ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.07.10

耳石のメマイ~良性発作性頭位めまい

耳鼻咽喉科領域で「石」ができる病気、

「唾石症」を紹介しましたが、

いや、ほかにもあるよ、という方もいらっしゃるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、多くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メマイがしたら、内科の先生が耳の石のせいだ、と。

ワタシの耳の中に石ができちゃったんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、はい、はい、それ違ってますよー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳石というのは誰の耳の中にもあるもので、

平衡感覚のセンサーのひとつのパーツです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、頭を動かすたびに耳でガサガサいいます、

石が動いてるんですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、それも、ゼンゼン違いますねー。

石がある場所は「内耳」でして頭蓋骨の中、

ほとんど脳に近い場所で動いても音はしません。

ガサガサいってるのは多分、外耳道の奥にある耳アカです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内耳の身体の平衡機能を司るところには、

有毛細胞という毛の生えた細胞の上に

耳石というカルシウムの結晶が乗っています。

周囲はリンパ液で満たされており、

この耳石の乗ったゼラチン状の耳石膜が動くので

運動を感知する仕組みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので石といっても大きさは数ミクロンで肉眼では見えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳石は消耗品で古いものははがれて落ちるのですが、

何かの拍子にこれが半規管の中に入りこむと

そこで激しいリンパの流れを作るので

動いた瞬間、頭の位置を変えた瞬間に

回転性のメマイ発作が起こるというものが

「良性発作性頭位めまい」のメカニズムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつては、メマイで内科にかかると、

何でもかんでも「メニエール病」といわれていましたが、

耳鼻科で診ると大半は「メニエール病」以外のメマイでした。

最近はこの病気がポピュラーになったため

内科の先生はCTとって異常がないと

「耳の石がずれたからだ」

という説明をすることが多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに頻度的にはたいへん多いメマイですが、

それで内科で「良性発作性頭位めまい」

あるいは「耳石がずれたためのメマイ」だ、といわれ、

毎日点滴に通いました、

などという患者さんも少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「良性発作性頭位めまい」に効く薬、点滴はアリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 迷入した浮遊耳石が、もとに戻れば治るわけで、

唯一の治療法は「運動療法」です。

つまり、頭の位置を動かして、

石を動かすことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳石が迷入した場所によって、

運動の方法は多少違いますが、

ざっくり言えば、

「メマイが起こるような動き」を続けると大体治ります。

かなり不快ですが、

エイヤっ、と気合入れて繰り返し目を回すのが大事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メマイが起こらないように、

そろりそろりと動くような生活をしてるとなかなか治りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 点滴では治らないけど、

毎日点滴に通えば、そのたびに寝たり起きたりするので、

それでそのうち治っちゃう、

ってことはありますけど。(^^;)

 

 

 

 

2件のコメント
2021.07.07

唾石症

人体に「石」ができる、となると

泌尿器科系の「腎結石」、「尿管結石」、

あるいは胆のうの「胆石」が有名ですが、

どっこい耳鼻咽喉科にも「石」のできる病気があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは「唾石」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唾液を分泌する大唾液腺には

耳下腺、顎下腺、舌下腺とありますが、

とくに顎下腺にはときに腺内、あるいは唾液腺管内に

「石」ができることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状としては唾液腺管が詰まって

唾液が流れにくくなるので、

左右どちらかの顎の下の部分が、

とくに食事のときに腫れて痛い、

ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事のときに唾液の分泌量が増えて

渋滞するためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唾液がうまく流れないため、

口腔内からバイキンが入って感染を起こすこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石が自然に出ることもありますが、

摘出術が必要な場合は多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出口付近にあれば口から摘出可能ですが、

顎下腺内にある場合は、外切開で顎下腺ごと取る、

ということもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大唾液腺は左右3対ありますので、

1個2個とっても唾液が足りなくなることはありません。

3個まで取っても大丈夫、と効いたことがありますが

3個取ったことは無いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間も、そんな患者さんが見えまして、

若い男性でしたが、

感染もあったので抗生剤を出して

また来てもらうことにし、

開口部をちょっと広げて自然排出も期待しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌週、顎の下の腫れはなくなったが、

見てみると、まだ石あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開口部に近かったので、

ちょっと外来混んでましたが、

取るしかねえか。

何とか、口腔から取ることができました。

土曜日の午前中に来るなよー、と内心思いましたが、

患者さんの事情もあるのでまあ、仕方がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな奴。

長径2,3ミリといったところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥さんが看護師さんで、どんなのが出るか期待してた、

とのことなので、お土産にしてお持ち帰りいただきました。

オシッコから出た石だと持ち帰る人はあまりないかと思いますが、

家で奥さんと盛り上がったことでしょう。

身体の中で石ができるなんて真珠貝みたいですが、

この石は脆いので指輪やペンダントには向きません。(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

砂粒のような、小さな唾石も多い中、

今回の方はやや大きめですが、

かつてはこんなデカいのもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よくこんなになるまで育てたものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の患者さんに見せたら

「負けた」と言ってました。

いや、勝ち負けじゃねーから。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.27

パンドラの箱

このあいだ、NHKの朝の番組で

新型コロナウイルスの後遺症の話をやっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、長引いても時間とともに改善される場合が多い、

という話でしたが、

最後の方に耳鼻咽喉科で行うBスポット療法が効果あり、

なんてことが紹介されていまして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、また出ちまった・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前にも書きましたが、この怪しげなBスポット療法に

いまだ踏み切れないでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、この間ブログに書いたら、

ほどなくお手紙をいただきまして、

それはBスポット療法を推進するある団体からでして、

「先生のところで始められるのであれば、

当方のホームパージに治療可能機関として掲載しますので、

そうすればどんどん患者さん来ますよ」的な趣旨でして、

こんな本まで同封されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあまりの迅速さに、かえって、引きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか組織の陰謀に巻き込まれそうで・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症例によっては確実に効く人もいるようですが、

あらかじめ効くのか効かないのかが分からないし、

そもそも効いても何がどう効いてるんだか不明です。

コロナ後遺症だって多くは自然に治るっていってるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良くなってもならなくても患者さんは、

通院してくるだろうし、

やっぱりこの手の愁訴は、

器質的疾患のあるなしにかかわらず、

精神的な要因、神経質な気質がかかわってる場合が

少なからずあるだろうから、

そういった場合の対応にも自信がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうのを割り切って、

患者さんが多く来てくれればいい、

因果関係はどうあれ満足してくれればいい、

特に害はないのでお金がもうかればいい、

という気持ちにはなかなかなれないのが本音です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、ある患者さんが持ってきてくれた

県内の某耳鼻咽喉科のBスポット療法のパンフレットには

「慢性炎症の改善には2~3か月かかるとされています、

週1~2回の頻度で治療されることをお勧めします」

とあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、「全ての方が完治するわけではありません、

改善に至らなくても症状が軽減している場合は、

その維持目的に治療を継続されることもあります」

とも書いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んー、この継続される、の

「れるられる」は何なのだ。

敬語の「(患者さんの意志で)継続されること」なのか、

受け身の「(もうやめたいと思っても)継続されちゃう」のか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかに食うに困っても

ニンニク注射やプラセンタ注射、点滴パーラーなどを

やるような医者だけにはなりたくない、

と思ってきました。

この過去記事「点滴パーラー」への

看護師さんのコメントも興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リティンパのように、はい鼓膜の穴ふさがりました。

とか、やっぱりこの方法ではふさがりませんでしたね。

というのならはっきりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、突発性難聴で治療したけど、

1か月たってまったく改善がないから、

もうこれ以上は意味が無いからクスリ止めましょう、

というお話も良くします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 治らない突発性難聴に

メチコバールやストミンAを

何カ月にもわたって内服させるべきではない、

ということは開院の時に副院長と確認しました。

白内障の進行を止めるという名目で延々と目薬を出す眼科医はまだいるんだろうか。

コラーゲンでお肌プルプルなんていってるレベルの

素人をだますのは簡単ですが、

医者としての倫理にもとる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3か月間週2回ずつのどにクスリつけて、

頭痛、肩こりが以前よりは改善してきたというヒトに、

維持目的にさらに治療を続けましょう、

とは、オレは言えないなあ・・・。

もうちょっと釈然としたガイドラインが欲しいです。

 

 

 

4件のコメント
2021.06.14

RSウイルスが流行っています

 最近幼稚園、保育園で流行しているのが

RSウイルス感染症です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 RSウイルスとはいわゆる「風邪」のウイルスで、

大人にも子供にも主として「セキの風邪」を起こします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我が国では1歳までに50~70%が感染、

2歳までには100%、国民の全員がかかる病気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 完全な終生免疫ができないため、

大人でもかかりますが、

感染を繰り返すうちにある程度の免疫ができ

症状が軽くなります。

1歳未満、とくに生後6か月以内に初回感染を起こすと

重症化して、入院加療が必要になることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、今年流行しているのは、

どうも新型コロナウイルスの流行と関係があるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すなわち昨年来の新型コロナウイルスの感染対策のため、

昨年1歳前後でかかるはずだった子供が

感染をすり抜け、ここにきて感染しやすくなっていると。

すると、それより上の2~6歳の未就学児間でも

当然流行するわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱり感染症は罹るべきときに罹っておいた方が良いのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、RSウイルスはクスリもないので、

そのまま対症的に経過を見るだけです。

抗生剤はウイルスには無効ですし、

中耳炎などの予防にはならないうえに、

無駄に耐性菌を増やすだけなので使うべきではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかもこのウイルスは、

セキや熱などの症状が治まっても

1~4週間は感染力があるため、

完全に隔離することは不可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ときどき保育園から

RSウイルスの検査をしてもらってこいといわれました、

ということで来院される方がいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 RSウイルスはインフルエンザや溶連菌のような

迅速診断キットがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べることは可能ですが、

インフルエンザや溶連菌のように

その検査結果によって使うクスリがあるわけではありませんから、

1歳未満の、それも重症例でなければ

検査する意味はありません。

(やれば、儲かるんだが・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育園に通っているということであれば、他の子のために

1歳未満であれば軽症でも調べる意味はないとはいえませんが、

わかったところで、4週間休め、とはなかなか言えません。

もちろんこの疾患にもともと出席停止の措置はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから保育園としては、

1歳2歳の子にRSかどうか調べてもらってこい、ではなく

保育園で1歳未満の部屋を隔離し、

上のクラスの子供との接触機会を避け、

スタッフも専任にして手洗い等を徹底する、

という対策の方が求められるものなのです。

 

 

 

 

コメントはまだありません

2021.05.22

5月25日(火)は午後時短です

今年4月はじめに発表されたニュース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おー、これは何とか行きたいものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足利市民会館はワタシが小学校に入った年にできました。

演劇やコンサートなどで何度も行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシのころは成人式もこの大ホールでしたし、

高校生のとき和製ディープ・パープルといわれたハードロックバンド

「紫」のコンサートを友人と観たのもここです。

何より高校2年製のとき楽器店の主催する

アマチュアコンサートのオーディションに高校生バンドとして唯一合格し、

大学生や社会人のバンドとともに

この足利市民会館大ホールのステージに立ったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そいでもって、チケット抽選、当たりました。\(^o^)/

席番が1個おきなので、

定員1600人の半分、800人入場で開催されるのですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間、検査で足利日赤に行ったとき病院内のローソンで発券してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、誠に申し訳ありませんが、

今度の火曜日、5月25日は午後の診察は

受付4時半までの時短営業になります。

インターネット受付は無しなので、

診察希望の方は直接お越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.17

慢性中耳炎に対する鼓膜穿孔閉鎖術

昨年6月に受診した80歳の女性の方。

初診時のカルテがコレです。

2年前からずっと止まらないわけではないようだが、

ほぼ出ていたらしい。

大変ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みみだれを吸引してみると鼓膜はこんな感じ。

鼓膜はブヨブヨです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菌検査の結果は緑膿菌。

耐性菌ですが、まだ効く薬もあったので

それに合わせた抗生剤を選択。

2週間くらいで耳だれは止まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、3か月後にまた耳漏。

前回のクスリ出したが止まらず、

培養の結果をみると

今度はMRSAというさらに薬の効かない耐性菌で、

それにあわせ抗生剤を変更し、

ようやく耳だれは止まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼓膜は乾きましたが、大きな穴が開いています。

MRSAは外耳道からこの穴を通じて

中耳に感染を起こしたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、聴力が悪く、補聴器を入れても聞き取りに困ります。

右の耳はもともと聴こえないので、

左の耳が悪いと不便です。

聴力は右が97.5dB、左側は81.3dBでした。

これはかなりの難聴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、鼓膜をふさいで聴力が改善するかのテストを行いました。

パッチテストといって、鼓膜の穴を仮に生食を浸した綿でふさいで

聴力の改善の度合いをみます。

すると左側の聴力は81.3dBから71.3dBまで上昇しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、先月、以前も紹介した「リティンパ」を用いた

鼓膜穿孔閉鎖術を外来で行いました。

これで5例目ですが、このケースは難しそうです。

だが反対の耳が聞こえず、

こちらの耳が頼りなので

患者さんと相談して手術することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1カ月後、穿孔は見事に閉鎖。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして聴力は66.3dBにまで上昇しました。

補聴器でもよく聴こえますし、

大きな声なら補聴器無しでも会話ができるようになり、

大変喜ばれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 穴がふさがったので、

今後菌が入って耳だれが出ることもないでしょう。

いやー、メデタシ、メデタシ\(^o^)/

手術がうまくいって、患者さんが良くなる、

ってのは内科医ではなかなか味わえない。

こういう経験すると外科医をやっててよかったなーと思います。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.12

流行する病気

そんなわけで、流行性感冒という病名は今や姿を消しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在「流行性~」と称される疾患は

「流行性耳下腺炎」と「流行性角結膜炎」の

2種類にほぼ限られるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「流行性耳下腺炎」はいわゆる「おたふくかぜ」で

病因はムンプスウイルスの感染です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムンプスウイルスは終生免疫なので、

一回かかると2回目の罹患はなく、

予防接種も普及したので、

今は「流行」することはあまりなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「流行性」もいずれ消滅するかも?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、潜伏期間が1から3週間と長いのと、

耳下腺が腫れる前から感染力があるので、

集団保育での完全な隔離、防御が難しく

大流行ではないが、だらだらと発症者が続くことはあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽうの「流行性角結膜炎」は

「アデノウイルス」による眼の病気で、

これは今もけっこう流行するようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛沫やエアロゾル感染はなく接触感染なのですが、

アデノウイルスは種々の物理学的条件に強く、

新種を含めた多くの亜種があるので、

保育園、学童を中心に夏場を中心に流行しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「流行性」という意味では、

冬場に流行るノロウイルスやロタウイルスの胃腸炎の方が

はるかに流行性は高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、コイツらは「感染性胃腸炎」とは言いますが

「流行性」とは言われてきてませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 眼が赤く腫れたり、ほっぺたが膨らんだり

といった独特の症状に比べれば、

嘔吐や下痢は他のことでもよく起こるので、

あまり問題にされなかったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 または下痢を起こす感染症には

歴史的に「コレラ」や「赤痢」

といった恐ろしいものがあるので、

むしろ「それ以外」ということでくくられていたのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、便が白っぽくなるロタウイルス胃腸炎については

「赤痢」に対比して「白痢」という呼び名もありました。

学生のころ習いましたが今はあまり使わないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、新型コロナウイルスが、今後終息するのか、

それともインフルエンザのように、

毎年決まった時期に流行を繰り返す病気になるのか、

注目に値するところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.15

抗ヒスタミン剤

 花粉症の薬物治療では抗ヒスタミン剤をよく使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 季節性アレルギー性鼻炎でも薬物治療は

第2世代の抗ヒスタミン座を主軸に、

抗ロイコトリエン剤やステロイド点鼻薬を組み合わせることが

推奨されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抗ヒスタミン剤とは、名前の通りヒスタミンという

化学伝達物質をブロックする薬剤です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヒスタミンとは主として鼻水、くしゃみを誘発する物質ですが、

皮膚科領域で蕁麻疹、皮膚のかゆみを惹起する物質でもあるので、

皮膚科の先生もこの薬剤を多用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その中で、耳鼻咽喉科医はまずやりませんが、皮膚科の先生で、

抗ヒスタミン剤を2剤、3剤併用する処方を目にすることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく、効果が不十分なので、ということからでしょうが、

ちょっと調べてみるとこんな文章がありました。

 

慢性蕁麻疹の第一選択薬は第2世代の抗ヒスタミン薬(非鎮静性抗ヒスタミン薬)で、

通常量で効果不十分な場合、他の系統の抗ヒスタミン薬に変更するか(下表)、

2倍量までの増量、または2種類を併用する。

国際ガイドラインでは、他剤の追加よりも単剤の増量が推奨されている。

抗ヒスタミン薬のみで効果不十分な場合、

補助的治療薬のロイコトリエン拮抗薬(保険適応外使用)や

ヒスタミンH2拮抗薬(保険適応外使用)を併用することがある

(日本皮膚科学会:蕁麻疹診療ガイドライン2018より)。

 

三環系
(フェノチアジン系)
エピナスチン、オロパタジン、ケトチフェン、デスロラタジン、プロメタジン、メキタジン、ルパタジン、ロラタジン
ピペラジン系 オキサトミド、セチリジン、ヒドロキシジン、レボセチリジン
ピぺリジン系 エバスチン、シプロヘプタジン、ビラスチン、フェキソフェナジン、ベポタスチン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんだ、やっぱり2剤併用はあまり推奨されないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、増量が保険で切られてしまうから、

ということなのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに耳鼻科で良く用いる抗ヒスタミン剤と

抗ロイコトリエン剤の併用は、

ブロックする物質が違うので大変有用です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロイコトリエンは主として、

鼻詰まりを引き起こす化学伝達物質なので

抗ヒスタミン剤の鼻水、くしゃみに対する効果と

補完性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつてはいわゆる第2世代の抗ヒスタミン剤に

抗アレルギー剤というあいまいな呼称がありましたが、

最近ではこの言い方は用いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに抗ヒスタミン剤の効果と、

眠気の強さは、現時点ではまだまだほぼ比例する、

と考えていいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一番効くのがアレロック、

一番弱いのがアレグラ、クラリチン、

ということですよん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.13

ギャンブルの才覚

術後性頬部嚢腫という病気があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慢性副鼻腔炎に対し、上顎洞根本術という

骨を削って、上顎洞の粘膜をすべて除去する手術をしたあとで、

術後数十年たってから、

嚢腫という袋状のモノができ、中に粘液が貯留しることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中で細菌が増えると、急激に腫れて痛みを伴います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前はよく見られた疾患ですが、

最近は副鼻腔炎の手術法が変わり、

内視鏡による副鼻腔の粘膜を保存する術式に変わったので、

最近はとんとお目にかかりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日受診された70代の女性の患者さんは、

右の顔面が大きく腫れて目も開きにくくなっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻の手術の件を聞いたところ、

ハタチ前に両側の上顎洞根本術を受けていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側は完全に治っていたのですが、

右側は嚢胞ができて、おそらく膿が充満してる様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、その場で針を刺して膿を抜くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ピンク針と10mlのシリンジ下さい。」

といって、注射器で歯ぐきから膿を抜きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピストンを引くと茶褐色の膿が出るわ出るわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たちまち10mlのシリンジがいっぱいになっちゃったので、

「スイマセン、もう一本ください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「10mlで良いですか?20mlにしますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 との問いに

「うーん、10mlで。」

と答えたワタシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、結果的に、それでも足らず

3本目のシリンジも使い合計27mlの膿が引けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、やっぱり、オレはギャンブル弱いなあ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.12

思い込み

 やはり今年のスギ花粉飛散量は

予想通りの多さで、

皆さんマスク生活してるわりには

多くの方が重症化して来院されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たいがい薬を飲んでいなかったとか、

薬を飲みマスクはしていても長時間(20分以上)外にいたとか、

外出はしていなくても洗濯物を外に干しちゃった、

とかいう「人為ミス」が原因です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここ最近では来院される方の大半が花粉症患者さんです。

もう、日本国民は全員花粉症なんじゃないかと思うくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 診察をし、説明し、最後にネブライザー、という流れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「落ち着いていたので、薬を様子見ながら飲んでいたんですけど、

ここにきて切れちゃったので調子悪いですねー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あー、わかりました、じゃあ、同じ薬をまた出しときますので、

具合を見ながら飲んでください。お大事に。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他の患者さんの方を見ながら仕事をしてた看護師さんが

そのまま、診察室を出ていく患者さんに気づいて、

「あれ、先生、あの方は吸入はしなくていいんですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「そりゃ、必要ないよ。

だってあの患者さんはメマイの人ら。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに会話からだけではわからない。

花粉症の繁忙期だからこその勘違いでした。

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ