ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.09.16

菅義偉氏が新首相に

 安倍総理退任に伴う自民党総裁選で

菅元官房長官が石破、岸田の両氏を破り

自民党総裁に就任、第99代内閣総理大臣に就任しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 政治は全く疎いのですが、

自民党で無派閥、非世襲の政治家が総理大臣になったのは

かなり異例のことなんではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 経歴を見たら岸田氏は父親が元通産官僚、衆議院議員、

石破氏は、父親が建設事務次官、鳥取県知事、参議院議員、自治大臣。

そして岸田氏は開成高校から早稲田大学、

石破氏は慶応義塾高校から慶応義塾大学。

どちらも、ありがち、無難なエリートコースですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、菅義偉氏は、秋田のイチゴ農家に生まれ、

高校は自宅から最も近い県立湯沢高校に2時間かけて通学。

高校卒業後、ひとり上京。

朝は築地市場、夜は飲食店でアルバイトをして学費を作り

2年後もっとも授業料が安かった法政大学法学部に進学しています。

授業料安いのなら、国立大学行けばいいじゃん、

ってのは置いといて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、かなり異色ですね。

いわゆる「政治屋」臭がないのは、そのためなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、なんで、総理大臣になれたんでしょうか。

普通はなれませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見た目や話し方からは純朴でマジメな印象を受けるが、

なにか隠れた「実力」を持ってるのでしょうか。

それが「ジェダイのフォース」なのか「ダークサイド」なのかは

ワカリマセンが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、この困難なコロナ禍をどう切り抜けるか、

その手腕に注目しましょう。

菅さんはネット上では「ガースー」という呼ばれ方をしていますが、

くれぐれも「ガースー・ベイダー」にはなりませんように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.12

ラテン系

 新型コロナの飛沫感染を調べていたら、

面白い説を発見しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナの感染者が多いイタリアやスペインなど

ラテン系の国は、言語に巻き舌や破裂音が多く、

相手に押し込む感じで会話をするので

より飛沫が飛びやすく感染しやすいのではないか。

アメリカでもヒスパニック系に感染者が多く、

ブラジルについても同様に説明できる。

というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーーーん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、日本でも関西に感染者が多く、

逆に口をあまり開かないで会話も少ない東北地方に少ないのも

同じような理由である、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、ねえ・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに関西人はラテン系だからなあ・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、影響はあるかもしれないけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 基本的には人口密度の差だと思っていますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカのヒスパニック系の人たちやブラジルの感染爆発を起こした地域は

多くの人が密集して暮らしている地域のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、たしかにヒトとヒトの距離は、

東北より関西の方が近い気はしなくもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 関西人のライフスタイルは、

関東に住むワレワレにとってたしかにかなり異質なものですが、

関西弁が悪い、ということではないでしょう。

一時、茨城で新型コロナウイルスの感染者がいないのは、

納豆を食べてるせいだ、といわれたことがありましたが、

それよりはちょっと信憑性があるかな。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.10

コロナ禍の中のJリーグを体験

現地観戦は2月16日以来というから7日月近くぶりだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月から再開したJリーグ、最初は無観客試合であったが、

7月12日からは少人数シーズン会員のみ。

7月22日からは5000人限定で一般公開となったが、

なんせ、チケットが取れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水曜日の試合でカードも地味なんでチケット取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入場時に体温はかるのか。

開始間際に駆けこんだのでは体温が上がって入れてもらえないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも利用する民間駐車場。

ここまでガラガラとは・・・・。

駐車場のおじさんもさすがに元気がなかった。

収入激減でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアムに向かう道もサビシイ。

ここも駐車場になってたはずだが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業をあきらめたようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアム前の広場には普段ならグッズや飲食の売店が立ち並び

お祭り広場的な様相を呈するのであるが、

今はナンにもなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口ではアルコール消毒と、サーモカメラによる体温測定。

無事パスできました。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてチケットは入り口で係の人に確認してもらったら

自分でもぎってビニール袋に入れます。

こんなの生まれた初めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアムに入る。

シーンとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてゲートをくぐって中へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽は流れているがスタンドは静まり返っている。

選手入場の時もいっさい声を出してはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手紹介も拍手だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、6万人超収容の埼スタにわずか5000人足らず。

イベント人数制限はスタジアムキャパにかかわらない、というところがちょい謎。

12000人しか入らないスタジアムもJにはあるのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタジアム内でマスクとることは禁じられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなに人いないのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

**************************************************************************************************************

2020年J1第15節

浦和レッズ    2-2     サガン鳥栖  (埼玉スタジアム2002)

  (前半    0-1)

  (後半    2-1)
**************************************************************************************************************

 さてそんな雰囲気の中キックオフ。

いつもと違うのは観客席だけなのに

なぜかピッチが広く感じるのはナゼなんだろう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと前半早々に失点。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半、ボックス内には攻め込むレッズだが、

サガン鳥栖のディフェンスが「密」でなかなかゴールマウスにシュートが打てない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 0-1で後半へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半開始早々に興梠が待望の同点ゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは興梠慎三のリーグ通算150点目の記念ゴールであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 歓声も控えめに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると後半15分に再び失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半の飲水タイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1点ビハインドで後半の飲水タイムを迎えたところは前節と同じ。

前節はこのあと2点取られて惨敗だったが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜は違うぞ。

81分に交代の武藤が鮮やかなミドルを決める。

反対側のゴールなんでよく見えなかったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーロラビジョンで確認。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで2-2。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の入場者数。4398人。

J2かっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後もチャンスをうかがうが、得点を奪えず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局、2-2の引き分けに終わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、追いついての引き分けなんで負けなくて良かったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、非常に独特な雰囲気のゲームであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あんときゃコロナで大変だったねー、と思い返す日が来るのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.06

アフリカでポリオ根絶

8月25日WHOから、このような発表がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポリオは「ポリオウイルス」によって引き起こされる

「急性灰白髄炎」のことで、

かつては全世界中で数多くの感染者を出し、

毎年50万人以上に後遺障害としての麻痺や死をもたらしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく知られる後遺障害は

小児期の感染による上肢や下肢の変形、運動障害です。

一般に「小児まひ」といわれます。

ワタシの医学部時代にも

おそらくこれにより片脚が不自由になっている教授がいました。

他にも数多くの著名人の罹患が知られており、

アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトも

ポリオによる下肢の麻痺をきたしていたとのことです。

(ただしこちらはポリオでなくギランバレー症候群だったという説もあり。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1980年にWHOが宣言した天然痘撲滅は

医学史上の最も輝かしい栄光ですが、

ポリオに対しても根絶の日が近づき、

また一つ医学の力で古くから人類を苦しめてきた

疫病の克服がなされようとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは本当に素晴らしいことで、

医学を学んだものとして、

大変喜ばしく、誇らしいことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天然痘が最後まで残ったのはエチオピアと、ソマリアでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時この2か国間は戦争をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いままた、ポリオの残っているアフガニスタンとパキスタンも

常に紛争の絶えない地域です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人間が起こす戦争がいかに愚かなものか、

また、戦闘による被害だけでなく、

疫病による被害も、戦争により拡大、蔓延する、

ということの明らかな証拠です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスが全世界で猛威をふるう今、

わたしたちは戦争や紛争のない社会の上にこそ、

万民の健康がもたらされる、

ということも肝に銘じるべきでしょう。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.04

申請

 以前も繰り返し書いた気がするけど、

事務処理苦手、大キライです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 保健所やら社会保険庁やら、その他良く知らないところから

申請の手続きや、届け出や調査の書類が送られてくるけど、

だいたいほったらかしにして電話で催促される、

ということの繰り返し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、医療機器屋さんから、

先生、コロナの慰労金申請しました?

と尋ねられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、そんな書類あったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チラっと見たけど、

たしか、新型コロナウイルスの治療を行った医療機関に20万円、

で、何かに10万円、その他に5万円支給、って書いてあったような…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウチ、新型コロナ診てない「その他」だし、

春以来、何百万もの減収だっつーに

書類いっぱい書いて5万円ぽっちもらってもしょうがないなあ、

と思い、ほったらかしにしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしたら、センセ、あれは職員ももらえるんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えー、そうなの、1医療機関あたりだと思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタッフ全員に5万円ずつくれるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょうどスタッフがまわりでその話を聞いていたので、

手続きをしてなかったワタシの信用は丸ツブレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 じゃあ、申請しましょう。💦

でも、メンドクサそうだから、やってくれる?

と、事務のスタッフに書類を封筒ごと丸投げしちゃいましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開業して一番ツライのはここです。

勤務医のころは、みんな病院事務の人がちゃんとやってくれてよかったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、病院として新型コロナ対策として購入した備品には

100万だか200万だかのお金が出る、という話ですが、

ウチはサーモグラフィーも滅菌ガウンも

フェイスシールドも購入していないので、

せいぜいマスクとアルコールくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マスク、アルコールはコロナにかかわらず購入してるものだし、

これも、書類をいっぱい書かなきゃならないらしいので、

ハナから申請あきらめています。

どうせ、大した金額にはならないないだろうし。

値段、全然知りませんけど。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういうのも、マメに申請する開業医のセンセイもいるんだろうなあ。

ちなみに副院長はワタシよりもさらに事務処理能力がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.08.20

スウェーデンのロックな耳鼻科

日本を代表する「ロックな耳鼻科」

を勝手に自任しているワタシですが、

世界は広い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはスウェーデンの耳鼻科のお医者さんらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訳詞がついているのでわかりやすいですが、

内容的には、実に、ごもっとも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状をググるとロクでもない診断が出て、

ワタシはこれではないか、ねえ、これなんでしょ、

と言って受診する患者さんがどこの国にもいるのだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このセンセイ、こんな曲も書いています。

このPVも好きや―。

スウェーデンというと、新型コロナウイルスに対し、

ロックダウンをしない、という独自の方針をとり、

賛否両論がありましたが、

まさかこのPVのようなことは無いと思う。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもスウェーデンといえばABBAの国ですが、

こんなバンドもあるんですねー。

スウェーデンのバンドというと、

ワタシが中学生のころ、この曲が大ヒットしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドラマや小説の世界では、

外科、脳外科、小児科、内科などと違って、

まったく日の当たらない耳鼻科ですが、

(最近は薬剤師にまで後れをとっている)

このスウェーデンの耳鼻科の先生の活躍、ウレシイです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.08.01

今日からやっと

新型コロナウイルスの影響で、今年は夏休みが短縮され、

足利市の小学校は今日8月1日から16日まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、今年の梅雨明けは記録的に遅く、

でも、本日遅れた夏休み入りに合わせたかのような梅雨明け宣言。

これはこれで辻褄が合っていますかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思えば、5月、6月もそうだが、

今年の7月は何があったやら全く思い出せない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年の予定表を見ると

北朝鮮飯店のライブがまずあって、

その後北海道旅行。

富良野で満開のラベンダーを見て、ジンギスカンも食べて

次の週は東京で同窓会があって、

月末にはフジロックも行ったのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この週末は家の前の北仲通りが

七夕夜店まつりで歩行者天国になり、

8月第一土曜日は足利市花火大会、と、

1年で最も浮かれた時分なんですが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月もイベントの中止相次いで、

旅行なども自粛ムードなので、モヤモヤと過ぎてしまう可能性大。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、昨年の夏は受験でいろいろガマンしたから、

今年こそは遊ぶぞー、と思っていた高校、大学1年生には

まことに気の毒。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新小学1年生にあっては、

生まれて初めて経験する長い夏休みのはずだったのが、

これもしぼんでしまった。

カワイソウ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、昨日の終業式、

普通なら小学1年生は、春から育てたアサガオの鉢を持ち帰って、

これから毎日観察をするものだが、

今年はアサガオ育てられたのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2020.07.31

2つの裁判

特別養護老人ホームで85歳の女性が

ドーナツ誤嚥の疑いで亡くなった裁判が

逆転無罪になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは認知症のため、この方に出される特養のおやつが

ドーナツからゼリーに変更になっていたのだが、

それを知らなかった准看護師さんが訴えられたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弁護側の主張は死因はドーナツによる窒息ではなく、

脳梗塞であったと主張したが、

一審では有罪の判決になっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窒息があったかどうか詳細はわかりませんが、

高齢で特養ホームに入ってるような方であれば、

ドーナツでむせて脳梗塞を起こした可能性はありますが、

ゼリーだって起こったかも知れないし、

この看護師さんの過失で死んだ、

と責任追及することはできないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介護、看護の現場で働く人たちのためにも

今回の無罪判決は良かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう、以前このブログでも取り上げた

東京の乳腺外科医の裁判は、

逆に高裁で逆転有罪、執行猶予無しの懲役2年、

という判決が出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裁判官によると、

原告の訴えは迫真性があり、

それに対し被告側は

看護師、スタッフによる証言は

加害者側なので一切信用できない、というものでした。😱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この事件は真実をつきとめることは、不可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、状況的にあり得ないことであり、

患者さんがせん妄、幻覚状態にあれば、

患者さんとしてはそう信じ込んでいるわけですから、

迫真性があるのは当然です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手の性犯罪は、非常に再犯性が高いので、

もし、実際のこのようなことがあったとすれば、

それまでにもこの医師に関して

似たような事件、あるいは未遂事件があったであろうと考えられます。

しかし、これまで数多く手術をしてきた乳腺外科医に対し、

この事件後、類似の出来事について

患者さんや関係者から。まったくそのような訴えが

出てこないのも腑に落ちません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事実がなかったすれば、

このような被害者の訴えだけで

医師の一生を左右するような冤罪判決が出ることに、

強い恐怖を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆に、なにかわいせつ行為があった可能性も

完全には否定できません。

いくらなんでも手術直後のオペ患者の

オッパイを舐めるのは気持ち悪いので

そんな気にはならないでしょうし、

さらに大部屋の病室のカーテン内で自慰行為を行うことは

どう考えてもありえないとしても、

ちょっとエッチな気分で胸触ったりくらいが

ひょっとしたらあったかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 純粋に「触診」だったのかもしれませんが、

半覚醒で麻酔薬によってせん妄状態にあった患者さんに

オッパイ触ってるところ見られたという可能性はあります。

それを患者さんが騒ぎ立てたと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、それでも執行猶予無しの懲役2年って相当キビシイですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 訴えた患者さんも乳がんを治して

命を救ってもらったお医者さんに対しての

感謝の気持ちは全くないんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、この件を外から冷静に見た限りでは、

おそらくはせん妄による患者さんの誤解、ということで

判決は間違いなく「誤審」でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この判決の裁判官は、

例の高速道路のあおり運転で

両親が亡くなった事件の有罪判決を破棄し、

差し戻しにしたいわく付きのヒトみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このような誤審をしても、

裁判官は罪や責任を問われることはないんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、なぜ、こんな事件を検察は起訴するのか、と思いましたが、

今回の裁判はドーナツもオッパイも、

いわゆる民医連系の施設で起こったことです。

考えたくはないことですが、

やはりそういうことも検察側の起訴するしないに影響するのかしら。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.07.25

スポーツの日

 本来ならば、昨日が東京オリンピックの開会式で、

昨日の休日は10月の体育の日が引っ越ししてきた

「スポーツの日」だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうもこれはオリンピック開催に合わせた今年だけの特例で

来年からはまた元に戻る予定であったが、

オリンピックの延期によってまた変更かもしれず。

だが、最終的には10月に戻るらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなメンドクサイことしないで、

「体育の日」はそのまま10月においといて、

オリンピックの開会式の日だけ、

今年だけ特別に休日にすれば済む話だったのでは。

おかげで 今年の10月の祝日は無くなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと「体育の日」は

1964年の東京オリンピックの開会式が行われた10月10日を、

1966年から新たな国民の祝日に定めたことに由来します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この年、小学校に入学したワタシは、

小学校1年生の時、このことを担任の先生から聞いて、

「今年から休日が増えるなんて、なんて、ワレワレは運がいいのだ。」

と、感動した覚えがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、1964年に開催された東京オリンピック由来の記念日が、

なぜ、1年おいた1966年から祝日に制定されたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それはオリンピックの翌年の1965年10月10日が

「日曜日」だったからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時は「振替休日」なんて美味しいシステムは無かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以後10月10日はずっと祝日でお休みだったのですが、

2000年からハッピーマンデー制度によって

10月の第2月曜日に改められました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、祝日は10月に戻るのですが、

「スポーツの日」の名称はそのまま残るそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「体育の日」で、イイじゃんと思いますけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「国民体育大会」も「国民スポーツ大会」になるらしい。

「国体」ではなく「国スポ」と呼ばれるんでしょうか。

スポーツ新聞みたいだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも横文字ブームなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのうち、「文化の日」も「カルチャーの日」

「こどもの日」も「チルドレンの日」になっちゃうんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルー大柴かっ。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.07.24

蛇の目

 本来ならば、オリンピックが開幕したはずのこの連休。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナ禍で、オリンピックは1年後の開催すら危ぶまれ、

ついでに梅雨もまだ明けていません。

木、金と連休だが自粛でどこにも行かないから雨でも良いんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、雨の歌といえばカスケーズの「悲しき雨音」や

森高千里さんの「雨」が、ワタシなどはすぐ浮かびますが、

スタンダードといえば「雨雨ふれふれ」で有名なあの曲。

八代亜紀ではありませんぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「〽あめあめふれふれかあさんが~」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この歌は「あめあめふれふれ」かと思ってたが、

「あめふり」というタイトルだそうで。

まんまやな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、この歌詞の

「あめあめふれふれかあさんが✖✖✖でお迎えウレシイな」

のブランクに入る言葉は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタッフのマイちゃんに訊いたところ、

「クルマでお迎え」、だそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、そりゃ、ゼッタイそうだよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝の時間、イヌの散歩中見ていても、

雨の日はクルマでお母さんが子供を学校まで送っている様子をよく目にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特に地方都市ではそうでしょうね。

「かあさんがクルマでお迎えウレシイな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、このブランクに入る言葉は

「クルマ」ではなく「蛇の目」なのですが、

何歳以上の人が「蛇の目」を知ってるだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、ワレワレ世代でも、

いわゆる「蛇の目」はもう普通の「傘」にとってかわられていましたが、

「ジャノメガサ」という言葉もあり、

傘の「異称」として理解していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、学校行ってるころ

中に入ってるのは鉛筆でも「フデバコ」で通ったし、

クツ入れるところは「ゲタバコ」でしたから。

今も学校の昇降口にあるものは「下駄箱」と呼ぶんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昭和3年生まれの死んだオフクロは、

ハンガーのことは「衣紋(エモン)かけ」、

美容院のことは「髪結さん」と言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、「蛇の目」のこの歌は、1925年(大正14年)に発表されたもので、

何と作詞は「北原白秋」なんですね。

(作曲は「シャボン玉」もつくった中山晋平。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、雨の日のうっとおしさを吹き飛ばすような

「ピッチピッチチャップチャップランランラン」

は、名フレーズだとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北原白秋の「白秋」は陰陽五行説からとったと思われますが、

「青春」「朱夏」「白秋」「玄冬」の3番目で、

50代後半から60代後半の年齢を指す言葉といわれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「青春」は遥かかなた、「朱夏」も過ぎて、

オレは今「白秋ど真ん中」、なわけですね。

おそらく「蛇の目」を知ってるのは白秋世代以上であろう。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ