も憶えないのでしたこともありませんが、

お客さんが来るとお店の女の子には「指名」がかかり、

さっきまで話していた子は、指名のあった別のテーブルに行ってしまいます。

そうすると、また、別の全然知らない子が来て

イチから話題を探さなきゃいけない、

というメンドクサイことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、おそらくウイルスを伝搬する仕掛けなのではないかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっきょくお店に来た人は、

お店の女の子を介して、他の多くのお客さんとも接触することになるので、

個別に食事をするお店と比べて感染の機会が数倍~数十倍に増えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらにホストクラブは、行ったことないですが、

お客さんはそういったキャバクラ等で働く女性が多いという話ですので、

また、そこから指数関数的に接触感染の機会が増えるものと推測されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく、ともに若いヒトなので、

症状が軽かったり、無症状の人が多いことも

感染拡大の要因でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オレに言わせると、パチンコもそうだけど

キャバクラのどこが楽しいんだかわからないのですが、

でも、これも好きな人はなかなかやめられないんだろうなー。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.29

尻ポケット

 金曜日にちょっとした飲み会があり、

サイフとともにスマホを

ジーパンの尻ポケットに入れて出かけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これまでの季節ならば、

ジャケットや革ジャン着ていたので、

スマホ入れるところがあったのですが、

シャツ1枚になると、収納場所が、ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの一件以降、車に乗るときは

必ず尻ポケットから出すようにしてたのですが、

今回、飲み会なので落としたりなくしたりしないように、

ということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 居酒屋が、座敷だったのが、マズかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、画面が見えなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何回も再起動したがダメで、

電子機器は冷やすといい、と聞いたもので冷蔵庫に入れたりもしたが、

復活せず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、もう修理もなんだから、

この際、新しいスマホに買い替えようかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 土曜日はライブがあったので、

日曜日に携帯ショップに行くことにしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 んで、土曜日のライブの時、

尻ポケットで曲がったのが原因ならば、

逆向きに曲げれば直るのでは?

という考えのもと、試してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうせ壊れても買い替えだし、ということで。

反っているのと反対向きに尻ポケットに入れておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、‥‥‥‥治った!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお、これは今度はそっとして、

と、胸ポケットに入れたら、また見えなくなった。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ならば、とまた、向きに気をつけて尻ポケットに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 復活!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう、わかったぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とりあえず、もうちょっと、このスマホを使うことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたところによると、このiPhone6は、

曲がりやすいので有名、らしいです。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.28

ガニメデ、アコナイに出演

土曜日ガニメデ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応、こういうことになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2週間ぶりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップバッター、イマイユウヤ氏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお店常連の彼ですが、久々のステージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、Yann-E’s。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱演に、ヅラが落ちる。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J-POP、歌謡曲などのほか、

クイーンの曲をアレンジして数多く演奏。

このヅラは、ブライアン・メイだったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんでもって、登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は前代未聞の吉田拓郎セット。

1曲目「春だったね」。

ハモニカムズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回、前々回とローリングストーンズセットだったので、

今回は趣向を変えて全曲吉田拓郎にしたわけですが、

選曲は一ひねりしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中からは吉田拓郎が作ったフジカラーのCMソング。

本人が歌ったものと山口百恵ちゃんが歌った曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、他の歌手に提供した曲。

石川ひとみちゃんの「ハート通信」は誰も知らないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、続いてのキャンディーズ「やさしい悪魔」は

スーちゃんと、ミキちゃんにコーラスお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、もう1曲吉田拓郎作曲の「アンドゥトロワ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 吉田拓郎ファン、というわけでもないのですが、

タマにはこういうのもありかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、やっぱり早くバンドやりてーな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうちょっと、かなあ。

DJカシワセ、ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キャンディーズは、またやりたいかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、テツカズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜も楽しかった。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ