ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.01.19

イマドキの切手

 切手の話の続きです。

メールやファックスでの連絡は多くなったが、

請求書はほぼ郵便で送られてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 料金後納郵便も多いけれど、切手が貼ってあると

つい見てしまいます。

切手コレクター世代ですので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パンダの切手もある。

最近の主流はシール切手です。

コレクター的にはちょっと気になりますが、

やはり写真はちょっと違うなあという感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはなんだ。

香水瓶みたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、なんだかわからなかったが、

スタッフの一人が一発で当てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 正解は「ホッケの開き」。

拡大して見れば確かにそうですが、

想定外の絵柄なので、ぱっと見全くわかりませんでした。

全国うまいものシリーズ「北海道編」らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 拡大しても全くわからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 郵便局のホームページで検索。

これか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リビング、寝室、バスルーム・・・・

デザイン的にはどうなんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少なくともコレクターとしての食指は動きませんな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしたら、こんな切手を発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお。これは昭和47年の切手趣味週間の「湖畔/黒田清輝」、

・・・・・ではなく額面が84円、

ということはリイシュー?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルはこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またまた郵便局のホームページで検索をかけると・・・

これかー。

上段右から3番目の葛飾北斎「甲州石班沢(こうしゅうかじかざわ)」も

国際文通週間で取り上げられた絵柄ですね。

たしか、持ってたような・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

63円バージョンもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美術の世界第2集では同じく切手趣味週間に取り上げられた上村松園の「序の舞」

葛飾北斎の「凱風快晴」通称「赤富士」もありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、見るとこのあいだ来た、

これまた何の絵柄だかわからなかったこの切手も

美術シリーズだったのだ。

上の写真にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何となく、切ってはがしてとっておこうかな、

と思ったけど、残念ながら

あー「目線」入っちゃってましたね。(T_T)

 

 

 

 切手ブームのころはコレクターのことを考え、

記念切手の消印は隅っこにかかるくらいに押す、

という配慮がたしかあったような気がしましたが、

今はないのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.01.14

栃木県も緊急事態宣言

一都三県の緊急事態宣言に続き、

関西、東海と、そしてナント本県にも緊急事態宣言が発令されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栃木県、田舎なのにまさか、という感じですが

人口当たりの感染者数が東京、神奈川、千葉に続いて

全国4位になった、というのが理由らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県別魅力度ランキング最下位の本県が、

ファンヒーターに関して世界の中心なのはいいが、

コロナ感染率が全国4位は困ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲食店の方は大打撃でしょうが、

それに関連した業者の方にも影響は波及することは必至。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、耳鼻咽喉科などの医療機関も、

患者数の激減により、またまた大幅収入減、

ということになるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまでくると、自分もいつどこで感染するかワカリマセンが、

基本的にはどこにも出かけない、他人とは会わない、

ので、感染するとすれば患者さんからだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、熱があったり、風邪症状のヒトも来院しますが、

そういった患者さんはあらかじめ車の中や別室で待ってもらい、

診察も接触をなるべく避け、

検査などは防護服を着て屋外で行うので、

そういうヒトからうつることはまずないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪ひきの子供が診察中あばれて、

その飛沫で感染することもあるかもしれませんが、

子どもの感染力はあまり高くない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むしろ、一見全く関係ない、

最近耳なり、メマイがする、とか、

2か月前からノドに異物感がある、

という風邪的には無症状のヒトから、

新型コロナウイルスの感染を受けてしまう可能性の方が

高かったりして・・・。

そういった患者さんの方が問診の時間が長いゆえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.01.13

半藤一利氏の死を悼む

昨日1月21日、作家でありジャーナリスト、戦史研究家でもある

半藤一利氏が亡くなりました。

90歳だったということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

氏のファンであったワタシとしては、

大変残念で、心からお悔やみを申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半藤氏は数々の著作で知られますが、

ワタシが、初めて氏の作品を読んだのは、

中学生のころでした。

しかし、その時には半藤一利の名前は全く記憶にありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシの父は、ラバウルの海軍航空隊で軍医をやっていた関係で、

我が家の本棚には大量の戦記物の本がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坂井三郎氏の「大空のサムライ」や、

吉村昭氏の「戦艦武蔵」、

阿川弘之氏の「山本五十六」「軍艦長門の生涯」

などを父の本棚から引っ張り出しては読んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でワタシが夢中になったのが、

「魚雷戦 第二水雷戦隊」という本です。

それぞれ別の作家が書いた

数冊の戦記物シリーズの中の1作であったと記憶しています。

それが、あの半藤一利氏の作であったということは

ずっとあとになってから結びついたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調べてみると1970年の出版なので、

当時半藤氏は雑誌編集長ではありましたが、

作家としてはまだ有名ではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「魚雷戦 第二水雷戦隊」は、

のちに「ルンガ沖夜戦」と改題され単行本化されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのタイトルからわかるように、

太平洋戦争中、1942年11月30日夜に起きた「ルンガ沖夜戦」の模様を

ドキュメンタリータッチに綴った作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その当時、ガダルカナル島の戦いで攻防が続いていたが、

すでに制空権は米軍が有するため、

島で戦う日本兵に通常の物資の補給ができない。

通常の輸送船は、瞬く間に攻撃され沈没してしまいます。

そこで帝国海軍は駆逐艦を用いた夜間の物資の補給を計画しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本海軍はこれを自嘲的に「ネズミ輸送」と呼び、

アメリカ軍は「トーキョー・エクスプレス」と呼びました。

この輸送作戦を阻止しようとしたアメリカ軍との間で起こった海戦が

「ルンガ沖夜戦」であり、

結果は日本海軍が駆逐艦高波1隻の沈没に対し、

アメリカ側は重巡ノーザンプトンが沈没、

ほか3隻の重巡が大破となり、日本海軍の大勝利に終わりました。

太平洋戦争を通じて、これが日本軍最後の勝ち戦です。

(結果的に補給作戦は失敗したので、

海軍内での評価は芳しいものではありませんでしたが。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二水雷戦隊、通称「二水戦」といえば、

帝国海軍の駆逐艦隊中、屈指の精鋭で、

陽炎型、夕雲型といった、当時最新鋭の甲型駆逐艦で編成されていました。

この活躍に、少年時代のワタシは心躍らせたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしや、と思って書庫を漁ったら、

なんと、ありました、当時の本。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スゴイね。

また読みたくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半藤氏は太平洋戦争への参戦を、

近代日本の犯した重大な過ちととらえ、

その参戦から敗戦までの経緯を、あらゆる角度から詳細に研究し、

二度と戦争の惨禍をくりかえさないように、

若い人たちに歴史を伝えることを、

後年の主な仕事としていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年に刊行された「昭和史」は必読の書です。

戦前編もどっかにあったはずだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011年公開の東宝作品「聯合艦隊司令長官山本五十六」は、

半藤氏の原作であり、自ら監修も行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも多くの著作を読ませていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和を代表する偉大な知性が失われたことは誠に残念です。

あの知的で、ユーモアに満ちた半藤氏の

穏やかな語りを見聞きすることは、もはやできませんが、

彼の著作は昭和の遺産として読み続けられることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.01.05

2021年の仕事始めは

本日1月5日から2021年の仕事始め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例年、仕事始めの日には朝からドドドっと患者さんが押し寄せて、

外来は大混雑になるのですが、

今年は様相が違いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トータルでは午前中だけで80人以上来院されてるので

少なくはないのですが、

来院する患者さんがインターネット予約をうまく使って、

自分の順番近くまでは来院しないで

自宅やあるいはクルマの中で待っていていただいたようで、

待合室が密になることはあまりありませんでした。

今後もこの感じで行っていただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 保育園に通ってる子供たちは、

年末からハナミズやセキを反復していましたが、

この年末年始のお休みでだいぶ良くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年その傾向はありますが、

今年とくにその印象が強いのは、

お正月に外出や旅行、移動をした家族が少ないせいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、また保育園は始まりますが、

緊急事態宣言が出て、自粛ムードが高まれば、

少なくとも普通の風邪に関しては

今期は過去最低レベルになるような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.01.04

ギョーザ

 年末年始のお休みも今日で終わり。

明日、1月5日が仕事始めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰省していた子供たちも都会に戻り、

この状況で心配ではありますが、じゅうぶん対策はしているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨夜は、息子が最後なのでギョーザを焼きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 宇都宮みんみんの冷凍餃子。

どっちかというと、正嗣派なんですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一気に30個イクゼ。

ちなみに我が家では餃子を焼くのはワタシの仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 多少、崩れたが、まあ、ナントカ・・・・(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、明日からガンバルゾ。

 

 

1件のコメント
2021.01.03

初詣2021

 毎年初詣は元日に明治神宮。

これはもう26年間変わらず、であったが、

今年は新型コロナウイルスのため見合わせることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、ひょんなことから1月3日に初詣をしちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 30日から帰省していた娘が1月4日から仕事、ということで

クルマでアパートまで送っていくことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その東京の住まいが明治神宮からわずか4キロ足らずにあるので、

娘を送り届けたあと、せっかくだから明治神宮へ寄っていこう、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 正月も3日になればもう空いているだろうという予想もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、あまり人がいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは去年の守札を返納。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年はコロナから守っていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでは、参りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 参道を進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、なにやら参道にオレンジのゴムのようなものが並んで埋められています。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレは、何だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほど、そういうことですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが立ち止まることなく神門の前までは進むことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで、しばし待つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 警察の指示が出るまで、ラインの上で待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして本殿へ。

思ったより混んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ココでも1メートル間隔で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1列ずつ進むので最前列までけっこう時間がかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 参拝を終えてホッと一息。

こうしてみると列がきちんと整っているのが、さすが日本人。

予想外の人混みに、来たことを一瞬後悔しましたが、

まあ、屋外だし、みんな距離をとってマスクして黙ってるので、

この程度ならば感染の恐れはまずないでしょう。

もともと明治神宮では、参拝は一方通行なので、

帰りの人とのすれ違いもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お守りとか破魔矢などの「物販」は普段はこの場所だが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は蜜を避けるため、別の広場に移動。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここなら広いから問題なさそうです。

例年のごとく守札と土鈴を買って帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 良い年になりますように、との思いは、

今年は字面だけでなく、

誰しもが真剣に思うとこでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、昨年の子年から、土鈴はこのボール型になったみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、ウシというより、タコか、ミカンか・・・・・。

ともかく、今年一年よろしく頼みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.01.01

2021年、元旦

 2021年、明けましておめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年恒例の「初日の出を拝む会」は、

今年は、中止が発表されていました。

撮影12月31日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、元旦の朝のお散歩。

ちょうど山頂で日が出たころ家を出ましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、初日の出を拝みに来た人がだいぶいたようです。

ぞろぞろ降りてきます。

まあ、太陽は勝手に上るし、

政治家の挨拶なんかないほうがうるさくなくて良いし。

初日の出見るのは勝手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近くの(別の)お寺の駐車場も近県ナンバーのクルマでイッパイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とか言ううちに、山の下でも初日の出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近のお散歩コースは、

もはやレディアが石段を登れなくなったため、神社には登らず、

旧西小学校までの周回コース。

ここの駐車場も満車。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、いつもと違うなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、このあたりで初ウ〇コを無事出してメデタシ。

ああ、スッキリ。

1年の計は元旦にあり。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 初日に向かって帰路につきます。

帰り道は軽快♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おせち料理をいただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レディアのおせち。

ってか、いつものドッグフードはもう食べたのでデザートですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お正月なので、一応家族全員で食卓につきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年はどんな年になるのでしょうか。

良い年になりますように、という言葉が、

普段の年のお正月に比べて、より現実味を帯びて響きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.31

2020年大みそか

間違いなく歴史に残る年になるであろう2020年も

大みそかを迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の年越しそばはこちらにい邪魔しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンド仲間のヒトシさんのご実家です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鴨汁そば美味かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあとは、ここにケーキをとりに行く用があったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パティスリーホリは「C5-dips」のベース、ホリさんのお店、

超人気のケーキ屋さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスケーキ、

ムリ言って家族がそろう年末に作っていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メリークリスマス&ハッピーニューイヤーということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年こそは良い年になりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も1年間で367本の記事をこのブログにアップすることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来であれば華やかだったオリンピックイヤーを

回顧するはずだった大みそかの記事ですが、

今日の感染者は東京で1300人を越え、

日本全国でも4000人を越え過去最高。

来年もどうなるのか、まだ出口の見えない状況です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、正しい情報を集めながら、

冷静さを失わずに行動し、

この危機を乗り越えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年の大みそかには明るい話題が書けますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今年も大変なこともいっぱいあったけど、

楽しいこともそれなりに多かったと思います。

コロナ禍にあってかえって深まった人とののきずなや

家族のありがたみもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、良いお年を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.30

2020年仕事納め

12月30日の午前中で、今年も外来診療はおしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年のブログを見ると2019年12月30日は

半日で120人余りの来院とあるが、

今年は、60人台で、やはりコロナ禍で外来ほぼ半減、

ということになってるようです。

先行き不安です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久々に子供たちも帰ってきて、

お昼は、恒例の泰鵬で「打ち上げ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年のシメはチャーハン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2020年を回顧しつつ頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、ホームセンターに行きお正月のお飾りを。

1割引きになっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来年は丑年ですね。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.12.26

年内診療は30日午前中まで、年明けは1月5日からです。

 悪夢の(!)2020年もいよいよ残すところあとわずか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院の診療は例年通り年末は30日の午前中まで。

年明けは1月5日からの診療開始です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例年のような大混雑ぶりはない代わりに、

新型コロナウイルスの人もいるかもしれないという

恐怖感に脅かされつつ外来診療を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日も38℃以上の発熱の20代の女性が新患でかかり、

新型コロナウイルス関連との接触歴はないということでしたが、

それでも緊張して診察をしましたが、

口腔内所見を診ると、

両側の扁桃腺に白い膿がベタベタ。

本人はのどの痛みはあまりない、と言ってましたが、

一見して明らかな扁桃炎の所見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホッとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 頸部リンパ節もゴロゴロ腫れていて、

診察の結果、診断はEBウイルス感染による伝染性単核球症。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、やっぱり発熱患者のオンライン診療はムリだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ