ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.09.22

屋上

 コメント欄の情報により、

映画「沈黙のパレード」の屋上シーンは

ナント足利市役所であることがわかりました。

ホントだ。

あしかがフィルムコミッション」より。

     

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 わざわざ、このシーンのために足利まで来たのか。

他に屋上はいっぱいあるだろうに・・・・。

あ、小倉耳鼻科が見える、なんて。言ってねーか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、前々から気になっていたことですが、

映画やドラマで屋上シーンって、やたら多いですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たぶん、交通規制やヒトやモノの映り込みの心配が無く、

屋外の自然光で撮れるなどのメリットがあるせいでしょうが、

そんなに屋上で会話すること、フツーは無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このことが気になりはじめたのが、

以前「チームバチスタシリーズ」を見ていた時、

医者同士や、看護師さんやなんかが、

やたら病院の屋上で会話をするシーンが多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも病院の屋上は、入院患者の安全面からも、

そんなに簡単に出られる場所ではないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少なくともオレは、

勤務医時代、病院の屋上はほとんど出たことは無いし、

そこで誰かと立ち話をしたこともないぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、大学病院勤務時代は、

スギ花粉症の研究をしていたので、

毎年1月から5月の連休までは

病院の基礎研究等の屋上に設置した花粉収集器まで、

毎日スライドグラスの交換に登ってましたけど。

(けっこう地味に大変だった。)

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.09.21

沈黙のパレード

 本日はまた映画館へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は妻がこのヒトのファンなので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 正確には福山雅治氏ではなく、

湯川学博士のファン、

というか「ガリレオ」シリーズのファンなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東野圭吾氏はワタシも大好きだが、

作品には当たり外れがあったり、

設定もちょっと趣味に合わないものもありますが、

この「ガリレオ」シリーズは、

「実に、面白い。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回「沈黙のパレード」は

2008年10月公開の『容疑者Xの献身』、

2013年6月公開の『真夏の方程式』に続く、

『ガリレオ』シリーズの映画版としては3作目となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先行するテレビの「ガリレオ」シリーズは、

第1作(第1シーズン)が2007年10月15日から12月17日まで、

第2作(第2シーズン)が2013年4月15日から6月24日までの放送で、

我が家は最初からリアルタイムでは見ていませんでしたが、

妻が、どこからか情報を得て見るようになりました。

(実はその後彼女はテレビシリーズの

DVDボックスセットを購入し全話制覇した。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画も、第1作目はあとからWOWOWで見たのですが、

第2作は映画館に見に行きました。

大変面白かったが、2013年というともう9年も前になるのか。

たしか、当時、足利ではなく、前橋かどっかで見たような記憶。

調べたら足利には当時営業してる映画館が無かったのでした。

ああ、そうだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画は、予想を上回る内容で、大変面白かった。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシがこの手のドラマ映画に求めるものは、

登場人物が、想定内の行動をとってくれること。

事件やアクシデントに対して、

いや、その行動は無いぞ、といったものが顕著だと、

観ている方はシラケてしまいます。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画なので、多少の偶然が重なる「都合のいい」展開は許すが、

えー、フツー、この場面でそれはしないぞ、というのが一番困る。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 という観点からは、今作品はストレスなく観られました。

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、登場する役者さんが、皆、上手でした。

ドラマではこれ、最重要です。

アイドルにヒロインをやらせると、ぶち壊しになることがよくあります。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プロット的には、ああ、これは「オリエント急行」だな、

と、早い段階で気づきましたが、

ちょっとした仕掛けもあって最後まで楽しめました。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、妻だけは原作をすでに読んでいたので、

映画を見るまでは、一切この作品について話をしない、

という約束をさせておりました。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画を見終わって、近くの川沿いの道に

ヒガンバナがたくさん咲いていたので、

夕方の散歩コースはここにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、もうしゃべってもいい?

と、原作と映画との違い、トリックの仕組みなどを一気にしゃべりだしました。

かなり、タマっていたな・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

4件のコメント
2022.08.22

ジュラシック・ワールド 新たなる支配者

 実はこの映画を見るかは、やや迷っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ブログにも書きましたが、前作「ジュラシック・ワールド 炎の帝国」

あまりにもダサく、がっかりさせられたため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、まあ、恐竜ファンの我が家としては、

やはり見ときましょうか、ということで。

我々夫婦が付き合うことになったきっかけには、

ともに恐竜大好きであった、ということがあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これ、吹き替え版になってますが、観たのは字幕版です。

映画館側のミスです。

吹き替え版が4回も上映があるのに字幕は1回しか上映がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結論から言いますと、前作よりはだいぶマシになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この恐竜と心を通い合わせる、という設定は絶対反対なのですが、

前作よりはその色はやや薄れてはいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やたら出てくるこのポーズ。

ギャグのようだ。

威嚇は出来るが、調教は難しく、相互理解は不可能でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 草食恐竜ならまだしも、肉食恐竜は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は、シリーズの壮大なる終幕ということを打ち出しているので、

キャストが多く、物語もてんこ盛りです。

キャストが多すぎるところに、

しかも皆、過去作品の主役級なので端折るわけにもいかず、

キャラかぶりがありごちゃごちゃしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリーも、これでもかというようなシナリオ。

ジュラシック・パークに加え、

インディ・ジョーンズ、007またはミッション・インポッシブル、

さらにはダイ・ハードあたりも入っているなあ。

最後の恐竜対決シーンはゴジラシリーズですし、

イナゴの話は「黒い絨毯」か「アラクノフォビア」か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サービス精神が旺盛なのはわかりますが、

もうちょっと、エピソードを整理した方が良かったような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 残酷シーンは最小限、主要キャストはすべて助かり、

悪人はすべて恐竜に食われちゃう、

そして恐竜同士の対決もあるという、

ハリウッド王道的な、

子供向けをかなり意識した演出でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 147分は長すぎる。

テレビシリーズなら良いけど、映画としてはまとまりに欠けた印象でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、第1作「ジュラシックパーク」の公開は1993年。

考えてみればもう30年も前なのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時は、CGで再現された恐竜が画面に現れただけで、

映画館で泣きそうになるほど感動したのですが、

今やCGが普及して、恐竜が動いたくらいでは、

お客さんは満足してくれません。

そこであれや、これやのアクションシーンで

エンタテインメント性を追求したのでしょうが、

やはり、シリーズ物は第1作を越えられない、

というセオリーは健在なのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.06.26

映画「シン・ウルトラマン」を見て 後編

続きです。前編からお読みください

 

 

 

 

 

さて映画はネロンガ、ガボラと来て、後半から「異星人」編に移行します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今度の相手は「遊星から来た兄弟」ことザラブ星人。

たしかザラブ星人の命名は兄弟=ブラザーから来てると記憶しています。

一見してザラブ星人、という造形ですが、背中側が透明(?)ペラペラ状でした。

表の顔とウラの顔が違う、という演出だったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、庵野監督がザラブ星人を出したかったのは、

この偽ウルトラマンとのシーンを出したかったからでしょう。

この写真はオリジナル版のもので

偽ウルトラマンは目が吊り上がっていて

当時子供心にも誰でも偽物とわかるじゃん、という姿でしたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の偽ウルトラマンは目のラインが曲線でなく多角形ですが

よく見ないとわからない、という設定になっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、メフィラス星人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初代メフィラスはそのスタイルの悪さ、短足、下半身デブ、が特徴(?)でしたが

「シン・メフィラス星人」はぐっとスマートになってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザラブ星人を登場させたのが、偽ウルトラマンのためとすれば、

メフィラス星人は間違いなくこの巨大フジ隊員を出したいがため。

メフィラス星人出たときに、まさか出るのか、と思ったが、やはり出ました。

フジ隊員役の桜井浩子さんは、この巨大化に対し

後年も監督に対し怒っていた、とのことですが、

長澤まさみさん、よく役を受けたましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メフィラス星人はオリジナル版でも自らを紳士と名乗っていましたが、

今回もその姿勢は変わらず。

それにしても山本耕史さんはすごい役者さんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある意味、主役級の存在感でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ザラブ、メフィラスと異星人シリーズなのですが、

正直言って、高度な知能と文明を持った異星人が

一人で乗り込んできて、しかも最後巨大化して体一つでウルトラマンと戦う、

という設定は、どうも納得がいきません。

やはりここはかつてのアメリカTVドラマ「インベーダー」や「V」の方が

物語に説得力があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナル版ストーリー「禁じられた言葉」では、

地球人のサトル少年が、メフィラス星人に

「地球を渡す」という口約束をいわないために、

メフィラス星人は地球征服をあきらめて宇宙に帰る、

という素晴らしいストーリーだったのですが、

そのくだりがまったく採用されなかったのが大変残念です。

子供のころ、自分はサトル君のようにふるまえるだろうか、と自問したものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、最後がこの映画、最大の謎、ゾフィーとゼットンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え、ゾフィーはウルトラマンの上司で、命を2つ持って、

ハヤタを助け、ウルトラマンを連れ帰る役なのではないの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのゾフィーがゼットンを使って人類を滅亡させる、ワケわかんねー。

ネットで知らべるとこれはゾフィーではなくゾーフィであって別物だと。

うーーーーーーん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもゼットンは怪獣(宇宙恐竜)ではなく、

「天体制圧用最終兵器」になってるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、この結末もわからなくはないですが、

一抹のモヤモヤ感が残りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論から言うと、映画のオープニングからのワクワクドキドキは

後半になり、なんとなく失速していった印象。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、当時の子供たちにとって、少なくともワタシにとって、

テレビシリーズ「ウルトラマン」の主役は

ウルトラマンでもなければ、ハヤタ隊員でもありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主役は、毎週いろいろな設定とデザインで登場する

さまざまな怪獣たちでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ同時に放映を開始した「マグマ大使」が、

4話完結で4週間続けて同じ怪獣だったのに対し、

「ウルトラマン」は毎週新怪獣が登場し、

「怪獣無法地帯」「怪彗星ツイフォン」「悪魔はふたたび」の回など、

複数の怪獣が登場するサービスぶりでした。

実は当時「ウルトラマン」で一番楽しみにしていたのは

「次週予告」だったような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、残念なのは外星人との戦いが主になり、

主役であるはずの怪獣が脇役になってしまったことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、もともとがテレビシリーズであり、

映画化にあたって、監督の考えもあったと思いますが、

ちょっと、残念だったかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画を見終わって、妻とどこが良かったか、感想を話しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻が言うには、科特隊本部の電話の呼び出し音が、

テレビシリーズと同じ音だったところ、だそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、それ、オレも思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ、ウルトラ世代だなあ。

 

 

 

コメントはまだありません
2022.06.25

映画「シン・ウルトラマン」を見て 前編

水曜日の休み、午前中は歯医者、お昼はヤマダ電機でエアコン、

そして、夕方はまたまたユナイテッドシネマ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水曜日、ボーナス前は駐車場も空いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観るのはもちろんこの間見逃した「シン・ウルトラマン」。

ウルトラ第1世代のワレワレとしては、

これはマストな映画なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「トップガン」のような復習は全く不要。

オリジナル「ウルトラマン」ならば隅々まで頭に叩き込まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープニングのグルグルからシン・ゴジラのロゴ。

それが破れて赤バックの空想特撮シリーズ「シン・ウルトラマン」。

懐かしい展開だが、

この映画が「シン・ゴジラ」の文脈上にあることを示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、いっさいの予備知識なしに臨んだこの映画ですが、

冒頭のトンネル工事現場のシーンで、怪獣出る前に、

あっ、これはゴメス出るな、

とわかっちゃうのはウルトラ世代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、実際にゴメスが登場し、この映画の主役怪獣はゴメスなのか、

ウルトラマンには登場しないのに、と思う。

「ウルトラQ」の記念すべき第1話に登場するオリジナルのゴメスは

ゴジラの着ぐるみに化粧直しを施した使いまわしなので、

シン・ゴジラからウルトラワールドにつなげる演出なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リトラも出るのか、と思ってるうちに

画面が素早く変わり、今度は「マンモスフラワー・ジュラン」。

これもウルトラQ。

放送では第4話だが製作順ではこれが最初に撮られたウルトラ怪獣。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確か。マンモスフラワーは炭酸ガス固定装置で退治されたはず、

などと思っていると、画面は早くも「ペギラ」にうつる。

ああ、ペギラ。

幼稚園のころ「ウルトラQ」の放送開始を知らなくて、最初の何話かは見逃してしまい

最初にテレビで見たウルトラ怪獣がペギラであった。

弱点は南極に生えるコケに含まれるペギミンH。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては「ラルゲリュース」。

これまた意表を突いた地味なチョイスだー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、これは「カイゲル」?

貝獣「ゴーガ」ではないのか。

家に帰って調べたら「カイゲル」はシナリオの予備稿段階での呼称だったとか。

そんなことも聞いたことがあるような気もするが忘れてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後は「パゴス」。王道です。

「虹の卵」はウルトラQの中でも傑作エピソードだと思う。

このときはサザメダケの花は咲いたのだろうか。

しかし、このパゴスはカッコ悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここまでが怒涛の導入部なのですが、

圧倒されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っていうか、怒涛過ぎる、もっとゆっくり見たい。

家で見てたら絶対、巻き戻して静止画にしてみるところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、物語は本編の「シン・ウルトラマン」へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベムラーから始まると思いきや、まさかのネロンガだ。

これも怪獣登場前からイナヅマが山に落ちるシーンで、

ネロンガが出る、と確信しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはもう、どこから見てもネロンガ。

ネロンガの特徴である焦点の定まらない目つきも。

カッコいいぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時点で科特隊はジェットビートルにのって飛び回ったり、

スーパーガンをもって地上戦を行うのではなく、

前線本部にパソコンを並べて怪獣と戦う、という

「シン・科特隊」スタイルが、ナルホド、と腑に落ちました。

でも、なんか、物足りない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ウルトラマン。

何と、カラータイマーが、ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

劇中でもあの銀色の巨人は着衣なのか裸体なのか、

という議論がありましたが、

カラータイマーがないと、なんか急に裸体感が増して・・・・(/ω\)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、やはりウルトラマンは地上ではエネルギーが長く持たないと見え

消耗すると赤い部分が緑に変わる。

カラータイマーもそうだけど、

ピンチであることが相手にわかっちゃうのはホントはマズイ。

しかし、思い返すと、ワタシが初代ウルトラマンを初めて見たとき

作品自体はカラー放送だったのだが、

我が家のテレビはまだ白黒だった。

カラーのウルトラマンを見たのは再放送から。

体表の色が変わっても白黒ではワカリマセンね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ次の怪獣は、地底怪獣。

地底怪獣というと、マグラ、テレスドン、ゴルドン、ガボラなどがぱっと頭に浮かびます。

ゴモラも地中にもぐるが、この動きは違います。

モングラ―はウルトラQ怪獣なので除外。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒントは、パゴス、ネロンガの系列だ、とのコメントが劇中であったこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウルトラシリーズでは、経費削減のため、

以前登場した怪獣の着ぐるみに改造や頭部のすげ替えをして

別の怪獣として登場させていました。

さきほどのゴメスもしかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ピーターがゲスラになったり、ベムラーがギャンゴになったり。

ペギラはチャンドラーに、ガヴァドンBタイプはザンボラーになりました。

アボラスはレッドキングの頭部に別のアタマをのっけたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パゴス、ネロンガは体の部分の着ぐるみが共通、

ということはこの地底怪獣は「マグラ」あるいは「ガボラ」しかない、

ということはちょっと考えればわかることです。

この着ぐるみのオリジナルは「バラゴン」なので、

むろん「バラゴン」という説もありますが、

バラゴンは「フランケンシュタイン対地底怪獣」で登場した東宝映画の怪獣で、

東宝映画の怪獣とウルトラ怪獣は同じ作品に登場しない、

という大原則がありますので、除外されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には「マグラ」が良かったのですが、「ガボラ」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと前に、妻と一番地味なウルトラ怪獣は何か、

という議論をしたことがありますが、

ワタシの意見としてはなんといっても「マグラ」です。

正統派怪獣のスタイルなのに科特隊のナパーム手榴弾でやれれてしまう、という。

まあ、その回がレッドキング、チャンドラーなどが出現する「怪獣無法地帯」だったので

ストーリーの展開上、やむ無しではあったのですが。

個人的には「怪獣無法地帯」の予告編から大いに期待していた怪獣でしたし、

ウルトラマンのタイトルバックの影絵にも登場する怪獣なので、

ぜひいつの日かコイツが日の目を見るときが来ることを願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 若干話が脱線しました。

今回のガボラは頭がドリルタイプでした。

ドリルもまた昭和特撮少年には欠かせないアイテムで、

モゲラやグビラなどの怪獣、

マグマライザーやジェットモグラタンク、轟天号や宇宙防衛艦・轟天などの

SF車両、兵器などに搭載されていました。

そういえば、科特隊の部屋にあった数々のSFモケイ。

スタートレックのエンタープライズ号や

マイティ・ジャックのマイティ号が目に付いたが

その横に轟天、ありましたね。

ガボラの頭部が開くのがいつなのか、

どうやって開くのかばかり気にして見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて映画「シン・ウルトラマン」はここから後編になりますが、

長くなりましたので、ブログのほうも前編はここまでとします。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.06.19

「トップガン・マーヴェリック」観てきました

 さて土曜の午後のもう一つのミッションとは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここ、アシコタウンにはいつも利用するユナイテッドシネマがあります。

妻と待ち合わせて映画を見る約束。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回見るのは「トップガン・マーヴェリック」。

本当は先に公開された「シン・ウルトラマン」を観ようと思ったのですが、

上映時間が予防接種時間と重なっていたため、

今回はこちらを観ることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、この映画、いわずとしれた1986年の映画「トップガン」の

36年ぶりの続編です。

本来は2020年公開予定でしたがコロナの影響で延期になっていました。

もともと海軍機好きのワタシはこの初代の「トップガン」を観て、

アメ横でG-1フライトジャケットを買いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今日の鑑賞に先立ち、

昨夜アマゾンプライムで1986年の「トップガン」を

「復習」しておいたのですが、これが良かったです。

なんと、新作「トップガン・マーヴェリック」は

オープニングシークエンスがトップガン設立の経緯を説明する字幕から

空母からの発艦シーンまですべて第1作を踏襲した演出になっていました。

曲も同じ「Danger Zone」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、ここで全部ココロ持っていかれました。

もう、泣きそうです。

違うところはF-14とA-6、A-7だったのが、

F-18とF-35 になっているところ。

そしてもう一つ、これは後で知ったのですが

トップガン説明のテロップが「men」から「men and women」に変わっていたそうで、

なるほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第1作を超える続編はない、というのが映画界の定説ですが、

ひょっとしてオレ的には新作の方が面白かったのでは、

少なくとも2日連続で2作を見比べた範囲では、という印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 59歳になったトム・クルーズは、

二枚目ではあるが、もともと童顔なのでどこかトッチャン坊や的な風貌で

それほどカッコイイともいえないのですが、

よく頑張っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 周囲のトップガンパイロットに二枚目を配さなかったのは

トム・クルーズが自分が目立ちたいための

ハリウッド・パワハラかと思いましたが、

これはこれでよかった。

ジャニーズ的な2枚目お坊ちゃんがエースパイロットでは

かえって興醒めですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、映画の主役はなんといってもヒコーキなので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 戦闘シーンなどは当然CGとの組み合わせだと思いますが、

ともかく実際に実機が飛んでる、というリアリティはスゴイ。

ちなみにF-18の機体使用料は1時間当たり144万円かかったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本当はF-35 が出るべきところを、

映画の中ではよくわからない理由でF-18でなければこの任務は出来ない、

と、強引にF-18を主役に据えたのは大変ウレシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 劇中の作戦も、これはやっぱり無人機を使うよなあ、

という内容ですが、ハリウッド映画なのでこれでヨシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この作戦はスターウォーズのダークスター襲撃を彷彿とさせますが、

そのオリジナルは朝鮮戦争を描いた映画「トコリの橋」。

その映画ではF-6Fパンサーが主役でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、最後にF-14が登場しちゃう💛

最初の映画のセリフで敵基地には第5世代戦闘機と古いF-14がある、

というのがあって

F-14があるとするとこの国はロシアや中国、北朝鮮では無くて

イランしかねーじゃんと思ったのだが、

これが伏線になっていたとは。

アメリカ以外でF-14を採用した国はイランしかないのですが、

まあ、架空の第三国ということで。

トム・クルーズがその扱い慣れた可変翼を武器に

相手の最新鋭第5世代戦闘機を翻弄する場面はワクワクしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 F-14の運用は1974年で、F-18の運用開始は1983年だが

F-14はその運用コスト高により2006年には退役しており

現役で最新のアビオニクスに改修、更新されているF-18とは

見た目の違いはそれほど多くなくとも

コックピットはまったく別のシステムであろうから、

同乗した若いルースターがその古さに愕然とした、というシーンは愉快でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、最後、あの状況でハングマンが助けに来る、

というのも鉄板のお約束なのですが、

これが、ハリウッド・エンターテインメントの極み。

じゃあ、なんでハングマンはF-35ではなく、

旧式のF-18で助けにきたのか、という野暮な質問は置いておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、映画はこの爽快感が大事、

ということで、今回の「トップガン・マーヴェリック」は合格です。

それにしても気になったのは、劇場で見たお客さんの年齢層の高さ。

杖をついている年配の女性など、高齢者の個人、グループがほとんどでした。

そういえば曲もデビッド・ボウイのLet’s DanceやT-REXのGet it On。

F-18の飛行シーンでザ・フーのWon’t Get Fooled Againがかかったときはシビレました。

前作「トップガン」は青春映画であったが、

この映画のターゲットはワレワレを含め、

1980年代に青春を過ごした年代なのだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.06.08

ついでに(?)井上泰幸生誕100年展

水曜日の休診日、東京へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主たる目的は、あくまで妻の両親が入居を検討中の介護型老人ホームの下見、見学。

お昼の試食、美味しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、そのあと、清澄白河に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京都近代美術館、初来館です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目指したのは「井上泰幸生誕100周年記念展。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

井上泰幸氏は円谷英二特撮監督のもと、

数多くの名作ショットを残した特撮美術監督です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場内撮影可なのは入り口のここともう一か所のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、以下はミュージアムショップで買った、

5000円近くする図録から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 井上泰幸氏は円谷プロの円谷英二監督の片腕として

美術監督を担当し東宝特撮映画で、

数々の名場面を演出してきた人です。

あのキラアク星人の円盤も妖星ゴラスもこのヒトがデザインしたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゴジラ対エビラ、学校帰りの映画館のポスターにドキドキしたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画だけではなく円谷プロとして、あの名作ウルトラQも数多く手がけています。

「ゴローと五郎」は淡島ロープウェイのシーンが印象的でした。

大人になってから実際にこのロープウェイに乗って感動しましたが、

今は撤去されてないそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時世界ナンバーワンだった日本の特撮技術は、

このような職人とマニアの手作業によって形作られていたのだ。

日本は敗戦後の戦後復興の貧しい時代、

金は無いけれど手先の器用さと発想のひらめきで

彼らは次々に夢のような映像世界をモノにしていったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけでお宝だらけの展示の最後は、

この展覧会の見せ場、映画ラドンで組まれた

福岡天神の西鉄岩田屋デパートセットの再現です。

場内ではここのみ撮影可でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、スゴイ。

まるで映画の中にいるような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の特撮映画市場でも屈指の名シーンだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何しろラドンは、踏みつぶしや放射能の熱線ではなく、風で建物を破壊するので

そのミニチュアワークは、飛び方まで考えた精緻を極めたものだったでしょう。

映画ラドンでは当時できたばかりの西海橋が破壊されるシーンも見事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつまで眺めていても飽きない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラドン公開は1956年12月26日、怪獣映画としては初のカラー作品だったと思います。

メルボルンオリンピックは1956年の11月22日から12月8日まで開催されました。

夏物一掃なので、映画の設定は1956年夏、ということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうなるとメフィラス星人によって巨大化されたフジ隊員を思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 となると、こちらはウルトラQ「変身」でモルフォ蝶によって巨大化した巨人か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 平日とあって、すいててじっくり見られたので大満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東宝特撮映画は今も心のオアシスです。

フラッシュ禁止なのでよくわからないけれど、実物大の井上氏とのツーショットです。

ラドンは2Dなので薄っぺらくなってます。

ありがとう、円谷プロ、東宝映画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.30

日本三名城

 この間、姫路城に登りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 姫路城は、間違いなく人気、実力ともに日本一のお城ですが、

ブログを書くためにちょっと検索したら

日本三名城というのがあるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 三名園、三名橋、日本三景、三名瀑などなど日本人は三名○○が好きです。

ここに挙げたものは有名なやつですが、

これくらいならワタシも一応暗記しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、三名城は知りません。

果たして後の2つは何と何か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 姫路城はまずテッパンですが、あとの2城はどこでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが実は曖昧なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現在では、姫路城、大阪城、名古屋城、熊本城が

各々三名城を名乗っているという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、なんかわかる。

特に大阪城と、名古屋城。

地元民のプライド高そうだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば三名橋も錦帯橋、眼鏡橋のほか3番目には

日本橋または瀬田の唐橋でどちらの場合もあるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はこういう「番付」は江戸時代にブームになって、

例えば温泉の東の大関(昔は横綱がなかった)が草津温泉で、西が有馬温泉、

などという記録が残っていますが、

三名城に関しては江戸時代は江戸城、大阪城、名古屋城、次点に熊本城

ということらしい。

姫路城は入っていないのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後戦災などによる焼失、損傷があり番付が変わったわけですが

そもそも明確な基準があるわけではないので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにゴジラ三名城といえば

「ゴジラの逆襲(1955年)」の大阪城、

「キングコング対ゴジラ(1962年)」の熱海城、

「モスラ対ゴジラ(1964年)」の名古屋城、

ということになります。(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ゴジラの逆襲」では大阪城でアンギラスと戦いますが、

モノクロで画面が暗かったので

大阪城としてはウルトラマンの「怪獣殿下」での

尻尾の切れたゴモラとの一戦の方が印象が強いです。

万博にちなんだエピソードでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで国宝に指定されている天守閣は

姫路城(兵庫県)彦根城(滋賀県)松本城(長野県)

松江城(島根県)犬山城(愛知県)の5基だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうなると持ち前の収集欲、コンプリート願望が湧いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大阪城や名古屋城は行ったことがありますが、

鉄筋コンクリート造りエレベーター付きだったからなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 松本城と熊本城は学会に行った折に登りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、なると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 松江、彦根、犬山で学会がないかしら。

彦根城、犬山城は名古屋から1時間以内らしい。

名古屋で学会があっても行くかどうかはビミョーですが、

松江で学会があれば松江城は絶対行くでしょう。

だが松江に関しては、

まだそもそも島根県に行ったこともないからなあ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.05

大型連休はバットマン

 で、旅行も行かずこの連休中何をしてたかといえば

映画「バットマン」シリーズを見たのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間の「ザ・バットマン」があまりに暗かったので、

どんなものだったかというわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ま、ワタシのバットマンの原点は

1960年代に放映されたテレビシリーズだったのですが

その動画は手に入らなかったので、

1989年のこの作品から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バットマンを演じるのはマイケル・キートン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、これ面白いです。

やっぱ、これです。

マイケル・キートンは、ちょっとあれかなと思いましたが、

なんたってスーツがカッコイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バットモービルもカッコイイし、登場シーンも決まってます。

そして、何といってもアルフレッド。

好きだわー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、主役はなんといってもジョーカー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ギャラの大半をもっていったというが、

それだけの仕事はしてるジャック・ニコルソン。

この映画は観たときの私生活の状況もあり、個人的には評価高し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、次が1992年に公開された「バットマン・リターンズ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ミッシェル・ファイファーのキャットウーマンも気になるところですが、 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱり、ペンギンがいいですね。

キャラもいいが、この「造形」がスバラシイ。

ところが、本当の悪役は街の名士マックス・シュレックだったりして

この辺がストーリーがややこしい。

ここでもバットマンはやはり助演男優なのだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、以上2作でバットマンを演じたマイケル・キートンは

この秋公開の「ザ・フラッシュ」で再びバットマンを演じるという話だが、

今はこんな感じ。

まあ、マスクかぶるからヘアスタイルがこれでも大丈夫だけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ここでティム・バートンが監督を降りちゃって、

ジョエル・シューマッカ―監督になります。

1995年公開の「バットマン フォーエバー」。

この映画は劇場で観た記憶がないような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 監督だけでなく、キャストもがらりと変わって、

バットマン役はこのヴァル・キルマー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このヒト映画「トップガン」でアイスマン役だったヒトで、

そう思うと、もうアイスマンのイメージがだぶってずっと違和感があった。

二枚目だけど俳優としての深みにかける、という印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 敵役はトゥーフェイスとリドラー。

前2作と比べると、ちょっと弱いかな。

だから2人組なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう一つ、この映画からバットマンの相棒、ロビンが登場。

サーカス出身だったというのは腑に落ちた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 興業的には前2作を上回る大ヒットを記録したそうですが、

ストーリー的にはツッコミどころ多くてイマイチ。

敵2人にバットマンの基地にやすやすと侵入されて

バットモービルやもろもろの装置を破壊され、

ニコールキッドマンが簡単に誘拐されちゃうのは、ないなあ。

そもそも、このお姉ちゃん、どう見ても精神科の先生には見えない。

いつも口開いてるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、4作目が「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」。

1997年公開。

これも劇場では見ていないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 監督は同じだが、バットマン役はなんとジョージ・クルーニー。

今までで一番ハンサムになったが、ちょっとトシとりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、何となんと敵役Mr.フリーズには超大物アーノルド・シュワルツネッガー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはもう主役はこっちだ。

しかもヒーロー役ばかりやるシュワちゃんに忖度して、

悪役ながら妻を愛しとおし、最後は改心する、という設定。 

バットマンの影は限りなく薄い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 敵役ポイズンアイビーも悪くはないが、インパクトにかける。

フェロモンが武器、という設定はちと古いのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、バットガールの演技も、ハリウッドレベルとは程遠く・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お金はかかってるけれど、内容は子供番組の戦隊モノと大差ない印象でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、この映画は大コケし、企画が進んでいた次回作も中止。

ジョージ・クルーニーはこの映画を黒歴史として

二度とバットマンにはでないと言ったらしい。

最後にバットマン、ロビン、バットガールががっちり手を握って

これからはこの3人で悪と戦うぞ、

という演出が非常に物悲しく映ったのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的評価では

「バットマン」>「バットマン・リターンズ」

>>「バットマン・フォーエヴァー」>「Mr.フリーズの逆襲」って感じかな。

このあとバットマンは2005年の「バットマンビギンズ」でリブートされます。

その感想もそのうち見直すことが出来たら書くかも。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.04.17

THE BATMAN

久々の映画館。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて本日は、、、、あれ?

あった、一番下。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと見られました「ザ・バットマン」。

土日にワクチン接種があってなかなか時間がとれず。

今は1日1回しか上映なし。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに引き換えコナン君はすごいなあ。

封切り直後とはいえ、3シアターで繰り返し上映。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バットマンは昔から好き。

スーパーマンよりバットマンが好きなのは、

鉄人28号よりもブラックオックスの方が好きだったことと関係あるかな。

妻と初めて見たのも1989年のバットマンだったような。

この年のクリスマス〜お正月映画で

バック・トゥ・ザ・フューチャーPart2も同じ時期だったが、

バットマンの方が1週封切りが早く、先に観たと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃、テレビシリーズは「スーパーマン」は白黒で

「バットマン」はカラーだったような記憶があり。

でも再放送の記憶かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のバットマンは・・・暗い。

ほんと、白黒みたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 舞台はほとんど夜で、しかも雨が降っている。

そして画面も暗いが、バットマンのキャラも暗い。

もともと闇のヒーローなのだが、

流れるのはニルヴァーナの「Something in the way」。

この選曲が強烈なメッセージになっています。

フランシス・フォード・コッポラ監督が「地獄の黙示録」で

ザ・ドアーズの「The  End」をオープニングで使った時と

似た印象を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてヒーロー物というよりは探偵物のようなストーリーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、おなじみペンギンも出ますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の敵はリドラーです。

リドル(なぞなぞ)を出すキャラクターで、

かつてのテレビ版ではナゾラーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、おなじみキャットウーマン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、今回はまだキャットウーマンになる前段階みたいな設定でした。

今後、化けるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう恋愛シーン的なのはいらない派なのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回目を引いたのはバットモービル。

前シリーズの装甲車的、前前シリーズのSF的イメージを一新。

カマロやトランザムみたいな

アメリカン・マッスルカー的な車になっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、これでかなり良いのでは。

ただ、全体に画面が暗くて車の全貌がよく見えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この1889年のバットモービルも衝撃的でしたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ一番好きなのは

リンカーン・フューチュラを改造したこのクルマ。

バットモービルではなくバットマンカー。

テレビ版主題歌では

「〽️赤黒い火を吐くジェットカー」と歌われていたのが記憶にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、リドラーの挑発にいつになく取り乱すシーンや

秘密メカの使用も最小限でスタンガンなんかを使うなど、

生身の人間に近く、精神的にも未完成な印象を与える

今回のバットマンでしたが、

映画の流れからはキャットウーマンも含めて

シリーズ化する意思満々と感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、今回のバットマン、上映時間も長いしストーリーも冗長。

ジャスティスリーグ的な一連の作品は

CG格闘シーンばかりであまり好きでは無いのですが、

こっちはこっちでトーンが暗すぎて

もうちょっとユーモアがあった方が好みかな。

まあ、続編できたら見るとは思いますが。

バットマンなので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てなワケで、観たいのは次はこの辺かな。

話題のドライブ・マイ・カーはまったく興味ないです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ