ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.04.15

10年タイマー

 10日ほど前から、お風呂の給湯器のリモコンが

888の数字を点滅し始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんだ、故障か?

と思いましたが、調べてみると10年目点検のアラートらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 設置後10年たつと、一度安全点検を受けましょうという意味で、

この数字が点滅するのだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 設置の時に説明があったかもしれないが、

妻もワタシも記憶の片隅にもなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 取り扱い説明書なんかもどっかいっちゃってたのですが、

こういうときインターネットは便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メーカーに連絡をして、点検を予約しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、昨日無事点検を受け、

問題なし、ということになったのですが、

1万1000円かかりました。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても10年タイマーってスゲエな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べてみるとたしかに2011年の4月に

風呂釜を新しくしたことがブログの記事にありました。

しゃべる風呂釜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この日付が2011年4月26日火曜日で、

直ったのが先週末とあるから4月24日とかそこいらへん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この月のブログを見ると、

ちょうど妻が北海道で1回目の股関節の手術で入院中。

あれから10年たつのですね。

その後反対側も手術して、

おかげ様で今では歩行は何の問題もないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他には、その年の3月に起きた東日本大震災のことや、

キャンディーズのスーちゃんが亡くなった、

などという記事がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、スーちゃんも亡くなって10年なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、このタイマーはいつからカウントして10年なんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 給湯器に時計はついてるけど、

雷とかで停電してそのまま時刻合わせしないときもけっこうあったし、

そもそも設置から丸10年まではまだ半月ほど早かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時計とは別に内蔵されたタイマーなのか、

すると開始は工場出荷時なのか、

それとも・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、風呂釜のおかげで

10年前の4月を振りかえることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、今後はどうか、ということですが、

タイマーとは別に何かカウンターみたいなものが内蔵されてて

給湯器の使用回数がある数値を超えると、

今度は消耗部品の交換修理になるそうだ。

いろいろ、念が入ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度は888の次で777が点滅するのだろうか。

そして、その次、悪魔の数字666が点滅すると、

いよいよ最期のときとか・・・(;゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.11

流感を知らない子供たち

昨夜はNHKで放送されたドラマ「流行感冒」を見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは1918年8月から1919年7月にかけての

わが国でのスペイン風邪の第1波の大流行をうけて

志賀直哉が1919年4月に発表した小説のドラマ化だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、当時の日本でのスペイン風邪に対する出来事と

今の新型コロナウイルスのパンデミックと対比させて見てもらおう、

という意図のもと企画されたドラマでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1919年といえば、大正8年。

実はうちの父は大正8年1月3日生まれだったので、

すごいときに生まれてたんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマはなかなか面白かったですが、

新型コロナウイルスの流行あってこその面白さともいえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、新型コロナの流行がなかったら、

あー、昔は検査キットもタミフルがなくてタイヘンだったなあ、

という感想だったかもしれぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、過去の文学作品の中のスペイン風邪という件では、

ちょっと前にこんな本も読みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはやはり明治、大正、昭和の文豪菊池寛が

当時のスペイン風邪を題材に1920年7月に発表した小説です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主人公は恰幅はいいが内臓が弱く、

流感にかかったら死んでしまう、

と医者に言われた作家ですが、

おそらく菊池寛本人のことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小説の舞台は

5月に市俄古(シカゴ)の野球団が来て早稲田と試合をした、

と書いてあるので、

調べるとやはり志賀直哉と同じく1919年、大正8年の東京です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2つの作品を合わせると、

当時のスペイン風邪に対する日本国民の受け止め方が

立体的に見えてきて大変興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、どちらも病気の名前については

スペイン風邪ともインフルエンザともよばず

「流感」となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「流感」とは「流行性感冒」の略で、

当時インフルエンザはこう呼ばれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに志賀直哉の方のタイトルは「流行感冒」ですが、

これは作家が意図的にこう表記したか、

勘違いした変わりませんが、

「流行性感冒」が正しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、今は使いませんが、

ワタシが小学生くらいの時分にはたしかに

「流行性感冒」「流感」という言葉を使っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつからインフルエンザになったのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、インフルエンザという言葉もあったので

予防接種は「インフルエンザの予防接種」だったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その一方、1968年に従来のH1N1型から新たに流行した

H3N2型の新型インフルエンザは

「新型インフルエンザ」ではなく

「香港風邪」と呼ばれたのを覚えています。

ワタシが小学校3年生の時でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1977年から1978年にかけて大流行したH1N1は

ソ連風邪と呼ばれていました。

でもこのころは(インフルエンザ)Aソ連型、

という名称も良く使われたような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このころからか

インフルエンザは風邪では無い、区別しよう、

という動きがすこしずつ出てきたとみられ、

「流行性感冒」の名称が使われなくなったのかもしれません。

ちなみに1974年出版の小松左京氏の「復活の日」では

「流感」という言葉がまだ使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらにネットで検索していると

2010年前後に書かれた記事で、

「今ではインフルエンザとフルネームで呼びますが、

そのうち「インフル」などと略されてしまうかもしれませんね」

などと書いてあるのを発見しました。

ことばウラ・オモテ」(2009年)

死語(164)流感」(2012年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今やもう「インフル」が普通ですね。

言葉の移り変わりのスピードは昔より早くなってるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて現在の「新型コロナウイルス」、

5年後、10年後には何て呼ばれてるんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リンクを引いたNHKのコラムでは

当時の新語「ドメスティック・バイオレンス」が

将来的に「ドメバイ」と呼ばれるか、

という議論が書いてありますが、

これは今はこの時は予想もされなかった「DV」になっていますね。

だから「新コロ」にはならないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.10

ウチワ会食

 あー、なんて政治家ってバカなんだろう。

県が「うちわ会食」呼び掛け まん延防止対象地域の飲食店に32万本配布へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「うちわ会食」というから、

他人ではなく「内輪」だけの会食かと思ったが

なんと「団扇」とは・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フェイスシールドだってダメなんだから、

うちわで感染が防げる分けないじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなモノに税金使う間があったら、補助金にまわせよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひょっとしてうちわの表には

日の丸と五輪マークで「成功させよう東京オリンピック」

そして裏面は真っ赤な「コカ・コーラの広告」

だったりして・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.09

生きた化石

 新学期が始まり、学校検診のシーズンも始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年は新型コロナウイルスの影響で、

学校検診は延期になり、秋に行ったが、

新型コロナウイルスは子供には感染しにくい、

との研究結果を踏まえて、

今年度はどの学校も対策を取りつつ

春から通常どおり健診を行う予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 学校検診シーズンの皮切りは例年通り足利高校。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間の山火事では、この近くまで火の手が押し寄せ、

我が母校も危ないところでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 母校の校医を引き受けて早や四半世紀。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん学生は3年で卒業だが、

教員も転出や退職があります。

この25年間に校長先生はもう何代かわったかわからないし、

事務職等の職員もおそらくすっかり入れ替わっており、

他の科の校医も代替わりしたので、

ワタシが最も長くこの学校に携わっているのは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利高校が男子校なのは今年度まで。

来年度からは足利女子高と合併することになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずはこちらに足女からの生徒が来たあと、

足利女子高の校舎を取り壊し、そこに新校舎を建てる

という段取りのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 合併後も校医をやることになっているので、

ますます、オレは長老ってことになっちまうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日、検診の手伝いをしてくれた足利高校の先生は、

年齢的にはおそらく20~30代のようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それがなんか、先生なんだけど

すごく若く、学生みたいな印象を受けたのですが

そう感じたのはは自分がジジイになったからだと気づいて、

少なからずショックを覚えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この校舎はワタシが在学中からのものなのですが、

これも数年で取り壊されることになるわけで、

するとオレもいよいよ歴史の生き証人っちゅうか

生きた化石みたいな存在になっちまう・・・(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.08

第4波

大阪を中心に

第4波といわれる新型コロナウイルスの感染拡大が

止まりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大阪など、都会の繁華街の人出はどんな感じなんでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシなどは普段も外食はほぼなく、あっても家族だけ。

先週ライブがあったとはいえ、

その時も飲食、打ち上げは無し。

スーパーに食材を買いに出るのと

スイミングプールに通う以外は

ほとんど外に出ず、街の状況などもわからないですが、

そもそも足利は田舎なので人がいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういう時、田舎は強い。( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このウイルス、健康で無症状の人でも感染力があるので、

感染の広がりはヒトヒト間の飛沫およびエアロゾルであることは

ここまでの調査でほぼ間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連日数百人の新規陽性者が出る大阪や神戸の

陽性者の感染経路を統計的に発表することはできないのでしょうか。

居酒屋何%、カラオケ店何%、レストラン何%、野外のお花見何%

会社内何%、家庭内何%・・・・とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大雑把な数字でもわかれば

人々は何に気をつければいいのかが

わかるような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、厚労省や都や県のお役人が

ためらいもなく大人数での送別会、歓送迎会をしてるのには

あきれるばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくに

「厚労省の職員23人が深夜まで宴会」

というニュースがありましたが

その数日後、

「厚労省で新型コロナウイルスの陽性者複数。

宴会に出席していた職員が含まれるかは不明。」

というニュース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 宴会に出た人がわかってるんだから

いくらなんでも不明、ってことはないだろう。(# ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、国民のだれもが思っていたが、

今日になり

「感染者のうち3人は先の宴会に出席していた」

との報道がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初からわかっていたはずですが、

隠しきれると思ったのか。

開いた口が塞がらないとはまさにこのことですが、

こういう隠ぺい体質が、

ますます国民の不信感を招きますね。

(隠蔽のぺいは常用漢字ではない?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても競泳の池江璃花子選手のオリンピック内定で、

ちょっと盛り上がりかけているオリンピックまで、

もうあと100日なんですが・・・。

果たしてこのあとどうなるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現時点では開催は難しいのでは、と思いますが、

今回の池江さんの奇跡の復活が、

逆にオリンピックの強行開催に利用されなければいいな、

と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本国内のワクチン接種も遅れている現状で、

このペースでは感染の収束にはまだ程遠いような印象ですし

なんかブラジルとか、海外の様子もかなり大変そうです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.07

オムライス

フライパンを新調してチャーハンやドライカレー、

炒めご飯にハマっていましたが、

どうしてもうまくいかないのがオムライス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一回目、チキンライスがはみ出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2回目、卵が破れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3回目、卵の両面を焼いてご飯にのせて

回りを手で巻き込んだ。

巻いてないけど、まあ、見た目は成功。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 要するにご飯大盛りをやめさえすれば

もっと簡単にきれいにできるんだけど、

それがなかなかできず。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、はみ出そうが、破れようが、

味は一緒、なんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.04

2021年の桜を愛でる

2年目のコロナ下の桜も、

満開になり、また散っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間、3月31日水曜日は、ちょうど桜が満開。

午後が休診なので、午前の診察終了後、

帰省中の息子を含め3人で織姫山に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、花より団子、ということで腹ごしらえ。

昼食は神社下にある「蕎遊庵」。

桜のシーズンなので平日ですが2,3組並んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外のベンチで待っていると、

はらはらと散った花びらが、ジーンズに落ちていとおかし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

席につくと、窓から満開の桜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜のむこうに渡良瀬橋を臨みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなので季節のおそばをいただきます。

よもぎ切り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに春の萌木色。

キレイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして漂う春の香り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つるつるつるつる・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のど越しもサイコーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてこちらは桜切り。

色がスバラシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも春の香り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご馳走様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てなわけで、春の味覚を満喫して神社へ。

以前は毎日来ていたけれど、最近レディアは石段が登れないので

ここに来るのは久しぶり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おや、去年まではここに桜の木があったのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら老木になったため切られてしまったらしい。

切り株は固められ、傍らに若木が植えられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 山頂の駐車場に行くと、また見事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このあたりの桜は山頂付近の公園が整備された

1980年前後に植えられたものなので、まだ元気が良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシがガキの頃はここは何もなく、

古墳のあとと思われる洞穴は放り込まれたゴミや空き缶でいっぱいでした。

この昭和53年ころからの大掛かりな工事で公園として整備されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なのでこの桜は樹齢がまだ4~50年でしょう。

前に立ってる人よりだいぶ若い。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、今年はこんなに早く桜が満開になるとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 遠くで聞こえるチェーンソーの音はこの間の山火事の後片付けか。

火の手はこの近くまで及んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この桜の木が燃えちゃわなくて、ホントにヨカッタですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.01

センバツ高校野球決勝

 今日4月1日はエイプリルフールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今日甲子園球場で決勝戦が行われた

春のセンバツ高校野球では、

神奈川県の東海大相撲が、大分の明豊を

3x-2のサヨナラで下し

優勝しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東海大相撲は甲子園の名門で、

甲子園では春夏5度目の優勝となり、

神奈川の横浜、愛知の東邦並び3位の記録だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ここまでで何か気づいた方はいらっしゃるでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、ワタシが

普段全く関心のない高校野球の記事を書くのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はエイプリルフールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう一度、最初から読み直してみると、すべて

「東海大相模」(とうかいだいさがみ)ではなく

「東海大相撲」(とうかいおおずもう)と、なっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初から気づいた方はエライ。

もしいらっしゃいましたら、

ぜひ、コメント欄にご一報ください。

賞品は出ませんが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにGoogleで「東海大相撲」と入れて検索すると、

修正されて「東海大相模」の記事が出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自動的に修正されているのか

「東海大相撲」という単語がないので

類似検索をしてるのかワカリマセンが、

Googleはその時々で検索の多い語句を順にヒットさせますので、

もし、甲子園の時期ではなく

大相撲開催の時期に検索すると別の結果が出るのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、この記事を読んだ方は

明日の新聞の見出しを見ると

「東海大相模」が「とうかいおおずもう」と読めてしまうかも。😀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.31

ハンプバック

サクラは満開を過ぎ、少しずつ散り始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ3月というのに今年は早いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、歳のせいで

最近はめっきり腰がまがってしまったレディア。

イヌの16歳は、人間でいえば96,7歳くらいらしいが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方妻が散歩しているときには、

いろいろ声かけられるそうで、

あるカフェではいつもウインドウ越しに見えるレディアの姿から

「猫背ちゃん」と呼ばれてるそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヌなのにネコ背とは、というところだが、

なんとこの間は散歩中のオジサンに

「連れているのはヤギですか?」

と尋ねられたそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくらなんでも、ヤギってことはないだろう。

と思いながらもツノと首に鈴でも付けてコスプレしたろうか、

なんて思ったりして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにワタシが似てるなーと思うシルエットは

「パラサウロロフス」です。

このコスプレも悪くない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 🐕ほっとけ💢。

 

 

コメントはまだありません
2021.03.30

新型コロナウイルスワクチンのその後

日曜日に注射を受けたときは、

お、筋注って痛くない(^^♪

と喜んでましたが、

よく朝起きたら事情が変わっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 目が覚めて、布団の中で肩が痛い。

寝返り打ったら痛くて目が覚めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 痛みの性質はまさに筋肉痛。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに上腕を外転させると痛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外転とは医学用語で上腕を側面から上方にあげる運動を指します。

要するに痛くて腕が上がらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 看護師さんの国家試験問題。

上腕を外転させる筋肉はどれか。

  • 1. 大胸筋
  • 2. 三角筋
  • 3. 上腕二頭筋
  • 4. 上腕三頭筋

解答

 ✖ 1. 大胸筋
 〇 2. 三角筋
 ✖ 3. 上腕二頭筋
 ✖ 4. 上腕三頭筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おー、たしかに三角筋に注射されてるのだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 訊いてみるとスタッフもみな同じ症状。

発熱や倦怠感を感じた人はいませんでした。

ワタシも筋肉痛以外は全く無症状。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに痛いけれど、痛みがある方が、

イメージ的には正しくワクチンが注入されて、

筋細胞がメッセンジャーRNAを読み取ってるんだな、

やがてスパイクタンパクが合成されて、

そしてそれを樹状細胞が検知して、

・・・などと言う段取りが体の中で進行してる感じがして、

むしろ頼もしい。( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 接種翌日夜まで痛く、

夜のスイミングはちょっと苦労しましたが、

今朝起きたら、もう、ほとんど痛みはなくなっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタッフも一様に、同じ展開だったので、

たぶんこれが普通の流れのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ