ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.01.15

風が吹けば

 聴力の中で低い音の聴こえだけが悪くなる

低音障害型感音難聴は、比較的多い疾患です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明確な原因は不明ですが、

ストレスや不眠などに伴う循環不全が原因になるといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いったん治っても、

またストレスなどを誘因に再発することが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何年か前にも当院でこの病気を治療した方が、

また、再発で再受診しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何か、原因に思い当たることはありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、去年から仕事が忙しくて忙しくて・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この方は獣医さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、獣医さんがそんなに忙しいのだろう。

新型コロナの影響で一般のニンゲンの病院は

どこも患者数が減少してるというのに・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は理由があったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この獣医さんはイヌの鳴き声を小さくする手術をやっていますが、

その予約が昨年からびっしりなんだそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ステイホーム、在宅ワークになって、

多くのヒトが自宅で過ごす時間が増えると、

今までは問題にならなかった

ペットの鳴き声に対する隣家からのクレームが、

急増したらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クレームが来る前に処置を、

というケースもあわせてこの手術のために

遠方からも予約がひっきりなしに入るとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、コロナが流行ると、獣医が難聴になるという、

風が吹けば桶屋がもうかる的な話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、ワタシの知り合いのミシン屋さんは、

メーカーも投げ出したミシンも修理しちゃうという名職人ですが、

コロナが流行してから、それまで廃業寸前だったミシン屋が

修理の依頼が殺到して大忙しになってしまったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 理由は昨年春先にマスクが品切れになり、

皆さん自分でミシンでマスクづくりを始めたため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナは、

ワレワレの想像を超えたところに影響をもたらしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
2021.01.12

北関東が世界一

 暖冬傾向が続いたここ数年とうって変わって

今年は寒波襲来で寒さが厳しく、

東北や日本海側では記録的な大雪で、

高速道路でクルマが立ち往生したりの惨事になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自宅と待合室のファンヒーターが故障したので、

2週連続でヤマダ電機で新しいファンヒーターを買ったことは

以前書きましたが、

その時買ったファンヒーターはコロナ社製。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルス流行のためのネタ、というわけではなく、

昔からある国産メーカーなので信頼できるかなと思って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここ最近は、韓国や中国製の格安家電が

市場を席巻しているのだけれど、

どうも今一つ信用できない面があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、ヤマダ電機に行って店員さんに訊いたところ、

石油ファンヒーターはすべて日本製なのだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国内で55%のシェアを持つのはダイニチ工業で、

コロナは2番目だが、石油ファンヒーターを作ってるのは

この2社を含め4社のみ。

すべて国産で、しかもダイニチとコロナは

いずれも新潟市三条市に本社があるという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは知らなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 理由を調べてみると意外なことがわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 世界で石油ファンヒーターを使ってるのはほぼ日本だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 欧米先進国はセントラルヒーティングが主流で、

部屋の中で物を燃やすことがあまりないそうです。

昔ながらの暖炉に煙突というのはありますが、

灯油は使わない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東南アジア、アフリカではそもそも強力な暖房は必要なく、

韓国の床暖房は有名です。

中国では石炭が主流

日本のような質の良い灯油が流通してないからのようで、

中国の灯油では日本製のファンヒーターはすぐ故障しちゃうらしい。

わかるなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに日本国内でも、石油、ガスの暖房の普及率は、

北海道8割、東北日本海側5割、西日本2割となっている。

寒い地域は寒冷地専用の暖房機が普及しているし、

九州、沖縄などの暖かい地方はエアコンで済んでしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして東京など住宅事情で石油ストーブ等禁止のアパートも多く、

なので、石油ファンヒーター市場の中心は、

なんと、この北関東だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは、北関東は世界のファンヒーターの中心、

ということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、日本国内でも地味な地域と言われ、

県別魅力度の最下位を競っている北関東が、

一挙に世界の頂点に立ったようで・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、あんまりうれしくない、か。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.01.02

2021年AUTOCOURSEカレンダー

 昨年暮れ、2020年が終わるギリギリに届いた荷物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年購入するAUTOCOURSEのグランプリカレンダー、

注文したのは11月初旬だが配達日が2回3回と遅延になり

やっとギリギリ年内に届きました。

今回はF1グランプリ70周年記念としてアニバーサリー・エディションとあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パッとめくるといきなりクラシカルなマシン。

これはワタシもなじみがないフロントエンジンのF1。

そうか、このドライバーはスターリング・モス。

無冠の帝王と呼ばれた彼は昨年4月に90歳で亡くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2月は現役ドライバーのランス・ストロールのレーシングポイントを挟んで、

3月はフライングスコットこと天才ジム・クラークでした。

1968年にF2のレースで32歳で事故死。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3月の次4月は、レッドブル・ホンダに久々の優勝をもたらした

マックス・フェルスタッペン。

ホンダの来季限りでの撤退は誠に残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして5月はやはり昨年5月に70歳で亡くなったニキ・ラウダの

フェラーリ312T2。

1976,1977年のコンストラクタ―ズタイトルをとったマシンであり、

1976年の第10戦ドイツGPで、

このマシンのクラッシュでラウダは瀕死の重傷を負った。

しかしこの写真はゼッケンが11。

1976年は前年チャンピオンのラウダはカーナンバー1をつけていたので、

この写真は1977年のものと思われる。

この年からフィアットのロゴが入ったのも鑑別点。

この年ラウダは2回目のワールドチャンピオンになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6月はまた現役のルイス・ハミルトン。

今期4年連続7回目のワールドチャンピオンに輝きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 7月はアラン・ジョーンズ。

このヒトも昨年死んだのかと思ったが、まだ生きてます。

このチョイスは、昨年チームを売却したウイリアムズに

初めてチャンピオンをもたらしたのが彼であったからであろう。

1980年のことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 8月はキミ・ライコネン、そして9月は

1994年5月にイモラで亡くなったアイルトン・セナ。

このレースは当時病院で当直中のテレビで見てショックでした。

写真は彼が栄光を手にしたマクラーレン・ホンダではなく、

最期のマシンとなったウイリアムズFW16。

セナはこのマシンで3回しか出走していないが、

ひょっとして、亡くなる直前のショットなのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 9月は現役のシャルル・ルクレールのフェラーリ。

で、10月は、このジェンソン・バトン。

これは2009年にチャンピオンをとったブラウンのマシンであるが、

実はこのマシン、前年までで撤退したホンダが作ったマシンで、

本来であればホンダRA109になるはずであった、

ホンダファンにとっては複雑な1台です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後12月が現役のマクラーレンのランド・ノリスですが、

こうしてみると今のF1マシンがワタシの眼にはグロテスクで

皆同じ形でカラーリング以外では区別できないのに比べて

ムカシのF1マシンはユニークでカッコよかったなーと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.31

2020年大みそか

間違いなく歴史に残る年になるであろう2020年も

大みそかを迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の年越しそばはこちらにい邪魔しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンド仲間のヒトシさんのご実家です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鴨汁そば美味かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあとは、ここにケーキをとりに行く用があったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パティスリーホリは「C5-dips」のベース、ホリさんのお店、

超人気のケーキ屋さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスケーキ、

ムリ言って家族がそろう年末に作っていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メリークリスマス&ハッピーニューイヤーということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年こそは良い年になりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も1年間で367本の記事をこのブログにアップすることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来であれば華やかだったオリンピックイヤーを

回顧するはずだった大みそかの記事ですが、

今日の感染者は東京で1300人を越え、

日本全国でも4000人を越え過去最高。

来年もどうなるのか、まだ出口の見えない状況です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、正しい情報を集めながら、

冷静さを失わずに行動し、

この危機を乗り越えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年の大みそかには明るい話題が書けますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今年も大変なこともいっぱいあったけど、

楽しいこともそれなりに多かったと思います。

コロナ禍にあってかえって深まった人とののきずなや

家族のありがたみもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、良いお年を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.16

死者蘇生

自室の石油ファンヒーターが壊れてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずエアコンでしのいでいたが、やはり電気での暖房は弱い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中で、先週、寝室の布団を温めようと、

布団乾燥機をかけたら、エアコンがフル稼働だったこともあり、

ブレーカーが落ちてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その衝撃で、今度は長らく愛用していたHDDプレーヤーが逝ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電源スイッチを入れても赤いランプが点滅し、

ON状態の緑のランプが点灯しない。

コンセント差し換えてもダメ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CDから録りためた約2万曲が入ってるHDD。

それがいっきに聴けなくなってしまった・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう10年以上たってるので、修理は難しいだろう、

とは思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも一応、ヤマダ電機に持ち込んで、

診てもらうだけ、診てもらうということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンヒーターの方は新しいものを購入し、

帰りがけにオーディオ・コーナーを覗いたが、

もうあのようなハードディスクプレーヤーはなくなってしまい、

ブルートゥースとかUSBメモリーとかそんな感じになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CDは持ってるので、

それらをまたパソコンからUSBに入れることはできるでしょうが、

枚数がハンパないのでメンドクサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんとか、直らないかなあ、

と、わずかな望みを胸にお店からの連絡を待っていたのだが、

その後、非情にもヤマダ電機から修理不能なので取りに来てください、

との電話が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、問題はその時間経過だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前日の夜7時過ぎに持ち込んで、

電話があったのが翌日のお昼頃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どう考えても、メーカーに送って中を診たとは思えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お店の上層部が、

ああ、これダメだから送らなくてもいいといったのか、

お店からメーカーに連絡とったら、

それは修理できないから送るなと返答があったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレは心肺停止のヒトが担ぎ込まれたら、

ダメかと思っても一通りの診察と蘇生は試みるもんだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それで、家族は死を受け入れることができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お店やメーカーは新しい商品を売ってナンボ、ということか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それとも、ワタシが持ち込んだHDDプレーヤーは

一見して「首なし死体」のようなものだったということであろうか。

でも、なあ・・・・・・(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.15

モヤシの経済学

 最近あまりいい話題はないのですが、

ひとつ嬉しいことは野菜が安くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、台風が上陸せず、好天が続いたことが要因のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏から秋にかけては野菜が高くて、

ほぼ3食自炊のワタシとしてはかなり困っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくによく食べるキャベツ、レタスといった葉物野菜が高騰し、

レタス一玉250円なんつーころもありましたが、

今や一玉78円なんていうこともあり、

アリガタイ、アリガタイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高いころは買うのを躊躇したり、

値段の変わらない千切りキャベツや

天候に左右されないモヤシなどを買ったりしてましたが、

ここにきて躊躇なく買い物かごに入れることができます。

ただキャベツとレタスと白菜をいっぺんに買うと、

ガサが大きくて冷蔵庫が満杯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎日野菜大盛りです。

麦とホップ率、高いなあ。

(税率変わってもまだまだ発泡酒の方が安い。)

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たったひとつ、値段が倍になってたものが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 モヤシ、このあいだ19円だったのが38円になっていた。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天候に左右されないモヤシは、

天候不順で野菜が高いときにはスーパーのチラシの目玉になるので

スーパー側で身銭を切ったり、

仕入れ先の農家を、買いたたいて納入コストを抑えてるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほど、野菜が安くなると、モヤシが高くなる、

ってことですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、実際は38円でも利益率はかなり低いみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 てなこと考えていたら、実際にNHKのためしてガッテンで、

モヤシの特集番組やっていました。

なるほどモヤシ農家、頑張ってほしい。

40円でも買うよ。

100円だと買わないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、我ながら

最近、食材の価格にかなり詳しくなったもんだ。

 

 

コメントはまだありません
2020.12.14

誕生日の手術

 こんな記事を発見。

外科医が誕生日に手術をすると死亡率が上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 98万件の手術結果というのはなかなか大規模ですが、

何のためにこんな研究をしたんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに医者も人間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 冷静な判断や、正確な手技、長時間の集中を必要とされる

手術においては、

術者の技量や医学的知識だけではなく、

メンタル、フィジカルなコンディションが、

術者のパフォーマンスに影響を与える、

ということはあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪や、歯痛、あるいは二日酔いなどで体調が悪いとか、

彼女と喧嘩したとか、離婚調停中であるとか、

朝、駐車場でクルマこすっちゃったとか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういったことで、

手術のパフォーマンスが若干落ちることは

自らを振り返っても全くなかったとは言えないが、

(二日酔いを除いて)ある程度やむを得ない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、誕生日ってのが、影響するとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医者は誕生日に手術すべきではない、

とは、なかなか言えないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 術後30日に患者の生死が決まるような手術の当日は、

すくなくとも誕生パーティーはやらんと思うが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにワタシが医者になって初めての手術は、

実は、ワタシの誕生日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5月に国家試験に合格し、

最初は、後ろから手術の見学。

そのうち、第2助手、第1助手をやれせてもらい、

少しずついろんな手術手技を覚えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1年間研修を積み、

今後は6月から市中病院に出て

そこでまたキビシイ指導医のもとで研修する、

という予定になっていたころ、

「オグラ先生1年よく頑張ったからご褒美にオペレーターやらせてあげよう。」

ということで、

初めて患者さんの右側に立たせてもらったのが、

1986年5月13日火曜日、ワタシの27歳の誕生日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 術式は「顎下腺全摘出術」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 緊張しましたが、何とか成功。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホワイトボードの予定表に

「術者・小倉」と書いてあったのは感動でした。

今でも、記憶に残る日ですが、

誕生パーティーは、多分なかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.13

見逃し配信

日耳鼻の専門医講習会は毎年11月中旬に開催されますが、

今年は、前お話したように現地参加をあきらめ、

オンライン講習で受講しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現地で開催されたのは、今年11月7,8日でしたが、

ネット配信は11月20日から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻がウェブ開催初日にログインしたら、

会員からのアクセスが集中しているようで

単位の取得できる領域講習や、共通講習は見ることができず、

見られるのは開会式と閉会式だけ、と言ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリンピックじゃないんだから。

開会式や閉会式なんかみてもしょうがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせ間があるのでいつでも聴ける、とボーっとしていたら、

気が付けば、配信終了まで残り2日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤバイ。(;゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このままでは学会参加費のみぼったくられなので、

朝、昼、夜の診察時間以外はずっと聴講。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 早送りは出来ないし、最後に確認テストに合格しないと

受講が認められない講習もあるので大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何コマか視聴し、テストも受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 残念ながら、すべては受講できず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、土曜日、日曜日になっても

実は、聴講できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最終的に、ほぼすべてのコンテンツを受講。

(ただし。開会式、閉架式は除く(笑))

開催終了後なので

専門医としての単位がカウントされるかは不明ですが、

まあ、学会参加費のもとは取れたかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年は、現地に行きたいものですが、

果たしてどうなるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.11

イメージカラー

 スーパーで食材を買うとあることに気づきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たとえば、「かつお節」はメーカーが違ってもみな赤いパッケージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、乾燥ワカメは、どれも緑色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「煮干し」はどのメーカーも青ベースです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば牛丼屋さんはみなオレンジベース、

トンカツ屋さんは黄色い看板が多いような・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この色の統一は、売れた商品、人気店舗のおこぼれというか

イメージをいただく、という発想があるのかもしれませんが、

消費者的には分かりやすくて良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう言えば、最近は少なくなりましたが

ペンギンみたいな形をしたやわらかい醤油さしがあって、

あれは学校給食以来、赤い蓋が醤油、青い蓋がソース、

ってことになっていたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たぶん暗黙のルールだったのだと思いますが、

あれは、日本全国共通なんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまに定食屋さんなんかで、

赤いのをとって醤油をかけようとすると

マジックで「ソース」なんて書いてあって、

アブネエ、アブネエ、なんてこともあったような。

 

 

コメントはまだありません
2020.12.10

39パーセント

 税理士の先生が、月一回の書類整理にやってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 税理士さんは中学時代のサッカー部の同僚の山ちゃんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オグラ先生、こんどコロナ関連で税制の見直しがあってさ、

今年の中で連続した3か月で収入が40パーセント以上減った場合、

税率が軽減されるることになったのよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それで、春から夏の収入調べたんだけど、

39パーセント減だったので、該当しないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 39パーセント減なの、

もっと少なかったような気が・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、今回は、該当しないね、

数字は正直だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思えば、その前、コロナ禍で収入の減った企業に、

補助金、給付金が支給されたわけですが、

その時も「任意の1カ月が前年比50パーセント以下になった場合」

という条件で、調べてもらったけど減収分は40パーセント台だったので、

ギリギリ該当せず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 収入が1番減少したのは、今年の5月でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、昨年5月は令和への元号変更に伴う10連休があり、

日本耳鼻咽喉科学会総会が大阪であったため3日間の休診があった。

それに対し今年は連休4日間だし、学会も当然行ってませんから、

差が縮まってしまい、

どちらもギリギリ大幅減収に該当しないことになったんだなー。( ノД)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく、一昨年の収入と比べれば、

どちらも該当してるはず・・・・・・。

残念です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ