ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.08.27

化石ハンター展、行ってきました

 6月からの歯医者通いが終わって、

晴れて水曜日が完全な休日になりました。

今日は朝、6時44分の急行に乗ります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 目指すは上野ですが、途中北千住で朝ご飯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 和食党としては、どうせ駅構内なら

吉野家の朝定食が希望であったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが折れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、こういうのもたまには悪くない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、上野へ。

本日は曇りであるが湿度がヒジョーに高く、

汗だくになり、しかも蒸発しないので、タイヘン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 目的地は、当然科学博物館。

夏休みの特別展「化石ハンター展」にやってきました。

コロナのため、30分刻みで予約、限定人数入場ですが、

アサイチの9時台のチケットを前もってゲットしておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あとからどんどん来るので

一番初めのワクが場内が一番空いているとの計算です。

作戦は成功のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 化石ハンター展とは、アメリカ人の古生物学者アンドリュー氏の業績を中心に

化石発掘の歴史を紐解く企画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例年の夏休み企画と比べては、

テーマの地味さ、規模の小ささは否めない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それもすべて、コロナ禍のため、企画の段階で

特別展そのものが開催できるかわからないという状況だったため、

大量の予算をつぎ込む展示が出来なかったためと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、なかなか面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なにせ、恐竜マニアなので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも平日の朝早くとあって、空いてて見やすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなにゆったりと科博特別展を見たのは、あまり記憶にありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、気になったこといえば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このバクトロサウルスを含め、

福井県立恐竜博物館所蔵と記載がある展示物が大変多いこと。

福井には日本でも有数の立派な恐竜博物館があり、

行ったこともありますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このモノニクスもそうですし、

ほかにも大量の「借り物」が展示されています。

ひょっとして、この夏休み時期に福井の恐竜博物館のほうは

中がスカスカなのではないか、などといらぬ心配をしてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半はアンドリュースが追い求めた哺乳類の起源。

このキロテリウムはサイの仲間。

サイなのだが角がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ディノクロクータは史上最大のハイエナ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 メインはケブカサイとチベットケサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、やはり恐竜展よりはかなり地味だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スーベニアショップもすいてて楽でしたのでいっぱい買ってしまった。

外に出ると、小雨、そしてものすごい高温多湿です。

雨は大したことないのに汗で体はビッショリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お昼ちょっと前なので、ランチを食べて帰りましょう、という予定で

スカイツリータウン、ソラマチへ。

実はここに札幌「トリトン」の支店があることを知っていたため、

北海道との食べ比べをしようと思っていたのですが、予想外の大混雑。

1時間近くの待ち時間が見込まれたため、

向かいの沖縄料理のお店に変更。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タコライスセット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 沖縄は以前、毎年のようにダイビングに行ってましたので。

沖縄料理はとてもナツカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリオンビールも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そっちがオリオンなら、こちらはブルーシールで。

ともに沖縄の定番ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、沖縄料理も東京で食べると割高だし、お店もオシャレ過ぎて、

逆に沖縄の居酒屋が恋しくなってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、妻はPCR検査の結果連絡のため、

そのまま帰宅。

ワタシはちょっと寄り道してから帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.08.06

3年ぶりの足利花火

 毎年、8月第1土曜日は足利の花火大会。

これは、ワタシが生まれる前からずっと続いていて、

物心ついたころから、

毎年この日には我が家に親戚の人が集まって

庭の物干し台から花火見物をしていたものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、コロナ禍で2年連続の中止。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年はどうなるのか。

直前になって、宇都宮の「宮まつり」は中止が発表されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、足利の花火は予定通り開催。

最近、散歩の習慣が出来たので、会場までは徒歩です。

2日前から急に涼しくなったので、そこは楽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっこう人出ていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この中の数人~数十人はコロナなんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 屋外ですが、マスクをして歩きます。

まあ、すれ違ったくらいでは感染はしませんけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6時50分会場到着。

通常は花火は午後7時から9時までの2時間ですが、

今回に限り7時15分から8時15分までの短縮版。

感染対策のためだそうですが、どれくらい効果があるかはかなり疑問。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回もアヤちゃんファミリー関係の有料観覧席にオヨバレします。

お世話になります。

それにしてもコロナ禍で久しぶりですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マスクをしての花火なんて生まれて初めてだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 7時15分定刻に開始、と思いきや市長やら商工会議所やらのあいさつ。

時間ねーんだから、早く始めろとも思うが、

打ち上げる花火の数に変わりはないので、まあ、いいか。

で、約5分後に始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3年ぶりの花火かー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思えばいろいろありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花火大会開催決定のころは

もうこれでコロナも終わるかと思った時期もありましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どっこい、何と今が感染者数が過去最高とは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、花火大会が開催される、ということは

みんな、コロナとの付き合い方がある程度わかってきたのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもまた、この会場でクラスターが起きるやもしれず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 久しぶりに会ったアヤちゃんファミリーとの会話も控えめに、

また、ビールを飲んだり、唐揚げをつまんだりするたびに

マスクを上げ下げし、不便極まりない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夜空を彩る美しい花火に変わりはないのですが、

心のうちはあれこれモヤモヤがくすぶるビミョーな花火見物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は仕掛け花火は一切設置されず、

あっという間にクライマックスのナイアガラ。

1時間は、やはり短い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来年はどんな花火大会になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ココロ晴れやかに、楽しめる花火になってほしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2022年の夏。

これもまた記憶に残る花火大会になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.07.18

第4回宇都宮ロックフェス爆音祭

7月17日は第4回宇都宮爆音祭でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日16日夜はみんなでステージづくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステージのカーペットを敷いてテープとくぎで固定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

照明も取り付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日は朝8時集合なので、出発は午前7時。

朝メシはセブンイレブン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小山や宇都宮にワクチン接種に行った頃のことを思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場は宇都宮市文化会館。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一部のゲストバンドなどはリハありですが、

時間の関係で多くのバンドはリハーサルなしです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10時半に主催のマイマイさんからミーティング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11時、開演です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全10バンド、約9時間の長丁場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入場時はサーモグラフィーによる検温と手指消毒、

そして名前住所の登録。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トップは爆風スランプトリビュートバンドの「乱BOWS」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて東京から来たというボウイのコピバン「LADY GO」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、この辺まで聴いて昼メシに出ます。

歩いて行けるところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の目的はこのため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出番までまだ4,5時間あるので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰ってみると聖飢魔Ⅱのコピバンであった。

栃木、群馬にもあるが、このバンドは山形から来たそうです。

人気高いのだなあ、聖飢魔Ⅱ。

この「閣下」はかなりぽっちゃり型です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ローリングすめしゃリタ」は歌謡曲をロックアレンジでやるバンド。

このバンドはけっこうツボです。

1曲目「夏色のナンシー」からやられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「天城越え」や「1986年のマリリン」など

「北朝鮮飯店」でもとりあげた曲も演奏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、おなじみ「Power-Puff Nori-P’s」。

このバンドホントよく出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんを楽しませる演出はさすがです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここらへんで、楽屋に行き、出番の準備をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  かつては、時間が押しまくったこともあったこのイベント、

タイムキーパーがつくことによりタイムテーブル通りの進行。

スタートは定刻の17時25分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年ようやく3本目のライブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナで大打撃を受けましたが、

まごまごしてるとオレもあと何回ライブできるかわからないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、当日まで開催決定の時に言われた35分枠と思っていたワタシだが、

実は、いつの間にか1バンド40分枠で組まれていたのであった。

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 急遽、途中に1曲差し込む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、それでもまだ5分余っちゃったので、

想定外のアンコール状態になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は出番が後の方なので、どうせ押しちゃうだろうと思って、

短めにセットリストを組んでいたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暖かいお客さんの応援もあり、楽しく演奏できてよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 都合で、最後のバンドは聴けませんでしたが、

真夏のロックフェス、出演できてよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、この後ライブ予定が皆無なのですが、

また営業して、ブッキングしなければ・・・・。

 

 

コメントはまだありません
2022.07.15

宇都宮ロックフェス爆音祭のお知らせ

 さて、来たる日曜日はこちらのイベント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 我々の出番は夕方5時25分からの予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 詳しくはこちらまで。

このホームページよくできてんのよ。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.06.27

パティスリーホリ15周年記念「ホリフェスティバル」

26日日曜日はかねてより告知しておりました、

このイベント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイムテーブルの関係で、ワレワレのリハーサルは朝9時半から。

朝9時の「入り」なので、あわただしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハーサル後、いったん帰宅。

医院の方に出向いて、

お昼前に来たPCR検査の結果を患者さんに連絡します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15時スタートのトップバッターは、

ホリさんの奥様、ユッコさんがベースを弾くガールズバンド「いちごショート」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性バンドは華があります。

ウケてるー。次出にくいなあ。

ワレワレの出番は2番目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、登場。

「Summer Time Blues」からです。

前もってセット組んだ時は、まだ梅雨真っただ中だと思ってましたが、

ナント、もう夏が来ちゃったのでタイムリーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、ホリさんからのあいさつのセリフ、もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロックもいいけど、ケーキもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「C5-dips」としては4月以来、今年2回目のライブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、ワレワレのTシャツは、今回のイベントのために特別に作った

「C5-dips ホリフェスTシャツ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストーンズの「Let It Bleed」のジャケットをアレンジしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半は、星さんをゲストに招いて、ストーンズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェスならではです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロックンロール陣形も前4人で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のシメは、エアロ2発で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホリさん、15周年おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は20周年?

それくらいならまだ生きてるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、その後も素敵なバンド目白押し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケーキのブースも盛況です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Power-Puff Nori-P’sはこんな素敵なプレゼントを用意しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、いわゆる顔出し看板です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご本人たちに入ってもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとで、ワタシもやらせていただきました。

なんかヘンだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、トリは、ホリ夫妻がともに参加している「鋼鉄番長」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュ―ダス・プリーストのコピバンです・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年開催されたFMぐんま主催「OYA-Gロッカー2022」のグランプリバンドでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々な演出で、楽しませてくれるバンドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「パティスリーホリ」15周年、本当におめでとうございまいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、次回は7月の爆音祭。宇都宮で開催されます。

光の関係で顔出しカンバンみたいだけれど、実物です。

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
2022.06.08

ついでに(?)井上泰幸生誕100年展

水曜日の休診日、東京へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主たる目的は、あくまで妻の両親が入居を検討中の介護型老人ホームの下見、見学。

お昼の試食、美味しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、そのあと、清澄白河に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京都近代美術館、初来館です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目指したのは「井上泰幸生誕100周年記念展。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

井上泰幸氏は円谷英二特撮監督のもと、

数多くの名作ショットを残した特撮美術監督です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場内撮影可なのは入り口のここともう一か所のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、以下はミュージアムショップで買った、

5000円近くする図録から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 井上泰幸氏は円谷プロの円谷英二監督の片腕として

美術監督を担当し東宝特撮映画で、

数々の名場面を演出してきた人です。

あのキラアク星人の円盤も妖星ゴラスもこのヒトがデザインしたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゴジラ対エビラ、学校帰りの映画館のポスターにドキドキしたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画だけではなく円谷プロとして、あの名作ウルトラQも数多く手がけています。

「ゴローと五郎」は淡島ロープウェイのシーンが印象的でした。

大人になってから実際にこのロープウェイに乗って感動しましたが、

今は撤去されてないそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時世界ナンバーワンだった日本の特撮技術は、

このような職人とマニアの手作業によって形作られていたのだ。

日本は敗戦後の戦後復興の貧しい時代、

金は無いけれど手先の器用さと発想のひらめきで

彼らは次々に夢のような映像世界をモノにしていったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけでお宝だらけの展示の最後は、

この展覧会の見せ場、映画ラドンで組まれた

福岡天神の西鉄岩田屋デパートセットの再現です。

場内ではここのみ撮影可でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、スゴイ。

まるで映画の中にいるような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の特撮映画市場でも屈指の名シーンだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何しろラドンは、踏みつぶしや放射能の熱線ではなく、風で建物を破壊するので

そのミニチュアワークは、飛び方まで考えた精緻を極めたものだったでしょう。

映画ラドンでは当時できたばかりの西海橋が破壊されるシーンも見事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつまで眺めていても飽きない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラドン公開は1956年12月26日、怪獣映画としては初のカラー作品だったと思います。

メルボルンオリンピックは1956年の11月22日から12月8日まで開催されました。

夏物一掃なので、映画の設定は1956年夏、ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうなるとメフィラス星人によって巨大化されたフジ隊員を思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 となると、こちらはウルトラQ「変身」でモルフォ蝶によって巨大化した巨人か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 平日とあって、すいててじっくり見られたので大満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東宝特撮映画は今も心のオアシスです。

フラッシュ禁止なのでよくわからないけれど、実物大の井上氏とのツーショットです。

ラドンは2Dなので薄っぺらくなってます。

ありがとう、円谷プロ、東宝映画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.12.27

都響スペシャル「第九」2021

毎年恒例になってから、もう何年になるか。

今年も第9を聴きに行きます。

朝のスタートは先週天皇杯と同じ。

実は、先週の行動は今週のシミュレーションでもあったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、また寒波襲来。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浅間山見えず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、セブンイレブンにコーヒーを求めに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は2人で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下に線が引いてなくても、

自然とディスタンスを取って並ぶ習慣が出来ましたね。

この距離感、スバラシイ。

さすがは、日本人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上野駅はツリーが片付けられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のランチはここと決めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つばめグリルは以前から好きですが、

上野にお店が出来てずいぶん行きやすくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年寒くなってくると食べたくなる

つばめ風ハンブルグステーキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アツアツ♨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、銀座線でサントリーホールへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、久々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年の第9は渋谷オーチャードでした。

その前はNHKホールだったみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渋谷にあるオーチャードホール、池袋にある東京芸術劇場に比べて、

サントリーホールは周囲に歓楽街、商店街が無いので、

クラシックを聴きに来た、という意識が高まります。

NHKホールに来ると、数日後ここで紅白あるんだなあ、という意識ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えーっと今日は東京都交響楽団の第9です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前書いたように、チケット購入出遅れ、

2階席になってしまいましたが

NHKホールの2階席ではクラシックにはちとキツイが、

さすがはサントリーホール、

ここはここでバランスよく聞ける良席でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の公演は新型コロナオミクロン株の関係で

予定された指揮者準メルクル氏が来日できなくなり、

急遽大野和士氏に変更になったと12/2に発表がありました。

以下、写真は公式Twitterから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1年の回顧をしながら聴く第九ですが、

今年もコロナに振り回され、いろいろあったような、

何もなかったような・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、このベートーベンの交響曲第九番、というのは

聴き込めば聴き込むほどスゴイ曲。

聴くたびに発見や感動があり、

人類の宝、と呼ばれるのもさもありなん、との思いが毎年深まります。

来年はどんな第九が聴けるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の演者はこの人たちでした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コンサートが終わって、自撮り。

実は、今日からスマホ新調したので撮ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この自撮りが苦手なんだよなー。

目線が・・・・

やや、後ろのおっさんが、年末感出してるなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 シウマイ弁当を買って、帰路に着きます。

帰りは浅草経由なので乗り換え1回のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰りの車窓から、富士山が綺麗でした。

写真じゃよくわからないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 駅からは例によって徒歩で。

午後6時前には無事帰宅しました。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.12.14

ゴリーッス Xmas LIVE 2021~後編

前編から続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ほぼ時間通りに「C5-dips」登場。

オープニング2曲はドロップDチューニングのFoo Fightersのナンバー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忙しくてリハーサルもなく、ブッツケ本番。

まあ、いつものことではあるんですけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ストーンズへと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシ、命令どおり(?)に首輪付きで演奏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベースのホリさんはケーキ屋さん、

クリスマスシーズンで連日殺人的な忙しさだそうですが、

何とかライブに出演間に合いました。

そのままお店から直行の体(てい)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナで始まり、コロナで暮れてゆく2021年もあとわずか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、こうして少しづつライブが出来るようになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年はきっと、もっと良い年になるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただオレもまたもっと「いい歳」になっちまうのだが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ジャンケンプレゼントタイム。

「C5-dips」からのプレゼントは、

「パティスリーホリ」のスペシャルクリスマスケーキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバーをかたどったクッキーと、

メッセージが添えられています。

はっきり言って、演奏よりウケてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、盛り上がったプレゼントコーナーのあと、

最後はみんなで「Happy Xmas」を演奏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この曲、ワタシはバンドやユニットやソロの弾き語りなどで、

15年以上にわたり毎年この時期に演奏してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、去年はついに人前で演奏の機会がありませんでした。

今年、素敵な仲間たちと、ここにこうして演奏できたことは

大変幸せなことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年も、必ず、演奏できますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、イベントのトリは

主催者のマーサさん率いる「SEVEN REAL」。

メンバーチェンジはあるが15,6年やってるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SHOW-YAのコピバンらしく、

イベント名「ゴリーッス」の由来もその辺にあるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Power Puff Nori-P’s」とはまた違ったカッコよさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントのトリを務めるのにふさわしい、

華やかなステージでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キーボードの方、男性です。オッサンです。

実は、パンティからブラまで中身も「完全女装」です。

楽屋で見てましたが、

さすがにヤバ過ぎて写真はアップできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、初参加のゴリーッス、

大変楽しいイベントでした。

今年も年末の忘年会などの予定は一切ありませんが、

このイベントに参加できてホントによかったです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.12.13

ゴリーッスXmas LIVE 2021~前編

 そして12月12日は前橋ダイバーでの

「ゴリーッスXmas LIVE 2021」に参加してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 記事で書いたように、到着後駐車場ですったもんだしてたので、

会場入りは2番目の「Power Puff Nori-P’s」から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回和洋折衷メニューで、珍しく日本語曲も聴けましたが、

「タイムマシンにお願い」「学園天国」は

普段、「北朝鮮飯店」で演奏してる曲なので、

メニュー的には大好物でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、このイベントの目玉は「ジャンケンプレゼント大会」。

バンドがプレゼントを用意して、

会場の皆さんとジャンケン大会、

勝ち残った人がプレゼントをゲットできるという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、ナント、オレが勝ち残ってしまった。

最後、5,6歳の男の子と2人になって、

あろうことか、勝ってしまい、

世間の非難を背中に受けつつステージへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ベースの浜松在住のオカモト氏が仕入れてきた、

浜名湖産のウナギをいただいちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、それだけではなかった。

女王アンジー様から渡されたのは、なんと首輪とリード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、このようなコトになってしまいました。

お子様でなくてヨカッタ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次のバンドはG’z。

B’zのコピバンです。

このバンド、普段G.G.G.という聖飢魔Ⅱのコピバンやってる人たちが中心です。

普段の顔と違うのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 巧いです。

残念ながら、本家B’zをほぼ全く知らないので、

これ以上コメントできず。

でも、メチャメチャ巧いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4番手は「ミキヒット」こと「ミキのヒットスタジオ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボーカルの前田美紀さんを中心とする

昭和歌謡を演奏するバンドですが、

この間のライブのあと、もっと古い曲をやって、

というワタシのリクエストに応えてくれ

「涙の太陽/安西マリア」をやってくれました。

そういえば、この曲も「北朝鮮飯店」のレパートリー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、華やかに進行するXmas Live。

このあと、「C5-dips」の出番です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後編に続く。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.11.04

11月13日、ライブです。

 ライブのお知らせです。

来る11月13日土曜日、

「C5-dips」は足利BBCで開催されるこのイベントに出演します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思えば、前回足利でライブを行ったのが、

昨年10月のこのライブ

実に1年1か月ぶりという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染者は激減していますが、

感染対策をしてお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレの出番はラストなので、

22時15分ころからの予定です。

19:00~OPEN

20:00~20:30 サクラ式ドロップス

20:30~20:45 DJ

20:45~21:15 Franky

21:15~21:30 DJ

21:30~22:00 BUHY&MARY

22:00~22:15 DJ

22:15~22:45 C5-dips 

 

 

 

 

 

 

 楽しいバンドばかりですのでぜひよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ