ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.05.18

暗順応

 5年ぶりの免許証の更新に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5年前にも書きましたが、免許更新のポイントは視力検査。

年とってからは、天気が悪い日はモノがよく見えないので

天気の良い水曜日が来るのを待っていました。

今日の天気は絶好。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、天気もいいし、遠くのものを眺めた方が

視力検査に有利だろうと考え、

ここ最近の歩数稼ぎもかねて、家から警察署まで歩きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思った以上に遠く、30分以上かけてやっと到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、中に入り免許更新のカウンターで

「この書類に必要事項を記載してください」と紙を渡され

記載台に向かったら・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見、見えない(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 強い紫外線の中30分以上も歩いてきたので、

すっかり縮瞳していまい、暗順応が出来ていない、

ということに気づいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マ、マズイ、これはマズイぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かなり焦ったが、順番呼ばれるまで

眼を開けたり閉じたりして、次第に視力回復。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本番に何とか間に合って、視力検査一発OKでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、思わぬ落とし穴にはまるところでした。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.16

野球部の髪型

 かつて学生スポーツの王道は野球でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは小学生のころから何となく野球が肌に合わず、

やるのも見るのも好きではありませんでした。

そのかわり当時はどマイナーであったサッカーが大好きになり、

小学校の時は当時県内で宇都宮に次いで2番目にできた

足利サッカー教室の2期生でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校野球がいまだにこんな議論をしているのが信じられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このような考え方の指導者がいる限り、

野球というスポーツの衰退は避けられないでしょう。

プロ野球の選手が全員丸刈りにするようなことがない限り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそもオレは先輩や監督が威張りちらす

体育会系体質はダイキライなのだが、

野球部は一般的にもっともその旧体質が根強く残っている印象です。

まあ、最近は高校サッカーや大学アメフトの監督の

横暴ぶりがニュースになったりしますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、ワタシが高校1年生のとき、

わが足高の野球部は空前の強さを発揮し、

次々と強豪校を破って快進撃を続けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時、足高の野球部には丸刈りの強制は無く、

しかも当時は長髪が流行っていたので

ラジオの中継で栃木放送(当時はとちぎテレビはまだなかった)の解説者が、

「あのアタマは何とかなりませんかねえ」と言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、最終的にチームは県大会のベスト4まで進出し、

しかもエースの選手は成績優秀で、その後たしか東大に合格したような。

いやー、センパイ、なんてカッコイイんだと思いましたねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえばこのヒトも、先進的でしたねー。

実は、星飛雄馬より人間的にもカッコイイ花形満。

紅洋高校を率いて甲子園で優勝しましたが、

アナウンサー、解説者は髪型については触れなかったような・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.15

沖縄本土復帰50年

5月15日は沖縄の本土復帰50周年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50年前のこの出来事をよく覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、中学1年生。

ワタシの誕生日が5月13日で、

中学に入ってはじめて知り合い以後親友になったTくんの誕生日が5月14日で、

沖縄の本土復帰が5月15日だったので

これらがもう一連のこととして記憶されてるので

忘れようもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦後、沖縄と小笠原諸島、北方領土が

米国、ソビエトの領土になったことは

小学生のころから知ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小笠原の本土復帰が昭和43年(1968年)にまず行われ、

ニュースで大々的に報じられたのが、小学3年生の時で、

これも記憶にありますが、

沖縄の場合には新たな「県」が増えたということが衝撃的でした。

テレビで「この番組は北は北海道から南は九州まで全国○○局ネットでお送りします。」

といっていたのが

「南は九州・沖縄まで」に変わったのも印象に残っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中学に入って1年生の時の担任が、

担当は技術家庭科ですがなぜか「詩が好き」という男のセンセイでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 およそ「ポエム」のイメージとは程遠い

いかにも技術科といったゴツイタイプの中年のセンセイでしたが、

教室の横の黒板に「タンポポさん」とかいう

メルヘンチックな詩を書いていて、

生徒からは完全に引かれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その担任が、沖縄の中学生に詩を書いて送ろう、

などというロクでもないことを思いつき、

クラス全員で沖縄についての詩を書いて、

沖縄のどこかの中学校に送った記憶があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんな、そもそも沖縄のことなど何も知らないし、

オレも作文は得意だが詩はチョー苦手だったので、

内容は覚えていないけれど、

戦艦大和が沖縄特攻に行ってどうのこうのといった

およそトンチンカンな詩を書いたと思います。

しかもクラスのみんなも担任がキライだったのもあって、

たぶん、沖縄の中学生は一方的に送られてきた詩集の内容を見て、

困惑したり、失望したり、あるいは激怒したかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 50年の歳月を経て、この場を借りて謝罪します。

どーも、大変失礼なことをしてスイマセン。💦

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.10

カレンダー

昨年はコロナもあり天皇杯以外の現地観戦はなく

DAZNも脱会していうたのでHNKとテレ玉以外のテレビ観戦もないところに

新監督の就任前後から選手の大幅な刷新があったため、

前年半ばに企画制作されると思われるこのカレンダーの顔触れは

実情にそぐわないものになっていました。

なので、去年は1枚もめくらず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年末はカレンダーを購入するか悩んでるうち

ついつい買いそびれ、売り切れになってしまった。

例年年末の折に埼スタに行ったときに買い求めるので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、この間、レッズのオンラインショップを覗いたら

割引価格で売りに出ていたので、買っちゃいました。

定価2200円が1760円というのは4カ月経過して

1年の1/4が過ぎたので残り2200×3/4=1650円よりやや高いじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えー、1月からいきなり槙野かよ。

まあ、年末の天皇杯の決勝点はこの人でしたが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月のユンカーはまあいいとして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はさらに現行のスタメンからは乖離が目立つ。

3月阿部勇樹、引退。

 

4月明本。

 

5月伊藤などはがんばっていますが、

 

6月西大伍、移籍

 

7月、柴戸はほぼスタメン。

 

7月、興梠慎三、札幌へ移籍。

 

8月、関根はまだいます。

10月汰木も移籍

 

11月西川は健在

 

 

12月小泉も在籍。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んなわけで、買ってはみたものの、まだ表紙からめくれずにいます。

まあ、この表し、カッコいいからいいんですけど。

 

コメントはまだありません
2022.05.01

サクラ石

 この間行った草津でも桜が満開だったので、

赤城の千本桜を含め、今年はことのほか桜がたくさん見られました。

いまや桜も終わり、これからは新緑の季節です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、「桜石」というものをご存知でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜貝は桜の花びらのような

淡いピンクのグラデーションからのネーミングと思われますが、

桜石はピンク色の石ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜の花びらはこのように先が割れていますが、

表面にこのような模様がある石を桜石と言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムカシよく拾ったなあ、と思ったら

意外な事実が判明しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は桜石は特殊な石であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットで桜石を検索すると、

全然違う桜石が出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、京都の亀岡で採れる石で、

標本やお土産として売られているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは擬六方柱状になった菫青石(きんせいせき)が分解して

絹雲母(きぬうんも)や緑泥石などに変化したもの。

白、淡桃、淡緑色などで、横断面がサクラの花のようにみえるところからこの名がある。

京都府亀岡(かめおか)市にある桜天神は、境内からこの鉱物を産することで有名である。

とあります。

こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バラ売りもあるらしい。

サクラなのにバラ売りとはこれいかに、なんて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この石には伝説があり、

その昔、菅原道真が大宰府へ左遷されるとき、

ある人が道真への別れの挨拶のために京都を訪ね、

別れのしるしに道真より1株の桜の木をもらい受け庭に植えたという。

やがて道真も亡くなり、植えた桜の木も枯れてしまったが、

枯れた桜の木の下にあった石に桜の花の紋様が付いたと伝えられているそうな。

よって、厄除け、雷除けのご利益があるともいわれているらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう、ワタシの拾ったことのあるサクラ石はこんなやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも菫青石(きんせいせき)が 変質して雲母化したものらしいですが、

形が違い、桜の花びらが散った感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがなんと、ほぼ足利市を流れる渡良瀬川でしか採れないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供のころ河原で石を探すと1個や2個は出てきたものでしたが。

そんな、貴重なものだったとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供のワタシが探したのは、川で水切りする用の石だったので、

ゴロゴロしたサクラ石は水切りにはむかないので

見つけてもポイポイ捨ててました。(^^;

そういえば、大人は有り難がっていたような記憶が・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今でも河原に行けばあるんだろうか?

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.04.23

2年半ぶりの温泉旅行

温泉に行くのはどれくらいぶりでしょう。

学会がらみでは2019年10月の

富山、氷見温泉なので2年6カ月ぶり。

プライベートの観光旅行では

2017年11月のイヌ連れ水上温泉以来なので

なんと4年5か月ぶりということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナによる外出自粛と

レディアの高齢化に伴う介護が重なった結果ですが、

改めてこんなに間隔があいていたのかとビックリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  きっかけは友人がFacebookで草津温泉にいます、

という記事をアップしたこと。

ワクチン3回接種割引きで1人当たり5000円オトク、

というのも気になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それで、群馬県の旅行キャンペーンを調べてみると

群馬県民のほか、茨城県民、千葉県民、埼玉県民は割引対象になり、

4月からは神奈川県民も追加、とあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えーーー、栃木県がはいってないじゃん💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京都はともかく、お隣の栃木が入っていないとは、

北関東のライバル県として、何かイジワルしてるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、一時は鬼怒川温泉や、那須湯元温泉も考えたが、

やっぱり温泉の王様といえば草津温泉。

老い先短い身としては行きたいところから行っておきたい、

とのことで草津温泉を予約。

ゴールデンウィークは混みそうなので密を避けてその前に行くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、4月は10日、17日と日曜日が連続ワクチン接種だったので、

日程的には、この土日しかないということになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かく言ううちに、栃木県もめでたく割り引きキャンペーンに加えられ、

しかも、ネットで草津熱帯圏にカピバラの赤ちゃん3匹誕生、

というニュースを発見し、

もう数日前から楽しみで楽しみで

アタマの中をカピバラの赤ちゃんが行進していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 旅行のいいところは、行く前からウキウキ楽しい、というところ。

こんな気持ちは久しぶり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 土曜日の外来は前日10人調べたPCR検査が5人陽性と

相変わらずコロナに翻弄されていましたが、

ともかく、ナントカ脱出。

一路、草津を目指しました。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.04.17

THE BATMAN

久々の映画館。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて本日は、、、、あれ?

あった、一番下。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと見られました「ザ・バットマン」。

土日にワクチン接種があってなかなか時間がとれず。

今は1日1回しか上映なし。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに引き換えコナン君はすごいなあ。

封切り直後とはいえ、3シアターで繰り返し上映。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バットマンは昔から好き。

スーパーマンよりバットマンが好きなのは、

鉄人28号よりもブラックオックスの方が好きだったことと関係あるかな。

妻と初めて見たのも1989年のバットマンだったような。

この年のクリスマス〜お正月映画で

バック・トゥ・ザ・フューチャーPart2も同じ時期だったが、

バットマンの方が1週封切りが早く、先に観たと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃、テレビシリーズは「スーパーマン」は白黒で

「バットマン」はカラーだったような記憶があり。

でも再放送の記憶かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のバットマンは・・・暗い。

ほんと、白黒みたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 舞台はほとんど夜で、しかも雨が降っている。

そして画面も暗いが、バットマンのキャラも暗い。

もともと闇のヒーローなのだが、

流れるのはニルヴァーナの「Something in the way」。

この選曲が強烈なメッセージになっています。

フランシス・フォード・コッポラ監督が「地獄の黙示録」で

ザ・ドアーズの「The  End」をオープニングで使った時と

似た印象を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてヒーロー物というよりは探偵物のようなストーリーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、おなじみペンギンも出ますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の敵はリドラーです。

リドル(なぞなぞ)を出すキャラクターで、

かつてのテレビ版ではナゾラーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、おなじみキャットウーマン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、今回はまだキャットウーマンになる前段階みたいな設定でした。

今後、化けるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう恋愛シーン的なのはいらない派なのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回目を引いたのはバットモービル。

前シリーズの装甲車的、前前シリーズのSF的イメージを一新。

カマロやトランザムみたいな

アメリカン・マッスルカー的な車になっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、これでかなり良いのでは。

ただ、全体に画面が暗くて車の全貌がよく見えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この1889年のバットモービルも衝撃的でしたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ一番好きなのは

リンカーン・フューチュラを改造したこのクルマ。

バットモービルではなくバットマンカー。

テレビ版主題歌では

「〽️赤黒い火を吐くジェットカー」と歌われていたのが記憶にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、リドラーの挑発にいつになく取り乱すシーンや

秘密メカの使用も最小限でスタンガンなんかを使うなど、

生身の人間に近く、精神的にも未完成な印象を与える

今回のバットマンでしたが、

映画の流れからはキャットウーマンも含めて

シリーズ化する意思満々と感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、今回のバットマン、上映時間も長いしストーリーも冗長。

ジャスティスリーグ的な一連の作品は

CG格闘シーンばかりであまり好きでは無いのですが、

こっちはこっちでトーンが暗すぎて

もうちょっとユーモアがあった方が好みかな。

まあ、続編できたら見るとは思いますが。

バットマンなので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てなワケで、観たいのは次はこの辺かな。

話題のドライブ・マイ・カーはまったく興味ないです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.04.15

2022年6月から水曜日は休診です

 ちょっと前のブログに書いた通り、

6月から当院は水曜日が休診になります。

すでに、院内には告知し、医師会、保健所等にも届け出を済ませました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あれ、これか。

先生、何年生まれですか、と患者さんから訊かれたのは。

スタッフから理由どうしましょう、

というから高齢化だよ、書いていいよ、

とは言ってましたが・・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年、63歳なら、高齢ではないだろう、

と思われる向きもあるでしょう。

日本人男性の平均寿命は81.4歳。

介護なしで生活できる健康寿命は約10年下って72.6歳。

まだ、10年近く働けるだろう、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、ウチは「早死に」の家系でして、

父が57歳、母が77歳で死んでいるから、

平均寿命は67歳。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに女性は長生きしますから、

男性に限って考えると、

父と同じく耳鼻咽喉科医をしていた伯父は

63歳で亡くなっており、

我が家の家系では男系の平均寿命は60歳ということになり、

ワタシはすでに超過生存領域です。

2人とも耳鼻咽喉科開業医でしたから、

このデータは説得力があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、十分「高齢化」してますので、

よろしくご了承ください。

 

 

コメントはまだありません
2022.03.18

公共工事

 2月のブログに書きましたが、

渡良瀬橋の歩行者自転車用の橋が

1月末から工事中になっていました。

そのため、アンタレススイミングスクールに通うのに

中橋を経由する遠回りルートを余儀なくされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3月10日を過ぎ、やっと通れると思ったら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何と、しれっと一ヶ月工期が延長されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いきなり、工期が倍。

説明も言いわけもお詫びもなく。

しかも、普段工事の人の姿もあまり見ないし。

これだから、公共事業ってヤツは、、、、。

社会主義がダメだということはよく分かる。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.03.16

渋谷の時代

この間のシボレートラックを作って、

いろいろ思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1990年代後半、子供がまだ小さいころ、

家族連れでクルマに乗ってよく東京に買いものに行きました。

月に一度近くは行ってたと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、インターネットが無い時代なので、

買い物はお店に行かなければならなかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 行き先は大体渋谷で、ほぼ必ず行くのが東急ハンズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東急ハンズはまさに宝箱のようなお店で、

1階から最上階まですべて回りました。

行くたびに発見がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特に11月ころになると、

クリスマスグッズと翌年のカレンダーの買い出しは

我が家の恒例行事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 買い物の量が多すぎて、一回では運びきれず、

駐車場まで荷物を置きに何往復かしたこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてお昼は東急ハンズの7Fにあったレストランボルツで。

ここ、お気に入りでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、今のタワーレコードのところに

キッズファームパオという子供用品専門のデパートがありました。

調べてみると1992年3月の開店だが、

1994年秋には営業不振であっちゅうまに閉店したらしい。

開店と同時にバブル崩壊、というタイミングだったんでしょうかね。

そんなわずかな期間であったが、

かなりの回数通った気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供服や、輸入雑貨、おもちゃなど

当時の我が家にはストライクなお店でした。

子供のクリスマスに子供服やレゴセットなんかを

買った記憶があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこでの買い物のときは

地下1Fのアンナミラーズで昼食というパターン。

キッズカリーがうちの子のお気に入りメニューでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東急ハンズからほど近い渋谷センター街には

「カメラのさくらや」があり、

ここはプラモデルが割引価格で安いので、

ちょくちょく覗いて購入していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また渋谷の青山通り沿いには

「こどもの城」という児童施設がありました。

1985年開設の厚労省によって建てられた公的施設で、

アトラクションやイベントのほか、

屋上に子供が自由に遊べる屋上遊園があり

何回か利用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、最後は渋谷からの帰りにワタシのわがままで

恵比寿にまわって件のMr.クラフト、

というのがお決まりのコースでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1階から5階までミニカー、プラモデル、書籍、ビデオ、

シャツやブルゾン、キャップなどのアパレル雑貨まで

すべてクルマ、レーシングカー関連という

カーマニアにとっては夢のようなお店で、

とくにF1開催の季節は盛り上がっていましたね。

ワタシと長男がプラモデルを吟味する間、

妻と娘は恵比寿駅でスイーツを食べていたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッズファームパオは1994年には閉店、

カメラのさくらやは2001年に渋谷の別の場所に移転しましたが、

その店舗も2010年に閉店したそうです。

Mr.クラフトも2008年に倒産し、突然閉店、

レストランボルツも2010年に閉店してしまい、

こどもの城は2015年に閉館したとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、あろうことか東急ハンズが

わが地元北関東のカインズホームに買収されちゃうらしく、

この2022年3月で消滅するとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんな、無くなってしまった。

時代の流れを感じずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ