ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.12.06

リモート学会

リモート講演会に続き、週末は学会もリモート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月20~21日に横浜で開催された

日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会のオンデマンド講演を

終日聴講しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専門医講習会というと、専門医の資格を更新するために

単位の取得が必須であり、

朝から晩まで会場にカンヅメになり、

場合によっては昼飯を食う時間にもこと欠くような、

スパルタ講習会であるが、

リモートは、ユルイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自室のパソコンで、好きな時間に聴けるので、

便利といえば、便利だが、

コーヒーを飲みながらとか、

場合によってはプラモデル作りながらでも「聴講」できるので

講義の内容が右から左に抜けてしまうこともしばしば。

妻は編み物しながら聴いてるらしい、ナイショですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際の学会のときには途中で退出できないので、

開始前のトイレに行って準備をしておくのだが、

(特に最近はトイレが近いので)

リモートは早送りはできないが、途中で一時停止はできるので、

トイレに行くことや、その他用足しも可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらには、実際に聴いていなくても

パソコンでそのまま動画を流しておけば

聴講した、ということになってしまうわけだが、

これは会場で最初から最後まで

ほとんど寝てるセンセイもよく見かけるので、

まあ、実際には同じことでしょうか。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場で聴くときには、必ずノートをとりながら聴講するのですが、

なかなか自宅ではそこまで気合が入らない。

聴きなおしや、時間帯の重なった講演も聴くことが出来るので

ヤル気さえあればリモートの方が勉強になるはずだが、

やっぱ自分の部屋だと、他人の目もないし、

つい気が緩んで、そこまで集中できないんだなあ。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.11.27

ひさびさの外食ディナー

毎年11月といえば、耳鼻咽喉科専門医講習会で

日本各地に赴き、がっつり勉強して

夜はその土地のうまいもんを食べる、というのが

30年来の慣例であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが新型コロナの影響で去年からリモート開催になり、

今年は現地参加もできましたが、

一応大事をとってリモートの参加にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、せめて、たまには外食しましょう、

ということで、今夜はここに。

今年2月以来ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、第4波、第5波の襲来で、外食どころではありませんでしたが、

ワクチン接種の普及によりやっと外で食事ができるようになってきました。

入り口で検温。

これは、当分続くのだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルコールを飲むので、

当初は歩いて行って帰りはタクシーという計画もありました。

最近の1万歩習慣の「足し」にしようと。

片道45分は歩いて歩けないことはないと思いましたが、

週末から急に寒波が襲来し、

クルマでいって代行で帰る、という作戦に変更。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルマ運転しながら、

やはりこの寒さでこの距離はきつかったなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前の学会の思い出など語りながら、

美味しいディナーをいただきました。

まだ今回のリモート学会は聴いていないので。

本来なら、勉強したご褒美のご馳走なんですが、

今回先にご褒美をいただいてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご馳走様でした。

 

 

 

 

さて、講習会の配信聴かねば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.16

手術の動画

日本耳鼻咽喉科学会総会の動画配信を見てますと

いろいろ思うところがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般の日常診療に役立つ最新のトピックスもあるのですが、

手術手技の紹介や手術法の教育的講演などもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 動画によって紹介されるそれらの手術の様子が、

最近の画像テクノロジーの進歩により、

大変スバラシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレが研修医だったころは

手術はひたすら手術書を読んで、内容を頭に叩き込み

手術は術者の横からのぞかせてもらって、

覚えたものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 手術書はシェーマと呼ばれる線で描いた略図が主体で、

もちろん白黒です。

当然、連続画面ではなく、途切れ途切れの静止画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足りない部分は頭の中で再構築しなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、略画のイラストと実際の手術では

大きな開きがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そもそもオペ書には、血が描いてないんだよなー。」

とは、ワタシの何年か上の先輩医師が言った言葉ですが

けだし「名言」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、耳鼻咽喉科の手術は術野が狭く、

のぞき込むような視野の手術が多いので、

術者以外は手術してる場所が見えない、

という場合が大変多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、今はどうだ。

手術映像はハイビジョン画質で手術室の全員が共有できるし、

自宅のパソコンで手術の予習復習をすることも意のままです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、研修医のころこんなのがあったら、

オレももっと手術が巧くなっていたのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もはや、この歳になって、しかも開業医の身では、

新しい手術の習得などは関係のない話であるが、

こんな手術、やってみたかったなあ、

と一抹の寂しさを覚えつつ学会の配信を見ています。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.08

ズルするAI

 日耳鼻の学術講演をリモートで聴いてますと

臨床的に面白い、役立ちそう、といった内容もあるのですが

それ以外に「ネタ的な」話題もあったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近年医療分野でもAIの導入は着実に進んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 画像診断の面でのAIの話題では、

良性腫瘍と悪性腫瘍の写真を何枚も何枚も学習させて、

AIに良性か、悪性かを診断させる話が講演されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 数多く学ばせることにより、

診断の精度が上がるのは当然なのですが、

ソフトを作ってる人は途中からあることに気づいたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それは写真に写りこんでいるメジャーの話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレは摘出標本や皮膚病変を写真に撮るとき

腫瘍の大きさを測るための「物差し」を一緒に写し込むことが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、それはとってしまえば終わり、

の良性腫瘍のときよりも

その後の追加治療の必要性や

病変の進展度合いを把握することが重要な

悪性腫瘍の場合に圧倒的に多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんとAIはメジャーが写り込んいることを

「悪性判定の手がかり」として使っていたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 完全に「ズル」ですね。

やるなあ、AI。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また別の事例では胸部レントゲン写真の気胸の読影で

肺野ではなく胸腔ドレーンの有無を診断の手がかりにしていた

というのもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、なんかムカシ自動車教習所の縦列駐車で教官から

「いいか、まっすぐ下がって

後ろの窓に3本目のポールが見えたらハンドルを右いっぱいに切れ」

なんという指導を受けたのを思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなの実際には意味ないなあ、と思いつつも

それで卒検一発でクリヤーできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、免許を取って50年。

いまだに縦列駐車は苦手です。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.07

日本耳鼻咽喉科学会総会は今年もリモートで

6月1日から先月京都で行われた日本耳鼻咽喉科学会総会の

オンデマンド配信が始まったので

日曜日などはだらだらそれを聴講しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面白い話もあるがツマラナイ話も多いので

見始めて、あーこれは失敗だなーと思いますが、

早送りはできないので最後まで聞くことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを聴かないと単位が取得できないので、

仕方なく、という面もありますが、

まあ、聴いていなくてもそのまま流しておけば

視聴済みになるので、シンポジウムなどはそれでOKです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを書くと

ちゃんと聴いていないのに単位が取れちゃうのはマズイだろう、

と思われる向きもあるかと思いますが、

学会に実際に参加してもつまらない講演は

寝ちゃいますので同じことだし、

いわゆる「講習」関連の配信は

最後にテストがあって、それに正解しないと「視聴済み」にならないので

実際の学会参加より厳しかったりします。

いや、ほとんどはちゃんと聴いてますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外とあるのが現地の機材トラブルで、

音声や画像が途切れちゃう奴ですが、

それがそのまま配信されるので、

会場のトラブルなのか、自分のパソコン環境が悪いのかがわからず、

いろいろ試すうちに途中まで聞いたのが

最初に戻っちゃって、また見なおさなければならない

ということもあるので、ともかくじっと待つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 演者のリモート参加も多いようで、

今後、学会はこんな方式になっていくのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リモート会議のテクノロジーは

今後、加速度的に進化するでしょうから、

近いうちにスタートレックの惑星連邦の会議みたいになっちゃうのではないか。

マジメに聴いてないとフェイザーで消されちゃうかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.06

今年の日耳鼻総会は緊急事態宣言下の京都開催

 東京都、大阪府、京都府、兵庫県に出されていた

緊急事態宣言は、6日の発表で

11日までの期限を5月末まで延長、

ということになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、今年の日本耳鼻咽喉科学会総会は、

5月12日から京都で開催されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年5月に開催される

耳鼻咽喉科専門医の単位取得に重要なこの学会は

毎年出席してましたが、

昨年は19月に変更、

現地開催、ウェブ開催の並列開催になりました。

10月はある程度感染が抑えられてきた時期ですが、

現地参加は困難と考え、ウエブ参加しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年の日耳鼻総会に関しては、

この春先からの状況を見て、

まあ、京都に行くのは無理だろう、と考え、

早々にウエブ参加の方で申し込みをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今の京都は昨年10月の岡山よりはかなり状態が悪そうです。

ワレワレは問題ないのですが、

主催者、演者、発表者の方々は、

今回の期間延長を受け、すったもんだの大騒ぎなってるでしょうな。

果たして、ウェブでも開催できるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今のところ学会のホームページ上では

特別なアナウンスは無いのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.13

見逃し配信

日耳鼻の専門医講習会は毎年11月中旬に開催されますが、

今年は、前お話したように現地参加をあきらめ、

オンライン講習で受講しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現地で開催されたのは、今年11月7,8日でしたが、

ネット配信は11月20日から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻がウェブ開催初日にログインしたら、

会員からのアクセスが集中しているようで

単位の取得できる領域講習や、共通講習は見ることができず、

見られるのは開会式と閉会式だけ、と言ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリンピックじゃないんだから。

開会式や閉会式なんかみてもしょうがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせ間があるのでいつでも聴ける、とボーっとしていたら、

気が付けば、配信終了まで残り2日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤバイ。(;゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このままでは学会参加費のみぼったくられなので、

朝、昼、夜の診察時間以外はずっと聴講。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 早送りは出来ないし、最後に確認テストに合格しないと

受講が認められない講習もあるので大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何コマか視聴し、テストも受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 残念ながら、すべては受講できず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、土曜日、日曜日になっても

実は、聴講できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最終的に、ほぼすべてのコンテンツを受講。

(ただし。開会式、閉架式は除く(笑))

開催終了後なので

専門医としての単位がカウントされるかは不明ですが、

まあ、学会参加費のもとは取れたかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年は、現地に行きたいものですが、

果たしてどうなるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.11.06

今年の専門医講習会

 本来であれば11月は専門医講習会で土曜日が一日休診になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本年度もこの週末11月7日~8日が

第34回日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会ですが、

今年は日本耳鼻咽喉科学会総会と同様にWeb参加をすることにしました。

「合法的」に休診にできる口実が無くなって残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年から専門医講習会は

第1回になる日本臨床耳鼻咽喉科医会とドッキングして

日本耳鼻咽喉科学会秋季大会の名目で

拡大開催されることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、この週末は家でライブ配信を聴講、

と思っていましたが、

学会開催は11月7日から8日なのですが、

Web配信は11月20日から12月4日まで、ということで

まだ、見られないことがわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、イイけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場は大阪なので、タコ焼きでも食べながら聴けば、

ライブ感出るかな、などと思ってましたが。

いっそ、外来休診にしてどこかのホテルで聴けば、

いっそうライブ感あり、

なんてこともチラッと考えたりして・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Web配信はウラ公演も聴くことができて、

大変便利なのですが、

やっぱ、大阪行って、タコ焼きとかお好み焼き食べたかったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来年は春の総会は京都、秋の専門医講習会は横浜開催の予定。

来年は行けますように。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.10.25

オンライン講習にて

 週末、日本耳鼻咽喉科学会総会のオンライン講演を

ずっと聴いてて、ふと気が付いたことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いろいろな分野に様々な専門的な言い回しがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いわゆる専門用語、テクニカルタームではなく、

日本語の「使い方」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たとえば気象用語では、風の強さは

強い風が風速15~20m

非常に強い風は20~30m

猛烈な風が30m以上らしい。

なので「猛烈な風は、午後には非常に強い風になりました」というと

風が弱まったことになります。

日本語的には?な表現です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 株式、経済用語はさらに奇奇怪怪で、

ワタシはまったく疎いので全然わかりませんが、

ニュースを聞いていると

「下げ止まり」「しっかり」「小戻す」「弱含み」など

日本語のようで日本語では無い表現をよく耳にします。

ネットで調べると「しっかり」は

「相場がいくらか高くなって、上げ気味な状態。」

だ、そうだ。

「上げ気味」もよくわかんねー。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サッカーでも「ラインを上下させる」

というのは

ディフェンスの横並びの位置を相手陣内に近いほうにしたり、

自陣ゴール近くまで移動したりすることで、

知らなければ何のことかワカラナイ。

「チンチンにする」は、

相手をコテンパンにやっつける、もしくは

一対一の場面で相手をボールコントロールで翻弄する、

場合に使いますが、サッカー以外では何のことやら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それで、学会の講演を聴いていて、

やけに耳に残ったのが

「~にて」という言い回し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「CTにて、これこれの所見が認められ・・・・」

「電気メスにてこれを切開し・・・・」

「この処置をベッドサイドにて施行し・・・・」

「合併症にて不幸な転機を・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これらはすべて「~で」で置き換え可能ですが

全て意味が違い「CTにて」は「CTの画像では」

「メスにて」は「メスを用いて」

「ベッドサイドにて」は「ベッドサイドに於いて」

「合併症にて」は「合併症によって」

という意味をすべて「にて」と言っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たぶん、普通の日本語の会話では

あまり登場しない言い回しなのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、この言い回しは

カルテに手術記事を書くときに多く用います。

伝統的にオペ記事の言い回しは「~にて」を使うようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻咽喉科は外科系なので、皆この言い回しを用いますが、

内科の先生も使うのかなあ。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.10.21

今年は学会はWEB参加です。

新型コロナウイルスの感染拡大により、

10月に延期された今年の日本耳鼻咽喉科学会総会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日程的に現地参加が難しいので、

WEB参加にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WEB参加の良いところは、

いつでもどこでもパソコンで聴講出来ることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし個人個人でログインして視聴するので、

妻と同時に同じ講演を聴くことは出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、お互い別の部屋でひっそり(?)聴いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聴く順番はランダムで構わないので、

もうアレ聴いた?とか

それツマんなかったでしょう、などと情報交換。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現地参加と違い、時間の重なった裏番組も

もれなく聴くことができるのは大変ありがたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の講演を聴いて得られた新たな知見も多く、

さっそく外来の処方パターンの変更や、

今後、機会があれば試してみたい手術手技などがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講演動画を1本見ると、受講済のマークが出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして講習対象講演はそのあとにテストがあって、

これに全問正解しないと講習完了になりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と難しく間違うこともありますが、

やり直しが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初回で全問正解出来なかったものは、

2回目で合格しましたが、

これ、何回でも挑戦出来るのかなあ。

銀行の暗証番号は3回くらい間違うと、

取り引き停止になっちゃうけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、当然と言えば当然ですが、

この講演動画は一時停止は出来ますが、

早送り再生は出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある講演で、どうしても音声が出ないのがあって、

操作方法が悪いのかと思い、

あれこれいじっているうちに、

また最初からの再生になってしまった。

あらためてプログラムを見たら

この演題は「音声無し」と書いてあって、

何だよー、と思いました。

そんなんアリかー。

仕方なく1時間一度聴いた講演を

もう一回聴く羽目になってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メカに疎い先生か、音入れが、開催まで間に合わなかったのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早送りが出来ないのは仕方がないとして、

BDプレーヤーみたいな30秒戻しがあると、

大変助かると思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学会場で聴いている訳ではないので、

途中で宅急便の人が来たり、コーヒーすすったりで、

ちょっと聞き逃すことがあるのですが、

そこを聴きなおそうとすると、

最初まで戻らなくてはならないことに

なってしまいますので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この総会は岡山市で開催され、

現地に行くことをとても楽しみにしていたのですが、

WEB参加もそれなりに良いところもあるなと

思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、学会の楽しみは、

現地に行って、何か美味しいものを食べたり、

医局時代の先生方にあって旧交を暖めたりすることでもあるので、

その点はかなり残念です。

あと、個人的には列車や新幹線に乗るのも楽しみなんですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、こんなご時世なんでしょうがない。

11月の専門医講習会も、

WEB参加の予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪に行ってお好み焼きが、食べたかったが、

致し方ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よって、恒例の学会休診は、

今年は無しになります。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ