ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.06.10

前日まで仕事をして朝イチで広島の学会に出る方法

耳鼻咽喉科関連の学会は

耳科学会、聴覚医学会、鼻科学会、気管食道学会、めまい・平衡学会など

いろいろありますが、

今度参加する耳鼻咽喉科臨床学会は、

その名の通り臨床医のための学会なので、

臨床に直結する知見が得られ、参加しがいのある学会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎的な研究、体内化学物質の解析、動物実験、疫学的統計などの発表は、

どうもあまり性に合わず・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなので、初めから全部聴こう、と思っていたのですが、

なんと学会開始後最初のセミナーは朝の8時半から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえ、前日診療終了後に東京に前泊し、

翌日始発の新幹線に乗っても

広島駅に着くのは9時38分。

いっぽう前日広島行きの終電は東京駅20時発なので

6時半まで外来やった後では間に合わない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、ワタシの得意技(?)、寝台特急が浮上しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事が終わった後、東京まで行き

21時50分のサンライズ瀬戸・出雲に乗れば、

朝6時27分に岡山着。

6時51分のひかりに乗って、7時34分に広島駅に着きます。

そうすれば受付をして8時半からのセミナーに間に合うはず。

西村京太郎もビックリのカンペキな時刻表トリックではないですか。

飛行機も高速バスも時間的に無理なので、

おそらくこれが唯一の手段でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、この手は過去にも使ったことがあり、

広島や山口の学会の時に実践済みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題は、車両に8室しかないツインの部屋を獲れるか、ということ。

毎回、瞬殺で売り切れちゃうらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅行会社に頼む手も考えましたが、

JRの予約サイトで自分で申し込むことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  発売開始は1か月前、ということで

朝9時にインターネットを開いたがつながらず。

即完売かと焦ったが、確認したら発売は午前10時からであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気を取り直して10時ちょうどにアクセスするが、

画面上サンライズツインは残り僅か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いそいでクリックしてキーボードを打ちまくるが、

手続き途中で「ご用意できません」になってしまい、

取り逃がしてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 慌てて、次善の策としてシングルツインというB寝台を確保。

これは部屋はシングルなのだが、

壁から補助ベッドを下ろすと、2段ベッドになって

コンパートメントを2人で利用できるというモノ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いかにも手狭でゆったり感はないが、仕方がない。

というよりも個人的にはこういう方が好きだったりします。

ともかくこれで、学会はスタートから聴講できそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、喫煙席しか取れなかったので、そこが心配。

JRはもういい加減、喫煙席は廃止して欲しいです。

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.28

日耳鼻神戸2022 第2日目 ひさびさの現地開催に参加して

 続きです。

 

 

 

 2日目の朝。

7時に朝食会場へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バイキングの品目は数多くあるのに、

何故か2人とも2日続けてほぼ同じものを選ぶのであった。

しかも、2人の間で重なるメニューはコーヒーのみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっとずつ、減ってきてるのでしょうか。

昨日より兵庫は250人、関西圏では1200人減っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今日は帰る日なので、まずは荷物をまとめチェックアウト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午前中は第1会場ですが、最後のランチョンセミナーが第4会場なので、

国際会議場の方のクロークに荷物を預けます。

この会場は誠にメンドクサイ。

会場到着はまた一番乗りでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午前中はシンポジウムと共通講習を聴いて単位を稼ぎ、

最後のランチョンセミナーは

アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎の新しい疾患概念について学びました。

お弁当は持ち帰りにして、一生懸命ノートを取りました。

お弁当を食べながら聴講するのは実は嫌いです。

しかし、またまた、このパッケージ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、学会場を離れ新神戸駅の自動切符売り場で一番早い新幹線の切符を買い、

ホームに上がったら、なんと40~50分の列車遅延。

あわてて、みどりの窓口に行き列車の変更をしますが、長蛇の列。

自動切符売り場には遅延の情報は反映されないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんとか、変更に成功。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 13時50分発ののぞみより、14時10分発ののぞみの方が早く来るとはどういうことか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、数分の遅れでのぞみ110号はやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで昼食にありつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、賢明なる読者諸兄の中には、

すでにお気づきの方も多いと思うが、

ワタシがランチョンセミナーでお弁当を食べなかったもう一つの理由は

このキリン一番搾りにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゆえに、列車の遅延で最も心配していたことは、

駅で買ったこの缶ビールが温まってしまうのではないかということ。

ぷはー、ギリギリ、大丈夫でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回学会に参加してみて感じたのは、

現地に行っていろいろ飲み食いするのも楽しいのですが、

2年間のブランクの間にワタシの知らない知識や知見が数多く出てきていたということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 雑誌を読んだり、オンデマンド学会も聴いていたはずなのですが、

やはりライブとは真剣さやインパクトが違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに免疫学の進歩により

アレルギー疾患の分類に対する概念の変化は、

ちょっとした危機感さえも感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、開業医が日常診療をUp to dateするためには

学会参加は欠かせないと痛感しました。

2日間でとったノートは33ページ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、今後は積極的に学会参加したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.27

日耳鼻神戸2022 第1日目とディナークルーズ

続きです。

 

 学会1日目。

関西のコロナはこんな感じ。

減ってはいるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝7時ホテルで朝食。

ワタシは必ず和食、妻は洋食なので和洋バイキングがベスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早く行ったので、窓から外がみえる席がとれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この食後のコーヒー取りに行くときの手袋着用はメンドクサイな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関西のNHKはいろいろ新鮮。

朝ドラ送りは必ずボケとツッコミをやるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ、出陣。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場はポートピアホテルと隣接する神戸国際会議場に分かれるが

まずは国際会議場に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お約束の写真。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして受付、登録。

事前登録で参加費も支払い済みなのでカードをピーするだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は事前登録をすると名前入りの参加証が送られてきていたが、

今回はまた手書き方式に戻った。

使用済み、ってペンからコロナはうつらないと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番に会場入り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 予稿集を見てあらかじめ決めておいた教育講演の1~3を聴講したのですが、

実はこの講演は聴講しても単位が取得できません。

でも、こっちのほうが知識として役立つと思ったので。

ジェンダーギャップあまり関係ないし、言語聴覚士を今さら雇う気もないので。

だが、なぜ、勉強のための教育講演に単位がつかないのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、お昼はランチョンセミナーを聞きました。

当院でも数多く行っているリティンパによる鼓膜再生手術のセミナーです。

先にも書いたように、この会場は周囲に適当な食堂がない。

ランチョンセミナーのお弁当は助かりますが、

2017年の専門医講習会の時には昼食難民になって苦労したなあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、食欲をそそらないパッケージだこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穴子のお弁当は美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、昼休みは腹ごなしと、歩数稼ぎのためにちょっと散歩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場の南にある「南公園」は何もない公園でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セミの抜け殻がいっぱい。

夏はさぞかし賑やかなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後の特別講演を聴くために会場に戻ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は第1会場ポートピアホール。

特別講演は神戸出身の楽天の三木谷浩史氏の講演でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然ながら三木谷氏の講演は大変面白く、

さすが世界的な実業家らしく、

おーこのヒト、アタマ切れるなあと思いましたが、

文系のエリート、実業家というものは

また、ワレワレ理系の人間とは全く違った資質を持った人種なのだなあ、と

改めて強く実感しました。

普段は、科学者や技術系など

理系の成功者の話を聞くことが多いのですが、まったく違う印象でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、同じ会場で18時20分までワクチン関係のシンポジウムを聴き

1日目は終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜のお楽しみは、ディナークルーズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、横浜の学会の時にディナークルーズが楽しかったので

神戸でも検索して予約しておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとお天気が心配ですが、知床のようなことは無いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7時半スタート。乗船です。

客室チーフの男の人が関西ギャグ連発で圧倒されました。

「この先、お足元お気を付けください。

もっとも下、海なんで足元何もないんですけどね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早い時期に予約したせいか、前方の良い席でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日続けての贅沢なディナー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもまた(これこそが?)学会の楽しみ。

まあ、開業医は学会でもないとなかなか旅行できませんから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日に続いてメインは神戸牛ですが、今夜はフレンチで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中でデッキに出て夜景を眺める時間があり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、乗客はカップルばかりですが、

若いカップルばかりでワレワレはダントツの最高齢。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、それもいいじゃないですか。

皆様も末永くお幸せに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜入籍、というカップルも紹介されていましたが、

こちとら結婚後32年です。

この写真は例の楽しい客室チーフが撮ってくれました。

「はい、いいですかー、せーの、あわじー」

こちらでは「チーズ」ではなく「あわじー」というらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

船内に戻ってから雨足が強くなりました。

ラッキーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートも頂き、また、明日ガンバリマス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.26

姫路城と鉄板焼き 日耳鼻神戸2022

 続きです。

 

 

 

 

さていよいよ本丸を攻めます。

それにしても美しいお城です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修学旅行生がいっぱい。

修学旅行も再びできるようになって良かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、高台の上にある姫路城。

暑さの中、ここに来るまででもうへとへとです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、お城の中はひんやりして、涼しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ここは地階。

階段を一番上の6階まで上がらなければなりません。

果たして、行けるだろうか。

名古屋城や大阪城はエレベーターがあるが、ここには無論そんなものはアリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、一階ずつ地道に登っていきます。

姫路城は最上階まで貫く2本の心柱で支えられている

というのはプロジェクトXでやってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上がるにつれ、風が涼しく心地よい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ついに最上階へ。

もう、上着はリュックにしまい、タオル首掛けのスタイルです。

マスクとりてー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、スバラシイ眺め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国宝、世界遺産、やはり一度は登っておくべき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、登ったら、降りる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下りがけっこう急で怖い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは慎重に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、戦国時代のお城ならではの見所もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事、帰還。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下から見ると改めて迫力があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、その後は西の丸。

百閒廊下。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここもかつての面影を残しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらから見る天守閣も見事。

手前の方が修復が新しくより純白です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて国宝姫路城を堪能した後は神戸に向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学会場である神戸ポートピアホテルにチェックイン。

ちょうど海の向こうに陽が沈んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕食はホテル内のレストランで神戸牛をいただきます。

思えば、今日は朝も昼も駅弁だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このホテルはポートアイランド内にあるので、

近くに飲食場所がありません。

なので、ホテル内のレストランを予約しましたが、

我々の後ろの席は日耳鼻理事のOKB先生のグループのお席でした💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄板焼き、テッパンだ。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のシェフは若いお姉さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシはロースを、妻はヒレを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかく神戸に来たからには、というやつですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯はこうやって炊きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

炊き上がり、お見事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これをガーリックライスでいただきます。

サイコーですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は1日よく歩いた。

さて、明日からはお勉強です。

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.25

3年ぶりの旅行、旅のお楽しみは駅弁です

 さて、3年ぶりの学会出張です。

早朝に家を出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、まだ5時前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前は、こんな早朝に出発することはあまりありませんでした。

ひとつはレディアを預けなければならなかったため、

もうひとつは早朝にタクシーを呼ぶのが難しかったため。

最近は、駅まで歩きなので、問題なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、特急がない時間帯なので普通電車で館林乗り換え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに久喜で上野東京ラインに乗り換えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、7時7分の「のぞみ205号」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうしても、朝食は新幹線で駅弁食べたかったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 駅弁を電車で食べるのが大好きなのです。

このシアワセが戻ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、新大阪にて乗り換え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、今日の降車駅は新神戸ではなく、姫路なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何を隠そう、学会は25日から28日だが、

学術講演会は26日から。

今日25日は、ちゃっかり「観光」の日です。

どうか、大目に見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 姫路と言えば姫路城。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、2人とも行ったことがないので、

行けるときに行っておこうという考えです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その前にもう一つ、

この旅行中に達成しなければならないミッションがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが大好きで、このブログにもたびたび登場した

崎陽軒のシウマイ弁当。

なんと、姫路の弁当屋ガコラボして、

昨年から発売してるという情報を入手していました。

これは絶対押さえておかなけれなイケナイ。

崎陽軒の860円に対し100円高いのはライセンス料でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをゲットして、姫路城に向かいます。

それにしてもアツイ。

今日は真夏日。

政府の提言にもかかわらず、

姫路の人は全員マスクをしているので、

郷に入っては郷に従うしかないワレワレ関東人は

何となくマスクを外せず。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 姫路城までは駅からまっすぐ一本道、遠くからお城も見えて迷う要素もなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お城の前の交差点で信号待ちをしていると

人力車車夫のお兄さんに声をかけられ、

お城の見所や観光ルートを教えてもらう。

千葉県松戸出身で、以前は浅草で人力車を弾いていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 写真も撮っていただき、感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人力車に乗らないのにこのサービス。

姫路に移り住んで本当にこの地が好きになった故だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、お城に向かいますが、まずはどこかでお弁当を食べたいなあ。

と、目に留まったのがここ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よしココだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天気もいいし(良すぎるけど)ここでいただきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 崎陽軒の黄色ベースに対し、赤ベースの包み紙。

横浜の龍に対し、虎。

水晶玉にうつるのは

崎陽軒はみなとみらいや横浜ベイブリッジ、氷川丸といった横浜名物であるのに対し、

こちらは姫路城のほか太陽の塔、通天閣や大文字の送り火、奈良の大仏まであり

関西オールスターキャストと言ったところです。

崎陽軒は以前撮ったもので今回並べて食べたわけではありません。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中身はこんな感じ。

上が関西、下が崎陽軒。

大まかな配置は同じだが、

アンズは黒花豆に、

「筍煮」は姫路名物えきそばの出汁で炊いた「拍子木切り筍煮」に。

「鶏の唐揚げ」は「鶏のあご出汁唐揚げ」に。

「鮪(まぐろ)の漬け焼」は「鯖(さば)の幽庵焼(ゆうあんやき)」に。

「玉子焼き」は関西風「出し巻玉子」、

昆布と紅ショウガが柴漬けと大根のお漬物になってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カラシ、しょうゆの入れ物も違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マグロがサバになってるのは一番大きな変更点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的にはサバよりマグロの方がいいなあと思いましたし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何よりも、崎陽軒のシウマイ弁当の中で

重要な役割を演じる甘じょっぱい筍煮が、

あっさりメンマ風になっているのは大きな減点といえよう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レンコンもイマイチかな。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、まあ、実食できて大満足でした。

途中からハトが弁当のおこぼれ目当てによってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近い!

観光地のハトは大胆です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局ありつけず、枝を咥えていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 動物園はこぢんまりしていましたが、

ライオンや、キリン、ペンギンもいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方、ブタやウサギも飼育されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、この暑さでレッサーパンダもカバもグロッキー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、それではいよいよ登城しますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 長くなったので、次回に続く。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.24

日耳鼻神戸前日

 5月25日(水)から3日間、

日本耳鼻咽喉科学会参加のため休診です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前日は、その準備、旅支度に大わらわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なにせ2019年以来学会の現地参加はなし。

2泊3日の旅行で、何をどう持っていけばいいのか

頭の中でシミュレーションをして、

スーツケースにパッキングをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、スーツケースを開けたら、

3年前の学会の際に持ち帰ったと思われる、

パンフレットやヒゲソリ、ティーバッグやらが出てきて、

長いブランクを実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昼休みに準備したいところですが、

あいにく学校健診があり、

しかも自動車税を今月中に払わねばならないことに気づき、

健診前にコンビニまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昼飯作る時間がないので、お昼はコンビニ弁当でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一番心配していたのは、

火曜日の外来で新型コロナ疑いの人が来院した場合、

PCR検査の結果を翌日連絡できないので、

どこか他の医療機関に依頼しなければならないということでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ここのところの収束モードで、

今日はなんと、そんな患者さんがゼロ、

ということで、事なきを得ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、3日間の休診、ご迷惑おかけします。

忘れ物はないかしら。

 

 

コメントはまだありません
2021.12.06

リモート学会

リモート講演会に続き、週末は学会もリモート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月20~21日に横浜で開催された

日本耳鼻咽喉科学会専門医講習会のオンデマンド講演を

終日聴講しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専門医講習会というと、専門医の資格を更新するために

単位の取得が必須であり、

朝から晩まで会場にカンヅメになり、

場合によっては昼飯を食う時間にもこと欠くような、

スパルタ講習会であるが、

リモートは、ユルイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自室のパソコンで、好きな時間に聴けるので、

便利といえば、便利だが、

コーヒーを飲みながらとか、

場合によってはプラモデル作りながらでも「聴講」できるので

講義の内容が右から左に抜けてしまうこともしばしば。

妻は編み物しながら聴いてるらしい、ナイショですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際の学会のときには途中で退出できないので、

開始前のトイレに行って準備をしておくのだが、

(特に最近はトイレが近いので)

リモートは早送りはできないが、途中で一時停止はできるので、

トイレに行くことや、その他用足しも可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらには、実際に聴いていなくても

パソコンでそのまま動画を流しておけば

聴講した、ということになってしまうわけだが、

これは会場で最初から最後まで

ほとんど寝てるセンセイもよく見かけるので、

まあ、実際には同じことでしょうか。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場で聴くときには、必ずノートをとりながら聴講するのですが、

なかなか自宅ではそこまで気合が入らない。

聴きなおしや、時間帯の重なった講演も聴くことが出来るので

ヤル気さえあればリモートの方が勉強になるはずだが、

やっぱ自分の部屋だと、他人の目もないし、

つい気が緩んで、そこまで集中できないんだなあ。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.11.27

ひさびさの外食ディナー

毎年11月といえば、耳鼻咽喉科専門医講習会で

日本各地に赴き、がっつり勉強して

夜はその土地のうまいもんを食べる、というのが

30年来の慣例であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが新型コロナの影響で去年からリモート開催になり、

今年は現地参加もできましたが、

一応大事をとってリモートの参加にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、せめて、たまには外食しましょう、

ということで、今夜はここに。

今年2月以来ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、第4波、第5波の襲来で、外食どころではありませんでしたが、

ワクチン接種の普及によりやっと外で食事ができるようになってきました。

入り口で検温。

これは、当分続くのだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルコールを飲むので、

当初は歩いて行って帰りはタクシーという計画もありました。

最近の1万歩習慣の「足し」にしようと。

片道45分は歩いて歩けないことはないと思いましたが、

週末から急に寒波が襲来し、

クルマでいって代行で帰る、という作戦に変更。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルマ運転しながら、

やはりこの寒さでこの距離はきつかったなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前の学会の思い出など語りながら、

美味しいディナーをいただきました。

まだ今回のリモート学会は聴いていないので。

本来なら、勉強したご褒美のご馳走なんですが、

今回先にご褒美をいただいてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご馳走様でした。

 

 

 

 

さて、講習会の配信聴かねば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.16

手術の動画

日本耳鼻咽喉科学会総会の動画配信を見てますと

いろいろ思うところがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般の日常診療に役立つ最新のトピックスもあるのですが、

手術手技の紹介や手術法の教育的講演などもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 動画によって紹介されるそれらの手術の様子が、

最近の画像テクノロジーの進歩により、

大変スバラシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレが研修医だったころは

手術はひたすら手術書を読んで、内容を頭に叩き込み

手術は術者の横からのぞかせてもらって、

覚えたものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 手術書はシェーマと呼ばれる線で描いた略図が主体で、

もちろん白黒です。

当然、連続画面ではなく、途切れ途切れの静止画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足りない部分は頭の中で再構築しなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、略画のイラストと実際の手術では

大きな開きがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そもそもオペ書には、血が描いてないんだよなー。」

とは、ワタシの何年か上の先輩医師が言った言葉ですが

けだし「名言」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、耳鼻咽喉科の手術は術野が狭く、

のぞき込むような視野の手術が多いので、

術者以外は手術してる場所が見えない、

という場合が大変多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、今はどうだ。

手術映像はハイビジョン画質で手術室の全員が共有できるし、

自宅のパソコンで手術の予習復習をすることも意のままです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、研修医のころこんなのがあったら、

オレももっと手術が巧くなっていたのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もはや、この歳になって、しかも開業医の身では、

新しい手術の習得などは関係のない話であるが、

こんな手術、やってみたかったなあ、

と一抹の寂しさを覚えつつ学会の配信を見ています。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.08

ズルするAI

 日耳鼻の学術講演をリモートで聴いてますと

臨床的に面白い、役立ちそう、といった内容もあるのですが

それ以外に「ネタ的な」話題もあったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近年医療分野でもAIの導入は着実に進んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 画像診断の面でのAIの話題では、

良性腫瘍と悪性腫瘍の写真を何枚も何枚も学習させて、

AIに良性か、悪性かを診断させる話が講演されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 数多く学ばせることにより、

診断の精度が上がるのは当然なのですが、

ソフトを作ってる人は途中からあることに気づいたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それは写真に写りこんでいるメジャーの話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレは摘出標本や皮膚病変を写真に撮るとき

腫瘍の大きさを測るための「物差し」を一緒に写し込むことが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、それはとってしまえば終わり、

の良性腫瘍のときよりも

その後の追加治療の必要性や

病変の進展度合いを把握することが重要な

悪性腫瘍の場合に圧倒的に多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんとAIはメジャーが写り込んいることを

「悪性判定の手がかり」として使っていたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 完全に「ズル」ですね。

やるなあ、AI。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また別の事例では胸部レントゲン写真の気胸の読影で

肺野ではなく胸腔ドレーンの有無を診断の手がかりにしていた

というのもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、なんかムカシ自動車教習所の縦列駐車で教官から

「いいか、まっすぐ下がって

後ろの窓に3本目のポールが見えたらハンドルを右いっぱいに切れ」

なんという指導を受けたのを思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなの実際には意味ないなあ、と思いつつも

それで卒検一発でクリヤーできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、免許を取って50年。

いまだに縦列駐車は苦手です。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ