ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.05.11

連休効果

 まん延防止令や緊急事態宣言などの

制約のないゴールデンウィークが終わって数日たちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 連休前のブログで、この大型連休によって

人の移動が増えるので感染拡大につながるか、

あるいは、保育園・幼稚園や小中高が休みになるので

そういったクラス内での集団感染の連鎖が抑制されるのか、

どちらに転ぶか見守りたい、

という内容の記事を書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オミクロン株の潜伏期の中央値が2.9日とすると

ちょうど今頃までが連休期間中の感染の発症時期ということになりますが、

どうもここ足利に関しては感染は縮小傾向にある印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日火曜日に検査したPCR検査の結果が本日来ましたが、

結果は全員陰性。

休診日を除いて当院から陽性者が一人も出ないのは何週間ぶりでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだまだ油断は禁物ですし、

この結果だと学校、保育園が再開してからの方が危ないわけですが、

とりあえず沈静化の方向に向ったようでホッとしました。

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.06

日本耳鼻咽喉科学会総会による休診のお知らせ

 瞬く間に連休も終わり、

また診療と健診の日々のはじまりですが

学会休診のお知らせです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年恒例の日本耳鼻咽喉科学会総会、

去年、一昨年はリモート参加でしたが、

今年は現地参加を決めました。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5月25日水曜日から28日土曜日までの開催ですが、

25日から27日金曜日までを休診とさせていただき、

28日土曜日は通常通り診察を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リモートも悪くないのですが、

どうしても自室で一人でパソコン見てると、

つい集中力が途切れ、

けっきょく「ながら聴講」になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それよりも、たまには電車乗って遠くまで行き、

なんか美味いものも食べたいし。

今まで、年3,4回は学会であちこち行ってたのが、

気分転換になっていましたが、

この2年間はコロナで一回も行ってなかったので

もう、ストレス、タマっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 神戸ということは、神戸牛だな、差し当たって・・・・。( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、5月25日~27日は臨時休診になりますのでご了承ください。

今年は、そんなわけで何回か学会休診あると思いますのでご注意ください。

まあ、今後のコロナ次第ではありますが・・・。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.03

暫く

世の中には10連休なんて人もいるようですが、

ウチは飛び石連休のあと、やっと今日から3連休。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この連休、旅行の予定はありませんが、

1日だけ、日帰りで東京に歌舞伎を見に行くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気もいいし、当然駅までは徒歩です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お、なんか、駅に人が多い。

足利市はこれでも多いのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9時39分のりょうもう号。

特急リバティは満席だとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この後ゆったりとコーヒーなど飲みながら、

東武スカイツリー駅まで行って、

そこのぴょんぴょん舎で冷麺食べてから歌舞伎、

というゆとりのプランでしたが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、越谷での人身事故とのことで、

特急は館林で運休に。

あわただしく各駅停車に乗り換えで久喜まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久喜駅から上野東京ラインで東京駅まで来るという波乱の展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、銀座のぴょんぴょん舎が近いから、

そこで冷麺にしよう、ということになりました。

別に他の食事でもよかったのですが、

乗りかかった冷麺気分が抑えきれず・・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルートの変更で時間がちょうどお昼時になってしまい、

ある程度の待ち時間は覚悟していたのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと1時間20分待ちました。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、ここから歌舞伎座までは徒歩10分ほどではあるのですが・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかくやっとありつけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は、盛岡の本店に行って一度食べてみたいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずずずず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、久々の銀座のホコ天を抜けて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまた、チョー久しぶりにやってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日昼の部の演目は「歌舞伎十八番 暫」「土蜘」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほどたしかに「しばらく」ぶり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演じるのは今話題(?)の、海老蔵さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、芸能ニュースは興味ないので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「土蜘」は源頼光の有名な話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この蜘蛛の糸が決まり手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、ひさしぶりに歌舞伎を鑑賞しました。

楽しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は館内飲食禁止ですが、

そのうちまた幕の内弁当が食べられるようになるといいですね。

幕の内弁当は歌舞伎の文化なので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、売店で買ったのは水とミンティア。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りは特急リバティで帰宅できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家に戻ってすぐ、病院の方に行って、今日来たFAXをチェック。

昨日16件行ったPCR検査のうち6人が陽性でした。

陽性率4割弱、まあ、こんなものかしら。

全員に電話連絡を取り、陽性の6名については書類を作成し、

保健所にFAXを入れました。

やれやれ。

 

 

コメントはまだありません
2022.04.15

2022年6月から水曜日は休診です

 ちょっと前のブログに書いた通り、

6月から当院は水曜日が休診になります。

すでに、院内には告知し、医師会、保健所等にも届け出を済ませました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あれ、これか。

先生、何年生まれですか、と患者さんから訊かれたのは。

スタッフから理由どうしましょう、

というから高齢化だよ、書いていいよ、

とは言ってましたが・・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年、63歳なら、高齢ではないだろう、

と思われる向きもあるでしょう。

日本人男性の平均寿命は81.4歳。

介護なしで生活できる健康寿命は約10年下って72.6歳。

まだ、10年近く働けるだろう、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、ウチは「早死に」の家系でして、

父が57歳、母が77歳で死んでいるから、

平均寿命は67歳。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに女性は長生きしますから、

男性に限って考えると、

父と同じく耳鼻咽喉科医をしていた伯父は

63歳で亡くなっており、

我が家の家系では男系の平均寿命は60歳ということになり、

ワタシはすでに超過生存領域です。

2人とも耳鼻咽喉科開業医でしたから、

このデータは説得力があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、十分「高齢化」してますので、

よろしくご了承ください。

 

 

コメントはまだありません
2022.04.09

健診/ワクチン/ワクチン/健診/健診/健診

昨日は足利高校の検診であったが、

本日は午後アシコタウンで足利市主催のワクチン接種。

前回は花粉症のピークで診察途中で抜け出し、

こちらは4時まで昼メシ食えず。

一方外来も1人診療になったおかげで3時近くまでかかってしまい

スタッフも皆昼食を食いっぱぐれた由。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、朝から医者もスタッフも殺気立っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、花粉症のピークを過ぎたこともあり、

またオミクロン蔓延による受診控えもたぶんあり、

外来はすんなり終わり、

チャーハン作って食べてから出かける余裕があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、相変わらずワクチン会場は盛況で、

医者2人で240人だから、半分120人相手に2時間喋り続け、

サインし続けというのもなかなかに疲れる。

というより、朝から12時過ぎまでもずっと喋っていたので

声もガラガラ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんの移動の15秒間くらいで、隙を見て

素早くペットボトルの蓋を開け、マスクをずらして一口お茶をのむ。

まるで野球の盗塁みたい。

前回は、このペットボトルを持ってくるのを忘れたので

大変キツかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、何とか終了しましたが、

明日は日曜日だが朝からビバモールで

栃木県の主催するワクチン接種に

朝9時から夕方4時まで。

そして、月、火、水と足高の健診で昼休みは全部潰れてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

老体にはかなり過酷なスケジュールです。

 

 

コメントはまだありません
2022.03.02

フィルター

オミクロン株になってから幼小児にも容易に感染するようになり、

保育園での感染を中心に2歳3歳4歳あたりの陽性者も

増えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんせこの世代は、マスクできないし、予防接種もしていない。

会話や接触を自粛することはあり得ない。

すこしノドが痛い、アタマが痛いなどと言う症状は表現できないし、

何よりもまた、コロナでなくてもちょくちょくネツを出す年頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような子には、

病歴や中耳炎、溶連菌の有無などを確認したうえで、

疑いがある子には躊躇せずハナに綿棒を突っ込んでPCR検査をしますが、

また、けっこうこれが陽性に出るのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこういった現状から逃避している医者もあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3歳の子が発熱、

嘔吐もあったので某小児科で胃腸炎といわれたが、

保育園に通っておりネツが下がらないため

コロナの可能性はどうですか、と親が尋ねたところ

市販の抗原キットを買って調べてください、

と言われたとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジか。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医者の言葉とも思えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何回か書きましたが、抗原検査の陰性は陰性証明にはなりません。

いっぽう、医者の立会いのない市販キットの陽性は

コロナの診断にはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お母さんは言われた通り市販のキットを買って調べたら陽性反応。

困って保健所に相談したら、当院を紹介されたとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく確認のためPCR検査を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日判明した結果は、陽性でした。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その晩から、お母さんが39℃の発熱があったとのことで、

こちらは娘さんの結果を踏まえてみなし陽性と診断しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんを通じて、他に広がっていないことを祈る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先の陰謀論の医者もそうだが、

コロナという災厄がある種のフィルターになって、

ヤバイ医者、ダメな医者があぶりだされてくるようです。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.01.05

定年

 本日1月5日から、仕事始め、通常診療開始しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、言っても水曜日はもともと半日なので、

今日は午前中で終わり。

さすがに混んだので、終了は13時半でしたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ワタシも今年5月で63歳、

副院長である妻も2月で還暦を迎えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般企業であれば定年を迎える年ごろ。

同世代の年賀状にも定年や、

嘱託になりましたなどの便りも目にします。

ワタシも妻もともに健康面での若干の不安もあり、

今後はなるべく無理せず

仕事をしたいと思うところであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このコロナ禍で受診患者数が減ったのも、

健康衛生面では、逆に良かったのかなとも思う面もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 仕事に追われたワタシの父が前日まで仕事をして

急逝したのは57歳の時でした。

その兄でやはり耳鼻科医である伯父が亡くなったのが

たしか63歳。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうならないように注意したいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それを踏まえて、

今まで午前中だけ診療していた水曜日の外来を

終日休診にすることを考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時期はまだ未定ですが、

いちおう夏前、6月ころを目安に考えておりますので

正式に決まりましたら、またご連絡します。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.12.29

年内の診療

本日12月29日の午前中の診察が終わり、

当院は水曜日午後休診のため、

残すは明日12月30日の午前中の外来のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以後、年末年始の休業に入り、

年明けは1月5日からになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいうものの、ワタシ、

12月31日、大みそかの夜の

休日夜間急患診療所が担当になっており

年内は休みなしであります。😢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明日30日は午前中は通常診療ですが、

検査センターがお休みなので、

新型コロナのPCR検査はできませんので、

ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.12.16

12月21日火曜日は受付午後6時まで

 先日お伝えしたように、当院スタッフの第3回目のワクチン接種が

来週火曜日に決定しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利医師会メディカルセンターで

19時からの接種になっていますので、

12月21日火曜日午後の受付は18時で終了

とさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 翌日、水曜日に発熱などで欠勤者が多く出た場合は、

診察業務に支障が出る場合もありますので、

なるべくほかの日に受診をお願いできたらとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3回目のワクチン接種の副反応は、2回目に比べて

発熱はやや少ないが、疲労・倦怠感、頭痛などはやや多い、

というファイザー社のデータもあり、

気になるところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 全員のダメージが大きく、臨時休診、

ということはまずないと思いますが、

可能性ゼロではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何卒、ご協力お願いいたします。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.12.07

ルブリンスキー、知ってる?

ワレワレ耳鼻咽喉科は日常外来で処置や小手術を行うことが多い

特殊な診療科です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまに、内科など受診すると、

検査結果や画像を見ながら話するだけで、

触りもしないことが多く、

外来診療形態の違いを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、時代の流れとともに耳鼻咽喉科診療の形態も

少しずつ変化してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、これは何でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはルブリンスキー氏喉頭蓋起子といって

耳鼻咽喉科の外来で間接喉頭鏡検査のとき使う器械ですが、

若い耳鼻咽喉科のセンセイは、

おそらく見たことも聞いたこともないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 間接喉頭鏡というのは、

歯科のデンタルミラーのちょっと大きいもので

このように使って、口を開けただけでは見えない、

喉頭蓋~喉頭を観察します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中に喉頭蓋が、喉頭側に倒れこんでいて

喉頭の観察が困難な人がいます。

そのような場合にこの器具を使います。

サスマタ状の先っぽを喉頭蓋と舌根の間、

喉頭蓋谷に当ててぐっと押すと、喉頭蓋が前に倒れて

喉頭が観察できるというもの。

図の青い部分がルブリンスキーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 想像されるように、

よほどしっかりノドを麻酔しないと、

うえっとなって喉頭の観察どころではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシ自身、この器械を使ったことがありますが、

うまく使えたためしは殆ど無く、

すぐにファイバースコープに切り替えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう、ファイバースコープの普及により廃れた手技ですが、

ムカシはこれでみんな喉頭がんとか診断していたんです。

スゴイね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが勤務医のころは、

ユニットの器械の中に、

1本ルブリンスキーが入っていたものですが、

開業の時にはこの器械は購入しませんでした。

もう、今や使ってるセンセイはいないのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の記事は、耳鼻咽喉科医の読者向け、かな。

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ