ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.12.29

泣く子叫ぶ子暴れる子


 ネットでよく見てるお医者さん専用のサイトにある掲示板に

あるスレが出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻咽喉科のセンセイの投稿で、

診察中の子供の泣き声に耐えがたく発狂しそうになります、

何か対処法は?

というものがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かなりオドロキです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自称「くそ爺耳鼻科」と名乗ってるからには、

年輩の耳鼻科医で昨日今日医者になったヒトではないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そりゃ、耳鼻咽喉科医に向いていないとしかいえません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻咽喉科の外来では、

子供は泣いて当たり前、

だって、子供にとって病院はコワイところですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 診察前から泣いてる子はざらで、

中には駐車場や当院への曲がり角から泣き出す子もいるようで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもこのスレに対するレスでは、

泣く子を怒鳴りつけるお医者さんとか、

泣く子を診るのが嫌だから内科を標榜するが小児科は診ない、

とかいうものがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシ自身は、子供の泣き声は、

ほぼ全く気になりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう完全にBGMと言ってもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いろんな泣き方をする子がいてそれもまた興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ときに殺人音波か、というほどの高周波の大騒音で泣き叫ぶ子がいて、

鼓膜がビリビリして、終わったあとも残響が残る場合がありますが、

キクー、といった感覚はあるものの

子どもが憎らしいとか、発狂しそうだとはツユほども思いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 せいぜい、ワサビのききすぎた寿司を食べたかのようなもんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 暴れる子もまたしかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 処置がしにくいとか、時間がかかることで、

マイッタなー、とは思いますが、

子どもに恨みは持ちません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 チューブ入れる手術の時などは、

せめて3秒だけでも止まってほしい、

と思うのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、子供が泣き叫んで暴れても真剣に押さえないお母さんとか、

「痛かったねー、ごめんねー。」などと、

こちらの医療行為を否定するような保護者の方にはムッとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 耳鼻科にかかると泣くからと、

中耳炎を小児科で治療してもらおうとする親御さんもいますが、

一定レベル以上の中耳炎は必ず失敗します。

キチンとした小児科は耳鼻咽喉科に紹介してくるのですが、

診断力のない小児科に行っちゃうと悲惨です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 親御さんが、本気で自分の子供の病気をよくしたい、

という気持ちさえあれば、

どんなに泣こうが、喚こうが、暴れようが、

こっちは一切気にしないので、

安心して受診してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それまで大泣きしていた子が、

頑張って泣かずに治療ができたときなどは、

こちらもうれしいのでうんとホメてあげます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小さいころ中耳炎を反復し、

毎回大暴れしてスタッフ総がかりで抑えなければならず

診察に20分も30分もかかった女の子が、

今は中学生になって、風邪をひいたりすると、たまに受診します。

本人は照れ臭そうですが、

今また、当院を受診してくれるのは大変ありがたい。

中耳炎はキチンと治っており、

今では当時のことは笑い話ですが、

そうなったのも

暴れる子供にめげずに

根気よく通院させたお母さんのおかげだと思います。

 

 

 

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. 素晴らしいご意見だと思います。ありがとうございます。

  2. コメントありがとうございます。
    努力したわけでは無くて、慣れちゃっただけなんです、たぶん。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ