ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.02.18

CT検査、不合格。

昨年の人間ドックで指摘された肺のカゲ。

足利日赤呼吸器外科受診し、3か月おいてCT再検、

ということであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、2月5日にCT予約で、撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、その1週間前に風邪ひいてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持病の慢性副鼻腔炎があるので、タンからみのセキつづき

自己診断としては副鼻腔気管支症候群。

クスリも飲んだが、検査ヤバいなあ、と思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

検査延期してもらうことも考えましたが、

何となくメンドクサイのでそのままCT検査。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後日、再審しましたが、

結果は、不合格。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再試験になりました。😢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、やっぱりビーコンか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーコンとは以前も書きましたが、医学生用語で再試験のこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、2回目の再試験だからトリコンか。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 再試験のことをビーコンといい、

さらに2回目の再試験をトリコン、3回目をテトラコンという隠語もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは英語の接頭辞の「bi-」が、「二つの」を表す意味から来ています。

たとえば「自転車」は車輪が二つなので「bicycle」、

二か国語を話せる人は「bilingual」、「双眼鏡」は「binocular」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので2回目の再試、ということは3回目の試験なので、

「三つの」をあらわす接頭辞「tri-」をつけた造語です。

「三角形」は「triangle」、3人組は「トリオ」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その意味で「テトラ」は4、

「テトラポッド」や「テトリス」もここから来ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、「ビーコン」の「ビー」は、

「もう一度来なさい」という意味の

ドイツ語の「Wieder Kommen」の「ビー」なので、

「2」という意味は無く「再び」英語の「again」という意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、隠語なので、この辺はよくあること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、女性の水着で「モノキニ」というのがあるそうで、

後ろから見ると「ビキニ」なんですが、

前から見ると「ワンピース」的なデザインのものを指します。

セクシーな画像ですが、ネットからお借りしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは「ビキニ」の「ビ」を「2つの」という接頭辞ととらえ、

2つに分かれたビキニに対し、この水着はひとつになっているので

「1つの」という意味の接頭辞「mono-」を組み合わせた造語です。

「モノラル」とか「モノクロ」の「モノ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ「ビキニ」の語源は

1946年、アメリカ軍がビキニ環礁で行った水爆実験に由来しますから、

やはり「2つの」という意味はアリマセン。

このことも以前書いています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 話、大幅にそれましたね。^_^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、次回は6月の再検査。

何とか、合格したいものだ・・・。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.14

新型コロナウイルスの流行

 新型コロナウイルスの感染は国内各地で散発的に発見されてきていて、

政府はあくまで「流行状態にあるとは言えない」と言っていますが、

これはもう、国内に蔓延している、と考える方が妥当でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 軽症の人、無症状の人もいるわけで、

これを完全に隔離することはもはや不可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、確定診断には時間と手間のかかるPCRしかないわけですし、

わかったところで特効薬やワクチンがあるわけでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり今後これが通常の「風邪のウイルス」として、

毎年流行するようになるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜ、新型コロナウイルスが困るかといえば、

このウイルスに対する薬剤がないことと、

もっと大きな問題は

「新型」なもんで、あらかじめ抗体をつくる準備が人間に無いこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人類はその長い歴史の中でさまざまなウイルスに出会ってきて、

そしてそれに対する免疫を獲得して、生きながらえてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっといえば、ウイルス感染に生き残ったヒトが、

次の世代に遺伝子情報を伝え、

身体を守る抗体の設計図を残してきたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普通の風邪のウイルスである旧型コロナウイルスも、

はじめてヒトーヒト感染するようになったデビュー当時は、

かなりの致死率であった可能性も高いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、感染した「宿主」をすぐ死にいたらしめてしまうような

「強毒性」のウイルスは、

ウイルスのデザインとしては失敗作です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウイルスは宿主の細胞の中でしか増殖できませんから、

すぐに宿主が死んでしまえば、

住処が無くなってウイルスそのものが死んでしまいます。

ウイルス的には宿主がなるべく死なないで、

たくさんセキなどしてまわりに感染が広がった方が、

子孫が繁栄するわけで、

ある地域で発生して、あっという間にそこの住民が全員死んでしまえば、

ウイルスもそこで一巻の終わり、ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうもこのウイルスは、

エボラ出血熱のような致死率の高い、封じ込めることのできるウイルスではなく、

インフルエンザのような、共存をはかるべきウイルスのような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今、一番求められるのはワクチンの開発で、

人類全員がある程度の免疫をつけてしまえば、

普通の風邪のウイルスとして共存していけるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、さきにあげた怖いウイルス「エボラウイルス」の致死率は50~90%。

しかし、世の中にはもっと怖いウイルスがいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「狂犬病ウイルス」の致死率はなんと100%。(@_@。

日本にはいまのところいませんが、

世界では毎年5万人以上の人が亡くなっているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、このウイルスはその強毒性と、ワクチンの存在、

そしてヒトーヒト感染をしないため、

日本では完全に封じ込めができているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.13

スピード狂

ネット上で見かけた記事。

アメリカでのお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2004年から2017年にフロリダの高速道路で

スピード違反で切符を切られた

医師5372人、非医師19639人の統計。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年齢性別を調整した後の20マイル、というから32.19キロオーバーの

超スピード違反者の割合は医師と非医師で差がなかった。

まあ、これは良いとして・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その極端なスピード違反をした医師の診療科別の統計が出ています。

下に行くほどスピード狂、ということで、

1位は精神科。

以下、一般内科、一般外科と続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳鼻科はどこでしょう。

othersなのか、surgical subspecialistに分類されるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つ。

スピード違反切符を切られた医師の中で、

高級車に乗っていた比率が最も高いのは、

循環器科医で、以下、内科系のサブスぺ、一般内科医と続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに精神科は、特殊な科。

医学部を卒業して、この科を選ぶ、というからには

ちょっと変わったヒトが多い、という気もしますが。

そういえば、以前別の統計で、

医師の喫煙率がダントツに高いのが精神科でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、ワタシの同級生で精神科を選んだ者は2人いますが、

別に変人でも、スピード狂でもなかったと思います。

一人は女性で東大の物理学科卒業してから群馬大に入ったので、

変わり者といえば変わり者ですが、明るくて温厚な人でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、バンド友達の某大学精神科教授はポルシェもってるけど

あれは、いわゆるクラシックカーだから、

そんなにスピードは出ないのでは・・・。

でも、ハードロック好きだから「王様」の「高速道路の星」をかけながら、

とばしてるかも・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、この間、こんな記事が。

 「BMW」追いかけポルシェ暴走 51歳医師に懲役8年の実刑判決 追突のトラック運転手死亡

 被告は17年3月に運転免許の取り消し処分を受けたにもかかわらず、

18年11月25日午後0時半ごろ、阪神高速神戸線の上り車線で、

自分の車を追い抜いたドイツ製高級車「BMW」を追いかけ、

制限時速60キロを大幅に上回る約216キロで走行。

S字カーブで車を横滑りさせ、中型トラックに追突して

男性運転手(当時70歳)を死亡させた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このセンセイ、調べてみると心療内科のクリニックというから、

やはり精神科医ですか?

うーむ、やはり、そうなのか?

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.08

注意的新型冠状病毒

 院内に掲示してあります、新型コロナウイルスについての掲示です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 要するに疑いのある人は直接病院には来ないでください、

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染拡大の恐れもありますし、

何しろ一般の病院では検査も治療も何もできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、それくらいのことは大多数の方はご存知と思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、中国語が併記してあるので、興味深い。

日本文と照らし合わせると、ロゼッタストーンのように中国語が解読できます。

時々、わかんない文字があるけど、さすがに何となく意味わかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「咳嗽」や「保健所」は日本語と同じ。

「新型コロナウイルス」は「新型冠状病毒」かあ。

たしかにコロナ、とはラテン語で「王冠」。

CTとかでアタマを顔と同じ面で縦に輪切りにする画像を

「コロナール/冠状断」といいます。

(それと直行する縦切りを矢状断、水平に切るのを軸位断といいます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 休日のことはヒマな日か、とおもったら、

よく見たら「暇」ではなく、「にんべん」でした。(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.01

コロナ・マークⅡ

 先週末から風邪をひいてしまい、

ネツ出たりとか、ノド痛いとかは無いけど、

セキが出たり、後鼻漏が気になるので、

こりゃあ、旧型コロナウイルスかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪のウイルスのうち第1位はライノウイルス、次がコロナウイルスらしいから、

まあ、その辺でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、昔あった「マークⅡ」というクルマ。

あれはもともと「コロナ・マークⅡ」といい、

トヨタのセダン「コロナ」の改良型であったのです。

「コロナ」も今はもはや作ってないみたいですが、

誰かこの新型コロナウイルスのことを「コロナ・マークⅡ」っていわないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、この間、ある方に、

ウチの工場は中国から部品が届くんだけど、

それに新型コロナウイルスがついてるってことあるんですか?

と訊かれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、それはアリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウイルスってのは、ヘンテコな生き物で他人の細胞の中でしか生きられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 単細胞生物とか、あいつは単細胞だから、などというが、

ウイルスは細胞すら持っていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 持っているのは遺伝子とそれを包むたんぱく質の殻だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自己増殖は出来ないが、自分の設計図だけ持って他人にそれを作らせる、

という、生物なんだか、非生物なんだかわからない存在。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから、細菌などと違って、単独で長時間生きることはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その寿命は多くは数時間ですが

ウイルスによって差があり、また温度、湿度の環境によっても違うとはいえ、

少なくとも、中国からの荷物にくっついてくる、ということはあまり考えられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、マスクが売れて品薄らしいですが、

マスクは人にうつさない効果はありますが、

ウイルスをブロックする効果はほぼ皆無です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マスクの目に比べて、ウイルスは小さすぎ、

漁船の網でミジンコを濾すようなもんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スギ花粉は粒子が大きいので有効ですが、

これからの花粉シーズン、マスク無くなっちゃうとヤバいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、中国ではマスクを捨てるとき、

ゴムを引きちぎって捨てるように呼びかけているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なぜなら、そのまま捨てると、

それを回収してまた売っちゃう悪質業者がいるからだとか。(@_@。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさかと思ったが、やはり中国人ならやりかねないかもだなあ・・・。

 

 

コメントはまだありません
2020.01.31

三ケ日

果物は好きではないで、出されてもほとんど食べないし、

まして、自分で買うことはまずないのであるが、

ミカンだけは別格である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お正月に子供たちが帰ってきたとき、

妻がミカンを買ってきて、リビングにおいていた。

ワタシもついでに時々いただいていたが、

子供たちが帰ったあと、

何となく口さみしいので、

今度は自分で買ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三ケ日みかん、というと、

あの「三ケ日原人」の「三ケ日」か。

ということは、このミカンは

愛媛や和歌山産ではなく、静岡県産だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校時代の日本史、教科書の初めの方には

「日本の始まり」とか「日本のあけぼの」とかいう章から始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに出てきたのが「明石原人」「葛生原人」と

この「三ケ日原人」であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ「吉野ケ里遺跡」も「三内丸山遺跡」も発見されてはおらず、

「三ケ日原人」は「登呂遺跡」「岩宿遺跡」「大森貝塚」などとともに、

必須暗記事項だったので、40年以上たった今でもよく覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、ここ足利市にほど近い葛生町(現佐野市)から出土した

「葛生原人」は後年の研究によって、

古代人の骨ではなく、他の動物の骨と新しい人骨ということがわかって、

「原人」の存在は完全に否定されているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうか、とおもい「三ケ日原人」を調べると、

なんとこちらも、出土した骨は縄文時代の人骨であることが判明し、

原人説は否定されているという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、葛生原人の方は人骨も15世紀だというから、

縄文時代ならまだマシですけど、

そんなわけでこちらも教科書からは消えているらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気になって明石原人を知らべると、

こちらはなんと東京大空襲で標本が焼失しており、

その後の新しい技術による詳しい鑑定が行われていないとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 方形周溝墓や三角縁神獣鏡、漢委奴国王金印なんかは大丈夫だろうか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、近年、源頼朝像や足利尊氏像と呼ばれてきた絵画は、

実は別の人だった、ということになっているらしいし、

聖徳太子の存在や業績すら怪しいとされてきているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーむ、あの頃一生懸命覚えたのだがなあ・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう思うと、甘かったミカンが心なしかいくらか酸っぱい味に感じました。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.01.30

ぺギミンH

 昨日の武漢からのチャーター便で帰国した人のうち、

3人で新型コロナウイルスが陽性であったらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかもそのうち2人は、無症状だった人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、昨日書いたように不顕性感染があるのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その2人が、潜伏期間でなく、今後発症しなければ、

何か、遺伝子解析とかで発症しない原因分からないかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2人では、サンプル少なすぎで、ムリですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな話をきくと、ウルトラQ、「ペギラが来た」の回で、

南極でペギラにおそわれなかったイヌは、

コケを食べていて、そのコケに含まれる「ぺギミンH」という物質が、

ペギラの嫌う物質であった、というエピソードを思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもまあ、相手がウイルスだから、

何か特別な成分のものを食べていたから発症しなかった、

ってことはないでしょうが、

ウイルスに罹っても発症しないメカニズムというのは、

何かあるはずで、興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、昨日のブログで、

チャーター機に乗せられた人たちが

シベリアかアラスカあたりに連れていかれて、・・・・

なんて話を書きましたが、

オーストラリア政府が用意したチャーター便で帰国した人たちは、

いきなりオーストラリア本土ではなく、

無人島に2日間「隔離」されるのだとか。

これはスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、オーストラリアはいま夏だし、

オーストラリアの無人島なんて、

この時季ならリゾートっぽくて、そんなにイヤではないかも。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.01.29

新型コロナウイルス

 新型コロナウイルスは不気味な広がりを見せています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 果たして、ヤバいのか、それほどでもないのか、

正直、ワタシにもよくワカリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 亡くなるのは最初は基礎疾患を持った人だけだったようなのが、

合併症を持たない人や、治療に携わった医師の中に死亡者が出た、

ということで、心配です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウイルス疾患というのは、そのヒトの潜在的及び経験的免疫力と、

ウイルス量の多寡によって、同じウイルスでも症状の重さが違うので、

なかなか判断が難しいところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、不顕性感染といってウイルスに感染しても症状が出ない人や、

重症化しないため、そのまま医療機関を受診せず、

市中に感染を拡大させる人がかならず出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その意味では感染者および感染の可能性がある人の隔離、

ということがきわめて重要になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも発生したのが、アフリカ奥地の部落ではなく、

人口1100万の中国の武漢、というところがヤバい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中国人、人口多いし、どこにでも行くし、

あまり他人のこと気にかけない人が多そうだし、

なにより国家的に隠ぺい体質あるから、

ヤバい事実が隠されているかもしれないし・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本政府がチャーター機を出して、日本人を帰国させたのは、

感染の可能性のある人を一括して管理することができるからでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まるで映画かなんかみたいな異例の事態だけに、

チャーター機に乗りこむヒトは、

ひょっとして、どっか別のところに連れてかれちゃうんじゃないか、

なんて考えが一瞬頭をよぎったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 着いたところが日本ではなく、

どっかシベリアとかアラスカとかで、

そのまま全員強制隔離施設にぶち込まれちゃうとか・・・・・。(@_@。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オレが映画の見過ぎか・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、被害の拡大が最小限に食い止められ、

事態が一刻も早く収拾されることが望まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

3件のコメント
2020.01.28

結界

朝、目を覚ますと、辺りは暗いが雨音が聞こえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回も雪は降らず。

ガッカリ😞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 冷たい雨に散歩を拒むレディア。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ある程度予想はしていたが、雪はギリギリ積もらない。

これでいくとトナリの桐生市は積雪ありの様子。

今、桧山さんの指している黄色い球のすぐ右、

熊谷の「熊」の字の上あたりが足利市。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だいたいいつもここはそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 去年の台風も東トナリの佐野市は洪水に見舞われたし、

いつも雪が降るのは西トナリ桐生市まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東日本大震災も、栃木県央あたりまでは、建物の倒壊が多かったが、

ここ足利市は、とくに渡良瀬川の北側の旧市街はたいした被害はなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自然災害に対し「結界」が張られているかのようである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに、この足利市旧市街地は神社仏閣の数はハンパないからなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく、日本沈没が起こったら、

ちょうど渡良瀬川の南まで水が来て、

ウチあたりは、海沿いの街になることでしょう。

そしたら、海まで、歩いて5分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.01.23

文房具好き

ムカシから文房具が好きである。

昨日伊東屋に行って、またその思いを新たにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万年筆や、シャープペンなどの筆記用具にはこだわりがあるし、

新しいノートを使いだすときは今も清々しい気持ちになる。

スケジュールは最近はiPadで管理するが、

30年来使い続けたfirofaxのシステム手帳はいまだに手放せない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 できれば、お気に入りの0.5ミリのシャープペンシルに

三菱鉛筆uniの「H」の替え芯を入れて、

大学ノートに何か書きたいところだが、

残念ながら今のところ、その機会はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、ふと気づいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシから文房具が好きだったのは、

ひょっとしたら「勉強がキライだったせい」ではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小、中、高から予備校を経て大学まで、

「勉強」はやらなくてはいけないものであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勉強はイヤだけど、どうしてもやらなきゃいけないことなら、

何かそこに楽しみを見出したい、と考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、学校の勉強をするうえで使わざるを得ない「文房具」に凝って、

「文房具を使いたい気持ち」を

「勉強に対するモチベーション」にすり替えて行ったのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、これはあるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに進むと、勉強にとりかかる前に、

鉛筆をナイフでことさらきれいに削ったり、

シャーペンの分解掃除を始めたり、

というのも勉強からの回避行動である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テストが近くなると、勉強部屋の掃除がしたくなったり、

大学生のころは自炊だったから、

やたら手間のかかる料理に挑戦したくなったりしたものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういった「勉強から逃れたい気持ち」に折り合いをつけるのが

文房具の重要な役目だったかも知れんなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういう意味では、今も文房具が好きな大人は、

ずっと勉強をやるのがキライだったヒト、ということかも。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ