ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.09.21

敬老の日に思う

 今日は敬老の日、らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京オリンピック(幻の)おかげで

海の日や山の日や体育の日があっちこっち行って、

何がいつだかよくわかんなくなっちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の新聞によると、

日本人女性の4人に1人は70歳以上だそうで、

うわ、それはすごいなあ、と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、敬老の日に敬われる対象は何歳以上?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 健康保険では70歳以上が高齢者、75歳以上が後期高齢者ですが、

WHOでは高齢者が65歳以上、後期高齢者は80歳以上。

一方、国連の定義では60歳以上が高齢者、80歳以上が後期高齢者。

つうことは61歳のオレは、国連的には「高齢者」になっちまってるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、わが国の中でも法律上の高齢者は、

その定義がさまざまであるらしい。

これは一応、まだ、セーフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、年齢とは別に、孫ができると、

「おじいちゃん」「おばあちゃん」になるわけで、

こうなると「敬老」の対象になるという考え方もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの同級生でも、孫が生まれた者は多く、

つい先日、ワタシの実弟も「おじいちゃん」になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これら、新ジジイたちが口をそろえて言うのは、

「孫ほど可愛いものはない!!」

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それまで趣味の写真やペットだったりの

スマホの待ち受けが、みな「孫の写真」に代わっていくようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院にかかる子供さんについても

中にはキビシイお母さんはいても、

おじいちゃん、おばあちゃんは常にやさしい、激甘です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供も「ママー」ではなく

「ジイジー」と助けを求める子も良く見受けられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば「じいじ」「ばあば」という言い方は、

ワタシの子供のころにはなかったぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、ムカシの「おじいちゃん」はもっと怖かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの父方の祖父は、医者であったが、

明治生まれの元海軍軍医。

元海軍大将東郷平八郎元帥と同じ墓地に眠りたいと、

多摩墓地を購入した人です。

父は、この祖父を神のように尊敬しており、

常に敬語で礼儀正しく接していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、いつも物静かで、おこられた記憶は無いが、

ワタシも祖父に対してはそれなりに畏敬の念を持っていたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかにムカシは近所に「カミナリジジイ」とかがいて、

マンガや、ドラマでも、「コラー」と

いたずらをした子供たちがどやしつけられるシーンが

よくあったような・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今そんなことしたら警察に通報されちゃうかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、我が家の場合、子供たちの様子を見た限りでは

ワタシが血縁的に「おじいちゃん」になる気配は

今のところないのですが、

ああ、オレも世間的にはジジイのカテゴリーに入ってきてるわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「カミナリジジイ」は姿を消したけど、

逆に最近増えてる「ボケ老人」にはならないように心掛けたいものです。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.16

菅義偉氏が新首相に

 安倍総理退任に伴う自民党総裁選で

菅元官房長官が石破、岸田の両氏を破り

自民党総裁に就任、第99代内閣総理大臣に就任しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 政治は全く疎いのですが、

自民党で無派閥、非世襲の政治家が総理大臣になったのは

かなり異例のことなんではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 経歴を見たら岸田氏は父親が元通産官僚、衆議院議員、

石破氏は、父親が建設事務次官、鳥取県知事、参議院議員、自治大臣。

そして岸田氏は開成高校から早稲田大学、

石破氏は慶応義塾高校から慶応義塾大学。

どちらも、ありがち、無難なエリートコースですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、菅義偉氏は、秋田のイチゴ農家に生まれ、

高校は自宅から最も近い県立湯沢高校に2時間かけて通学。

高校卒業後、ひとり上京。

朝は築地市場、夜は飲食店でアルバイトをして学費を作り

2年後もっとも授業料が安かった法政大学法学部に進学しています。

授業料安いのなら、国立大学行けばいいじゃん、

ってのは置いといて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、かなり異色ですね。

いわゆる「政治屋」臭がないのは、そのためなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、なんで、総理大臣になれたんでしょうか。

普通はなれませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見た目や話し方からは純朴でマジメな印象を受けるが、

なにか隠れた「実力」を持ってるのでしょうか。

それが「ジェダイのフォース」なのか「ダークサイド」なのかは

ワカリマセンが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、この困難なコロナ禍をどう切り抜けるか、

その手腕に注目しましょう。

菅さんはネット上では「ガースー」という呼ばれ方をしていますが、

くれぐれも「ガースー・ベイダー」にはなりませんように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.13

今日のお昼は

 本日は日曜日であるが、お仕事なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相変わらずこの体制です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、そんなわけで受診する患者さんは少ないです。

もともとあまり風邪なども少ない季節ですし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今朝最初の患者さんは、

鼻の中にスポンジを入れちゃったという

3歳の男の子でした。σ^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中には、最近トイレに行っても、またすぐ行きたくなるけど

診てもらえますか、

という電話でのお問い合わせがありましたが、

さすがにそれはムリですとお断りしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここでは何の検査も出来ないし、

緊急性がなく休日急患診療所で診るものではありませんね。

でもこういう人もいるのですなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はここに朝から夕方まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 唯一の楽しみはお昼のお弁当だったのですが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えー、コレなんですか?

以前は幕の内弁当だったのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、コンビニのかけそばとおにぎりとは。

炭水化物✖️2で栄養バランス的にもいかがなものか。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 せめてもう一個はファミチキとかサラダとかに

して欲しいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この二つで税込¥515なので、

予算の都合も有ると思いますが、

ほか弁とか牛丼とかの方がいいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とかいってたら、今、休憩室のテレビのコマーシャルで

やよい軒でチキン南蛮定食と味噌カツ煮定食が

税込¥490でキャンペーン実施中ですと(T . T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.11

2020年学校検診事情

 学校健診は通常の在校生の健診が

プールの始まる前の4~5月、

来年小学校に上がる就学時健診が

毎年9~10月に行われることになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが今年は4,5月に学校が休校だったため、

9月10月が健診シーズンとなり、

就学時健診と一緒になってしまい、

怒涛の健診ラッシュです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日は梁田小の就学時健診で、

本日は同じく梁田小の在校生の学校健診と2日連続。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなことは今までなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスの影響で今年は

この歳になって初めて経験することが多いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで就学時健診は

保護者の方と子供さんに一緒に検査室に入っていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 保護者の方に、子供さんについて

なにか耳鼻咽喉科的に気になることがないか、

または現在治療中の病気や、

今、風邪をひいているかとか

過去に反復した病気があるか、

耳鼻咽喉科の手術など受けたことがあるかどうかを

尋ねるためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 世の中にはいろいろな考えのある人がいるので、

健診によって新型コロナウイルスが感染する可能性があるから、

子どもを診せない、とか

マスクを外させないお母さんなんかがいたら困るなあ、

とちょっと心配していましたが、

そのようなことはなく無事健診ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、昨日は健診をしたのはエアコンのない部屋。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらはマスクを外せないので、

終わった時は汗びっしょりでした。

ツライ・・・💦

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.06

アフリカでポリオ根絶

8月25日WHOから、このような発表がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポリオは「ポリオウイルス」によって引き起こされる

「急性灰白髄炎」のことで、

かつては全世界中で数多くの感染者を出し、

毎年50万人以上に後遺障害としての麻痺や死をもたらしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく知られる後遺障害は

小児期の感染による上肢や下肢の変形、運動障害です。

一般に「小児まひ」といわれます。

ワタシの医学部時代にも

おそらくこれにより片脚が不自由になっている教授がいました。

他にも数多くの著名人の罹患が知られており、

アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトも

ポリオによる下肢の麻痺をきたしていたとのことです。

(ただしこちらはポリオでなくギランバレー症候群だったという説もあり。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1980年にWHOが宣言した天然痘撲滅は

医学史上の最も輝かしい栄光ですが、

ポリオに対しても根絶の日が近づき、

また一つ医学の力で古くから人類を苦しめてきた

疫病の克服がなされようとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは本当に素晴らしいことで、

医学を学んだものとして、

大変喜ばしく、誇らしいことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天然痘が最後まで残ったのはエチオピアと、ソマリアでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時この2か国間は戦争をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いままた、ポリオの残っているアフガニスタンとパキスタンも

常に紛争の絶えない地域です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人間が起こす戦争がいかに愚かなものか、

また、戦闘による被害だけでなく、

疫病による被害も、戦争により拡大、蔓延する、

ということの明らかな証拠です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスが全世界で猛威をふるう今、

わたしたちは戦争や紛争のない社会の上にこそ、

万民の健康がもたらされる、

ということも肝に銘じるべきでしょう。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.01

今日から9月

今日から9月。

本来なら、今日から2学期のスタートのわけであるが、

子どもたちはすでに2週間も前から学校が始まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝、散歩コースのアサガオを見ると、

まだ咲いてるのもありますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受粉して、タネができてきているものが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、本来はこの状態で2学期が始まるんだよなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今年は梅雨はざんざか毎日雨ばかり降ってましたが、

子供たちの夏休みが始まる8月になったとたんに

梅雨が明けて極端な猛暑になりました。

そしたら、今日、9月1日になったら急に涼しくなった感じです。

これから少なくとも数日は暑さは遠のくそうです。

極端というか、几帳面というか、メリハリがありますね。

この様子だと、今度はガンガン台風が来るのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.08.30

コロナの夏のトウモロコシ

夏休み、最後の夏の味覚。

今年も高速とばしてここまで来ました。

50分くらいかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、夏はこれを食べなければ。

今年も1本330円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、コロナ対策で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、ここは、もとより、すべてテイクアウト。

しかも屋外。

待つ人もソーシャルディスタンス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、焼くヒトは暑くてマスクつけてたら熱中症になっちゃうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓も締め切り。

この窓ガラスもかなり熱せられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11時過ぎについて番号札は15番。

すぐに3番の人が呼ばれてたから、すでに2巡目以上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 20分程度で、呼ばれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナ対策で、お皿ではなく、新聞紙とビニール袋になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これこれ。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これこれ。(^O^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 くー、たまんねーな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 焼きたてをここでいただくのがポイント。

美味しさが違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食べ方はワタシは相変わらずタイプライター式。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻はローリング式です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナであってもトウモロコシは実る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年も、また来年も。

 

 

コメントはまだありません
2020.08.20

スウェーデンのロックな耳鼻科

日本を代表する「ロックな耳鼻科」

を勝手に自任しているワタシですが、

世界は広い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはスウェーデンの耳鼻科のお医者さんらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訳詞がついているのでわかりやすいですが、

内容的には、実に、ごもっとも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状をググるとロクでもない診断が出て、

ワタシはこれではないか、ねえ、これなんでしょ、

と言って受診する患者さんがどこの国にもいるのだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このセンセイ、こんな曲も書いています。

このPVも好きや―。

スウェーデンというと、新型コロナウイルスに対し、

ロックダウンをしない、という独自の方針をとり、

賛否両論がありましたが、

まさかこのPVのようなことは無いと思う。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもスウェーデンといえばABBAの国ですが、

こんなバンドもあるんですねー。

スウェーデンのバンドというと、

ワタシが中学生のころ、この曲が大ヒットしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドラマや小説の世界では、

外科、脳外科、小児科、内科などと違って、

まったく日の当たらない耳鼻科ですが、

(最近は薬剤師にまで後れをとっている)

このスウェーデンの耳鼻科の先生の活躍、ウレシイです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.08.16

アサガオの花

 先日、小学校1年生のアサガオの話に

コメントいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず学校にアサガオ観察セットを取りに行って、

自宅でアサガオをの種をまき、

学校再開になってまたそれを学校にもっていって、

また夏休みになって家に持ち帰る、

という段取りだったのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お手数なことでしたが、

まあ、アサガオの花が見られてよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1年生の時に自分が蒔いたアサガオの花が咲いたときは、

嬉しかったですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レディアは最近は高齢化して階段が登れなくなったため、

かつてワタシが通った旧西小学校までの道が散歩コースになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 グラウンドの金網に咲いたアサガオの花。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 誰かが蒔いたのか、または自生したのか。

金網フェンスがちょうどよい支柱になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎朝見るたびに心が癒されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供のころは青いアサガオが好きで、

ナントカ青いアサガオだといいなあ、と思ったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アジサイの花の色はアントシアニンという色素で、

pHが酸性の時は赤、アルカリ性の時は青で、

それは土壌のpHを反映することが知られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アサガオの色もアントシアニンですが、

アジサイと違って土壌のpHには関係しないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アサガオの色は品種にもよりますが、

花弁細胞の液胞がアルカリ性なので、

一般に、アサガオは咲く前のつぼみの時は赤く、

元気に咲いた時は青くなり、

しぼんでくるとまた赤みを帯びてくる、ということのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうだったのか。

子供のころ、咲く前のつぼみを見て、

ああ、赤ばっかりだ、

とがっかりしたが、そうでもなかったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、せっかく持ち帰ったアサガオですが、

短い子供たちの夏休みは、今日で終わり。

まだ、アサガオは毎日咲いていて、

まだ種をつけていないでしょうから、

観察を続けるために

また、これを学校にもっていくのだろうか。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.08.14

カレンダー

 我が家のトイレにかかってるカレンダーは

週めくりで、1週間ごとになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 季節に応じて節分、ひな祭り、お花見など

四季折々の話題などが書かれているのですが、

3週間前からはオリンピック一色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そりゃあ、そうだよなあ。

コロナ禍がなかったら、

いまごろは日本全国津々浦々、

オリンピックで朝から夜中まで大騒ぎ、

であったことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いったい誰がこの今の状況を予測できたことだろう。

カレンダーの「浮かれぶり」がムナシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、このカレンダー会社、

時期的には来年のカレンダーの製作を進めているころだと思われるが、

いったいどんな内容にするか、

悩みまくってることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1年延期されたオリンピックですが、

果たして、来年オリンピックが予定通り開かれるかどうかも、

現時点でビミョーな感じになってきてますからねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他人事ながら気になります。

その興味だけで、来年も買うな、ここのカレンダー。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ