ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.05.08

動画祭だョ!全員集合

 新型コロナウイルスによって、ライブハウスが閉鎖され、

ミュージシャンはプロもアマも活動の機会を失っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インターネットを通じて、無観客ライブを配信、

などという動きは一部のライブハウスや

ミュージシャンたちによって行われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ザ・ローリング・ストーンズは

「You can’t always get what you want」

おお、これで来たか、なるほど、という感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、グリーンデイは

「Wake me up when September ends」

これも良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも多くのミュージシャンが、このTogether at homeに参加しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、そんな中、ワタシの周囲の音楽仲間も、

facebookを通じてネットでつながろうという活動をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ザ・ぐり☆スターズ」のぐりちゃんが立ち上げた

動画祭だョ!全員集合」という企画もその一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎週土曜日の8時から、対バンでお友達になっているバンド仲間が、

プライベートで動画を作って配信する、というもの。

今週で第4回ですが、今週はワタシこと「ロックな耳鼻科」も出演します。

 

 

 

 

 

 

 

facebookをやってなくても

Youtubeからでも見られますので、

ご興味のある方、ヒマな方はぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.04.12

30周年

 ワレワレが結婚したのは1990年の4月14日だから、

今年で、30年になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3日早いけど、週末に食事に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスで外出は自粛ですが、

半個室のここならば、クラスターのおそれはないかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 30年間、ということは

ワタシの方は結婚後の年数が独身時代と同じになった、

ということになります。

彼女の方はすでに、逆転している、ということですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつもながらの美味しいお料理。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、お店の方からお祝いのメッセージも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勤務医時代から、開業、子育て、入院、手術、

・・・・・他にもいろいろ、

何とか、人生の荒波を乗り越えてここまで来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 仲良くやってこられて良かったです。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 健康に気をつけて、また、がんばりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.06

イベント延期

 まさかライブハウスと屋形船とスポーツジムが同じ括りで登場するとは思わなかったが、

ここ最近の「グループ分け」では、これらはまとめて「危険地帯」扱いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのあおりで、ワタシの周辺のライブイベントも

次々に中止になっていきましたが・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ついに開催延期です。😢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつもお世話になっている足利BBCの25周年を祝う2Dayイベント。

「北朝鮮飯店」と「C5-dips」のダブル出演を予定していたのですが、

残念ながら延期の運びになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、ワレワレは残念、で済みますが、

ライブハウス側にとっては、まさに経営上の死活問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一刻も早くこの問題が終結して、

また、みんなでライブが楽しめるようになりますように。

そして、ライブハウスのためにたくさんお客さんが来ますように。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.10

23rd SANO HEART ROCK FES (後篇)

 前篇から続きます。

 

 

 

 ワレワレの登場はほぼ定刻の17時35分。

一時押し気味であったが、女子高生バンドが持ち曲4曲のため、

結果的に若干の巻きになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間を守る、ということはフェスなどのイベントで大変重要なことで、

バンド・リーダーとしては最も気を使うところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、オープニングは「Rock’n Roll Star」から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お知り合いの皆様が最前列に来てくれて、大変やりやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「American Idiot」のレスポンスもアリガタイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一番最初に出たころは、知らない人ばかりだったが、

こうしてバンドを通じてお友達が増えてシアワセです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 16歳、女子高生と同じステージに立つ還暦ロッカー。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 弟も58歳。

仲良く演ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホールのステージは広くて好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 遊び甲斐がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先週風邪気味だったけど、持ち直しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 皆さん、アリガトウ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は「(I Can’t Get No)Satisfaction」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場の時計を見ながら時間内おさまるように尺を調整。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後にお約束の、ジャンプ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「満足」しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 演奏終わってホッとして、次のバンドをみます。

「Another Lily」。

ギター、ベース、ドラムの3ピースなのですが、キーボード、ピアノの音が出てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オジサンにはどんな仕組みかワカラナイ。

曲間に黙って全員でチューニング始めちゃうのも今風か・・・(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、お次は今日のもう一つのお楽しみ。

「マゾミキ」こと「Masochistic Miki Band」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ココも、ノリピーズと並んで選曲がツボです。

往年のロックの名曲が目白押し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 くわえて、ボーカルのミキさんはじめ、手練れぞろい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サポートギターのこの方は

「ギターマガジン」主催のアマチュアギタリストコンテストで

連続優勝の超テクニシャンだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キーボードをワイヤレスにしていた理由はこれだったか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて大トリ、11バンド目は「AXxxxCEL」。

「コンプレックス」のコピーバンド。

たしかにギターは布袋さん入ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、長丁場でしたが、時間通りに終わったのがスバラシイ。

みんなで後片付けをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に星さんから発表。

昨年のボヤ騒動で、来年度は予約が取れなかったため、

2020年度はSANO HEARTROCK FESはお休みだそうです。

うーん、残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、またきっとここに集まりましょう。

今日は最高に楽しかったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おまけ。

「マゾミキ」のミキさんと、ダブルベロマーク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度は一緒にストーンズ、歌いましょう。

 

 

 

 

 

 

2件のコメント
2020.02.09

23rd SANO HEART ROCK FES (前篇)

2020年2月9日「SANO HEART ROCK FES」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回で23回を迎えます。スゴイね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集合は朝8時45分。

このところ暖冬であったが、急に寒波襲来。

早く、入りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、中もまだ冷えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恒例のお菓子コーナー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、焼き芋もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出演者がホールに集合、朝礼です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主宰の星さん。

義理と人情のハート・ロッカー。

今回は、女子高校生バンドもでるとあって、朝の挨拶は「校長先生」風でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

順次リハーサルを行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月のこのイベントでボヤ騒ぎがあったので、警備厳重になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、リハーサルも終わり、セッティングも決まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事に出ますが、周囲のレストランはどこも満席、順番待ち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、ここで昼食。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牛丼は裏切らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、カレーも良かったかなー。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13時開演。

トップバッターは、宇都宮の大物バンド「Linn」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナル曲ですが、イメージ的には

何となく「J・ガイルズ・バンド」を彷彿させるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりこういう「ケレン味」がロック・バンドには肝心だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては、もう「ケレン味」のカタマリのような、このバンドですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜワタシがバックステージにいるのかといえば、

順番で、このバンドの司会担当が回ってきたため。

良く知ってるバンドなので紹介はラクです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Power Puff Nori-P’s」。

相変わらずの素晴らしいステージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魅せるパフォーマンス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演奏力だけではこのステージに立つ資格はアリマセン。

てな意味のことを、星校長が朝の訓示で言っていた。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その意味では、模範的優等生のバンドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては「平成ウォークマン」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣で見ていた山本さんが、これは「星野源」ですね、といったが、

なるほど、腑に落ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ファッションもパフォーマンスも、

バンドや音楽に対する考え方も違うネクスト・ジェネレーションです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その次が話題の女子高生バンド「Delphinium」。

デルフィニウムは何かの元素名かと思いましたが、

どうやらお花の名前みたいですね。

最初は「リケジョ」なのかと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、どうしてどうして、立派なステージでした。

きっと、お父さんがバンドやってたんだろうなあ、と思ったら

あとで果たしてそうであったことが判明。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレワレの時代はバンド≒不良であり、

親や教師に隠れるようにしてバンドやってたものですが、

時代は変わりました。

それにしても、今、若者でバンドをやるのはほとんど女の子。

男子は主としてアコギで女々しい曲をやっているようで、

これも時代の流れのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて陰陽座のコピーバンド「九十九神」が出演しましたが、

ちょうどワレワレは受付当番だったため写真撮っていません。

facebookから拝借した写真で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてのバンドは「2BD・・・」

スイマセン、これも見てません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その次が「CRACK」。

吉川晃司のコピーバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「モニカ」やってました。( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次、出番なので、このバンドは、ソデから見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いよいよ「C5-dips」、出番です。

 

 

 

 

 

後篇に続く

 

 

 

 

 

1件のコメント
2020.02.06

「C5-dips」23rd SANO HEART ROCK FES 出演します。

 さて、今度の日曜日はコレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サノ・ハート・ロック・フェス、1年ぶりの出場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インフルエンザもひと段落し、新型コロナウイルスは不気味ですが、

スギの本格飛散はまだこのあと、のこの時期(どんな時期だ)

ぜひとも会場にお運びいただきたく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレの出番は17:40~となっていますが、

前後する場合もありますし、

他にも素晴らしいバンド盛りだくさんですんで、

是非ともお誘いあわせの上、時間に余裕をもってお越しください。

入場無料、なんか今回は入場プレゼントもあるらしい

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.01.14

2020年ライブ初めは「C5-dips」で「ミドルな匂い vol.13」

 

 昨日はこのイベント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 場所は大泉町文化むら。

足利からはわりと近い。

クルマで25分ほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝9時集合。

まずは朝礼。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんなで会場を設営します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リハーサルは逆リハ、ワレワレの出番は午後7時。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それと、受付当番があり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、トップバッターの「金井純一 with T」の演奏を途中まで聴いて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1時間の受付当番。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 演奏中の「P」氏の歌声がホールから漏れ聞こえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、受付業務から解放され、再び会場へ。

一杯くらい、飲んじゃうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「G3・フォーカー」は高校時代からの友人同士3人組。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アリス、かぐや姫、バンバンなど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いてはおなじみの「REAL」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このヒトの声はホントステキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ここから後半戦はロック色が強まります。

大好きな「Rusty Note」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このバンドと知り合いになったのはたしかこのイベント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回も一緒にマフラー、ぶん回しましたぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いてが「Franky」。

元プロシンガーのボブさん中心のブルース&ロックンロールバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サスガの貫録です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして「C5-dips」登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、諸般の事情でフルメンバーでの事前練習はゼロ。

当日リハも代理ドラマーでこなしたというありさま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも何とかできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場、よく見えなかったけど、

後方のお姉さん方はかなりノリノリで踊ってくれていたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回ギターは修理完了したばかりのレス・ポールStd.を使ってみましたが、

やはりこのギター、年寄りには重いなあ、肩こるわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、ミドルな匂いといいつつ、

もはや還暦。

成人式に対抗するミドルエイジのバンドフェスが、

年齢が、もはや新成人の3倍ぢゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、ワタシにとっては3度目の成人式のイベントでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大トリは「はまばん」。

このイベントの常連、大御所のステージで、大団円となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また全員でお片付けです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝から1日、お疲れ様でした。

来年もまた、出られるといいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくして、2020年も音楽活動再開。

次は1月25日のガニメデにピンで出る予定です。

今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.01.10

ミドルな匂いvol.13のお知らせ

 一昨年まで何回か出させていただいたこのイベント。

昨年は諸般の事情により、出演叶いませんでしたが、

また、今年「C5-dips」として出ることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと、成人式の裏イベント的に中年オヤジバンドが集う、

というのが、このイベントの趣旨でしたが、

ワタシ、昨年還暦を迎え、もはや「ミドルエイジ」ではない、

という状況になっておりますが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、そこは目をつぶって、是非とも皆さまにも足を運んでいただきたく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、昨年まで行われていた太田市メイポールではなく、

大泉町の文化むら小ホールというところになります。

オーチャードホールの渋谷東急の文化村は知っていたが、

大泉町にもあるのか・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレの出番は、順当に行けば午後7時ころかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前売り1000円ですが、バンド名でお取り置きできますので、

もしご希望の方がいらっしゃいましたら、

病院受付で直接言っていただいても良いですし、お電話、メール、

フェイスブックなどのSNS、メッセンジャー等でもご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2020年のライブ初めになります。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

コメントはまだありません
2019.12.29

おぐじび忘年会2019

 いよいよ忘年会。

会場は今年もニューミヤコホテル様にお世話になりました。

忘年会目白押しですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレは3階です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつものように前原先生にPAをお願いしました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やがて、ドラムを積んで榛東村から中沢先生が到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドラムを搬入、セッティング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6時を過ぎました。そろそろ始めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年もお忙しい中お集まりいただき、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日赤の佐々木先生がインフルエンザ疑いで欠席になったため、

乾杯の御発声を、急遽中沢先生にお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、開宴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場内のゲストを紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思えば、この足利のちに開業して早や25年。

その時にこの中で知ってる人は同級生で薬剤師の小峰くんだけだったわけで、

仕事や趣味を通じいろいろな人々とつながりを持つことになったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、余興の部。

まずは「コクレア」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 LINEでそろそろ練習しましょうと連絡したが

明日佳ちゃんから、全く返信が無く、

コイツどうした、と思っていたら、1週間スマホ故障で四苦八苦していたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 てっきり電波の届かないところにでも行っちまったかと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっきょく、時間がとれず一回の合わせで、

しかも新曲もやりたいという彼女の希望で1曲追加。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 練習不足は否めませんが、まあ、なんとか演奏できてよかった。(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いてはグンマ・メディカル・フュージョン・カンパニー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はボーカルのチエちゃんが仕事で来られない、

とのことで、バンドの出演が危ぶまれましたが、

北朝鮮飯店のアヤちゃんが助っ人ボーカルを担当する、

という離れ技を使って、無事出演が叶いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば去年は、グンマ・メディカル・フュージョン・カンパニーの安藤先生が

北朝鮮飯店にゲストベーシストとして参加してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アヤちゃんを交えての練習はできなかったようですが、

サスガ巧いバンドは一発で合わせますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先ほども書いたように、

今年、そんなわけで足利日赤耳鼻咽喉科の皆さんが不参加になり、

テーブルレイアウト、プログラムの調整にギリギリまでかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして「北朝鮮飯店」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は6月の還暦パーティーでプレゼントされた、このギターを使用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、この「還暦ヅラ」で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アヤちゃんは連続出場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんなで、気分爽快、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ショーグン様の、ショーケン様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ケイコも歌います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このバンドももとは、忘年会余興バンドとしてスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メンバーもずいぶん変わりましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 誰でも入れる、音楽性をあまり追求しない、

が、バンドが存続している理由でしょうか。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、ステキな仲間たちと演奏ができて幸せです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すでに来年の2月23日のライブ出演が決まっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 嘘から出た実ではないですが、結成当初は予想だにしなかったことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メンバーのうち今年4人が還暦、

+同じく還暦の中沢先生と、当院スタッフの良江さんをあわせて60×6。

めでたきかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、今年の忘年会も無事やり遂げることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これもひとえに皆様方のおかげです。

ありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、2次会へ向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度はカラオケで大いに盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんとお店に中学時代の同級生の石井士朗くんがいました。

コイツは柔道部、ワタシはサッカー部でしたが、

初めてギターを持ってフォーク・グループなるものを結成したのは

この男と2人でした。

女子にモテようというコンセプトは不成功に終わりましたが、

ワタシのバンド人生の始まりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暮れゆく2019年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、あと30日の診察を残すのみ。

 

 

 

コメントはまだありません
2019.12.13

令和元年日赤耳鼻科忘年会

 毎年第2金曜日が恒例の日赤耳鼻咽喉科忘年会。

今年は第2週の木曜日開催でした。

カーネルおじさんのご挨拶で開幕です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思えば、去年のこの会、ご招待を受けていながら、

突然の発熱で、ドタキャンしてしまったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、体調「ほぼ」万全で、無事出席できました。

その節は、大変ご迷惑をおかけしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年から1次会2次会が連結され、

お食事はこの高級お弁当になりました。

たぶん、アルコールを飲まない方が多いので、その配慮でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プレゼント大抽選会のあとは、

恒例の演芸大会。

ワタシ、審査委員長で、まずは昨年チャンピオンからの

チャンピオンベルト返還。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は8組の出し物が、その宴会芸を競いました。 

手品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コント。

元ネタがあるらしいが、若い人は分かるが、

ワタシや、部長先生はイマドキのお笑いは知りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3席目、動画のセッティングに時間がかかります。

学会発表ならアウトです。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、オモシロかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 部長自らもエントリーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆に「ジャイアント馬場」は若い人は知らないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシも、幕間に歌わせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、相方のあすかちゃんにフラれてピンでした。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半戦。

これは、昔ながらの「身体をはった」芸です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中に入ってるのは「虫」。

勝負に負けるとこれを「食らう」ことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 良い子はマネしてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな感じになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 診察室コントはある意味定番ですが、確実にウケをとります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 誰でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 部長、再び登場、リアルな(?)「フェイク・ニュース」。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は昨年の覇者、STチームのコント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 厳正な審査により、「フェイク・ニュース」が今年のチャンピオンに。

チャンピオン・ベルトの授与です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今や、希少な「昭和スタイル」の忘年会。

今年もお世話になりました。

また、来年も元気に頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ