ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.08.26

シー・フィーバー~深海の怪物

 なんせどこにも出かけないので、

ちょっと前にWOWOWで観た映画の話題を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシと妻はほぼ映画の趣味が一致し、

SF、モンスターものは一番好きなジャンルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、モンスターパニック物らしい、

しかし、シーフィーバーとはタイトルからしてB級っぽいなあ、

と思いその覚悟で見たのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、モンスターは出るには出るが主役ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クラゲのお化けみたいなのが、漁船にとりつくが、

問題はその触手(?)から船内に侵入した

幼体(?)であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが寄生虫のように水を介して人体に侵入し

身体を冒して、目から飛び出すという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 眼から飛び出す、というところがナカナカコワイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、これはモンスターパニックではなくて、

実はバイオホラーもの。

でも、このジャンルも大好きで

とくに新型コロナ以降は、現実と対比して興味倍増。

船の中に未知の生命体が侵入して

乗組員を次々に餌食にする、というのは

あの「エイリアン」のプロットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、誰が感染しているかわからないが

眼球を見るとその中を泳ぐ寄生虫が見えるので

一人一人テストをする、というのは

あの「遊星からの物体X」のシーンを思い出させます。

「The Thing」邦題「遊星からの物体X」は

1951年のオリジナル、1982年のリメイク版、2011年の続編を含め

夫婦ともども大好きな映画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして主人公はこの漁船に「実習」のために乗りこんだ

大学院生かなんかのお姉ちゃん。

研究室にこもって勉強するのが好きなのだが、

実習に行かないと単位やらんぞ、とかナントカ教授に言われて、

たまたま乗りこんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 赤毛は船に禍をもたらすとかいう迷信があるらしく、

当初は乗組員に忌み嫌われるが、

持ち前の生物学の知識を駆使して、

寄生虫退治のプランをあれこれ考えます。

この迷信やジンクスに囚われがちなプロの船乗りたちと、

科学の知識で物事を判断するという

リケジョな主人公との対比が

最初から伏線になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オタクでひきこもり性格だが、

海洋生物を研究しているのでダイビングは得意。

漁師は海に潜らないということで、

一人で潜って船の周りを調べたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして海水の生物は真水では長く生きられない、

とか、深海生物は紫外線に弱い、

などと様々なアイデアを出し、

アタマでモンスターを追い詰めます。

こういう展開は大好物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 低予算なので、モンスターのCGやセットにお金使わないで

こういう展開にして正解のようだ。

タイトルからは、

最初ビキニのお姉ちゃんがボートで遊んでいて

巨大なクラゲにおそわれてみんな食べられちゃう、

というストーリーを予想していたのですが、

予想外に暗いトーン。

そのわけは、この映画、製作は

アイルランド、スウェーデン、ベルギー。

海はカリブ海や南太平洋ではなく、

北海かバルト海か、なので必然的にこんな感じになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タイトルのシーフィーバーはテキトーな邦題かと思ったら、

原題が「Sea Fever」。

意味は「海洋病」で、

昔から船乗りが公開中に精神的に不安定になり、

心を病んで自殺してしまったり、

そういった精神病が他の乗組員にも伝染することを

指す言葉らしい。

セイレーンなんかもこの手の言い伝えです。

この伝説的な精神病を実は寄生虫的なモノが原因だった、

と捉えたプロットは秀逸。

「深海の怪物」とつけくわえられたほうがいい加減な邦題だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 非常に残念だったのは、

最後にこの娘が、船のスクリューを壊して入港を阻止するくだり。

他の乗組員が言うような、

そのまま上陸はもちろんダメだけど、

きちんと当局に連絡、説明をして検疫、隔離をする、

という公衆衛生学に基づいた段取りを踏むべきでしょ。

ここで、急に主人公に対する思い入れがしぼんでしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、カタストロフィー的な結末。

監督はどうしても最後船の炎上シーンを撮りたかったのか。

序盤が良かっただけに

このストーリーの詰めの甘さが大変残念。

誰か、リメイク版作ってくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、この映画の主演女優ハーマイオニー・コーフィールドさんは

「スターウォーズ・最後のジェダイ」に

反乱軍のパイロット役で出てたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、なるほど、・・・って全然覚えてないけど。

しかし、なんでもわかるな、インターネット。(^^)

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.08.13

クライマーズハイ~日航ジャンボ墜落から36年

夏休み1日目8月12日は1985年に起こった

日航ジャンボ墜落の日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日のことはよく覚えています。

医者になって1年目の夏休みの初日で、

そのことは以前ブログに書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前録画しておいた映画に

「クライマーズハイ」という映画があり

2007年に制作された

この日航ジャンボ機墜落事故に関連した作品

ということなので、時節柄ちょうどいいかと

昨夜、妻と2人で見てみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「北関東新聞」という群馬ローカルの

架空の新聞社を舞台に

地元で起きたビッグニュースの

スクープ争いや、報道の在り方における

会社と記者の立場の違い、

そこから生じる軋轢、

地方紙ならではの全国紙との違い、

有利、不利などを描いた

骨太の映画でなかなか面白かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画の本筋意外に楽しめた点が2つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとつは出演者の顔ぶれがすごすぎる。

しかも、今や大物だがそのころはまだブレイク以前、

という役者さんが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主演の堤真一さんや高島政宏さんはは2008年時点で、

すでに何本か主演作品があったが、

堺雅人さんはまだ「半沢直樹」(2013)の前で、

尾野真千子さんは朝ドラ「カーネーション」(2012)以前、

そして鬼気迫る名演を見せた滝藤賢一さんは

今や売れっ子だが当時まったくの無名で

監督にオーディションを受けるように言われ

出演に至ったという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも、当時はあまり有名では無かったが

今は知った顔であるといった俳優さんが多く、

監督のキャスティングセンスがスゴイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一点は、舞台が前橋なので、

前橋市でロケが多く行われており、

知っている場所とか、

入ったことのあるお店などが数多く出てきて

前橋市に長く済んでいた2人としては大変ナツカシイ。

前橋日赤も出てましたし。

背景に赤城山や榛名山が映り込むのも

またゆかし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高島政宏さんが倒れたのは新前橋駅で、

当時はまだ上越新幹線が開通していなかったので、

谷川岳に行くには新前橋駅から上越線にのって

土合地下駅で降りる、というルートだった。

大学時代に新前橋駅からスキー担いで、

上越方面にスキーに行ったことを思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 市中心部のアーケード街も出てきますが、

1985年時に比べ、映画の作られた2007年には

かなり中心市街地の空洞化が進行しており、

当時よりかなり寂れた印象だったのは残念。

もっとも、前橋人以外は別に気にならないでしょうが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「北関東新聞社」は群馬県の地方紙、

という設定の架空の新聞社ですが、

群馬県の地方紙というと「上毛新聞社」なんですが、

実際のところはどうなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上毛新聞の当時の記者のヒトはこの映画を観て

「あるある」、なのか「ありえねー」、なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どちらにしろ、日航ジャンボ墜落事故は

群馬県の報道史上の大事件だったわけですから

いろんなことがあったでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画では「オオクボレンセキ」という言葉が

記者役の人からたびたび発せられましたが、

これは1971年に起こった大久保清による

若い女性を車で誘って次々に暴行殺害した「大久保清事件」と

1972年に連合赤軍が軽井沢にあるあさま山荘に

人質をとって立てこもった「連合赤軍あさま山荘事件」

のことでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どちらも群馬県(軽井沢は正確には長野県ですが)

を舞台に起こった全国を驚かせた大事件ですが

日航ジャンボ墜落事故はそれ以来の、

いや、それ以上の空前の大事件でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「大久保清事件」と「あさま山荘事件」の時には

ワレワレはまだ前橋に住んでいませんでしたが、

「日航ジャンボ墜落事故」の時には

事件をかなり身近なものに感じ、

強烈な印象が残っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、今日13日から

お盆休みを利用して入院手術のために

福岡まで飛行機に乗ることになっている妻に、

あー、明日ヒコーキに乗るので、

この映画観るのやめとく?

と尋ねたところ、

別に映画を観たから飛行機の落ちる確率が高まったり

運命が変わるわけじゃないから

全然平気、という

きわめて理系女子的な返答でした。

ごもっとも。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.07.14

ゴジラvsコング

 梅雨末期の集中豪雨は相変わらず大変ですが

この間の熱海で思い出した。

熱海城といえば「キングコング対ゴジラ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、コレ。

7月2日から封切りになってるじゃないですか。

コロナで閉まっちゃう前に早く行かねば。

そもそも昨年5月公開予定が、

新型コロナの影響で延期になっていた作品です。

熱海城は出ないだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということでやってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日のお昼12時10分の回でしたので、

家で早めに昼メシ食ってアシコタウンに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日のお昼だが、足利市の映画館はこんなもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

字幕版です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吹替え版は1日4回上映に対し、字幕版は2回しかない。

そういえばこの映画の観客の年齢層は

どんな感じなんでしょうか。

今の子供はゴジラどうなんだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、この映画は2014年のハリウッド版ゴジラからの

モンスターバースシリーズ第4作目。

前々から話題になっていたこの「王座決定戦」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こっからネタバレあります。

結論から言うとですねー、

CGを主体とする格闘シーン、特撮シーンのクオリティは

過去最高レベルで高いが、

脚本や、設定は過去最低レベルかも。

シナリオベースでは「ゴジラ対メガロ」以下かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなり、イマドキ地球空洞説にも無理があるが、

あんなに怪力のコングが、イカダの鎖をぶっちぎれないし、

地球の真ん中まで貫通しちゃうゴジラの熱線が、

コングの斧でさえぎられちゃうし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地球内部の空洞が

なぜ真っ暗でないのかについても何の説明もなかったし

その穴の底からコングが上に上がってくるまで

熱線を吹かずにただ待っているゴジラも不自然だし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小栗某がやっていた芹澤博士の息子も

存在感が全くなく、役どころがよく分からない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラスベガス1週間分の電力で止まりかけたコングの心臓に

カウンターショックを与える、という設定も

カウンターショックは止まった心臓に対して行う処置で、

動いてる心臓にやったら止まっちゃうよ。

そして心臓が止まりそうなほどのダメージを受けたコングが

電気ショック一発でまた全開パワーを回復しちゃうのもオカシイ。

1962年の「キングコング対ゴジラ」で

キングコングがカミナリ浴びて

電気エネルギーたくわえて

パワーアップしたエピソードがあったが、

それへのオマージュなんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも「怪獣プロレス」は迫力がありました。

第一ラウンドはなんと原子力空母上の

「海洋デスマッチ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

破壊された原子力空母からの

放射能漏れの方がかなり心配ではありましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして第二ラウンドは、香港。

ナゼに香港なのかはチャイナマネーのためか、

1962年の熱海のような歓楽地がこのカードにはふさわしいと考えたのか。

それならいっそラスベガスでもよかったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてまた、残念だったのは

小栗某が変顔で操縦するこのメカゴジラのデザイン。

これはイタダケナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラクタの寄せ集め的なデザインで、

メカゴジラ伝統の毅然とした美しさがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初代メカゴジラ。

個人的には、これが一番好き。

鼻がブタだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして2002年の二代目メカゴジラ。

これも二等辺三角形の造形がスバラシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは正式には「三式機龍」といい、

自衛隊の対ゴジラ兵器で釈由美子ちゃんが操縦していたのであった。

こんな女の子に託すのはどうかと思ったものでしたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、「怪獣プロレス」をいかに見せるか、

というコンセプトであれば、最初から最後まで格闘シーンの連続で

見せ場は多いが、ドラマがほとんどなくて

格闘バトルゲームのような感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それさえあれば良い、

というファンも存在するのかもしれませんが、

昭和のゴジラファンとしては

1954年の「ゴジラ」が原点なわけで、

その意味では、そんなワレワレをもうならせた

「シン・ゴジラ」の偉大さを再確認した思いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、逆にアメリカの新しいゴジラファンは、

むしろこういう格闘技選手権ゲームバトルを

求めているのかもしれず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怪獣たちは派手に街を破壊しますが、

逃げまどう人々は、あまり描かれず

怪獣によってもたらされるその場にいる人間の

「恐怖」や「災厄」については

ほとんどまったく触れられていません。

まるで無人の街を破壊しているかのようです。

放射能、核へのアンチテーゼは

無論、微塵もありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肝心の「頂上決戦」は、

一応ゴジラがキングコングを瀕死の状態まで叩きのめし、

勝者となったが「武士の情け」でトドメを刺さなかったところに

メカゴジラ登場で、今度はゴジラピンチ。

そこに復活したキングコングが

メカゴジラを倒して、

予想通り(?)の痛み分け、ということになり、一件落着。

協力してメカゴジラを倒した

ゴジラとキングコングが最後に握手しなくて良かった。

(マジでハラハラしながら祈ってました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良かったのは、最後に戦いを終えたゴジラが、

夕日の海に帰っていくシーン。

これは、まさにあのゴジラ第15作目にして、

ゴジラ第1シリーズ最終作、

そして本多猪四郎監督の最後のゴジラ映画である

「メカゴジラの逆襲」のラストシーンの

完璧な再現でした。

思わず、映画館で声を上げそうになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1975年のこのラストシーンでゴジラシリーズは「終了」。

その時には1984年になって「復活」するとは思いもよらなかったので、

このシーンが、ゴジラとの永遠のわかれであったわけです。

ちなみに本多猪四郎監督のゴジララストショットでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということはハリウッド版ゴジラも

これで当面新作はない、ということなのでしょうか。

 

 

 

3件のコメント
2021.07.05

熱海の思い出

 梅雨末期の集中豪雨は

毎年日本のどこかに災害をもたらしますが、

今回は、熱海、伊豆山でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 災害にあわれ、お亡くなりになった方には

心よりご冥福申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は熱海の伊豆山には何回も行ったことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前も書いたことがありましたが

ワタシの祖父、祖母が伊豆山の別宅に住んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻咽喉科医だった祖父は、

当時大学病院の助教授だった父を呼び寄せて医院を継がせ、

自分は熱海に、おそらく貸別荘みたいなものであったと思いますが、

移り住んで引退後は祖母とそこで二人暮らしをしていました。

まだ、ワタシが生まれる前からの話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、ワタシはお正月や夏休みはよくその熱海の家で

何泊も泊まって遊んだ記憶があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、高齢のため二人暮らしが心もとなくなり、

熱海の家を引き払って足利に戻ってきましたが、

たぶん1年ほどでまず祖母が、その2か月後に祖父が亡くなり、

その時ワタシは小学校1年生か2年生だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、熱海の記憶はあいまいなのですが、

いくつかは鮮明に覚えていることもあり、

家の周りの急峻な坂道や、

高台にあった家の窓から

海や初島が臨めた景色は今でも目に浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 熱海は山から海までが近いので、

今回の土石流はおそらく

かなりのスピードだったことがイメージできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 祖父の記憶は漠然としかないのですが、

たぶん厳しい人だったというイメージがあります。

今にして思うと、

海軍軍医で自分は東郷大将と同じ墓地に入りたいといい、

東京の多摩墓地を購入したほどの厳格な軍人気質の祖父が、

キッパリ引退して当時の高級リゾート地だった熱海に住む、

というのは何となくしっくりこない印象もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 明治生まれの人というのは

大正生まれや昭和初期の人と違って

むしろそういった先取のライフスタイルに

柔軟だったのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.07

続編も見ちゃいました、アトラクション侵略

 この間、映画「アトラクション制圧」について書いたので

クダラナイ映画だけど、前作で記事を書き、

続編も観たので書いときます。

前回も「制圧」しなかったけど、

今回も「侵略」はありませんでした。

そこはもう、織り込み済み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回で宇宙人から不思議な力を授かったヒロインは、

そのパワーにつき軍の研究対象になっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこを逃げ出す彼女に、

宇宙に帰った彼がまたまた現れ2人で逃げる。

しかし彼の仲間の異星人(AI?)は

メディアを乗っ取り、

市民に彼女がテロリストであるという情報を流し、

また軍の命令系統をハッキングして

彼女らに攻撃命令を出させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このプロットが唯一良かった。

スマホの会話をハッキングして改変し

違った内容を伝えるのは

「デマの伝播」と同じことだし、

ニュースキャスターにウソのニュースを語らせるのは

まさに「フェイクニュース」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人間がいかにこういったデマや

フェイクニュースによってミスリードされやすく、

災害や騒動の際、それが大変恐ろしい事実誤認につながるということは、

東日本大震災や新型コロナウイルスの感染拡大のときにも垣間見えました。

この映画はそこの危うさをうまく突いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 友人のアドバイスは必ずしも正しくないし、

テレビで言ってることがすべて真実というわけでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、この映画では一人の人間を殺すために

こんな回りくどいメンドクサイことしなくても

それだけの科学力があれば、

なんかもっと別の手があるような気がしますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前作のヒットでだいぶ製作費が増えたみたいで、

CGの迫力はかなりパワーアップしてハリウッド並みでした。

大画面テレビ向きです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリーは二番煎じ、演出もソツだらけですが、

前作よりはましになったかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、もう一つ見どころ。

前回出たスホーイSu-27フランカーは今回も出ていましたが、

今回異星人の宇宙船を破壊するのは、このTu-160。

アメリカのB-1に対抗して作られたと思われる超音速可変翼爆撃機。

ロシアのの呼び名は「ベールイ・レーベチ」で白鳥の意味だが、

NATOのコードネームは「ブラックジャック」。

劇中でも字幕は「ブラックジャック」になってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さてさて、このフェイクニュースネタで、

もっと面白い映画できないかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワクチン陰謀論とかか?(*^^)v

 

 

 

コメントはまだありません
2021.05.04

ホラー映画

 ウチの娘はホラー映画ファンらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 らしいというのは、

この娘は小さいころチョー怖がりで、

お化け屋敷や、キモだめしの類は、全然ダメで、

保育園時代、先生がお面をかぶった節分の鬼でも

ビービー泣いてたクチでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻とのラインや電話からの情報では、

一人暮らしを始めてからは

映画館や動画配信などで相当ホラー映画を見てるようだ。

妻の話では小さいころの反動ではないかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレ夫婦は映画の趣味はかなり一致しており、

好きな映画は似通っている。

違いはワタシがアニメ映画は観ないことと

妻が戦争映画を観ないこと。

そして原則として2人とも

ホラー映画、恋愛映画、韓国映画はまず見ないのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コワイのがダメというわけでは無く

コワイSFモノは大好きで

「エイリアン」「遊星からの物体X」「ポルタ―ガイスト」

などは、お気に入りで何回も見たし、

スティーブン・キングのファンで

「シャイニング」や「ペットセメタリ―」なども

好きな作品ではあるのだが、

どうも血が飛び散るスプラッターって奴は苦手です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 別に2人とも外科医である以上、

血が苦手、ってことではまったくないのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 食わず嫌いかもしれないってことで、

スカパーをチェックしてて録画した

「死霊のはらわた」という1981年の映画を観てみました。

ネット上のホラー映画ランキングをいくつかみると

12位、14位、12位あたり。

評価は「ホラー映画の王道」「スプラッター映画を牽引した名作」

となかなか高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、全くツマラナイ。

それほど怖くもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリーも演出もツッコミどころが多すぎで、

あまりにくだらないので

観たのはよく似たタイトルの別の映画かと思ったくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、今度は観たことなくても

名前だけは知ってる超有名作品「サスペリア」1977年。

覚えてますよ「決してひとりでは見ないでください」の名コピー。

当時、かなり流行りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらはさらにランキングは6位、7位あたりの上位。

評価も「ホラーの金字塔」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、これも、拍子抜けでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんで、そうくる?

という展開でなんとなくシラケてしまうこと多し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「死霊のはらわた」よりはだいぶマシでしたが、

お粗末なストーリーで、

これがホラー映画の金字塔とは・・・・。

ホラー映画ファン、ワカラナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今日はジャンル的にはホラー映画ではなく

SF映画、でも怖いヤツ、ということで

1978年の「SF/ボディスナッチャー」という作品を観ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これがかなりオモシロかった。

宇宙から来た生命体が人類をコピーし、

入れ替わり地球を乗っ取るという。

「インベーダー」とか「ビジター」とか

ムカシからけっこうある話ではありますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかしこの手の話は間違いが少ない。

血は飛び散りませんが、コワイ、オモシロイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 人と入れ替わったエイリアンは、

完成しちゃうと外見上、もとの人物と何ら違いがない、

というところがコワイ。

子供のころトラウマになるほど怖かった

マグマ大使の人間モドキを思い出しました。

そういえば「鉄人28号」にも似たようなエピソードがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出てくる俳優さんがミスター・スポックのレーナーニモイと、

ザ・フライのジェフ・ゴールドプラムという、

ちょっと人間でないような雰囲気の俳優なのも面白い。

ジェフ・ゴールドプラム氏はのちの

ジュラシック・パークでのマルコム博士で有名ですが、

ワタシとしてはハエ男の印象が強い。

そういえば「ザ・フライ」もコワイSF映画で大好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリーも特に前半はテンポよく、

ぐいぐい引き込まれます。

ツッコミどころが少ないのがストレスが無くイイです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中のアクションシーンはいらない気もしますが、

ラストの「オチ」も良く、これはなかなか傑作だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、血が飛び散ってもなんとも思わないから、

一般の人と感覚が違うのだろうか。

いや、やっぱ、そこじゃないような気がする・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、「サスペリア」は1977年、

「SF/ボディスナッチャー」は1978年とほぼ同時期ですが、

主演女優さんが、けっこう似てると思いました。

上が「サスペリア」下が「ボディスナッチャー」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、助かったのはどっちでしょう?

あっ、これってネタバレ?💦

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.29

ロシア映画アトラクション制圧

 新しいテレビで、何か映画観ようってことで、

このあいだWOWOWで録画した映画を観ました。

2017年の映画。

なんと、ロシア製。

なんでもロシアSF映画史上最高のヒットを記録した映画だそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とはいってもロシア製はあまり信用していないので、

それほど大きな期待はせずに、

大画面でのCG目当てに見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ロシア軍が協力してるらしく、

のっけから本物のSu-27が、ガンガン飛ぶので、

あー、これだけでも見た価値はあったな、と。

カッコイー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 内容は、タイトルやポスターから、

「インディペンデンスデイ」的な宇宙人侵略モノかと思いきや、

さにあらず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どっちかというと「E.T.」とか「未知との遭遇」みたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリーや演出はB級以下、

ツッコミどころ多すぎで、

あらためて書く気もしませんが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく出てくる人はエイリアンとこの将軍を除いてみなバカなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ特筆すべき点は、基本的なコンセプトが反戦、博愛にあったことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 周辺諸国に侵攻し、少数民族を武力弾圧する

ほぼ軍事政権的なプーチン政権下で、

このような映画がつくられ、公開、輸出されたという点が

かなりオドロキというか、

ちょっと安心します。

中国ではまず許可が出ないだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ロシア軍、よく協力したもんだ。

いきなりミサイル討っちゃったのがこの惨事のもとなのに。

映画の内容を確認してなかったのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「アトラクション 侵略」というタイトルも

全然本編にマッチしてないのですが、

原題も同じなのかしら、と思いましたが、

ロシア語で全くわかりまっしぇんでした。(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.04.28

テレビ買いました

 実は新しいテレビを買いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今まで見てた液晶テレビが壊れたわけでは無いのですが、

あー、ゴールデンウィークもどこも行けないので、

家で映画でも見るくらいだなあ、

と考えたら、

そうだ、デカイテレビ買おう、

と思いたちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金曜日にヤマダ電機に行ったら、

もう翌日には配送、設置可能だとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間指定はできないということで、

土曜日は仕事がいつ終わるかわからないので、

日曜日に届けてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 じゃじゃーん、77型です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さっそく何か映画を見よう、ということで、

どうせ見るなら大画面にふさわしいモノにしよう、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というと、コレですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり、大画面で見たいものといえば「ゴジラ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このテンポのいい導入部は好きです。

有島一郎さんは、のちに「飛びだせ!青春」の校長先生役でいい味出してましたが、

ワタシ的にはこの多胡部長がベストアクトだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高島忠夫もいいぞ。

藤木悠とのコンビも最高。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして造形的には初代ゴジラと並んで、このキンゴジが、

ワタシの好みです。

モスゴジも良いけど、やはりキンゴジ派だなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 対するキングコングは言うなればハリウッドスター。

つまり外国人レスラー対力道山の構図。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆三角形のキングコングとの対比を演出するために

キンゴジは三角形、トカゲ顔が強調されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この史上初の怪獣プロレスは

まさにエンターテインメントゴジラ映画の極致。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 舞台が熱海城、ってのもエンターテインメント感を演出しててイイ感じです。

ご存知ない方のために言っておきますが、

熱海城は天守閣風に作った鉄筋コンクリート造りの娯楽施設で、

歴史上に実在した城郭ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は耳鼻科医であったワタシの祖父は現役を引退したのちは、

祖母と2人で熱海の別荘に住んでいたので、

子供のころは何回か熱海城に遊びに行ったことがあるのです。

この映画とも重なる、熱海が日本のマイアミみたいな存在だった時代です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー買って良かった。

コロナ禍でステイホームな連休は何見ようかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2021.03.21

パンデミック・アメリカ/The Hades Factor

 ちょっと前に以前録画しておいた映画を見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原題は「The Hades Factor」日本語タイトルは「パンデミック・アメリカ」。

2016年製作のアメリカのテレビ用映画のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 内容はテロ組織が殺人ウイルスをばら撒くのだが、

それはもともとアメリカCIAが開発した生物兵器で、

主人公は秘密を知った恋人の生物学者をそのウイルスで殺されてしまう。

新型コロナウイルスによるリアル・パンデミックが起きてから、

こういったウイルス・パンデミック関連の作品の見方が変わって大変興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほいでもってそのウイルステロの謎を解明する主人公は

テロ組織とCIA両方から追われちゃうわけだが、

秘密組織カヴァート1の元カノが真相を知って、彼とともに秘密をあばく、

といったもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 CIAのほか、製薬会社、政府高官、

アメリカ大統領までが隠蔽に加担していた、

というお話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画作品としては、まあ、B級の域を出ませんが、

原作があったので、アマゾンで購入し読んでみました。

絶版だったので中古本をストアで買いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、これがビックリ、

全然内容が違うじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原作では殺人ウイルスはCIAの生物兵器では無く、

ある製薬会社の研究者が偶然ペルー奥地で発見したサル由来のウイルス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 彼はその抗血清をあらかじめ合成し、

ウイルスを自社の抗生物質に仕込ませて密かに世界にばらまいたあと、

その抗血清を発表して巨万の富を得ようとするわけで、

それに政府や軍の高官が加担している、というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 女エージェントは元カノではなく、

殺された恋人の生物学者の妹。

他もいくつかの点を除いてストーリー展開はほぼ別物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はこの原作のロバート・ラドラム氏は

超ベストセラー作家で、あのジェイソン・ボーンシリーズで有名です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この原作カヴァート1シリーズは、

彼の新シリーズで、「The Hades Factor」はその第1作なのですが、

なんとラドラム氏は2001年に急逝してしまっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、原作をここまで別物の映画にしても

原作者は死んじゃってるので大丈夫、ってことですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、原作の方が断然オモシロイ。

特に、原作だけに出てくる

アルツハイマー病の天才コンピュータハッカーのキャラが良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほぼ別のストーリーとはいえ

映画版でも、やはり政府と癒着した製薬会社が

抗血清を使って莫大な利益を受けようとするというのは

物語の重要なプロットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この薬の秘密から陰謀が暴かれるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 未知のウイルスに対し、

いきなりワクチンできてるのは偶然にしてはオカシイ、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、ワクチンワクチンいってますが、

ワクチンはあらかじめ免疫を獲得させて

感染を防いだり、軽症化させるもの。

治療薬ではありません。

ここで言う治療薬は特異的免疫グロブリン製剤、

いわゆる抗血清のことでしょう。

感染した人にワクチン打ったって治りませんから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと気になる点としては、

原作では、その製薬会社の名前は

「プランチャード製薬」なんですが、

映画版では、「マイザー製薬」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば「ファイザー製薬」は

今回の新型コロナウイルスワクチンでは大儲けしてるんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、他意は無いです。💦

 

 

 

コメントはまだありません
2021.01.11

「エンツォ レーサーになりたかった犬とある家族の物語」The Art of Racing in the Rain

 日本ではアメリカ映画を中心に数多くの外国映画が毎年公開されているが、

中には日本未公開の映画に思わぬイイ映画があったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 WOWOWで放送されたこの映画

「エンツォ レーサーになりたかった犬とある家族の物語」

は2019年のアメリカ映画ですが、日本未公開でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タイトルにレーサーとあれば

「エンツォ」とは間違いなく

あのフェラーリの創設者「エンツォ・フェラーリ」のことであろう。

そこで解説を見て録画しておき、見てみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あるレーサーがひょんなことから飼いはじめたレトリバー、

フェラーリにあこがれる彼によってエンツォと名付けられます。

このイヌと家族の物語を、

今際の際にある老犬エンツォの

回想、独白という形でストーリーがすすみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はイヌ映画は必ずしも好きなジャンルではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イヌを飼ってる身もありますが、

ムカシからイヌが悲惨な目にあったり、

危なく命を落としそうになったり、

イジメられてカワイソウ、などというのを「お涙頂戴」的に

盛ったストーリーはキライです。

日本映画によくあるんだなあ、この手の話が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その点、この話は冒頭に主人の腕の中で

老犬が安らかに死んでいくシーンから始まるので、

安心してストーリーを楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリー的にはありきたり、といえばありきたりですが、

イヌと家族の結びつきを丁寧に描いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エンツォの声がケビン・コスナーだったのはラストのタイトルロールで知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカのローカルレースから、

デイトナ24時間レース、そしてF1へと昇り詰めていく過程も

興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、最後のこのクルマのシーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、名車中の名車フェラーリ250テスタロッサですね。1958年モデル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コイツだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原題の「The Art of Racing in the Rain」は

「雨のコンディションでクルマをコントロールする

芸術的なレーシングテクニック」と

「人生の逆境をのりきっていく能力」

をかけたモノでしょうが、

ウエットレースで抜群のドライビングテクニックを発揮し、

「雨のセナ」と呼ばれた

アイルトン・セナのことも思い出さずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画中でもセナのことが何回か語られ、

最高のF1ドライバー的な言い方もされてます。

やはり作者にとっては最高のF1ドライバーは

ミハエル・シューマッハでもルイス・ハミルトンでもなく

アイルトン・セナなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それも含めて、大変良い映画でした。

イヌと家族とアイルトン・セナと、

やっぱり、最後は、泣いちゃいます。

レースがウエット・コンディションなので仕方がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に雨のセナ、伝説のゴボウ抜き、

お急ぎの方は3:00くらいからどうぞ。

これぞ、The Art of Racing in the Rainです。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ