ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.09.25

ボロ負け

ルヴァンカップはリーグ戦をまじえての

セレッソ大阪との3連戦になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで思い出されるのは、ルヴァンカップの準々決勝。

これもリーグ戦絡みの名古屋グランパスとの三連戦になり、

水曜日に準々決勝第1戦をアウェイで1-1、

3日後の土曜日にリーグ戦を0-3で落としたものの、

水曜日の準々決勝第2戦ではホームで名古屋を3―0と下し、

リーグ戦のリベンジとカップ戦の勝抜けを達成した、

成功体験である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回はまず水曜日のリーグ戦でセレッソに0―1で敗れたが、

土曜日のベルマーレ戦をはさんで1週間後の

ルヴァンカップ準決勝第1戦では

アウェイゲームで1-1と準々決勝と同じスコア。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、第2戦はホームだし、

アウェイゴールを取ってる有利もあり、

まあ、勝抜けだろう、と思っていたが・・・

 

***************************************************************

2022年YBCルヴァンカップ準決勝第2戦

浦和レッズ  0-4  セレッソ大阪 (埼玉スタジアム2,002)

   (前半 0-2)

   (後半 0-2)

***************************************************************

ボロ負けでした😢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は現地参戦してました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、ただの日曜日と思っていたら、

世間的には三連休の最終日だったので、

夕方の高速の上り渋滞にハマり、すったもんだしてやっと行ったのに・・・

ちなみに、高速ですが、完全に止まってます。

走りながらの撮影ではありませんので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気も良かったんだがなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1戦アウェイで1-1ということは、

勝てばもちろん、0―0のドローでも勝抜けであったが・・・

オウンゴールで失点・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合開始から、セレッソの激しいプレスに

完全に押されていたが、

オウンゴールの失点を機に、

堤防が決壊。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失点1ならば1点貸せばイーブンになるが、

2点目を取られると3点取らなければ負け、

というカップ戦のルールが重くのしかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、3点目を取られると、4点取らねばいけないという

負の連鎖が・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、4点取られると・・・・・

もう、いいよ、とお客がどんどん帰りだす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーグ戦ならば1点でも取れば試合は負けても、

得失点差の足しにはなるが、カップ戦では意味が無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムナシイ敗戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、これで決勝戦のチケット争奪戦に

参加する必要が無くなったので、

そこは良かったかな。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.09.24

国際試合とマスク

 さてワールドカップまであと2カ月。

だが、ワールドカップといえば通常6月の開催。

ワールドカップとヨーロッパ選手権は2年ごと交互に

欧州リーグの中断期間に行われることになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、カタール開催だが、

12月のワールドカップというのは

どうもピンときません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本代表はドイツでアメリカと強化試合。

アメリカはFIFAランク14位とのことだが、

いつの間にそんなに上がったの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この試合、ドイツで行われているが、

キリンチャレンジカップで、キリンビールがお金を出してるようだ。

きっとアメリカ人はサッカーに興味が無いのでしょう。

ずらり並んだ「一番搾り」。

ガイジンには謎だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スポンサーに敬意を表して「本麒麟」呑みながら見てました。

「一番搾り」といきたいところですが、

ウィークデーは基本発泡酒にしております。

ジョッキは例のサッポロクラシックですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果、2-0で勝っていい感じ。

やはりFIFAランクはあてにならないという証明。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、この間のイタリアGPといい、

イギリスでのエリザベス女王の国葬といい、

欧米ではもはや誰もマスクしておらず。

そんな中、日本のサポの中にはマスクの女性を発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この状況でマスクしてると、

コロナ患者かと思われてかえって引かれちゃうかも、ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本人はいまだにマスクしてますが、

10月の日本グランプリはどんな感じになるのだろうか。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.09.10

中秋の名月の夜に埼スタに帰ってきた

いったいどれくらいぶりであろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく昨年、レッズの試合は12月の天皇杯しか行っていない、

そして、それは国立競技場であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調べてみると埼玉スタジアムへの来訪は、

一昨年、2020年の10月以来、ということになるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どことなく、浦島太郎的な・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何回も来たことがある場所なんですが、

前来ていた場所とはどこか違うような、

周りの人も以前とは違うような、フシギな感覚です。

みんな、マスク星人になってしまったから?

コロナに感染して人格が入れかわってしまったたから?

なんかSF的だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今夜は中秋の名月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

異世界ムードをさらに演出?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座席は一個飛ばしではなく、全席販売したようで、

ワタシの両隣も男性2人ずつのグループが着席。

1列後ろの列は誰もいなかったので、そちらにうつろうかと

さて、サッカーのブログも停滞してましたが、

レッズはここのところかなり調子を上げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AFCアジアチャンピオンズリーグのノックアウトステージを

3連勝で勝ち上がり、アジア東地区の代表となり、

西地区王者との決勝戦にコマを進めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリサンジェルマン戦以降、

リーグ戦ではアウェイの名古屋で負けたものの、

川崎フロンターレ、ジュビロ磐田に大勝し、

前節の鹿島戦は引き分けであったが、

アウェイの鹿島スタジアムで2点先制されてからのドロー。

リーグ戦で敗れた名古屋もルヴァンカップ準々決勝で粉砕して

ルヴァンカップ準決勝に勝ち進んだので、借りは返した形だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまでの不振がたたってリーグ戦10位であるが、

今日の相手柏レイソルは、5位と上位であるものの、

現時点ではレッズの方が強いはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*******************************************************************************

2022年J1第25節

浦和レッズ  4-1  柏レイソル (埼玉スタジアム2002)

(前半  2-0)

(後半  2-1)

********************************************************************************

と思ったら、レッズはコロナ陽性者が続出したようで、

スタメンは大幅に入れ替え戦力ダウンの様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今のレッズは誰が出ても同じように機能する、という

ロドリゲスイズムが、浸透している。

いつもの緩急のあるコンビネーションサッカーで

早々に先制。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今季ブレイクした松尾は、レッズを背負うストライカー人る予感。

いつも、ゴール後の表情に笑顔がないのは

当初取り消しゴールが多すぎたため?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、続く24分にアレックス・シャルクの

J初ゴールが決まる。

ユンカーやモーベルグが加入後すぐ結果を出していたので、

このゴールはかなり嬉しいはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなるとホーム埼スタの声出し応援が、チームを盛り上げ、相手を威嚇する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半、今度は知念が、初ゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ペナルティエリア内でのハンドからPK獲得。

ここは、安定のショルツがきっちり決める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4-0と勝利を確実なものに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レイソルはこの試合、イエローカード5枚。

レッズの攻撃に手を焼いていたことがうかがえる。(1人はすでに交代)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観客28632人。

これくらいが、見やすいけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4―0のまま終わりたかったが、終了間際に失点。

レッズのお約束。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもまあ、4-1は快勝といっていい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の暑さも夜はすっかり無くなって、

涼しく、快適なサッカー観戦。

中秋の名月に花を添える、良いゲームでした。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.06.20

9戦未勝利が10戦負けなしに

 6月の国際Aマッチデーの中断が明け、Jリーグが再開。

コロナ規制も緩和されたし、

土曜日は埼スタへ、という考えもあったが、

5時までは足利市の集団接種で動けず、

結局、映画「トップガン・マーベリック」ということになったのですが、

この試合はテレ玉で中継がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ここまでチームワーストタイの9戦連続未勝利が続いており、

ここで負ければありがたくない新記録達成の崖っぷちのレッズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手は絶好調とは言えないまでも

ルヴァンカップで結果を出している名古屋グランパス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アジアチャンピオンズリーグ出場のためルヴァンカップのないレッズに対し

ロドリゲス監督はあえて合宿やトレーニングマッチを組まず、

選手に休養を与えたそうだ。

 

**************************************************************************

2022年J1第17節

浦和レッズ   3-0    名古屋グランパス (埼玉スタジアム2002)

   (前半  3-0)

   (後半  0-0)

***************************************************************************

 サッカーはそれほど点が入るスポーツではないので

点が取れるときに取っておかないと、

あとで泣きを見ることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間のキリンカップ決勝、日本対チュニジアの試合がまさにそれで

前半早々から何度も得点チャンスをつくりながらシュートミスなどで

ゴールを割ることができなかった日本代表は

結果的に0-3と屈辱的なスコアで惨敗を喫しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の試合もまたしかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半早々にはカウンターからの名古屋のビッグチャンス。

マテウスからのクロスに対するシュートは

西川のスーパーセーブで辛くもクリヤーすることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが入っていればどういう展開になったか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、その後のコーナーキックからのショルツのヘッドはゴールイン。

ここが勝敗の分かれ目になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 歯車が良い方にまわりだすと、

つづいて、2点目、3点目が入り流れは盤石なものになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、現地で見たかったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかくこれで悪しき新記録の樹立はなくなり、

3月19日以来3か月間お預けになっていた

J1リーグでの通算450勝とホームゲーム250勝を達成したわけです。

ここまで9試合の記録も8選未勝利から、10戦負けなしに見方が変わると、

ちょっと気分もイイ?

 

 

コメントはまだありません
2022.05.21

7戦連続ドローのリーグ記録達成・・・

  長らく浦和レッズの記事を書かなかったのは、

ここのところの試合内容による。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アジアチャンピオンズリーグ予選を突破し、帰国してから

その勢いでどんどん行くかと思いきや、

点が取れず、5/8のレイソル戦、5/13のサンフレッチェ戦と連続スコアレスドロー。

これはACLに行く前の4/2のコンサドーレ札幌、4/6の清水エスパルス、

4/15のFC東京戦から数えれば5試合連続ドロー。

この間得点はわずかに1.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間の水曜日、横浜Fマリノス戦では前半3点取られたあと、

後半3点取ってのドロー。

試合としては3点を取り返したので評価できるが、

勝ち点1には変わりがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、コロナの勢いも減ってきたので、

そろそろ埼玉スタジアムに行ってみようと、

土曜日の朝、チケットの販売状況を確認。

午後5時キックオフなので、診察が終わってから

ひさびさの現地観戦を予定していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、コロナも落ち着いてきたのでひさびさに耳鼻科に行ってみよう、

という人が多かったわけではないでしょうが、

土曜日の外来が大混雑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 120~130名の来院があり、

しかも、副院長が父親の入院で九州に見舞いに行くため、

13時で仕事を離れると、その後1人外来になり、

終わった時間は14時をかなり回っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あまりに疲れたので、現地観戦は断念。

テレ玉観戦に切り替えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手は、今期絶好調の鹿島アントラーズだが、

前節後半ハットトリックのキャスパー・ユンカーがいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、鹿島は強かった。

前半6分であっさり先制される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、前半終了間際にPKをゲット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをショルツが決め」1-1に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホントにこのヒトは頼りになるわ。

今のチームの選手では一番好きだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半ピンチもチャンスもあったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局引き分け。

ロスタイムのこのクロスバーに当たったシュートが

決まってれば劇的だったのだが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、7戦連続ドローはJリーグ新記録だそうだ。

そんな、どうでもいい記録作ってどうするよ。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.05.10

カレンダー

昨年はコロナもあり天皇杯以外の現地観戦はなく

DAZNも脱会していうたのでHNKとテレ玉以外のテレビ観戦もないところに

新監督の就任前後から選手の大幅な刷新があったため、

前年半ばに企画制作されると思われるこのカレンダーの顔触れは

実情にそぐわないものになっていました。

なので、去年は1枚もめくらず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年末はカレンダーを購入するか悩んでるうち

ついつい買いそびれ、売り切れになってしまった。

例年年末の折に埼スタに行ったときに買い求めるので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、この間、レッズのオンラインショップを覗いたら

割引価格で売りに出ていたので、買っちゃいました。

定価2200円が1760円というのは4カ月経過して

1年の1/4が過ぎたので残り2200×3/4=1650円よりやや高いじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えー、1月からいきなり槙野かよ。

まあ、年末の天皇杯の決勝点はこの人でしたが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月のユンカーはまあいいとして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はさらに現行のスタメンからは乖離が目立つ。

3月阿部勇樹、引退。

 

4月明本。

 

5月伊藤などはがんばっていますが、

 

6月西大伍、移籍

 

7月、柴戸はほぼスタメン。

 

7月、興梠慎三、札幌へ移籍。

 

8月、関根はまだいます。

10月汰木も移籍

 

11月西川は健在

 

 

12月小泉も在籍。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んなわけで、買ってはみたものの、まだ表紙からめくれずにいます。

まあ、この表し、カッコいいからいいんですけど。

 

コメントはまだありません
2022.05.07

ACLはいろいろあったけど予選突破

 ちょっと前にアジアチャンピオンズリーグ予選突破は楽勝かとブログを書いたら、

その後、韓国のチームに0-1で敗れ、

そことの2戦目も有利に試合を進めながら決勝点が奪えず

0-0の引き分け。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 グループリーグは勝ち点で並んだ場合

得失点差よりも、当該チーム同士の勝敗が優先されるので

残り2チームに連勝しても自力の首位通過が無くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、やっぱりあんなこと書くんじゃなかったと後悔したが、

実はグループ最終戦を待たずして、

予選通過は決まっていたようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中国チームが辞退したグループがあったため

2位になった場合、予選突破のレギュレーションがやや複雑で

最下位チームとの対戦結果を考慮しないという項目があったため

何がどうなって通過できたかわからないが、

ともかくは良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 川崎フロンターレは2位だったけど落ちちゃったのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、最終戦も最下位チームとの戦いであったがきっちり勝って、

韓国大邱FCとシンガポールライオンセーラーズの試合が

一時シンガポールリードだったので1位通過の芽もあったが、

けっきょく大邱が逆転勝ちしてレッズは2位通過になったようです。

 

 

***************************************************************************

ACLアジアチャンピオンズリーグ 予選グループF 第3節

浦和レッズ   0-1   大邱FC

  (前半   0-0)

  (後半   0-1)

****************************************************************************

ACLアジアチャンピオンズリーグ 予選グループF 第4節

浦和レッズ   0-0   大邱FC

   (前半  0-0)

   (後半  0-0)

****************************************************************************

ACLアジアチャンピオンズリーグ 予選グループF 第5節

浦和レッズ   6-0    ライオンシティセーラーズ

   (前半  3-0)

   (後半  3-0)

*****************************************************************************

ACLアジアチャンピオンズリーグ 予選グループF 最終節

浦和レッズ   5-0   山東泰山

   (前半  3-0)

   (後半  2-0)

******************************************************************************

 

 初めてのセントラル開催でしたが、

DAZNのおかげで全試合見ることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この流れでリーグ戦の方も何とか巻き返してもらいたいところですが、

やっぱ、Jリーグのチームはアジアローカルよりは強いんだよなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、ACLに行くといつも経験する

韓国チームの悪質なプレーはなんとかならないですかね。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.04.20

ACLのスタートはことのほか順調

フツーにしてると、ホンっと情報何も入ってこないのだけれど、

アジアチャンピオンズリーグがひっそり始まっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はコロナの影響だと思いますが、

ホーム&アウェーのルールではなく、

第3国での集中開催になっています。

ワールドカップ最終予選も一時この形式だったことがあり、

1994年のカタール開催での「ドーハの悲劇」は今でも語り草です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、タイでの開催。

以前はトヨタカップの放映権の関係からか

日テレがBS、CSなどで中継してたように記憶しているが、

今回はまたまたDAZNの独占中継になっています。

今年は加入して元を取れそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジアチャンピオンズリーグ参加チームを東西に分け

それぞれ5つのグループに分け1位の10チームは予選通過、

2位の10チームのうち上位6チームが通過になり

計16チームでノックアウトステージが行われるという、

ややメンドクサイレギュレーションになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、1位で通過すればいい、ということですが、

レッズの所属するグループFは

中国リーグ、カップの両方で優勝した 山東泰山

シンガポールチャンピオンのライオン・シティ・セーラーズ

韓国Kリーグ3位の大邱FC

以上4チームの総当たりで争われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初戦はこの中で一番弱そうな

シンガポールのライオン・シティ・セーラーズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初戦は番狂わせもあるものですが、

これを4-1と無難に倒し勝ち点3を積みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1失点は新外国人、モーベルクの

いったい何なんだというバックパスによるオウンゴールでしたが、

彼はその2分前に素晴らしいミドルを決めてるので、

まあ、許す、というところですが、

やっぱり暑さで頭がボーっとしてたのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて当たる中国王者 山東泰山は、さぞかし手ごわいのかと思いきや、

実は中国政府のゼロコロナ政策でトップチームは出国を許されず、

現地に来てるのは若手ばかりの2軍だそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初戦では韓国相手に0-7で負けており、

ここはレッズもきっちり勝って韓国との一騎打ちに臨みたいところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合を見ましたが、J2どころか高校サッカーレベルのチームで

レッズの圧倒的なボール支配により

5-0で勝利。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても中国政府の考えることは謎だ。

トップチームはダメだがユースチームはコロナに罹ってもいいのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく、彼らは帰国後2週間くらい軟禁されてしまうのでしょう。

別のグループの上海のチームは出場そのものを辞退したそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キムドフン監督は現地に来てますが

ヘッドコーチ(元アントラーズの黒崎比差史氏らしい)は中国国内にいるという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれれ、監督のマスク。

これはN95マスクではありませんか。

空力学的質量径でおおよそ0.3µmの粒子を95%以上捕集できるというこのマスクは

ウイルス予防に効果があるが、

気密性が高く、長時間つけたまま呼吸するのはかなりつらい。

まして開催地はこの時期でも気温30℃を超える高温多湿の熱帯の地です。

そもそも、屋外のこの状況で必要はないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく、これも中国当局の指示だと考えられますが、

やっぱ中国怖いなあ。

監督の体調が心配です。

当院にも新型インフルエンザの時にこのマスクを準備しましたが

普通の室温でも5分以上つけてるのは相当きついですよ。

もっともこのマスクが中国製なら

そこまでの効果は無いかも知れませんが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、3戦目はいよいよ韓国の大邱FCだが、

ナント、この第2節の裏カードで、大邱はライオンシティに

0-3で完敗とのニュース。

なんか、追い風吹いてます。

 

 

 

コメントはまだありません
2022.03.25

㊗ワールドカップ出場決定

 この試合に勝てば、ワールドカップ出場決定、

負ければ圏外の3位に転落という大事な一戦。

なぜ、そんな大事な試合が、

地上波はおろかBSでの放送もなく、

DAZN独占なのか。

まあ、再加入してたからいいけど。

日本サッカー協会は今一度、考えるべきだ。

仕事が終わってDAZNを開くと、後半が始まったところであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 折しも昼間にレディアが亡くなり、

火葬業者さんの到着を待つ間、

サッカー観戦となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 0-0で推移する、息が詰まりそうな展開の中、

後半44分。後半39分から途中出場のMF三笘薫が、

DF山根視来の折り返しを右足で蹴り込み先取点を挙げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この時間帯の得点はかなり決定的だが、

サッカーは何が起こるかわからない。

高さとパワーに勝るオーストラリア相手では

カウンターやセットプレー一発から同点に持ち込まれることもある。

今度の大会はカタール開催。

ドーハの悲劇なんつーモノも、生で見た記憶あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 業者さんの到着は8時と聞いていたので、

実はこの時間、早く試合が終わらないと

最後まで見られないと気をもんでいました。

ところがロスタイムにも三苫がドリブルから右足を振り抜き、

ダメ押しの2点目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで、もう大丈夫。

と思いましたが、結局ギリギリ最後まで見られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくて、最終予選では当初苦戦した日本代表は、終盤この6連勝で、

ホームのベトナム戦を残してワールドカップ出場を決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも荼毘に付される前の

レディアの最後の一仕事だったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2022.03.21

ユンカー効果と新外国人

 チャーハンは作りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 DAZNで前半を見て、テレ玉で後半を見る、

というセンも考えたのですが、

突如、自室のテレビがオシャカになり、

前後半ともDAZNで見ましたが・・・・・。

 

************************************************************************************

2022年J1第7節

浦和レッズ  4-1   ジュビロ磐田 (埼玉スタジアム2002)

     (前半 3-1)

            (後半 1-0)

************************************************************************************

 やればできるじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回はなんといっても

ようやくケガから復帰でスタメン出場したユンカーの存在が大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足りなかったパーツはこれか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかくチャンスメークが出来ていたわけなので

「点取り屋」は必要なコマだったわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ようやく歯車が回り出した感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてまた新10番、モーベルグの加入も朗報です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ショッパナから結果を出してくれるとは、

なんと頼もしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ここから連勝、と行きたいところだが、

代表戦のためにしばしの中断。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次の相手がアウェイの札幌、というところがちょっと気になるけど、

またまた期待が高まってまいりました。

おっと、過度の期待はしてはいけないジンクスなのだった。

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ