ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.04.15

10年タイマー

 10日ほど前から、お風呂の給湯器のリモコンが

888の数字を点滅し始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんだ、故障か?

と思いましたが、調べてみると10年目点検のアラートらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 設置後10年たつと、一度安全点検を受けましょうという意味で、

この数字が点滅するのだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 設置の時に説明があったかもしれないが、

妻もワタシも記憶の片隅にもなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 取り扱い説明書なんかもどっかいっちゃってたのですが、

こういうときインターネットは便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メーカーに連絡をして、点検を予約しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、昨日無事点検を受け、

問題なし、ということになったのですが、

1万1000円かかりました。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても10年タイマーってスゲエな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べてみるとたしかに2011年の4月に

風呂釜を新しくしたことがブログの記事にありました。

しゃべる風呂釜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この日付が2011年4月26日火曜日で、

直ったのが先週末とあるから4月24日とかそこいらへん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この月のブログを見ると、

ちょうど妻が北海道で1回目の股関節の手術で入院中。

あれから10年たつのですね。

その後反対側も手術して、

おかげ様で今では歩行は何の問題もないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他には、その年の3月に起きた東日本大震災のことや、

キャンディーズのスーちゃんが亡くなった、

などという記事がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、スーちゃんも亡くなって10年なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、このタイマーはいつからカウントして10年なんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 給湯器に時計はついてるけど、

雷とかで停電してそのまま時刻合わせしないときもけっこうあったし、

そもそも設置から丸10年まではまだ半月ほど早かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時計とは別に内蔵されたタイマーなのか、

すると開始は工場出荷時なのか、

それとも・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、風呂釜のおかげで

10年前の4月を振りかえることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、今後はどうか、ということですが、

タイマーとは別に何かカウンターみたいなものが内蔵されてて

給湯器の使用回数がある数値を超えると、

今度は消耗部品の交換修理になるそうだ。

いろいろ、念が入ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度は888の次で777が点滅するのだろうか。

そして、その次、悪魔の数字666が点滅すると、

いよいよ最期のときとか・・・(;゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.14

トラホーム

このあいだ、「流行性角結膜炎」を調べていたら

この病気がかつてアメリカで「Shipyard eye」

と呼ばれていたことが書かれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「造船所の眼」というのは、

造船所の従業員に流行したから。

しかし、その原因は造船所の労働者が眼の外傷の際、

眼科に受診し、その眼科医の手によって

医原病的に伝染し流行したもののようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういや、子供のころの眼科検診は、

眼科の先生がまぶたを手でひっくり返して裏側を観察してましたが、

そのうち病気を伝播する、ということで

やらなくなったようなんですがどうなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眼科検診のあとはまぶたを翻転されるので、

しばらく目がゴロゴロしてヘンな感じだった。

校医のセンセイの指がやけにザラザラしていた感触が

記憶に残っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシは「トラホーム」という失明しちゃう怖い病気があって

おそらくそれの発見のためだと思いますが、

眼科の知識に乏しいので間違ってたらゴメンナサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 保健室には赤く腫れたトラホームの目の絵が必ず貼ってあった。

なかなか、グロくてコワかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 わが国では1919年(またまたスペイン風邪の年!)に

トラホーム予防法が公布されましたが、

昭和58年に廃止されたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トラコーマの原因は

クラジミア・トラコマティスという細菌なんですが、

大学生の時にトラコマティスだからトラコーマなのか、

と腑に落ちた覚えがあります。

ペニシリン系の抗生物質は効きませんが、

マクロライド系、テトラサイクリン系、

ニューキノロン系の抗菌剤が著効します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところでトラホームともトラコーマとも言いますが、

英語読みとドイツ語読みの違い。

これは「Trachoma」のchが英語では「カ行」の発音だが

ドイツ語では「Trachom」のchは「ハ、ヒ、ホ、フ」に似た音になります。

ミハエル・シューマッハの英語読みは

マイケル・シューマッカということ。

「トラホーム」というと「パナホーム」みたいで住宅会社ぽいですが。

ムカシは医学用語はドイツ語が主流でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、ムカシの眼科医院の広告看板には

目玉の絵(しかも必ず一個だけ)が描いてあったけど、

最近は見ないっすね。

ブロック塀とか電信柱とかにありましたね。

あれもけっこうコワかった。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.09

生きた化石

 新学期が始まり、学校検診のシーズンも始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年は新型コロナウイルスの影響で、

学校検診は延期になり、秋に行ったが、

新型コロナウイルスは子供には感染しにくい、

との研究結果を踏まえて、

今年度はどの学校も対策を取りつつ

春から通常どおり健診を行う予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 学校検診シーズンの皮切りは例年通り足利高校。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間の山火事では、この近くまで火の手が押し寄せ、

我が母校も危ないところでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 母校の校医を引き受けて早や四半世紀。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん学生は3年で卒業だが、

教員も転出や退職があります。

この25年間に校長先生はもう何代かわったかわからないし、

事務職等の職員もおそらくすっかり入れ替わっており、

他の科の校医も代替わりしたので、

ワタシが最も長くこの学校に携わっているのは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利高校が男子校なのは今年度まで。

来年度からは足利女子高と合併することになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずはこちらに足女からの生徒が来たあと、

足利女子高の校舎を取り壊し、そこに新校舎を建てる

という段取りのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 合併後も校医をやることになっているので、

ますます、オレは長老ってことになっちまうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日、検診の手伝いをしてくれた足利高校の先生は、

年齢的にはおそらく20~30代のようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それがなんか、先生なんだけど

すごく若く、学生みたいな印象を受けたのですが

そう感じたのはは自分がジジイになったからだと気づいて、

少なからずショックを覚えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この校舎はワタシが在学中からのものなのですが、

これも数年で取り壊されることになるわけで、

するとオレもいよいよ歴史の生き証人っちゅうか

生きた化石みたいな存在になっちまう・・・(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.06

火星の虹

 インターネットにステキなニュースがアップされていました。

火星で「虹」が撮影される

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何とスバラシイ映像。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、待てよ、なんか変だぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 虹は水滴が太陽光線を屈折させておこるもの、

火星に太陽光線はあるとして、水は無いだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 するとニュースの解説では、

大気中のチリによって太陽光が分散されたのではないかと指摘されています

とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、でもナンか腑に落ちない。(-ω-;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何のチリだかワカラナイが、

不透明なものでは光のプリズム効果は起こらないはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 微粒子が特有の波長を吸収して物の色が変わることは、

赤い月や夕焼けなどの現象で見られるように、

別に何の疑問もないが、

透明な物質で無いと光の分散は起きないのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しばし、ネットで虹の成因、

光の分散などの特殊なケースをいろいろ検索したが、

納得のいく答えは出てこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの物理知識では理解できないなあ、

と思っていたら、数時間後答えが出ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネット上に出た以下の記事です。

 

 しかし、気象の専門家であるマーシャル・シェパード博士が

Forbesに記事を寄稿したことで真相が明らかになった。

シェパード博士の取材に、

NASAの太陽系探査計画を指揮するデイブ・ラベリー氏は

「絶対に虹ではない。カメラレンズの内部反射だ」という見解を示したという。

「探査車はヘリコプターのほぼ真北にあるため、

これらの写真が撮影されたのは火星の現地時間午後2時。

カメラはほぼ真っ直ぐ南を向いている」とラベリー氏は指摘した。

これらの条件は、カメラ内部で反射光が生じやすいという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なーんだ、やっぱり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 がっかりするやら、ホッとするやら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうして「宇宙の夢」は数時間で

まさしく虹のように消えてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、実は「宇宙の虹」という現象はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それは「スターボウ」といい、

宇宙空間を光速に近い速度で航行した場合、

光のドップラー効果により光の波長が変わって色が変わり、

虹のようなリングが見えるという学説です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは夢のある話ですが、

なかなか生きてるうちには見られませんな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで「スターボー」というアイドルグループが、

1980年代に存在しました。

1982年デビュー、テクノポップ、ニューウェーブブームにのって

作詞松本隆、作曲細野晴臣という

元「はっぴいえんど」コンビの超大物を迎えて

リリースしたデビュー曲がこれ。

当時、聴いた瞬間にダメだと思いましたが、

やっぱり、まったくヒットしませんでした。

 

 

 

 松本隆氏は後年このスターボーの商業的失敗について

「記憶にない、思い出したくない」と黒歴史化しているようです。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 げに、虹とは儚い(はかない)ものなのだ。

 

 

コメントはまだありません
2021.04.01

センバツ高校野球決勝

 今日4月1日はエイプリルフールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今日甲子園球場で決勝戦が行われた

春のセンバツ高校野球では、

神奈川県の東海大相撲が、大分の明豊を

3x-2のサヨナラで下し

優勝しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東海大相撲は甲子園の名門で、

甲子園では春夏5度目の優勝となり、

神奈川の横浜、愛知の東邦並び3位の記録だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ここまでで何か気づいた方はいらっしゃるでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、ワタシが

普段全く関心のない高校野球の記事を書くのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はエイプリルフールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう一度、最初から読み直してみると、すべて

「東海大相模」(とうかいだいさがみ)ではなく

「東海大相撲」(とうかいおおずもう)と、なっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初から気づいた方はエライ。

もしいらっしゃいましたら、

ぜひ、コメント欄にご一報ください。

賞品は出ませんが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにGoogleで「東海大相撲」と入れて検索すると、

修正されて「東海大相模」の記事が出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自動的に修正されているのか

「東海大相撲」という単語がないので

類似検索をしてるのかワカリマセンが、

Googleはその時々で検索の多い語句を順にヒットさせますので、

もし、甲子園の時期ではなく

大相撲開催の時期に検索すると別の結果が出るのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、この記事を読んだ方は

明日の新聞の見出しを見ると

「東海大相模」が「とうかいおおずもう」と読めてしまうかも。😀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.18

午後10時半のスーパー

午後10時、バンド練習が終わり、自宅へ向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、スーパーにより晩飯を調達。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は意外と楽しみなのが、

お刺身やお惣菜がこの時間半額になってること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まっすぐ鮮魚コーナーに行き、

お刺身の売れ残りが何点かあるを確認。

半額シールが貼られて並んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、そこには40代くらいの女性が、

カートを横付けして、物色中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 斜めから見て、あー、アレが良いなあ、

と思うものがあったが、その女性客の真ん前にある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 横から、ちょっと手を延ばせば取れる距離ではあるが、

そのオバサンが狙ってる品物だとしたら、

ちょっとマズイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、彼女はターゲットを決めあぐねていると見え、

なかなかそこを離れてくれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何回か、横からサッと取っちゃおうと思ったが、

やはりそういうことはできないワタシ。

睨まれたら、ヤだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、彼女がそれを選んだら、こっちのカツオにしよう、

と思いしばし待つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 が、その場所を離れれるわけにもいかないので、

いったん、ちょっと離れて、

他のものを見てるフリして待ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ようやく、彼女は、決定したお刺身を買い物かごに入れ

その場を離れました。

別の商品でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スバヤク、しかし、さりげなく、目的のお刺身を無事ゲット。( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱりカツオよりマグロが好きです。(*^^)v

こうして、マグロちゃんは東アフリカ沖、インド洋に浮かぶ

セイシェル諸島からの長い旅を終えたのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.13

ギャンブルの才覚

術後性頬部嚢腫という病気があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慢性副鼻腔炎に対し、上顎洞根本術という

骨を削って、上顎洞の粘膜をすべて除去する手術をしたあとで、

術後数十年たってから、

嚢腫という袋状のモノができ、中に粘液が貯留しることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中で細菌が増えると、急激に腫れて痛みを伴います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前はよく見られた疾患ですが、

最近は副鼻腔炎の手術法が変わり、

内視鏡による副鼻腔の粘膜を保存する術式に変わったので、

最近はとんとお目にかかりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日受診された70代の女性の患者さんは、

右の顔面が大きく腫れて目も開きにくくなっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻の手術の件を聞いたところ、

ハタチ前に両側の上顎洞根本術を受けていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側は完全に治っていたのですが、

右側は嚢胞ができて、おそらく膿が充満してる様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、その場で針を刺して膿を抜くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ピンク針と10mlのシリンジ下さい。」

といって、注射器で歯ぐきから膿を抜きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピストンを引くと茶褐色の膿が出るわ出るわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たちまち10mlのシリンジがいっぱいになっちゃったので、

「スイマセン、もう一本ください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「10mlで良いですか?20mlにしますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 との問いに

「うーん、10mlで。」

と答えたワタシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、結果的に、それでも足らず

3本目のシリンジも使い合計27mlの膿が引けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、やっぱり、オレはギャンブル弱いなあ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.04

国際耳の日のついでに調べましたが、

 昨日の国際耳の日の件で調べていたら、

「世界視力デー」というのもあるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本の「眼の愛護デー」は起源は古く1931年にさかのぼるが、

10月10日の10.10を横にしてみると

一組の「眉毛付き目玉」に見えることが由来と聞いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてその気になる

「World Sight Day(世界視力デー)」は10月10日、では無く、

10月の第二木曜日なんだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはWHOではなく、

ライオンズクラブ国際財団が2000年に始めたもののようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10月の第2木曜日なので、

10月10日の年もあるが、今年は10月14日になるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その由来はいろいろ調べましたが、

ワカリマセンでした。

知ってる眼科の先生がいたら教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少なくとも誰かの誕生日ではない、ということだ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.03

国際耳の日

 3月3日は「ひな祭り」ですが、「耳の日」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1956年に日本耳鼻咽喉科学会が制定。

3.3が「ミミ」の語呂合わせからで、

同様のノリで1961年に8月7日を「鼻の日」に制定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は2007年にWHOが、3月3日を

「World’s hearing day/国際耳の日」に制定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ミミは日本語の語呂合わせなのになんで?

と思う向きもあると思いますが、

これは一つにはアラビア数字の3.3が

耳の形に見えるため、ということがあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてもう一つは、

電話の発明者であり、

また、音声学と聾唖教育の第一人者として活躍した

スコットランド人のグラハム・ベルの誕生日だから、

ということも関係してるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タマタマですが、両者が一致してヨカッタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 WHOが国際耳の日を制定するにあたり、

50年も前から3月3日を耳の日としている

日本のことを参考にしたかは不明です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと調べたところ、日本以外に

それまで耳の日を制定していた国は無かったようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 果たして、今後国際鼻の日は出来るのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鼻に形が似てる数字というと「4」かと思いますが、

鼻は一個なので4月4日はないなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.02.25

山火事その後

足利の山火事は全国規模のニュースになり、

25日木曜日のNHKの夜7時のニュースでは

トップライナーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

24日の夜、スイミングに行ったら

渡良瀬川を挟んで赤く燃える山が見えました。

25日の夜は火は見えませんでしたが

夜のニュースではまだ燃えてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホのメッセンジャーやLINEには

県外に住む友人から次々に安否を尋ねる連絡が入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜になり風がやんできたので、

今のところ当院に延焼の恐れはありません。

東風が吹いて三重地区など西の方に広がってるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また山を回って東側の本城地区にも避難勧告が出ているようです。

我が母校、足利一中と足利高校はともに休校。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 青梅や、桐生でも山火事が発生してるようですが、

足利が最も広範囲みたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ