ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.05.11

騙してるのは政治かマスコミか

 今朝の新聞広告にはビックリしましたねー。

朝日、読売、日経の3紙に掲載されたそうです。

見開きカラーで掲載料は幾らなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスに対する政府の対策を批判してるわけですが、

なかなか過激です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、政府だって医療機関だって頑張ってるわけで、

コロナによる感染、重症、死亡者数は

世界的に見ても悪くないのだから、

何も変わっていないわけでは無いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに、もっとこうすれば良かった、

という政策はいくつもありますが、

(アベノマスクとか(≧◇≦))

ガマンをしたからこその今の結果なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それより「ごちゃごちゃ言ってるだけ」なのは

売らんがために無責任な情報を垂れ流すマスコミなのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の広告もこの本を売りたいための広告なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチン接種の出遅れはたしかに失策でしたが、

それも徐々に進行しつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インドなどの状況を見れば、

今、やらなければならないことは明らかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 政府に騙されるのもイヤだが、

マスコミに騙されるのもカンベンです。

 

 

 

 

2件のコメント
2021.05.10

インド人にビックリ

インドで新型コロナウイルスの感染が

とんでもないことになってるようです。

インド人もビックリ、などといってられない状況。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病院でもいっぱいで治療が受けられず、

火葬もできない遺体が路上に並べられるなど、

ワレワレの想像をはるか超える事態になっているらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクチン接種が進み

一時は感染収束に向かいかけたインドが

このような事態になったのは、

ワクチンに対する耐性を持った変異株が蔓延した

との情報もありますが、

どうもそれだけではないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝のNHKの映像は衝撃的でした。

ヒンズー教のお祭りのためガンジス川に密集する人の群れ。

誰ひとりマスクなし、

っていうか、仮にマスクしてても

こんだけ密集したらダメでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変異株とはいえワクチンの効果がゼロになるわけではありません。

たしかに抗体の効果がウイルスの種類によっては

1/3から1/6になってしまう変異株もあるようですが、

それでも効果はゼロではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった点を考えると、

インドの感染拡大は、ワクチン耐性の変異株だけではなく、

むしろ、ワクチン接種により減少に転じた際に発生した

気のゆるみに主たる原因があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月の時点で1日の感染者が1万人を切り、

インドはコロナに打ち勝った、という空気が流れたそうです。

1万人ったってめっちゃ多いですが、

それまで10万人以上だったので、

ワクチン接種の拡大と相まって、

ヒンズー教のお祭りや、集会、結婚式などが連日行われたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、予防接種回数は多いとはいえ、

インドは人口が多いのでまだ人口の5%。

しかもインドでは摂取対象者が45歳以上だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、見かけ上の収束傾向に油断したために、

ヒト-ヒト間の距離が縮まって、

爆発的な感染拡大に至ったと考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので我が国でも今後ワクチン接種が広まっても

当面は会食、旅行、集会、イベント等の規制、自粛は

ある程度必要になってくるものと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、賢い日本国民は一気にマスクを取って密集しちゃう、

という事態にはならないと思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしてもヒトを救うはずの宗教が、

かえって人命を奪ってしまうということは、

昨年にイタリアで聖職者が患者宅を訪問したり、

教会でコロナから救われるための集会を開いたりが

感染拡大につながったという事例を踏襲しています。

まずは、科学的思考が宗教に優先されるべきなのですが・・・。

 

 人類を救うのは神ではなく、人類の叡智です。

もともと神という存在も

大昔の人が頭の中で作ったものにすぎませんから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.09

Vax Live: The Concert To Reunite The World

 アメリカで、新型コロナウイルスワクチンを世界に、

という趣旨のチャリティーコンサートが行われたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 WAX LIVEと題されたこのコンサートは、

国際支援団体「グローバルシチズン(Global Citizen)」が主催。

ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇(Pope Francis)や

ジョー・バイデン(Joe Biden)米大統領らが動画メッセージを寄せた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカ在住のヘンリー王子は

「今夜、私たちは、インドで壊滅的な第2波と闘っている

何百万もの家族と連帯する」と述べ、

「新型コロナウイルスに国境は意味を持たない。

ワクチン接種の権利も地理に左右されない」と訴えたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カリフォルニア州のイングルウッドで

開かれたこのコンサートには

ワクチン接種を受けた、

コロナと戦う医療関係者が招待されたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ニュースではジェニファー・ロペスさんなど

多くのアーティストが出演、と言ってましたが、

なんだ、この映像はオレの大好きな

フー・ファイターズじゃあありませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、観たかったー。

ジェニファー・ロペスはどうでもいいけど。

聞けば、このステージでフーファイターズと

AC/DCのブライアン・ジョンソン

の共演もあったらしい。( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカの医療従事者、ウラヤマシイ。

まあ、実際にアメリカでコロナ診るのは相当怖いけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょうどワタシのバンドでも

2日前フーファイターズの曲スタジオで練習したばかり。

ニュース見て、気分、アガりました。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.08

月遅れ結婚記念日

 久々のディナー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は結婚記念日にここでディナーを、

と思ってたのですが、

結婚記念日は4月14日。

4月18日に新型コロナウイルスの2回目の予防接種予定だったので、

やはり、そのあと10日以上たってからの方が良いかな、

と思い、5月にずれこんじゃいました。

ワインではなく、ウーロン茶です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシはビールですが・・・。(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外で夕食をとるのは2月の妻の誕生日以来。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 美味しい料理を食べながら、楽しく会話も弾みました。

しかし、毎日24時間一緒にいて、

よく話題が尽きないなあ、と我ながら思います。

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結婚記念日であることを告げたら、こんなサービスもありました。

1990年4月に結婚して今年で結婚31年目、

結婚してからの時間の方が長くなりました。

アリガタイことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1990年といえばバブル最後の年。

2月にローリングストーンズが初来日。

夏には大阪で「花と緑の博覧会」が開催され、

どちらも見に行きました。

東西ドイツが統一されソ連邦が崩壊した年でもあります。

うーん、そう思うとはるかムカシだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このお店に来たのもだいぶ久しぶり。

以前はいつも家族4人で来ていたことを

お店の方も覚えていてくれましたが、

今では子供2人は東京にいて

なかなか帰ってこられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうちょっとしたらまた4人で外食できますかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後は、家に帰って、大画面テレビで映画を観ました。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.07

続編も見ちゃいました、アトラクション侵略

 この間、映画「アトラクション制圧」について書いたので

クダラナイ映画だけど、前作で記事を書き、

続編も観たので書いときます。

前回も「制圧」しなかったけど、

今回も「侵略」はありませんでした。

そこはもう、織り込み済み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回で宇宙人から不思議な力を授かったヒロインは、

そのパワーにつき軍の研究対象になっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこを逃げ出す彼女に、

宇宙に帰った彼がまたまた現れ2人で逃げる。

しかし彼の仲間の異星人(AI?)は

メディアを乗っ取り、

市民に彼女がテロリストであるという情報を流し、

また軍の命令系統をハッキングして

彼女らに攻撃命令を出させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このプロットが唯一良かった。

スマホの会話をハッキングして改変し

違った内容を伝えるのは

「デマの伝播」と同じことだし、

ニュースキャスターにウソのニュースを語らせるのは

まさに「フェイクニュース」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人間がいかにこういったデマや

フェイクニュースによってミスリードされやすく、

災害や騒動の際、それが大変恐ろしい事実誤認につながるということは、

東日本大震災や新型コロナウイルスの感染拡大のときにも垣間見えました。

この映画はそこの危うさをうまく突いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 友人のアドバイスは必ずしも正しくないし、

テレビで言ってることがすべて真実というわけでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、この映画では一人の人間を殺すために

こんな回りくどいメンドクサイことしなくても

それだけの科学力があれば、

なんかもっと別の手があるような気がしますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前作のヒットでだいぶ製作費が増えたみたいで、

CGの迫力はかなりパワーアップしてハリウッド並みでした。

大画面テレビ向きです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリーは二番煎じ、演出もソツだらけですが、

前作よりはましになったかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、もう一つ見どころ。

前回出たスホーイSu-27フランカーは今回も出ていましたが、

今回異星人の宇宙船を破壊するのは、このTu-160。

アメリカのB-1に対抗して作られたと思われる超音速可変翼爆撃機。

ロシアのの呼び名は「ベールイ・レーベチ」で白鳥の意味だが、

NATOのコードネームは「ブラックジャック」。

劇中でも字幕は「ブラックジャック」になってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さてさて、このフェイクニュースネタで、

もっと面白い映画できないかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチン陰謀論とかか?(*^^)v

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ