ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.10.01

舌異物

 医者を長くやってると

思いもかけない症例に遭遇することがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 奇病、難病というものもありますが、

えっ、こんなことがあるのか、

というような教科書や論文にも載らないような、

症例報告にもならないような患者さんが来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日来た女子小学生。

主訴は髪の毛が舌に絡まった?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何のことかと申しますと、

舌の表面はざらざらしています。

細かく見ると乳頭といって小さな突起が表面に無数にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 状況はよく分かりませんが、

髪の毛が舌にはりついて、

いじってるうちにとれなくなってしまった、とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 顕微鏡で拡大して観察すると、

糸状乳頭に細い髪の毛がちょうどダンゴ結びのようになっています。

拡大図で書くとこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抜糸の要領でハサミを使いますが、

いかんせん髪の毛が細く、きっちり結ばれてるので

ハサミの先端が入りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこでスタッフが気付いて、

耳の手術用の剪刀を出してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 顕微鏡下手術用のハサミなので、

先端は非常に小さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを使って、顕微鏡で見ながら

無事「抜糸」できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな小さいモノ、顕微鏡とこの剪刀がなければ絶対取れなかったでしょう。

出血もなく良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、こんなマニアックなハサミ、

外来に常備してる耳鼻咽喉科クリニック、

どれくらいあるだろうか。

 

 

コメントはまだありません
2023.09.25

F1日本グランプリ2023 お土産編

  続きです

さて、鈴鹿から帰ってまいりましたが、

今回もいくつかお土産品をゲットしたのですが、

F1関係はTシャツと、チケットホルダー、そしてホンダブースでもらったステッカー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして例によってF1以外のものがやたら多い。

まあ、いつものラーメンと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 納豆は、こりゃ病気というかライフワーク的(?)なモノなので

買わずにはいられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いかなごのくぎ煮も好きなので関西方面に行くと見つけたら必ず買います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中のサービスエリアで知ったが静岡県は缶詰王国らしい。

まさか、やきそばの缶詰があるとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、深夜の静岡サービスエリアで見つけたこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この「旅するマメしば」シリーズは

全国各地のご当地名物とコラボしたキャラクターグッズで、

昨年から妻が集めている。

昨年、岐阜で「さるぼぼしば」奈良で「大仏しば」をゲットし、

この間尾瀬丸沼で「温泉しば」を発見したが、

これは静岡県の「富士山しば」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、思ったら、早朝の浜松サービスエリアで

さらに一気に4匹もゲットしてしまった。

左から「浜松餃子」「浜名湖ウナギ」「静岡ミカン」そして「富士山ピンクバージョン」♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻のコレクションが一気に倍増し、

大変喜ばれました。

これで夫の道楽も大義名分が立つというもの。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.09.23

F1日本グランプリ2023 ついに鈴鹿へ、土曜日予選

続きです

朝5時、G-ショックのアラームで起床、

雨はもう上がっています。

すぐにクルマをスタートさせ、まずは浜松サービスエリア。

大河ドラマは見ていないけど、楽器の街、浜松。

よく見ると後ろの建物に鍵盤が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで朝食の焼きたてパンをゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして一路鈴鹿を目指す。

まあ、ある程度の渋滞は覚悟の上だったが、これは事故渋滞であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後はさしたる渋滞もなく鈴鹿ICまで。

なんか前にすごいクルマがいるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インターを降りた後、途中のコンビニでホットコーヒーラージを買い、

サーモスに詰め替え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、クーラーボックス用の氷を買い、

その先のガソリンスタンドで帰りに備えてガソリンを満タンにしておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくて、無事到着。

日曜の決勝日ではなく、予選日で、

しかもまだゲート開門前後の時間帯だったので

スムーズに進みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4年ぶりにやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最寄りの西コースゲートからサーキットに入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、来ました。

今年は天気がいい、が、アツイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、すごい人混み。

土曜日もこんなに混んでるんだ。

ショップはどこも会計に長蛇の列で、

ここでグッズを買うのはあきらめる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホンダのブースでチケットホルダーだけ買っておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の指定席は初めてのメインスタンド。

冥土の土産に奮発してみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おー、アルファタウリのピットの真ん前、

そしてその横には表彰式を行うポディウムが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポルシェカップの予選を見ながらサーモスのホットコーヒーを飲み、

朝買ったパンを食べる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、昨年とは全然違いますね。

まさに大名気分。

昨年は自由席のベンチで合羽を着て

雨の中、修行僧のようにずっと座っていた。

買っておいた昼飯の弁当をリュックから出すことすらできなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11時からはフリー走行を前にポディウムで

日本人ドライバー、角田裕毅選手が来季のチームとの契約更新を報告。

よかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてフリー走行。

F1マシンの走りを間近で。

フェラーリ、カルロス・サインツJr.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルファタウリ、角田裕毅。

F1マシンの音を身近で聞くのは楽しいが、

以前も書いたが1991年の鈴鹿で聞いたNA(自然吸気)のホンダ・ミュージックと

ガソリンとオイルの匂いがないのが寂しいといえば寂しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、その後、スタンドを出て、またF1ファンゾーンのホンダブースへ。

ここは過去のホンダのマシンが展示されるので楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、今回は第一期の葉巻型のRAシリーズ、

第二期のマクラーレンホンダ、ロータスホンダなどの展示はなく、

レッドブル以降の最近のマシンばかりだったのが

かなり残念であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若いヒトには、これがホンダのF1なのだろうが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このドライバー保護装備のハロも必要なことはわかるんだけれど

昔のF1マシンのほうがカッコ良かったなあ、

と思うオールドファンなのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、グランドスタンドの外のファンゾーンでは

人が多すぎて缶ビールを一つ買うにも長蛇の列なので、

昼飯は2コーナーの裏あたりまで行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺までくればビールはすぐ買えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公式ビールはハイネケン。

暑いので、抜群にウマイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼メシを済ませ、またグランドスタンドに戻る。

逆バンクの下を通ると近い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選の前にブルーインパルスの公開練習飛行。

カッコイイ。

明日も本飛行が見られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、予選。

予選を生で見るのは実は初めて。

Q1が始まって間もなく最終コーナーでクラッシュ。

しばらく赤旗中断であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後再開された予選で日本人ドライバー、角田裕毅選手は、

劣勢のマシンながら見事Q1、Q2を突破し、

Q3に進んだ。

スタンドはやんややんやの大盛り上がり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップはやはりレッドブルのマックス・フェルスタッペン。

盤石の速さでポールポジションをゲット。

明日の決勝が楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、予選終わってクルマまで引き上げる。

近いので楽だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一休みしてから風呂と夕食の調達に出かけます。

サーキット近辺の入浴施設は混雑が予想されたので

クルマで30分ほどの津市内まで足をのばす。

しかしインターネットで検索したこの規模の大きなスーパー銭湯の駐車場はほぼ満車。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっとのことで空きスペースを見つけて車を止め、

玄関を入ると、いきなり料金がF1特価になっている。(◎_◎;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに浴場は激混みで、洗い場は順番待ち。

広いお風呂がいくつもあるのだが、

湯につかるスペースを探すのも一苦労。

昭和のお盆休みの江の島海水浴場のようであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに帰るときには入浴券を買う自販機にも長い列ができており、

輪をかけて大変なことになっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 隣接したスーパーで、夕食と明日の朝食を調達し

サーキットの駐車場に戻る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて夕食は、茹でソラマメと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 握り寿司。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自分でつけた浅漬けもクーラーボックスに入れて持ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、DAZNでこの間見逃したACLを見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、このマイカー居酒屋~カプセルホテル。

個人的には今回の旅行の目玉、非常に幸せ。

至福の極みである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アジアチャンピオンズリーグ第1戦、

武漢でのアウェイゲームは、常にリードされたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半ロスタイムにホセ・カンテのゴールで追いついた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、アウェイで2-2ならば良いだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、明日は決勝。

 

 続く

 

 

 

コメントはまだありません
2023.09.22

F1日本グランプリ2023 出発

続きです。

さて、金曜日。

昼休みにガソリンスタンドに行き、

ガソリンを満タンにしておく。

鈴鹿までは、片道ざっと600㎞。

グーグルマップでは中央道を推奨するが、

過去の経験から平坦で道幅の広い東名のほうが圧倒的に走りやすいので、

東名道で行くことにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜は行けるとこまで行き、

適当なサービスエリアで車中泊の予定。

浜松サービスエリアあたりが目標。

ガソリンスタンドの帰りにフレッセイで

夜食用のおにぎりとから揚げを買っておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後8時、いざ出発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グーグルマップもセット。

浜松サービスエリアまで4時間22分、午前零時半くらいに着く予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、出発したら、いきなりの豪雨。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんじゃ、こりゃあ。

今年のF1は雨とは無縁のはずだったが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうち上がるだろうと、

のるインターチェンジを足利ICから館林ICに変更し、

高速を進むが、雨は降ったり止んだりで、

雨脚は徐々に強くなる印象。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東北道から、圏央道に入り、東名高速を目指すが、

ワイパーを最速にしても視界が確保できないような雨になった。

厚木PAでトイレ休憩し、おにぎりを一個食う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この雨はただ事ではない。

お天気アプリを見ると、なんと、雨雲の中心にいる。

しかも東名高速に沿って雨雲がのびていて、

まだこれから夜半過ぎまで降り続くという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、行くしかない。

すると、東名道はこんな時間に大渋滞。

走行中の撮影ではありません。

クルマ完全に止まってます。😭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨だけでなく、事故や工事中もあっての渋滞。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、大変。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てなわけで目標の浜松サービスエリアから約60㎞手前の

静岡サービスエリアで車中泊をすることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ここの駐車場もけっこうあちこち満車です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも何とか駐車スペースを見つけ、

から揚げとビールを飲んで、

DAZN でF1のニュースをちょっと見て、

もう寝ます。

 

 

 

 

続く

 

 

コメントはまだありません
2023.09.21

F1日本グランプリ2023 鈴鹿に向けて

今年は準備万端。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発売日にチケットをゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は指定券、しかも初めてのグランドスタンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 駐車券もゲットした。

 昨年は散々だった天気も今年はバッチリ。

暑さが気になっていたが、

先週末から気団が変わり、朝夕の気温は下がってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おまけにレッドブルホンダは絶好調。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 問題は日程だ。

今までは、10月の体育の日がらみだったので

土曜日の診察終了後に出発し、夜中に鈴鹿着。

日曜の決勝レースを見て、月曜日は休日なのでゆっくり戻る、

というスケジュールであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は土曜日が秋分の日で土日が連休になる。

F1はヨーロッパのカレンダーなので、開催は日曜日と決まっている。

なので、金曜の夜出れば、土曜日の予選も見ることができる。

そこは、いいとこなのだが、

いっぽう厄介なのは、日曜日のレース終了後、

月曜日の朝の診療開始までには戻ってこなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サラリーマンなら月曜日に有休をとる手もあるが、

ワタシ一人が休みでは、妻が到底許さない。

休診に関しては来週は学会休診もあるので

まさか月曜日休診で3連休というわけにもいかず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、帰りは成り行きで、ということで金曜夜に出発することにしました。

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.09.19

お堀のカモ

さて、9月になって変化したものといえば、

大日様のお堀。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏には1羽もいなかったカルガモ軍団が戻ってきた。

日ごとに増え、今や20羽を超えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間違いなく冬から春までここにいたカモである。

というのは、中に識別できる個体がいるからで、

このカモはくちばし全体が黄色いので

ワレワレが「バナナちゃん」と名付けたカモ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽうこちらは「マガモちゃん」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの子は春にはこんな姿だった。

マガモのオスは非繁殖期にはこのような鮮やかな色の羽ではなく

メスと同様の地味な色になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これをエクリプスと呼ぶ。

エクリプスはご存じ「日食」だが

たしかウルトラマン何とかにエクリプスモードってのがあったっけ。

また、変わるのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう、足利学校のお堀のファミリーは元気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今やコガモはお母さんより大きくなりました。

手前4羽がコガモ、離れて見守ってるのがお母さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らの初飛行も楽しみです。

 

 

コメントはまだありません
2023.09.17

世界で一番熱い夏

やっぱりな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連日、記録的猛暑、熱中症警戒アラート発令のニュースか、

記録的短時間大雨情報、線状降水帯のニュースばかり見てていた記憶しかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いったい地球はどうなるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月に入っても連日最高気温は35℃前後。

30℃なら、ちょっと涼しいじゃん、と思ってしまうのは

完全に感覚がマヒしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高気温30℃超は「真夏日」ですぜ。

いったい、今何月だと思ってるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにプリンセス・プリンセスの

「世界で一番熱い夏」が発売された1987年は

東京の8月中最高気温の平均は30.8℃、

最高気温を記録したのは29日の34℃でいわゆる猛暑日はなかった。

そもそも、猛暑日という言葉が使われ始めたのは2007年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかくエアコンつけないと死んでしまう、

という環境はもはや人間の住む場所ではないなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と思ったら、

「世界で最も暑い国」と言われる、アフリカのジブチ共和国の夏は、

気温50℃前後が当たり前で、

なんと最高気温71.5℃を記録したことがあるそうだ。

暑すぎて蚊も飛ばないらしい。

110万6千人が住んでる。

エアコン普及率はどれくらいなのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、日本で暮らす中東・アフリカ出身者の83.3%が、

出身国よりも日本の方が暑いとのアンケート結果もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジブチも雨季には日本と同じく80%以上になる時期もあるが、

湿度は1年を通して乾燥している日が多く、

乾季は相対湿度30%ほどだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり日本の暑さは格別にキビシイらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この先、人口は北海道や、標高の高い高原に次第に移動していくのか。

それとも、人間の体が変わって暑さを感じにくくなっていくのか。

30℃をちょっと涼しい、と感じる我々の体はすでに変化が始まってるのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうち、みんなジャミラみたいな姿になってたりして。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.09.15

本日の入荷

ここ最近、毎朝調剤薬局から情報が入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワイドシリン細粒があと何g、メイアクトドライシロップは何g、

セフゾン細粒はまだそこそこありますが、

オラペネムはあと約1人分、オゼックスの在庫はありません。

みたいな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2か月前に書きましたが

小児用抗生物質の薬剤不足は今も続いています。

いや、さらにひっ迫した状況になってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いったいどうなってるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎日在庫をチェックして処方をしなければならなくなっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まるで、鮮魚店かお寿司屋さんみたいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、奥さん、今日は活きの良いメイアクトが入ってるよ。

あら、こないだ欲しかったけど、今日は入荷したのね。

じゃあ、4日分いただこうかしら。

へい、まいど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 などと、冗談を言ってる場合ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オゼックスなど、子供の中耳炎で耐性菌が出た時など、

これしか効かない、ということがある薬なので

無いと非常に困る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、オゼックス細粒小児用は

子供の中耳炎で耐性菌が増加したため、

耳鼻咽喉科学会が製薬メーカーに依頼して

わざわざ製品化してもらったという薬なのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日の外来での話。

子供の熱で小倉先生のとこ休診日だったので

コロナだと困ると思って小児科にかかったら、

インフルエンザとコロナは陰性で

風邪薬出されましたが、抗生物質が入ってました。

風邪の時には抗生剤いらないと聞いてたので、

飲ませませんでした。

熱はすぐ下がったのですが、まだハナセキ出ます。

抗生物質飲まなくてよかったんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのとおりです。

こんな風邪で抗生剤のんじゃダメです。

ただ、この抗生物質、オゼックスかあ。

この子には必要なかったけれど、

世の中にはこの薬が本当に必要な子がいるんだよなあ。

うー、モッタイナイ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.09.14

23年ぶりの

 水曜日の休診日、朝からお出かけ。

今回は妻の強い希望で引っ張り出された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻のクレジットカードは東京ディズニーランド提携のディズニーカード。

買い物で付くポイントはディズニーランドしか使えないという。

今までは、娘と泊りで出かけて消費してたらしいが、

コロナ禍でディズニーランドに行けないまま、溜まっているそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供たちが小学生の頃は行っていたが、

以来20年以上はディズニーランドに行ってない。

もう、孫でもできるまでは行かないだろうと思っていたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初めて電車で来ました東京ディズニーランド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 独身時代に妻と来たときは楽しんだが、

子供を連れてくるとなると、

お父さんの仕事はアトラクションの列に並んだり、

パレードの通り道に座ったりの順番取り、場所取り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 加えて往復の運転とレストランの確保。

帰りのクルマではみんな寝てるし、

レストランではアルコールも飲めず、

下働きばかりで楽しんだ思い出はあまりない。

ほほう、電車でくるとこんな感じなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻の話では今年中に使うポイントを計算すると、

2人で2回来られるとのこと。

ディズニーランドとディズニーシーに一回ずつの予定だが、

今回はディズニーランド。

ディズニーシーは行ったことがないが、

ディズニーランドなら何の予習もせずにやって来たが、

何とかなるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 詳しく調べてみると、

最後に行った時には「プーさんのハニーハント」が出来ていたが、

たしか、ディズニーシーはまだ完成していなかった。

プーさんのハニーハントが2000年9月、

東京ディズニーシー開業が2001年9月なので

この間、ということになる。

約23年ぶりくらいと思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 着いてみると入り口でもらう紙の地図がない。

今はみんなスマホのアプリで見るそうで、

ワタシもその場でアプリをダウンロード。

ディズニーなんちゃら会員に名前を登録し、

リーダー、ミッキー・マウス氏の軍門に下る。

このアプリ、各アトラクションの待ち時間が

リアルタイムで出るので超便利。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻の希望で「スターツアーズ」にまず向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スターツアーズは以前からあったぞ、と思ったが

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、中身はだいぶ進化したようだ。

何より3Dになっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかもストーリーは順列・組み合わせで4×5×7×5×2=96で、

計96通りのストーリーとなるそうだ。

なので続けてもう一回乗ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第1回目の時、女子高生の修学旅行グループと一緒になり

キャーキャーうるさいのなんの。

だが、これもディズニーランドのトッピングメニューみたいなもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いてはジャングルクルーズへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういうアトラクションは今日みたいな暑い日に乗るものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは開園当初からあるので、何回も乗ったことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ガイドの軽妙なトークは以前と同じだが、

ワレワレが最初に乗ったころは、

まだこのガイドのお姉さんは生まれてないだろう。

「行くジャングルの河の流れは絶えずして、しかも、もとのクルーズにあらず」

ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 40年間サイに襲われ続けているこの探検隊もご苦労様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシは「写ルンです」で写真を撮ったが今はスマホ、デジカメです。

東京ディズニーランドの開園は1983年、

「写ルンです」の発売はその後1986年でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、混まないうちにお昼を食べようということで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カレーを食べようと入ったレストラン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナント!生ビールがある!!

ビ、ビール注文できるんですか?

と思わずお姉さんに訊いてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつては、東京ディズニーランドの最大の難点といえば、

アルコール飲料が飲めないことであったが、

いつから解禁になったのか。

これなら、また来たいぞディズニーランド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思わずこぼれるスマイル☺。

埼スタは800円だから、50円安い。

てか、そもそも食事代も全部カードのポイントだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、腹ごしらえのあと、

やっぱ、暑いのでスプラッシュ・マウンテンを目指します。

待ち時間45分は今回最長。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーむ、先ほどのスターツアーズにもあったが、

健康状態は良好だが、高血圧、心臓疾患、持ってます。

高齢とは何歳から?

23年前には目に入らなかった看板だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 長い待ち時間だが、途中からは屋内になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 乗り場までちょうど45分。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏の川下りは爽快。

そういや、ムカシは実際にカヌーであちこちの川下りをしたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高いところまで登りました。

相変わらず長蛇の列。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帽子をとって落下に備えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どどーん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次は待ち時間5分のフィルハーマジック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2011年オープンなので初体験。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また待ち時間の少ないピノキオ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは子供と乗った覚えがある。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 休憩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 麦茶みたいにうっすーいアイスコーヒーだったが、

まあ、熱中症予防にはこれでいい。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだまだ行くぞ、ウエスタンリバー鉄道。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この西部を再現した雰囲気は、ディズニーランドの中でも好きだなあ。

子供のころは西部劇をよくテレビでやっていた。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 列車にはアメリカ合衆国を流れる4つの河の名前がつけられています、

とのアナウンス。

我々の乗ったのは「ミズーリ号」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、カリブの海賊。

まだ乗るのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも昔からあるが、中身がリニューアルされていて、

映画パイレーツ・オブ・カリビアンのキャラクターなどが配されていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、いい加減遊んだが、最後にもう一個。

モンスターズインクのファストパス、

いや、今はプライオリティパスという時間指定パスをとっていたので

こちらに向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 着いたら、指定時間のまだ20分前。

となりのスターツアーズが15分待ちなので、

これ乗っちゃおう、という妻。

どこまで貪欲に乗り倒すのか。

そんなわけで、また乗船。

そういえばこのデザイン、今朝乗った「りょうもう号」に似てますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また違ったストーリーを楽しんで、モンスターズインクへ。

しかし、ディズニーランドのミミ装着率高い。

マスク率は1割以下だが、ミミ率は8割近いのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは2009年開業の新しいアトラクションなので、初体験。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ライトを照らしてモンスターを探すのですが、

いかんせんジジイは反射神経悪いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、遊び倒した23年ぶりの東京ディズニーランド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 驚いたことに、毎日1万歩の散歩習慣が奏功してか、

1日中歩き回っても全然平気でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供連れ、若いカップル、修学旅行生、外国人観光客の中にあって

初老の夫婦は異質だったかもですが、

まあ、健康的に楽しめました。

最後はモノレールでぐるっと回って駅まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度は、ディズニーシーへ妻は来る気満々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はよく歩きました。

結婚後、ディズニーランドの目的がデートから、

子供とのお出かけに変わったが、今度は健康づくりになったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.09.02

アレルギー性鼻炎とスイミングに関するご質問

度々ブログを読ませていただいています

耳鼻科医の小倉先生に質問なのですが、

小2の子供の持久力をあげるためにスイミングを考えています。

ですが、息子は花粉症もハウスダストなどのアレルギーも強くあり、

スイミングにより悪化することもあるとネットの記事で読み心配です。

現在も風邪を引くとアレルギーが強く出て完治までものすごく時間がかかります。

先生はアレルギーのある子のスイミングについてどうおもわれますか?

*****************************************************************************

コメント欄にこのような質問をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に診察もしていないし、

検査データもありませんので、

あくまで一般論としてのご回答です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論から言えばアレルギー性鼻炎、花粉症の子にスイミングをやらせるのは賛成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋内プールの環境は温度は一定で湿度も高く、

ハウスダストやダニはもちろんスギ花粉症シーズン中であっても

花粉の飛んでいない空間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プールの水の塩素が鼻粘膜を刺激する可能性もありますが、

鼻からプールの水を吸引するわけでもなく、

塩素そのものは刺激物質ではありますがアレルゲンではありません。

水泳の上達につれ反応は少なくなることが考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬場はプール内外の気温差が大きくなり、

これにより鼻炎症状が惹起されることがありますが

多くは一過性です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呼吸機能の訓練、免疫機能の改善については、

特に喘息ではその効果が認められ、

小児喘息についてはスイミングの有効性が示されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アレルギー性鼻炎、喘息と並ぶ

3大アレルギー疾患のもう一つアトピー性皮膚炎に対しては、

皮膚への直接的な侵襲から、

スイミングは推奨されていないようですが、

ワタシはアレルギー性鼻炎に関しては、

プラス面、マイナス面を考えると

トータルではメリットの方が多いと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少なくとも、花粉症シーズンに

屋外でサッカーや野球をやらせるよりは

はるかにいい、ということは確実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 免疫能、呼吸機能の改善により風邪をひきにくくなれば、

それも鼻炎症状の改善につながると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、本人の意思がもっとも重要で、

やりたくないものを無理にさせることはないですが、

本人がやってみたい、というのであれば

アレルギー性鼻炎を理由にスイミングをあきらめさせる理由はないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以上、ご参考までに。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2023年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ