ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.04.09

火曜日のナイトマッチ

金曜日にリーグ戦があったので、

水曜日が多いカップ戦が、火曜日開催。

と、いうことで現地参戦できず。

開院時、水曜日を午後休診に設定したのは、

サッカーを見に行くためだったのだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜はバンド練習だったので、帰ってからの録画観戦であった。

 

******************************************************************************

2019年AFCアジアチャンピオンズleagueグループステージ 第3戦

浦和レッズ   0-1   全北現代 (埼玉スタジアム2002)

   (前半  0-0)

   (後半  0-1)

******************************************************************************

金曜日のリーグ戦でマリノスにボロ負けしたのは、

ひょっとすると、火曜日のこのビッグマッチが

選手、監督の頭にあったためか、

と、好意的にとらえていたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国のチームである全北現代は、

過去アジアチャンピオンに2回輝いており、

グループリーグの中では本命と目されるチームだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、アウェイで北京に敗れておりグループ3位。

なので、浦和のホームではあるが、

「勝ち点3」を狙いに来たということは、

試合前から公言していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その言葉そのままに、試合開始直後から攻め立ててくる。

矢継ぎ早にシュートを打ってきて、

しかもそれがどれも「決定的」といってもいいきわどいシュート。

相手のコントロールミスや、西川のスーパーセーブで

かろうじてしのいでいる状況。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方のレッズは、前半の30分まではシュートゼロ。

リーグ戦からの悪い流れを引きずる形で、

決定機を演出できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも30分過ぎからは次第に流れが変わり、

レッズもゴールに迫るシーンが出てきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その流れのまま後半に入り、

53分には相手のボックス内で

武藤からのパスを受けてはなった森脇のシュートは強烈であったが、ポスト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、流れの良いときにえてして落とし穴があるのがサッカーである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

77分にレッズサイドでの相手スローインから、

アドリアーノにゴールを許してしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、その後もチャンスを生かせず、手痛い敗戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッズはグループ3位に後退。

しかも、次節はアウェイでこの全北現代と戦わねばならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、試合が金曜日、火曜日で

埼スタに行けなくて逆にラッキーだったと前向きに考えるべきか・・・。

 


コメントはまだありません
2019.04.08

使用前、使用後?

 先週、金曜日頬部痛、顔面痛を自覚。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムムム、これは、来たな、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前にも書いたがワタシは副鼻腔炎の持病あり、

風邪やなんかで、時に悪化する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レントゲン撮り、陰影を確認し、

自分でクスリを処方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 症状はすぐ取れ、1週間後はレントゲンで治っていることを確認。

やれやれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 左が治療前、右が治療後です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻にシュミットやられずに済みました。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たまに、蓄膿になると、患者さんの気持ち、自覚症状のツラさがわかって、

これはこれで、耳鼻科医としては悪い経験ではない?

 

 

 


コメントはまだありません
2019.04.07

奇想の系譜展

 前日に思いたって、土曜日の午後、上野まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お花見に来たわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、サクラもきれいでしたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、サクラ無いところでも、お花見はできるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の目的はコレです。

前から気になっていたこの催し。

会期は明日までなのでギリギリ滑り込み。

だが普段は17時半までだが、今日は特別に20時まで開室。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京都美術館は2017年6月のバベルの塔展以来。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 わりとスムーズに入場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「奇想の系譜」展とは、かつては傍流とされたが近年大ブームになっている

伊藤若冲をはじめとした、ちょっと「ヘンテコ」な絵画を集めたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 撮影禁止なので、以下、ショップで買い求めた2700円の図録から。

最初のコーナーは伊藤若冲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻が大ファンで、今回のお目当てでもある。

まず、このゾウとクジラがどどーんと御出迎え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 若冲の絵は「伊藤若冲展」だと大混雑で入場も大変で、

行ってもとても絵を見るどころではないが、

企画展なので、ゆっくり見られてラッキー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ニワトリは若冲のもっともポピュラーなモチーフだが、

これは最近発掘された作品で初公開らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このキンケイなども見事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これ、フグとカエルのお相撲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いては、このヒト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、たしかになかなか、グロテスク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな襖絵があったら、怖くて寝られない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このヒトの絵は、ちょっとユーモラス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大きなゾウと、ウシ。

この牛の下のところにいる・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このイヌがやたらカワイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イヌとかサルは好きみたいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナメクジの掛け軸とはユニークすぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3センチ四方に五百羅漢を描いた作品。

拡大鏡でないと見えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際の大きさは、こう。

こんなモノ掛け軸にして、どうするんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 絵巻物が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで、お客さん渋滞していたので、スルーして次へ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いては、狩野派のこのヒト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いかにも襖絵、っぽいですね。

梅がそのまま上に伸びると、襖からはみ出しちゃうので、複雑に横に伸びている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 虎と龍は日本画の重要なモチーフだが、この虎と龍は何となくユーモラス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、インパクトがあったのはこのヒトの絵。

画家ではなく、お坊さんなので、ある種独特のアート感がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時代的には若冲より前で、彼に影響を与えたという解説。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、パルコのポスターにでもなりそうな・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このヒトの絵は好きだな。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、琳派のこのヒト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 尾形光琳くらいはアートに疎いワタシでも知っています。

この、百鳥百獣図は明らかに若冲の影響を受けてますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ひとつの絵の中にいろいろな鳥、獣が大集合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、テッペンにいるのは「麒麟」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この構図は何となく東宝の「怪獣総進撃」を思い出させる。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、これまた最近大ブームのこのヒト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 有名なこの絵もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クジラも題材として多いですね。

ムカシは日本近海でもクジラが獲れましたからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも超有名な「だまし絵」です。

顔が人間の体で構成された人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、閉館時間も気にせず、ゆっくり、たっぷり見ることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いや、オモシロカッタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外に出るともう真っ暗。

上野公園は夜桜見物でにぎわい、いたるところで嬌声が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いくぶん、風も冷たくなっていました。

早く帰って、イヌの散歩しなければ。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.04.05

マリノスに惨敗、その中でちょっといい話は・・・。

 金曜日のナイトゲームが始まったのはDAZNの意向だという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いくら19時半でも金曜日の夜の埼玉スタジアムはムリ。

確実に見られないゲームが増えてしまうのは、大変クヤシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも、3万を超える観客を集めちゃう浦和レッズってすごいと思うが、

本日は来場者全員にTシャツプレゼントという大盤振る舞い。

この影響は大なのかも。

 

************************************************************************************

 2019年J1第6節

浦和レッズ  0-3   横浜Fマリノス  (埼玉スタジアム2002)

  (前半  0-1)

  (後半  0-2)

************************************************************************************

 残念ながら、そのTシャツはレッズファンにとって

悲しい思い出になってしまったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前節に引き続き4バックの布陣となった浦和レッズ。

その新システムへの不慣れが原因なのか、

開始わずか7分、

味方の足に当たってゴール前に流れたボールを、

マウリシオと西川が見合う形になってしまったところを

マルコス・ジュニオールにかっさらわれる形で失点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いらない失点はチームのリズムを乱す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズは再三4バックのウラをとられ、

ピンチを招く一方、攻撃にはフィニッシュに至る形が全く作れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半、0-1。

後半も、打開策のみえないレッズは、マリノスの猛攻を、

西川周作のファインセーブでしのぐが、

61分に、西川、2回はじき返したボールを3本目のシュートで決められる。

2回セーブしての失点はくやしいが、情けない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、金曜日は、ココで見るのをヤメタ。

あー、もう、ヒドイ。

もう、寝よう、ということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、残り30分を、翌日見たが、

なんとまた、70分にだらしのない追加点を食らって、

0-3の完敗。

見るのもツライ、今期の、ワーストゲームといっていい内容でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、マリノス3点目のゴールを決めたのは広瀬陸斗。

この選手は、なんとあの元浦和レッズの8番、広瀬治選手の息子さんだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Jリーグ発足前の三菱重工、三菱自動車時代からの選手で、

浦和レッズ創生期のメンバーとしてチームを牽引、

FKの名手で、アビスパ相手のFKは、思い出深い。

「〽ヒロヒロヒロヒロセ、ヒロゴール」がナツカシイ。

自分の息子が、自分の古巣相手にJ1初ゴール。

お父さんとして、このゴールはどんな気持ちだったのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、このひどいゲームの中で、ちょっと良かった話、かな。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2019.04.05

超大型連休の診療体制について

 新天皇の即位に伴って発生した4月末から5月初めの超大型連休。

誰が名付けたかプラチナウィークともいうらしいですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とくに、いままで祝日ではなかった4月30日5月1日5月2日の休日をどうするかでは

早くから問題になっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 年末に医師会からアンケートが来て、何となく決めたのですが、

当院の診療態勢はこんな具合になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、27日土曜日は通常通り午前中。

28日昭和の日とその代休29日はカレンダー通り休診。

真ん中の特別休日は5月1日だけ通常診療。

といっても、水曜日なので午前中だけ。

5月3日からの祝日はまたカレンダー通り、という感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、3連休と5連休になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホントは全部休みにしたいところですが、

このアンケートの時期が年末の忙しいときで、

全部休みにしちゃうと、その前後のシワ寄せがコワすぎるので、

途中に「ガス抜き」を設定しました。

休日前後に大混雑すると、

定期的に受診されている患者さんにもかなりのご迷惑をかけてしまうと思いますし、

何より、こっちの身が持たないっす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時期的には耳鼻咽喉科的疾患はかなり少ない時期ですし、

病院関係や休日診療所はやっていますので、

どうしても困った人のために、

という感じで開けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利市の広報を見ると、市内の耳鼻科の医院は、

4月30日~5月2日は

全部休んじゃうところも、全部やってるところもあるようですね。

どちらも勇気のいることです。

整形外科の中には昭和の日も、憲法記念日、子供の日も関係なく、

全て通常診療という医院もあるようでビックリですが、

職員からはクレームでないんでしょうかね。

ワタシなどは、今回、5月1日だけは診療します、というのも

職員の前で言うのにかなり緊張したんですが・・・・。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ