ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.06.29

尻ポケット

 金曜日にちょっとした飲み会があり、

サイフとともにスマホを

ジーパンの尻ポケットに入れて出かけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これまでの季節ならば、

ジャケットや革ジャン着ていたので、

スマホ入れるところがあったのですが、

シャツ1枚になると、収納場所が、ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの一件以降、車に乗るときは

必ず尻ポケットから出すようにしてたのですが、

今回、飲み会なので落としたりなくしたりしないように、

ということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 居酒屋が、座敷だったのが、マズかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、画面が見えなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何回も再起動したがダメで、

電子機器は冷やすといい、と聞いたもので冷蔵庫に入れたりもしたが、

復活せず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、もう修理もなんだから、

この際、新しいスマホに買い替えようかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 土曜日はライブがあったので、

日曜日に携帯ショップに行くことにしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 んで、土曜日のライブの時、

尻ポケットで曲がったのが原因ならば、

逆向きに曲げれば直るのでは?

という考えのもと、試してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうせ壊れても買い替えだし、ということで。

反っているのと反対向きに尻ポケットに入れておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、‥‥‥‥治った!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお、これは今度はそっとして、

と、胸ポケットに入れたら、また見えなくなった。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ならば、とまた、向きに気をつけて尻ポケットに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 復活!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう、わかったぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とりあえず、もうちょっと、このスマホを使うことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたところによると、このiPhone6は、

曲がりやすいので有名、らしいです。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.20

政治とカネ

 買収による票の取りまとめを行った、

ということで議員さん夫婦が逮捕されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2500万円も使った、ってすげえなあと思いましたが、

ちょっと昔は、そんなことが当然のごとく横行していたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その辺は表には出ないが「暗黙の了解」というヤツで、

半ば公然と金銭のやり取りはあったようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 俗に言う選挙に必要な「カンバン」「ジバン」「カバン」のうち

「カバン」は資金力であるが、

宣伝費などのほかに「実弾」といわれる

買収のための現金のことを指す場合も多く、

そういった慣習は、今も田舎の選挙ではあるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、関西電力の役員らが、

原子力発電所がらみで福井県の市長だか助役だかから、

多額の金品を受け取っていた問題もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1,2年前、東京医大の裏口入学が問題になりましたが、

私立大学医学部の寄付金による裏口入学は、

少なくともワレワレが大学を受験したころは当然のことだったようで、

偏差値と入学金は反比例する、などといわれたものです。

今は昔ほどではないにしろ、

それなりに地下ルートはあるんでしょうねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、東京医大の一件の時、

身に覚えのあるお医者さん方は、

ニュースや新聞みるたびにドキドキしてたでしょうが、

今回も、身にいくばくかの覚えのある政治家の方は、

国会議員だけでなく、県会議員にしろ、市会議員にしろ

こっちまで火の粉が飛んできませんように、

と、日々念じているに違いない。

その話になると、何とか別の話に話題を変えようとしたり‥‥、(^.^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.19

今年度の学校検診

 通常学校検診は、6月中旬までに終わることになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というのは、文科省の指導で「プールの授業が始まる前までに」

ということが定められているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、今年は新型コロナウイルスの影響で、

4月、5月は休校だったため、検診ができず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6月から学校再開しましたが、

プールの授業がないので、

8月末から9月頃にする予定になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日6月18日は足利特別支援学校の検診でしたが、

これは、コロナ前から予定されていた日程。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後の検診日程だったのが、

その前はすべて延期になったが、これだけ生き残ったので、

今年度最初の検診になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうちょっと後でもいいかなと思ったのですが、

学校側がやってくださいとのことなので、

行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特別支援学校は病院と併設されてるため、

病棟に入院している在校生もあり、

病棟に往診しての検診もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな時期なので、まず病棟の入り口で検温して、

平熱であることを確認してから、

病棟の入り口を開けてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふだんはベッドサイドを回診するのですが、

今年は面会室まで車椅子やストレッチャーで

出向いてもらいの診察でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、あとは8月以降だが、

くそ暑い時期に、ドロドロに汗かいた小学生の検診するのは

今から、気が進まないなあ。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.13

新型コロナウイルスと日本人

新型コロナウイルスについては緊急事態宣言が取り下げられ、

東京アラートも解除されて、徐々に規制緩和が進む動きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本では感染者数が17292人、死亡者数が920人。

人口100万人当たりの感染者数は137人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを海外と比べると

アメリカの感染者206万人、死者11万5000人人、100万人当たり6259人

ブラジルの感染者80.5万人、死者4万1000人、100万人当たり3912人

イギリスの感染者29万人、死者4万1000人、100万人当たり4386人

スペインの感染者24万人、死者2万7000人、100万人当たり5153人

イタリアの感染者23.6万人、死者3万4000人、100万人当たり3920人

に比べて、ダントツに少ない。

ドイツにしても感染者18.6万人、死者8851人、100万人当たり2247人、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国が感染者1.2万人、死者276人、100万人当たり231人、

中国が感染者8.3万人、死者4634人、100万人当たり59人、

中国は人口がべらぼうなので100万人当たりでは少なく出ますが、

それでもヨーロッパ、アメリカ大陸と比べ

少ない印象です。

もっとも、中国は偽装、隠ぺいしてる可能性がありますが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも、靴を脱ぐ国は少ないのかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本は、ご存知のように家に上がるときには

靴を脱ぐ国です。

韓国も、そうみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、もちろん、それだけではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカやブラジルを見ていると、

低所得層の集合住宅や人口密集地域で、

爆発的な感染が起きているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すなわち、所得と平均寿命には正の相関がある。

また、所得と学校教育の年数にも正の相関がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっきょく、ヒトからヒトにうつる病気ですから

人口密集地はリスクが大きく、

おそらく、そういったところに住む人々は、

感染症に対する、知識や対応が非常に劣っていると思います。

また、清潔な環境や、手指消毒ができていない

ということも大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカなど大金持ちも多いので、

平均してしまうと目立ちませんが、

アメリカ合衆国やブラジルには極端な貧困層があり、

また彼らの教育年数も少なく教養も低い。

すると、十分な医療を受ける経済的余裕もないが、

感染症に対して身を守る知識も乏しい人たちが、

密集して生活しているところに、

新型コロナウイルスが侵入したときに、

感染爆発が起きてしまった、ということはじゅうぶんに考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パンデミックを阻止する大きな要因は、

感染症に対する知識と意識、そして受け皿としての医療体制です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく感染が拡大した諸外国では、

日本人ほどの知識や意識のない人々を中心に拡大したと考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それに対し、小中学校が義務教育化され

識字率は世界最高の100%で、上級学校への進学率も高く、

ルールやマナーを守り、団体の調和を美徳とする慣習があり、

上下水道を含めた整った衛生環境と、清潔好きな国民性、

国民皆保険による高いレベルの医療制度を持っていたことで

我が国の感染者数、死亡者数が少なく抑えられていた、

ということが推測されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 警察や、軍による強制、法的拘束でなくて、

政府、地方自治体の要請による自主的対応で、

この難局を乗り切りつつあることは、

日本人として、おおいに誇りに思うところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自粛要請の中、パチンコ屋に行っちゃうような

しょうもないヒトビトも中にはいますが、

少なくとも混乱に乗じて破壊や略奪を行うような

日本人は考えられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本、いい国じゃん。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.11

スカッと梅雨入り。

 昨日まで、いや、午前中までは晴れていたのだが、

本日、昼過ぎから、急に梅雨に入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつも梅雨入りってなんとなく入って、

気象予報士の人も、いつから梅雨に入りますか、

などというキャスターの質問にも

言葉を濁すことが多いのですが、

今回は今週初めの高瀬アナウンサーの質問に、

気象予報士の檜山さんが即答していたから、

それなりに自信があったのでしょうが、

なるほど、スカッと梅雨入りしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これでは、LIFEの「梅雨入り坊や」もいらないな、

という感じですガ、

振り返ってみると、昨年も梅雨入りはハッキリしていたみたい。

雨季にウキウキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 梅雨入りしたら、考えることは梅雨明けですが、

今年は、コロナウイルスの影響で、

フジロックも、サマソニもない、

おおた夏まつりライブも、

足利の七夕祭りも花火大会もない、

というので、梅雨明けのイメージが今一つ浮かびません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、新型コロナウイルスの自粛が

少しずつ解除されていくのを楽しみながら、

夏を待ちますか。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.06.10

PCR検査

 緊急事態宣言が解除され、

徐々に日常が戻りつつある今日この頃ですが、

外来患者さんは少なく、ドヒマですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このままでは経営が、ヤバイなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、もう辞めちゃう、という手もあるけど、

まだ、なかなかそうもいかず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6月はボーナス月なので、これを何とかせねば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 患者さん少ないけど、大したことないヒトを

延々通院させるわけにもいかないし。

(たまに、そんな病院みますけど・・・。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、安足保健センターから、

新型コロナウイルスのPCR検査の医師募集のお知らせが来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 場所は非公開ですが屋外のプレハブで、

防護服着てウォークスルーで鼻に綿棒突っ込む役らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボランティアではないのでバイト料が出るらしい。

たいした報酬ではないでしょうが、

生活費を稼ぎに行ってみることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というより、どうせ外来ヒマなので、

どんなもんかな、という好奇心と、

ブログネタになるな、という

下心の方が強かったりして。

 

 

 

 

 

1件のコメント
2020.06.09

微熱老人

 2月に、再検査不合格となった、

ワタシの胸部陰影。

今回、再々検査に臨みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回の反省を生かし、

この3か月間いわゆる「マクロライド少量長期療法」を

行い、万全を期しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの診断では、慢性副鼻腔炎に伴う

副鼻腔気管支症候群が、胸部陰影の原因と考え、

自ら処方した薬を3か月間内服。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果、胸部陰影消失!(^^)v

無罪放免の運びとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それはそれでOKなんですが、

今回ちょっとしたトラブルが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日赤は今、新型コロナウイルス対策のため、

来院者全員に検温をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入り口のところに「関所」があって、

フェイスシールドをした看護師さんがオデコにピッとやるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシ、もともと平熱が36.7℃くらいなので、

ヤバいなあ、と思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、受診日は日中30℃を軽く超える真夏日で、

12時ちょっと前に駐車場から炎天下を歩いて玄関までの間に

オデコじりじり照り付けられ、皮膚温が上昇してるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 案の定、看護師さんは何回も検温を繰り返し

ピッ、ピッとやったが、37.5℃あったらしくアウト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと冷ましましょう、と1分ほど時間を置いたら、

37.4℃になり、なんとか「関所」を通してもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間、スイミングに行ったときも

時間ギリギリになり、走って受付に駆けこんだら

体温37.3℃で危ないところでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以後、スイミングの時は駐車場でクルマを降りたら、

決して走らず、深呼吸をしながら、

帽子を少し上げて夜風でオデコを冷やしながら

受付に向かうことにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさか、ここにきて

平熱が高いことで苦労することになるとは

思いもよらなかった。

人生、何があるかわかりませんねー。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.05.25

ようやく資材が届きだしましたが・・・

 一時、品薄だったマスクもこのところだいぶ出回るようになりました。

そんななか、足利商工会議所から、マスクが届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 別に病院だから、ということではなく

年会費を払っている事業所宛で届いたようですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バリバリ中国製。

品質合格がかえって怪しかったりして・・・・。

でも、用途にウイルス予防と書いてないところは

信用できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、マスクはとりあえず助かります。

10枚ですが・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利医師会より、透明ビニールシートも供与され、

一応、受付に貼ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、消毒薬も届きましたが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ん、これは、ヒビテン?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 消毒薬は、ウイルスや細菌の種類によって

効く効かないがありますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えーと、残念ながら主成分の「グルコン酸クロルヘキシジン」は

コロナウイルスのような

エンベロープを持つタイプのウイルスには無効だったような・・・。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
2020.05.24

ワタシの健康を祈るのは・・・

 さてなんだかんだで、5月ももうすぐ終わり。

5月は、ワタシの誕生月。

誕生日13日の少し前、

ワタシ宛に郵送でプレゼント?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 贈り主は生命保険会社。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、使い捨てマスク2枚。(@_@。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つい半月前だが、この当時は、まだ、マスクは品薄で入手困難でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほど、ワタシが新型コロナウイルスに罹って入院でもすれば、

保険金を払わなくてはいけない、

保険会社にとっては損失だからなあ。

だから、心から、健康を祈ってくれるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.05.22

スイミング再開

 4月20日に休館になってから約1か月。

緊急事態宣言の解除を受けて、

先週土曜日からスイミングプールが営業を再開しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5月18日月曜日、夜自由水泳に行ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 閉館前最後に泳いだのが、4月17日だったので、

ちょうど1か月のブランク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 年末年始や、学会、旅行などで1週間程度休んだことはあるが、

おそらくこの20年でこんなに泳がなかったことはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 果たして、泳げるのか、という不安も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、溺れずになんとか泳げましたし、

様子を見ながらでしたが、何とかメニューも

予定の1000メートルをこなすことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やれやれ、これでひと安心。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、タイムはだいぶ落ちており、

体力の回復には時間がかかるとは思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まてよ、よく考えれば、若いころとは違うので、

完全には体力は戻らないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、同じペースで続けていたとしても、

老化というのは確実に進むわけで、

体力は確実に落ちてゆく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の自分は、昨日の自分より

1日分は確実に劣化しているわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、せめてコロナ太りの体重を元に戻し、

ビールがおいしく飲めるようになれば、

それでいいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ