ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.07.20

茨城みやげ~塩切り納豆は下館名物か?

 ドラキュラロックフェスタの会場は

道の駅グランテラス筑西。

茨城といえば納豆、なのでお土産に珍しい納豆を買ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 塩切り納豆とは、あまり聞いたことがありませんんが、

ここいら辺の名物らしく、

切り干し大根を入れて醤油で味をつけたそぼろ納豆と同じく、

塩とダシで味付けした

お醤油やたれをかけずにそのまま食べる

「味付け納豆」みたいなモノのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高血圧症の身としては塩分がやや気になるところですが、

酒のつまみとしてもなかなかイケる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、道の駅の特徴として

いわゆる生産者直売所的なコーナーがあり、

地元野菜がいろいろ売られていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近自炊率が高くスーパーにもよく行くので、

野菜の「時価」もほぼ頭に入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、これはお買い得、という野菜も買ってきました。

ネギ、玉ネギ安かった。

キャベツやレタスはウチの近くの方が安いようです。

群馬が産地だからかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 生産者の名前入りです。

タマネギの方、一瞬、鈴木保奈美さんかと思いましたが、

奈保美さんでした。😆

 

 

 

 

ちょうど離婚のニュースがタイムリーだったもんで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.18

天気予報

 週のはじめ頃から、

金曜日頃には梅雨明けするでしょう、

といつになく自信満々で気象予報士のヒトがいってましたが

なんとピタリと梅雨が明けちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気象予報士的にはしてやったり、であり

今回は祝杯でも上げてるでしょうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天気予報がはじまった明治時代には

腐りかけたものを食べる時、

「測候所 測候所 測候所」

という言葉を唱えると良いとされました。

現在の地方気象台等を測候所と称していたからで、

天気予報があたらないことから

食べものに「当たらない」の意味です。

同じ理由で「ふぐ」を食べるときに唱えた、

という話もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後は日本が戦争する時代になった時は

天気予報は「たまにあたる」ので

「弾にあたる」から

縁起悪いといわれたこともあるとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、明治時代でなくても

ワタシが子供のころには

まだ、天気予報は「当たらないものの例え」

としての意味があったと記憶しています。

昭和50年以前に発行された辞典の「天気予報」の項には、

普通の意味に加えて、

「あてにならぬ予告」とか、

「あまりあてにならない予想や予言」

という意味が載っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということからは最近の天気予報は

かなり「当るもの」になってるという

印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、

気圧、気温、風向き、風向とかの測定のデータが、

気象衛星やインターネットも含めて

過去とは比較にならないレベルで収集されているためであり、

また、過去のデータの蓄積により、

コンピューターを用いた

気象シミュレーションがかなり精密に行われている

ためでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムカシは測候所や観測船からの電話電信の連絡や、

せいぜい富士山レーダーの情報でしたから。

富士山レーダー知ってるヒトは一定年齢以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するってーと、気象予報の仕事は

AIの介入に非常に適した分野だと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AIの進歩により、

そのうち医者は要らなくなる、

なという未来予想が、

週刊誌などでしばしば取り上げられますが、

気象予報士の方が、多分先に要らなくなのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の朝ドラ「お帰りモネ」のモネちゃんも

招来的には仕事ないとか?

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.12

サンマの予言

金曜日のスイミングの帰りに

半額になったお刺身や、お惣菜を買って帰るのが楽しみ、

ということがここしばらくのルーティンでしたが、

コロナ禍ステイホームになってから、

何も残っていない、という事態はけっこうあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜も何もないかー。

ウナギ蒲焼き売ってるから、これで精をつけるか、

と思ったが一尾1680円という値段に、

やはりためらう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、お、コレだ、と選んだのが、コイツ。

2尾で158円とはウナギの20分の1以下。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、最近不漁のため、やせっぽちのサンマばかりの中、

まずまずの大きさです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜は、豪勢に2尾まとめて尾頭付きだー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しかったすが、

脂のってて、2匹喰ったら

ちょっともたれました。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、2008年にこのブログを始めたばかりのときに

サンマ」についての記事を書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 13年前のブログ。

当初はまだ改行、行間余白が無いので読みにくいなあ。

おー、サンマ一匹30円だったんですね。

豊漁だったと、書いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、さらに妻の「予言」が書いてあります。

回遊魚であるサンマの豊漁は地球環境の変化だから、

そのうち全く獲れなくなるかも、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、今起こっている事態を

完璧に予測しとる。

我が妻殿、おそるべし(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.11

ワタシがブログを書く理由

 2008年からブログを始め、

2016年3月からは「毎日更新」をモットーに

これまで書いてきた「ロックな耳鼻科」ですが、

振り返れば、膨大な量です。

この間、「医者のブログ」という記事を書いて、

フト、なんでオレはこんなに長いことブログ書いてるんだろうか、

との思いに至りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医院開業して20年以上。

今や、あまり忙しいのは困るので、

この期に及んでブログによる増患効果は

全然望んでおりませんし、

当ブログは見ての通り広告はないので、

広告収入でお小遣いがもらえるわけでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 単に好きだからやってます、ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 考えてみると、それについて思い当たる要因は2つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひとつは、子供のころから

「人前で何かやること、人にものを教えることが好き」

だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小さいころから人前で発表したり、講義をするのが好きで

学芸会なんかでは主役以外やったことない。

バンドでギターボーカルやってるのもその路線ですね。

「目立ちたがり」ともいう。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう一つは、やはり子供のころから

「文章を書くのが好き」

ということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小学校1年生のときに、

担任の先生からクラス全員に日記を書くような課題が出て、

そこで褒められてから文章を書くのが好きになったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日記は小学時代は書いていましたし、

作文コンクールや読書感想文では常に賞をいただいていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その2つの合体を考えるとたどり着くルーツは

小学校3年生の時に国語の授業であった

「壁新聞」ではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 数人のグループに分かれて、記事を書き編集して、

壁にはりだすというもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 授業中だけでは間に合わず、

放課後も残って作業を進めたりするわけですけど、

これが、楽しくて、楽しくて。

もう「天職」かと思いました。

当時、天職なんて言葉は知らなかったと思うけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく自分の作った新聞が、

学校の廊下に張り出されて、

全校生徒の注目を集めるというのが快感でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その流れで、中学では

サッカー部のほかに新聞部に入りましたが、

決められた記事を書かなければならない学校新聞よりも、

自由度の高い「ウケる記事」を扱える

学級新聞には相当チカラを入れました。

大学生の時は、クラスで分担して試験対策の「資料」

というプリントを作るのですが、

その時もかなり凝ったものを作り好評で、

たしか医学部の卒業アルバムの中に

その資料の表紙が掲載されたような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、こうして自己分析してみて

このブログはワタシにとって

「壁新聞」の延長なのだなあ、

ということが今さらながらに分かりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、気の向くままに

今後もしばらく書くと思います。

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2021.07.06

医者のブログ

この間、Bスポット療法について書いた当ブログに

耳鼻咽喉科のお医者さんからコメントをいただきましたが、

このブログはいったいどれくらいの人が読んでて、

その中にお医者さんはどれくらいいて、

さらにそのなかに耳鼻咽喉科のセンセイが

どれくらいいるんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時々コメントいただく耳鼻咽喉科医のセンセイもいますが、

ホントのところあとはウチの妻くらいしかわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お医者さんのブログも時々検索して見ていますが、

大体は開業直後に集患の目的で始めるが、

そのうち(おそらく患者さんが増えて経営が軌道に乗ってくると)

立ち消えになっちゃってるブログが結構多い印象。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログを続けてるセンセイも、

インフルエンザワクチン始めました、とか

花粉症のシーズンなのでクスリを取りに来ましょう、

といった営業目的のブログがほとんどで、

それもたまにしか更新されないから

面白くないったらありゃしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と薬剤師さんや歯科医のセンセイの方が

趣味や旅行記を交えたブログを書いていて

面白かったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当ブログをお読みの方で、

これは面白い、

「ロックな耳鼻科」よりこっちの方が面白いぞ、

というお医者さんのブログをご存知の方がいましたら、

参考にしたいので

ぜひとも教えていただきたく存じます。

 

 

 

 

 

2件のコメント
2021.06.30

扇情降水帯

梅雨も末期になって来ており、

連日、天気予報で耳にする言葉は「線状降水帯」。

ムカシは聞いた覚えがないので、

新しい気象用語なんでしょう。

「集中豪雨」ってのはありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はなはだ不謹慎ではありますが、

「線状降水帯」

って、語感がカッコよくないすか?

なんかソソられます。

「扇情降水帯」か(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中高と受験生だった身としては、

これは試験に出るぞ的な

要暗記ワードのニオイがします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝ドラ「お帰りモネ」じゃないすけど、

気象予報士試験には必出の単語かと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4文字熟語は数多くありますが、

5文字はちょっと萌えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「線状降水帯」を聞いてまず頭に浮かんだのは

高校時代日本史で習った

「方形周溝墓」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山川出版の赤い教科書の脚注にあったのを覚えています。

(赤が日本史、青が世界史)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも五文字用語、

「前方後円墳」「王権神授説」「天皇機関論」「神皇正統記」

「中性子崩壊」「電子親和力」「溶解度曲線」「重力加速度」

などのように、「線状降水帯」も

いかにも、試験に出るぞ―的なオーラを感じてしまい、

受験生生活を長く送った身としてはつい反応してしまいます。

ラインマーカーでマークしたくなる的な。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大学の時は主にドイツ語、ラテン語で暗記したわけだが

「胸鎖乳突筋」はなかなかソソる名前でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、「リットン調査団」も

カタカナ入ってますが同じ語感です。!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.22

オリンピックは観客アリ

 東京オリンピックの観客定員は

「上限1万人で定員の50%」になったそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 無観客ではないんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして観戦ルールとして

会場内でのマスクの常時着用、大声の禁止、

アナウンス等による混雑回避、分散退場等を求める、

さらに、行き帰りについて「直行直帰」を要請する、

そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 盛り上がらないなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お通夜のようなスタジアム。

お通夜の方がまだ飲み食い会話するか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、会場内での酒類の販売は行う方針。(;゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お酒は会場で買ったものは飲んでもいいが

酔っ払ってもしゃべってはいけない、

マスクしながらこっそり飲む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして行きも帰りもどこにも立ち寄ってはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この件についてはレストラン、居酒屋など飲食店は

なんだよー、という気持ちでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこまでしてやるかオリンピック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染は大なり小なり再拡大するでしょうし、

オリンピックが開かれなければ

死ななくて済んだ、というヒトは必ず出てくるでしょうね。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.20

ドライカレー

ドライカレーという食べ物がありますが、

それはワタシの中でではほぼこんなモノです。(自作)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、一部の人の間では

ドライカレーというと、こういったものを思い浮かべるらしい。

(これはネットより。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、「キーマカレー」と称するモノではないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも若いヒトの間では、

ドライカレーは右側のキーマカレー的なものをさすようです。

考えてもみませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だって、オレはこれで作ったんだぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初めてのドライカレー体験は幼稚園の頃で

そのころレストランなんてものはほとんど行ったことがなく、

何かの件で親戚一家と東京のレストランに行った際、

2,3歳年上のイトコがドライカレーを注文して

初めて、そんなメニューの存在を知ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、ワタシの中ではこのドライカレーは、

チキンライスやオムライス、

カレーライス、ハヤシライスしか知らなかった自分としては、

ちょっとカッコイイ、都会的な洗練されたメニューなのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この感覚は、ワカラナイですかねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそもキーマカレーなんつーモノは無かった時代に育ったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、また今日もドライカレーを作りましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一般的には、今や、いやひょっとしたら昔も(?)

洗練やオシャレとは程遠いメニューですが。

ドライカレーにはある種、独特のプラスイメージがあります。

前回はピーマンでしたが、今回はブロッコリーとグリンピースで、

ジャガイモも入れてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4件のコメント
2021.06.17

ワクチン接種会場にて

 木曜日のお昼休みは、足利地場産センターにて

新型コロナウイルスワクチンの集団接種。

これは250人余りの接種が終わったあとです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 接種個所は4か所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院のナース関口さんは今回は接種修了者の経過観察係。

向こうの方にいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ズームアップすると、なんか道路工事のビブスみたいの着てました。

ナゼに夜間反射板がついてる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他にも多くのスタッフが受け付け、書類記載の手助け、誘導などで

てきぱきと働いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 驚いたことに、接種担当の看護師さんの一人が

ワタシとアンタレススイミングスクールでいつも逢ってる人でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いきなり声かけられてビックリしましたが、

そう言えば、見覚えがある人です。

プールでは一度も挨拶すらかわしたことがありませんでしたが、

向こうはワタシが耳鼻科開業医であることを

人づてに聞いて知っていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今までお互い水着姿でしか逢ったことがないわけで、

言われなければ絶対思いもよらなかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、看護師さんの年齢はおそらく

ワタシと同じかやや年上かと思われます。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.11

2021年のカルガモ

今年も足利学校のお堀にカルガモの赤ちゃんが生まれた

とのニュースを聞き、朝の散歩の足をちょっと延ばして見に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大日様のお堀には大人のカモしかいませんが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いたいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり「密」になってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はなんと10羽。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しばし見入ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワリ食って、歩かされたー。💦

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ