ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.07.26

ひるね

 夏休みの計画を立てるときは

小学校の時などは「お手本」があって、

それを参考にしながら作ったものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小学校低学年のころ

そこに「勉強」「ラジオ体操」「家の手伝い」「入浴」「食事」「テレビ」などと並んで、

「必須入力項目」だったのが「ひるね」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、曲者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午前中、宿題を(やってるふりを)して、

お昼ごはんにそうめんを食べ、2時からは学校のプールだが、

日課表に従うと、ここでその前に「ひるね」をしなければイケナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普段、昼寝なんてしないのに、

日課表にあるので、とりあえずバスタオルを上掛けにして横になるわけですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これが、全然ねられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 横になって、目はつぶっていても

外から、セミの声がすると、もう早くセミ獲りに行きたくて行きたくて・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな、明るいうちから眠れるわきゃねえ。

しかも、夏休みなのに・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・・・・・・・・あれから数十年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今や、お昼食べてソファに横になると、すぐ眠れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 検診などの用事があって、午睡の時間が取れないときは、

午後の外来が眠くて眠くて・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの時の「ひるね用の時間」を、「貯金」しておいて今にまわすことができたら・・・。

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ