ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.01.01

2021年、元旦

 2021年、明けましておめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年恒例の「初日の出を拝む会」は、

今年は、中止が発表されていました。

撮影12月31日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、元旦の朝のお散歩。

ちょうど山頂で日が出たころ家を出ましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、初日の出を拝みに来た人がだいぶいたようです。

ぞろぞろ降りてきます。

まあ、太陽は勝手に上るし、

政治家の挨拶なんかないほうがうるさくなくて良いし。

初日の出見るのは勝手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近くの(別の)お寺の駐車場も近県ナンバーのクルマでイッパイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とか言ううちに、山の下でも初日の出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近のお散歩コースは、

もはやレディアが石段を登れなくなったため、神社には登らず、

旧西小学校までの周回コース。

ここの駐車場も満車。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、いつもと違うなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、このあたりで初ウ〇コを無事出してメデタシ。

ああ、スッキリ。

1年の計は元旦にあり。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初日に向かって帰路につきます。

帰り道は軽快♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おせち料理をいただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レディアのおせち。

ってか、いつものドッグフードはもう食べたのでデザートですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お正月なので、一応家族全員で食卓につきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年はどんな年になるのでしょうか。

良い年になりますように、という言葉が、

普段の年のお正月に比べて、より現実味を帯びて響きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.11.15

ハラマキ

 ここのところ我が家を悩ませているのは

レディアの下痢。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高齢になって胃腸の機能も落ちていると思われるが

寒くなってきてからなので、お腹の冷えもあるのかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、妻が導入したのがコレ。

(人間の)赤ちゃん用の腹巻です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カッコ悪。(≧▽≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかもサイズ的には良いのですが、

ナゼかだんだん下がってきてしまう。

ソファでウンコ出ちゃうことがあるので、

防水シートをガムテープで貼ってあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何となく、ハラマキというよりはパンツ的な・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この態勢で果たして、効果はあるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本人的には余り関心はないようだ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういや、オレも子供のころ、パジャマの上からハラマキさせられたなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.10.17

ぐでしば、たれしば

 年老いて、背中も曲がった我が家のレディアは、

散歩もヨロヨロだが、

最近は寝方もヘンだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足腰が弱って重力に抗えなくなったようで、

ペチャンコになっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何となく、「ぐでたま」とか「たれぱんだ」とかの

脱力系キャラクターみたいになってしまった。

もともと、性格は若いころから「脱力系」なんですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、足腰ばかりでなく、顔も平らになっちゃうとは・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.10.06

秋のサクラ

 

 

朝の散歩コースでは金木犀が満開になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽうで、サクラの木はもう冬支度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思ったら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、ソメイヨシノの狂い咲き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狂い咲きは「不時現象」と呼ばれ、

日照りや強風、虫害など何らかの原因で葉がなくなると、

花芽の成長を翌春まで抑制する葉から出る物質が供給されず、

秋に花を咲かせることがあるという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日照り、強風、あったかなあ。

今年は台風も来ていないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この現象もヘンテコな今年の出来事の一つなんでしょうか。

ウイルスとは関係無さそうですが。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.04.26

運動不足

 今週からいつも通っているスイミングプールが休館になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎週3回、1回に1000~1200メートル泳いでいたので、

この運動不足を何とかしなければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、夜のイヌの散歩にも参加することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎日、朝の散歩はワタシ、夜の散歩は妻と分担していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、レディアは夜は朝にもましてやる気がねえな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 首吊りのように無理やり引きずられれていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利の街は人通りがないが、これはコロナの前からこんなモノでした。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、スゴイ空の色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やがて日が暮れ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰り道になると、俄然元気になるレディア。

ぐいぐい引っ張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は走り出す。(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 てなわけで、朝夕の散歩とも一緒に歩くことにしましたが、

考えてみれば、15歳の老犬の運動量と同じでは、

運動不足解消になるとは到底思えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このままではサルコペニアになってしまう・・・・。

かといって、一人でスクワットとか筋トレとか、

絶対続かないよなあ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.04.23

花暦(はなごよみ)

 こんな年でも春はくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 桜が終わり、朝の散歩コースはツツジが満開に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、興味なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤエザクラはそろそろ散り始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも知ったことではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 境内ではフジの花が咲きだしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このフジはワタシが物心ついたころからずっとあります。

7分咲くらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その奥にみえる藤棚のフジは、まだあまり花をつけていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、足利フラワーパークから移植されたフジです。

大藤で有名な足利フラワーパークは、

残念ながらゴールデンウイーク明けまでの休園となっています。

今年は見ることができません。

お隣、館林市のつつじが丘公園も連休中は閉園なんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、こいつは、

引っ張ってもなかなか来ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰ることしか考えていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、仕方ないか。 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.27

今年のお花見

 今年は例年より早く満開を迎えようとしている桜ですが、

コロナ騒動で花見、宴会自粛、ということで、

ムナシク咲いているのだろうか。

ま、桜は自分のために咲くんだから、

虫は来ないと困るけど、人に見られようが、見られまいが

全く関係なし。

むしろ、花見の宴会でタバコ吸う人がいないくなれば

桜さんにとっては良いことですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 週末は雨が降る、とのことなので、

水曜日、レディアとお花見に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 織姫神社のさらに上の山頂まで行ってみます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポカポカと良い天気。

まだ、7~8分咲きといったところでしょうか。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むろん、イヌは桜などには興味がない。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひたすら、ずんずん進むだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 漫画「東大一直線」ではこれを「ずん進」と呼んだ。

(多分、みんな知らないか)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頂上のお蕎麦屋さんから裏手に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 山道は好き♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「野生の呼び声」が・・・・(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 裏手にまわると、こちらの方が満開に近いかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポーズをつけさせるのは難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抱っこで撮りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 笑ってるように見えるが、

イヌはまぶしいだけで特に喜んでいないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふだんなら昼寝している時間に

連れまわされて迷惑だ、と思ってるのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だがやはり、日本犬には桜が似合う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これなむ「シバ桜」(笑)(参考:伊勢物語)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.17

「野生の呼び声」

 日曜日の午前中、映画館へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょうど、家に戻っていた息子と3人で見に来ました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今回見に来たのは「パラサイト」でも「フクシマ」でもなく、

コレです。

アニメじゃない方だよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間、「フォードvsフェラーリ」を映画館で観た際、

予告編でこの映画を知り、ゼッタイ見ようと決めていました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、この映画の原作をワタシは多分小学校高学年の時に読んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「バック」という主人公のイヌの名前に確かな憶えがあり、

映画のタイトルは「野生の呼び声」だが、

読んだ本のタイトルは「荒野の呼び声」だったという記憶。

だが、ジャック・ロンドン原作、ということなら間違いない。

あとで、調べたら当時の和訳の題名はやはり「荒野の呼び声」でした。

原題「The Call of the Wild」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主演はハリソン・フォードですが、やはり主役はこの「バック」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 19世紀後半のアラスカ・ゴールドラッシュの時代の物語ですが、

なんといっても犬と、アラスカ、カナダの自然がスバラシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特にユーコン川はカヌーイストの聖地であり、

ハリソン・フォードがバックとカナディアン・カヌーで川下りをするシーンは

20年ほど前、4駆にカヌーを積んで、

家族で全国の川下りをしていたころの思い出と重なりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時は北は釧路川から、南は四国、四万十川まで、

年に何回も家族でカヌーで川下りキャンプしていたので、

カヌーや焚火のシーンで、そのころの思い出がよみがえって、懐かしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすがにあそこまでの急流は経験ありませんが、

あの滝を落ちた場合、カヤックならいいけど

オープンデッキのカナディアンカヌーの場合、

「浮力体」を積んでいないと確実に沈(チン)します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、またイヌも飼っていますので、

「バック」の仕草やふるまいに、

我が家のレディアと重なり合う部分を見出したり。

いや、賢さや勇敢さは全く別モノですが・・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして子供のころ本で読んで、非常に感動した記憶も蘇ります。

「バック」が小屋で狼の遠吠えを聞いて、

自分の中に眠る野生の本能が呼びさまされてゆくシーンは印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、当時の本については大雑把なあらすじしか記憶になく、

映画とはまた違う部分もあると思うので。

またあらためて読みなおしたくなり、

かえってさっそくアマゾンで注文してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハリソン・フォードのカッコイイ老け方も、かなり参考になります。

いつかオレもヒゲ生やそうかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画が終わったのが12時過ぎ、

いつもいっぱいになるアシコタウンの駐車場は

やはりコロナの影響か多少空所が目立ちます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 家に戻って、徒歩1分の中華料理店「泰鵬」で3人で昼食。

この店も昼時は店の外まで行列なんですが、

今日はテーブル席は満席でしたが、

カウンター席ならばすぐ座れました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画館もワレワレのほかは2組だけだったし、

空いてるのはラクで助かるんだが、

やはり、ここはもっと映画に行ったり、

外食したりしなければイカンなあ。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.10

臭と嗅

 昨日の「鼻」と「洟」のお話を書いていて気になったことが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 皆さんが意外と誤解されていることに「ニオイの感覚」があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは「嗅覚」といいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ゴール前での嗅覚」とかいうアレですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時々これを「シュウカク」と間違って言う方がいます。

つまり漢字では「臭覚」ですが、

このような言葉はアリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「臭」は「(臭い)ニオイ」の意味で、

訓読みの動詞では「臭い(くさい)」「臭う(におう)」

ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「悪臭」「口臭」「加齢臭」「脱臭剤」などで使う「臭」は

一般に不快なニオイに用います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにたいして「匂」は良いニオイに使われます。

ただし「匂」は国字(日本で作られた文字)なので、

訓読みはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 良いニオイについては大和言葉で「かおり」という言葉があり

「香り」「薫り」「芳り」などという字があてられます。

「芳香剤」なんてのもありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう「嗅」は、読みは「キュウ」で、訓読みは「嗅ぐ(かぐ)」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、ニオイの感覚は「嗅覚」なのでお間違えないように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ついでに言うと「臭」は「自」と「大」ですが、

「嗅」は口へんに「自」と「犬」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 旧字は自と犬だったようですが、

略字が当用化されたようです。

じゃあ「嗅」も「大」にしろよといいたくなりますが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと「自」は「はな」の象形文字、

自分を表すのに自分の鼻を指さすことからできたといいます。

で、「犬」が鼻でくんくんにおいをかぐ様から

「臭」の字ができたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、春が来てレディアのお散歩コースには

水仙の花が咲き乱れていますが、

彼女の仕草を見ていると、

どうも、くんくん嗅いでいるのは水仙の匂いではなく、

他の雄犬が道端にしたオシッコの臭いのようです。

おっと、レディアにとってはオシッコの「匂い」なんですね、きっと。(笑)

 

 

 

 

  

 

コメントはまだありません
2020.02.07

霜柱

 1月中は記録的暖冬でしたが、

ここにきてぐっと冷え込み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今朝の散歩は寒かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、これは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 霜柱ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この冬初めてかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なかなかに育っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに進むと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはなかなかスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この辺は関東ローム層なので霜柱ができやすい、と小学校のころ習いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べてみると、霜柱を見られる地域は限られているようです。

ワレワレの子供のころは冬になればほぼ毎日見られましたし、

真冬には10センチにもなる霜柱がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、彼女は匂いもしない霜柱には当然興味なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どんどん行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 境内まで行くと真冬の冷気。

さみー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さ、もう、帰りましょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今朝の足利市は今年一番の冷え込みで、氷点下6℃だったとか。

今日は、花粉は少ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ