ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.01.11

「エンツォ レーサーになりたかった犬とある家族の物語」The Art of Racing in the Rain

 日本ではアメリカ映画を中心に数多くの外国映画が毎年公開されているが、

中には日本未公開の映画に思わぬイイ映画があったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 WOWOWで放送されたこの映画

「エンツォ レーサーになりたかった犬とある家族の物語」

は2019年のアメリカ映画ですが、日本未公開でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タイトルにレーサーとあれば

「エンツォ」とは間違いなく

あのフェラーリの創設者「エンツォ・フェラーリ」のことであろう。

そこで解説を見て録画しておき、見てみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あるレーサーがひょんなことから飼いはじめたレトリバー、

フェラーリにあこがれる彼によってエンツォと名付けられます。

このイヌと家族の物語を、

今際の際にある老犬エンツォの

回想、独白という形でストーリーがすすみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実はイヌ映画は必ずしも好きなジャンルではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イヌを飼ってる身もありますが、

ムカシからイヌが悲惨な目にあったり、

危なく命を落としそうになったり、

イジメられてカワイソウ、などというのを「お涙頂戴」的に

盛ったストーリーはキライです。

日本映画によくあるんだなあ、この手の話が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その点、この話は冒頭に主人の腕の中で

老犬が安らかに死んでいくシーンから始まるので、

安心してストーリーを楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリー的にはありきたり、といえばありきたりですが、

イヌと家族の結びつきを丁寧に描いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エンツォの声がケビン・コスナーだったのはラストのタイトルロールで知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカのローカルレースから、

デイトナ24時間レース、そしてF1へと昇り詰めていく過程も

興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、最後のこのクルマのシーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、名車中の名車フェラーリ250テスタロッサですね。1958年モデル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コイツだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原題の「The Art of Racing in the Rain」は

「雨のコンディションでクルマをコントロールする

芸術的なレーシングテクニック」と

「人生の逆境をのりきっていく能力」

をかけたモノでしょうが、

ウエットレースで抜群のドライビングテクニックを発揮し、

「雨のセナ」と呼ばれた

アイルトン・セナのことも思い出さずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画中でもセナのことが何回か語られ、

最高のF1ドライバー的な言い方もされてます。

やはり作者にとっては最高のF1ドライバーは

ミハエル・シューマッハでもルイス・ハミルトンでもなく

アイルトン・セナなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それも含めて、大変良い映画でした。

イヌと家族とアイルトン・セナと、

やっぱり、最後は、泣いちゃいます。

レースがウエット・コンディションなので仕方がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後に雨のセナ、伝説のゴボウ抜き、

お急ぎの方は3:00くらいからどうぞ。

これぞ、The Art of Racing in the Rainです。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.10.16

映画「ミッドウエイ」観てきました

 この間、水曜日の午後、久々に映画館へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この前に見たのは3月中旬「野生の呼び声」だったので、

新型コロナウイルス感染拡大以降、初の映画鑑賞。

はじめてマスクして映画観ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日観る映画は、どれでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当然、これにキマッテル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「ミッドウエイ」といえば、1976年のハリウッド映画がありますが、

今回はいったいどんな作品なのか、

監督があのあの1998年版のハリウッド版「ゴジラ」の

ローランド・エメリッヒ、というので、期待と心配が半々です。

これ、1976年版。配役が超豪華。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、感想は・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ワタシ的には70点くらいかな。

もともとミッドウェー海戦は、日本にとって史上最大の負け戦なので、

観ていてスカッとするわけはないんですが、

やはり東宝の作った「ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐」(1960年)

「連合艦隊司令長官山本五十六」(1968年)

には、及ばないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、良かった点はなんといっても最新のCGによる迫力ある映像。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特にドーントレスから日本空母に突っ込んでゆく映像は、

CGでなければ、決して再現できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それと、ほぼ継時的に実際の戦闘をつづっていたところは良かったです。

エンタープライズ爆撃隊は日本艦隊を発見できずにいたが、

米潜ノーチラスを追って、艦隊から離れた駆逐艦「嵐」を発見し、

それを追うことによって南雲機動部隊が発見されたことまで

史実に即して描いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、それなら最後に大破、曳航されている米空軍ヨークタウンを

日本の潜水艦イー167が撃沈するところまで描いてほしかった。

まあ、アメリカ映画だから仕方がないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それと、主役である米空軍エンタープライズと、

急降下爆撃機ドーントレスは忠実に再現されているのだけれど、

日本の空母のディティールがいい加減なところがあって、

かなりガッカリ。

まあ、アメリカ映画だから仕方がないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、いくら何でも真珠湾のシーンで

ゼロ戦の射撃ごときで戦艦が火を吹くはずがないので、

ここは97艦攻、99艦爆もしっかり出してほしかった。

まあ、アメリカ映画だから仕方がないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、逆にドーントレスを追撃したゼロ戦が、

その後部銃座からの機銃掃射で撃墜されるのはアリエナイにもほどがある。

ドーントレスの最高速度は時速400キロに届かず、

最高速530キロ以上のゼロ戦とは140キロ程の速度差があったわけで、

運動性能も戦闘機と爆撃機では雲泥の差。

とくに真珠湾~ミッドウェー開戦時の熟練パイロットならば、

ドーントレスなど物の数では無かったはず。

まあ、アメリカ映画だから仕方がないけど。

でもこれは、アメリカ映画だからでは済まないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 太平洋戦争開戦時の日米の航空機を比較すると、

戦闘機ではゼロ戦はアメリカのF4Fワイルドキャットを完全に上回っていた。

雷撃機もアメリカのデバスデイターは300キロしか出ない旧式で

97艦攻には遠く及ばず、

また航空魚雷の性能も日本の九一式は世界最高であった。

映画中でアメリカの魚雷が日本艦に命中したが

不発だったというシーンが描かれていたり、

雷撃隊長がデバスデイターを見切って、

ドーントレスに乗り換える話も劇中出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 急降下爆撃機としてドーントレスは

99艦爆よりその性能面でやや勝っており、

ミッドウェー海戦でも日本空母にダメージを与えたのは

ほとんどがドーントレスだったはずで、

この映画の主役を張ったのも当然といえますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帝国海軍側の配役としては、

山本五十六が豊川悦司、山口多聞が浅野忠信、

南雲忠一が國村隼、源田実は誰か知らない人、

でしたが、4氏に対しワタシの持ってるイメージとは

イマイチずれたキャスティングだった印象。

まあ、アメリカ映画だから仕方がないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、そんな一人ツッコミを絶えず入れながら、

それでも最後まで楽しく」観ることができました。

あとでWOWOWで放送したらしっかりチェックしたいことがいっぱいあり、

それも楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

3件のコメント
2020.09.23

連休はお家で映画

さてこの3連休中は外食にすら出ず、ひたすらステイホームでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前録画した映画なんかを見てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、なかなか面白かった。

無人の貨物列車が暴走しちゃう話。

実話に基づいてるそうです。

デンゼル・ワシントンはいつもカッコイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムカシ見た「ハリケーン」も良かったなあ。

ボブ・ディランの曲「ハリケーン」から知って、見てみたんですが、

黒人差別による冤罪の実話の映画で、

けっこうイマドキの話題ですね、そういえば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「アンストッパブル」はストーリーはシンプルで

結末もある程度想像がつくんですが、

演出と俳優のキャラで一気に見ちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鉄道映画は好きです。

「カサンドラクロス」と「新幹線大爆破」が見たくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、これは日本の映画。

2010年の映画らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原作筒井康隆なので、

てっきり原田知世版「時をかける少女」のリメイクかと思ったら、

さにあらず、内容は続編というか、後日談でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1983年の原田知世版は、

大学時代原田知世ファンの大塚くんと映画館で見ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この1983年の映画は、けっこうオタク的信奉者が多いので、

2010年版はネットの映画評では、厳しい批判を受けていましたが、

ワタシ的にはかなりオモシロかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主演の女優さんは仲里依紗とクレジットされていたので、

「なかざと・いさ」って変な名前だなあと思っていたら、

「なか・りいさ」と読むらしくビックリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、全く知らない子かと思ったら、

朝ドラ「エール」で毎日見てた女優さんだったという・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし「時をかける少女」といえば、

ワタシ的には原田知世ちゃんでもなく、

NHKで1972年に放送していた「タイムトラベラー」なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これ第1回が1972年の1月1日の放送で、

お正月で親戚のうちに行ってて、

そこで偶然見たことをよく覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時小学校6年生でしたが、これには相当ハマり、

毎回、真剣に見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドラマのオープニングでストーリーテラーの人が

実際にあった超自然現象のエピソードを毎週紹介していました。

本編と関係ないエピソードですが、これが興味深く、

またその男性が椅子に座って後方から強いライトで照らされて顔が見えない、

という演出もミステリアスな雰囲気で良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 残念ながら、このドラマはVTR撮影で、

NHKが消去してしまっているので、今は見ることはできないそうです。

誠に残念。

NHK、ずさんすぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、映画を見て思いは1972年にタイムリープしたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まてよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原田知世さんの「時をかける少女」は1983年の設定のはず。

だが、この仲里依紗さんの「時をかける少女」では

1972年の4月に戻ってメッセージを伝えるといっていた。

(実際には間違って1974年の2月にタイムリープしてしまうのだが。)

ということは、この映画は1983年の原田知世版の続編では無く

1972年の「タイムトラベラー」の続編なのであろうか。

だから、芳山和子は原田知世さんが演じず、安田成美さんに、

そして、だから、この2010年の映画の過去の芳山和子はブレザーでなく、

セーラー服を着ている、ということ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、なんか、大発見かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント
2020.03.22

一等星の合言葉

先日ベテルギウスの話を書きましたが、

ワタシの天体に対する知識は、

その大半が、天文学者にあこがれていた小学生時代のものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今でも、各星座の一等星の名前はそらんじられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポラリス北極星が二等星であることも知ってますし、

夏の大三角形がこと座のヴェガ、はくちょう座のデネブ、

わし座のアルタイルであることも覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、今回のブログを書くに当たって、

ざっと調べたところ、間違って記憶していたことも発見しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

星座の中で一番明るいのがα星、

二番目がβ星であると思っていましたが、

必ずしも、そうではない場合もあるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのベテルギウスはオリオン座のα星ですが、

実はβ星のリゲルの方が明るいそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、今回の減光のせいではなく、以前からだそうで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはこの命名がドイツのヨハン・バイエルというヒトが

1603年に発表した「ウラノメトリア」という

星図書に基づいているからだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は星の明るさの測定が目視だったので、

このようなことが生じたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フムフム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つ、重大な記憶違いをしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリオン座が唯一、2つの一等星を持つ星座だと思っていましたが、

それは「北半球で見ることができる」という条件付きで、

実際には「ケンタウロス座」「みなみじゅうじ座」も

2つの一等星を持つ星座でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「みなみじゅうじ座」は、よく耳にする「サザンクロス/南十字星」で

α星の「アクルックス」(0.667等級)

β星の「ミモザ」(1.25等級)ともに一等星です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「みなみじゅうじ座」はγ星の「ガクルックス」も1.64等級と、

もうちょっとで一等星の明るい二等星だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「ケンタウロス座」。

β星の「ハダル」は0,6等級の一等星。

そして一番明るいα星は-0.1等級の明るさで

全天では-1.46等級のおおいぬ座の「シリウス」

「りゅうこつ座」の「カノープス」(-0.74等級)に次いで、

3番目に明るい星なんだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、この星には固有の名前がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜかと思い調べてみると、

どうもこの星が三重星であることに関係するようだ。

肉眼では1個に見えるが、

1689年にこの星が二つの天体からなることが発見されている。

ケンタウロス座α星A、ケンタウロス座α星Bと、

藤子不二雄A,Bみたいな名づけられ方をしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二連星というとガミラスとイスカンダルのように接近しているかと思いきや

α星Aとα星B間は太陽から土星くらいの距離で公転してる

というので、宇宙は広い。

しかも楕円軌道のため最大では

太陽から冥王星くらいまで離れることもあるとか(@_@。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに1915年に第3の星α星Cが発見され、

三連星であることがわかったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはさらに0.24光年も離れているというから、

ワケがワカラナイ。

公転周期は10万年から50万年という。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここら辺はワタシの天体学の知識と理解の範疇を完全に越えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年8月21日にα星Cに対してプロキシマ・ケンタウリ (Proxima Centauri) 、

2016年11月6日にα星Aに対してリギル・ケンタウルス(Rigil Kentaurus) 、

2018年8月10日にα星Bに対してトリマン (Toliman)

という固有名がそれぞれ正式に定められたそうですが、

一般にはこれらをまとめて「アルファ・ケンタウリ」と呼ばれる場合が多いとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、はっと心は少年時代に戻る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1974年公開のゴジラシリーズ第14作「ゴジラ対メカゴジラ」は、

2年前の1972年に日本に返還されたばかりの沖縄を舞台に、

翌1975年の沖縄海洋博とタイアップして製作された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴリラマスクをつけただけの「ブラックホール第三惑星人」が

メカゴジラを使って地球征服を目論むのであるが、

その秘密基地のセキュリティーがなんと赤穂浪士ばりの「合言葉」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その合言葉が「アルファ」の呼びかけに対する返答が

「ケンタウロス」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうか、沖縄は緯度が低いので北半球でも

ケンタウルス座がみえるから、

‥‥‥というわけではないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、進歩した科学技術でメカゴジラを操る宇宙人が

合言葉というのは、いかにもおそまつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーむ、壮大な宇宙の話だったはずが

いかにも矮小なB級映画の話になってしまった・・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.03.17

「野生の呼び声」

 日曜日の午前中、映画館へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょうど、家に戻っていた息子と3人で見に来ました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今回見に来たのは「パラサイト」でも「フクシマ」でもなく、

コレです。

アニメじゃない方だよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間、「フォードvsフェラーリ」を映画館で観た際、

予告編でこの映画を知り、ゼッタイ見ようと決めていました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、この映画の原作をワタシは多分小学校高学年の時に読んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「バック」という主人公のイヌの名前に確かな憶えがあり、

映画のタイトルは「野生の呼び声」だが、

読んだ本のタイトルは「荒野の呼び声」だったという記憶。

だが、ジャック・ロンドン原作、ということなら間違いない。

あとで、調べたら当時の和訳の題名はやはり「荒野の呼び声」でした。

原題「The Call of the Wild」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 主演はハリソン・フォードですが、やはり主役はこの「バック」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 19世紀後半のアラスカ・ゴールドラッシュの時代の物語ですが、

なんといっても犬と、アラスカ、カナダの自然がスバラシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特にユーコン川はカヌーイストの聖地であり、

ハリソン・フォードがバックとカナディアン・カヌーで川下りをするシーンは

20年ほど前、4駆にカヌーを積んで、

家族で全国の川下りをしていたころの思い出と重なりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時は北は釧路川から、南は四国、四万十川まで、

年に何回も家族でカヌーで川下りキャンプしていたので、

カヌーや焚火のシーンで、そのころの思い出がよみがえって、懐かしかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすがにあそこまでの急流は経験ありませんが、

あの滝を落ちた場合、カヤックならいいけど

オープンデッキのカナディアンカヌーの場合、

「浮力体」を積んでいないと確実に沈(チン)します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、またイヌも飼っていますので、

「バック」の仕草やふるまいに、

我が家のレディアと重なり合う部分を見出したり。

いや、賢さや勇敢さは全く別モノですが・・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして子供のころ本で読んで、非常に感動した記憶も蘇ります。

「バック」が小屋で狼の遠吠えを聞いて、

自分の中に眠る野生の本能が呼びさまされてゆくシーンは印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、当時の本については大雑把なあらすじしか記憶になく、

映画とはまた違う部分もあると思うので。

またあらためて読みなおしたくなり、

かえってさっそくアマゾンで注文してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハリソン・フォードのカッコイイ老け方も、かなり参考になります。

いつかオレもヒゲ生やそうかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画が終わったのが12時過ぎ、

いつもいっぱいになるアシコタウンの駐車場は

やはりコロナの影響か多少空所が目立ちます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 家に戻って、徒歩1分の中華料理店「泰鵬」で3人で昼食。

この店も昼時は店の外まで行列なんですが、

今日はテーブル席は満席でしたが、

カウンター席ならばすぐ座れました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画館もワレワレのほかは2組だけだったし、

空いてるのはラクで助かるんだが、

やはり、ここはもっと映画に行ったり、

外食したりしなければイカンなあ。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.11

フォードvsフェラーリ

先週の水曜日は映画を見てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、どれでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレです。(寅さんじゃないよ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、こんな記事を書いたワタシとしては、

公開前から楽しみにしていましたが、

やっと見られました。

シニアなので、1100円。

今回は、身分証の提出を求められなかった・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非常に面白かったのですが、

予想と違った点がいくつかありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このドラマは史実に忠実に作られていますが、

フォード対フェラーリの

メーカー対決がメインではなく、

キャロル・シェルビーとケン・マイルズという

2人のフォードGTの勝利に賭けた男たちの物語であり、

どちらかといえば、ケン・マイルズが主です。

だが、そもそも、ワタシはそもそも、

ケン・マイルズというドライバーを知りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシが知っていたことは

①フォードは若者に対するクルマの販売を強化するため、

モータースポーツ界に打って出た

②特にスポーツカーレースの頂点ともいえる

ル・マン24時間レースの制覇を狙った。

③そのル・マンで4連覇中のフェラーリを買収して手っ取り早く

目的を達成しようとした。

④だが、フェラーリに断られ、独自にスポーツカーを開発

⑤当初は歯が立たなかったが、3年目の1966年のルマンで

フォードGT40Mk.Ⅱが1~3位を独占した。

⑥翌1967年のデイトナ24時間では、フェラーリ330P4が1~3位を独占。

⑦同じ年のル・マンではフォードGT40Mk.Ⅳが優勝、

フェラーリが、2位、3位であった。

 

といったところ。

これらは当時読んでいた、少年雑誌の記事から学んだことです。

1967年のデイトナについては以前書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、以前のブログにも登場していますが、

今も手元に当時ワタシがつくったスクラップブックがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この記事は1967年のル・マン。

当時小学2年生。

要するにワタシがリアルタイムで知っているのは

1967年以降のモータースポーツ界なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、1966年のル・マン優勝車が、

クリス・エイモン/ブルース・マクラーレンの運転する

ゼッケン2番の黒いマークⅡだったこと、は知っているので、

映画でトップを走るゼッケン1番のケン・マイルズのマシンに

いつトラブルが起こるか、事故なのか、故障なのか、

そればかり気になっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさかチーム・オーダーで同時フィニッシュさせ、

スタート位置の関係でケン・マイルズの優勝が無くなった、

などということは知りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ケン・マイルズはル・マンから2か月後、

ニューマシンのテスト中に事故死してしまいます。

映画ではそこまでが描かれています。

上にあげた⑤と⑥の間、というところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、ワタシがモータースポーツに興味を持ったときには、

もうすでにこの世にいなかった、

だから、ワタシは知らなかったわけでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだったのかー。

52年目にして知った衝撃の事実に、動揺を隠せません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、以前1966年のル・マン優勝車のプラモデルは以前作ったのですが、

この、ケン・マイルズの「事実上の優勝車」はキットがあるのは知っていましたが、

持っていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急に、作りたくなり調べてみるとキットが絶版。

ヤフオクでは、映画公開前までは1000円程度だった中古品が、

オドロキの6000円~10000円で出品されています。(@_@。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1966年ル・マン出場車なら、

以前買ったこの手持ちの新品のキットがあるので、

これでも作ってみますか。

定価2400円、おそらく2000円弱で数年前に入手。

またこのキットから、ケン・マイルズ仕様に仕上げることもおそらく簡単にできますが、

カラーリングはこっちの方がカッコイイからどうしようか。

 

 

コメントはまだありません
2020.01.04

スターウォーズ・スカイウォーカーの夜明け

 ついに見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 12月20日公開。

早く見ないと、なにかネタバレしちゃったら困る、と思いつつ過ごしてきました。

とくにやまfacebookなどのSNS関係やブログなどアブナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 12月30日に子供たちが帰ってきて、また、1月3日以降は全員揃わないので、

ここしかない、という1月2日に一家4人で見てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アシコタウンの駐車場は満杯。

運よく空きスペースが見つかりましたが、上映開始に間に合わないかと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、映画館はすいていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お正月なので、会場は満員とはいかないまでも席はけっこう埋まるだろうと

朝早くネットでチケットをとっていましたが、

15時過ぎからの上映時はガラガラでした。

田舎のありがたさですが、映画館また潰れちゃうと困るなあ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一応、シネコンの中でも多分一番広い部屋だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「スターウォーズ・スカイウォーカーの夜明け」。

原題は「The Rise of Skywalker」なので、

「夜明け」という日本語タイトルには異論もあるようですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、これでスターウォーズも最後。

第1作エピソードⅣの全米公開は1977年高校3年生の時でした。

日本公開はその翌年になりますが、

公開前にラジオの深夜放送でばんばひろふみさんが

来年はSF映画ブームが来ますよ、

と言っていたのを記憶しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 SF宇宙モノといえば、ワタシが子供のころは

「地球防衛軍」や「キャプテンウルトラ」、

海外では「禁断の惑星」「宇宙船XL-5」「スタートレック/宇宙大作戦」

などが人気でしたが、

1968年の「2001年宇宙の旅」の衝撃に、その後はかえって衰退。

以後、「エクソシスト」「オーメン」などのホラー映画、

「タワーリング・インフェルノ」「ジョーズ」などのパニック映画、

「ロッキー」や「ゴッドファーザー」などのヒューマンドラマが

シリーズもので人気でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 SF宇宙モノで子供時代を過ごした身にすれば、

え、今さら、宇宙モノ?という感はありました。

なにしろ、1968年の「2001年宇宙の旅」のあと、

1969年に実際に人類が月面に降り立ってしまい、

宇宙はファイナル・フロンティアではなくなった感があったので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、スターウォーズ第1作の日本公開は1978年の夏。

当時、浪人生だったワタシは映画を見ることなどトンデモナイ身分で、

受験勉強、予備校の夏季講習に集中していました。

当時のタイトルは単に「スターウォーズ」で、

続編が作られることも予想していませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その続編「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」の公開は1980年。

この時は、大学2年生。

この映画は映画館に行き、見ました。

ただし、第1作の「エピソードⅣ」がテレビ放送されたのは1983年が最初なので、

レンタルビデオなどもない時代、

ワタシの見た順番は「エピソードⅤ」が最初で、

次が「エピソードⅣ」ということになっています。

テレビで第1作を後から見て、納得した面もありましたが、

この地上波(当時は地上波しかないけど)吹替え版は、

ルークが太陽にほえろの「ラガー刑事」こと渡辺徹さんはまだ良いとして、

レイア姫は「コメットさん」「グリコ・プッチンプリン」で

人気のアイドル大場久美子ちゃんで、

これが大変アレで、スートリーにイマイチ乗れなかった記憶があります。

その後の吹替え版はプロの声優さんに差し替えられたらしいですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後は映画公開時にリアルタイムで見てきたわけですが、

今回で最後、ということでオープニングタイトルの

「a long time ago in a galaxy far far away」から、

アタマの中でいろんな記憶がグルグルと渦巻いて

感動が高まってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スターウォーズを知ってから43年、

はじめてスターウォーズを映画館で観た1980年からはちょうど40年。

最初は男友達と見にいったが、

そのうち女友達と見にいったこともあり、

大学卒業後の特別版からは現在の妻と、

そして1999年からの新3部作は子供も一緒に楽しんだ。

最初は小さかった子供たちも、

ワタシが妻と知り合った年齢くらいになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさに大河ドラマ。

最初に観たとき、この話をすべて観るのに40年かかる、

とは思いもよらなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネタバレいやな方は以下はとばしてください。

肝心の映画についてはいろいろなご意見があるようですが、

ワタシ的にはこれで良かった、満足しました。

万人に支持されるストーリーはないし、これだけ広げた風呂敷を畳むには

それほど多くの畳み方は無いと思います。

だから、ここは予定通り、予想通りでけっこう、

冒険や、意外性や、問題提起はもはやカンベンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前作の公開直前に死去されたキャリー・フィッシャーさんについては

代役を立てず、生前に残されたフィルムを編集してまとめたそうで、

その手腕は見事でした。

紅白歌合戦のAI美空ひばり、ヤバかったからなあ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には最後にまた「Xウイング」が活躍して大満足。

レッド5が引き上げられるシーンは感動モノ。

フォースの力で水の中から出てくるシーンはダコバの沼のあのシーンを思い出させますね。

レイはルークと同じ反乱軍のマークのヘルメットだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イイとこ持ってったのはランド。

イイ感じに老けましたね。

もともと、ファルコンはランドの船だったしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、当時もポンコツだが銀河一早かったミレニアム・ファルコンは

40年以上たった今でもダントツに早いのだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、「完結」したスターウォーズ。

この歳まで生きていてよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっとも第1作を含め、今までに

今回を含めて4回「完結」しているスターウォーズ。

ディズニーのことだから、このままでは終わらないとは思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スカイウォーカー家に関してはこれで一応終わった、はず?

でも、死んだはずのキャラの復活や隠されていた血縁が後からわかるのが

この物語の定石ですから、わかりませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ジョージ・ルーカスさんは現在75歳だそうです。

すばらしい映画をありがとうございました。

 

 

 

コメントはまだありません
2019.11.24

ロックは滅びるのか(後篇)

 さて、朝日新聞の記事の中で出てきたのが

「最近は『君はロックを聴かない』という曲もある。」

という一文であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに、前篇で書いたように最近の若者はロックを聴かない。

ロックフェスに行っても、若いバンドのライブを見ても、

ロックを演奏するバンドは極めて少ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校の学園祭なんかでも、最近はロックバンドより、

ダンスチームの方がモテるらしい。

まあ、オレたちも大してモテなかったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それで、この「君はロックを聴かない」という曲を、

Youtubeで探して聴いてみた。

 ここで、聴けます。

ブログの続きは、できればこの曲を聴いてから読んでいただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんの基礎知識もなしにこの曲を聴いて、

不覚にも、泣きそうになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3回聴いたが、3回とも涙ぐんでしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この曲、いろんな意味で「ロック」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「あいみょん」さん、名前は知っていたけれど、何歳なんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この歌詞は、スゴすぎる。

オヤジ殺しといっても良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさに

僕はあんな歌、こんな歌で、

恋を乗り越えてきたし、恋に焦がれてきたし、

いまも、胸が痛いのだ。

(最近は胸が痛いと心筋梗塞も心配だけど。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、ちょっと前に似たような経験をした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年公開された映画

「音量を上げろ、タコ。なに歌ってんだか全然わかんねぇんだよ」を、

WOWOWで録画して見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なかなか面白かったのですが、

音楽、ロックを話題にした邦画としては以前も書いた

少年メリケンサック」が、ワタシのフェイバリットでして、

この映画もそこまでではないなあ、と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、耳を奪われたのが、このエンディングテーマ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、これも、泣きそうになった・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 聴いたときに思う浮かんだのは

ブルース・スプリングスティーンの「Born To Run」。

1975年の作品だが、当時高校生のワタシは

ラジオでこれを聴いて、やはり、感動して涙を浮かべたのだ。

この曲の疾走感はワタシの中ではかなり近いものがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうお気づきと思われますが、この曲も作詞作曲「あいみょん」さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやあ、「あいみょん」ヤバイぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べてみると、彼女はまだ24歳。(@_@。

ドーナツ盤とか、聴いたことあるんだろうか。

ともかく、彼女の曲にはロック・スピリットが息づいている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロックは姿を変えても、

そのDNAは純粋な若者の表現として受け継がれていくのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから、ロックはまだ滅びない、と思います。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.11.14

富山ブラックと黒部の太陽

 先日富山の学会で(そのしょっぱさに)衝撃を受けた富山ブラック。

お土産で買ったインスタント麺、食べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インスタントラーメンとはいえ、半生麺。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お店の形態に近づけるよう、ネギとメンマとチャーシューで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに、ライスも。(≧▽≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお、麺がたしかに黒い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほいでもって、さらに臨場感(?)を出すために、

黒部アルペンルートで見た黒部ダムの映画、

「黒部の太陽」をビデオで見ながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この映画は、1968年というからダム完成のわずか5年後に公開されている。

当時映画俳優は東宝、東映、松竹、大映、日活の5者協定で

他社の映画に出ることはできなかったが、

東宝から独立した三船敏郎と日活から独立した石原裕次郎が

タッグを組んで製作した超大作。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東宝と日活なので、まあ、ゴジラとガッパが共演したようなもの。

ちょっと、違うか・・・・。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見たのは以前NHK-BSで放送したのを

録画しておいた2時間20分の特別篇であったが、

オリジナルは3時間16分もあるそうだ。

石原裕次郎が大きなスクリーンで見てほしいと、

ビデオソフト化を許さない遺言をしたので、

長らく、家庭では見られなかった。

まったく、自分勝手な野郎だ。ヽ(`Д´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画は短縮版でも冗長で退屈な場面もある反面、

トンネル工事のシーンなどは迫力満点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたところ破砕帯から水が噴き出すシーンでは、

現場のミスで予定より大量の水が流れ込んだため、

あやうく犠牲者が出るところだったという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たしかに、これは狙って撮れるレベルの映像ではないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際に黒部ダムやその周辺を見た直後だったので、なかなか興味深く見ました。

だが、関西電力が全面協力していることもあって、

悲惨な工事による犠牲者や、

会社の利権関係で動いたであろう多額のブラックマネーなど、

このプロジェクトの「ブラック」な部分はほとんど触れられていない作品でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう、こちらの「ブラック」も、オリジナルの雰囲気はあるものの

「家庭用」なので、しょっぱさはかなり普通レベルになっており、

映画もラーメンも、実際のホンモノはもっと「しょっぱかった」のに・・・、

というオチでした。(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.15

SF映画

映画は好きで、とくにSFモノが大好きである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SFというと、サイエンス・フィクションだから、

科学的な虚構であるわけだが、

虚構だから、何でもあり、というわけではナイと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、現実にはないけど、

こういうことが起こるかもしれない、とか、

未来では、こんなふうになっているかもしれないなあ

という空想が働くから、

映画に入り込めるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにワタシが、今までのSF映画で

もっとも秀逸だと思うプロットは

「ジュラシックパーク」のそれです。

琥珀に封じこめられた昆虫の化石は昔から知っていましたが、

それが蚊などの吸血昆虫であった場合、

恐竜の血液が体内に残されている場合がある。

その血液のDNAを解析すれば、恐竜のクローンが出来るはず、

というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、そうか、なるほどその手があったか!

と映画館で、声を上げそうになりました。

まあ、実際にはDNAは破壊されていて

解析は出来ないということを後から知りましたが、

これを思いついたマイケルクライトン、

どんだけ天才だよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほかにはHGウエルズ原作の宇宙戦争で、

宇宙船に乗って地球を攻撃する宇宙人が、

なんと地球上の生物は免疫を持っているから何ともない

微生物の感染により死滅してしまう、

というプロットなども素晴らしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかくストーリーは虚構であっても

一定の整合性が無くてはならないし、

事象に対する登場人物のリアクションも、

納得のいくものであることが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで、こんなこと書いてるかといいますと、

お盆休みに、妻とこの間WOWOWで放送した映画を

録画で見たのだが、

いやー、ひどかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「スカイライン~征服」と、

その続編の「スカイライン~奪還」の2本なんですけど。

エイリアンもの、公開時は全米で大ヒット、

というので、観てみたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CGなんかはそれなりによくできてると思うのですが、

脚本、ヒド過ぎです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんといっても、話の流れにリアリティーが無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正体不明のエイリアンが、予告もなくロサンゼルスに攻めてきて、

人間を大量にさらっていく、というのは、まあ、いいですよ。

人体から中枢神経系を引っこ抜いて、

クローンだか、奴隷を作る目的、というのは、

ありきたりだが、まあアイデアです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主人公が乗っていた地下鉄の運転手が飛び切りの美人で、

しかも、格闘技や銃の扱いにも長けている、

というのも映画だから我慢します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、マンションにいてエイリアンの襲来を知った人達が、

まずいきなりクルーザーで海に逃げようとか、言うか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地下鉄に乗ってて事故があり、

それがエイリアンの襲来による停電だったわけだが、

まず、乗客たちがとる行動は、

逃げるより先に一斉にスマホを出して、

何が起こったかを検索することでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのへん、「シンゴジラ」の冒頭部分なんかは同じような状況で

こちらは非常にリアリティがあって、

思わず物語に引き込まれるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 核攻撃にもやられないエイリアンの宇宙船もアレだが、

そのエイリアンと素手で戦っちゃう主人公も、ちょっと、なあ。いよいよ絶体絶命になり、マンションでガス爆発を起こしてエイリアンを撃退しようとするのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなことの連続で、

ともかく、出てくる人の行動に現実味がなさ過ぎて、

一向に感情移入できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあビールを飲みながら、

ツッコミを入れつつ最後まで見ましたが、

これを映画館で観たらショックだったろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この映画に、なぜか続編が、

それも8年も経ってから作られたのか謎。

しかも、第1作目はアメリカ製作だが、

続編はイギリス、中国、カナダ、インドネシア、

シンガポール、アメリカ合作というのは、

いったい何があった?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 8年間の間に中国の大幅な経済成長があり、

中国企業による資本投入と中国市場での興行をあてにして、

続編では中国人と思われる男女がサブキャラとして登場し

カンフーアクションが見せ場になるというカオスな演出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに我々夫婦の一致した意見としては、

SF映画のナンバー1は「エイリアン」です。

あんなにスゴイ映画は空前絶後だと思います。

「スターウォーズ」もはるかに及びません。

次点は1954年の「ゴジラ」、かなあ。

人生で影響を与えた、という点では

「ゴジラ」の方が一番ですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ