ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

ブログトップに戻る

2016.12.09

薬剤師さん

 

先日のことである。

 

 

 

 

 

 

当院で経過を見てる6か月の滲出性中耳炎の赤ちゃんが

夕方熱を出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

水曜日で、当院午後休診だったため、

近くの内科・小児科を受診したという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容はあえてここで書かないが、

ちょっと首をひねるような処方が出ていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内科・小児科といっても、きっともともと内科の先生で、

おそらく子供の熱発、まして6か月の子供の診察はあまり経験がないのであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に害はないが、特に有効とも思われないので、

6カ月の赤ちゃんにクスリが与える影響も考え、

一応、その薬を止めてもらい、

風邪と中耳炎の経過観察を続けたわけだが、

実はそこの病院は院外処方で、調剤の薬剤師名を見ると知ってる方である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても勉強熱心な薬剤師さんで、自身調剤しながら

違和感もあったと思われるが、やっぱりなかなか言えないのかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、かなりショックであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

用量を間違ってるとか、やってはいけない組み合わせの場合はともかく、

病名と、処方があっていて保険審査が通れば調剤してしまうのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロとして技術料をもらっているなら、

何かしらの行動をとった方がいいと思いますが

実際には難しいのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、あとは、医者が聴く耳を持つか、ですね。

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2016.12.07

コンビニ受診はやめましょう

この間の日曜日は足利日赤と同じ敷地にある

足利医師会の休日急患診療所の日直当番勤務。

 

15338712_1077669032360335_8756039375594790415_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザの流行期に入っているので、

熱発の患者さん多く、実際に陽性となる患者さんも多し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タミフル、リレンザ、イナビルなどの抗ウイルス剤は早期の使用が有効なので、

この休日診療所はその点機能している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、休日ならではのコンビニ受診の患者さんも散見されがっかりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪ひきそうだからクスリください、このままでは明日熱が出そうだ、

とか、

風邪気味なので早く治る注射をして欲しい、

などという人が実際に来るのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応診察をし、問題がないことがわかると、

風邪の初期には薬はありません、まして風邪の注射なんかこの世にないと言って説明し、

そのままお帰りいただく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、それほど混んでないからいいが、

インフルエンザの大流行時にこれをやられると他の患者さんにも大迷惑である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザはもちろん、風邪の予防薬、

マイコプラズマ、溶連菌、中耳炎の予防的抗生剤投与なんてのも保険診療にはありませんので、

その点よくご理解いただき,適切にご利用いただきたい。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2016.11.21

困ったね、早めのパブ〇ン (ーー;)

 毎年問題になり、最近も医家向けネット掲示板をにぎわしている事柄。

 

 

 

 

 

 

 

 「風邪ひいたらしいので、早めに来ました。明日、○○を休みたくないので、何とかしてください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 「風邪ひいたかもなので、悪くなる前に抗生剤ください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 「風邪もらっちゃったので、点滴でもしてください。」

 

 

 

 

 

 

 

 これらは、すべて、ダメです。

 

 

 

 

 

 

 

 風邪の症状、セキとか、熱とか、のどの痛みを緩和する薬はあっても、

風邪そのものを治す薬はない。

 

 

 

 

 

 

 

 注射だろうが、点滴だろうが、風邪を早く治す薬はないし、

抗生剤は風邪には全く無効です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪はウイルス感染なので、自分の体の免疫で治す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 あったかくして、栄養のあるもの食べて、ともかく寝て治す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 休養が体の負担を減らすし、免疫系は寝てるときに活発になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 お風呂も入ってOKです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 血行が良くなり、早く免疫細胞が病巣に到達します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、高熱で体力の消耗が激しいときは入浴は避けましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪の2次感染で扁桃炎、気管支炎、中耳炎などを起こしたときは

必要に応じ抗生物質を使うことがありますが、

予防的に飲んでも、抗生物質でこれらを予防することは困難です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むしろ、予防と称して抗生物質を飲んでいて

これらの合併症を起こしたときは治りが非常に悪くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪であれば、免疫不全者を除き、特に子供などは40℃あっても抗生剤は使いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、風邪の初期には医者なんか行かないのが一番。

 

 

 

 

 

 

 

 

 早く帰って寝てるに限ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、唯一の例外がインフルエンザ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抗インフルエンザ薬は早期の投与が効果的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 全身症状の強い高熱や、周囲のインフルエンザ患者の存在など

インフルエンザを疑う症状があった場合は早めに受診しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日も、午前中A型出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも

「良かったね、早めのパブ〇ン。」

なんてCMがイケナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 市販の風邪薬はほぼすべて解熱剤が入っていますから、

それを飲んで熱が下がってよくなったと錯覚をして、

学校や職場に行ってウイルスをまき散らしたり、本人の風邪をこじらせたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっと、こういう事実をマスコミが伝えるべきでは。

 

 

 

5件のコメント
2016.11.18

クローズアップ現代放送から1周年

 

  足利医師会のインフルエンザ・サーベイランスがやっと来週から始まる。

 

 

 

 

 

 

 

  通常は12月になってからだが、今年は栃木県は流行期に入ってるので(厚労省発表)

 この対応はやや遅いといえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

  当院では11月2日に第1号が出てから、順調に(?)患者数が増えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

  異例の事態である。

 

 

 

 

 

 

 

 

  で、去年の今頃はどうだったのかな、と思い1年前の今日のブログをみると、

 なんと、ちょうど「クローズアップ現代」放送の記事であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうか、あれから1年か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしか、パリの同時多発テロがあって

 「クローズアップ現代」の放送日程が変更になったと記憶している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このころはまだ髪を染めてたので、やたらムカシの気がするが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 月日の経つのは早い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今年ももう年の瀬に・・・・。

 

 

 

コメントはまだありません
2016.11.13

秋のスギ花粉

 金曜日までの寒さから、

土曜日はいきなり暖かくなっております。

 今、学会場で次の講演の順番待ちです。

 緊急連絡ですが、もしこのままこの日曜日も暖かいようですと、

スギ花粉が飛びます。

 スギは3月ですが、ちょうど小春日和の頃は

気温が同じ。

 一旦、寒気がきてその後に気温が上がると

花粉が飛ぶといわれています。

 重度の花粉症の方は念のためご注意ください。

 ただ、この春花粉が多く、

8月後半から天候不順が続いたので、

スギ花粉の生成自体はかなり少な目だと思いますので、

あったとしてもそれほどでもないと思いますが。

 ただ、こういう天気のめぐりだと

ついつい余計な心配をしてしまうのが

耳鼻科医という因果な商売なんです。

コメントはまだありません

2016.11.05

インフルエンザ、出ました。

 

 実は11月2日(水)、当院で今シーズン初のインフルエンザ陽性を確認しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 A型、強陽性でした。

 

 

 

 

 

 

 

 足利市内在住、大人の男性で、ここ1週間は足利市外への移動はなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 前日11月1日に39度台の発熱あり、耳鼻科領域に高熱の原因となる明らかな所見なく

当日は解熱傾向でしたが、全身症状も強いことから検査をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらくこういった状態で

市販の風邪薬程度で出勤されちゃう人もいると思いますので、

今後、インフルエンザの拡大には注意を払う必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 皆様もご用心ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、予防接種は1回目やってる途中なんですけど・・・。

 

 

 

 

1件のコメント
2016.10.27

アドナへのご質問

 

 当ブログにはいろいろな質問が寄せられ、

一般に役立つことであれば、

可能な限り答えられる範囲でお答えするようにしてるのですが、

今回、ユニークなご質問をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++

 記事とは無関係なことですみません。教えてください。

アレルギー性鼻炎にアドナは効能的には有効と思うのですが、

受診した場合、保険は通らないのでしょうか?

それとも耳鼻科の先生のコメントがあれば保険は通るのですか?

アレルギー性鼻炎や後鼻漏にアドナは使われると思うのですが。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 最初は何かの間違いかと思いましたが、

よく考えたらひょっとしたらそうではないかも、なので取り上げてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「アドナ」は有名な薬で、しばしば使う薬ですが効能は「止血剤」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例えば、鼻出血や、術後の出血を抑えるためごく普通に使われる薬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、アレルギー性鼻炎の適応はありませんから、保険的には認められません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アレルギー性鼻炎の治療や、後鼻漏にアドナが使われる、という話は

ワタシ自身は聴いたことがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから、質問した方はなにか別の薬とのカン違いなのかなあと考えていましたが、

ふとあることに気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アドナの「止血効果」は「血管の強化」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「血管の透過性を低下させ毛細血管を強化」します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他の止血剤が凝固・線溶系、

すなわち血液を固まらせる仕組みに作用して止血効果を発揮するのに対し、

全く異なる機序を持つので、併用しやすく、

効果はマイルドですが副作用が極めて少ない薬なのでよく使用されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで、気になるのは「血管透過性」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 血管から血液が漏れれば出血ですが、血管は正常の状態でいろんな物質を外に漏れださせています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例えば、水分や栄養や外敵を攻撃する白血球など。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪をひいたときにミズッパナが増えるのは

外敵を攻撃するリンパ球などを送り込みやすくするため

血管が透過性を亢進させているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということはですよ・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 免疫の暴走であるアレルギー性鼻炎は血管の透過性が不本意に亢進した状態なので、

アドナが効くかも????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原理的にはあってはいるようだが・・・うーん、・・・・・ワカリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アドナは古い薬で、調べたら1959年発売。

なんとオレと同い年だあ(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は古い薬はきちんとデータが整ってないまま、保険収載されたりしてるので、

経験的に効いてるけど、その作用機序も不明な点もあり、あいまいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 経験的に「効いてる」し「安全性も高い」ので

いまさらお金と時間をかけて薬剤効果を再検証することはまずないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般に止血剤以外の目的で使われるケースはあまりないと思われますので、

質問の方がどういった経緯でこのご質問に至ったかをぜひ知りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、もし本当に効果があるのなら

特に抗原のはっきりしない、治療に難儀する「血管運動性鼻炎」なんかに

この薬が有効かどうかを確かめたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひょっとすると「大発見」につながるかも。

 

 

 

 

 

1件のコメント
2016.10.25

医療否定ブーム

 

週刊現代の話じゃないが最近「医療否定本」はブームですね。

 

 

 

 

 

 

 

本屋さんの新書コーナーに行くと「薬剤師は薬を飲まない」がベストセラーらしいし、

「高血圧はほっとくのが一番」とか「歯は磨いてはいけない」

「だから医者は薬を飲まない」などなどずらり並んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

なかには「眼科医は市販の目薬はささない」ってのまであって、

そりゃ、そうだろ、なんで自分とこにあるのに買ってくるかよ、と思ったが。

 

 

 

 

 

 

 

 まあ多分、耳鼻科でいえば、市販の点鼻薬に「血管収縮剤」が入っているので

連用すると「薬剤性鼻炎」を起こしてしまうため、

耳鼻科医は患者さんにゼッタイ勧めないということがありますので、

「目薬」についてもそんな成分があるからだろうという想像はつきますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ医者だって薬のむし、ワタシもドックで高血圧を指摘されてからは、毎日降圧剤のんでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの本を読んでないのでわからないけど、

多分おおむね正しいことが書いてあるのだろうけれど、

真実を述べながら、間違った方向に結論を導く場合もあるので、要注意です。

こういうセンセーショナルなタイトルつけると売れるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、実際に正しいことが書かれてて、

現代の医療に対しての問題点を鋭くついいてる本もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシも常々このブログで書いているように

「風邪」にいきなり抗生物質を出す医療機関はもうだいぶ減りましたが、

いまだに「風邪の発熱」⇒「抗生物質の使用」と短絡的に思っている人が

患者さんばかりか、医者の中にもいるのは正すべき問題だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシも「なぜ、風邪のときに抗生物質を飲むべきでないのか?」

というタイトルの本は書けると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば「なぜ~なのか?」というのは本のタイトルの常套句で、

多分はじめは「なぜ、さおだけ屋はつぶれないのか?」

とかいう本が売れたせいだと思うが、

ちょっと検索すると

「なぜ成功する人は神社に行くのか」

「稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか」

などと、ぞろぞろ出てくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるべく突拍子もないタイトルの方が目を引きやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大事なことは情報の正確さを見極め、一方的な極論におどらされないことでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「さおだけ屋」や「長財布」ならいいけど、こと医療となると

文字通り命にかかわる問題なので、くれぐれも医療否定本をうのみにしないように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なぜ、人は週刊誌やテレビの言うことをそんなに信じるのか?」

 

 

 

 

 

1件のコメント
2016.10.24

ルヴァンカップ優勝キャンペーンのお知らせ

 

 今日からインフルエンザ予防接種開始ですが、

浦和レッズ ルヴァンカップ優勝キャンペーンを行います。

 

 

 

 

 

 

 通常は

 3歳未満(2回接種)1回¥2400

 3~13歳未満(2回接種)1回¥2900

 13歳以上(1回接種)1回¥2900

 足利市在住65歳以上(1回接種)¥1000

 太田市在住65歳以上(1回接種)¥1500

 

 

 

 

 

 ですが、今週1週間に限り

 3歳未満(2回接種)1回¥2000

 3~13歳未満(2回接種)1回¥2500

 13歳以上(1回接種)1回¥2500

 足利市在住65歳以上(1回接種)¥1000

 太田市在住65歳以上(1回接種)¥1500

 になります。

公費の方は当院で価格決められないのでスイマセンが割引にはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 お電話、もしく窓口で予約してください。

インターネットではできません。

診療の合間に接種する都合上定員制なので、各日時いっぱいになったら終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 すでに今週予約済みの方はこの価格が適応されます。

 

 

 

 

 

 

 ついでに今週はピアスも半額です。(予約制です)

 

 

 

 

 

 

 今週水曜日は人間ドックのため休診ですので、月、火、木、金、土です。

 念のため。

 

 

コメントはまだありません
2016.10.19

10月21日、22日は副院長不在です。

 

 なんか、休診やら診療時間短縮やらの連絡ばっかで申し訳ないですが・・・・、

 

 

 

 

 

 

 

 今週末10月21日(金)と22日(土)は、副院長不在で、ワタシ一人の診療となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 札幌で手術した人工股関節の1カ月点検、もとい1カ月検診のためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすがにこれ以上休診にできないので一人で行ってもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 これに合格すると車の運転が許可になるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 待ち時間の面等でご迷惑おかけしますが、なにとぞご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるべく、明日20日木曜日か、週明けの受診にご協力ください。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ