ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.09.07

鼻内のチューブ

本年5月末に受診した80代の男性。

鼻が詰まって、クサイ。

ということで、鼻内を見ると

悪臭のあるカスが充満、色はミドリ、クロ、シロ・・・。

ただし右側だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何じゃあ、こりゃ。

最初は悪性腫瘍か多発血管性肉芽腫症か、

といった印象でした。

今まで、何回も副鼻腔炎の手術をしたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく丹念に時間をかけて、易出血性のこの痂皮を取り除く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とすると何やら、人工的な物体が。

ちょっとこの写真ではわかりにくいですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで改めて病歴を確認します。

20歳のころ東京の病院で局所麻酔の蓄膿の手術。

20年前に都内の大学病院で再手術。

6年前に、県内の総合病院で再々手術。

その後は、市内の耳鼻科で時々抗生剤をもらっていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その、最後の手術の時に

鼻の中にチューブかなんか入れませんでしたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、そうでした。

チューブ入れて、その後外来で取ろうとしたけど

取れなかったので、そのままになっていたような・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それだ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残存したチューブの中や周囲に痂皮がたまり、

次第に堆積していったものでしょう。

前の耳鼻科のセンセイでは、

全くその話はなかったというので

このモノの存在に気づいていなかったようですが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと、鉗子で引っ張ってみますが、

たしかに痛くて抜けません。

血も出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、CTを撮って中の様子を見ることにしました。

当院はCT無いので、病院に依頼して撮ってもらった写真がこれ。

右側(向かって左側)の鼻のわきに

白く湾曲して見えるU字型が留置されているチューブのようです。

こんなに強い湾曲ではたしかにひっぱっても抜けないわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、鼻内を麻酔してチューブ摘出をすることにしました。

下の部分の癒着を外していき、

なるべく奥の方で切断。

残りの上半分は上から引き抜きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取れたものがこれです。

シリコン製のチューブ。

中には悪臭あるカスが充満していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 取ったあとの鼻の様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 翌日、だいぶスッキリしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このあと、のう胞に再貯留する可能性もあるので

そこの注意が必要ですが、

もう鼻づまりや悪臭に悩まされることはないはず。

本日見たところこんな感じでした。

キレイになっており、これで終わりとしました。

良かったっすね。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ