ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.01.21

新車購入

 年末にお歳暮を贈るため、市内のショッピングモールに行った帰りであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クルマに乗ってエンジンをかけると、

何やらカラカラと異音がする。

妻のクルマ、ホンダ・オデッセイである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 車内なのか、車外なのか。

クルマから出たり入ったりして調べると、

どうも助手席側のドアミラーのあたりからのようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試しにドアミラーのリモコンを操作すると、

運転席側は動くが、

助手席側はたたむことができないことが分かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらくドアミラーを開閉するモーターの不具合のようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 運転には支障がないが、

カラカラ鳴りっぱなしでうるさくて困るので、

修理を頼むことにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょうどその週末、当院の忘年会でクルマを使うので、

週明けの月曜日にクルマを取りに来てもらうことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、妻が子供たちを乗せて忘年会会場に来て、

準備で先に来ていたワタシに言うには、

こんどはオデッセイのエアコンが壊れて動かない、

寒くて大変だったということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので月曜日にクルマ屋さんにその件も伝え

診てもらうことにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果は18年も前の車のため、

修理のための部品がもうメーカーにない、

ということであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほど、もう、そんなに経つのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 仕方がないので、エアコンはあきらめ、

ドアミラーはとりあえず回線を外してもらって、

新車を購入することにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思えば、このクルマは、その前に乗っていた

オペル・ベクトラが壊れて、修理不能になったため購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供たちがまだ一緒に家族4人で行動することが多かったが、

下の子も小学校高学年になっていたので、

それまでより広めのクルマを買おうということに。

当時、東京に買い物、遊びに行くことが多かったので、

立体駐車場に入るミニバンというと

この2代目オデッセイしかほぼ選択肢がなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イヌを飼い始めたところだったので、

シートは革製にしてもらい、

ペット用のオプションカーマットもつけてもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局、我が家のレディアはクルマに乗るのが大っ嫌いで、

何回か温泉や公園に出かけたが、

いつも乗ってる間じゅう、

抱っこしててもガタガタ震えてる状態だったので、

ペット用マットで勝手に寝る、ということができず、

このマットの出番はほぼ皆無であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今はイヌはいないし、

子供たちも東京で普段はいないから、

クルマもコンパクトなものでよさそうです。

クルマ屋さんが持ってきてくれたカタログに

オプションのペット用マットがあったけど、

これは今回はレディアが生きてても注文しなかったなあ。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.07.25

Bring Back

 月曜日の夜は足利日赤で耳鼻咽喉科カンファレンス。

3か月おきに行われていましたが、

コロナ禍で当然ながら中断。

実に3年ぶりの開催でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月曜日は外来が忙しいので、

なかなか開始時間には間に合わないのは以前と同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その時に不意に思い出したのがレディアのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 室内犬だったため、排泄の件があるので、

必ず朝晩外に出さなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ずっと朝の散歩はワタシ、夜の散歩は妻が、

ということになっておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、カンファレンスの時には時間がないので

早く終わった方が散歩に連れ出す、

ということになっており、

ワタシが行くことも多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 腕時計を見ながら、早く💩しろよと思ったものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レディアが亡くなってしばらく経ち、

いわゆるペットロスもそれほど感じなくなっていましたが、

まさかカンファレンスで思い出すとは意外。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻も、同様の思いがあったらしく、

つくづくコロナの前と後、

という時の流れを感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.03.24

レディア1周忌

 3月24日でレディアが亡くなって

ちょうど丸1年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この1年いろいろなことがあり、

あっという間のような、

ついこの間のことのような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レディアが旅立ってのち、

コロナの外出規制が緩和され、

日曜日の予防接種業務もなくなり、

その後水曜日を休診日にしたことにより

旅行などに出かける機会が増えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初のころは旅行から帰るときに

レディアを迎えに行かなくちゃと思ってしまうことがありましたが、

最近はそれはなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ふとした機会に

そこにまだいるような気がすることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年はすでに桜が満開ですが、

昨年は、レディアの亡くなった日には

桜がまだ咲いていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのちょうど1年前、

2020年3月20日に一緒に見た桜。

全然見てないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これからも桜の開花にあわせて

レディアのことが思い出されるのはありがたいことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.01.27

セキュリティ

関東をはじめ全国各地で組織的な強盗事件が

頻発しているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐ろしいことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつどこが狙われるかわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチだってわからないです。

お医者さんのうちだからお金があるんじゃないか、

と思われるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳鼻咽喉科医院はほぼ全員保険診療で患者さんは3割負担、

しかも、半分くらいは小児なので窓口負担はなし。

ということで、日々の現金収入は

普通のお店に比べたら大したことはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、自宅に現金はたいして無いし、

株や投資は全くやらないので有価証券はゼロ。

宝石、貴金属も妻はあまり持っていないようだ。

プラモデルは完成、未完成いっぱいあるけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、なにぶん老夫婦の2人暮らしで、

物騒な世の中なので、

ここのところセキュリティを全般に見直し、強化しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

警備会社や警察への連絡もチェック。

実は、織姫交番はすぐ近くです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年までは、番犬(?)がいたんだがなあ。(^^;)

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.06.30

シバイヌ最強説

 この間、免許更新に行ったおり

栃木県警の交通安全キャラが柴犬であったことを書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、日本医師会のマスコットキャラクターもまた。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シバイヌ、ひょっとしてブームなんじゃね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 NHKの夕方の首都圏ネットワークでも

「しゅと犬」というシバイヌと思しきキャラクターが登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間、北海道行フェリー予約の際に見た、

ホームページでもペット同伴OKのモデルはシバイヌでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我が家はNHKを除いて、めったに地上波のドラマはみないのですが、

このドラマだけは、ほぼシバイヌ目当てで見てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、この「松」が可愛いのよ。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このドラマ、かなりの部分を足利市でロケしており、

我が家の周辺のカットが良く出てきます。

この間は広島に修学旅行に行く話で、

旅行先のショットは広島ではなく毎日の散歩コースの鑁阿寺でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間、最終回を迎えましたが、これで松に会えないのはサビシイ、

という意見が全国的にあったのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今週は最終回のあとのスペシャル企画で、

「松」が前面にフィーチャーされたエピソードでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我が家でも大いに盛り上がったことは言うまでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、シバイヌ、かわいいっすよね。

トイプーやチワワなどいろんな犬種がいますが、個人的にはシバ一択です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.03.30

プール

レディアが亡くなるちょっと前に、

その後のことを妻と相談しました。

当初の妻の考えとしては、

庭のどこかに穴を掘って埋葬しましょう、

ということでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、その後やはり日本犬らしく(?)

火葬にしましょう、ということになり、

レディアが亡くなった後に

主治医の川島動物病院の先生に推薦してもらった

火葬業者さんにお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火葬は、どこでするのかと思いきや、

意外にもボイラーのついた車が家まで来てくれ、

その場で火葬してくれます。

かくて、その日のうちにお骨になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、レディアが晩年の時間を過ごした

プール」に安置。

ていうか、そこしか置き場所がなかったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、そこが次第に祭壇化。

クマちゃんにレディアのセーター着せてます。

後ろの茶色い物体はリラクッションという介護用のクッションで

ネットでけっこう高かったのですが、

これは大変役立ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日に使わなくなった介護用のシートや余った買い置きのドッグフード、

移動用のケージ(ほぼ新品)そしてリラクッションなどをクルマに積んで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物病院に引き取ってもらい、

必要な方に分けてもらうようにお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、プールは今はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クマちゃんは例の帽子を被せられています(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何となく、このプールがあると、

そこにレディアがいるような気がして心が安らぎます。

もともとはレディアが部屋を歩き回って

ケガをしないように準備したものですが、

もうしばらく置いておきましょう。

 

 

 

コメントはまだありません
2022.03.28

日曜日の朝

 日曜日の朝、妻と散歩に出ました。

朝の川沿いの道が気持ちよい季節になってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 土手にはつくしが春を告げています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 河川敷の公園で、何からイベントの準備のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうもイヌの品評会かなんからしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 各地から日本犬が集まってきています。

やはり、柴犬多し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほかの元気そうなイヌの姿を見ると、

レディアのことを思い出して悲しくなるかと思いきや、

自分でも意外だが、さにあらず。

いやー、全然ウチのレディアの方が可愛かったなーと

ハッピーな気持ちになるのは親バカか。

たぶん妻も同じだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の温かさで、サクラの開花は一気に進みそうです。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.03.27

サクラ咲く

 レディアが亡くなった翌朝、

16年間レディアとほぼ毎朝通った織姫神社まで

一人のぼってみました。

途中にあったサクラの木が枯れていて、残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水仙は咲いていました。

これは5年くらい前に植えられたものだったか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当然ながらレディアはまったく興味を示してませんでしたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は、神社にお礼のお参りをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 境内の掃除をしているこの方は、

毎朝、声をかけてくれていましたが、

やはりイヌが一緒でないと、

ワタシをアイデンティファイできないようでした。

わざわざ説明することもないので、

会釈をしてすれ違いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 藤棚の向こうにあったサクラも2、3年くらい前に枯れて切られてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 同じ日の、鑁阿寺。

サクラは三分咲きになっていました。

これから毎年、サクラが開花すると、

レディアの旅立ちの日を思い出すことになるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.03.24

レディアへ

本日3月24日午後2時、

我が家の愛犬、レディアが永眠いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日前から、水もあまり飲めなくなり、

意識もかなり混濁しておりましたが、

あらかじめ妻と相談しておいたとおり、

通常の介護以外は一切の延命措置は取りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注射や点滴などをしないことは、

実は相談するまでもなく、

最初から2人の見解は同じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日午前中の診察終了後、

いつものように30分程度の散歩に2人で出て、

帰宅後、昼食を作って食べていた途中でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻がレディアの異変に気づくと、

意識のないまま軽いけいれんを起こしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体をさすりながら見守ると、

やがてけいれんは収まり、それとともに

次第に呼吸が浅く、緩慢になってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そのまま、2人で体を撫で続ける中、

まさに眠るように息を引き取りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その間、わずか10分ちょっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17歳と26日、見事な大往生でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

折しも昨日、息子の就職が正式に決定。

それを待っていたかのような最期でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、妻は私用で東京に出かけており、

本日の昼間の昼休みのこの時間は、

2人で看取ることのできる、

まさにここしかないタイミングでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットを飼うと決めた日から、

いつかはつらく悲しい別れの日が来る、

ということが最も嫌でしたが、

いざ、その日を迎えてみると、

想像していたのとは全く違った感情に満たされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別れは寂しいことには変わりありませんが、

この、最初は縁もゆかりもなかった柴犬の一生を、

完全に飼いきった、という思いで、

満足感や、幸福感すら感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この17年間、われわれも幸福でしたが、レディアも幸福でした。

ありったけの愛情を注ぎ、

彼女もそれをペットとして全力で返しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある意味、ペットは死ぬから素晴らしい。

ロボットのペットは壊れるけれど死にはしない。

ペットが永遠に長生きして、

我々が死んだ後も生き続けたら、

それはペットが可哀想だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくはペットロスに陥るでしょうが、

17年間という長い人生を共有した彼女の存在は、

ワタシや妻や息子、娘が今後生きている限り、

常に幸福感や勇気を与えてくれるものだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その意味ではレディアが本日天寿を全うしたことにより

永遠の存在になったのだな、と思います。

だから、「さようなら」ではなく、

「これからも、よろしく。」

 

 

 

 

2件のコメント
2022.03.10

老犬の日々

2月22日に17歳を迎え、老犬街道驀進中のレディアですが、

患者さんからお誕生日のプレゼントをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや立てなくなってから久しく、

介護犬となっておりますが、

まだまだ食欲はあり。

ボケてときどき雄タケビ(雌タケビ?)をあげますが、

ほぼ1日クマちゃんと寝ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと前にケージの中で暴れて

頭を固いところにゴシゴシし、

前頭部にでっかいハゲを作ってしまいました。

一時は帽子で隠していましたが、

如何にも似合わないので、やめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 編み物が趣味の妻が手作りしてみましたが、

どうも、サエナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 表皮だけでなく、人工芝がはがれるように

毛根からはげちゃってたので、

こりゃあ、ダメだろうなあ、と思っていたら、

なんと、2,3カ月で復活。

生物の創傷治癒力、スゴイ。

鼻のアタマの傷はまだ残ってますけど・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今や、言われないとわからないくらいになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、このクマちゃんは、

レディアの介護に朝に夕に大活躍してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それをまた毎日写真に撮る飼い主たち。

老いてもペットは癒しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ