ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.02.17

ウレシイ贈り物

 

 先月末、突然送られてきたクール宅急便は・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本酒でした。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 送り主は、以前前橋、高崎でミニFMを一緒にやっていた男。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何でも、息子さんがここの蔵元の杜氏をやってるという。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 送り主の彼はワタシより10歳下、

当時は彼は高校生であったが、

今や杜氏の息子さんがいるのか・・・。

もう40年も前ですからねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このお酒は、微炭酸。

フルーティーな味わいで、白ワインやシャンパンを思わせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、1日目はお刺身でいただきましたが、

2日目はステーキを焼いた時にいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナでなかなか会えないけど、

そのうちにまた一緒に飲みたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても宛先「ロックな小倉先生」(^^;

以前バンド仲間からの封筒は住所と「ロックな耳鼻科」だけで着きましたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロックではなく、ストレートでいただきました。(*^^)v

 

 

 

コメントはまだありません
2021.01.23

政治家

 昨日、自民党の石原伸晃元幹事長が

新型コロナウイルスに感染、緊急入院したとのニュースがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たいした症状はないのに大事をとって入院、だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 症状があっても、なかなか入院できない人が増えている、

というニュースが最近やたら報道されていますが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、東京医科歯科大学病院でPCR検査受けたのは

その前日の午後4時らしいけど、

そんな時間に大学病院やってるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり国会議員ってのは、特権階級で、

その辺は優先的にズルができるらしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 政治家は国民の利益を優先させる公僕である、

という道理は通用しないようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシ、群馬県内の某病院に勤務医として働いていたころ、

いきなり入ってきたオッサンが、

順番とばして部長先生に診てもらっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あとで聞いたら、その町の市長だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういう政治家、ホントに腹が立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院は、市長だろうと、国会議員だろうと、

ちゃんと順番は守ってもらいます。

国会議員はないけど、県会議員くらいは来てたことがあったような。

ここは待たされる、と文句言ってたみたいだけど。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.01.16

今日から「大学入試共通テスト」

 この週末は「大学入試共通テスト」だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 30年続いた「大学入試センター試験」に代わり

今年から新制度になったということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このブログでも何度も書いていますが、

ワタシはそのさらに前の1979年に始まった「共通一次試験」の

第一期生でありまして・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時代の狭間に当たってしまう今年の受験生は大変だと思いますが、

今年はそれより新型コロナウイルスの方が大変で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 受験生の方々は、家族を含め感染対策には

かなりの神経を使ったことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、全国で53万人も受けたとあっては、

その中に自覚はなくとも新型コロナウイルスに感染している受験生は

けっこうな数がいたでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、それはやむを得ないと思うし、

試験会場では会話もしないし、セキもできないから、

感染の確率はたくはないでしょうが、それでも

ゼロではないでしょう。

中には、風邪気味なのを押して

試験を受ける人もきっといるはずだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試験の監督官も気を使いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、ワタシ、共通一次試験の試験の監督をしたこともあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大学卒業後、群馬大学医学部付属病院勤務だった時代は、

国立大学の職員なわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 共通一次試験の監督は、国公立大学の職員が行うことになってたので、

医学部にもその分担が回ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場は高校や、大学で行われますが、

医学部の職員は前橋女子高を担当することになっていました。

女子生徒が具合悪くなることが男子より多いので、

医者はそこが良いだろう、ということだったと聞いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして、ワタシは禁断の女子高に入る、

という貴重な経験をすることができました。

男子高だった身としては、コレはちょっと思うところがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、だからウレシイか、というとそうでもないですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、試験監督という立場上、

机の上の受験票の写真と本人を確認する必要はあるので、

試験会場の女の子の顔をジロジロ見ても

それはあくまでも「業務」なのであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、でも今年は全員マスクなのだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、受験生も試験官も

健康に気をつけてガンバレ。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.14

誕生日の手術

 こんな記事を発見。

外科医が誕生日に手術をすると死亡率が上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 98万件の手術結果というのはなかなか大規模ですが、

何のためにこんな研究をしたんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに医者も人間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 冷静な判断や、正確な手技、長時間の集中を必要とされる

手術においては、

術者の技量や医学的知識だけではなく、

メンタル、フィジカルなコンディションが、

術者のパフォーマンスに影響を与える、

ということはあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪や、歯痛、あるいは二日酔いなどで体調が悪いとか、

彼女と喧嘩したとか、離婚調停中であるとか、

朝、駐車場でクルマこすっちゃったとか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういったことで、

手術のパフォーマンスが若干落ちることは

自らを振り返っても全くなかったとは言えないが、

(二日酔いを除いて)ある程度やむを得ない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、誕生日ってのが、影響するとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医者は誕生日に手術すべきではない、

とは、なかなか言えないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 術後30日に患者の生死が決まるような手術の当日は、

すくなくとも誕生パーティーはやらんと思うが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにワタシが医者になって初めての手術は、

実は、ワタシの誕生日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5月に国家試験に合格し、

最初は、後ろから手術の見学。

そのうち、第2助手、第1助手をやれせてもらい、

少しずついろんな手術手技を覚えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1年間研修を積み、

今後は6月から市中病院に出て

そこでまたキビシイ指導医のもとで研修する、

という予定になっていたころ、

「オグラ先生1年よく頑張ったからご褒美にオペレーターやらせてあげよう。」

ということで、

初めて患者さんの右側に立たせてもらったのが、

1986年5月13日火曜日、ワタシの27歳の誕生日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 術式は「顎下腺全摘出術」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 緊張しましたが、何とか成功。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホワイトボードの予定表に

「術者・小倉」と書いてあったのは感動でした。

今でも、記憶に残る日ですが、

誕生パーティーは、多分なかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.11.11

社会人になってから初

 コロナ禍によって今年は、足利の花火大会をはじめ

日本全国で数十年の伝統を誇る様々な行事、お祭りが

中止の憂き目に見舞われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今年2020年、

当院の大忘年会を中止する決断をいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年、9月ころには会場を選定、予約して

種々の準備にはいるのですが、

今年はどうしたものかと、保留してまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ここに来て、さらなる感染の拡大を見、

NHKの紅白歌合戦が、無観客で開催されるとの報を受けて、

大人数での忘年会は開催困難と判断いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これによって、ワタシは昭和60年に社会人になって以来、

初めて忘年会のない12月を迎えることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実に35年ぶりの大異変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勤務医時代は12月になるとスケジュール帳は、

関連病院からの忘年会のお誘いでびっしり。

忘年会の合間に当直してるようなころもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前のブログには、このような忘年会の話も書きましたなあ。

忘年会物語(第1話)

忘年会物語(第2話)

忘年会物語(第3話)

忘年会物語(第4話)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 忘年会のない2020年は、きっと、

けっして「忘年」できない年になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.10.13

グンマ美味いもの

ご当地グルメ、とか

地域のソウルフードなどというものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

群馬県に15年暮らして、

いろいろ群馬のグルメを味わいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「徳永農園の焼きトウモロコシ」は、毎夏行きますし

「シャンゴのスパゲティ」も時々食べに行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「フリアンのみそパン」や「原嶋屋の焼きまんじゅう」も好きですし、

「志多美屋のソースカツ丼」「レストランとよだの風味焼定食」も

忘れられない味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また「水沢うどん」「おっきりこみ」「ひもかわうどん」

は群馬の3大うどんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桐生厚生病院時代に時々食べた

「シロフジのアイス饅頭」はワタシの好みではありませんでしたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、忘れちゃいけない「登利平の鶏めし弁当」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと前に足利にもお店ができて

ワタシと妻は狂喜したものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、このあいだ、前橋に行ったおり、

お土産として買ってきたのがこれです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「甘楽亭のたれカツ」。

本店は群馬県藤岡市にあります。

前橋からクルマで30分ほどかかるこの店に

妻とよく食べに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお店の支店が、前橋市にできていました。

テイクアウトのみのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもナツカシイ。

美味かった。

あー、またお店で食べたくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度高速とばしていってみようかな。

ただこのお店、以前から

土曜日午後と日曜日全日がお休みなので、

ヒジョ―に行きづらいんす。😢

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.10.10

授業料

東京女子医大が学費を1200万円値上げするそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私大医学部の学費は常人には理解できないレベル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもこれ以外に、入学金が数百万~数千万、

さらに寄付金が入試の成績に応じて(!)数百万~数千万かかるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家を借りる際の「敷金」「礼金」は日本独特のものらしいけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大手受験予備校では、これにより

東京女子医大の偏差値が大きく下がるだろうと予測。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医学部は入学金授業料と偏差値がキレイに逆相関してるのは昔から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも私立の学生は外車乗ってるし、

某カタカナ医大を出て、

さらに数年かかって国家試験に合格し、

群馬大の耳鼻科に入局してきた奴は、

学生時代に親が大学の近くに一戸建ての家を建ててくれたそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっとも彼はそこに6年間ではなく、

進級、卒業、国家試験合格まで

10年以上は住んでいたようなのですが・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに卒業後、授業料が超高額の

医師国家試験のための予備校に通ったそうで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシのころは、国立大は

入学金8万円、年間授業料15万円くらいだったので、

家庭教師のバイトと

日本育英会の奨学金で何とか卒業することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 群馬なのでクルマがないとバイトにもいけず、

マイカーを持ってる学生がほとんどでしたが、

みんなカローラとかサニーの中古で、

親に新車を買ってもらえる者は、ごくわずか。

むろん、外車は皆無でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大学構内にあるときから、

名古屋ナンバーのポルシェが

毎日、図書館の前に駐車するようになり、

誰のクルマなんだろうと話題になりましたが、

歯科口腔外科の私大出身の歯科研修医のものだと判明しました。

親御さんが大手パチンコメーカーの社長だというウワサでした。

群馬大には歯学部がないので、

歯科口腔外科教室では貧富の差が非常に激しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今はどうかわからないけれど、

ワレワレのころの国立大の医学生、研修医はみな質素でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、貧乏性は染みついていて、

グンマ―なワタシたちは、

金銭感覚のかけ離れた都会の私大卒のセンセイとは、

同業者でも意識のギャップを感じることが、

今でも間々あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.08.12

35年前

 8月12日は日航ジャンボ機墜落の追悼の日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昭和60年、1985年の出来事なので、

今年で35周年になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はこの年、ワタシが医者になった年なので、

よく覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時、大学病院の耳鼻咽喉科医局の勤務医は

7,8月の間に1週間の夏休みが2回とれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん交替制なので、

先輩の先生からいいところをとっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子育て世代の先生が多かったので、

家族旅行に行く先生がほとんどでしたが、

お盆休みは料金が高いので、みなそこは避けます。

なので、ワタシがいただいた夏休みは、

まだ学校が夏休みにならない梅雨明け前の7月第1週と、

ちょうど8月12日から始まるお盆の1週間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、その8月12日からの夏休み、

ワタシは大学時代の同級生4人で、

新潟県柏崎方面に海水浴に行く予定でした。

もちろん、全員彼女のいない男ばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜ新潟県かというと、

計画が決まったのがあまりに遅かったので、

海水浴場の宿はどこもイッパイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 旅行会社に就職した友人に頼んで、

なんとか柏崎市に、海水浴場までクルマで15分という、

海沿いでもなんでもない

ビジネスホテルみたいな民宿を見つけてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでもビキニの女の子との出会いを夢見ながら、

ワタシは月曜日の夜、

テレビをつけながら旅行の支度をしていたと記憶しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのテレビのニュース速報のテロップで、

「羽田発大阪行きの日航ジャンボ機消息不明、

群馬県三国峠付近に墜落の可能性。」

というような文字が流れたのが、

おそらく7時半過ぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この時見ていた番組はバラエティー番組だったので、

ワタシはこれがずっと「カックラキン大放送」だと記憶していた。

だが、これは記憶間違いであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「カックラキン大放送」は金曜日7時半からの放送なので、

12日月曜日に見るはずがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、インターネットを駆使してこれを調べたところ

日本テレビで7時半から8時まで放送されていた

「三宅裕司の大きなお世話だ」という番組であるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな番組あったんかい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、回は違うがこれを見ると、

アイドルが出てくる公開バラエティーコント番組なので、

まず間違いないでしょう。

 「三宅裕司の大きなお世話だ!

 よく見るとyoutubeのコメント欄に

「日航機のテロップが入った」という投稿がありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このテロップを見たとき、まず衝撃を受けたのは

事故そのものではなく「三国峠に墜落」というくだりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさに次の日の早朝、

その三国峠を通って新潟方面に行く予定だったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時はまだ関越自動車道は開通しておらず、

新潟に行くには国道17号の三国トンネルを抜けていくのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はなはだ不謹慎ではありますが、

その時は事故の重大さが把握できず、

国道17号が通行止めになって、海水浴に行けなくなる、

ということの方が緊急の重要事項だったのです。

お盆時期の宿泊代のキャンセル料がどうのこうの、

貧乏研修医はまずそっちを心配しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 携帯電話のない時代ですから、

卒業してバラバラになった同級生に

緊急に連絡を取るのも大変でしたが、

その後のニュース速報で、墜落地点は三国峠ではなく、

群馬県上野村方面、と出ましたので、

とりあえず安心したのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにそのニュース速報は、そのまま続けて見ていた

日本テレビの夜8時からの「歌のトップテン」だったことは、

ほぼ間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果的に旅行は無事行くことができ、

海水浴はおばちゃんばかりで、

やはり日本海ではダメだな、

という感想をもって、

また月曜日から病院に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、病院ではその話題で持ちきりでした。

4名の生存者が収容されたのは、

群馬県の多野総合病院(現藤岡総合病院)でしたが、

群大の関連病院なので、

急遽、大学から応援を派遣したとか、

○○先生が治療したとか、

検死の医者を求めているとか、そんな騒ぎでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、医師免許取ってわずか3か月のワタシに

出る幕などはありませんから、

先輩の先生が、助かったスチュワーデスさんを診察してきた、

などというのを野次馬的に聞いていただけでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本航空では、いまや全社員の96.5%が事故後に入社した社員で、

事故のあった1985年以降に生まれた社員も35%になるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あれから35年、ということはオレも医者になって35年ということか。

それにしても「カックラキン大放送」では無かったのか・・・・。

(そこかい。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.08

影響を受けたレコード(国内編)⑬「非実力派宣言/森高千里」

森高千里さんは1987年5月25日

シングル「NEW SEASON」でデビュー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1987年といえば、おニャン子クラブが人気を呼び、

1980年代初頭からのアイドルブームが熟成して、

ヒットチャートを独占していた松田聖子さんは結婚、出産。

中森明菜さんが1985年、86年と2年連続レコード大賞を受賞、

と、女性トップアイドルの座に君臨していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 森高千里さんはデビュー当時は

普通の女の子アイドルの一人という印象でした。

同期は酒井法子さん、工藤静香さんなどです。

(・_・D フムフム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、このヒトは天才だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1988年に発売されたシングル「ミーハー」で

初めて作詞を担当すると、

その年に出たアルバム「見て」では、

2曲を除きすべての作詞を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その素材の取り方、言葉のセンスが独特で、

「あれ?」と思うところがあったのですが、

彼女の才能の全貌が明らかになったのが、この

「非実力派宣言/森高千里」1989年7月25日発売です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアルバムで森高千里さんはカバー曲を除く全曲を

自ら作詞しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その世界は独特のものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通、アイドル歌手がお仕着せのカワイ子ちゃんから脱皮するとき、

アーティスティックな方向性を持ち込むことが定石です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語の歌を歌ったり、シティポップスや、

ジャズ的なアプローチをしたり、

ともかく、ワタシはアーティストなの、

そんじょそこらのアイドルではなくて

れっきとした「実力派シンガー」として認識して頂戴ね、

というパターンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、大概、それがツマラナイ。

松田聖子もしかり、中森明菜もしかり。

他の、ニューミュージック系と呼ばれる

女性シンガーのすべてとは言わないが、

その多くは言うまでもなく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが森高千里さんはそれを逆手に取ったかのような

「非実力派宣言」。

自らを「ミーハー」と呼んだ世界をさらに発展させました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この曲の歌詞は、ユニークでした。

「実力は興味ないわ、実力は人まかせなの」

「実力がどうしたの、実力が好きなのね」

この、開き直り方はスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけにジャケットも「食いだおれ太郎」みたいな、

およそ「おしゃれな大人の女性アーティスト」のイメージとは

かけ離れた装丁です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアルバムを転機に、

森高千里さんの作詞家、アーティストとしての才能は

他の追随を許さない「森高ワールド」を

形成していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自作「古今東西」1990年10月17日発売では、

ゴキブリ退治の「ザ・バスターズ・ブルース」、

北朝鮮飯店でも演奏している「〽ロックもへちまも関係ないわよ」

と、世界制覇を目指す「テリヤキ・バーガー」など、

突き抜けた作詞能力を発揮。

そののちも「臭いものにはフタをしろ!!」「やっちまいな」

「私がオバさんになっても」「ハエ男」

などの傑作をモノにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽうで、カバー曲として

サンタナの「OYE COMO VA」や

キャロルの「ファンキー・モンキー・ベイビー」をとりあげる

独自のセンスをみせています。

カバー曲としては1994年のアルバム「STEP BY STEP」で

ザ・ビートルズの

「Everybody’s Got Something To Hide Except Me And Monkey」

をとりあげていますが、

あまた名曲のあるザ・ビートルズのナンバーから、

この曲を選び出すセンスには脱帽しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ザ・ビートルズといえば、

森高千里さんは1992年のペパーランドから、

全曲ドラムも自分で演奏していますが、

そのドラムスタイルがリンゴ・スターの影響を強く受けていることが

よくわかります。

相当、ビートルズをコピーしてるな、という印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その「ペパーランド」は

森高千里さんが熊本時代にバンドやっていたときの

ライブハウスの名前だそうですが、

もちろん、そのおおもとの由来はザ・ビートルズのアニメ映画

「イエローサブマリン」に出てくる平和な国「ペパーランド」です。

1968年の映画ですが、

ワタシが中学生のころテレビで放送されてみた覚えがあります。

ビデオもインターネットもない時代、

テレビでビートルズの映画をやる、ってんで

勢い込んでみたら、ビートルズ出てねえじゃん、

と肩すかしを食った記憶アリ。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうひとつ、森高千里さんの代表曲「渡良瀬橋」のPVは、

彼女のアイデアでザ・ビートルズの「Let It Be」へのオマージュとして作成され、

カメラワークやレイアウトをコピーしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 話それましたが、

ともかく、この「非実力派宣言」をきっかけに

森高千里さんの書く歌詞にドはまりし、

すっかり彼女のファンになりました。

これだけの歌詞が書けるヒトは、

忌野清志郎氏と森高千里さんしかいない、と思っています。

あとは、松本隆氏、松任谷由実さんなども

才能あると思いますが、

ロック的なインパクトの点ではこっちかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以後、彼女のアルバムは発売と同時にかならず買っており、

毎回、毎回、何やってくれるか楽しみでワクワクしていました。

しかも、そのたびにいい意味で期待を裏切るようなアイディアが満載でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1992年のアルバム「ROCK ALIVE」からは作曲も手掛けています。

その「ROCK ALIVE」のタイトルチューンでは

森高さん自身でギターも弾いているのですが、

コーラスに「E7」とか「C」とかギターのコードが入っていて

そのまま楽譜なしでギターが弾けるようになっています。

なんと奇抜な発想。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つづくアルバム「ペパーランド」の「ロックンロール県庁所在地」では、

作詞作曲のほかすべての楽器をひとりで演奏しています。

ホント、このヒト、スゴイです。

なかなか、こういう詞は書けないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚、出産後、歌手活動を休止していましたが、

2012年、デビュー25周年を機に

足利市民会館を皮切りにコンサート活動を再開しました。

当然、行きましたが、

実は森高さんのコンサートを見るのはこのときが初めてでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにワタシは1990年4月14日に結婚していますが、

実は結婚前の妻も森高千里さんのファンで

1989年7月発売のこのアルバムを所有していました。

次の「古今東西」が1990年10月の発売ですので、

我が家にはこの「非実力派宣言」は、2枚あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、これで、「影響を受けたレコード(国内編)」も終了。

昔から、歌謡曲以外は、ほぼ洋楽しか聴かず、

バンドでも英語の歌ばっかりのワタシですが、

今回の選択を振り返ってみると、

国内盤の場合は、歌詞の好き嫌いが

かなりの比重を占めることがわかりました。

やっぱり、ワタシはロックはボーカル中心に聴いているんだなあ、

と改めて認識しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2020.06.07

影響を受けたレコード(国内編)⑫「COVERS/RCサクセション」

当初10枚のはずが、おさまりきれなくなってしまい

ついに12枚目。

あともう1枚あるので全13枚で完結予定です。

今のところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、12枚目はコレ。

「COVERS/RCサクセション」1988年8月15日発売。

今回の企画、洋楽、邦楽通じて

唯一、同一アーティスト2回目の登場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1988年といえば医者になって3年目。

桐生厚生病院から大学病院に戻ってきており、

外来だ、手術だ、検査だ、学会発表だ、論文翻訳だと、

毎日目まぐるしく活動しており、

朝早く病院に行き、帰宅は深夜、

休日もほぼ無給出勤で、

当直も月に4,5回と、バンドはもとより

音楽を聴いている余裕すらほぼありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

労働基準法もへったくれもないタコ部屋のような研修医時代ですが、

音楽雑誌で、最低限の情報は得ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、見過ごしにできない重大な問題が発生。

1988年8発6日、広島原爆記念日に発売予定であった

RCサクセションのニューアルバムが不自然な形で

急遽発売中止になったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことの真相は、歌詞の内容に

「原子力発電」の問題が含まれており、

発売元のレコード会社東芝EMIに、

原子炉サプライヤーである親会社東芝が圧力をかけた、

というものでした。

当時、東芝EMIの社長は本社東芝からの天下りだったといいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親会社の圧力に屈した東芝EMIは、

反原発、反核の内容を含んだ数曲をカットして

ミニアルバムとしての発売を求めたが、

忌野清志郎は、これを拒否。

上記のような広告を出して発売中止を発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、発売を求めるファンの声、

メディアもこのことを取り上げたことによる世論の高まりもあり

このアルバムは、一転、RCサクセションがかつて所属した

キティレコードから同年8月15日の終戦記念日に

発売されることになったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果、このアルバムはその話題性もあり、

RCサクセションとしては唯一オリコンチャートの1位を記録したのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルバム自体はタイトル通り

洋楽ロック、ポップスのカバー集なのですが、

そこに忌野清志郎が日本語詞をつけた形になっていて、

素晴らしい歌詞によりオリジナルをしのぐ

存在感とメッセージ性を持った作品になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清志郎の高校時代からの友人である三浦友和氏をはじめ、

元「村八分」の山口富士夫、泉谷しげる、ジョニー・サンダース、

などのワタシ好みのミュージシャンのほか、

おニャン子クラブの高井麻巳子(現・秋元康夫人)も参加。

桑田佳祐はレコード会社の問題で

「桑竹居助(くわたけ・いすけ)」の偽名で参加しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべてがメッセージソングではありませんが、

アルバムを通じて感じられるのは

忌野清志郎氏の人類愛、正義感で、

音楽に対する愛情に満ち満ちた、

非常に「ロックな」アルバムにしあがっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

権力に屈せず、このアルバムが世に出たことはまことに喜ばしい。

発売までの経緯も含めて

まさに日本のロック史に残る1枚といっていいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアルバムが発売停止になったのは、

原子力発電に対する問題提起がその原因でしたが、

その13年後、東日本大震災による

福島第一原子力発電所の事故で、

忌野清志郎氏の危惧は現実のものとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 残念ながら忌野清志郎氏は、

その2年前にすでに他界してしまっていましたが、

ファンの間でこの曲が再評価され、

当時ラジオ局にはこの曲のリクエストが多く寄せられたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あらためて、

忌野清志郎氏のロックスピリットに敬意を表すとともに、

今また、ワレワレはこのアルバムを聴く必要があるのかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、オレのパソコンTOSHIBAだ。マズイなあ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ