ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.10.25

危険な物質

この間の「代替医療解剖」の中に

大変面白いくだりがありましたので

ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリアの科学ジャーナリスト、

カール・クルシャルニツキという人が書いた

「謎の殺人化学物質」という記事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この物質は、さまざまなガン細胞の中に見出されている。

ガンとの関係については、今の所証拠は得られていないが、

この物質「一酸化二水素(Dihydorogen monoxide: DHMO)」は

致死的な子宮頚がんの95%以上、

末期がんの患者から集められたガン細胞の

85%以上に見出されている。

この物質は工業用の溶剤や冷却剤として用いられ、

さらには生物兵器の製造や、

原子力発電所でも使われている。

そして多くのエリートスポーツマンが、

持久力を上げるために、これを日々摂取しているのだ。

医学的には、この物質は発汗、嘔吐、下痢、

などの症状を呈する病気には、ほとんど常に関係している。

この物質は通常液体だが、

固体の時には重い火傷を引き起こす事もあり

高温ガスの状態では、年間何百人もの人々を

死に至らしめている。

そして液体状態のDHMOを少量肺に吸入しただけで、

毎年何千人もの人が命を落としているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを読むとこの「DHMO」は、

なんという恐ろしい化学物質だと思われるでしょう。

今すぐにも規制をかけて使用禁止にしてもらいたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、落ち着いてよく考えてみて下さい。

一酸化二水素とは、

化学式で書くと「H2O」です。

つまり、ただの「水」ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、そういう目で、もう一度さっきの文章を読んでみましょう。

 

 

は、さまざまなガン細胞の中に見出されている。

ガンとの関係については、今の所証拠は得られていないが、

この物質「一酸化二水素(DHMO)」すなわち

致死的な子宮頚がんの95%以上、

末期がんの患者から集められたガン細胞の

85%以上に見出されている。

は工業用の溶剤や冷却剤として用いられ、

さらには生物兵器の製造や、

原子力発電所でも使われている。

そして多くのエリートスポーツマンが、

持久力を上げるために、を日々摂取しているのだ。

医学的には、は発汗、嘔吐、下痢、

などの症状を呈する病気には、ほとんど常に関係している。

は通常液体だが、

固体の時には重い火傷を引き起こす事もあり

高温ガスの状態では、年間何百人もの人々を

死に至らしめている。

そして液体状態のを少量肺に吸入しただけで、

毎年何千人もの人が命を落としているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょう。

まったく怖くありませんね。

しかも文脈は少しも矛盾していません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルシャルニツキ氏は

代替医療を実践する人たちが、

いかに簡単に一般大衆を怖がらせることが出来るかを

示して見せたということです。

ただ、このネタは有名らしく、ネットで調べると

別の起源とする記事もあるようですが、

秀逸なジョークであることは変わりありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニセ科学にダマされないために、

科学的な考え方、論理的思考は、

常時意識したいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あと、選挙前の政治家の話にもね。

あー、でも、政治家はもっと堂々とウソをつきますので、

ちょっと違うかもなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.23

365歩のマーチ

人間ドックで、1日1万歩の指導を受け、

万歩計のインストールをしましたが、

驚くことにインストールをしたらいきなり、

過去1週間の歩行のデータが入っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホはそもそもそんなデータをストックしているらしく、

1週間分は過去さかのぼって記録が残っているらしい。

スゴイね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを見ると、惨憺たるものである。

ドック前日の火曜日。

だいたい毎日こんなもん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、ドックの日は、1万歩は軽く超えている。

東京の人は歩くのだ。

午後3時半以降、ドック終わってメシ食ってから

頑張って歩いた様子が見て取れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、翌日。

目標にははるか及ばず。

20時から22時に歩数が伸びているのは、

スイミングまで、歩いて行ったため。

20年通っているが、初めて歩いて行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、金曜日。

朝の散歩のあと、イヌを置いて一人で織姫神社まで往復。

さらに、昼休みの看護学校の講義に歩いていくことにした。

あいにくの雨模様であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 看護学校の講師も20年やってるけれど、

当たり前にクルマで行ってたので、徒歩は初めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10分で着いた。近い (゚Д゚;)

スイミングプールもそうだったが、

都会ならフツーに歩く距離を、

クルマを当然のごとく使っていたのだ、と改めて実感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夜のスイミングも徒歩で行ったので、

ついに目標達成。\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、これを毎日やると

この冬、間違いなくクルマのバッテリーが

上がりっぱなしてしまうだろうなあ。

そこを、どう解決するか。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.21

ほうれん草に

 夏から秋にかけての天候不良で、

野菜が高くなって困っていましたが、

最近になり、やっと野菜が安くなってきてウレシイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自炊生活に入ってから

めっきり野菜の値段、相場に詳しくなってしまい、

道の駅なんかに行っても

ムカシは見向きもしなかった野菜直売コーナーに行き、

「これは、買いだ。」

などと、ネギやナスをしこたま買い込んでくる自分が

ちょっと意外過ぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高くて買い控えしてた葉物野菜もやっと値段が下がってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、久々にほうれん草を茹でていると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、浮かんできた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サクラエビみたいですが、これは何かの幼虫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これかな。

これはヨトウムシといいヨトウガの幼虫で、

アブラナ科(キャベツ、ハクサイ、ダイコン、コマツナ)、

マメ科(エンドウ)、アカザ科(テンサイ、ホウレンソウ)、

キク科(レタス、ゴボウ)、

ナス科(ジャガイモ、ナス、ピーマン、トマト、タバコ)、

ユリ科(ネギ)、ウリ科(キュウリ)、

セリ科(ニンジン)、バラ科(イチゴ)

など、イネ科以外のあらゆる野菜を食うという。

っていうか、こんだけ食って、

なんでイネだけ食わないかが知りたい。

ヨトウガにもいろんな種類があるそうですが、

大きくなると夜だけ活動して野菜を食い荒らすので

「夜盗虫」といわれるらしい。

「夜盗」の読みは「ヤトウ」ではなく「ヨトウ」。

「多数派」ってことですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それともこちらか。

これはアオムシで

アオムシはモンシロチョウの幼虫だと思っていましたが、

他のチョウの幼虫でも青いイモムシ状のモノはアオムシと呼称するらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局、よくわからなかったが、

茹でると赤くなることは分かった。

エビやカニが茹でると赤くなるのは

アスタキサンチンがタンパク質と分離するからだが、

チョウやガの幼虫もアスタキサンチンを持っているらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アスタキサンチンは抗酸化作用もあり健康にいいようだし、

最近は昆虫食がブームらしいが、

ワタシは、やはりほうれん草のお浸しだけ食べました。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.19

副反応と後遺症、原因と結果

 例えば、あなたがある朝起きたときに、

猛烈な頭痛と、激しい吐き気、全身の倦怠感を自覚したとします。

夕べまでは何ともなかったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、あなた何も心配してはいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜなら、あなたは昨夜遅くまで友人と深酒し、

これは、そのための二日酔いだとわかっているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この場合、原因と結果の因果関係は、

かなりの確率で「関係あり」と考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ある日、全身に発疹が出たとしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、2日前から風邪薬を飲んでいます。

クスリを止めたら発疹も消えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この発疹は風邪薬の副作用でしょうか、

風邪のせいでしょうか、

それとも、それらと無関係な

また別の原因での発疹でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、初めて飲んだクスリであった場合、

ほとんどの人は風邪薬が原因、と考えると思いますが、

実は、どの可能性もあり、

どれがより確からしいということも

これだけでは全く分からないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間はこのように体の異変に対し、

常にその原因を探そうとします。

それがわかると安心するからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪薬の場合、もう一回飲んでみる、

という「実験」は可能です。

わざわざそれを試す人はまずいないでしょうが、

たまたま飲んで発疹が出た場合は因果関係は強く肯定されます。

だが、逆に飲んで症状が出なくても

たとえば(発熱など)ある条件の下でだけ

その風邪薬で発疹が出るのかもしれないので、

風邪薬は「無実」ではないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頭痛や発疹のほかにも、ヒトの体に起きる症状として、

メマイや難聴、耳鳴、全身倦怠感や、下痢、不眠、

はたまた顔面神経麻痺や、

がんの発生にしても、

原因のわかるものもあるが、大多数は「原因不明」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、ヒトは「原因」を探ろうとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近、いろいろな症状で受診する患者さんに

「何か、きっかけ、原因になるようなものはありませんか?」

と尋ねると

「ちょっと前に新型コロナのワクチン打ったんですけど・・・。」

と答える方が非常に多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん大半の人はワクチンが原因、

と信じているわけではありませんが、

「可能性がないとは言えない」ということで

そんな答えをするわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 反ワクチン派のお医者さんのブログを見てると、

これを完全に結びつけています。

ワクチンを打ったら顔面神経麻痺が出た、

ワクチンを打ったらがんになった、

ほかに原因が見当たらないのだから原因はワクチンです。

だからこのようなワクチンは打ってはいけません。

という論法をよく見かけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例えば副反応としての発熱は、

抗原の侵入に対する体の免疫応答ということで

説明可能なので、ワクチンが原因と考えていいと思いますが、

これですら、たまたまそのタイミングで風邪をひく、

ということもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単に「Aを行った後にBが生じた、

ゆえにBの原因はAである」という論法は、

朝、いつもと違う道を通ったら、宝くじが当たった、

宝くじが当たった原因は、いつもと違う道を通ったためだ、

というように無意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、新型コロナの後遺障害についても

いろいろいわれていますが、

その症状は本当に新型コロナが原因だったのか、

それとも実は別の原因による症状だが、

たまたま時期が一致して出た症状なのか。

はたまたコロナのあとには

こんな後遺症があると聞いていたので

心理的要因からプラセボ効果で出てしまった症状、

ということだって十分あり得ます。

むしろ、これは意外に多いのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほかに原因が見当たらないから、

これが原因だ、という論法は

原因不明で起こりうる症状に対してはまったく適応されません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 物事は常に科学的に客観的に考えるべきです。

ただし、ワレワレの未だ知らない「科学」もあるということが

問題を難しくしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 因果関係を安易に結びつけることはありませんが、

頭から全否定することも、また慎むべきです。

未知の事象に対しては

客観的なデータの蓄積と冷静な対応が求められるでしょう。

それが「科学的思考」、理系の人間の考え方です。

医者としてワタシは常にそういう考え方をするように心がけています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 故に新しいワクチンや新型コロナの後遺症に対しては

常に冷静に状況を分析していく態度が求められるといえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.17

日曜日の集団接種、接種者数が少ないのは良いこと?

またまた日曜日は小山でワクチン接種。

車内で朝ごはん。

今日はローソン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回運転中に、おにぎりのご飯粒をシャツにこぼしたので

今回はこぼれにくさを考慮。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は雨ですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県南体育館、2回目なのですんなり到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回は初めての場所でしたが、

接種会場に向かう人の流れで、

会場入口がすぐわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今日は会場に向かう人の姿がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気も関係してるのかなと思いましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はここ最近、集団接種の予約が激減しているそうで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクチン接種がかなり進んだ、

ということはかなりあるでしょうが、

当会場はモデルナ社製のワクチンを接種しているので

最近、厚労省が発表したモデルナワクチンと心筋炎の関係も

影響しているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10代、20代の男性の場合、

副反応としての心筋炎を起こす可能性が、

モデルナ社製の方がファイザー社製より高いので、

この世代にはファイザー社製が推奨される、

という通達があったためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忙しいのも大変だが、あまりにヒマなのもなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回から決めていましたが、

お昼はまたあそこにしよう。

今日はかなりしっかり降っています。

それにしても、今日は急にサムイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 数日前から、今日は炒飯か中華丼にしようか

と迷っていましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここに来るまでがあまりにも寒かったので

土壇場でラーメンになりました。🍜

いわゆる佐野ラーメンではないトラディショナルな中華そば。

ワタシの好きな系です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ついでに餃子もつけてしまった。

午後はさらに少ないし、マスクとアクリル板で

なんとかなるだろうと...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 体育館前の広い公園も

この天気で人っ子一人いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午後の開始までコーヒーでも飲もうと、

館内の自販機に立ち寄ったが、

ホットコーヒーを買うつもりで、

間違ってアイスコーヒーのボタンを押してしまったのが、

超ショックであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午後はさらにヒマ。

本も読めたし、ブログも書けてしまったので悪くはない。

駐車場のおじさんは雨の中大変だっただろうなあ、

あと1回、2週間後にもここでワクチン担当があるのですが、

どんな状況になってるんでしょうか。

今後はここでファイザーも打つようなので

また少し増えるのかな。

本日の栃木県内の新型コロナ陽性者速報値では、なんとたった1名。

ワクチンがいきわたったおかげで

終息に向かっているのなら、頑張った甲斐があったというものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.16

岸田新内閣総理大臣

 自民党総裁選で岸田新総裁が選出され、

第100代の内閣総理大臣になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 政策や人物などはまだ未知数ですが、

前総理よりは頭の回転は早そうなので、

今後のお手並みを拝見したいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 政治家の経歴を見るときに、

過去の職歴や、役職などはあまり分からないので、

元ナントカ大臣や、元ドコソコ長官といのは

読み飛ばします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 政治に疎いワタシが

見るところは親が政治家だったかどうかと、

出身大学です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本では親が大物政治家だと、

ほぼ本人の努力なしに代議士になれるシステムなので、

親が政治家だと、その分割り引いてみなければなりません。

ちなみに、岸田氏のお父上は元通産官僚、広島選出の元衆議院議員。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大学受験をみるとだいたいのアタマの出来がわかるので、

必ずしも政治家としての資質とは比例しないかもしれませんが、

同級生で同じ学部に進んだヤツなどと比較すると、

ある程度参考になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、岸田首相は早稲田大学法学部卒ですが、

実は東大受験に3回失敗しているんですねー。

親しみ湧くなあ。

東大を目指したのはお父さんが東大法学部卒だったからでしょうね。

早稲田でも前総理が2流大学、前々総理が3流(4流?)大学卒だったことを思えば

だいぶ偏差値上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして岸田氏はワタシより2個上の昭和32年生まれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは岸田氏の3回目の受験は、

ワタシの1回目の受験の年だったことになります。

ということは同年足高から現役で文科1類合格した

同級生のアイツの方ができたわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昭和53年の大学受験は、翌54年からの新制度、

共通一次試験導入の前の年でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新制度になるとそれまでのノウハウが役に立たず

浪人には不利、といわれていましたので、

岸田氏も3浪目はあきらめて、早稲田で手を打ったのだなあ。

オレはそこから浪人生活に入ったわけだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところでその昭和53年までは国立大学は

一期校、二期校と2校受験できたのですが、

二期校はどこ受けたのかなあ、

予備校はやっぱ駿台だったのかなあ、

参考書は何使ってたのかなあ、

基本英文700選は終わったのかなあ、

(オレは半分くらいまでだったような・・・)

ちょっと気になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.15

住めば都

また、今年もこれですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年はわが栃木県が最下位になり、

県知事などは、最下位返上へかなりの予算をつぎ込んだらしいですが、

どうでもいい話だ。

まあ、最下位脱出したので喜んでるのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、情けねえのはコイツだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんという器の小ささ、フトコロの浅さ・・・(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういうのでムキになるって、

自分に自信がない証拠じゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシムカシ、ワタシがまだ若い医者のころ、

外来で診察中にあまりにもぞもぞ動く子供に対し、

「ほら、貧乏ゆすりしないで、

家、ビンボーなのか。」

といったら、

いきなり横にいたお母さんが怒って

「ウチは貧乏なんかじゃありません、社長です。」

と怒鳴られたことがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、スイマセンでした、💦

と、その場はすぐ謝りましたが、

子供相手の冗談にあの剣幕はただ事ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 社長は社長でも中小企業で

ひょっとして多額の負債でも抱えているのかも知れぬ、

と思ったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 栃木・群馬は他の県の人から見たらわからないけれど、

東京に日帰りで手軽に遊びや買い物に行けて、

埼玉スタジアムも近いし、

地震や水害、大雪や土砂崩れなどの自然災害も少なく、

海が無い分、津波の心配もなく、

人口密集していないのでコロナなどにも強いことがわかり、

住むにはなかなか悪くない場所だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いかに北海道がいいところだといっても

ローリングストーンズが来日した際には

東京ドームではコンサートをやりますが、

札幌ドームではやらないでしょうし、

ルヴァンカップや天皇杯の決勝は

必ず首都圏のスタジアムですからねー。

恐竜展もフェルメール展も北海道や沖縄からでは

見に行くのが大変ですよー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その点、足利なんて電車で上野まで1時間15分、

乗り換え一回、特急料金込みで片道2120円ですから。

魅力は無くとも、個人的には

住むなら北海道より栃木、群馬だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.10.08

続・注射

 当院は注射に関してはワクチン接種については

インフルエンザ、肺炎球菌などは医者が行っていましたが、

新柄コロナになって人数が多いので、

医師1名が問診、医師1名と看護師1名が接種、

という体制にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日常の採血は基本看護師さんが行いますが

たまに看護師さんがお休みだと医者がやります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なかには

「おー、今日は先生がやってくれるんかい。」

なんていう人もいますが、

間違いなくなく看護師さんの方が上手だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Hさんは、精神科で強迫性神経障害と診断されている女性の患者さん。

ハナやノドの具合が悪いとウチにかかりますが、

本人曰く、医者としてのワタシを大変信頼してくれているそうです。

糖尿病や肺疾患もあるので内科で診てもらっていますが、

内科の看護師さんより当院の看護師さんの方が採血が上手い、

といって時々ウチで採血してデータを持っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間も診察のあと血液検査を頼まれましたが、

その日は、たまたまいつもの看護師さんがお休みでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「今日、看護師さんお休みなので採血はオレだけどいい?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると

「センセイ、最近採血したことあるん?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「いやー、タマにはしてるよ。」💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しばし、考え込んでいましたが、

「ふーん、じゃあ、センセイでもいいか。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、了解をいただき、

患者さん指定の場所から採血させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医者としての信頼と、採血への信頼は、

当然ながらまた別なのだ。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.09.28

佐賀市長選

 佐賀市の市長選にお医者さんが立候補したそうです。

 このお医者さんは反ワクチン運動の推進者として

あちこちで名前の出てくるセンセイです。

 

 

 記事の内容は、

 

 

細川氏が正式出馬表明 ワクチンの即時中止公約に 市長選

 

 

福岡県久留米市の医師、細川博司氏(61)が

24日、佐賀市長選(10月10日告示、17日投開票)に、

無所属で立候補すると正式に表明した。

同市長選への出馬を表明したのは細川氏で7人目となる。

同市内で開いた会見で細川氏は、

新型コロナウイルスのワクチン接種とPCR検査、

マスク着用の即時中止

▽発達障害予防に取り組む

▽佐賀市と糸島市をトンネルでつなぐ

▽予防医学に重点を置く病院設置-などを公約に掲げた。

 

「新型コロナは科学的根拠がない、人工ウイルスだ」

などと独自の主張を展開した。

過去に診療報酬の不正請求で、厚生労働省から

1カ月の医業停止処分を受けたことについては

「反省している」と話した。

細川氏は山口県宇部市出身で

大分医科大大学院修了。

2006年から久留米市で開業している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーむ、「新型コロナは人工ウイルス」

公約は「ワクチン、PCR検査、マスクの即時中止」(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スゴイ、スゴすぎる。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、立候補記者会見のトナリには謎の人物が・・・

マッスル船長、何者?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 宇部市出身で久留米で開業してるけれど

佐賀市の市長選に出るのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このセンセイのクリニックは、

どうもがんの代替療法をメインにやってるみたいですね。

なんだこのSHT療法とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに過去に診療報酬の不正請求で

一ケ月の医業停止を喰らってるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、ツッコミどころが多すぎて・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このセンセイは、経歴に

昭和53年に高校を卒業とあるので

どうもワタシと同学年ですね。

大学卒業は1年後輩ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 是非、大分医大時代の同級生に

このヒトに関する

コメントを聞いてみたいところです。

 

 

 

 

 

2件のコメント
2021.09.22

新型コロナの陽性者の減少はナゼ?

 新型コロナの新規感染者は、

ここのところ急激に減ってきてはいるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 グラフを見ると過去の1~4波に比べて、

減少のスピードが早いような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピークの高さ、つまり波の「振幅」が大きくても

波の周期「周波数」は変わらない

という法則でもあるものなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染者の急増にみんながビビって、

急に感染対策を強化し、

家からでなくなったというわけでもなさそうだし、

いわゆる「人流」にそれほど変化がないとすれば、

やはりここにきてワクチンの接種率が

上がったことが原因なのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 face bookのトモダチ関係でも、

今日2回目を打ってきました、

なんていう投稿がここのところ目につきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして接種のスピードが上がっていますが、

その接種の広がりの「速度」が

ウイルスのまん延を抑えているのかも。

日本は現在ワクチン接種の1日あたりの人数が世界一らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あとは、コロナにかかるような生活を送ってる人たちは、

もう、あらかたかかってしまったとか。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 謎の多い新型ウイルスですが、

減少傾向にあるとはいえ、

まだまだ油断はできないでしょう。

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ