ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

ブログトップに戻る

2017.05.21

第118回日本耳鼻咽喉科学会を終えて

 

 そんなわけで、2日目金曜日は泊まってるホテルの方の会場で、

午前中の2つの耳鼻咽喉科領域講習と、

お昼のセミナーを聴いて帰ってきたわけだが、

混雑してましたねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、モーニングセミナー、ワタシはこれは聴かなかったのですが、

立ち見どころか、外まで並んで聴いてます。

これ聴こえてんのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我々は自分の聴く講演はもちろん早めに席を確保しましたが、

ヒトコマ目はよくても

続けて聴く場合も会場からいったん退出するので、出るのに一苦労。

前の方に座るのは、得策ではない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、受講証ももらったし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 予定した講演はすべて聴きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰宅します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、妻と相談し、お昼のセミナーのお弁当をあえていただかずに、

広島駅で駅弁を買った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう、前日の学会場のお弁当の「アナゴ」が、引っかかっていまして・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、食べたかったのであえて、ガマンして遅いランチ。

やっぱ、これくらいアナゴが無いとなあ。

満足しました。

これで、ミッション・コンプリート(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰宅し、あずけていたレディアをお迎えに行きます。

帰宅後、寂しかったレディア狂喜乱舞。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで、2日半の学会旅行は、終了。

終わってみるとあっという間であったが、

身も心もアタマもいろいろ得ることがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ノートもいっぱい、数えると17ページも書いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 惜しむらくは、金曜午後と土曜日の講演、セミナーが聴けなかったこと。

もっと聴きたい講習がいっぱいあったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに金曜夕方には、

最近ファンになった作家の阿川佐和子さんの特別講演があったので、

これを聴けなかったことはまことに慚愧の極みであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのうち、休診を気にせず学会をフルに聴ける環境になるといいなあ、

なんてことを思いつつ、休診明けの土曜日の朝、

半日だからがんばるぞ、と外来のパソコンを立ちあげると・・・・・、

今日の待ち人数 156人! (◎_◎;)

「受診したかったけど休診で2日も待ってしまいました」

などといってくる御高齢の女性患者さんもおられたりで

休診のシワ寄せで、なかなか、現実はキビシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 休診、大変ご迷惑おかけしました。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2017.05.13

18,19日は学会のため休診です

 

 毎年この時期の恒例ですが

5月18日(木)19日(金)の2日間は

日本耳鼻咽喉科学科総会のため臨時休診です。

 

 

 

 

 

 

 

 学会は土曜日までですが、20日の土曜日は通常通り診療します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 場所は昨年秋の専門医講習会と同じ広島市。

写真は宮島、厳島神社ですが、日程キツキツのため

前回同様、今回も宮島に行く余裕はございません。

残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年は、専門医の制度変更にともなう単位取得のため、

大混乱だった日耳鼻総会、今年はどうなることやら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、万全を期すため会場となるホテルに宿をとったので、

アクセスの点ではかなり有利かと・・・・。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2017.05.11

テレビ東京の放送を見逃した方へ

 

 5月9日火曜日の放送見逃した方。

 

 

 

 

 

 夕方の放送なのでお仕事等で見られなかった、ということもあるでしょう。

 

 

 

 

 

 テレビ東京のホームページからバックナンバーが見られます。

クリックしてください⇒「ゆうがたサテライト

 

 

 

 

 

 

 

 だが、なんか、ハズカシイなあ。

 

 

 

コメントはまだありません
2017.05.09

「ゆうがたサテライト」放送されました

 

事務のスタッフから「先生、お電話はいってますけど、取材受けますか?」

と訊かれたのは、ゴールデンウィークのはざま、5月2日であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのちょっと前にインターネットの医家向けサイトで,

雑誌の取材申し込まれたが、どこにも売ってないような雑誌で、

数十万の掲載料を請求された、

なんていう「開業医あるある」記事を読んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そーいやウチにも来たなあ「C.C.ガールズ」、なんて思い出してたので

取材?受けないよ、と即答。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、受付嬢「テレビ東京っていってますけど。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ、テレ東、まともな取材なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とそんなわけで、電話、ファックスでやり取りして受けた今回の取材。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回と違ってニュース番組の一部なので、それほどプレッシャーはなかったですが、

逆に時間が急なのでビックリしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、今日の放送。

スタッフが診療の合間こっそりスタッフルームで見ていたようで、

「いま、出てますよ。」

とさわいでいる。

ちょうど、鼓膜麻酔が終わり、

子供さんの耳にチューブ入れる手術に取り掛かるところだったが、

ちょっと席をはずしていってみた。

するとちょうど終わったところで、次のニュースのこの画面であった。

コイツかよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、診察終了後、録画でみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 始まった(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお、このヒトは「クローズアップ現代」のときも出ていたあの大曲先生だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 わかりやすい解説。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、おぐじび、出たー(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさか、外観から出るとは思わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おおそして、オレだ―。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 診察してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 番組を見ていたフェイスブックの友人からは

「まるで医者みたいだ。」というコメントいただきました。

(fb友達はほぼ音楽関係なので。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 短い時間でしたが、こちらの意図が良く反映された良い取材で良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、床屋さんいっときゃ良かったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご協力いただいた患者様にも御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかくいろいろホッとしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北朝鮮が今日ミサイル発射しなくてホントよかった。(^^;

 

 

 

 

コメントはまだありません
2017.05.08

テレビ東京の取材を受けました

 

 大型連休が終わり、また「日常」がはじまる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも今月は学校検診月間で、ほとんど昼休み無し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、今日の午後はなんとテレビ取材。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビ東京のニュース番組「ゆうがたサテライト」の取材が当院へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 厚労省の抗菌薬の使用ガイドラインの公表にともない、

耐性菌増加による中耳炎難治化のコメントを求められました。

今回も音楽ネタではなく、「本業」の方でした。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 突発的な臨時ニュースが無い限りは、

明日5月9日火曜日 午後4時54分からのニュース番組「ゆうがたサテライト」で

おぐじびがちょこっと出るかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出たとしても数分間なので、見逃すな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 臨時ニュースがあると、吹っ飛んじゃうので、

くれぐれも北朝鮮がミサイルなんか飛ばしませんように・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2017.04.14

ロングラン

 

新学期が始まって、花粉症は沈静化に向かっているが、

インフルエンザは途切れることなく毎日出てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月2日に今シーズン最初の陽性者出てから、

今日までインフルエンザ陽性者ゼロの日は多分3日くらい。

5カ月以上続くシーズンはかなり異例です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここにきてずっとB型ですが、今日もB出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初にB型が出たのが2月15日ですからもうちょうど2か月。

A型が昨年11月2日ですからそこから数えるとなんと5カ月半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 半年近くインフルエンザシーズンってのはちょっとスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花粉は、サクラと共に去っていくが、インフルエンザはどうなんでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お正月休み、春休みを生きのび、ゴールデンウィークも越えちゃうのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2017.04.07

日本経済新聞に載りました。

 

 先日受けた新聞取材

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 記事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4月5日の「日本経済新聞(夕刊)」全国版!

 

 トップ記事が「北朝鮮のミサイル」かあ・・(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 記事は真ん中辺、けっうデカイす。( ̄ー ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの写真出てます。

 

 

 

 

 

 

 記事はこちらの「電子版」でも見られます。こっちはカラーだ(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、自ら音響外傷になるとはマヌケな耳鼻科医ですな。

 

 

 

 

 

 

 

3件のコメント
2017.04.04

サクラの開花が告げるもの

 

 昨日はやや寒かったりしたがこれから気温が上がり、織姫山の桜もぐんぐん開花。

コレが昨日4月3日。

 

 

 

 

 

 

 

 そして1日後の今日4月4日。

たった1日でこれだけ違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サクラの開花は我々耳鼻科医にとってスギ花粉の減少と

ヒノキ花粉の増加を意味します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、スギ花粉単独のヒトにはもう少しですよ、励まし、

ヒノキも持ってるヒトにはこれからもうヒトヤマ来ますよ、と警告を与える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今、まさにそんな季節です。

 

 

 

コメントはまだありません
2017.04.01

花粉症はアレルギー科?

花粉症で医療機関にかかる場合、

耳鼻咽喉科や、内科、眼科などに受診することが多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

中には整形外科に通ってるから、ついでに薬を、なんて方もいるでしょうし、

内科といってもいつも血圧でかかってるからこの時期、アレルギーの薬も出しとくねー、

なんていう「ついで」の処方で済ませてしまうことも多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、それですんじゃう人はそれでいいわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般の人は花粉症に関しては内科よりも耳鼻咽喉科の方が専門性が高いことは認識しており、

内科でよくならなければ耳鼻咽喉科を受診します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなにひどくなってからでは治療が大変だ、

最初から耳鼻咽喉科に来ればいいのに

と思いますが、

最初からみんな耳鼻科に来るとワタシは過労死してしまいますので、

それもまあいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は「アレルギー科」という診療科があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花粉症はスギ花粉によるアレルギーなので、

耳鼻咽喉科にかかるよりアレルギー科にかかる方が

より専門性が高いのではないか、と思う方が

ひょっとしているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは多分違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギー科を標榜する先生は主に内科または小児科の喘息の専門家。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギーの3大疾患といえば

「気管支喘息」「アトピー性皮膚炎」「アレルギー性鼻炎」で、

これらは互いに合併する場合も多く、

薬も共通のものが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皮膚炎は病変を見ることができるので、

内科の先生でも勉強と経験を積めば達人になることも可能かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、アレルギー性鼻炎は難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの内科の先生はハナの中の様子を見ることをしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問診や検査データで診断や治療をすすめると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば「ハナが詰まる」という訴えに対しても

鼻の粘膜が腫れての鼻づまりなのか、

濃い鼻汁が中で固まってしまっての鼻づまりなのか。

はたまた大人では鼻ポリープがあったり、

鼻中隔湾曲症によるもの、

子供ではアデノイドによる鼻づまりもありますので、

耳鼻咽喉科医なら一発でわかるものも診断が困難です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻汁にしても膿性か、非膿性か、

膿性にしても鼻腔手前に充満していれば鼻腔内の2次感染ですが、

中鼻道から流れてきてるものでは副鼻腔炎を考えなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極端な場合、本人が「ハナが詰まる」といっても、

心因性で全く詰まっていない状態の方もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これらの所見と、本人の訴え、検査データ、生活環境などを総合して

適切な治療を選択します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、こと花粉症に関してはアレルギー科よりは

耳鼻咽喉科が専門ですのでお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、あくまで一般論で

優れた内科医もいればダメ耳鼻科医もいますので、

結局は診療科よりは個人のレベルの問題ですけど。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2017.03.27

飲食店に全面禁煙を

 

 昨日の日曜日、妻とランチに出かけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スパゲティを食べようということになり市内のパスタ屋さんに行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 正午前であったが、我々の前に2組が待っており、

入口の紙に名前を書いて待っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しばらくして、我々の番になったが、店員さんが

「いま、禁煙席が満席なので、喫煙席でもいいでしょうか。」

と尋ねるので、

「そこでタバコ吸ってるヒトいますか?」

と訊くと今はいないという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お店の方もどんどん待ち人数が増えているし、

それなら、と喫煙席の方に案内してもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このお店は中が仕切られており、

手前の区画が禁煙席、廊下のようなところを回った先に

喫煙席の区画があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、こちらの区画のテーブルがいくつかあるが誰もいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 要するに今まで来た人は全員「禁煙席」希望だったわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに日曜日だからなのかもしれないが、

禁煙席を望む人が圧倒的に多いというわけである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっそのこと、全面禁煙にしちゃえばいいのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国会では受動喫煙防止法案に、

自民党の「タバコ族議員」が喫煙者の権利や幸福の追求などとワケの分からないことをいって

法案を阻止しようとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このJTからカネをもらっているヤニまみれの議員はナントカならんのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大多数の国民は禁煙社会を望んでいる、ということを彼らは理解せず、

国民の利益のためではなく、

自分に票を入れてくれるタバコ産業に便宜をはかっているわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリンピックは大きなチャンスである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを機に日本も国際レベルの禁煙国に追いつかなければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一刻も早く飲食店が全面禁煙になることを願います。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ