ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.03.22

一等星の合言葉

先日ベテルギウスの話を書きましたが、

ワタシの天体に対する知識は、

その大半が、天文学者にあこがれていた小学生時代のものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今でも、各星座の一等星の名前はそらんじられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポラリス北極星が二等星であることも知ってますし、

夏の大三角形がこと座のヴェガ、はくちょう座のデネブ、

わし座のアルタイルであることも覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、今回のブログを書くに当たって、

ざっと調べたところ、間違って記憶していたことも発見しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

星座の中で一番明るいのがα星、

二番目がβ星であると思っていましたが、

必ずしも、そうではない場合もあるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのベテルギウスはオリオン座のα星ですが、

実はβ星のリゲルの方が明るいそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、今回の減光のせいではなく、以前からだそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはこの命名がドイツのヨハン・バイエルというヒトが

1603年に発表した「ウラノメトリア」という

星図書に基づいているからだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は星の明るさの測定が目視だったので、

このようなことが生じたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フムフム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つ、重大な記憶違いをしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリオン座が唯一、2つの一等星を持つ星座だと思っていましたが、

それは「北半球で見ることができる」という条件付きで、

実際には「ケンタウロス座」「みなみじゅうじ座」も

2つの一等星を持つ星座でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「みなみじゅうじ座」は、よく耳にする「サザンクロス/南十字星」で

α星の「アクルックス」(0.667等級)

β星の「ミモザ」(1.25等級)ともに一等星です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「みなみじゅうじ座」はγ星の「ガクルックス」も1.64等級と、

もうちょっとで一等星の明るい二等星だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「ケンタウロス座」。

β星の「ハダル」は0,6等級の一等星。

そして一番明るいα星は-0.1等級の明るさで

全天では-1.46等級のおおいぬ座の「シリウス」

「りゅうこつ座」の「カノープス」(-0.74等級)に次いで、

3番目に明るい星なんだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、この星には固有の名前がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜかと思い調べてみると、

どうもこの星が三重星であることに関係するようだ。

肉眼では1個に見えるが、

1689年にこの星が二つの天体からなることが発見されている。

ケンタウロス座α星A、ケンタウロス座α星Bと、

藤子不二雄A,Bみたいな名づけられ方をしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二連星というとガミラスとイスカンダルのように接近しているかと思いきや

α星Aとα星B間は太陽から土星くらいの距離で公転してる

というので、宇宙は広い。

しかも楕円軌道のため最大では

太陽から冥王星くらいまで離れることもあるとか(@_@。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに1915年に第3の星α星Cが発見され、

三連星であることがわかったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはさらに0.24光年も離れているというから、

ワケがワカラナイ。

公転周期は10万年から50万年という。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここら辺はワタシの天体学の知識と理解の範疇を完全に越えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年8月21日にα星Cに対してプロキシマ・ケンタウリ (Proxima Centauri) 、

2016年11月6日にα星Aに対してリギル・ケンタウルス(Rigil Kentaurus) 、

2018年8月10日にα星Bに対してトリマン (Toliman)

という固有名がそれぞれ正式に定められたそうですが、

一般にはこれらをまとめて「アルファ・ケンタウリ」と呼ばれる場合が多いとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、はっと心は少年時代に戻る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1974年公開のゴジラシリーズ第14作「ゴジラ対メカゴジラ」は、

2年前の1972年に日本に返還されたばかりの沖縄を舞台に、

翌1975年の沖縄海洋博とタイアップして製作された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴリラマスクをつけただけの「ブラックホール第三惑星人」が

メカゴジラを使って地球征服を目論むのであるが、

その秘密基地のセキュリティーがなんと赤穂浪士ばりの「合言葉」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その合言葉が「アルファ」の呼びかけに対する返答が

「ケンタウロス」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうか、沖縄は緯度が低いので北半球でも

ケンタウルス座がみえるから、

‥‥‥というわけではないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、進歩した科学技術でメカゴジラを操る宇宙人が

合言葉というのは、いかにもおそまつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーむ、壮大な宇宙の話だったはずが

いかにも矮小なB級映画の話になってしまった・・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.21

「たらこ」と「真だらこ」

 昨日の休日急患診療所のお弁当。

午前中数人しか診ていないのに申し訳ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何やら紙が入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「たらこ」ではなく、「真だらこ」になったことの

「お詫び」だそうです。

「大変ご迷惑をお掛けいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。」

とのことですが、そんなに謝ること?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、いったい、このお弁当のどこにたらこが?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これかー。

シャケの下だった。

この昆布のツブツブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、そもそも「真だらこ」って、何、って感じですが、

これが「真だらこ」か、ただの「たらこ」か、

そんな細かいこと、気付く人がそうそういるとは思えませんね。

万が一のことにしてもセブンイレブン、手堅すぎる。

気付いたとしても、そんなところをつついてクレームつけてくるヤツいる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやあ、そりゃあいますぜ、ご隠居。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おや、そらまた、なんでだい八っつあん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だって、ご隠居、そりゃ、まさに・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「重箱の隅」ってやつですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・おあとがよろしいようで。m(__)m

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.20

コロナ流行中の休日急患診療所

3月20日金曜日は、春分の日で祝日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数ヶ月に一回くらいであまり回ってこない

休日急患診療所の当番ですが、

なんで、よりによってこのタイミングで回ってくるかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナント、新型コロナウイルスの影響で、

いきなり感染疑いの患者さんがずんずん入ってこないように、

基本的に玄関は閉まっています。

スゴイね。

ワタシもカギを開けてもらって入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザの検査は、

マスク、ガウン、手袋、N 95マスク、キャップ、ゴーグルの

完全装備で、陰圧のかかる特別室で行います。

今は溶連菌、アデノウイルスなど、

インフルエンザ以外の迅速検査キットは、

ここには用意されていないそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん新型コロナウイルスの検査も出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、重症者あるいは重症化しそうな人はここでは診られませんし、

軽症の人は新型コロナウイルスの感染が怖いので、

ここには来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっきり言ってヒマです。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この現状ではあまり機能してはいないような印象の

足利医師会休日急患診療所。

忙しいのは電話やインターホンの対応の

事務員さんたちのようです。

保健所はもっと大変だろうなあ。

きっと、テレビショッピング並みに

ただいま、テレホンオペレーター増員で対応中です、に違いない。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.18

明るいニュース

連日ウイルス関連のニュースでは、ちょっと暗いので、

ひとつ、明るい話題を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年秋から、急激に明るさを失っていた、

オリオン座の一等星、ベテルギウスが、

ここにきて明るさを取り戻しつつあるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イキナリ、星の話?

しかも明るい、ってそっちの明るさかよ、

と、突っ込みたくなる皆さんの気持ちももっともですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、この話題は昨年から気になっていたもので・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の秋からベテルギウスの明るさが急激に衰え、

もともと0.42等級くらいの明るい星だったのが、

徐々に暗くなり1.5等級を割り込んで、

一等星から二等星に降格か、という話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考までに星の明るさは対数スケールの「等級」で示され、

1.5等級より大きいものを「一等星」、

1.5等級から2.5等級より大きいものを「二等星」などといいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリオン座は北半球で見ることのできる星座の中では

唯一、一等星を2個持つ星座でした。

(もう一個は0.13等級のリゲル。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、まさかの「降格」とは・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、それは恒星の寿命の末期である赤色巨星であるベテルギウスが

いよいよ超新星爆発を起こす前兆かもしれない、との説に、

にわかに色めき立ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超新星とは夜空に突然出現する明るい星として観測され、

1006年の4月、-7.5等級という歴史上もっとも明るいとされる超新星が

世界各地で観測され、記録が残っている。

日本は平安時代で「新古今和歌集」の藤原定家が、

「客星」として記載しているそうだ。

月の4分の1ほどの明るさで昼間でも見えたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、超新星爆発をこの目で見られるか、と期待していたので

明るさが復活した、というのは、

必ずしも明るいニュースではなかったりしますが・・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いずれにせよ650光年の距離にある星なので、

今見ている現象は650年前の出来事なんですよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 広大な宇宙のことを考えると、

日常のストレスが些末なものに思え、少し解消されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.14

沈黙の春

 今年の春は、まさに「沈黙の春」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 楽しみにしていた参加予定のライブイベント延期、

Jリーグ再開延期、グリーンデイ来日延期、

ここまでは、ある程度想定内であったが、

なんとここにきて極めて残念なビッグ・ニュースが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 FIAの決定で、F1開幕戦オーストラリアGPの中止と

第2戦バーレーンGP、第3戦ベトナムGP、第4戦中国GPまでの延期

が発表された。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マジですかー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんでもオーストラリア入りして開幕戦の準備をしていた

マクラーレンチームのスタッフが現地メルボルンで新型コロナウイルスに感染。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、それでは致し方ないか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーストラリアで流行の話をきかなかったので、

やはり無人島に2週間滞在させたのが奏功したかと思っていましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、今年はホンダの活躍がかなり期待できるので、

シーズン前からかなり期待高まっていたので、残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Jリーグもない、F1もない、ということでDAZNはもう退会しかないな。

そもそも、この4カ月は全く見ないのに受診料だけ払っていた。(-_-メ)

 

 

コメントはまだありません
2020.03.09

「鼻がたれる」

初診の患者さんには問診表を書いていただいていますが、

まず最初の、本日はどのようなことで受診しますか、

という趣旨の設問に対し、このところ花粉症のシーズンですので

「鼻が詰まります」「鼻が出ます」「鼻がたれます」

といった記載が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は「鼻が詰まります」は正しい表現ですが、

「鼻が出ます」「鼻がたれます」

は誤りで、正しくは

「洟が出ます」「洟がたれます」

となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「鼻」とは顔の中央部に隆起する部分の名称で、

その部分は解剖学的には「外鼻」ですが

通常はその内部のキャビティである「鼻腔」を含んだ部分を指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに耳鼻咽喉科的には

鼻腔に連続する空洞である「副鼻腔」も含めて

「鼻」と総称します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらは人体の構造物ですが、

たれてきたり、かんだりする「ハナ」は、

「鼻」ではなく「洟」という字を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、「鼻が出る」というとピノキオみたいな状態だし、

「鼻がたれる」というのは

芥川龍之介の禅智内供(ぜんちないぐ)のような状態になってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、そのような場合は

「はなが出ます。」「ハナがたれます。」

と、カナで書くか、

「鼻水」「鼻汁」といった言葉を使うのがよろしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、いちいち患者さんに

「いや、見たところ、全然たれてないですよ、普通の形です。」

などという、大人気ないツッコミはしませんけど。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.08

コロナが来る

 太田市の小中学校は休校になっていないので、

コロナはともかく、花粉症が大変です、

なんて話を書いたらイキナリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 太田市でコロナウイルス感染者が出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、保育士の方のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、子供さんに感染していたら拡大が懸念されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何しろ、子供、特に未就学児では感染しても

不顕性であったり、症状が出ても軽症で済む場合が多いはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは知らぬ間に子供たちが感染を広げる可能性は高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というよりむしろ、逆にこの新型コロナウイルスは、

保育園に通園している子供さんから

この保育士さんがもらったという可能性の方が高いのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もしそうだとすれば

太田市から当院に来てる子はけっこういるので、

すでにワタシも新型コロナウイルスに接触している可能性は

決してないとは言えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、この保育士さんが最初にある医療機関を受診して

インフルエンザ陰性の診断を受けた、という報道から、

ひょっとして、それ、ウチだったりして、という考えが頭をよぎったが、

保健所から何の連絡も来てないので、

たぶん、そうではなかったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これから一段と気をつけて診断にあたらんといかんなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを受けて、太田市の小中学校も休校になるようですから、

昨日の花粉症問題のほうは解決に向かいそうですが・・・。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.05

SARS、MERS、CARS

 新型コロナウイルスは「COVID-19」と呼びましょうとWHOが提唱しましたが、

まったく定着していませんね。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「COVID-19」とは「Corona Virus 2019」の略語で、

2019年に発見されたコロナウイルスという意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2002年にやはり中国で発生した「SARS」は

重症急性呼吸器症候群(Severe Acute Respiratory Syndrome)

の略語ですが、これも新型コロナウイルスだったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、2012年にサウジアラビアなどで流行した「MERS」は

「中東呼吸器症候群(Middle East Respiratory Syndrome)」

の略語ですが、これまた新型コロナウイルスなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともとコロナウイルスは普通の風邪のウイルスとして4種類あり、

「SARS」が5番目、「MERS」が6番目、

そして、今回の「COVID-19」が7番目のコロナウイルスということのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「サーズ」や「マーズ」は定着したのに、

今回はいまだに新型コロナウイルスと呼ばれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本当なら中国、武漢で発生したので、

「China Acute Respiratory Syndrome」で「CARS」か

「Bukan Acute Respiratory Syndrome」で「BARS」で良いような気もしますが、

地名や人物、動物にちなんだ名は使えないルールがあるとのことで、

そうはならなかったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも「MERS」は「中東」と地名が入っているし、

「ウエストナイル熱」もまんま「西ナイル地方」入ってんじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひょっとして、大国である中国に忖度したか、

中国が圧力をかけたか、なんて考えちゃいますけど、

ホントのところはどうなんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっとも、ネット上などでは、

もともと中国がキライな右寄りのヒトタチは、

みんな「武漢肺炎」とか「武漢熱」なんて言葉をあえて使っているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえばリック・オケイセック率いる「CARS」っていうバンド、

1980年代にありました。

1960年代にはデビッド・クロスビー、ロジャー・マッギンの「バーズ」もあったけど、

こちらのスペリングは「BYRDS」でした。 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.04

リスクファクター

 新型コロナウイルスのおかげで、

図書館、体育館やライブハウスなどの閉鎖空間は、

営業を自粛する動きが広まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スイミングプールでも一部は閉鎖の施設もあるようですが、

ワタシの利用するアンタレススイミングは今のところ営業中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、どう考えても高温多湿の温水プールの中で、

風邪のウイルスが感染するとは考えられませんが、

ロビーや、見学席では可能性がないとは言えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、今日行ったらこんな張り紙。

まあ、正しい対応だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜も1000メートル、でも、やや、ゆっくりめに泳ぎました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 激しい運動のあとは一時的に免疫力が低下しますので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、新型コロナウイルスが感染した場合の

重症化するリスクファクターは

①60歳以上の高齢者

②高血圧

③糖尿病

④慢性呼吸器疾患

⑤心疾患

といわれていますが、

よく考えると、ワタシ、③以外全部該当します。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ライブハウスも良く出入りするし、ヤバいなあ・・・。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.03

耳の日

 さて、本日3月3日は第65回の耳の日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルス騒動のおかげで、

世間的には全くスルーですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただでさえ「ひな祭り」の陰に隠れて存在の薄い「耳の日」。

しかもこの時期、スギ花粉症シーズンで、

耳鼻科的にも耳より鼻の病気が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、第65回ということは歴史は古い。

オレより古い。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 制定は1955年。

ちなみに同じ語呂合わせからの8月7日鼻の日は、

1961年の制定で、ちょっと後になります。

オレより若い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、6月4日が虫歯の語呂合わせから、

たしか「虫歯予防デー」だと思っていましたが、

今はそうではないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウィキペディアによれば、

1928年から1938年まで日本歯科医師会が、

「6(む)4(し)」に因んで6月4日に虫歯予防デーを実施していた[1]

1939年から1941年まで「護歯日(5月4日)」、

1942年に「健民ムシ歯予防運動」として実施し、

1943年から1947年までは中止された。

1949年、これを復活させる形で口腔衛生週間が制定された[1]

1952年に口腔衛生強調運動、

1956年に再度口腔衛生週間に名称を変更し、

1958年から歯の衛生週間、

そして2013年から現在の歯と口の健康週間になっている[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おおお、歴史は耳の日よりはるかに古く、こんなに変遷しとる。(@_@)

しかも、一時的に5月4日だったとは・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシ、小学校のころよくポスターかかされましたが、

「虫歯予防デー」だったのは、戦前の話であった。

これでいくとワレワレが小学生の頃は

「歯の衛生週間」だったわけですね。

それにしても歯科医師会の熱意がスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、歯磨きで虫歯は予防できるけど、

耳や鼻の病気はそうはいきませんからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は補聴器してても耳が聞こえなくなったという

89歳のおばあちゃんの大きな耳垢をとったら、

補聴器入れて、今度は聴こえますと、大変喜ばれました。

ひとつ、耳の日らしいことをしました。(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ