ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.09.29

ミニジェットからの秋のミグまつり

 ネタが無くなるとプラモデルの話。

1/100タミヤミニジェットシリーズといえば、

1968年4月から始まったシリーズで、

世界各国のジェット機が100円~150円という

低価格でコレクションできる、というもので、

当時小学校4年生だったワタシは、弟と手分けして

第1シリーズ全16種をコンプリートしたのでした。

もちろん、カッコイイヒコーキは、ワタシが担当。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日、ヤフオクでこんなセットを見つけて、つい、買ってしまった。

ああ、在庫が・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、これを作ろう、どうせならシリーズNo.1の

ミグ19ファーマーから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と思ったが、しかし、ここは効率を考えて

シリーズNo.9のミグ21も一緒にやっつけちまおう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、いや、ミグ21を作るなら、

在庫になってる1/72のミグ21も一緒に作っちゃう手があるぞ。

フィンランド空軍仕様は作ったので、

今度はソビエト軍仕様にする予定だったし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、それなら、今回のヤフオクセットに抱き合わせでついてきた

エアフィックスの1/72のミグ15も作ってしまおう。

勢いがないとこんなキット、絶対に手を付けないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とのことで、けっきょく、MiGシリーズ4期同時進行という事態になりました。

で、まず、このMig-15だが、いやあ、これは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昔の駄菓子屋のキットと大差はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金型は1958年とあるが、何とオレの生まれる1年前。

1958年といえば日本のマルサン商会が

初めての国産プラモデル「原子力潜水艦ノーチラス号」を発売した年。

ただし国産とはいえ、アメリカレベル社のキットのコピーだった。

ともかく、このキットは歴史的なシロモノだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Mig-15といえば当時は鉄のカーテンの向こうの東側の戦闘機。

キットの設計者は、図面はおろか実機を見たことすらなく、

数少ない写真資料から原型を起こしたと思われ、

サイズや、考証などは正確に作るのはほぼ不可能。

それでも出来上がると、まあ、MiG-15にしか見えないよなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は以前作ったドラゴン社のMiG-15があり。

これは1990年代のキットで、

ドラゴンは香港のメーカーなので当時中国への返還前だが、

考証はかなり正確になってるはず。

一見して大きさがだいぶ違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも実機のイメージはなかなかとらえてるようです。

朝鮮戦争で北朝鮮に供与されたMiG-15の活躍は、

西側諸国の目には大いなる脅威に映り、

実機より大きくなっちゃったのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はキットのデカールが完全にダメだったので、

そのドラゴンキットの余ったデカールがとってあったので流用。

東ドイツ空軍仕様になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シートやコックピットは無く、パイロットはバーの上に宙ぶらりんです。

顔にシャドーを入れたので、遠くから見れば東ドイツの人に見えるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ナントカカントカ形にしました、というところ。

食品ロスならぬ、キットロスは避けたい性分なので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はヤフオクの詰め合わせには同じキットが、もう一個あるんだが、

どうしたものか・・・。

あとこのシーホークも前に作ったことがあるし、

もう一個はあの悪名高いマッチボックス社製だからなあ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 秋のミグまつりは続きます。

 

 

 

コメントはまだありません
2022.09.22

屋上

 コメント欄の情報により、

映画「沈黙のパレード」の屋上シーンは

ナント足利市役所であることがわかりました。

ホントだ。

あしかがフィルムコミッション」より。

     

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 わざわざ、このシーンのために足利まで来たのか。

他に屋上はいっぱいあるだろうに・・・・。

あ、小倉耳鼻科が見える、なんて。言ってねーか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、前々から気になっていたことですが、

映画やドラマで屋上シーンって、やたら多いですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たぶん、交通規制やヒトやモノの映り込みの心配が無く、

屋外の自然光で撮れるなどのメリットがあるせいでしょうが、

そんなに屋上で会話すること、フツーは無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このことが気になりはじめたのが、

以前「チームバチスタシリーズ」を見ていた時、

医者同士や、看護師さんやなんかが、

やたら病院の屋上で会話をするシーンが多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも病院の屋上は、入院患者の安全面からも、

そんなに簡単に出られる場所ではないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少なくともオレは、

勤務医時代、病院の屋上はほとんど出たことは無いし、

そこで誰かと立ち話をしたこともないぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、大学病院勤務時代は、

スギ花粉症の研究をしていたので、

毎年1月から5月の連休までは

病院の基礎研究等の屋上に設置した花粉収集器まで、

毎日スライドグラスの交換に登ってましたけど。

(けっこう地味に大変だった。)

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.09.19

今年2回目の休日急患診療所

9月19日敬老の日は、

朝から、足利医師会の休日急患診療所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前は医者2人体制だったのが、

コロナ以後1人体制になったので、

順番が回ってくるのが大分間隔があいて、

前回の当番は1月でした。

まあ、その分、予防接種に駆り出されるので、

休日出勤の回数はコロナ以降倍増してはいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月といえば、まだ第6波の始まったころ。

コロナ患者数は増加していましたが、

まだ栃木県内で1日200人程度のレベル。

それでも当時は驚異的な数字でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後いろいろあったわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は第7波のピークを過ぎ、

8月に1日3000人を超えていた患者数は、

1000人ちょっとまで減ってきている状況です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に新型コロナ疑いの患者さんがメインなので、

問診表もそれに特化したものに変更されていました。

ワクチン接種歴などの記載欄もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、この診療所の最大の弱点はPCR検査ができないこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、疑いが濃厚な方には抗原検査をし、

陽性ならOKですが、

抗原検査は陰性だが病歴より疑いは否定できない、という方には

翌日PCR検査を受けるように指示しました。

果たして、全員受けてくれるかは不明ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供さんの場合は何回も検査するのも何なので、

緊急性がなければ、本日の抗原検査は見合わせ、

翌日のPCR検査で判定しましょうと説明した方もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし中には、感染の疑いがあるが、

抗原検査でも陰性ならば会社に行けるので、

検査してほしい、という人がいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それは医学的に容認できない、と説明をしたのですが、

会社がバカなので、それでいいから、と納得してもらえず、

明日の時点で症状がないことを出社の条件に

抗原検査をした例もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああー、こうしてコロナは拡散していくのかもしれず。

まあ、今は薄く拡散させるのが政府の方針だったりするので、

やむを得ない面もありますが、なんかモヤモヤします。

お昼のお弁当は前よりマシにはなったけど、

やっぱり、物足りないなあ。

そこが、コロナに対しても中途半端なこの休日診療所らしい、

といえば、それはそうなのだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.09.15

3連休が2回だと?

テレビの週間予報などで、

今度の3連休はお天気にご注意ください、などといっているけど、

世間一般的には、今週から来週にかけて、

3連休が2回もあるという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナント!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院は土曜日はお休みではないので、

3連休はそもそも存在せず、

18日19日はお休みだが、16日と18日は連休になりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、ワタシはその19日の敬老の日は、休日当番なので

朝から夕までお仕事です。

2連休すら存在しない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まったく、敬老の日に老人が働かされるとは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、休日急患診療所は足利市医師会からの委託なので、

医師会の中には老人がうじゃうじゃいることを思えば、

オレなんか、まだ若い方かもしれず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ疑いの患者さんがあまりきませんように。

新型コロナの陽性率が下がっているので、

ちょっとは期待しているのですが・・・

 

 

 

コメントはまだありません
2022.09.12

全ウルトラマン大投票

NHKで放送されたこの番組。

それほど興味津々というわけではなかったが、

やはりウルトラ世代としては、

押さえておかねばならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、納得いかねー、この結果。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシの予想ではウルトラマンとセブンが

僅差で1,2位を争うと見ていたのだが。

これはやはり投票の母集団が関係していると思われる。

この手の投票に参加するのは20代中心で、

その子たちが子供のころに見たウルトラマンが上位に来たのだな。

40代の投票が少ないのは、その世代が子供のころ

ウルトラマンシリーズの放送がなかった、という解説も納得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビデオ出演した黒部進さんが、

「5位という高順位ですが、」というインタビューに

「それは、納得できないんだよ。」

と答えたのが、印象的。

今でもカッコいいぞ、ハヤタ隊員。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モロボシダンも登場。

こちらは、こんなコメントでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になる怪獣部門。

えー、ゼットンが1位なの。

これも、信じられない。バルタン星人、ゴモラは納得だが。

2位のジャグジーみたいな名前の怪獣は知らないけど、

バルタン星人、ゴモラより上なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼットンはたしかにウルトラマンを倒した怪獣だが、

造形的にもストーリー的にも思い入れはあまりないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5位以下。

キングジョー、メトロン星人、エレキング、ジャミラ、ピグモンは知ってます。

エレキングは好きだけど、ジャミラは嫌いな怪獣。

何故、こんな上位に。

ウルトラマンの怪獣はみんな好きだが、ジャミラとシーボーズは嫌いだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレの一押しは何だろう。

バルタン星人、ゴモラは当然上位。

レッドキングよりはアボラスが好き。

子供のころはヒドラが一番好きだった。

カネゴンがエントリーしてるってことは、ウルトラQもあり、

とすればゴメス、パゴス、ナメゴンあたりも入ってくるが、

やっぱりペギラかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてウルトラメカ部門も、この1位のセブンガーって何なんだ。

ウルトラホーク1号がぶっちぎりと思っていたが、

これもまた投票世代が反映しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウルトラホーク1号がアルファ号、ベータ号、ガンマ号に

分離して戦うギミックは確かに当時興奮しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンダバダバ・・・の発進シークエンスもカッコよかったが、

これはサンダーバードの影響。

そしてまた、3機分離するのは、

直前に放映された「キャプテンウルトラ」のシュピーゲル号が先駆です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウルトラマンのあと、ウルトラセブン放映開始までの「中継ぎ」で

放映された「キャプテンウルトラ」は、

円谷プロではなく、東映製作なので、

ウルトラシリーズにはカウントされず、

今やほぼ忘れさられている番組ですが、

当時の子供は、チャンネルも放送時間も

スポンサーも同じ「タケダアワー」で放映されたので、

ウルトラシリーズの一環として見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレのメカ部門ナンバー1はこのシュピーゲル号かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、番組を見てきて感じたのが、

実は自分はウルトラヒーローにはあまり共感していない、

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 似たようなことをゲストの佐野史郎さんも言ってましたが、

ウルトラQから入ったワレワレは、

ウルトラマンを見ていても夢中になったのは

毎週週替わりで登場した、さまざまな個性を持った怪獣たちであり

その怪獣のスペックや、怪獣にまつわるドラマに興味があったのです。

怪獣の出身地や特徴、必殺技、弱点などはすべて暗記。

ウルトラマンは、言ってみれば「狂言回し」のような存在にすぎなかったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウルトラマンが勝つのはわかっているので、

レッドキング対チャンドラーや、ドラコ対ギガス、

アボラスとバニラの戦いなどの方が盛り上がった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウルトラマンが最後にお決まりのスペシウム光線で怪獣を破壊すると、

子供たちは喝采を上げたのではなく、

あーあ、終わっちゃった、と思ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、ワタシが当時最も好きだった高原竜「ヒドラ」は

ウルトラマンが倒さなかった唯一の怪獣だったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2022.09.11

とちぎ国体2022

 わが栃木県で国体が始まったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回が昭和55年の「栃の葉国体」で、

そこから数えて42年ぶりだそうです。

まあ、48都道府県があるので、

これくらいのインターバルで巡ってくるのだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昭和55年といえば、ワタシは大学2年生であったわけで、

前橋に下宿するようになったのは3年生からだったから

まだ、足利から通ってたはずだが、

これが、まったくといっていいほど記憶にありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回足利市は、ビーチバレー、レスリング、ソフトボール、ボウリングなどが

行われるらしいが、ビーチバレーやボウリングなんて競技が国体にあったのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ビーチバレー、どこでやるんだ、

海もないのに、と思いましたが、

足利日赤の近くの土地に砂を運び込んで、

特設会場を作ったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、本県勢はいきなり一回戦で負けちゃったらしく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本県にビーチバレー人口がどれくらいいるか知れませんが、

少なくとも普段練習する場所は無いよなあ、栃木県には。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 負けた相手を知って、納得した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手は鳥取県でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥取県なら鳥取砂丘があるので、

ビーチバレーコートなんか無限に作れそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.09.09

ウェルカモバック

足利学校にカルガモの赤ちゃん発見、

の記事を書いたのはもうだいぶ前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日の散歩コースなので、

それから毎日子ガモの成長が見られる、と期待していたのですが、

見られたのは、その1日だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日のぞき込むのですが、一羽も姿が見えず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は、ワレワレの散歩の時間以外に

水浴びしてんだろうかと思っていましたが、

まったく姿を見せないので、

これはネコか、カラスかなんかにやられちまったのか、

あるいは熱中症でくたばったかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、この間、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや、子ガモではありませんが、

これはおそらく、あの子供たちが成長したのにマチガイ無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ガモ時代が見られなかったのは、誠に残念でしたが、

無事に成長したようで、まずはメデタシ、メデタシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、人の心配をよそにポーカーフェイスなカモなのであった。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.09.07

ピカチュウありきのポケモンラーメン

恒例(?)ですので、ポケモンラーメンも

パッケージを開封し、内容確認。

ウルトラマンシリーズと同じく、

ラーメンの種類ごとに3パターンのポケモンが展開されてることは

ネットで確認済み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5袋パックを開封すると

ピカチュウ3袋、ほか1袋ずつという構成であった。まあ、ポケモン全然知らないので。

ウルトラシリーズは2,2,1という構成であったのでちょっと違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思うに、子供が食べるばあい、

ピカチュウを食べた異,と言う子が多く、

きょうだい間で取り合いになるだろうから、

ピカチュウの割合を増やした、と考えられます。

改めて、調べてみると、どの種類にもピカチュウが入っています。

なるほどー、きょうだいゲンカを未然に防ぐ配慮であったか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、とりあえず食べてみます。

もはやラーメンブログと化している。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 要は、この間のスープカレーラーメンと同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カレーとしては、かなり甘口です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ガラムマサラを少しふりかけ

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果イイ感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ,カレー味にハズレ無し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.09.04

塩とんこつで1クール完了

 さて、残った最後のパッケージはサッポロ一番塩とんこつらーめん。

これはウルトラマンA(エース)ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1972年放映のこの番組も見てませんが、

再放送を何回か見たことがあり。

ウルトラマンAは北斗隊員と南隊員が空中で合体して変身するという、

独特の設定でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 敵は「ヤプール」という異次元人で、

ヤプールが地球に次々に送り込んでくる超獣と

ウルトラマンAが戦うという設定であった。

超獣は、それまでの怪獣より別格に強いので

怪獣と呼ばず超獣ということになっていたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中身の内訳は「バキシム」2袋「ルナチクス」2袋「エースキラー」1袋で、

これらはまったく知りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 男女2人が合体して戦う、という画期的な設定であったが、

これが「破綻」し、第28話で南夕子隊員は「降板」、

北斗隊員1人がエースに変身、ということに急遽なったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、視聴率があまり上がらなかったためですが、

男女合体変身に対し、

視聴者からの反応が芳しくなかったため、

とくに子供たちが「ごっこ遊び」をするのが難しいため、

といわれています。

だが、ウラではいろんな「大人の事情」もあったんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不本意に降板させられた南夕子さん役の女優さんは

さぞかし悔しい思いをしたことでしょう。

自分に非が無いのに、

番組のテコ入れのため、辞めてもらう、

って、そら納得いかないわな。

男女でウルトラマンAになるという

男女雇用機会均等法にのっとった設定であったが、

1972年当時は、この法律はなかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、そんなビミョーなウルトラマンAですが、

ウルトラマンAがビミョーなら、

塩とんこつというのもビミョーな位置づけです。

そもそもラーメン屋であまり見かけない「塩とんこつ」。

どうやって食べようかと思ったのですが、ちゃんぽん風にしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、かなり正解でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、これで一通り食べてみましたが、

ウルトララーメンは、あと4周、28食分あります(^^;)

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.09.03

鮎とトウモロコシで夏のシメ

8月後半になり天候が不順になり、

雨や曇りばかりになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、夏が終わってしまう、

夏の間にやり残したことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは「焼きトウモロコシ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、晴れた日に食べたい、ということで

週間天気を調べたら、

水曜日の午後から半日☼マークがあり、

ここしかないと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水曜日午後、渋川市の「落合簗」で鮎を食べたあと、

赤城に回って「焼きトウモロコシ」というプランを立てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「落合簗」まではクルマで55分ほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松は鮎が5本、竹は4本、梅は3本、

トウモロコシ1本分を考慮して、竹で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずはフライから。

揚げたて、アツアツです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今回ワタシは、クルマの運転の関係で、

痛恨のノンアルコールビール。

妻は、高速道路の運転はしない主義、なので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 期待された天気ですが、

いまひとつすっきり晴れません。

だが、肌寒い感じではなくやや湿度が高くこれはこれで夏らしい。

そこに吹く、涼しい川風が心地よい。

これが、簗の醍醐味ですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、待ってましたの塩焼き。

この時期の鮎は、夏の初めと違って大振りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、一匹は「子持ち」でした。

これもこの時期ならではです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここの簗は、鮎の田楽がつきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご馳走様でした。

レジで売っていた朝摘みキュウリひと袋100円をおみやげに購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、次なる目的地は赤城のすそ野を回って20分ほど。

毎度おなじみのこのお店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつも大混雑だが、水曜日とあって、空いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この夏、もう何本焼いたのでしょうか。

もう、だいぶ畑のトウモロコシも減ってきたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、ここで食うのがうまいのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年の夏休みのシメ、

無事コンプリートすることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ