ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.11.30

The Show Must Go On

 以前も書いたことがありますが、

「人生に無駄な経験はない、物事に100%のマイナスは無い」

というのが、ワタシの座右の銘です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回書いたような事例もありますが、ほかに、

ツライ経験も、

あの時のアレに比べたらまだマシだ、

とか、

アレが乗り切れたのなら、何とかなる、

と思えば、過去のマイナスの経験は、現在のプラスになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということは、

あの時のアレのように、この時のコレも将来はきっと役に立つ、

と思えば

気分は少しは軽くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 などと考える、11月の終わり・・・・。

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.29

からの「グランプリ野郎カー」

 で、前回「グランプリ野郎」の話を書いたのは、

実はきょうのこの話の前振りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヤフオクでクルマの模型など検索してたら、

こんなモノを発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ああー、これはかの「グランプリ野郎カー」。

ちなみに、作中ではこのクルマには

「マッハ号」とか「ガンセキオープン」といった名前がつかなかったので、

模型化にあたってこのような名前がついたわけだ。

当時も、このネーミングはないよなあ、と思ってはいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このプラモデルは、当時国内プラモデルの最王手であった

「イマイ科学」製。

もちろん、買って作った覚えがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお、懐かしいなあ、また作ってみようかなあ、

と思い、ウオッチリストに追加。

開始価格は1000円。

当時の価格は200円だったのね。

2~3000円くらいまでなら思い切って買ってみようかな、と思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しばらくして、終了当日、ちょっと入札してみようかなと、

残り3時間で現在価格を見ると、なんだ1万円こえちゃった、

・・・・ではなく、よく見ると、

10万を超えている。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすがにこれはねえな。

だって、子供向けのちゃちな「トイ・モデル」です。

ネットにあった完成写真。

買った当時も、なんかイマイチなプラモデルだなあ、

と思ったことを覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、入札はあっさり諦めましたが、

一体どこまで上がるのだろう、と興味津々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 翌朝、終了後の落札価格を見るとなんと、

401000円!!

よん、よんじゅうまんえんですと!!!(◎_◎;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやあ、いったいどんなヒトが買ったのでしょうか?

少なくともワタシと同世代ではあると思うが・・・・。

そして、買ったヒトは、果たしてこのプラモデル作るんでしょうか??

作るには相当勇気がいるかと・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこが、知りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、あのときこの模型作らずにとっておけば

40万になったのか、1個200円だから2つ3つ買っておけばよかった。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.28

グランプリ野郎

「グランプリ野郎」という漫画をご存知であろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃ワタシの愛読していた雑誌が「少年」。

これには、かの「鉄腕アトム」と「鉄人28号」がともに連載されていた

少年誌のチャンピオンみたいな存在であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その「鉄人28号」の作者横山光輝氏が1968年から同誌に連載開始したのが

「グランプリ野郎」。

当時、ブームになっていたモータースポーツを扱った少年漫画である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、ワタシのレーシングカー好きの原点はこの漫画にある。

ワタシにとって「レースマンガ」といえば「グランプリ野郎」。

「マッハGo Go Go」でも「サーキットの狼」でも「赤いペガサス」でも

まして「チキチキマシン猛レース」でもないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピットインとか、スピンとか、スリップストリームなんていう「レース用語」は

全てこの漫画で学んだ。

ドリフトとかシケインとかダウンフォースなんていう言葉は

まだなかった時代である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は「葉巻型のフォーミュラカー」、まだウイングなし、という時代である。

でも、シートベルトはあったはずだが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、この主人公の若林真一が乗るレーシングカーのデザインを、

雑誌「少年」で、一般公募した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなりの応募があった模様で、ワタシなども結果発表を心待ちにしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その発表された最優秀作がこのマシンであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンガ自体がわりとリアル路線で来ただけに、

このSFチックな、マッハ号的なデザインは、

正直、どうなのかなあ、と子供心にも思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、実際にマンガに登場するのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他のマシンとあまりに違い過ぎて・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こりゃ、ちょっと、アレだなあ・・・。

そんな、「グランプリ野郎カー」であったのだが。

つづく

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.27

C5-dips、冬の活動予定

 さて、9月の怒涛のライブ攻勢のあと、

休眠していた「C5-dips」ですが、

ようやくまた、活動再開です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず第1弾はコレ。今週末です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 The Old BBC Clubのイベント、ビートルズナイトに初主演。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サブタイトルは「George & John Memorial Live」となっていますが、

ナゼか、ポール・マッカートニーの曲メインのセット組んじゃいました。(^-^;

だって、オファー受けたとき「George & John」なんて、

ヒトコトも言われなかったもので・・・・。

今回、新曲もやりますんで、ヨロシク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、その後の予定をざっと

12月23日(日)サウンドジム・クリスマスライブ@足利織物会館4Fホール

1月5日(土)ビートルズナイト@足利Old BBC Club

2月3日(日)ロック&ポップス@足利市民プラザ

2月10日(日)Sano Heart Rock Fes@佐野市文化会館

3月17日(日)ドラキュラ・フェスタvol.21@宇都宮ロマンチック村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その間にちょこちょこあるかも知れませんので、そのときは告知しますね。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.11.26

深まる秋の音楽の集い

昨日はコチラに遊びに行きました。

 

 

 

 

 

 

以前もお邪魔した「Music Board」のライブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボーカルのナオちゃんは、同級生。

ギターの新井先生は、以前一緒にライブしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はその新井氏と大島氏のユニット「大島鉄夫」。

「オオシママサヒロ」+「アライテツオ」=「オオシマテツオ」

というユニット名です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルと、カバーが半々くらい。玉置浩二とか、そんな辺です。

歌もギターもウマイ。

ボーカルの大島君、若いです。

中央フリーウェイが出たときはまだ生まれていなかったそうで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、「新井鉄夫」氏のソロギター。

まさに「職人芸」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは「TRT療法」に使えるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「Music Board」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Sweet Memories」は定番曲ですが、

なんでも彼女が松田聖子を歌うのは初めてとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晩秋にふさわしい、しっとりしたボーカルです。

思わず聞き入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあとはオープンマイク。

観客飛び入りのステージです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入れ代わり立ち代わりで、

 楽しい音楽パーティーの趣。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出演者のサポートもアリの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またまた楽器持ち込みもアリの、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、ワタシもお誘いを受けてギター持参で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、ナオちゃんにコラボしていただく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 曲は「Happy Christmas」。

今朝、メッセンジャーで打ち合わせしただけの完全ブッツケです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何となく良かったんでないの。

まあ、同じ学年、足高と足女で当時別々にバンドやってましたんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのあとは、アヤちゃんにも一曲歌ってもらいます。

ワタシのリクエストで森高千里です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ソロでも一曲。オアシスなんぞを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ココロが和みました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アヤちゃんもサンキューでした。

岩谷家とは、ついこの間は、旦那様と宇都宮でコラボし、

今回は奥様の方と太田で演るということでした。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、そろそろバンドの方も活動再開です。

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ