ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.05.19

DAZNのF1

先日、渋谷のオーチャードで檀ふみさんとトークライブを行ったサッシャさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全然知らない、何者?と思っていましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はDAZNのF1中継のアナウンサーのヒトでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解説の中野信治さんとともに毎回声を聴いていたのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、マイアミは完全にノーマスクだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年のF1は絶対王者として君臨していたメルセデスが勢いを失い、

昨年のワールドチャンピオンを獲得したレッドブルと

今年開幕から大躍進してるフェラーリの2強の構図になって

なかなか面白い展開ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何しろ、今年のフェラーリはマシンがカッコイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホンダファンとしてはHRDがかかわるレッドブルを応援してますが、

ホンダロゴがないと、いま一つ燃えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ここでフェルスタッペンが勝って、首位との差が縮まって

チャンピオンシップ争い、コンストラクターズタイトル争いが

どんどん盛りあがることは歓迎です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は鈴鹿、行けるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.04

1/20 マクラーレンMP4/2C 1986年ポルトガルGP

さて、このマシンを作る目的はなんといってもこのカラーリング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤白がトレードマークのマルボロマクラーレン史上、

唯一の「黄色いマルボロ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、通常の赤白にもできるが、

このキットのを作る人の9割は黄色い方で仕上げるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この黄色いカラーリングは、

1986年のポルトガルグランプリの2nd.ドライバーの

ケケ・ロズベルグ限定仕様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このカラーリングの理由はおそらく

新商品「Marlboro Gold」の発売のプロモーションでしょう。

日本では「マルボロライト」の名称で1987年発売の

このタバコのパッケージは従来の赤白から金白になっていました。

実はこの写真、ワタシが当時吸っていたタバコの空き箱。

今や禁煙指導医のワタシも35年前はタバコ吸ってたんだよなー。

ホント、バカでした。

新婚旅行で1990年にヨーロッパに行ったときに

買ったタバコがMarlboro Goldだったのを記憶しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キットはプラッツブランド。

金型は中国製らしいが、近年マニアックなクルマをリリースしてくれるので

ありがたいブランドです。

お値段が高いのが玉にキズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然黄色で行きますよ。

マスキングの手間を考えると黄色が先の方がラク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何回このマルボロの塗分けをしたことかですが、

イエローは無論初めて。

新鮮です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、Marlboroロゴは当然付属していませんので、

ここはサードパーティーのデカールを使うしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

値段がバカにならない。

実はどうもタバコのマルボロブランドが無くなるらしいので、

そうするとロゴデカール解禁でいいのでは、と思いません?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりこのマシンに関してはMarlboroのロゴなしには立ち行きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくて完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラーリングが金色で無くて黄色なのはなぜか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはおそらくテレビ中継や写真に撮ったとき、

Goldに見えるようにするためでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま金色を塗ったばあい、

太陽光線下ではテレビや写真では金色はやや黒っぽく見えてしまいます。

黄色の方がイメージに近く見えるようです。

マルボロレッドもタバコパッケージではやや濃い赤ですが、

同じ理由でマシンにはもっと明るい蛍光レッドでペイントされています。

この辺の計算で選択されたイエローでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時代のF1はシンプルでカッコイイ。

ドライバーのケケ・ロズベルグは

1982年にウイリアムズでワールドチャンピオンに輝いたフィンランド人ドライバーだが

この年、マクラーレンに移籍してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時のマクラーレンのナンバーワンドライバーは

前年のチャンピオン、アラン・プロスト。

このキットは以前作ったプロター社製1/12。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チームメイトのアラン・プロストが

この年2年連続のワールドチャンピオンを獲得した一方、

ケケは年間最高位2位、総合6位に終わり、

この年限りでF1を引退しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このイエローカラーのポルトガルGPも

リタイアに終わったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そののち、息子のニコ・ロズベルグが2016年にワールドチャンピオンに輝き、

グラハム・ヒル/デイモン・ヒル親子に続いて

史上2番目の二世代ワールドチャンピオンになりました。

このポルトガルGPの30年後のことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、このために作ったといってもいい

赤白MP4/2との共演。

プラモデルの楽しみは並べてみること。

レッドは1984年のMP4/2、

イエローはMP4/2Cで1986年のマシンなので

ウイング等若干違いがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これぞ、プラモデルの醍醐味。

見てるだけで楽しい。

やはり、マルボロレッドの方がしっくりきますが、

イエローも悪くないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1986年のケケの引退後、

マクラーレンはセカンドドライバーにステファン・ヨハンソンを迎えるが

彼は1年でチームを離れます。

そして翌1988年、ヨハンソンに変わってアイルトン・セナが

ロータスからホンダエンジンとともに移籍してきて

伝説に彩られたドラマチックな「セナ・プロ時代」を迎えるのです。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.04.05

フェアレディ240Z 1972年モンテカルロラリー

からの、モンテカルロラリー仕様。

同じくハセガワの1/24。

カウンターステアを当ててる箱絵がカッコイイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、サファリ仕様とは並行して同時に作っていました。

塗装も同じ、共通部品も多いので作業効率が上がります。

なんせ、人生の残り時間が限られているので、、、。

フードに穴があけてある方がサファリ仕様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モンテカルロラリーはWRCの中でも最も伝統あるラリーで、

F1のモナコGPに相当しますかね。

(場所も同じだけど。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぱっと見の特徴は、フロントのこの4連ライト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モンテカルロラリーは何と言っても

雪のチュリニ峠越えのナイトステージが見せ場です。

そのためのこのライト。

以前もモンテカルロで活躍したクルマを作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、雪かき用のスコップも、サファリには無い。

あたりまえだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロントフードには大きく「DATSUN」の文字が見えますが、

「フェアレディ240Z」は欧米では「DATSUN240Z」

のネーミングで販売されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダットサンは日産自動車のルーツにまつわるブランド名ですが、

海外では「ダッツン」という発音で認知されていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ブルーバード510で1970年のサファリを制し、

翌1971年には240Zでサファリラリーを連覇した日産ですが、

車体が重く、FRである240Zは、

雪の山道のワインディングロードでは不利で

イコールコンディションのサファリと違って

地元で走りなれたヨーロッパ車に苦戦を強いられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日産は同一車種でのサファリ、モンテカルロの

両ラリー制覇を目指していたそうですが、

結局このクルマによる1972年の総合3位が最高位でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、後から気づいたんですが、

このトゥドはあのジャン・トッドですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが知ってるジャン・トッドの最初は

1987年からプジョーを率いて

パリダカールラリーで4連覇を成し遂げたチーム監督としての姿です。

三菱パジェロは常に彼の前に苦杯を舐めていました。

その後、低迷するF1のスクーデリア・フェラーリに招かれ、

1993年途中から鳴り物入りで総監督に就任すると、

1991年以来未勝利であったフェラーリに4年ぶりの勝利をもたらし、

1999年から2004年まではコンストラーズタイトル6連覇、

ドライバーズタイトル5連覇という黄金時代を築きます。

その後2006年にフェラーリのCEO、

2009年から2021年まではFIAの会長を務めたという

モータースポーツ界の超大物ですが、

最初は、日産のコドライバーだったんですね!(◎_◎;)

初めて知った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、日産ラリー黄金時代の名車。

DATSUN240Zを2台、ロールアウトしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうちフェアレディに先立つブルーバード510も紹介します。

コメントはまだありません
2022.04.04

フェアレディ240Z 1971年サファリラリーウイナー

この間のシボレートラックにちょっと写っていた

フェアレディ240Z。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年になってから2台作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっかけはこの本。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなかマニアックは内容でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシが子供の頃、モータースポーツに興味を持っていた時分には、

海外で活躍する日本の自動車メーカーは、

F1のホンダと、ラリーの日産だけでした。

日産はブルーバードに続きこの240Zでサファリラリーを制し、

カー少年だったワタシに強いインパクトを与えました。

タミヤの1/12のキットが有名ですが、

もう随分前に作ってあるので、

今回はハセガワの1/24です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、かっちょえ〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェアレディZは、そもそもがそれまでの日本車にはない、

流麗なレーシングクーペのフォルムですが、

サファリ仕様になって逞しさが加わってさらにカッコいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性に人気の美形の2枚目俳優が、

新境地で男くさい役を演って、

男性ファンもぐっと増えた、みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サファリ仕様の最大の魅力は

このフロントフードに埋め込まれた補助ライト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、フェンダーにも補助ライト。

アフリカの道なき道を舞台に開催される

世界一過酷といわれたサファリラリーをゆく240Zは、

子供の目にはマッハ号のように見えたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨今のラリーカーはヤリスやフォーカスなど

コンパクトカーになってしまいましたが、

昔はこんなカッコ良いクルマがラリーを戦っていたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロングノーズ、ショートデッキは、

かつてのスポーツカーのフォルムの代名詞でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、このあとはモンテカルロ仕様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.01.04

F1最終戦と雑誌「F1速報総集編」

 昨年の話になってしまいますが、

レッドブルホンダは、最終戦アブダビGPで逆転優勝を決め、

マックス・フェルスタッペンに

初のドライバーズチャンピオンをもたらすとともに

2021年シーズンをもってF1から撤退を発表したホンダも

有終の美を飾った形になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 史上初の同ポイントで迎えた最終戦、

ポールのフェルスタッペンは

2位ハミルトンに出ばなでかわされるが、

イエロー後の最終ラップでソフトタイヤで逆転、

1位でチェッカーを受け、チャンピオンに、

という天皇杯決勝のような劇的な結末でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画などであったら都合よすぎるシナリオだが、

天皇杯といい、現実にはドラマより

ドラマチックなことがあるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、これでホンダが撤退というのは

ホント、残念過ぎますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年も日本グランプリは開催されず。

代替開催となったトルコGPでは、

本来日本グランプリで走るはずだった

ホンダのアニバーサリーカラーをまとった

レッドブルのマシンが走りました。

第1期の白地に日の丸のホンダのマシンをイメージしたそうだが、

レッドブルカラーが入ってるので、

なんか錦鯉みたいな印象でしたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホンダの撤退は

カーボンニュートラルを目指す会社の方針のため

と聞いていますので、

近い将来F1のレギュレーションが、

その方向にシフトすれば、

きっとまたF1に戻って来ることを信じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、アメリカやメキシコ、

ブラジルで開催できるのに、

なぜ、日本で開催できなかったのだ。

オリンピックの時はもっとコロナ感染者多かったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ここからが本題です。

1月2日のことでした。

ふと思い出して、年末に出たはずの毎年購入している雑誌

「F1速報2021年総集編」を買っておこうと、

アマゾンのショッピングサイトを開いたら、ナント完売。

楽天ブックスもその他のサイトもすべて完売、入荷予定なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 な、なんてこった。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あわてて、夕方ワンダーグーに行ったら、

果たして1冊もなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 家に帰ってさらにネットを検索すると、

ヤフオクやメルカリなんかでは定価よりだいぶ高い価格で

出品されているではないか。

毎年、フツーに変えたのに、

やはりホンダのチャンピオン効果?

それほどF1のファンが多いとも思えないが、

まさかの転売屋の買い占めか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーむ、こんな値段で買うのもクヤシイが、

干支鈴と同じで毎年買ってるので、

やはり揃えておきたい。

まして、ホンダがチャンピオンとった年だし。

端から端まで熱心に読むわけではないが、

模型作りの資料としていつも重宝するので、

必ず買って保存しています。

(しかも今回はたぶん、優勝マシンに関しては

タミヤからキットが出るだろうと踏んでいる。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、翌1月3日になり、

メルカリでの購入を考えた矢先、

フッと、そうだ、文真堂も見てみるか、

と思い立ちクルマで行ってみたところ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 難なくゲット。

最後の1冊とかではなく、ドカンと平積みされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、田舎はツヨイ、としみじみ実感しました。

めでたし、めでたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.08

マクラーレンM8A

F1もル・マンもインディ500も、WRCも、

昔からずっと続いているモータースポーツ・イベントであるが、

中には一時的に非常に盛り上がったが、

今は存在しないものもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CAN-AMシリーズと聞いても、今の若い人は分からないかと思うが、

1960年代絶大な人気を誇ったモーターレースであった。

正式にはカナディアン‐アメリカン・チャレンジカップ、といい

日本でも「カンナム」の通称で通っていました。

この間作った「シャパラル2E」が戦ったレースイベントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2シーター、オープンカーのレースで、1966年から1974年までが第一期、

第二期は1977年から1986年まで開催されたようですが、

もっとも人気のあった1967年から1971年あたりが、

ワタシの小学生時代レーシングカー大好きだった時代と同じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時代、カンナムを席巻していたのが、マクラーレン。

F1コンストラクタ―のマクラーレンですが、

もともとはブルース・マクラーレンという

ニュージーランド人ドライバーが始めたレーシングチームでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、今回のタミヤ1/18マクラーレンM8A。

作ったのは去年です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年に再版されましたが、もともとは1970年発売のこのキット。

発売時は1000円。

当時小学5年生だったワタシは、1/32や1/24の

100円から500円くらいまでのプラモデルを作っていたので、

この1/18チャレンジャーシリーズは敷居が高く、

手を出せませんでした。

当時はみなモーター内蔵で走らせて楽しむプラモデルでしたので、

電池を入れる場所やスイッチ類もモールドされていますが、

これらのギミックは再版ではすべてオミットされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時の自分にとっては、とても完成できないような複雑なキットだったのですが、

今、この歳になってみると、こんなスカスカだったのか、という感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マクラーレンのチームカラーはパパイヤオレンジ。

ワタシにとって「マクラーレン」といえば、ずっと、こちらでした。

その後、1988年からのマクラーレン・ホンダの時代になって、

やっと赤白マルボロカラーのイメージになるのですが・・・。

ということで、オレンジを塗ってみますが・・・・・

うーん、なんか頭にあるイメージと違うなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、イエローを増量して再調整。

うーん、こんなもんかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するにパパイヤオレンジは、オレンジではなく、むしろ黄色であった。

黄色といっても総武線の黄色ではなく、銀座線の黄色ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくして、完成。

素組みというのもあるが、なんだかやたらあっさり完成してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チーム・オーナーのブルース・マクラーレンが、自らハンドルを握っていました。

ニュージーランド出身の彼にちなんでチームのシンボルマークは「キウイ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとはモーターで走るキットなので、無人車が走ってはおかしいというわけで

ドライバーの人形が付属しています。

つまり、このヒトがブルース・マクラーレンさんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「呼んだー?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

首は真鍮線を入れているのでクルクル回ります。

わき見運転は、イケマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期、オープン2シーターのカンナムスタイルは日本でもブームで、

1968年の第5回日本グランプリではニッサンR381とトヨタ7という

ワークスのオープン2シーターマシンがエントリーされた。

優勝したニッサンR381は、

当初は屋根のあるスポーツプロトタイプでプレスリリースされたが、

本番ではオープン2シーター仕様になっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、このブルース・マクラーレン氏は1970年テスト中の事故で帰らぬ人となる。

わき見運転が原因ではないはずだが、

この時代、レーシング・ドライバーの事故死は非常に多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本でも同じようなオープン2シーターである

トヨタ7のテストをしていた福沢幸男、河合稔の2名が相次いで事故死。

1969年に亡くなった福沢幸男氏の恋人は小川知子さん、

1970年に亡くなった河合稔氏の奥様は半年前に結婚したばかりの

「オー!モーレツ」の丸善石油のCMで有名だった小川ローザさんだった。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.04

1/24 ローラT-70

ユニオン1/25のクラシック・レーシングカーの第3弾は

ローラT-70。

「ローラカーズ」の歴史は長いが、

フォードやフェラーリ、ポルシェなどのメーカーではなく

基本的にはシャシー・コンストラクターです。

F1や各カテゴリーのフォーミュラ、スポーツカーレースに

数多くのクルマを提供、

1967年第1期ホンダF1の2勝目を挙げたRA-300も

エンジンはホンダ製だがシャシーはローラがその基本を担当しており

Honda+LolaでHondola(ホンド―ラ)とも呼ばれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最上級者向け、同じ内装です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 懐かしのチューブ入り接着剤が入っていますが、

モチロン使えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 完成。

実車は1965年に発表されたオープン2座席スポーツカー。

1966年に初代Can-Amチャンピオンを獲得とありますが、

カンナムの記事はあまり当時紹介されていなかったので

当時のこのクルマの活躍をワタシは知りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、空力デバイスのいっさいない

これぞレーシング・カーというスパルタンなスタイル、

いいですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストライプのデカールが、

フロントの部分がエアインテークの上方だけだったのですが、

実車写真からは口を取り囲むようなデザインだったので、

下半分は塗装で追加しました。

ちょっと曲線のカーブが不連続。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドライバーはシャパラル2Eと「同じ人」ですが、

レーシングスーツの色とヘルメットのバイザーの色を変えております。

ゼッケンはちゃんと4枚分ありました。

こうして見るとアルミのドカ弁風だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メタリックブルーもクラシカルアメリカンな感じがして似合っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても平らなクルマだこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はこのクルマは、あののちにルマンを征する

フォードGTのベースになったクルマだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、ルーフがついてクローズドボディになった

ローラT70Mk.Ⅲはのちにタキレーシングチームによって日本に輸入され、

1968年の日本グランプリを戦います。

そのマシンはタミヤから1/12ビッグスケールでモデル化されてますので、

そのうち作ります。

(キットはもう20年近く押し入れに眠っています。)(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.03

1/25フォードGTマークⅣ

そんなそんなわけで、マニア、上級者限定キット第2弾。

フォードGT Mk.Ⅳは1967年のルマン優勝マシン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらくオリジナルはシャパラル2Eと同時期同メーカーでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 同じく厳重な包装。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はフォードGT40Mk.Ⅱはフジミから1/24のキットが出ていて

1966年のルマン優勝車はもちろん、他のゼッケンのルマン出場車のほか、

デイトナ、セブリング、モンツァ1000km等

当時のほかの耐久レースの出場車も、

そして、その後プライベーターとしてルマンを征した

1968年、1969年のキットも出てるんですが、

この1967年のマークⅣは、これがおそらく唯一のキット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 細かいディティールアップはしませんが、

フロントカウルのフィンはいかにも厚いので

薄くしておきます。

元は左の厚さ、右は削って薄くしたところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヘッドライトもメッキの無垢なので、

削り落とします。

ここにメタルテープを貼り、

その上に適当な透明パーツで作ったレンズを載せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出来上がり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、完成ですが、一番苦労した点はデカール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゼッケンナンバーはこの時代

両サイドとボディ上部2か所の計4か所にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、キットには3枚分しか用意が無く、

完成写真でも後ろのゼッケンはありません。

これは明らかにミスです。

タミヤあたりならアフターサービスパーツを取り寄せるところですが、

この場合はそうはいきません。

もっともタミヤならそんなミスはないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、これは白デカールにコピーして自作しました。

メンドクサイったら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、当時はビミョーと思ったこのMk.Ⅳのスタイリング。

なんか今見るとすごくカッコイイ。

バックミラーの位置が左右で違うのもユニーク。

当時のルマンは2人交替制で、

優勝ドライバーはダン・ガーニー/A.J.フォイト組でした。

ともにアメリカ人で、

アメリカ人がアメリカ車でルマンで優勝したのはこれが最初で、

たぶんその後も無いのではないか。

デカールは透けるのでゼッケンデカールは

下にホワイトデカールを切って2重にしてますが、

ストライプデカールはそのままなので透けている。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルーフのでっぱりはドライバーの一人ダン・ガーニーがデカいので

その頭の分だけ屋根が出っ張っているという、

いわゆる「ガーニー・バブル」と呼ばれるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにダン・ガーニーはこのレースで優勝して

その時の表彰台でシャンパンを振りまいたのだが、

これがスポーツ史における

シャンパンファイトの始まりだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この1967年の優勝以後、

レギュレーションの変更によりマークⅣはルマンには出られないことになり

フォードワークスもルマンを撤退しました。

フェラーリも同時に撤退し、

このあと数年のプライベーターの時代を経て

1970年代からのポルシェの黄金時代が到来するのです。

さあ、このユニオン1/25シリーズ、

残る1個はローラT-70  。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.29

テキサスの怪鳥~シャパラル2E

 ネタ無くなるとプラモデルの話ですが。

この間、つくったのはコレ。

ユニオンモデルの1/25シャパラル2E。

ワタシの少年時代のお気に入りのクルマ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はこのユニオンモデルは今はプラモデルを作っていませんが、

この金型はもともとアメリカのIMCというメーカーのキットらしい。

カーモデルのスタンダードスケールは国際的に1/24だが、

アメリカ合衆国だけは何故か1/25というスケールがメジャーです。

パッケージにはこのような脅し文句が書かれており、

マニアまたは工作技術のある15歳以上限定。(笑)

年齢は4倍以上なので楽勝、

工作技術はともかく

マニアかと尋ねられば、まあ、そうかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、これは中箱で、

その外側には高級チョコレートのような外箱があります。

ここにも「最上級者向」の文字が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、中箱を開けると、さらに内箱が。

マトリョーシカかっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その中にはこのようなバリ多めのパーツ。

1980年ころの再販だが、オリジナルはおそらく55年くらい前のキット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最上級者向けというのは、

細かいわりにパーツの精度が悪く、

金型の劣化からバリが多く組み立てにくいので、

クレーム防止のための措置と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サイドのメッシュパネルを開口するのには、

たしかに手間がかかりましたが。

このようにドリルで穴をあけ、切り取って整形し、

そのあと、他のプラモデルで余った手持ちのメッシュを貼ります。

まあ、黒く塗っとくだけでもいいんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして、完成。

おー、カッコイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シャパラル2Eは、実は初めて

このハイウイングを搭載したレーシングカー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シャパラルとはアメリカのジム・ホールさんというヒトが

個人で立ち上げたプライベートチームで、

ウイングによるダウンフォースを

初めてレーシングカーに持ち込みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シャパラル2から、2B、2Cとマシンを開発し、

2Eから、このあと2F、2G、2H、2Jとユニークなクルマを開発、

そして自らドライブしました。

このマシンは1966年。ワタシ小学1年生でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このシム・ホールさんはテキサスの石油王で、

その莫大な資産を道楽であるモータースポーツに投入。

アメリカのレースを席巻し、

同じ1966年、クローズドルーフのシャパラル2Dと、

翌年のシャパラル2Fでルマンに乗りこみましたが、

ルマンではスピードでは圧倒しましたもののリタイアに終わっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小学生の頃「テキサスの怪鳥」という、

ジム・ホールの読み物を少年雑誌で読んで熱中しました。

あれ、ピンボケ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時は「チャパラル」と呼ばれていたので、

ワタシなどはそっちの呼び方の方が馴染みがありますが、

「Chaparral」とははアメリカ南西部に生息する

カッコウ科の鳥(日本語名ミチバシリ)のことであり、

2本足で荒野を疾走することから

アメリカでは「ロードランナー」とも呼ばれるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このウイングは、角度を運転席から変えることができ、

直線では平らにして抵抗を減らし、

コーナーではウイングを立てて

ダウンフォースを増やすことが出来ます。

そのため「エアブレーキ」という言い方もされていました。

このメカが小学生のワタシの心をわしづかみにしちゃいました。

その当時の読み物で、

チャパラルはこのウイングを油圧で動かしていると書いてありましたが、

その時はよくわからず、

中学校でパスカルの原理を学んだ時、

あーチャパラルのウイングはこれだったかと瞬間的に理解できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はこのユニオンモデルの古いキットのシリーズ、

ヤフオクで入手し、相次いで作りましたんで

追ってご紹介します。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.22

中古車価格

 ワタシの乗ってるホンダS2000というクルマは

6速マニュアルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻が運転免許を取った時は

まだオートマ限定という制度はなかったので

彼女の持ってる運転免許はオートマ限定ではありませんが、

マニュアル車は絶対運転しません。

たぶん、もうできないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今まではクルマの保険は

運転者限定は夫婦限定までしかなかったのですが、

今度新たに所有者1人だけ限定、

という設定ができたので、

それにすれば保険料がちょっと安くなります、

とクルマ屋さんから連絡がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、もう15年も乗ってるので

保険で補償される車両価格は90万そこそこらしいけど、

ホンダS2000は絶版スポーツカーで、

中古車市場では結構いい値段で取引されてるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネットで相場を調べると状態にもよるが

300万円から650万円までの値がついております。

買った値段より高くなる場合もあるわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オレのクルマがいくらで売れるかわからないけど、

無事故だし、禁煙車だし、ワンオーナー車で、

ずっとシャッター付きガレージ保管なのでボディの痛みもなく、

走行距離も年式からはかなり少ないので、

けっこういい値段で売れるのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、今のところ売る気はないけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このクルマを買うときに、妻に猛反対され、

数年かかって説得した経緯があります。

毎月ちょっとずつ積み立てをして資金を蓄え、

最終的にはイヌを飼うこととの交換条件でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、妻に、

ムダ使いでは無かったぜと言う思いを込めて、

「そんなわけなので、もしオレが急死したら

S2000を売れば葬式代くらいでるぜ。」

と話しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、彼女が言うには、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「でも、S2000で事故って死んじゃった場合、

その計画は成立しないので、それだけはやめてね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 な、なんと、縁起でもない。(;゚Д゚)

そりゃ、たしかにそうだけど・・・・・

 

 

 

 

 

2件のコメント
医療系をまとめました。
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ