ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.03.30

コロナ効果

 新型コロナウイルスの影響で

花粉症のハイシーズンというのに

今年は静かな3月でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おまけにライブ、コンサート、イベントがみな中止で

Jリーグもなく、

博物館の類も休館中、とのことで、

週末の予定は毎週真っ白。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、そのおかげで趣味のプラモデルの方は

この1か月余り、かつてないほどの作品がロールアウト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なにせ、週末ともなると朝起きてから夜ビール飲むまでは、

ずっとプラモデルを作っていられるので、

もう、シアワセでシアワセで・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 作るものは押し入れに山のようなストックがあり、

自宅にこもりきりなので感染の危険は一切ない。

きわめて、健康的である。(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 強いてあげれば、シンナー吸い過ぎで、

そこが健康面でやや心配だが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これでどんどん押し入れ在庫が減るかと思いきや、

1個作ると、これまたコロナ感染の恐れがないネットオークションで

自宅にいながらポチってしまうので、

なかなか、在庫が減らず、

とかくこの世はままならない。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.27

今年のお花見

 今年は例年より早く満開を迎えようとしている桜ですが、

コロナ騒動で花見、宴会自粛、ということで、

ムナシク咲いているのだろうか。

ま、桜は自分のために咲くんだから、

虫は来ないと困るけど、人に見られようが、見られまいが

全く関係なし。

むしろ、花見の宴会でタバコ吸う人がいないくなれば

桜さんにとっては良いことですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 週末は雨が降る、とのことなので、

水曜日、レディアとお花見に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 織姫神社のさらに上の山頂まで行ってみます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポカポカと良い天気。

まだ、7~8分咲きといったところでしょうか。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むろん、イヌは桜などには興味がない。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひたすら、ずんずん進むだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 漫画「東大一直線」ではこれを「ずん進」と呼んだ。

(多分、みんな知らないか)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頂上のお蕎麦屋さんから裏手に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 山道は好き♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「野生の呼び声」が・・・・(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 裏手にまわると、こちらの方が満開に近いかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポーズをつけさせるのは難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 抱っこで撮りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 笑ってるように見えるが、

イヌはまぶしいだけで特に喜んでいないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふだんなら昼寝している時間に

連れまわされて迷惑だ、と思ってるのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だがやはり、日本犬には桜が似合う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これなむ「シバ桜」(笑)(参考:伊勢物語)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.26

コロナな日々

日に日にいろんなニュースが飛び込んでくる

新型コロナウイルス関連ですが、

トム・ハンクスさん、田島幸三氏に続いて、

ジャクソン・ブラウンさん、志村けんさん、

そしてなんとチャールズ皇太子の感染が報じられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こりゃあ、世界中のそこかしこに

ウイルスがいるということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、志村けんさんは

そこら辺の居酒屋で公演の打ち上げなんかすることもあるでしょうが、

チャールズ皇太子のようなやんごとなき方が

どこでもらっちゃううんでしょうねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、イタリアが中国を抜いて死者がトップになったのに続いて、

スペインも死者が急増、中国の死亡者数を上回ったという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この、イタリア、スペインの死亡率の高さは驚くばかりですが、

ハグや、握手といった生活習慣の違いよりも、

病院のベット数の不足や、

集団感染を起こしやすい個人主義の国民性、

そして喫煙率の高さが大きく関係しているように思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば志村けんさんも

ちょっと前まではかなりのヘビースモーカーだったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タバコ、怖いなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お隣の館林厚生病院では医師、看護師に陽性者が出たので、

2週間の外来閉鎖だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻も働いたことのある病院、ワタシも何回かバイトに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第一戦に立って罹患してしまった

お医者さん、看護師さんはまことに気の毒で

平癒されることを願っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今こそ、国民は一丸となって

イタリアやスペインのようなオーバーシュートを起こさないために

自粛、危機管理をするべきでしょう。

重症化の最危険因子であるタバコも、止めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.20

コロナ流行中の休日急患診療所

3月20日金曜日は、春分の日で祝日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数ヶ月に一回くらいであまり回ってこない

休日急患診療所の当番ですが、

なんで、よりによってこのタイミングで回ってくるかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナント、新型コロナウイルスの影響で、

いきなり感染疑いの患者さんがずんずん入ってこないように、

基本的に玄関は閉まっています。

スゴイね。

ワタシもカギを開けてもらって入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザの検査は、

マスク、ガウン、手袋、N 95マスク、キャップ、ゴーグルの

完全装備で、陰圧のかかる特別室で行います。

今は溶連菌、アデノウイルスなど、

インフルエンザ以外の迅速検査キットは、

ここには用意されていないそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん新型コロナウイルスの検査も出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、重症者あるいは重症化しそうな人はここでは診られませんし、

軽症の人は新型コロナウイルスの感染が怖いので、

ここには来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はっきり言ってヒマです。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この現状ではあまり機能してはいないような印象の

足利医師会休日急患診療所。

忙しいのは電話やインターホンの対応の

事務員さんたちのようです。

保健所はもっと大変だろうなあ。

きっと、テレビショッピング並みに

ただいま、テレホンオペレーター増員で対応中です、に違いない。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.19

風前の灯火

 今朝の散歩中に、新たな看板を発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリンピック聖火リレーのための交通規制。

ここら辺は、3月29日日曜日の朝のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普通ならオリンピックへの期待に心高まるはずであるが、

どうも、そうはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ギリシアでの点火に先立って、

中国武漢で点火されたウイルスの炎は

今や全世界を焼き尽くす勢いで、

聖火の火はまさに「風前の灯火」になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここのところの世界的流行、

とくにヨーロッパの危機的状況を鑑みると、

何となくオリンピックが華やかに開催される、

というイメージはあまりわきませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本の総理大臣は強気の姿勢を見せているが、

どうも世の中は延期ムードの方が上回ってきたという感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1年延期だと今年延期したヨーロッパ選手権と重なってしまうので、

オリンピックは2年延期して、2022年に開催。

とすると今度はワールドカップと重なってしまうので、

これも1年延期してもらい

2023年ワールドカップカタール大会、

というのが、妥当かなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 果たして、この看板の上に「延期」あるいは「中止」の

黄色いステッカーが貼られる日が来るのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年、年末に「今年の漢字」が発表されます。

仮にオリンピックが今年開催されたとしても、

本来ならオリンピックにちなんで

「聖」とか「輪」が今年の漢字に選ばれたでしょうが、

今年のこの時点で2020年の漢字は

コロナの「冠」にほぼ決定だろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.18

明るいニュース

連日ウイルス関連のニュースでは、ちょっと暗いので、

ひとつ、明るい話題を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年秋から、急激に明るさを失っていた、

オリオン座の一等星、ベテルギウスが、

ここにきて明るさを取り戻しつつあるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イキナリ、星の話?

しかも明るい、ってそっちの明るさかよ、

と、突っ込みたくなる皆さんの気持ちももっともですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、この話題は昨年から気になっていたもので・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の秋からベテルギウスの明るさが急激に衰え、

もともと0.42等級くらいの明るい星だったのが、

徐々に暗くなり1.5等級を割り込んで、

一等星から二等星に降格か、という話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考までに星の明るさは対数スケールの「等級」で示され、

1.5等級より大きいものを「一等星」、

1.5等級から2.5等級より大きいものを「二等星」などといいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリオン座は北半球で見ることのできる星座の中では

唯一、一等星を2個持つ星座でした。

(もう一個は0.13等級のリゲル。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、まさかの「降格」とは・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、それは恒星の寿命の末期である赤色巨星であるベテルギウスが

いよいよ超新星爆発を起こす前兆かもしれない、との説に、

にわかに色めき立ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超新星とは夜空に突然出現する明るい星として観測され、

1006年の4月、-7.5等級という歴史上もっとも明るいとされる超新星が

世界各地で観測され、記録が残っている。

日本は平安時代で「新古今和歌集」の藤原定家が、

「客星」として記載しているそうだ。

月の4分の1ほどの明るさで昼間でも見えたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、超新星爆発をこの目で見られるか、と期待していたので

明るさが復活した、というのは、

必ずしも明るいニュースではなかったりしますが・・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いずれにせよ650光年の距離にある星なので、

今見ている現象は650年前の出来事なんですよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 広大な宇宙のことを考えると、

日常のストレスが些末なものに思え、少し解消されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.16

コロナ>花粉か、コロナ<花粉か

 先週になって、外来の空気が変わったのは、

やはり、その前の週末、トナリの太田市で

新型コロナウイルスの患者さんが出たことによると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここ足利市は行政区分上は栃木県ですが、

文化的にも経済的にもほぼ群馬県東部なので、

宇都宮で新型コロナウイルスの感染者が出ても、

まったくどこ吹く風でしたが、

太田市で出たとのことで急に身近なものになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 連日200人近く来ていた外来患者さんは、

平日は平均50人以上少なくなり、

そして新型コロナウイルスが心配なので、クスリを長めにください、

などという人も多く、

大型台風上陸前の緊張感があります。

まあ、もともと以前から花粉症の人に関しては

当院はワンシーズン分まとめて処方が原則ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽうで、当院では胸部CTはもちろん、

肺のレントゲンも撮れないので、

実際に自分が新型コロナウイルスにかかっているか心配だ、

という患者さんはほぼいらっしゃいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、土曜日だけは朝の待ち人数は100人を突破し、

あまり減らないじゃん、とも思いましたが、

コロナがなかったら、また160人以上の待ちだった可能性もあるかも

などと考えると、早くも来年のことがふと心配になる。

来年はさらにこっちは1年分、年老いているであろうしなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、日本医師会からの通達で、

医者はマスクをしないと診察しちゃイケマセン、との書面が来て、

しぶしぶマスクをして診察に当たっていますが、

いざ、マスクをすると予想外にマスクや顔を自分の手で触ってることに気づき、

こりゃあ、マスクした方がうつりやすいんじゃないかと、かえって心配です。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.15

コロナとスーパー

 一連のコロナ騒動でマスクやトイレットペーパーが消えた、

ということが問題になりましたが、

トイレットペーパーはいつも備蓄があるし、

マスクは自分は使わないので、あまり心配はしていませんでしたが、

これを見て、これはヤバいかも、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビでお掃除の特集になると必ず登場する「重曹」と同じく、

ダイエット、生活習慣病予防、美肌、などという特集があると、

きまって取り上げられる「納豆」効果。

茨城県内で新型コロナウイルス陽性者が出ないなんてタマタマだし、

納豆が新型コロナウイルス予防にそんなに効果あるわけないじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほぼ毎日、おそらく年間360日前後納豆を食べるワタシとしては、

こんなデマでスーパーから納豆が消えたら風評被害もいいとこである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、冷蔵庫の納豆が残り1個となった先週金曜日の夜、

スイミングプールに行った帰りに近くのスーパーに行ってみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夜9時過ぎではあったが、まだ納豆は残っており、

無事、買うことができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 納豆は冷凍保存ができるので、

買いだめして冷凍しておこうかとも思ったが、

それでは風評被害の片棒を担いでしまうことになるので、

1週間分3個パックを2個買ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その時に、スーパーの風景が普段と違うことに気づいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普段ならこの時間に残っているはずの、

揚げ物や焼き鳥などの惣菜が、ほぼすべて売り切れ。

いつも20%~50%の値引きを狙ってこの時間に買いに来るのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、店内でやたらと目に付く中高年の男性の一人買い物かごを下げた姿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普段はこんなに見かけないぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、はたと気づいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金曜日の夜、普段なら居酒屋なんかに呑みに出る人たちが、

新型コロナウイルスの影響で呑み会が無くなり、

家呑みのための惣菜を買いに来ているに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほど。

とすると、居酒屋やスナック関係は、かなりの打撃を受けているでしょうね。

 

 

 

 

5件のコメント
2020.03.13

感染経路

 昨日受診されたお子さんの保育園は

以下の理由で登園停止になっているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その子が通う保育園のクラスの

隣の棟に勤務する保育士さんの、

お子さんが通う保育園の保育士さんが

新型コロナウイルス陽性であったため、

登園停止の処置をとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お母さんが保育園からの通知をスマホに撮って見せてくれましたが

一回読んだだけでは、

わけがわからなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まるで「吾輩は猫である」に出てくる「天璋院」の話かと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「吾輩は猫である」に出てくるお琴のお師匠さんは

元は身分の良い方で、

どれくらい身分が高いかというと、

「なんでも天璋院(てんしょういん)様のご祐筆

(ゆうひつ/武家の職名。文書・記録の作成をつかさどった

の妹のお嫁に行った先のおっかさんの甥の娘なんだって」

というくだりがありますが、アレです。

天璋院様とは何年か前の大河ドラマで

宮崎あおいさんが演じた「篤姫」のことですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今回の縁(えにし)は保育園2つを介して、

つながりがあるといえばあるようですが、

どれくらいのリスクなのか、ちょっとワカリマセンねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、その子を診察した耳鼻科医が通っている

スイミングスクールのインストラクターの娘さんがセキをしたら、

その子を預かったおばあちゃんには、

どれくらいのリスクがあるんだろう。

繋がりは、あるんですけれど・・・・・。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.12

新型コロナの行方

ついにセンバツも中止ですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こりゃ、カワイソウだなあ、

何とかならんのかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手の移動や宿泊が問題になるなら、

まず東北は東北、関東は関東の高校同士が

バスで日帰りできる距離でどこかのグラウンドで無観客試合を行い、

準々決勝あたりからチャーター機でどこか人里離れた場所で試合をするとか。

甲子園の土は滅菌済みのものを各高校に送ります、なんて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、気分的にセンバツに出た、という思いは残らないでしょうね。(^^;)

秋にやる、とかダメなのかな。

夏の大会のあとになっちゃうとビミョーだ。

じゃあ、夏の甲子園はこの出場校で、というのは?

夏の大会もビミョーだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、トム・ハンクスさん夫妻が新型コロナウイルス感染を公表。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハリウッドのセレブなので、お金出せばすぐPCR検査が受けられるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、このニュースは要するに

おそらく、世界中に新型コロナウイルスの感染者がいるということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感染者の公式な数字は10万人だが、

その数十倍~数百倍も感染者がいるとみて間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日のように○○県で新たな感染者が見つかり記者会見が開かれていますが、

ゴキブリのCMじゃないけど、1匹見つけたら100匹はいると思え、

という感じで、

一人の感染者の周りには100人の感染者、

それも「自然に治った」人がいるわけです。

周囲にいて症状がある人は、必ず検査を受けているはずですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の朝日新聞にはこんなタブロイド紙がついてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか良いことが書いてある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、重症化するヒトへの感染を避けることが最重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リスクファクターは高齢、高血圧、心疾患、呼吸器疾患、糖尿病、

人工透析、抗がん剤などの人というのは毎度出ていますが、

ここに喫煙者もしっかり加えていただきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この紙面にあったグラフは大変参考になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、できる限り大流行、感染爆発を避け、

濃いウイルスにさらされる人を減らす、という方針でしょう。

感染者が爆発的に増えると、

それだけ社会に蔓延するウイルス量が多く重症者が増えるしくみです。

しかし、その場合、多くの人が感染するので流行は早く終息します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だらだら続く方が、重症者や死者の数は減るはずです。

ただ、経済への影響はより大きいでしょうが。

オリンピックもね。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ