ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.09.04

申請

 以前も繰り返し書いた気がするけど、

事務処理苦手、大キライです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 保健所やら社会保険庁やら、その他良く知らないところから

申請の手続きや、届け出や調査の書類が送られてくるけど、

だいたいほったらかしにして電話で催促される、

ということの繰り返し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、医療機器屋さんから、

先生、コロナの慰労金申請しました?

と尋ねられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、そんな書類あったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チラっと見たけど、

たしか、新型コロナウイルスの治療を行った医療機関に20万円、

で、何かに10万円、その他に5万円支給、って書いてあったような…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウチ、新型コロナ診てない「その他」だし、

春以来、何百万もの減収だっつーに

書類いっぱい書いて5万円ぽっちもらってもしょうがないなあ、

と思い、ほったらかしにしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしたら、センセ、あれは職員ももらえるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えー、そうなの、1医療機関あたりだと思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタッフ全員に5万円ずつくれるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょうどスタッフがまわりでその話を聞いていたので、

手続きをしてなかったワタシの信用は丸ツブレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 じゃあ、申請しましょう。💦

でも、メンドクサそうだから、やってくれる?

と、事務のスタッフに書類を封筒ごと丸投げしちゃいましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開業して一番ツライのはここです。

勤務医のころは、みんな病院事務の人がちゃんとやってくれてよかったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、病院として新型コロナ対策として購入した備品には

100万だか200万だかのお金が出る、という話ですが、

ウチはサーモグラフィーも滅菌ガウンも

フェイスシールドも購入していないので、

せいぜいマスクとアルコールくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マスク、アルコールはコロナにかかわらず購入してるものだし、

これも、書類をいっぱい書かなきゃならないらしいので、

ハナから申請あきらめています。

どうせ、大した金額にはならないないだろうし。

値段、全然知りませんけど。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういうのも、マメに申請する開業医のセンセイもいるんだろうなあ。

ちなみに副院長はワタシよりもさらに事務処理能力がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ