ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

ブログトップに戻る

2016.10.18

受動喫煙と肺がんリスク

 

 先月の話であるが、受動喫煙の件でちょっとした騒動があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国立がん研究センターが8月30日、

受動喫煙による日本人の肺がんリスクを

「ほぼ確実」から「確実」と変更、

受動喫煙の防止を、

「努力目標」から「明確な目標」と提示した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、これに対して「日本たばこ産業株式会社(JT)」が

翌日同社ホームページ上に

「受動喫煙と肺がんリスクの関連性は明確でない」とする反論を掲載。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それに対し国立がん研究センターが

「JTコメントは、当センターが行った科学的アプローチを十分に理解せず

その結果、受動喫煙の害を軽く考えるに至っている。」

という反論への反論を発表した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 異例な事態ではあるが、もちろんJTの誤りは明らかであり、

国立がん研究センターの対応はあっぱれである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かたや、日夜「がん」を作り出している団体、

かたや、なんとかして国民を「がん」から救いたいと考えている団体である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも受動喫煙が「悪」であることはちょっと考えればわかるような気がするが

こういったデータを実際に統計的に証明するのはかなり大変である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの好きな作家に吉村昭氏がある。

 

 

 

 

 

 

 

 「戦艦武蔵」や「陸奥爆沈」などで知られるが、

初めて知ったのは少年時代に読んだ「めっちゃ医者伝」で

医療関係の作品も多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼の著作に「お医者さん・患者さん」というエッセイ集がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その中に「禿頭に癌なし」というタイトルのエッセイがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今では、信じがたいことだがかつては

「ハゲてる人は癌にかからない」という説があったようである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが書かれたのは昭和46年~47年だという。

西暦で言えば1971~1972年だからワタシが小学校の高学年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 吉村氏はこれを俗説としながらも、案外そのうち科学的に証明されるかもしれない、

などと書いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして同じような例として

「煙草は、肺がんを誘発する」という説があると紹介してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 驚くべきことに著者はこれを禿と癌に対する説と大同小異であろうと書いているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、さらにはその後いくつかの例を挙げ、

タバコは必ずしも肺がんの原因にはならないといっていいだろう、と結んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 江戸時代ならともかく、ワタシが小学校高学年の時代にも

タバコとがんの関係が知識人にしてこの程度にしか認識されていなかったとは脅威である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それくらい科学的証明とはムズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 したがって、受動喫煙の害を科学的に証明したがん研究センターの業績は素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、喫煙は自他ともに発がんの原因であることは今や明白であり、

そういった薬物を製造、販売していることは罪悪に他ならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 罪のないヒトビトから金をとって依存症にし、

死に至らしめているJTは大いに反省してほしいものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2016.10.13

神無月に

昨日は人間ドックでお休みをいただきましたが、

今年の10月は特別な意味がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシの父が亡くなったのが40年前の10月10日。

10月10日は当時体育の日で祝日であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳鼻科開業医であった父は10月9日まで何の異変もなく仕事をしていて、

9日夜突然発病、10日の朝緊急入院し、

いったん落ち着いたかにみえたが、急変、正午過ぎに亡くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

急性心筋梗塞であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

過労とタバコの吸い過ぎが原因であると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

今、ワタシは57歳だが、その時の父の年齢が57歳であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、57歳の10月10日は何となくずっと気になっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけに母の命日は10月9日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間ドックを3年前に始めたのも10月、小倉耳鼻咽喉科の開院を10月にしたのも、

実は、ひそかなこだわりがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

57歳の10月10日は無事過ぎたが、父は1月生まれなので、

まだ、父親の生存時間記録は破っていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、人間ドックの結果やいかに。

 

 

2件のコメント
2016.10.11

ルヴァンカップ決勝に伴う診療時間変更のお知らせ

 

 さて、昨日もちょっと書きましたが、

浦和レッズは準決勝でFC東京を破り

ルヴァンカップ決勝に駒を進めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 決勝戦は15日(土)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、チケットを何とかせねば、という話であるが、実はもう入手済み。( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズが決勝に出ればそのチケットは、プラチナチケットと化し、壮烈な争奪戦が送るのは必至。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、準決勝終了時点でもうお金ムダになってもいいから、

決勝のチケット売っていれば買ってしまおうかとネットで検索。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、まださすがに発売前であったが

「Jリーグサポーターズチケット先行抽選販売」というのがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すなわちJリーグチケットにあらかじめ住所氏名等の個人情報と応援するチーム、

クレジットカード情報を入力。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 応援するチームが決勝に進出した場合は抽選販売が行われるが、

敗退の場合は自動的にキャンセルになるというシステム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、スバラシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、そうはいってもレッズサポは多いから当選は困難だと思ったが、

まずはダメもとで申し込みをしておいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、見事当選!(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チケットを買い占めてオークションで売りさばくいわゆるチケットゲッターは

ここ最近大きな問題になっており、

その解決法がいろいろ考えられておりこれもその一つだと思うが、これは大変いい方法だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 登録すれば個人情報が蓄積され、このヒトは普段からレッズの試合にマメに足を運ぶ

真っ当なサポーターだということが認識される可能性もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、2002年のワールドカップ日韓大会の時にJリーグサポーター枠というのがあり、

試合会場でもぎられるチケット半券の裏に住所氏名を書いておくと

抽選でチケット購入権が得られるというシステムがあって、

これに当選した覚えがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨夜遅くに今回の当選のメールが入った時はウレシイ半面、

あまりにすんなりいったのでなんか信じられず、いまいち不安。

そこで今日発券可能の午前10時にコンビニに走って実物を手にして、初めて心からホッとしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということなので、今週土曜日は埼玉スタジアムに行きますので

当日の院長診察は11:30までとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何卒ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、日曜日にイベントがあるときに日曜開催だったり、

土曜日の夜ライブがあるとき土曜開催だったり、

なんだってこんなに合わないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2016.10.04

インフルエンザ予防接種のご案内

 今年度のインフルエンザ予防接種のお知らせです。

 

 

 

 

 

 

 

 料金は去年と同じ(去年から4価ワクチンになりました)

 3歳未満(2回接種)1回¥2400

 3~13歳未満(2回接種)1回¥2900

 13歳以上(1回接種)1回¥2900

 足利市在住65歳以上(1回接種)¥1000

 太田市在住65歳以上(1回接種)¥1500

 

 

 

 

 

 

 

 

 予約制になっておりますのでお電話か窓口で事前予約をお願いします。

 インターネットからは予約できませんのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 接種は月曜日から土曜日の診療時間内です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 予約は注射のみの予約になります。

 注射のみの方は診察の受付は不要ですので直接お越しください。

 診察もあわせてされる方は注射の予約をされた時間内に

 診察の順番をお取りください。

 

 

 

 

 

 

 

 17日(月)から受け付け開始、24日(月)から接種開始になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし「インフルエンザワクチン」をネットで検索すると

「インフルエンザワクチンは打ってはいけない」

がトップにヒットするのは・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 週刊現代の一連の記事といい、

がんは放置しなさいという先生の本といい、

この手のネガティブキャンペーンはとりあえずウケるみたいだけど

実際には深刻な事態を招く場合も多く

何とかなんないですかね。

 

 

 

コメントはまだありません
2016.09.23

耳は口ほどにものをいう

 

 先日、九州へ引っ越すから紹介状を書いてほしいという患者さんがいて、

宛先を指定せず、向こうの先生にかかったら渡してくださいねと手紙を渡した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 九州の耳鼻咽喉科のクリニックからのお返事が来ていた。

 

 

 

 

 

 

 

 丁寧なお返事であったが、最後に、

「小倉耳鼻科のブログを時々見てるのでビックリしました、」

とあって、こっちもビックリした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 見ず知らずの耳鼻科の先生がこのブログ読んでるんだなあ、と。

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、インターネットですから、

以前フランス在住の方から、

子供の中耳炎に対するご質問があったり、

ネットの医家向け掲示板でこのブログが引用されてたり、

よく考えれば、別に驚くにはあたらないけれども。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシも、時々、開業医や勤務医の方の書いたブログなんかを見させていただくことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 つい最近では、ある耳鼻科の先生のブログで耳垢の記事を見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供の耳垢に耳垢水はまず使わない、などと書かれており

ごもっとも、と思ったりしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳垢水とは外耳道に直接たらして

固く充満した耳垢を溶かしてぐずぐずにして吸引除去する薬品である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 先月来院した1歳だったか2歳だったかのの男の子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ある耳鼻科で耳垢があるから

1週間連続で耳垢水をつけてから再び来るように言われたとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 暴れる子供に1週間も点耳薬をつけるのは不可能だ、と考えたお母さんが

当院受診。

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに、耳垢充満であったが、顕微鏡下に除去し、あと、終了。

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシも、まず、耳垢水は使わない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 一つには、耳垢をとって知りたいことは急性中耳炎や滲出性中耳炎の有無なので、

治療や投薬の都合上すぐにわかった方がいいということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 急性中耳炎で自壊していたような場合、

耳に何か液体を入れてしまうとその状態がきちんと診断できないこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 万一、鼓膜の穿孔や損傷があった時、液体を入れることで中耳にさらに感染を起こす可能性があること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、子供では耳垢水を入れないと取れないようながっちり固まった耳垢はまずない、ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに子供の耳垢とるのは簡単ではないが、そこは耳鼻科医の腕の見せ所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 顕微鏡下に異物鈎といわれるフックや

中耳手術用の極小鉗子と、手術用の吸引管を使えば

少なくとも鼓膜所見をとれるくらいにはほぼ完全に除去できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、暴れる子供をがっちり固定するスタッフの腕力、

もとい、熟練の技は必須である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、どんな主訴でも大体10歳以下の子供は

毎回必ず鼓膜所見を見るようにしてるので、けっこう大変である。

普通は簡単な耳垢除去は点数にならないが、

鼓膜をみなければ診断にならないのでしょうがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっこう大きい子でも中耳炎があるのに何の訴えもなかったりするし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大人の場合は、数年から場合によっては数十年ため込んだ耳垢もあり

ごくまれに耳垢水を使う場合もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、真珠腫を含む、慢性中耳炎、

ごくごく稀には中耳癌なんてものもあるから注意が必要ではあるけれども。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼓膜所見からは大人子供を問わず、実にいろんな情報が得られる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳は口ほどにものをいう、場合もある。

 

 

 

コメントはまだありません
2016.08.13

鬼が笑う16-17

 

関東地方についてはどうも今年の夏は猛暑ではなさそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

それなりに暑い日もあったが、ここにきて暑いといってもフツーの暑さだ。

 

 

 

 

 

 

 

梅雨明けも遅かったし、最終的には「冷夏」まではいかなくても

「比較的涼しい夏」で終わるのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

一方早く梅雨明けした、西日本はすごい猛暑日が続いているようだ。

 

 

 

 

 

 

 

そうなると耳鼻科医として気になるのは来春のスギ花粉。

 

 

 

 

 

 

スギ花粉の飛散量は前年夏の日照、気温、降水量で決まるといわれているので、

このままいけば・・・

 

 

 

 

 

 

来年のスギ花粉は少ない\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんにとっても我々にとっても比較的過ごしやすい春になるのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

西日本は多そうですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

まあ、まだ確定ではないのでぬか喜びは厳禁ですが、

ひそかに期待して待ちましょう。

 

 

 

 

 

 

 

で、今日は、これから名古屋遠征ですが、やっぱあっちは暑いのかな。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2016.07.16

夏の風物詩

 

 毎度ながら耳鼻科は季節商品。

 

 

 

 

 

 

 

 インフルエンザ、花粉症、ときて学校検診の健診票を持った子供がプール開きとともに来なくなると、

 耳鼻科は平穏な季節を迎える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、今週目についたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1歳児、昨夜からの高熱、ハナやセキはそうでもないんですけど、熱は40度近く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 保育園いってますかー、などとききながらまず耳をチェック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 急性中耳炎なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、口の中を見てみると赤く腫れた扁桃腺、

 さらによく見ると口蓋垂(のどちんこ)のわきに小さい口内炎様のポツポツが2,3個。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 手や、足の発疹のないのをみて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヘルパンギーナですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 という、展開が続きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヘルパンギーナは「夏風邪」の代表的疾患でコクサッキ―ウイルスなどのエンテロウイルス族によって発症します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年、6月中旬から8月上旬の「夏のはじめのころ」に流行します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに「夏風邪」は一般に「ヘルパンギーナ」「手足口病」「プール熱」を指し、

 夏にひく風邪のことではないし、逆にこれらは冬にかかっても「夏風邪」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主として、感染経験のない4歳以下に多いですが、ヘルパンギーナを起こすウイルスは何種類もあるので

 反復して感染したり、大人が感染する場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 診断キットはありませんが、その目で見れば耳鼻科医や小児科医ならばすぐわかる所見です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに耳鼻科のライトは最近はLEDやらでチョー明るいので、見逃すことはまずありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 症状は、高熱とのどの痛み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 全身状態は悪くないのですが、のどの痛みは激しく飲み込みが困難になり

 小さいお子さんは、熱、不機嫌のほかに「よだれが増える」ということが主症状だったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特効薬はありませんが、熱は2日以内に下がることがほとんどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 場合によっては解熱剤を使いますが、それも状態によりけり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、ウイルスには抗生剤は効きませんから、どんなに高熱でも夏風邪に抗生剤を出すことはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中耳炎などの2次感染予防といっても、抗生剤で急性中耳炎の予防はできませんし、

 なってしまったときに治りにくくなるだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、口内炎がヒドイ場合は、水分が足りなくなり脱水を起こさないように注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染経路は飛沫が多いですが、解熱後も3週間ほどは糞便中にウイルスが排出されるため、

 とくに「おむつ世代」に多いので、親も含めた手洗いが大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鑑別診断として先に上げた「手足口病」「プール熱」のほかに

 「溶連菌感染症」があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見ただけで分かるものが多いですが、

 「溶連菌感染症」の場合は充分な抗生剤投与が必要になるので、疑わしい場合は迅速検査をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、どうも流行の年みたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我々耳鼻科医は、季節の移ろいを外来で感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヘルパンギーナをみると、あ、そろそろお中元を贈らなければ、と思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この次の風物詩は土用丑の日前後の「のどに刺さったウナギの骨」ですね(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2016.07.13

研修会で禁煙指導についての講義をしてまいりました

 

 水曜日の午後、その特定保健指導ナンタラの講習会の講師に出かける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出発に手間取ったのは、会場がカーナビであれこれやったが入力できなかったため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 県庁の近くらしいので、栃木県庁を行き先に入力して出発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく昨日のブログに書いたように

 配布資料のことでさんざん迷惑をかけたので遅刻だけは避けなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日読んだ1週間前のメールに14:15までに来てください、というのを発見して

これだけは厳守しなければ、と心に誓う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昼メシは途中で牛丼でも食べることにしたが、激しい雨。

 01ac785b0476ebcd717c36a3710a2fe6e1bf4eaeed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この天気なので、アルバムのチョイスは「Hard Rain / Bob Dyran」。

 01a00e6dc76e1df66db897ad74fe8841f922cbe48b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カーナビによると、14:00頃到着とあるが、

 場所がしっかり特定できてないうえ、宇都宮市のど真ん中なので渋滞があるかもしれない。

 ともかく遅刻しないようにと、結局昼メシは我慢してしまい、だいぶ早く着いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 携帯で連絡をしようと思ったら、男性が出てきて「オグラ先生ですか。」と尋ねてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 駐車場に誘導してもらい、ビルの9階まで上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 講師控え室と書かれた部屋に案内され、

「間もなく、先生とやりとりしていた菊地が参ります。」

 と言い残して部屋を出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうだ、配布資料の件でさんざん迷惑をかけた菊地さんは電話で女性の声だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このヒトの上司なんだな、やっぱり学校の先生みたいな怖いおばさんなんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなに、締め切り守らない講師はいない、などと思ってるだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 などと、思いながら部屋で待つと、突然のノック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 びくっと、立ち上がるが入ってきたのは、お茶を乗せた小さいお盆を持った

可愛いらしいかんじの若いお姉さんであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、ビックリした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、さすが県庁所在地、お茶くみのお姉さんも美人だなあ、

と思いつつ椅子に座りかけると、

「今日は、どうもご苦労様です。菊地です。」

 と、そのお姉さんが言うではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えっ、このヒトが菊池さん!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思わず座りかけたのをまた立ち上がって、あわてて頭を下げる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このたびは宿題を忘れて、じゃなかった、資料の件いろいろご迷惑をおかけしまして・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、菊地さんはやさしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一応印刷しましたが、こちらで大丈夫でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 渡された資料は本のように両面印刷できれいに閉じられていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調子に乗って160枚以上もスライド作ったので、ずっしり厚かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをざっと100部!

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、印刷、製本、さぞかし大変だったろうなー、申し訳ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、やさしいお姉さんでホント良かった。(#^^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、再び一人で待つことしばし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やがて時間になり会場に案内される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 参加者は93名。看護師さん、保健師さん、管理栄養士さんなど。

 例によって1枚目のスライドは「浦和レッズ」(^-^;

 P7130019

 

 

 

 

 

 

 

 今回は特定健診・特定保健指導実践者育成研修会(それにしても長いな)として、

「禁煙に関する禁煙指導」という内容で90分間しゃべり続けました。

 P7130014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっこう皆さん、真剣に聴かれてましたねー。

 P7130017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中、先日の「ドラキュラ・ロック・フェスタ」の話や、バンドの宣伝もさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に、その菊地さんと写真をとっていただく。

 P7130023

 

 

 

 

 

 

 ともかく、無事終わってホッとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少しでも、禁煙指導に役だつお話ができていたら良かったのですが。

 

 

 

コメントはまだありません
2016.06.23

クルマと畳とレーザーは新しい方がいい?

 

 

ご存知のようにこの春15年乗ったクルマを新調した。

P4260053

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、仙台まで遠乗りしたが、同じ車種なのに乗り心地、使い勝手、燃費等々、

やっぱ、15年たつと違うわー、新車はいいわーと改めて思った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、同じころ、こちらも15年以上使った当院の医療用レーザーを新調。

 こちらも基本的に前機種と同じCO2レーザーである。   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレが、使い勝手がすこぶるいい。

 P6160038

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このチップが細く、軽量。

 P6160035

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 焼灼能力も格段に良く、短時間で手術が終わる。

 P6160036

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、新しいモノはそれなりに進化してるのだなあ。

(やってる医者は老朽化しているが・・・)

 P6160033

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで鼻腔レーザー焼灼術、アレルギー性鼻炎で鼻閉にお困りの方、

また、重度の花粉症でクスリではコントロールが難しい方にお勧めです。

保険適応、日帰り手術です。

後ろでポーズとっている受付嬢にご相談ご予約ください。

 P6160030

 

 

コメントはまだありません
2016.06.22

6月23,24日は休診です。

 

 休診のお知らせです。

 

 

 

 

 

 

 

 第78回耳鼻咽喉科臨床学会出席のため、6月23日、24日は臨時休診になります。

 

 indexMV

 

 

 鹿児島の学会に参加するのは平成元年の気管食道科学会以来、実に四半世紀ぶり。

 

 

 

 

 

 

 楽しみだ―。

 

 

 

 

 

 

 しかし、現在、九州南部は大雨で大変なことになってるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 無事、行って来られますように。

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ