ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.02.20

ハインケルHe-51~華々しくデビューしたものの・・・

 たまには複葉機。

箸休め(?)に作ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハインケルHe-51。

ハセガワのキットで、発売は1970年、

同社初の複葉機として発売されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレは、水上機版とのコンパチになったキットですが、

買ったのは1980年代でしょうか。

ミュルサンヌは前橋市の模型屋さんなので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう一機、並行して。

ブリストル・ブルドッグ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはどこで買ったのかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリジナルは1969年の発売のようです。

このパッケージは1991年の6回目の再販。

すでにエアフィックス社は1981年に倒産し

MPCの買収を経て1986年からハンブロール社の傘下に入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはメイド・イン・フランス。

エアフィックスもハンブロールもイギリスの会社ですが、

同じく倒産してハンブロールの傘下になった

フランス、エレール社の工場で生産されたのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キットの発売年はほぼ同じだが、

右のエアフィックス製のシャキッとメリハリのあるパイロットに比べて、

左のハセガワくんはかなりのっぺりです。

この頃はまだ、タミヤを除く日本のキットは世界の後進でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 同じ衣装にしときます。

第2次世界大戦前のパイロットの服装がよくわからないので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、いつものように素組みですが、

排気管くらいは穴開けます。

こちらハインケルHe-51のBMW製V12の排気管。

手前が開口後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こっちはブリストル・ブルドッグの排気管。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして完成。

ハインケルHe-51、1933年就役。

ナチスが政権をとった年です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エンジンはBMW製V型12気筒。

航空機のエンジンは星形や、逆V型が多い中、

これは自動車みたいなエンジン。

なので、こんな形の頭でっかちの機首になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、この機体はドイツ空軍の十字のマークではありません。

今回の仕様は1936年のスペイン内戦にドイツから義勇軍として派遣された

「コンドル軍団」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1918年に第1次世界大戦に敗れたドイツは、

軍備の保有を禁じられていたが、

1935年、ヒトラーはベルサイユ条約を破棄し、再軍備宣言をします。

その時、ドイツ空軍の主力として大々的にアピールされたのが

このハインケルHe-51でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハインケル社は、軍備禁止下にあってスポーツ機として

戦闘機になり得る航空機の開発を進めており、

その発展型のハインケルHe-51は新生ルフトバッフェのシンボルでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、ヒトラーは1936年スペイン内戦に

新兵器のテストをかねて介入したのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当初は旧式機相手にそれなりの戦果をあげましたが、

実はこの機体は、その当時すでに性能、武装とも時代遅れになっており、

1カ月後、ソ連軍がポリカルポフI-15、I-16を援助すると

これらに対し全く歯が立たないことが判明しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナチスのプロパガンダによりドイツ国民の喝采を浴び

華々しく登場したハインケルHe-51は

あっという間に第1戦を退き、練習機としての地位に下げられました。

そんな、ドン・キホーテ的なこの機体が

つかの間の活躍をしたのが、

このスペイン内戦の極初期だけでした。

 

ブルドッグは次回に。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.02.19

新型コロナウイルスワクチン接種の見通し

2月17日から医療従事者向けの

新型コロナウイルスワクチンの接種が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ足利市でも3月1日から

医療従事者5200人余りに対する接種が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、その件について医師会の説明会に出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在日本に入ってきているのは

ファイザー社のmRNAワクチンなので、

そのプロトコールに従って3週間のインターバルで接種します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、4月から高齢者の接種が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足利市の該当者が約4万5千人とのことですが、

接種不適な方や、希望されない方もあり、

その70パーセント前後の約3万人を見込んでいるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足利市は集団接種になるので、

医師会に所属する医者と看護師が交代で接種会場に出向いて接種をする、

という形になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  足利市内の約70の医療機関が、

4月から7月の間に延べ約720回の出張接種を行うので

1医療機関当たり10回から11回の出動になります。

土日もゴールデンウィークも関係ないらしい。(;゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかもそのあとには65歳未満の一般接種が

連続的に始まる見込みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は間違いなく、

ワタシが医者になって以来

1年間に注射を打つ本数の最高記録を達成するでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 注射は昼休み、診療終了後、土日祝日と

診療時間外に設定されてますんで、

通常診療に影響が出ることはありませんが、

逆に、ワレワレは時間外労働が増えて大変だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもまあ、国家の非常事態ですから、

四の五の言ってられませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.02.18

天使の囁きの日

 診察室のカレンダーには、手術の予定などを書きこみますが、

今年のやつは「今日な何の日」的なモノが

載っています。

今年のスギ花粉レーザーは終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「天使の囁きの日」って何だ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたところ、

1978(昭和53)217日に北海道の幌加内町母子里(もしり)で

マイナス41.2℃という最低気温が記録されました。

しかし、気象庁が公式に測定したものではなかったということで、

記録無効となってしまったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それはクヤシイ、残念だ、ということで、

地元の若者がこの日を記念日として、

「天使の囁きの日」としたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、ナゼに最低気温が天使の囁きなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 極寒の中で凍死するときに、

眠くなって、天使の囁きにいざなわれることかと思ったが、

そうではないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外気温が極めて低いときに見られる

「ダイヤモンドダスト」のことを

「天使の囁き」と称したんだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、なんか、ねー、

ワタシなどの感覚だと赤面しちゃうくらい

何とも恥ずかしいネーミングセンスですが。(/ω\)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、ここは北海道の田舎の若者たちの純朴な発想、

というアタタカイ目で評価するべきですかねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、ワレワレ世代には

「天使のささやき」といえば、間違いなくコレですね。

日本でも大人気でした。

 

 

 

まだ、活動してるみたいですけど、

何年か前にライブを見に行った佐野くんによれば、

メンバー変わってるみたいだし、もう結構な歳だし、

黒人のオバサンが3人来てスリーディグリーズだ、っていえば

そうと思うしかない、と言ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.02.17

ウレシイ贈り物

 

 先月末、突然送られてきたクール宅急便は・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本酒でした。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 送り主は、以前前橋、高崎でミニFMを一緒にやっていた男。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何でも、息子さんがここの蔵元の杜氏をやってるという。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 送り主の彼はワタシより10歳下、

当時は彼は高校生であったが、

今や杜氏の息子さんがいるのか・・・。

もう40年も前ですからねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このお酒は、微炭酸。

フルーティーな味わいで、白ワインやシャンパンを思わせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、1日目はお刺身でいただきましたが、

2日目はステーキを焼いた時にいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナでなかなか会えないけど、

そのうちにまた一緒に飲みたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても宛先「ロックな小倉先生」(^^;

以前バンド仲間からの封筒は住所と「ロックな耳鼻科」だけで着きましたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロックではなく、ストレートでいただきました。(*^^)v

 

 

 

コメントはまだありません
2021.02.16

商売のタネ

毎日いろいろなダイレクトメールが来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり新型コロナによる受信控えで、

耳鼻咽喉科開業医はかなりの患者減少になったようで

こんなモノも送られてきました。

なんたって、珠玉のセミナー!(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お医者さんもこんなセミナー受けるような時代になったんですか、

スゴイね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお医者さんはこんなにいっぱい対策したんですね。

昨年はコロナで患者さん減ったなあ、とは思いましたが、

どうやって患者さんを増やすか、とはあまり考えませんでした。

まあ、しょうがねーなー、そのうち戻るだろう、ということで。

この歳になり多少の蓄えはあるので、

やすいお肉でゼイタクさえしなけりゃ

収入無くてもしばらくは食っていける。(^_^;)

しかし、患者さんは「顧客」なの?

そしてこの7番は、それなら当然?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナー2時間、しかもオンラインのわりに

うーん、けっこういいお金取りますね。

この代金を国のコロナ対策助成金で認められるかなあ、

と考えるセコイ先生もいるだろう。

当然、ダメでしょう。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、どういった経緯で

このセンセイはこんなセミナーをやることになったんでしょうね。

こんなに流行ってるクリニックなら、

いろいろ忙しいでしょうし、

儲かってるのなら、こんなサイドビジネスでお金を稼ぐ必要もないだろうに・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり流行ってる医者にこのような企画を持ち掛けて、

それを商品化して、困っているお医者さんからお金を吸い上げる、

ということを考えた

非医師である企画会社の人に商才がある、

ということでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
医療系をまとめました。
2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ