ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.08.10

赤いチーム相手に3戦連続ドロー

 11日から16日が、当院の夏季休診、要するに私の夏休み、

ということであるが、

Jリーグの日程が、ちょうどそれを外したように

8月10日と17日に組まれている、というのはいかにも意地悪だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、10日が札幌、17日が神戸のアウェイゲーム、

もし夏休み期間中であれば観光もかねて観戦ツアーをしたいところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やむなくDAZNで。

連休前の最終土曜日は、普段の土曜日より来院者が少なくあっさり終業。

 

***************************************************************************************

2019年J1第22節

北海道コンサドーレ札幌  1-1   浦和レッズ  (札幌ドーム)

      (前半    0-0)

      (後半    1-1)
***************************************************************************************

 札幌ドームはまだ行ったことがないスタジアム。

一度行ってみたいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は小野伸二選手がFC琉球に移籍する壮行試合を兼ねている。

小野伸二といえば、言わずと知れた元浦和のエース。

1998年、当時まだ弱小チームだった浦和レッズに加入。

静岡県出身、小学生のころから天才の名をほしいままにし、

清水商からJリーグ入りするときは、地元清水エスパルスが有力視されていたが、

なんと、この弱っちい浦和レッズによく来てくれたものよ、と、

当時は驚きと喜びで話題であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 加入後、デビュー2戦目のアウェイ、

横浜フリューゲルス戦で初ゴールを記録するが、

この試合、横浜国際競技場のスタンドで、しっかりナマで見ました。

当時日本代表のGK楢崎正剛をいなすような落ち着いたシュートに、

感動と、今後の期待で胸が熱くなったことを覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、浦和に数々の勝利をもたらしてくれましたが、

2000年の浦和レッズJ2降格時も、J1のチームからのオファーを断り、

チームのJ1復帰の原動力になってくれたことを、

浦和レッズのサポーターは決して忘れません。

2001年、J1でのファーストステージ終了後にオランダ、フェイエノールトに移籍。

その後も2006年にいったんレッズに復帰しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズでの在籍は通算6年ほどだが、札幌も2014年に移籍だから、

こちらも、もうかれこれ6年目になるわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 監督は元レッズのペトロヴィッチ氏だし、

何となく因縁めいていてヤだな、と思ったが、

けっきょく、小野伸二の出番はなく、

浦和レッズサポもみんな「俺たちの小野伸二」だと思っているから、

試合が引き分けになったのもあって双方のサポーターが

暖かく、小野伸二選手を送り出せたのでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合に関しては、レッズのポゼッションに札幌のカウンターという図式で入ったが、

札幌ドームは涼しいようで、前2戦よりは動きが良い。

見る方も楽だろうし、行きたかったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半、コーナーからエヴェルトンがヘッドで先制するも、

68分に鈴木武蔵のゴールで同点に追いつかれる。

鈴木武蔵には今年ホームでもやられているが、

浦和レッズ相手には相性がいいのか、

このシュートも身体能力の高さを十分に発揮した素晴らしいシュートであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、鹿島、名古屋、札幌と「赤いチーム」相手に

3戦連続引き分け、勝ち点の積み上げが「1」ずつなので、

順位が11位に落ち、またボトムハーフ入りしてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次節、また「赤いチーム」、ヴィッセル神戸と戦うわけだが、

そろそろ勝ってほしいなあ。

 

コメントはまだありません
2019.08.09

夏季休診のお知らせ

 今年は山の日が日曜日で、12日月曜日が振替休日になります。

13,14,15,16日とお盆のお休みなので

日曜日から金曜日まで休診ということになります。

17日土曜日は通常通り午前の診療をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には夏休みはお盆休みを外して取りたいのですが、

職員の希望や、世間の慣習もあり、なかなかそういうわけにはいきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大学病院のころは、交代で休みをとるので、

優先権のある先輩の先生が、先にいいところをとっちゃうので、

研修医はお盆の時期に休みを取らせれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっとも、市中病院に出てからは、

学校の夏休み期間中は予定手術がビッシリなので夏休みはゼロ、

日曜日も隔週出勤、という状態だったので、

今はチョー恵まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どこ行っても混んでるし、お盆期間中はホテルも高いので、

旅行に出かける予定はなく、

妻が九州の実家に帰っちゃうので、朝晩のイヌの散歩が休み中の仕事です。

Jリーグもないので、サマソニに日帰りで行くくらいで、のんびりします。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.08

鼓膜穿孔閉鎖術に対する新薬が承認されました。

ようやく待ちに待ってた知らせが届きました。

医薬品第一部会:初の鼓膜穿孔治療剤が登場~新薬3軒の承認を了承

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう4,5年以上前、とある学会で

この薬の開発に携わっている先生の講演を聴いて以来、

発売をずっと心待ちにしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時の発表でかなりいいデータが出ていたので、

承認、発売も早いのではないかと思っていましたが、

意外に時間がかかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外傷や、中耳炎、鼓膜チューブ留置後などに

鼓膜に穴が開く、もしくは開けることはしばしばあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼓膜は本来再生能力を持っているため、

多くの穿孔は自然に閉鎖しますが、

時に塞がらず残ってしまうことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閉鎖を妨げる因子としては、感染(耳だれ)と、

反復、遷延する中耳炎のための鼓膜の菲薄化があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのような場合、鼓膜穿孔閉鎖術が必要になりますが、

外来で局所麻酔化にできるものもありますが、

鼓膜の状態が悪かったり、穿孔の大きなものは

入院し、全身麻酔で手術することになり、

患者さんにとって大きな負担でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒト塩基性線維芽細胞増殖因子

(basic fibroblast growth factor:bFGF)とは

ワレワレの体も持っている

細胞の修復活性や血管修復などを担う因子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを製剤化し、スポンジ等で鼓膜に圧着させることにより、

再生の止まってしまった鼓膜穿孔の再生を促すというもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これにより、外来、局所麻酔下の手術で、

鼓膜穿孔を閉鎖できるケースがかなり広がると期待されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院でも局所麻酔で鼓膜穿孔閉鎖術を行っていて、

穿孔が閉鎖できる場合も多いのですが、

どうしても、外来ではムリ、という方には、

病院を紹介していますが、

入院してまではやりたくない、という方がいらっしゃるのも事実です。

また、年齢や合併症の関係で全身麻酔の手術が困難な方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この薬の導入により、そのような方にも外来での手術が可能になります。

発売の際にはぜひ使ってみたいと思いますので、

また、詳細がわかりましたらお知らせしますねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.07

第74回原爆の日

 昨日は74回目の広島原爆の日。

広島での平和祈念式典の一部を見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 広島市の松井市長の言葉は毎年、感動するが、

とりわけ今年は、昨今の情勢に対する危機感と、

進まぬ核軍縮に対する歯がゆさが感じられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2017年に核兵器の開発、保有、使用を禁じる核兵器禁止条約が

国連で採択されたが、

唯一の被爆国である日本は参加していない。

これは、大変恥ずべきことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、今年、米露の中距離核戦力廃棄条約が失効。

アメリカ、ロシアはミサイル配備に動き出し、

中国もまたそれに対応して軍備の強化を進める動きだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近年、主要国で右派勢力が政権を握り、

自国第一主義を掲げて、他国の排除、軍備の拡張を進め、

また、日本もこれに同調する動きを見せています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中国や、韓国は今後東アジアの隣人として、

友好と協調関係を保たなければいけないはずなのに、

現政権の態度は、全くそれに逆行しているようで不安です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年、広島の原爆資料館がリニューアルオープンしたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシも以前の資料館には何回か足を運びましたが、

行くたびに戦争の悲惨さ、愚かさ、

平和の尊さを強く実感し、強く胸を打たれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新しい展示もまた是非見たいものですし、

日本国民及び日本を訪れた人たちには、必ず見てほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トランプ大統領を日本に招いた阿部首相は、

ゴルフやったり大相撲なんか見せてる時間があったら、

広島に連れて行くべきだ。

何も言わなくても、見せるだけで十分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 くわえて、日本の小中高生も一度は修学旅行のコースに

広島原爆資料館を組み込むことを、

文科省がルールにすればいいんじゃないかと思うなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日8月6日は「広島原爆の日」。

そして、今日、8月7日は「鼻の日」です。

こちらは今年で第59回だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
2019.08.06

敬語

いろいろな患者さんを診るわけですが、

基本的には、です、ます調で会話をすることが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日は、どうされましたか?」とか「どんな、様子ですか?」とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年配の方には「どんなご様子ですか?」と、尋ねることもあるし、

逆に、再診で顔なじみの患者さんになると、

「今日はどんな感じ?」

くらいにくだけることは多いです。

子供や、学生さんだと、何回もかかってる子ならば

「どした?」

と、訊くこともありますが、

一人で診察に来た中学生なんかには、

やっぱり敬語(丁寧語)使うことが多いかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんの方は、

「のどが痛いです。」「熱が出ちゃいまして。」といった口調だが、

中には

「耳がさー、おかしんだよねー。」とか

「セキが止んねーんだよ。」といった感じでいきなり言ってくる人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見てると、ワタシの方ではそうでもないけど、

副院長に対しては、相手が女性だからか、

そんな感じでしゃべる年配の男性をときどき見かけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシとしては別段、きわめて不快である、

とかいうわけではありませんが、何回もかかっている人ならまだしも

初診でいきなり、こういう口調で切り出してくるヒトは、

おっ、と思いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシも最近、日赤など病院で診察を受けることがあります。

担当医は、みなワタシよりも年齢は下なわけですが、

やはり必ず敬語で話しますよね。

「特に痛かないよ。」「かわんねーなあ」的な口調は

さすがにできません。

受付の方や検査担当の技師さんや看護師さんにも

基本的にすべて敬語で話します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、飲食店なんかで店員さんを呼ぶときに

「ちょっと、ねえちゃん、ねえちゃん。」

と、声をかけるおじさんいますけど

あの手のヒトなのかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 建設業界や政治家、市会議員、県会議員あたりに多いかも。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ