ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.07.26

卓球金メダルおめでとう。

 夜、プールから帰ってテレビつけるとオリンピックの体操団体。

夕食の準備しながら横眼でみてましたが、

僅差でロシアオリンピック委員会(!)に負けて

金メダルならず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと体操競技の採点基準は分からないので、

どこが負けだったかわからない。

フィギュアスケートもそうだけど

こういうのは特に僅差の時はスッキリしない面もありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてチャンネル変えたら卓球混合ダブルスの決勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 伊藤美誠さんは、よくニュース番組とかに出ていたので

唯一顔と名前が一致する卓球選手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本は卓球で金メダルをとったことはないそうで。

これはちょっと意外でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、見るとすでに中国に2ゲームとられてるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3セットマッチなら2セットとられたら負けなので

5セットマッチかなと思ったら7セットマッチだった。

セットではなくゲームというらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このまま負けかと思ったら日本ペアは2ゲームとって、

試合を振り出しに戻したばかりか、

さらに次のゲームもとって3対2で逆転。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今まで卓球なんてほとんど見たことないのに

燃えてきました。

ビールも進む。(^^;)

この美誠ちゃんはインタビューの時から感じていたが、

いかにも気が強そうなキャラでタノモシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、次のゲームをとられて、またまたタイに。

勝負は最終ゲームに持ち越されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、この中国ペア。

あまり表情を変えないし、

紫色のドラゴンをあしらった黒いユニホームが

いかにもスポ根アニメやドラマの

ベタな「悪役キャラ」「敵キャラ」のイメージを醸してます。

中国人の眼にはどう映るんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピンチに追い込まれましたが、

それでも最後は勝利、

というのもスポ根マンガの定番的なストーリー。

ハラハラする展開も重要です。

その意味で観終わって実にスカッとする試合でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合中気の強そうな表情をしていた彼女が、

金メダルが決まって抱きつかれたときに恥ずかしがる、

っていうのも

青春ドラマっぽくて、またイイ感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、無観客、沈黙のはずの会場に

中国人の応援団が固まって大声で声援をしているのにはビックリ。

大会関係者や選手団らしいけど、

やはりマナーやエチケットに配慮しない

この国の残念な国民性なんでしょうね。(-_-メ)

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.25

オリンピックをザッピング

連休の狭間だったので土曜日はかなり忙しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

診察終わって、家に戻りテレビつけるとオリンピック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど、東京開催ということは

「時差がない」ということなのだな、と改めて感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、ホッケーや3人制バスケなど、

今まで見たこともない競技も見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパやアメリカ大陸開催なら

競技は深夜になるので、録画してまで見るものではないですが

時差がなければNHK地上波2局とBSを

リモコンでザッピングしながら

つまみ食い的に見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柔道阿部兄妹の同時金メダルもライブで見ちゃいましたし、

サッカー男子メキシコ戦を見ながら、

ちょいちょい裏番組の女子バレーケニア戦を見たりして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、サッカー以外のボールゲームは

ルールがムズカシイ。

ホッケーや3人制バスケはもちろんだが、

バレーボールもいつの間にか

サーブ権がなくても点が入るようになってるし、

ムカシは15点だったと思いますが、

いまは21点?25点?だっけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 柔道もかつては「教育的指導」ってのがあったような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、サッカーもワタシがはじめて知ったころは

キーパーへのバックパスは手で取ってもOKだったし

イエローカードが新ルールだったんですけどねー。

 

 

(注)イエローカードは1970年のワールドカップメキシコ大会から、

バックパスルールはホンの最近、1992年からです。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.24

オリンピック開会式

 毎週金曜日午後8時は、スイミングスクールに通っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 7月23日はオリンピック関係で祝日でしたが、

予定通りで休館にはなりません、

とのことでスイミングに行くつもりでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金曜日の朝のニュースで、

今日の開会式は、午後8時から、

ということを知ってビックリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1964年の開会式の記憶から、

てっきり開会式は昼間やるものと思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だって、ブルーインパルス、飛ぶんじゃないの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたらブルーインパルスは開会式に関係なく、

昼間飛ぶらしい・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、スイミングどうしたものか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、別にワタシが開会式を見たいわけでは無く、

ひょっとして、インストラクターの先生とかは

スポーツを生業(なりわい)としてるわけだし、

オリンピックの開会式、生で見たいのではないかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、でも水泳種目や、

日本選手の金メダルのかかる種目の決勝、

というわけでは無いから大丈夫かな、

と思って予定通りにプールに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金曜日クラスは、ワタシのほかに3名。

着いてみるといつも真っ先に来ているオジサンがいない。

そしてその後来るはずの高校生も姿を見せず、

いよいよオレ一人かと思ったところに、

もう一人の男性登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、なんか、ホッとしたわ。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッスンが終わって帰ったら、

まだ入場行進は半分くらいで、

その後も開会式は延々と続いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、こんな遅い時間にやるんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供も出てるのにこんな遅い時間まで出していいのか、

終電も無くなっちゃうじゃないか、

などと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかにあの時間では、

ウチなんか絶対帰ってこられないし、

東京近郊でも帰れないところもあるだろう。

無観客だから別にいいけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暑さ対策と

演出上の都合、花火やライトアップの効果、

のためらしいが、

海外のテレビ放映権の問題がかなり絡んでるのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、開催までの紆余曲折を見て

オリンピックは今やスポーツの祭典というよりは、

ビッグビジネス、超巨大興行、

ということのようですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.21

ついに開幕へ

 ついに始まっちまいましたオリンピック。

開会式はまだだが、水曜日から一部の競技が始まるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間まで東京オリンピックとか、

オリパラ、とか言ってましたが、

開幕したらトーキョー2020(ニイゼロニイゼロ)大会

と呼称してますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても暑そうです。

もし、観客入れてみんなマスクしてじっとしてたら

新型コロナより熱中症の発生が大変でしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オリンピックになると出てくるような気がする

杉浦友紀アナウンサー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは午前中に女子ソフトボールがあり、

夜に女子サッカー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ソフトボールはコールド勝ちだったみたいですが、

夜テレビつけたら、日本0-1で負けてるじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、PK外してるし、ヤバイなあ、と思ってったら

84分に追いついた。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで負けてたら次にイギリス戦で負けたら

そこで終わり、だったのでまずは良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、オリンピック、そしてパラリンピックまで

何事もなく進むとは思えませんので、

無事に、という言葉は使えませんが

大過なく過ぎますように。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.19

ドラキュラロックフェスタ@グランテラス筑西~灼熱のロックフェス

 日曜日は2年4か月ぶりのドラキュラロックフェスタ。

茨城県筑西市の会場に朝9時集合なので、

家を7時半過ぎに出る。

クルマの中で食べるコンビニ朝食は久しぶり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも筑西市は古いカーナビには入っていない。

2005年に下館市が付近の町村と合併してできたらしい。

道路標示にはってある下の表記はおそらく下館なのだな。

けっこう道、混んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10分弱の遅刻で朝のミーティングに到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スペースデーモン氏、どっか違うぞと思ったら、靴がまだスニーカー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすがにこれは、アツイから本番まではナイキでいくのだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドラキュラロックフェスタの主催者スペースデーモン氏は

晴れ男で知られるが、

今回もこの日程に合わせて梅雨を明けさせてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、朝から暑いのなんの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東に見える筑波山が近い。

それゆえここは筑西市なのだが、

「つくばさん」だけど「つくせいし」ではなく

「ちくせいし」らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トップは壬生ダンススタジオのベリーダンスのお姉さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小中高校生のダンスチームも共演したが、

ついお姉さんの方に目が行くのは止むを得まい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、バンド演奏が10時スタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回はドローンによる空撮もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ステージ前に陣取ったこの方が操縦してるが、

アツイでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は全部で10バンド。

朝10時から夕方5時過ぎまでの長丁場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 全部見てたら確実に熱中症になるので、

控え室で暑さをしのぎます。

献血も忘れずに。

ただし、ワタシはHBs抗体陽性のため献血できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テキトーなところで昼メシにします。

ここのお勧めはキングポークらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ま、本番まで時間があるのでとりあえず。🍻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日はビールが美味いが、1杯だけにしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピリ辛キングポーク丼1210円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アニメタルのコピバンらしいけど、

その服暑くないすか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スペデー氏も参加。

メタル系の人は服装が暑そうでタイヘンですねー。

ヅラも暑いだろうし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレの前のバクチクのコピバンは

2枠分エントリー料を払って1時間演奏。

よくできるなー。

とかいううちにワレワレの出番。

午後14;40から、というのはかなり気温の高い時間帯。

最高気温は南中時刻から約2時間後に観測されます。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場のテントは風が吹き抜けるが、ここは後ろが壁のせいか

日陰とはいえかなり体感気温が高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも前半は良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アップテンポの曲をあえてはずし、

水分を取りながら、MCを挟みながら進行。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、ライブの流れとしては後半に盛り上げていくものよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、ギターを換え、ストーンズ。

ロックンロール路線へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ステージを降りて客席へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うおーー、あっち―💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よせばいいのに動き回る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ステージに戻り、また、激しいアクション。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲が終わって、ステージモニター裏の時計を見ると、

残り時間が、かなり少ない。

なので水分補給をせずそのままラスト曲へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中、一瞬ミミが聞こえなくなり、意識が飛びかけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、最後は腕をブンブン回してウインドミル奏法。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ジャンプ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 終わったあと、しばらく立てませんでした。

やはり、最後あそこで水分補給せず、連続で演奏したのと、

お昼のビールも効いたかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おまけにウインドミル奏法で、

また指を怪我してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 血染めのピック。

星飛雄馬かっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後も3バンド。

このバンド「SAORY」はお友達のバンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はみんなマジメに時間を守り定刻の終了。

今回の献血はナント受付者が70人、

実際に献血いただけた方も60人を越えたそうだ。

皆様、ありがとうございます。

また、スニーカーになったスペデー氏に代わって御礼を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 終わったあとはみんなで後片付け。

お家に帰るまでがロックフェスタです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝から一日がかりでしたが

起伏のないまま過ぎ行く2021年の

記憶に残る1日になりました。

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.15

「C5-dips」ライブ情報~ドラキュラロックフェスタ出演のお知らせ

 今週末、ひさびさにドラキュラロックフェスタに

「C5-dips」として出ます。

前回の出演が2019年3月でしたから、

実に2年7か月ぶりの出演となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、このイベント初の2Days開催となりますが、

ワレワレは2日目の日曜日に出演。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出番は8番目、時間は14:40~15:10の予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 場所は道の駅グランテラス筑西

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく梅雨明けして暑さ全開と思いますので、

感染対策のほか熱中症対策も万全にしてお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.13

オリンピック貴族

 無観客にはなったけど、

オリンピックはやるみたいなので、

テレビのニュース番組なども

オリンピック目指してがんばる日本選手を応援、

みたいなトーンが増えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、選手は「被害者」なので、

これを応援して盛り立てていく

というムード作りは大事でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、国民感情を逆なでするようなニュースもあるわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうもIOCバッハ会長は一泊300万円のお部屋に泊まってるらしく、

そんな高い部屋があるのにもビックリだが、

IOCから出る宿泊費は一泊400ドル(約4万4000円)と決まってるので

その差額は、組織委員会、つまり税金から出るという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スゴイね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一泊300万円ったって、一泊じゃ済まないわけで、

20日間泊まれば6000万だよ。

もっと泊まるのかな。

そのお金でマンション買えちゃうよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも会長1人ではなく、ほかの関係者の宿泊費も不足分は

開催都市、または国が補填してるわけで、

高級ホテル1400室×滞在日数の

税金負担分はいったいいくらになるのやら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、こんな緊急事態の中、ヒトのカネで

堂々とこの部屋に泊まっちゃう「貴族」の感覚も

ワレワレの理解を越えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、これが我が国の天皇陛下や皇族の方だったら、

同じような状況になった場合、

周囲は反対するだろうが、

ワタシはもっと安いところで良いですよ、

そのお金を他に回してください、

とおしゃったことでしょう。

 

 

 

 

 

2件のコメント
2021.07.09

ついに、やっぱり、無観客

ついに、というか、やっぱり、というか

オリンピックの無観客開催が決定したようです。

今のところ、首都圏の一都三県に限り、

となっております。

これも「今のところ」は外せない。

全会場、ってなったら札幌のマラソンはどうなるんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと前に文部科学省が

オリンピック開催に際し

国立競技場に1万人収容した場合の

感染率をスーパーコンピューター富岳で

シミュレーションした結果を発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それによると

観客1万人の中に従来株の感染者10人が4時間滞在した場合、

新規感染者が何人生じるかを予測。

競技場の設計通り観客席後方から風が吹く場合、

全員がマスクをして、前後左右に空席を設けると

新規感染者はほぼゼロとなった、

とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんじゃこりゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観客1万人が4時間マスクつけて無言で、

ジュースや水も飲まず、お弁当やスナックも食べず、

売店やトイレにもいかず、

ただじっと座ってた場合ですか。

入場や退場や生き帰りの交通機関や、

その前後の1万人の飲食、会食が全くゼロという設定ですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とか観客を入れて開催したい政府が、

でっちあげた悪あがき的なデータですが、

スーパーコンピューターに失礼だぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンピューターはスーパーでも、

入力するヒトがスーパーおバカでは、

お話になりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、そんなわけで無観客はやむを得ないところでしょうが、

そこまでして開催するオリンピックって・・・・。(~_~メ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、今から楽しみなのが、

オリンピックの公式記録映画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までの例から、すでに誰か大物監督が依頼されており、

通常であれば開幕前から撮影に入っていると思われます。

ということは去年のコロナ前から、

すでにクランクインして撮り始めているはずですが

さぞかし苦労されてることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネタ的にはいっぱいあるはずですが、

「公式映画」となると主催者側に否定的な描き方はできないわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあテーマ的には

「コロナに打ち勝って成し遂げた」

みたいな路線を目指すのでしょうが、

「打ち勝てる」かどうかも今のところ不透明なわけです。

映画のシナリオの「結末」が未定のまま

撮り進めているってことですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 依頼を受けたのは当然コロナ前ですから、

あー、メンドクサイもの引き受けちゃったなー、と

さぞかし後悔しているのではないか。

でも、どちらにせよ過去のオリンピック映画と比較しても、

ひときわ異彩を放つ、

歴史に残る1本にはなることは間違いないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.22

オリンピックは観客アリ

 東京オリンピックの観客定員は

「上限1万人で定員の50%」になったそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 無観客ではないんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして観戦ルールとして

会場内でのマスクの常時着用、大声の禁止、

アナウンス等による混雑回避、分散退場等を求める、

さらに、行き帰りについて「直行直帰」を要請する、

そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 盛り上がらないなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お通夜のようなスタジアム。

お通夜の方がまだ飲み食い会話するか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、会場内での酒類の販売は行う方針。(;゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お酒は会場で買ったものは飲んでもいいが

酔っ払ってもしゃべってはいけない、

マスクしながらこっそり飲む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして行きも帰りもどこにも立ち寄ってはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この件についてはレストラン、居酒屋など飲食店は

なんだよー、という気持ちでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこまでしてやるかオリンピック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染は大なり小なり再拡大するでしょうし、

オリンピックが開かれなければ

死ななくて済んだ、というヒトは必ず出てくるでしょうね。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.06.19

2021年オリンピックにより、祝日の移動がありますのでご注意ください

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除され、

まん延防止等特別措置に代わるらしいですが、

いまだによく違いワカラン。

ただ、政府の見解としては、

「これでまた必ず増えますから」

みたいなことを連呼しており、

そういうことなの?それでいいの?

という印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、オリンピック、パラリンピックに関して

いまだ、開催の方向で動いているようで、

これもどうなのかなと思いますが、

それにともなって7月8月のカレンダーは、

今掲げられてるカレンダーとは休日が変更されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 名称が「東京2020」になってるので、

紛らわしいですが、これは去年の話ではなく

今年の話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つまりこうなるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、メンドクサイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 祝日を移動する、という意味は、

みんなオリンピック会場や、パブリックビューイングや、

スポーツカフェ、居酒屋に繰り出して、

おおいに騒いでお祭りを盛り上げようぜ、

ということが当初の狙いだったでしょうが、

いまや、状況はまったく逆になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 都内のパブリックビューイングはすべて中止になる予定ですが、

この休日措置で街に繰り出すのは

ワクチン未接種の若者が主体でしょうから、

けっこうヤバイなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともあれ、今後オリンピックの開催、中止にかかわらず、

この日程は変更されない、ということですので

当院の診療日に関しても

このオリンピックカレンダー通りになりますので、

来院される方はご注意ください。

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ