ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.07.18

ジュラシックワールド炎の帝国

連休最終日は再びココに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は先週13日に封切られましたこの映画。

お昼12時半の回でしたが、けっこう入っていました。

といっても、座席3割くらいでしょうが、ワレワレがこの映画館で観た最高かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、スターウォーズと同じく、

ジュラシック・パークシリーズも我が家のマストなのですが、

今回は、どうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあと、ネタバレなのでご注意くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のっけから、スリリングなシーンでイイ感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

放棄されたジュラシック・ワールドの島が、火山噴火をおこし

このままでは残された恐竜が絶滅するので、

それを救い出そうとするプロジェクトが前半のストーリー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変迫力があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回登場したこのジュラシック・ワールドの丸いライドが使われるとこは

前作からのつながり、という点でなかなかいい演出。

でも、3年も放置していたものに乗れるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、溶岩流や火山弾に終われながら島を脱出する下りは、

どっちかというとインディジョーンズ的なアクションですが、かなり盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、11種の恐竜とともに島を脱出して、アメリカへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、物語の後半は、この大富豪ロックウッド財団の

お城のようなお屋敷、ロックウッド邸での話になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺からは、うーん、どうかな、という感じでして。

まあ、ブルーを救うためにテキトーな獣脚類から血をとってきて

輸血しちゃうというのもテキトーすぎますが。

あの輸血パックはいったいどこから?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前作から引き続き主演のこの2人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このオッサンは恐竜飼育員のくせに今回は恐竜だけでなく、

ギャング相手にも強い強い。

見ているうちにスティーブン・セガールかと思ってしまった。

「沈黙の恐竜」かっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぽう、この前回ハイヒールで山中を逃げ回ったお姉さんは、

今回はだいぶ印象が変わっていました。

ちゃんと靴履いてたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髪型の違いもあるけど、違う役作りにしたと本人もインタビューで言っていました。

コチラ前作。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐竜オークションというのも設定に無理がありすぎて・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パキセファロザウルスはいい味出してましたが、いかにもマンガ的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、女の子が出てきた時点で、お子様映画になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このシーンの演出はいかにもディズニーのファンタジーのようです。

あんな頭のいい子がベットに逃げ込むはずはないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キングコングもそうなのですが、

恐竜はジャングルや無人島で出会うと相当怖いのですが、

文明社会に来た時点で、怖さは大幅に減弱してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その辺、所詮は爬虫類なので、細菌、ウイルス、宇宙生物とは違うところ。

この動物園のシーンもいかにもお子様ウケ、を狙ってます。

多分、動物園のライオンはこんなに勇ましくない。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとは、禁断の遺伝子工学が引き起こした、人類への警鐘、

というのが作品のテーマだったので、

ここにきてそれがかなり薄まってしまいました。

マルコム博士出てましたが、もうワタシには関係ない、

みたいな感じで隠居老人の趣きでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、今後の展開も不安なのですが、

まあ、この映画はストーリーとやかく言わず、

4DXやIMAXで見て、迫りくる恐竜の迫力を楽しむのが良いのかなと。

 ・・・・・・・ただ、両方、足利にはない。(T_T)

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ