ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.09.22

たまに試合中継があると・・・

 いまだにDAZN未加入です。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前節の試合のダイジェストをテレ玉のGGRで見たら、

コンサドーレ札幌との試合は2点先行したあと、

3点取られて逆転されるも、その後追いつき、

ロスタイムに決勝ゴールを挙げての劇的な再々逆転勝利だったようで、

あー、これは見たかったなーと悔やまれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、今節はNHK-BSとテレ玉で生中継あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手は、目下破竹の勢いで首位街道を突っ走るフロンターレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんたって、強い。

だが、これを破って連勝できれば、

レッズもググっと上がってくるのでは、

と、かすかな期待はあったのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

********************************************************************************************

2020年J1第17節 

 浦和レッズ   0-3   川崎フロンターレ (埼玉スタジアム2002)

     (前半 0-1)

     (後半 0-2)

********************************************************************************************

 だが、やはり、川崎は強かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半しばらくの間は、むしろレッズペース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 川崎のプレスをいなして、サイドから仕掛ける攻撃が有効で、

しばしば相手ゴールに迫るレッズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、前半37分の川崎の得点は、

家長のおぜん立てによる山根のボレー。

さすがトップチーム、ぐうの音も出ないほどの鮮やかなゴールであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそもこの家長という、

Jリーグ屈指のサッカーセンスを持った男が、

サイドにいるというところが、

このところサイドからの攻撃に弱いレッズにとっては

かなり致命的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2点目も、3点目も家長のサイドからの仕掛けで鮮やかに決められてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱ、今の川崎にはかなわん、完敗でした。

前節の札幌線は、テレビ中継がなかったが、ぜひ見ておきたかった試合だが、

この試合は逆に、見なくても、いや、見なかった方が良かった。

なかなか、そこはままならぬところ。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.10

コロナ禍の中のJリーグを体験

現地観戦は2月16日以来というから7日月近くぶりだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月から再開したJリーグ、最初は無観客試合であったが、

7月12日からは少人数シーズン会員のみ。

7月22日からは5000人限定で一般公開となったが、

なんせ、チケットが取れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水曜日の試合でカードも地味なんでチケット取れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入場時に体温はかるのか。

開始間際に駆けこんだのでは体温が上がって入れてもらえないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも利用する民間駐車場。

ここまでガラガラとは・・・・。

駐車場のおじさんもさすがに元気がなかった。

収入激減でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアムに向かう道もサビシイ。

ここも駐車場になってたはずだが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業をあきらめたようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアム前の広場には普段ならグッズや飲食の売店が立ち並び

お祭り広場的な様相を呈するのであるが、

今はナンにもなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入り口ではアルコール消毒と、サーモカメラによる体温測定。

無事パスできました。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてチケットは入り口で係の人に確認してもらったら

自分でもぎってビニール袋に入れます。

こんなの生まれた初めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアムに入る。

シーンとしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてゲートをくぐって中へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽は流れているがスタンドは静まり返っている。

選手入場の時もいっさい声を出してはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手紹介も拍手だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、6万人超収容の埼スタにわずか5000人足らず。

イベント人数制限はスタジアムキャパにかかわらない、というところがちょい謎。

12000人しか入らないスタジアムもJにはあるのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタジアム内でマスクとることは禁じられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなに人いないのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

**************************************************************************************************************

2020年J1第15節

浦和レッズ    2-2     サガン鳥栖  (埼玉スタジアム2002)

  (前半    0-1)

  (後半    2-1)
**************************************************************************************************************

 さてそんな雰囲気の中キックオフ。

いつもと違うのは観客席だけなのに

なぜかピッチが広く感じるのはナゼなんだろう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと前半早々に失点。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半、ボックス内には攻め込むレッズだが、

サガン鳥栖のディフェンスが「密」でなかなかゴールマウスにシュートが打てない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 0-1で後半へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半開始早々に興梠が待望の同点ゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは興梠慎三のリーグ通算150点目の記念ゴールであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 歓声も控えめに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると後半15分に再び失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半の飲水タイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1点ビハインドで後半の飲水タイムを迎えたところは前節と同じ。

前節はこのあと2点取られて惨敗だったが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜は違うぞ。

81分に交代の武藤が鮮やかなミドルを決める。

反対側のゴールなんでよく見えなかったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーロラビジョンで確認。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで2-2。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日の入場者数。4398人。

J2かっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後もチャンスをうかがうが、得点を奪えず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局、2-2の引き分けに終わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、追いついての引き分けなんで負けなくて良かったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、非常に独特な雰囲気のゲームであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あんときゃコロナで大変だったねー、と思い返す日が来るのかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.09.09

塞翁が馬

DAZN退会してから、レッズの試合は

NHK-BSのJリーグタイムや

テレビ埼玉のReds TV G.G.R.でダイジェスト版を見る、

という状況になっちまっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまにNHKでレッズ戦の中継がまわってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間の土曜日はアウェイでのセレッソ大阪戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

録画して、久々に見ました。

*****************************************************************************

2020年J1第14節

セレッソ大阪    3-0     浦和レッズ (ヤンマースタジアム長居)

     (前半  0-0)

     (後半  3-0)

*****************************************************************************

今夜の相手セレッソは首位川崎フロンターレを追う2位につけている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッズも良く戦っていたのですが、

後半開始直後の清武→坂元→戸倉の

ダイナミックな連携からのゴールはビューティフルで、

さすがセレッソ、と思い知らされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半の給水タイムになり、さてこれからだ、

というときになって、あれ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナントJリーグ中継は、チャンネル2に切り替えろだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、雷雨の影響で試合歌詞が30分繰り下げられたことによるためらしい。

台風の接近も関係あるようだ。

録画なのでどうにもならず。

なんて、こった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、録画観戦は途中中断。

くそー、これからだったのに、

とこの時点では思いましたが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、その後Jリーグタイムで見たところ、

その後セレッソに追加点を決められ、

ロスタイムにはDFとGKの連係ミスで

無様な3点目を取られて惨敗。

ああ、これは見なくて良かったな、

という展開でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 乗り遅れたヒコーキが墜落した、とまでは言いませんが、

録画に失敗したことが、

あとから思えばむしろラッキーだった、ということですな。

 

コメントはまだありません
2020.08.10

サッカー離れ

 F1の記事を書きましたが、

なぜJリーグの記事が途絶えているのか、

と多くの読者さんは不思議に思っていることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その件についての問い合わせが

一切ないのが少々不満ですが・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、試合を見てないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうちょっと詳しく言うと

DAZNに再加入していないから、なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルヴァンカップはスカパーで全試合中継してくれるので良いのですが、

リーグ戦は基本DAZN独占。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでもこの間のFC東京戦などは、

NHK-BSとテレ玉で中継がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後の湘南戦は中継が無く、

DAZNに再加入しようか迷ってるうちに

テレ玉の浦和レッズの番組「REDS TV GGR」で結果を知り、

これがまさかのボロ負け。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 再加入の意欲が減退・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、この3試合、横浜FC戦、清水戦、名古屋戦は見ていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前のようにネットの得点版だけで見るのもムナシイし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああ、どうしようかと悶々と過ごす日々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、このままではイカン、再加入しよう、

と思ったが、次節広島戦は、

なんとまたテレ玉とNHK-BSでの中継があるという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・・・もうすこし、待ってみるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても中継があるときは、

NHK-BSでもテレ玉でもあるので、

どっちか片っぽでもいいのにと思いますが、

これは多分JリーグとDAZNとの契約関係だと思うのだけれど、

何となく気持ち的にはモヤモヤしたものが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.07.19

16年ぶりに味スタでFC東京相手に黒星

土曜日のJリーグはアウェイのFC東京戦。

今晩はNHK-BSでの中継があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アウェイのFC東京戦といえば、レッズが圧倒的に強い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんせ、この16年間レッズは味の素スタジアムでは負けていません。

正確に言うと、「FC東京には」をつけんといかんなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年の天皇杯決勝は新国立競技場の建設に伴い

味の素スタジムで行われ、

ここでレッズはガンバ大阪に敗れていますんで。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、そんな暗い話はいいや。

ともかく「FC東京」には16年間負けていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16年といったら、アレですよ、

16年前に生まれた子供は、今16歳なんだから(当たり前だ)

物心ついたら、ということになると、

現在の高校生以下のFC東京サポは、

ホームゲームでレッズに勝った記憶がないわけですよ、これが。

*************************************************************************************

2020年J1第5節

FC東京   2-0  浦和レッズ (味の素スタジアム)

  (前半 1-0)

  (後半 1-0)

*************************************************************************************

 

 

 

 

 

 

 しかし、ジンクスや記録はいつか塗り替えられるもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開始後はレッズが圧倒的な優位と、

精神的余裕で試合を進めていましたが、

逆にFC東京に一回のチャンスで、

しかも、もらい事故のようなゴールで失点してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゴールを決めたオリベイラが照れくさそうな顔をしていたのは、

こぼれたボールが彼の身体に当たって入ったから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、この時点ではレッズの選手は

逆転勝利をまだまだ確信していたはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが、2点目で変わってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この2点目も青木のミスからのボールロストを

アダイウトンの強引なドリブルから決められたゴールで、

与えなくても良い失点であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで、FC東京の選手の負け犬メンタルが、

勝てるぞメンタルに転換。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もともと実力のあるチームなので、

こうなったらなかなかひっくり返すことは困難。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、レッズの選手にしても、

まあ、16年に一回くらい、こんなこともあるかもなあ、

という気持ちがなかったとは言えない。

(見ていたワタシにはありました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 問題はこの一敗ではなく、リーグを通して勝ち点を積み上げることですが、

問題は、またここから連戦になるので、

ここで波に乗り損なうと、一気に順位が転落するので、

次の一戦、すごく大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 20年来の知人である熱烈なFC東京サポのY瀬くんからは、

試合終了後、このような写真が届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシはアウェイゲームなので味スタは行ったり行かなかったりですが、

おそらく16年間の全てのレッズ戦をスタジアムで観戦しているY瀬くんにとっては、

そりゃあ、ウレシカッタでしょうね。

おめでとうございます。

また、16年後に写真を送ってください。(*^^)v

 

 

 

コメントはまだありません
2020.07.12

絶不調の鹿島を下し、リーグ2位に

 Jリーグ再開後3試合目の第4節。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今節から制限付きで観客アリの、試合開催になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、入場者数の上限は5000人で、

その内訳はシーズンチケット継続25年以上のダイヤモンド会員2500人、

スポンサーその他のお得意様枠で2500人ということらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、有料会員といえども、

ワタシのような「その他大勢」まではお鉢が回ってきません。

それにしても、半分はスポンサー様とかにまわっちゃうわけなのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも今回はテレビ埼玉で中継があります。

************************************************************************************************

2020年J1第4節

浦和レッズ    1-0     鹿島アントラーズ (埼玉スタジアム2002)

    (前半  0-0)

    (後半  1-0)

************************************************************************************************

 さて、今回の相手はリーグでは断トツの実績がある鹿島アントラーズ。

しかし、今期2勝1敗と負けなしの浦和レッズに対し、

鹿島はなんと3連敗で18チーム中最下位。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フツーに行きゃ勝てるだろと思うが、

心配なのは、レッズが連敗中のチームの

連敗ストッパーとなる「思いやりジンクス」だけだな。

これが、過去幾度となくあるので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合が始まってみると、

たしかに、鹿島の攻撃は悪くはないが、

普段のアントラーズにみられる迫力やしたたかさが

ほとんど感じられず、

牙を抜かれた虎というか、角切られちゃった鹿であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽうのレッズは、現時点でリーグ随一といってもいい、

興梠とレオナルドの2トップで、

他のメンバーのプレーにも、

誇りと自信が感じられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とはいうものの、

力の差があっても簡単には点が入らないのが、

サッカーというスポーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半は両チーム、スコアレスで、

レッズの先制点は、57分。

フリーキックからの流れてきたボールを、

今季初スタメンのエヴェルトンが、

なんと「ラボーナ」で決めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1-0で勝って、これでレッズは3勝1分けで、

順位も2位に浮上。

波に乗ってきたか。

勝ち点3は、圧勝ではないが、

競り合いのゲームで勝ち点を拾うことができているのは

チーム状態の好転への勢いになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 短期集中、選手交代枠の増加が、

アジアチャンピオンズリーグを見据えて

選手層を熱くしてきたレッズにとって

他チームに比べてメリットとなっていることは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽうの鹿島アントラーズは、

開幕4連敗とチームワーストを更新しての最下位。

ACLプレーオフ、ルヴァンカップを含めると、

今期6連敗中、得点の相手オウンゴールの1点だけという超泥沼状態らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このまま、常勝王者鹿島が低迷して

J2に降格しちゃったりすると見ものなのですが、

今期に限ってJリーグの降格はないことになっています。

ちょっと、残念。(^^;)

 

 

コメントはまだありません
2020.07.09

第3節もリモートマッチ。中継なく見れず。

再開したJリーグだが、今節はまだ無観客試合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、テレビ中継は無く、DAZNは脱会してしまったので、

試合を見るすべがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕方なく、インターネットの速報や、

ツイッターを手掛かりに。

 

******************************************************************************************

2020年J1第2節

ベガルタ仙台   1-2     浦和レッズ  (ユアテックスタジアム仙台)

(前半  0-1)

(後半  1-1)

******************************************************************************************

こんな感じである

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイッターの動画等で得点シーンは見ることができるが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良いぞと思ったら、後半イキナリ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先発FWはレオナルド、杉本だったようだが、

後半、興梠が投入された模様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ、今年も興梠頼りになります。

これで、レッズ移籍後100ゴール達成。

試合終了となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、これでは大河ドラマ「いだてん」でやってた

戦前のオリンピック中継みたいで、

らちが開かんなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回、日曜日の鹿島戦は観客は限定観戦だが、

シーズンチケット継続25年以上のサポしか入場できないそうなので、

また現地参戦はムリ。

だが、テレ玉での中継はあるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、クヤシイがDAZNに再加入する羽目になるのか・・・

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2020.07.05

ようやくリーグ戦再開

 7月4日、ようやくJリーグが再開しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2月21日の第1節湘南ベルマーレ戦から、

実に約4か月半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その間、DAZNからは脱会、スポーツ新聞の購読延長もお断りしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は「リモート・マッチ」といわれる「無観客試合」ですが、

テレビ埼玉で中継がありました。

頼りになるぜテレ玉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 無観客だが、会場はこの通り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スゴイですね、さすがはレッズサポ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6万枚のビニールとタオルマフラーで6万4千人収容の埼玉スタジアムを「満員」にしました。

一体どれだけの手間と時間がかかったことやら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

********************************************************************************************************

2020年J1第2節

浦和レッズ  0-0   横浜Fマリノス (埼玉スタジアム2002)

   (前半 0-0)

   (後半 0-0)

********************************************************************************************************

 

 ホーム開幕戦の相手は昨年のリーグチャンピオン、横浜Fマリノス。

キックオフ前の集合写真も「密着」を避けてますが、

まあ、ぶっちゃけ、大した意味はないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合ともなれば、接触プレーや密着マークは、当然なので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 給水もピッチ外に置かれたドリンクボトルを回し飲みするのではなく、

一人一人にペットボトルを手渡します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、この辺は、そうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合は、双方とも攻撃的な姿勢。

たぶん、モチベーションが相当たまっていたか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、試合勘とか、連携の精度はまだまだで、

決定機を生かせず、前半は0-0。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この展開は後半も変わらず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 印象としては連携や崩しではマリノスに分があったが、

西川の好セーブ連発で、シャットアウト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズ的には、前半のユル木のシュートや、

興梠へのクロスなどいくつかの決定機があったが、

後半10分に橋岡からのクロスに杉本健勇がフリーで合わせたヘッドが、

もっとも得点に近かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが決まっていれば、とも思うが、

それを言ったらきりがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合は、結局0-0のまま、スコアレスドローになったが、

最大の問題は、コレでした。

相手監督ではなく上のテロップです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5分のロスタイムは、長いといえば、長いが

そう珍しいことではないはずですが、

残りおそらく数十秒で、試合中継は中断されてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、レッズのこの攻撃のところで終わってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最終的な結果はインターネットで知ることになったわけですが、

0-0で、まあ良かったが、

サッカーは最後の数秒で得点が入ることがあるので、

ちょっと、これはマズイんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うがった見方をすれば、

これはあるいはDAZNの策略か?

ロスタイムを長めにとるように審判に裏工作をしていたとか・・・・・

 

 

コメントはまだありません
2020.02.26

そうはいかない

 1月に発表されたJリーグの日程をiPadに入れながら、

お、今年は珍しくシーズン初めから行ける試合が多いじゃん、

と、喜んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開幕当初は、土曜日の2時からとかいうゲームが多く、

花粉症のシーズンにはとてもスタジアム観戦はムリで、

カップ戦もACLだと、けっこう火曜日の夜なんかに組まれていたりして、

水曜日なら行けるのだが、と悔しい思いをしたものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが今年はルヴァンカップの初戦水曜日、第2戦とも水曜日ホーム。

リーグ開幕戦は金曜日で無理だが、

ホーム開幕戦は日曜日開催、第3節はアウエイながらも日曜日のFC東京戦なので

スタジアム観戦が可能である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、話がうますぎるなあ、と思っていたが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日、13:39に浦和レッズからスマホにメールが来て、

「2/26(水)ルヴァンカップ松本山雅FC戦延期について」

のお知らせだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うわ、新型コロナウイルスの被害はついにここまで来たか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、仕方がない、日曜日の開幕戦に行こう、

と思っていたら、夕方またスマホが鳴った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 浦和レッズから

「3/15までの公式戦延期のお知らせ」であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありゃまー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サッカーの試合よりは満員電車や、ショッピングモールの方が

感染の危険性は高いような気がするが、

まあ、国民に対する注意喚起の意味も多分にあるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 せっかく、公式戦開幕2連勝で波に乗りかけたレッズであったのに・・・・。

そして、延期、変更になった日程は、また、参戦不能な

金曜日や火曜日、土曜日午後に組まれるやも知れず。

・・・・やはり、話がうますぎると思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とにかく、一刻も早い事態の収拾を祈るのみです。

 

 

 

コメントはまだありません
2020.02.21

ジンクス克服で三重苦払拭

 Jリーグ開幕戦はなんと金曜日の湘南対浦和。

なして、このカード?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、誰かの悪意に満ちた采配があるかのようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サッカー界には非科学的な「ジンクス」というものが、

かなり強力に存在する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スポーツ新聞の格好のネタである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いわく、①昨シーズンのフライデーJリーグで8試合全敗のレッズ。

いわく、②下位チームの湘南相手に1分け3敗と圧倒的に分の悪いレッズ。

いわく、③ここ数年、開幕戦勝ちなしのレッズ。

ということで、三重苦だそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、このカードの裏にはこの試合があるのでは。

今季から全試合VAR(ビデオアシスタントレフリー)が導入されるにあたって、

その大きなきっかけになったのが正規の大誤審が問題になったこのゲームであった。

なんか、そのアピールに思えて仕方がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、その「三重苦」を跳ね返すべく臨んだフライデーJリーグ。

残念ながらDAZNで観戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえばこの3か月DAZNを一回も見ずに受診料だけ払っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやなことに湘南のスタメンには元レッズの選手が3人、ベンチの梅崎を入れれば4人だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽうのレッズは2トップの一角を杉本健勇から興梠にチェンジ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回ルヴァンカップで好調だった杉本がベンチにもいないということは、

ケガか何かしたのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、そんな「三重苦」をかかえてのキックオフ。

 

 

**************************************************************************************

2020年J1第1節

 湘南ベルマーレ   2-3     浦和レッズ (BMWスタジアム平塚)

    (前半   1-2)

      (後半   1-1)

***************************************************************************************

 「ジンクス」というものは一見非科学的であるが、

しかし「ジンクス」の多くは人の心に宿る。

その意味では、きわめて論理的、科学的現象だ。

レッズの選手からはこの間のルヴァンカップでのきびきびした動きが消えている。

それにしてもバックスタンドの「レモンガス」という広告バナーが気になる。

いったい何の企業であろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開始わずか6分、元レッズの石原直樹に先制点を食らう。

ああ、やっぱり・・・・(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、39分、同点弾を叩きこんだのは

2トップで先発した浦和のエース、興梠慎三であった。

今年も頼りになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると、42分に山中のクロスにヘッドで合わせたのは、新外国人レオナルド。

やはりコイツはやってくれそうだ。

ここまでの得点が流れの中からクロスからのダイレクト、というのが

かなりチームにフィットしている印象。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく前半のうちに逆転。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、後半20分、今度はやはり元浦和レッズの山田直輝に同点ゴールを許す。

山田直輝はレッズ生え抜きで、ケガのあと湘南にレンタル、

その後レッズに戻ったが結果が出ず、再び湘南に完全移籍した選手。

うーん、因縁ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そ、そして、さらに因縁の「疑惑の判定」!

レッズDF鈴木のボックス内のプレーに、ハンドの疑い。

初のVAR、さっそく登場。(@_@。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、こりゃ、ハンドだわ。

レッズサポも認めざるを得ないビデオ映像でPK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 逆転のピンチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 蹴るのは新外国人、タリク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ナント、ボールはクロスバーに当たって枠外へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうして、逆転を免れたレッズは、逆に85分、

交代で入ったマルティノスがドリブル突破。

右サイドの関根が中央でボールをもらうと、

ボックス内でディフェンダーをかわしてシュート。

これがゴール左スミに決まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サッカーでジンクスが大きいのはメンタルなスポーツであるためで、

もし、あのPKが見逃されていたら、

怒りがモチベーションにかわる湘南に、

後ろめたさが萎縮につながるレッズが気おされ、

あるいは失点し、負けていた可能性は少なくない。

それは、「疑惑の判定後の逆転負け」というシンクス通りの

前回の試合の展開であった。

ゆえに正確なジャッジにもとづいた展開が、この得点につながったともいえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして、「三重苦」は払拭された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新たな、ジンクスが生まれるか。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ