ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

ブログトップに戻る

2017.03.23

ここにも春が

 

 何も春を感じるのは花粉症の処方箋ばかりではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日来院されたおばあちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「なんか、耳に入っちゃったみたいで。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入れちゃった、ではなく、入っちゃった、ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさかと思い顕微鏡を覗くと、果たしてそのマサカであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 黒いアシが何本か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 虫ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何の虫であろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらによく顕微鏡をのぞきこむと・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「動いていますね(◎_◎;)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その言葉にそばで診療介助をしていた若いスタッフが思わず2歩後退。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、どうやって取ろうかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とりあえず、カメラを入れてモニターに映し出す。

そして、患者さんを含めみんなでのぞき込む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ライブ中継である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こりゃ、クモみたいですね。(画像では下の部分が頭、逆立ちしている)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ありゃ、あそこ、口んとこ、動いとるね。」

さすが、戦前生まれの女性は肝がすわっている。

いま、自分の耳の中にいる虫をみて冷静にコメントしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「なんで、ワタシの耳に入っちゃったんでしょうね。」

いやあそれは、専門医でもワカリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 手足が動かないのはやや外耳道が腫れて完全に身動きが取れない状態だからで

クモ自身が弱っているわけではないようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いろいろ考えて顕微鏡下に吸引で取ることに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 適当な太さの吸引管を選び、無事捕獲に成功。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタッフの紗妃ちゃんの持ったティッシュにうつすとクモはまだ元気に生きていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 殺すのもかわいそうなのでワタシが窓開けて外に逃がしてあげました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 春風に乗って飛んでいったクモくん、もうヒトの耳に入るんじゃないぞー。

(いや、めったに入らないって・・・・)

 

コメントはまだありません
2017.03.22

処方日数に春の訪れを感じる

 

 今年は春分の日が連休になったので連休明けの昨日は外来がとんでもない混雑であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大変お待たせして申し訳ありませんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午前中がやっと終わってお昼のインスタントラーメン食べ終わったらもう3時5分前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インフルはAもBも出るわ、花粉は飛びまくるわで、てんやわんやです。

(ちなみに最近はインフルはBが優勢でしたが、昨日はAの方が断然多かった。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さいわい昨日は雨が降ったので、花粉量は少なかったはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症のヒトはなるべく雨の日に受診しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 っていうか、きちんと準備してるヒトはもう

2月の中旬までに今シーズン分の薬をもらって

今はみだりに外には出ないものですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 早く花粉終わらないかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、花粉症の薬は原則シーズン分をまとめて出しちゃうので

2月のうちは3か月分84日処方をしていたのが、

56日分、42日分、28日分とだんだん処方日数が減ってくるのは、

確実に花粉終了までのカウントダウンが進んでるということで、

それは心の支えになるのだけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに花粉シーズンはスギ単独のヒトはサクラの花が散るまで、

ヒノキもあるヒトは4月いっぱいが目安ですのでご参考になさってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 処方日数が1カ月を切ってくると、耳鼻咽喉科医は春が近づいてるなあ、と感じるのです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2017.03.17

声がれと大動脈りゅう

 

今週の「ためしてガッテン」で解離性大動脈りゅうの話が放送されたそうで。

 

 

 

 

 

 

 

先月末の風邪を引いた患者さんが、また再診でやってきて、

まだ、喉がスッキリしないですが、という話から

放送内容を知った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その方は中年の男性の方なんですが、数年前当院で声がれから

左反回神経マヒが発見され、総合病院に精査を依頼、

結局は問題になるような原疾患はなかった、という方でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反回神経マヒ自体は耳鼻科医であれば研修医でもすぐ発見できる病気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状は声がれですが、いわゆるダミ声ではなく、

息がもれるようなかすれ声、倍音が混じるヒーヒー声が特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、のどの違和感や、モノがむせやすいという症状で発見されることもあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重要なのは反回神経の経路が長いのでのどとは別の場所の病気で起こることがあるということで、

①胸部大動脈りゅう ②肺がん、食道がん、縦隔腫瘍 ③甲状腺がん

の3つは除外診断をする必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他、術後性は比較的多く、これは全身麻酔の挿管による間接性のものと、

甲状腺の手術による直接性がありますが、これは問診ですぐわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

術後性でない多くは、明らかな原因がわからない「特発性」と呼ばれるものですが、

以上3つの病気はいずれも命にかかわる病気であるため精査をするのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありふれた症状である「声がれ」が

恐ろしい病気の初発症状である、といことがミソですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにワタシ自身が「声がれ」で受診した患者さんから

「肺がん」や「甲状腺がん」を見つけたことはわりとありますが、

「胸部大動脈りゅう」があったのは1回だけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その時は、まだ病院勤務だったのですぐ胸のレントゲンが撮れたので、

ちょっとまずレントゲン撮ってきて、といって、

戻ってきた写真見たら胸部大動脈りゅうがあり、あわてて外科に紹介しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の番組は見ていませんが「ためしてガッテン」では

前回、糖尿病の件でまずったので

今回は多分よく局側がチェックを入れてたみたいですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 患者さんが帰ったあと、スタッフが

「そういえば、朝来たおばあちゃんも

ずいぶんと声がれの心配してましたから、番組見たんじゃないですか?」

と一言。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、そういえば、そんな人いたなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり医療番組のチェックは必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明日は土曜日、そんな声がれのヒトが何人か来るかも。

 

 

 

 

 

1件のコメント
2017.03.09

マスコミと医療番組

 

NHKの「ためしてガッテン」で、糖尿病に関する薬の使用法で、

不適切な内容があり、番組が謝罪したそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

内容はここでは詳しく触れませんが、テレビの医療番組はどうも胡散くさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番組制作サイドとしてはともかく視聴者に

「へえー」「マジ、知らなかった―」「えー、ビックリー」「そんなことがあるのー」

といわせたいので、まずサプライズありきで番組を作るのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、事実を誇張し、歪曲してでもナントカ「盛り上げ」なければいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつてあったみのもんた氏のお昼のテレビはその最たるもので、

それはそれはヒドイ内容であったが、

今回の件もそれに類似したケースで、

NHKだからさらに問題視されたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さきの週刊現代もそうだったなあ。

医者に出されても飲んではいけない薬」「週刊現代、まだやってる

最近は週刊ポストも目薬とかやってるようですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、マスコミはコワイ。

以前ワタシがNHKのクローズアップ現代に出演した時も一番心配したのは

自分の発言が、こちらの言いたいこととは違う方向に

製作サイドの「演出」に利用されてしまうのではないかということでした。

NHKのテレビ取材がありました」「クローズアップ現代放送されました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この取材前にはその点をかなりディレクターと話し合い、

取材時にこんなことを話してください、といった要望も、

そこまでいうと、それは事実とは違ってきます、と断ったコメントもありました。

収録後も正しい内容になるようにメールや電話で頻繁にやり取りしました。

結果、こちらの意図がほぼ正しく反映されていて良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、テレビやマスコミにはしばしばトンデモ医者が出てますので、

それだけは避けたいと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そいうえば、昨日の新聞取材はどんな記事になるのかしら・・・・。

急に心配になってきたりして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
2017.03.08

新聞取材

 

 昨日は昼間、某新聞社の取材があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 半月ほど前にFAXが送られ、その後電話で取材の申し入れがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新聞社は地方紙でもなければ、栃木版でもない有名全国紙なので、

最初は広告依頼かもと思ったが正式の取材であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロック難聴をはじめとする音響外傷性難聴について、

実際にロックバンドで騒音にさらされている耳鼻科医の意見を聞きたいという趣旨らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このブログをみて依頼してきたみたいである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 写真も撮っていったがどんな風な記事になるんであろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3月の末に記事になるらしいが、また掲載されたら発表しますねー。

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
2017.03.06

患者指導

 

 子供が花粉症の薬飲んでるんですけど

昨日サッカーでマスクなしで一日外にいたら夜ひどくって・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 糖尿病の薬飲んでるんですけど、一日3個ずつケーキ食べてると血糖値が全然下がらないんですけど・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日縫ってもらった腕の傷、かゆいんでがりがり掻いたら傷口が開いてるんですけど・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 寒かったんだけど、川に入って水遊びしたら風邪ひいちゃったんですけど・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症の患者指導は大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 じゃあ、この薬飲んでれば、また川遊びできますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 できますが、その際はダイビング用のドライスーツを必ず着てくださいね。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2017.03.03

洗濯日和

 

 本日3月3日、ひな祭りですが、耳鼻科的には「耳の日」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、実際は花粉症シーズンなので「鼻の日」なんですよね、実質的には。

(本来鼻の日は8月7日だが、そのころは真夏で誰もハナたらしてはいない。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は昨日の雨のあと晴れて気温が上がって風が吹き、花粉が爆発的に飛んだはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉は多い日少ない日ありますのでそれをちゃんとチェックするのが大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉症でないオレは毎日気にしてるのに

肝心の患者さん本人が無頓着だったりするので

しばしばがっかりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日のNHKの天気予報みていたら、

最近はちゃんと「花粉の多い日は洗濯物は家族の分を含めて中干しで」

とイラスト付きで説明しているのでうれしくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう何年も前から外来でその説明を行い、当ブログにも何回か書いてきましたが、

やっと天下のNHKがとりあげてくれた。

過去のブログ「2008年3月3日」「2008年3月14日」「2008年3月22日

2009年2月21日」「2009年3月16日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みなさん、花粉の多いこのシーズン、

洗濯物は払ってもダメなくらい花粉つきますんで、

ゼッタイ「中干し」か「乾燥機」、「コインランドリー」を使用してください。

本人の分だけでなく「家族全員分」ですからねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさかNHKオレのブログ見たかな。

「クロ現」のディレクターもこのブログ見てウチの取材に来たし。

 

 

 

コメントはまだありません
2017.02.27

中耳炎の子供の旅行についてのご質問

 

はじめまして。8か月の男の子の中耳炎の事でご相談させてください。
先週急性中耳炎が再発し、かかりつけの耳鼻科医に、

「次に急性中耳炎が再発したら1か月以内に飲める抗生剤はもうない、点滴入院になる」

と言われています。

3月に海外旅行へ行く事が決まっているのですが、

旅行先で急性の中耳炎になったらどうしたらいいのでしょうか。

耳鼻科医に聞いても、飲める薬はない、というばかりです。

高熱が続けばもちろん帰ってくるつもりですが、

現地ですぐに小児科医に見てもらうことができるかわからず、

帰ってくるまでの9時間のフライト中も解熱剤を飲ませるくらいしかできないのでしょうか。
今回の急性中耳炎は治っても、

次に飲ませる薬がない状態は旅行は諦めた方が良いレベルでしょうか。
今までの中耳炎歴

生後3か月 RSウイルスから急性中耳炎になる ワイドシリン1week
生後5か月 急性中耳炎 ワイドシリン1week→メイアクト1week
生後6か月 急性中耳炎 メイアクト1week
生後7か月 2/3急性中耳炎 ワイドシリン1week→メイアクト1week
2/13 両耳チューブ置換
生後8か月 急性中耳炎 オラペネム1week

 

初めて中耳炎になって以来、滲出性中耳炎になり、治ってもすぐなる状況でしたので

チューブ置換施術をしました。

4歳の兄弟児がおり、上の子は保育園に通っています。

家族にタバコを吸う人はおりません。授乳中です。
旅行までの期間、風邪をひくと厄介なので保育園は休ませようと考えています。
3月で育休が終わってしまうため、家族旅行は諦めたくないのですが、

薬がない状態ですので心配はあります。

中耳炎の診断だけで本人はいたって元気で、

今までの中耳炎も熱はほとんど出ず耳を手で触っているくらいの症状でした。

病歴から、薬が効かない1か月の間の旅行は諦めた方がいいのでしょうか・・・。

アドバイスよろしくお願いいたします

 

 

 

****************************************************************************************************************

というご質問をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

RSウイルスからの中耳炎がきっかけで3か月からなるとさすがに大変ですね。

 

 

 

 

 

 

 

このケースは抗生剤についての質問ですが

抗生剤の使用はワイドシリン⇒メイアクト⇒オラぺネムと

まさにガイドライン通りの「王道の」使用法です。

常に誠実な先生だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ガイドラインでは内服はたしかにオラぺネムが最後で、その後は点滴入院等になっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、この場合、大きなポイントは

すでにチューブ留置済み、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急性中耳炎の症状で最も困るのは発熱、耳痛。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、中耳内に膿が貯留して鼓膜が腫脹することにより起こる症状です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼓膜が破けて耳漏が出てしまえば、痛みや熱はとりあえずおさまります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チューブが入ってるということは、すでに穴が開いた状態なので、

急性中耳炎になっても痛みや熱は出ないでいきなり耳漏が出ることがほとんどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛行機に乗ると気圧の変化だけで起こる「航空中耳炎」という病態もありますが、

これもチューブが入っていれば回避できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、もう一点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チューブが入っていると点耳薬が使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼓膜は「防水」なので通常の急性中耳炎に外から入れる点耳薬はほぼ無効ですが、

チューブが入っていれば中耳に直接抗生物質が入れられるので大変有効です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

局所でクスリの濃度が高まるので内服よりはるかに強い抗菌作用が期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、入院以外の治療法がないわけではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、解熱剤と、ハナの薬は持って行くとしても、

やはり点耳薬や、抗生物質は現場の素人判断ではやめた方がいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、この子は保育園に行ってるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 文脈からはっきりしませんが、もしそうなら

保育園に預けている環境より、

家族がずっと付き添っての旅行の方がはるかに中耳炎を起こすリスクは少ないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、行き先がロシアや北欧だとちょっとアレですが、

ウチにかかっている保育園児の反復性中耳炎の0歳児が、

家族とさっぽろ雪まつりに行って来たら難治性の中耳炎がすっかり良くなっていたという例もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、チューブの状態や、検出された菌の種類、

本人の体力などの面がわかりませんので、

これ以上のことは申し上げられませんが、

主治医とよく相談したうえで、

家族もそれなりの準備と心構えをもって決める、というところでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何もなくても、0歳児連れの旅行は大変ですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3件のコメント
2017.02.15

重大ニュースです

 

 本日は重大ニュースを2本。

 

 

 

 

 

 

 まず、昨日2月14日、当院にての

今季初インフルエンザB型陽性患者さん出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 11月2日にインフルエンザA型陽性患者さん出てから2か月半、

わずかに2日のインフルエンザゼロの日を除き、

診療日はほぼ毎日インフルエンザA型患者さんが出ておりましたが、ついにB型が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 B型とA型は異なるのでA型に今シーズンかかった人でも

B型罹患の可能性はあるので要注意。

(オレもだ・・・。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにA型も厳密には今期はやってるH3の香港型のほかに

H1のpdm09型がありますので、

A型に2回かかる、ということも絶対ないとは言えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 B型の流行が今後どうなるかわかりませんが、

今日はまたA型陽性の方のみでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、2番目のニュースはさらに重要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの予想では、

今日からスギ花粉の本格飛散が始まっている はずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天気予報によると2月15日(水)から17日(金)にかけ気温がぐんぐん上昇。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時期といいタイミングといい、間違いなく花粉の飛ぶ条件が整いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今後は外出は完全装備、布団、洗濯物の外干しも控えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、また、今年もイヤな季節がやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、今年の花粉総飛散量は少なめとみてるので、

早くどんどんとんで終わっちゃえばいいんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、短期間に飛ぶと1日あたりの飛散量が増して、

重症患者さんが増えてしまうかも・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこはジレンマです。

ともかく皆さん、なるべく外に出ないでー。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2017.02.09

生後間もない子の中耳炎

 

先日の質問は耐性菌のお話でしたが、

最近経験した耐性菌の中耳炎のお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市内の小児科の先生から紹介になった3か月の赤ちゃん。

発熱と耳漏です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3か月ですと中耳炎を起こすことはまれで耳漏があっても中耳炎ではなく、

耳垢がお風呂の水で流れ出たもの、なんてことが多いのですが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

診ると、鼓膜が破裂し、耳漏が多量、外耳道の後上壁も腫れ腫れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、上咽頭と、耳漏の培養をとり抗生剤を開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重症なのでメイアクトを量を増やして飲んでもらいました。

想定していた起炎菌は肺炎球菌。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、症状が改善しない・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外耳道は腫脹し、鼓膜も全貌が見通せない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肺炎球菌の耐性菌を考え、培養結果を待たずに3日目に抗生剤をオラぺネムに変更。

オラペネムは、最強の抗生物質で中耳炎の切り札的な薬。

通常はまず使いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、所見は改善しない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱は下がり、鼻汁も減ってるのですが耳の腫れと耳漏がとまりません。

全身状態は悪くないのですが、なんせまだ3か月、

入院すすめるかどうしようか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時、耳漏培養の結果が届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うおーMRCNSかー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MRCNSはメチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌のことで、

弱毒菌で皮膚に常在することも多いが、通常の抗生剤が効かない。

しかし、通常は菌交代の場合を除きいきなり中耳炎の起炎菌となることはまずありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の株もペニシリン系、メイアクトを含むセフェム系も全滅で、

おまけにオラペネムにも耐性でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、幸いなことにキノロン系と言われるグループの薬には感受性でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、その日から抗生剤をオゼックスに変更。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが劇的に効いて耳漏停止、外耳道の腫脹もみるみるひいて、

数日間で鼓膜所見もほぼ正常化しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上咽頭からの培養は肺炎球菌、普通の中耳炎の菌でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、中耳炎によって起こった炎症が、

外耳道のMRCNSの増殖を引き起こし2次感染的に悪化したのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしくは、最初から外耳炎からの中耳炎だったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少なくとも最初のメイアクトの投与がむしろ症状を悪化させた可能性はあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3か月くらいだと1歳以上では考えられないような菌や、感染形態を起こすので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菌検査は重要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その直後、今度は1カ月の赤ちゃんの中耳炎が

別の小児科から紹介になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自壊して耳漏が出て、熱も下がっていたので、とりあえず培養をとり、

抗生物質なしで経過を見ようとしたら、

いきなりその晩に40℃の熱発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイアクト投与で解熱、中耳炎も次第に改善。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は通常の肺炎球菌でした。

もちろん肺炎球菌ですからクラリスなどのマクロライドはききませんが

セフェムは感受性でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 赤ちゃんでも1歳近い子と違い、生後間もない子は

抗生剤によって細菌叢がすぐ変化するので慎重な見極めが必要です。

そして、乳様突起炎や髄膜炎を起こすこともあるので全身状態の観察も重要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 同じ中耳炎でも、きわめて「精密な」治療が要求されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ