ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.12.27

クラブワールドカップは3位決定戦で敗れ4位に終わる

3位決定戦の相手はアフリカチャンピオン。

アル・アハリはエジプトのチームだというが、

イスラム圏のチームはみんな似たような名前だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合は日本時間で金曜日の23時半キックオフ。

翌日の仕事、忘年会も気になったが生で見るしかない。

忘年会のためにギターの弦を張り替えつつ見たが、

アーニーボールの袋が写りこんでますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホセ・カンテはこの試合が現役ラストゲームになるはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またまた未知の相手との戦いであるが、

アフリカのチーム、ともかく思い切りが良い。 

開始18分、ドカーンとミドル、西川弾いたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 詰められ、失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、24分、レッズのゴール前にこぼれたボールに

なんと相手10番がフリー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをまたドカーンと決められる。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 立て続けの2失点で、こりゃダメかなと思ったが、

前半終了間際の43分、アナウンサーの「カンテー!」の叫び。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホセ・カンテのビユーティフルゴールが決まり1点を返す。

そういやカンテもスペイン生まれだがアフリカ、ギニア代表だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半になりこのプレーがハンドの疑いでVARの対象に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 判定はハンドでレッズがPK獲得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、なんとこの試合、審判団は全員女性でした。

FIFAのアピールだろうが、きびきびして全体に良いジャッジであったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、PK職人ショルツ登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手GKの動きを見て冷静に真ん中に決める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、これで試合は振出しに戻り、

2点差を追いついたレッズ有利と思いきや、

60分の相手シュートは小泉の足に当たって

大きくコースが変わってゴールに吸い込まれてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 記録はオウンゴール。

どうも、この大会こんな感じの失点が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして72分にはさらにPKを喰らうが、西川がこれをセーブ。

まだまだ分からないぞ、と思ったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロスタイムにまたもんのすごいフリーキックを決められ、万事休す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一度は追いついたものの試合は2-4で敗戦。

3位決定戦で敗れたレッズは世界4位となった。

オウンゴールの得点者はわざわざKOIZUMI表記になるんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、これで長い2023年のシーズンが終了。

浦和レッズはなんと年間60試合もの公式戦を戦った。

内訳はリーグ戦の34試合、

準優勝に終わったルヴァン杯が11試合、

天皇杯が3試合。

昨シーズンから年を跨いでのACLファイナルが2試合、

2023―24シーズンのACLプレーオフ1試合、

さらにグループステージ6試合。

そこにFCWCの3試合を加えると60試合となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リーグ戦は他のチームも同じだが、

ルヴァンカップはグループステージで負ければ

試合数は6、天皇杯はJ1のチームは3試合くらいはするとして、

ACL、クラブワールドカップは出場権がないチームがほとんどだから、

他のJ1のチームは大体45試合くらいが平均なのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 海外遠征を含めた年間60試合は、そりゃキツイ。

そこを考えると、来年のACL出場権は逃したし、

天皇杯の出場権に至ってはサポーターの騒動で剥奪されてるから、

来年はリーグ戦に全勢力を傾けられる、はず。

2024年はJリーグ優勝、狙えるぞ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.12.23

FIFAクラブワールドカップ2023 準決勝

 そして20日未明に行われたクラブワールドカップ準決勝の相手は、

ヨーロッパチャンピオンのマンチェスターシティ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近はヨーロッパのクラブチームが、

欧州リーグの開幕前のプレシーズンマッチとして、

アジアツアーを行い、花試合をして円を巻き上げていくが、

そんな顔見世興行とは違う公式戦、タイトルのかかった試合を

浦和レッズが戦うのはクラブ史上2回目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1回目は2006年にアジアチャンピオンになって参加した

2007年12月のクラブワールドカップでの

ACミラン戦であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当ブログの開設が2008年なので、

その時の記事は残念ながらないが、

2008年12月のブログにこのような記事があった。

「去年は横浜行ったっけなー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう、2007年には午後休診にして、

妻と日産スタジアムまで観戦に行ったのであった。

あの時は、ACミランにカカがいて、

いいようにやられてたことを今でも鮮明に記憶しています。

この年、カカはUEFAチャンピオンズリーグの得点王に輝き、

バロンドール、FIFA年間最優秀選手賞、

FIFPro年間最優秀選手賞、

英誌ワールドサッカー選出世界年間最優秀選手賞

をすべて初受賞し、まさに旬であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの時はハナからACミランに勝てるわけはない、

と思っていたが、

今回はひょっとしたらマンチェスターシティになら勝つかも、

という淡い期待はあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マンチェスターシティはたしかにイングランドの名門ではあるが、

マンチェスターユナイテッドやリバプール、チェルシーあたりと比べれば

明らかに歴史的には見劣りするチームであり、

一時はプレミアリーグの3部まで落ちていた。

レアルマドリード、バルセロナ、バイエルンミュンヘンあたりにはかなわないが、

シティなら何とかなるんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 生中継で観ようと目覚ましを午前3時にかけたが、完全に寝過ごし、

朝5時からの見逃し配信となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クラブ史上、重要な一戦になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、テレビ中継が全くないというのもなあ。

JリーグのDAZN配信といい、先のワールドカップのABEMAといい、

時代の流れといえば仕方がないが、

なんかオジサン的には物足りない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パソコンで観ようとしたが、

Ad Blockが入っているので解除してください、

との英語の字幕が出て、解除法が分からないので、

iPadで観ることになった。

さっきから気になってるけど、写真に撮るとiPadの画面、指紋だらけで汚すぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合は序盤は1試合多い浦和レッズの方が試合勘があり、

幾度かチャンスもあったが、

次第にマンCのエンジンがかかってきた。

だが、西川のビッグセーブがあり、

英語のアナウンサーのニシカワー!!コールが連発。

このガイジンはウラワレッズが発音できず、

終始ユラワレッズと発音していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 0-0で経過した、前半終了間際、

相手右サイドからの鋭いクロスに、

浦和DFホイブラーテンが痛恨のオウンゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、大きな痛手となった。

日本の中継ではあまりオウンゴールした選手のことは言わないが、

英語のアナウンサーはホイブラーテンの名前をしつこいくらい連呼していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半巻き返しを図りたいレッズであったが、

51分、やや前がかりになったところを

相手陣内からもんのすごいスルーパスを通され

あっというまに1対1を作られ、失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすが、こういうの確実に決めるなあ。

この時点で両チームの実力を考えれば、勝敗はほぼ決したといっていい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらにダメ押し点は59分。

小泉にあたってコースが変わって不運といえば不運だが、

試合展開からは想定内といえば想定内のゴールであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくて0-3の完敗。

世界王者の夢は断たれた。

まあ、妥当な結果だが・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで気になっていた方もいらっしゃるかとは思いますが

この「CITY」のロゴ入りのiPadスタンド。

別にマンチェスターシティとは関係なく、

当院がスポンサードする「栃木シティ」のグッズですので、念のため。

 

 

 

 

 

 実は3位決定戦もあるこの大会。

日本で4位のチームは、世界3位になれるのか。

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.12.22

FIFAクラブワールドカップ2023 2ndラウンド

Jリーグの全日程を終了し、

ルヴァンカップ、天皇杯の決勝も終わったあと、

12月13日から中東、サウジアラビアの地で

クラブチーム世界一を決めるクラブワールドカップが、

地味に開催されていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラブワールドカップの前身は、1960年に始まった

ヨーロッパのチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)の勝者と、

南米コパ・リベルタドーレスの勝者が対決する

インターコンチネンタル・カップに端を発する。

当初はホームアンドアウエーで行われていたが、

現地のサポーターが過激になり、特に南米で

頻繁に暴動が起きるようになったため、

中止に追い込まれる年もあった。

そこで中立の第三国での一発勝負が提案され、

トヨタカップとして1981年から日本で開催されるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その大会を2005年にFIFAが吸収し、

ヨーロッパ、南米以外の地域のチャンピオンチームも加えて、

世界一決定戦にしたのがクラブワールドカップである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大会の規模はデカイのだが、

結局、アジア、アフリカ、北中米、オセアニアのチームは、

基本的にはヨーロッパ、南米対決を盛り上げる脇役に過ぎない。

いまだヨーロッパ、南米以外のチームの優勝はないが、

2016年の日本大会での鹿島アントラーズなど、

地元開催のチームが決勝まで進むことが5回ほどあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年、2022年度のアジアチャンピオンズリーグで優勝した浦和レッズは、

アジア王者としてこの大会に臨んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トーナメントではあるが、山は変則的で

1回戦はアジア×北中米カリブ、

アフリカ×オセアニアの2試合が行われ、

そのそれぞれの勝者が準決勝でシードされた、

ヨーロッパチャンピオン、南米チャンピオンと戦う。

まあ、実力を考えれば妥当なシステムだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけでアジア王者レッズの初戦の相手は、

北中米カリブチャンピオンのメキシコのチーム。

クラブ世界一を決める大会なのに、

マスコミの取り扱いはほとんどなく、

テレビ中継は地上波はおろか、BS、スカパー、DAZNでも無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

競技人口の裾野を考えれば、

大谷翔平のニュースよりはずっと規模の大きい話であるのに、

国民のほとんどは知らないのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浦和レッズのホームページを見ると、

FIFAのホームページからFIFA+というサイトで配信があるそうで。

12月15日金曜日日本時間23時30分キックオフ。

実は生配信ではなく、見たのは土曜日。

開催地はサウジアラビアのJeddah。

ジェッダは中東有数の世界都市らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、FIFAのホームページ全部英語なので、

よく確認せず浦和レッズのエンブレムがある動画サイトがあったので、

ここかな、と思ってクリックしたが、

動画再生が始まらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくよく見ると、それは準決勝の動画サイトであり、

これによって、レッズが初戦に勝利したことを、

図らずも知ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ探して、初戦の見逃し配信サイトにたどり着いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかしクリックして見はじめたサイトはハイライト動画であった。

もう結果知ってるので、メンドクサイからハイライトでいいや、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラブ・レオンはメキシコのクラブ。

当然ながら、全く知りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合はハイライト視聴で、しかも結果は知っていたわけでしたが、

なかなか劇的な展開の試合でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半終了間際の77分、アレックス・シャルクのゴールで

1-0で勝つという、

生で見てたらかなり盛り上がっただろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、一回勝つともう準決勝。

ここでヨーロッパ・チャンピオンのマンチェスターシティと戦う。

これは生で観なければ。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.12.07

草刈り場だと思ったハノイに足元をすくわれ、ACL予選敗退。

 Jリーグ最終節からわずか中3日。

しかも極寒の札幌から、熱帯の東南アジア、ベトナムへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 選手のコンディションづくりは、

メンタル、フィジカルともに相当大変なものがあったであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アジアチャンピオンズリーグのレギュレーションでは

予選グループ首位はそのまま決勝トーナメント進出。

2位になった場合、グループ間の勝ち点上位3チームが突破

というレギュレーション。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズの1位突破は無くなってる以上、他会場の結果次第、

というわけだが、ともかくこの試合は勝つしかない。

 

********************************************************************************************************

AFCアジアチャンピオンズリーグ予選グループJ最終節

ハノイFC    2-1    浦和レッズ (ミーディン ナショナル スタジアム)

  (前半  0-0)

  (後半  2-1)

********************************************************************************************************

 しかし、相手ハノイはグループ最下位。

レッズとの第1戦はレッズホームとはいえ

レッズが6-0で勝っている。

勝つのは当然だが、勝ちぬけに大量得点は必要か否か、

くらいの考えであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 予想通りのレッズペース。

開始早々攻め立てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、開始7分、相手のハンドでPK。

いやあ、両手万歳してディフェンスするなんて、

プロとは思えんなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またまたこの形。

PKで先制か、

今年のレッズの勝ちパターンじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と思ったら、PK職人ショルツがまさかの失敗。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだまだ時間があるとはいえ、

ショルツがPKを外したのはこれまで1回のみ。

そして、その試合は負けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後も惜しいシュートもあったが、

今日の相手キーパーは完全に「当たって」きた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半を0-0で折り返した後半55分。

相手コーナーキックからのGK西川のはじいたボールを

ヘッドで押し込まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勝たなければいけない試合でリードを許してしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし64分にブライアン・リンセンが見事な飛び出しから同点弾。

ゴールネットからボールを拾って自らセンターサークルへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後も、入ったかと思われるレッズのシュートは

皆、相手GKのファインセーブで阻止。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、82分、前がかりになるレッズの背後を狙ったボールに、

荻原がボックス内で痛恨のファウル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを決められ、万事休す。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズはグループ2位で予選リーグを終えたものの、

上位3チームに入れず、敗退となり、

アジア連覇への夢は断たれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あとから他会場の結果をみてみると、

レッズは1点差でも勝っていれば勝ち点10で

文句なく決勝トーナメントに進むことができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だがこれで、今期の日程が終わったわけではない。

22‐23シーズンのアジアチャンピオンズリーグを制したレッズは

このあと、12月15日にサウジアラビアで行われる

クラブワールドカップ準々決勝でメキシコのチームと戦う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それを破り、もし準決勝でマンチェスターシティを破れば決勝進出。

そして決勝でおそらく出てくるブラジルのフルミネンセを破れば世界一。

日本でのリーグ優勝を逃し、

アジア王座への夢もたたれたレッズが、

世界チャンピオンになっちゃう、ってシナリオはどうよ。

 

コメントはまだありません
2023.12.04

サッカー問題

 さて、准看護学校の試験の採点も無事終わり、

最高点100点、最低点72点でめでたく全員合格になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前のブログにも書いたのですが、

試験問題の最後に必ずサッカーの問題を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはボーナス問題でして、これを除いて100点満点。

ただしこれができれば6点加算されるという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サービス問題のつもりで出した今年のサッカー問題が

ワタシの予想と裏腹に大変な難問だったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、正解者はたった1名。

それがこの問題。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 正解はむろん①。

カタール大会で日本が勝ったのはドイツとスペイン。

サモアがワールドカップ出るわけねーだろ、

と思ったのですが、

予想外に若者のサッカーへの関心は低かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、まあ、みんなボーナス問題の助けがなくて合格したので

それはそれでいいのですが。

来年は、ちょっと考えます。

 

 

コメントはまだありません
2023.12.03

最終節勝利で飾るもリーグ3位は逃す

 

 2023年リーグ最終節。

このカードは彼の現役引退を想定して、

年頭に組まれたものだったのだろうか。

 

***************************************************************************************

2023年J1最終節

北海道コンサドーレ札幌  0-2  浦和レッズ (札幌ドーム)

     (前半     0-1)

     (後半     0-1)
***************************************************************************************

 彼とはもちろんホセ・カンテではなく

小野伸二のことである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、レッズとしてはリーグ3位を目指したいところだが、

ACL出場権は今まで3位まで認められていたのが

今回から2位までになってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いっぽう順位はボトムハーフに沈む北海道コンサドーレ札幌的にも

引退する小野伸二に勝利の花道を用意したいところではある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてこの試合はホセ・カンテ、アレックス・シャルク、

マチェイ・スコルジャ監督にとってもJリーグ・ラストゲームになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小野伸二は先発したが、

最初から20分程度で交代予定だったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこからが、本当の勝負。

前半は0-0。

後半になり52分のこのプレー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 VAR判定で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハンド、PK。

PKになればショルツ様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう完全にレッズの得点パターン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、71分、この後方からのフリーキックを、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホセ・カンテが、頭で競り勝ち、

こぼれたボールを今期レッズに加入した

元日本代表10番、中島翔哉が移籍後初ゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまでケガなどで実力を発揮できなかった中島翔哉、

これは来期につながる嬉しいゴールだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、試合は2-0で勝ったが、

広島もアビスパ福岡に勝ったため、

順位の入れ替えはなく、

レッズは勝ち点1差でリーグ4位に終わった。

せっかくルヴァンカップあげたんだから、

恩返ししてもいいのに、アビスパめ。😡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.12.01

武漢三鎮に勝ち切りグループステージ突破の可能性を残す

 11月の悲しい8日間で今シーズンの希望があらかた失せたレッズであったが、

ACLに関してはまだ望みが無くなったわけではない。

グループ2位ならば、

他の組の勝ち点でグループステージ突破の可能性も

残されている。

**********************************************************************************************

ACLグループステージ第5節

浦和レッズ  2-1   武漢三鎮 (埼玉スタジアム2002)

  (前半  1-0)

  (後半  1-1)

**********************************************************************************************

 その意味では勝利が絶対の武漢戦。

アウェイで引き分けた相手であるが、

ここはホームで勝ち点3がマスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 33分にPKを獲得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これをPK職人、アレクサンダー・ショルツがきっちり決め先制。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半リードで折り返すが、

後半、武漢の猛攻に会い、

68分についに同点に追いつかれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 残り時間が少なくなり、風前の灯火となったグループステージ突破の望みを

からくもつないだのが89分のカンテのスーパーボレーシュートであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スゴイ、カンテー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、このホセ・カンテ、この試合に先立つ11月27日に現役引退を発表しており、

これが埼スタでのラスト・ゴールになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年後半から、ようやく大爆発し、

今や浦和の欠かせないストライカーになったというのに。

もっともっとスーパーゴールが見たかった。

まだ33歳、考え直してくれないかしら。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.11.28

返り討ち

 前節でリーグ優勝の芽が無くなったレッズは

アビスパ福岡を相手にホーム最終戦を迎えた。

11月25日土曜日の14時キックオフなので

DAZN見逃し配信で観戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アビスパ福岡といえば

忘れようとしても忘れることのできない

11日4日のルヴァンカップ決勝での敗戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 失ったタイトルを獲り返すことはできないが、

ここはきっちり勝って、

あの時は運悪くタマタマ負けたけれど、

ホントは俺たちの方が順位も上だし、強いんだぜ、

というところを見せておきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、この試合の直前、11月21日に

今期レッズを躍進させたマチェイ・スコルジャ監督が

退任するとの発表があった。

家族との時間を大切にするため、とのコメントだが、

ひょっとして水面下でポーランド代表監督のオファーがあるとかだったりして。

いずれにせよレッズ的にはかなり残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

****************************************************************************

2013年J1第33節

浦和レッズ    2-3    アビスパ福岡 (埼玉スタジアム2002)

    (前半  1-1)

    (後半  1-2)

****************************************************************************

 さて、当然勝つでしょ、と思ってるレッズサポの前で、

前半12分、明本が倒されPK獲得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アレクサンダー・ショルツがこれをきっちり決め、

ああ、やっぱ、本当はレッズの方が強いのだ。

今日は難なく勝つだろう、と思ったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、31分、GK西川のフィードが相手DFに跳ね返されると、

あれよあれよという間にカウンター。

最後は西川の頭越しのループであえなく失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだこの時点では負けるとは思っても見なかったが、

54分にサイドを揺さぶられ、ボレーシュートを喰らう。

最初はオフサイドの判定であったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 VARでひっくり返ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この展開にレッズの選手に11月4日の悪い記憶が蘇る。

67分、集中を切らした柴戸が最終ラインでボールを奪われ失点。

決定的な3点目を献上してしまう。

柴戸、寝てたな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 交代で入ったシャルクが75分に2点目を決めるも、すでに時遅し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 屈辱の返り討ちに会い、順位も4位に後退。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やはり11月4日ですべての流れが変わった。

呪われた日だったのだなあ。

オレが途中で外来抜けたから、じゃないよね?

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.11.15

複数のタイトルが泡のように消えた1週間

 11月12日のこのゲーム。

別府の学会から帰った後の日曜日のゲームなので、

現地参戦も可能であったのだが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1週間前のルヴァンカップ決勝でアビスパ福岡に敗れ、

ルヴァンカップのタイトルを逃し、

4日前のACL第4節で浦項スティーラーズに負けて、

グループステージ通過が危うくなり、

その前にはサポーターの不祥事で来季の天皇杯の出場権が剥奪され、

今年の天皇杯はすでに敗退しているという、

モチベーションが下がりまくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リーグタイトルの可能性も数字上では残るが

浦和が3連勝、ヴィッセルが3連敗,さらにマリノスも2敗以上、

なんてことは奇跡に近く、

いや、こんな時にサポートするのがサポーターだとはいえ、

個人的にも仕事が殺人的な忙しさで、

心身ともにマイっている状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、自宅観戦。

初優勝に向けて意気上がるヴィッセルサポーター、

意味不明のルパン三世。

なんか、関係あった?

 

 

 

 

 

 

 

*************************************************************************************************

2023年J1第32節

浦和レッズ  1-2  ヴィッセル神戸 (埼玉スタジアム2002)

   (前半 0-0)

   (後半 1-2)
*************************************************************************************************

 首位神戸と3位レッズとの直接対決。

出来れば勝ち点差3以内で迎えたかったが、

現在の勝ち点差は8。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半は0-0。

後半も、神戸の猛攻を凌ぎつつチャンスもあったレッズだが。

71分、右から左、さらに右へと揺さぶられ、

最後、左からヘッドを決められる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、後半ロスタイム、ホセ・カンテのキャノン砲が炸裂、同点に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、同点では勝ち点差は縮まらないので、

勝つしかねーだろ、のレッズであったが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロスタイム終了間際のフリーキックで、

GK西川も上がって「勝ちに行った」が、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハイボールを相手GKにキャッチされ、

すぐにボールは前線へフィードされる。

これをうまくさばいた大迫が、無人ゴールに蹴りこんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リスクマネジメントを怠ったレッズが、

土壇場で狙った勝ち点3から0になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これでレッズの優勝の可能性は完全に無くなったが、

複数のタイトルへの希望をもって臨んだこの3連戦で、

すべて1-2のスコアで負けたことになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ダメージ大きすぎ。

11月4日のルヴァンカップ決勝のキックオフのタイミングまで、

時間を巻き戻せたら、と思うが、

それは思うても詮無きこと。

まあ、埼スタ行ってたら、オレのダメージもかなりであったが。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2023.11.13

浦項スティーラーズに逆転負け、グループ首位通過は消滅

 11月4日土曜日から11月12日日曜日までの8日間、

浦和レッズは今年最も重要な3連戦を戦った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、11月4日の土曜日はYBCルヴァンカップ決勝。

これは、すでに書きましたが、

新国立競技場でアビスパ福岡相手に1-2で敗戦。

アビスパ福岡にチーム初戴冠を献上した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてチームは韓国、ソウルに飛び、

11月8日水曜日、中3日で

AFCアジアチャンピオンズリーグのグループステージ突破をかけて

浦項スティーラーズと対戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを録画で別府から帰るりょうもう号で観ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまで1勝1分け1敗で勝ち点4の浦和レッズは

グループステージ首位通過のためには、

ここまで3連勝の浦項スティーラーズから勝利を奪わねばならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2週間前の埼玉スタジアムでの対戦は、

完敗、といっていいような内容でした。

 

 

 

 

*****************************************************************************************

2023AFCアジアチャンピオンズリーグ グループ第4節

浦項スティーラーズ  2-1  浦和レッズ  (浦項スティールヤード)

      (前半  0-1)

      (後半  2-0)

*****************************************************************************************

 しかし、今回の出だしはいい感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして前半35分、左からのグラウンダーのクロスを

ホセ・カンテがゴール前でさばいて見事なシュートで先制。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 特急電車の中で、思わず声をあげそうになってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半1-0まで電車の中で見て、

後半は帰宅してから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半になり65分、浦項の攻撃をしのいだかに見えたが

VAR判定で相手クロスが岩波の手に当たったとされハンドの判定。

PKとなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルヴァンカップ決勝ではPKを止めた西川であったが、

ここは決められ同点に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに71分には明本のタックルがVAR判定で一発レッド。

数的不利に追い込まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合はロスタイムに突入。

解説の槙野はこのまま勝ち点を持ち帰りましょう、といっていたが、

9分あるロスタイムの3分に逆転ゴールを許す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 けっきょく1-2の逆転負けで、勝ち点を奪えず。

浦項はこの時点で勝ち点はすでに12、

いっぽうのレッズは残り2試合2連勝しても勝ち点は10までにしかならず、

グループステージ首位通過は無くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、週末のJリーグへ。

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ