ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2013.12.31

2013年を振り返って

2013年の通常診療も昨日30日で終了。

 

 

 

今年もいろんなことがありました。

 

 

 

お仕事的には「電子カルテ」の導入。

 

 

 

最近やっとなれたけど最初は大変だった。

 

 

 

まあまあ、うまくいってるのでは。

 

 

 

こうしたブログを書いているので、最近、特に今年は

関東各地から「子供の局所麻酔による鼓室チューブ留置手術」

の目的での来院患者さんが目に付いた。

 

 

 

東京の某大学病院の紹介状持ってこらた方には、

びっくりしましたが。

 

 

 

その後も、手術後経過を見てもらってる地元の先生から、

ぜひ手術手技について教えてほしい、などというお手紙を頂いたり。

(まだ、お返事書いてない、後でお教えしますね。)

 

 

 

そのうち、学会で発表しようかしら。

 

 

 

 

 

さて、趣味関係ではまずバンド。

 

 

 

「CRP」で、群馬大軽音楽部のOB会に出演。

 

 

 

その後、「CRP」は太田祭りや納涼祭大野外ライブもあったが、

実は秋から活動休止になっております。

 

 

 

一方、昭和歌謡曲バンド「北朝鮮飯店」でも

1月のガッツの結婚式から、2回の公開軍事演習を行い

年末のクリスマスパーティーではディナーショーも。

 

 

 

さらに、この秋から新バンド「ザ・ドランカーズ」も始動。

 

 

 

まだ、ツキイチで3回しか練習してないけど、

来年春までにはなんとかライブデビューしたい。

 

 

 

 

聴く方では、11月のポールマッカートニーのライブが凄かった。

 

 

 

その他、リンゴ・スター、エドガー・ウィンター、ビーチ・ボーイズ、

ディッキー・ベッツ、結構行った。

 

 

 

六本木のビルボード東京でのベリンダ・カーライルのライブでは、

女子大生になった娘と初デートもしたし。

 

 

 

国内アーティストでは妻との初ユーミンもありましたが、

なんといっても長年の憧れであった森高千里さんのライブに初めて、

そして1年に3回も行っちゃったこと。

 

 

 

 

その他にも夫婦ではクラシック、ミュージカル、新しい歌舞伎座での歌舞伎、

結構いっぱい行きましたね。

 

 

 

 

浦和レッズに関しては10月中旬くらいまでは

大いに夢と希望に満ち溢れていたのだが・・・・。

 

 

 

まあ、楽しみが先に伸びたということで・・・・。

 

 

 

 

旅行はほとんどが学会関係しかなかったけど、

夫婦して、札幌、福井、名古屋、松本などで

名物旨いもの食べたし。

 

 

 

 

 

家族的には50過ぎた我々夫婦を含め、家族一同健康なのがありがたい。

 

 

 

そうそう、去年の今頃は手術で大変だったレディアちゃんも

すっかり元気で相変わらずバカ犬ぶり全開。

 

 

 

 

 

まあ、今年も無事に大晦日を過ごしています。

 

 

 

 

 

今夜の紅白は泉谷しげるが楽しみだ。

 

 

 

 

 

皆様、良いお年を。

2013-11-30 サンドラッグ食事会@バッカ 006

 

 


1件のコメント
2013.12.29

天皇杯は盛り上がっているか

年末の日曜日。

 

 

昨日の飲み会ですっかり風邪ひいちまった。

 

 

明日の午前中の最後の外来に備え、鼻をかみかみ自宅で静かに過ごす。

 

 

そんな中、ふとテレビをつけると天皇杯準決勝。

 

 

ああ、そうだった。

 

 

たしかナビスコ前に早々とレッズの天皇杯は終わっていたのだ。

 

 

どこに負けたかも思い出せないくらい遠い記憶だ。

 

 

後半30分、FC東京とサンフレッチェ広島は0-0であった。

 

 

あと15分、見るかと思ったら、

延長前後半でも結果がつかずPK戦まで1時間も見ることになった。

 

 

 

しかし、PK戦、すごかったっすね。

 

 

3人目までで2人が外したサンフレッチェは絶体絶命。

 

 

FC東京のサポは、もうこりゃ勝ったな、

元旦はああして、こうしてなんて思ってたのに違いない。

 

 

しかしそのあとの西川は凄かった。

 

 

なんとGK自らキッカーとしてPKを決めたあと、

立て続けに2本を止め勝負を振り出しに戻す。

 

 

そして、サドンデスの2人目を止め、

なんと奇跡の逆転勝利。

無題

 

すげええーーーー!

 

 

リーグ戦といい、こうまでシビれる逆転劇を見されれると

広島サポはたまらんでしょうなあ。

 

 

そして、決勝がその広島にリーグ優勝を持って行かれた横浜との対決とは。

 

 

なんか出来過ぎだけど最高のシナリオですね。

 

 

それにしても、レッズサポにとっちゃあ

遠い国のお話のようですね。

 

 

ただし、その西川、レッズが移籍獲得というウワサがあり。

 

 

そりゃ、チョー嬉しいけど、なんか恨まれそう。

(ただでさえ、広島からは有力選手を複数頂き、

サンフレッズと陰口叩かれているとか。)

 

 

まあ、決勝は広島を応援します。

 

 

あと、今日の結果ACL出場枠が転がり込んできた

セレッソ大阪の皆さん、おめでとう。

 

 

最終節でレッズに勝ったおかげですね。

 

 

 

ああ、これも遠い出来事だなあ・・・。

 

 

 


コメントはまだありません
2013.12.27

最速先行予約の疑問

なんと来年、ローリング・ストーンズがやって来る。

003

 

 

毎回これが最後かもと言われて20年あまり経つが、

今回はどうなんでしょうなあ。

 

 

まあ、この間の50周年のベスト盤に入っていた「新曲」が

あまりにカッコよくて、ほかの音源全部持ってるちゅうに

わざわざ2曲のために2枚組みCD買っちまった身としては

(しかもバンドでその曲演奏することになった身としては)

トウキョードーム行かない手はない。

 

 

 

そこでチケットだが、今回花道近くのGC席(ゴールデンサークル席)

なんとひとり8万円。

 

 

 

こら、すげー。

 

 

 

だいぶ迷ったが、その時頭をよぎったのは、

ここ最近のチケット事情。

 

 

 

ポール・マッカートニーをはじめとして、

レッズのナビスコ決勝、森高さんのディナーショー、そのちょっと前に行った

ユーミンのコンサート、今度行くお正月の歌舞伎、

チケットぴあ最速先行なんたらで皆ゲットした。

 

 

 

以前なら、発売日特電やらが全然繋がらなくてさんざん粘って結局取れず、

なんてことが有り、先行予約は便利だなあ、ぴあ会員になって良かったなあ、

などと思っていたのだ。

 

 

ところが最近

 

 

「先行予約に良席なし」

 

 

という格言(?)があることを知った。

 

 

なるほど、サッカーはあまり関係ないが、

森高さんは真横のよく見えない席だったし、

ポールは3階席、歌舞伎も2階席、

ユーミンは東京国際フォーラムの最後列であった。

 

 

チケット欲しいー、というファンの足元を見て、

売れ残りそうな席から最初に売っていく、

という魂胆がどうもあるようなのだ。

 

 

うーーむ、これはいかに。

 

 

そこでGC席である。

 

 

確かに高いが、その分先行でも良席の保証は有り、

と見て思い切って予約。

 

 

 

結果落選(泣)!

 

 

 

でもまた次にセブンイレブン先行抽選なんてのがあるので、

めげずに再チャレンジ。

 

 

 

しかし、GC席狙いで、結局取れずは困る。

 

 

 

ということで、悩みに悩んだ末、

第1希望GC席、第2希望S席、で申し込んだ。

 

 

 

結果、第1希望、落選

第2希望、当選

 

 

 

あああああ、やっぱり・・・・・・・・。

 

 

 

きっと、3階席なんだろうなあ、

でも、安いから、まあいいか、出費が減ったし。

 

 

 

と、考えて、ふと思う。

 

 

 

S席18000円って全然安くないぞ、

この間うわー、高えー、と思ったポール・マッカートニーの

チケットが16500円だったし。

 

 

そう思わせて、納得させるのも手なのか・・・・。

 

 

ああ、チケットぴあに弄ばれているなあ。

 

 

 

でも、芸能人とか、業界の人は最前列とか

ラクショーで取れちゃうんだろうなあ。

 

 

げに、チケット業界は摩訶不思議。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2013.12.25

小倉耳鼻咽喉科医院 Xmas Party 2013

昨夜は小倉耳鼻咽喉科医院クリスマスパーティーでした。

2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 026

パーティーではメインアクトで「北朝鮮飯店」ディナーショーがあるのだ。

(別に料理は中華や朝鮮料理ではなく洋食のコースですが。)

まずはそのPA関係の準備から。

今回は太田の前原先生のご好意で機材を貸していただいた。
(自分は他会場でライブだというのにスイマセン。)

2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 008

こちとらPAはシロートなので悪戦苦闘しつつも

なんとか音が出るようになった。

リハーサルの後ろでも「特殊効果班」の準備が続く。

2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 021

さあ、開場です。
2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 029

司会はこの東北人コンビ。

2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 034

本日は皆様ようこそいらっしゃいました。
2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 036

T大先生のメリー・クリスマスのご発声で乾杯です。

(この人乾杯似合うわー)
2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 042

そして、最初の出演は「コクレア」。

2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 053

日赤STの明日佳ちゃんと3年前からやってるユニット。
今回は「You’ve
Got A Friend」「Happy Xmas」を。

2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 064

続いて、「テポドンズ」登場。
2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 085

今回はポール・マッカートニー来日公演にちなみ「Eight Days A
Week」から。
2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 078

そして、メインアクトは「北朝鮮飯店」。
2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 110

「This Is ‘World Famous ‘
North Korean Restaurant From PYOUGYANG !」
のアナウンスとともに「PYONGYANG(TOKIO)」でスタート。

2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 112

空を飛ぶショーグン様にどよめく日本のヒトビト。
(飛んでないけど。)

2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 124

そして、奥村チヨ「恋の奴隷」。
2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 129

続いてはアコギのくーたんとショーグン様により「冬の稲妻」。
2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 142

そして、今年話題のあまちゃんから「潮騒のメモリー」を

「北朝のメモリーズ」が歌う。

2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 153

ここも「北」なのだ。
2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 157

お子様たちも「じぇじぇじぇ」。
2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 176

そして、シメはクリスマスパーティーということで「クリスマスイブ」。

人民帽をサンタの帽子に。
2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 179

リズム隊はトナカイさん。

2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 1812013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 182

シンデレラエクスプレスのCMは良かったなあ。
2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 183

そして、アンコールを頂き、

最後はぬわんとキャンディーズ!「やさしい悪魔」。

2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 197

もちろんワタシの選曲です。

2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 198

振りをきちんと覚えてないスーちゃん。

2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 202

しかし、この曲が演奏できてシアワセ。
2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 208

産休明けて、次回はそろそろアヤちゃんの復帰もあるか。
2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 217

楽しいクリスマスパーティーでした。
2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 218

ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

良いお年を。

2013-12-21 2013年小倉耳鼻咽喉科クリスマスパーティー 104


コメントはまだありません
2013.12.25

年末年始休診のお知らせ

今年の年末年始のお休みは、原則的に例年と同じ、

12月30日(月)の午前中まで診療を行い、

1月4日までお休みです。

 

 

ただし今回は1月5日が日曜日のため、

診療開始は6日の月曜日になります。

 

 

急患はこの限りではありませんが、

外出等で電話がつながらない場合もありますので、

その場合は少しおいていおかけ直しください。

 

 

でも、なるべくかけないでね。

 

 


コメントはまだありません
2013.12.19

ホームページをリニューアルいたしました。

ホームページをリニューアルいたしました。 今後も皆様のお役にたてるよう最新の情報を掲載してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。


コメントはまだありません
2013.12.19

反復性中耳炎についてのご質問


 寒くなって濃いハナが出る子供が増えて
それによって中耳炎も増えてきましたね。
 忙しい外来の中、電子カルテで
「ミドリの濃いハナに」
と、記載しようとしたら
「緑の恋は何?」
 といきなり昭和アイドル歌謡曲のタイトルチックな変換されて
ちょっと肩の力が抜けました。
 そんな中、またまた中耳炎についてのご相談ですね。
********************
こんばんは。
中耳炎について調べていたところ、こちらのブログをみつけました。お忙しいとは思いますが、ご相談にのって頂けると助かります。
現在10ヶ月の息子が中耳炎を繰り返しています。10月からすでに5回切開しています。
2回目の時に先生に次に中耳炎になったらチューブをいれた方がいいかもしれないと言われました。しかし、3回目の時は待ち時間がつらくて予約ができる違う病院に変えており、チューブの件を相談したら、まだ入れなくてもよいと言われました。
しかし、それからまた2回切開して、ほぼ毎日病院通いをしているのに中耳炎を繰り返すのが不思議なのと、痛がる子供が可哀そうでチューブを入れた方が良いと言っていた最初の病院に戻った方がいいのか悩んでいます。
それと、最初の病院ではオゼックスをほぼひと月近く処方されていました(うち5日はオラペネム)
2件目の病院ではワイドシリンです。
オゼックスがとても強い薬だと知り、驚いています。
抗生剤の服用を終えるたびに切開しているようで不安です。
こんなに中耳炎の切開を繰り返してもチューブを入れない方が良いのでしょうか…
またオゼックスをひと月以上の長い期間服用していて大丈夫だったんでしょうか…
お正月を前に、また急に中耳炎になってしまったらどうしようと不安です。メールでのご相談で申し訳ないのですが、答えて頂けると嬉しいです。どうぞよろしくお願い致します。
********************

 しかも、これはかなり重症。
 診察してないのでわかりませんが、
0歳の子で、10月から5回切開とはかなりのものです。
 ご質問のうち、オゼックスは大丈夫って言えば多分大丈夫ですが、
それだけのんだとすると
もう崖っぷちで後がありませんね。
 多分、ワタシならチューブ入れます。
 ただ、あくまで状況証拠だけなので、
最終的には主治医の先生とよくご相談なさってください。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。




5件のコメント
2013.12.18

他覚的耳鳴りについて


ちょっと前にいただいたご質問です。
********************
初めまして。
耳鼻科医さんのブログを見つけて少しお答え頂きたいと思い、コメをしました。
他覚的耳なりの治療法の事ですが答えられる範囲でお願いします。
蝦牛形メニエールの後遺症と思われますね。と耳鼻科医に言われました。治療法はないですとも言われました。
24時間バキバキやボキボキと鳴っております。
はや1年になります。
一般的に、他覚的耳なりの治療法はないのでしょうか?
もし、治療法があるようならば、どういった病院で通院したらよいですか?
なにか、アドバイスがあれば、頂きたいです。
お答え、宜しくお願いします。
********************

さて、他覚的耳鳴りとは一般の方には耳慣れない言葉かもしれません。
耳鳴り自体はポピュラーな現象で
多くの難聴の方が悩まされていますし、
大きな音を聞いたあとなどには健常耳の人でも「キーン」という耳鳴りを経験することが
しばしばあります。
しかしそれらは自分では聞こえても、
周囲の人にはわからない感覚です。
これに対し、他の人にも認識できるような耳鳴りを
「他覚的耳鳴り」と呼ぶことがあります。
多くの耳鳴りはこれに対し「自覚的耳鳴り」と言えますが、
耳鳴りは本来「自覚的」なのであえてこの言い方はしません。
「他覚的耳鳴り」を他人が聴く方法は、
その人の外耳道に耳を寄せて聴きとりますが、
耳鼻科では耳管通気に使うオトスコープというゴムのチューブがありますので、
これを患者さんと自分の耳に入れて確認します。
「自覚的」耳鳴りはキーン、ジーン、ゴーゴー、ジージーなどさまざまな音ですが
一般的には金属音にしろモーター音にしろ「連続的」な音です。
これに対し「他覚的耳鳴り」としては、
パキパキ、ピチピチ、サッザッ、などの断続音、クリック音がほとんどです。
多角的耳鳴りは耳の周囲の音が
外耳道経由でも聞き取れるわけで、
その原因はいくつか考えられます。
一つは筋肉由来。
口の開け閉めや、嚥下による耳管の開閉音が
鼓膜に反響して聴こえるもの。
これらは多くは「随意的」で自分で鳴らすことができます。
ただ、鳴らしたくないのに鳴っちゃうわけで、
不快に感じる方もいらっしゃいます。
また、耳管周囲筋や顔面筋、耳小骨についているアブミ骨筋の
「けいれん」でもカチカチ音、クリック音がします。
こちらは「不随意的」で24時間連続の方もいますし、
なったり治ったりという方もいます。
しゃっくりとか、疲れるとまぶたの筋肉がピクピク痙攣する、
あの現象を考えてもらうとわかりやすいです。
もうひとつのメジャーな要因は「血管性」です。
耳の近くには動脈が走っており、この血管雑音が聞こえる場合があります。
心臓の鼓動と同期していればそれと確認されます。

これは、自覚的にとどまってる場合が多いですが、
他覚的に感知できるほど大きい場合は、
心臓や脈管の異常がないか内科で調べてもらう必要があります。
その他、以前ブログで紹介した「耳管開放症」でも
まれに他覚的耳鳴りが聴取できる場合があります。
さて、他覚的耳鳴りの治療ですが、これは難しい。
そもそも、自覚、他覚を含めて耳鳴りの薬というものはありません。
自覚的耳鳴りはそのほとんどが内耳性難聴によるものなので
内耳性難聴が改善すればそれにつれて耳鳴りは改善します。
他覚的耳鳴りのうち、筋肉性、血管性のものはほとんど治療されていないのが現状でしょう。
ご質問の方の場合、どういったものが原因か不明ですが、
蝸牛型メニエールの後遺症で他覚的耳鳴りが起こる、
というのはワタシは聞いたことがないのでさらによくわかりません。
蝸牛型メニエールは内耳の病気なので、
普通、後遺症としての耳鳴りは「自覚的」なものですが。
耳鼻咽喉科で鼓膜の状態、難聴の有無等を調べてもらっているのなら
あとはさしあたって脳内CT,MRI等の画像診断でしょうか。
動静脈瘻や血管性腫瘍などは一応除外しておく必要があるでしょう。
あまりお役に立てずスイマセン。


コメントはまだありません
2013.12.15

森高千里さんのディナーショー


 いやあ、年末、年末。
 忙しいったらありゃしない。
 今週は
9日(月)クリスマスパーティーのためのバンド練習(2個掛け持ち)
10日(火)さらにそれとは別のバンド練習
11日(水)東京にコンサート出かける
12日(木)クリスマスパーティー会場と現地打ち合わせ
13日(金)赤ペケ病院耳鼻科忘年会
14日(土)また東京へ
という怒涛のスケジュールで。
 でも、これは遊んでばっかしかあ。
 いやいや、その間に准看護学校の試験採点やら、
雑誌の原稿依頼やら
モチロン外来診療も、年末進行になってきてるし。
 で、昨日土曜日はここでした。
(水曜日のコンサートの話はまた後日。)
2013-12-15 森高千里ディナーショー コットンクラブ 005
 ここは東京丸の内の「Cotton Club」というお店。
 実は森高千里さんのディナーショーに行ってきました。
images_20131215142821960.jpg
 「Cotton Club」は食事をしながらライブが見られるライブスペース。
 100人ちょっとのキャパで4回のショーのうち1回が運良く当たった。
2013-12-15 森高千里ディナーショー コットンクラブ 008
 夫婦ともに森高さんファンの我々、今年2回目の
ナマ森高千里。(ワタシはなんと3回目。)
2013-12-15 森高千里ディナーショー コットンクラブ 002
 ただし、当たった席は舞台ソデなので、
マイクスタンド越しに横顔しか見えないのがちょっと不満。
2013-12-15 森高千里ディナーショー コットンクラブ 011
 まあ、でも、距離近いし、当たっただけでも超ラッキー。
(しかし、最前列の数人はまた2回目のショーも見るって言ってたけど
どうやってチケット取れたんだろう?)
special_moritaka2.jpg
 コンサートとはまた違った選曲、雰囲気で
すごくヨカッタヽ(;▽;)ノ
 料理も美味しかったし、夫婦して楽しめました。 
 2013-12-15 森高千里ディナーショー コットンクラブ 016
 我々も森高さんもディナーショーは初体験。
 お互い大人になって良かったね、ということだ。
 
 また来年もやらないかなあ。
(今度は正面で見たいぞ。)
 さて、これはなんでしょう。
2013-12-15 森高千里ディナーショー コットンクラブ 023
 「Cotton Club」は東京駅丸の内口から歩いてスグ。
 帰りがけに名物のドーム天井思わず撮っちゃいました。
(周りでみんなが上向いて写真撮ってたもんで。)
2013-12-15 森高千里ディナーショー コットンクラブ 024
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。




コメントはまだありません
2013.12.08

惨めな最終戦&暢久退団セレモニー


金曜日の夜、よし、明日はこれ着て行こう。
2013-12-08 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 003

 

 

 

 


前節の惨敗で優勝の望みがついえ、4位に転落したが、
今節、2位3位の広島、鹿島が直接対決のため
浦和は最終戦のセレッソ大阪に勝ちさえすれば自力で3位以内のACL出場権を確保できる。
勝利のとんかつ定食、今年最後はおなじみ「三田屋」でどうだ。
2013-12-08 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 008

 

 

 

 

 


1年間ずっと工事中だった埼スタ周辺の道路。
2013-12-07 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 003

 

 

 

 

 


春、夏、秋と通い続けて、今日が今年最後。
2013-12-07 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 005

 

 

 

 


最終節は全会場一斉、15時30分のキックオフだが、
日の傾くのはずいぶん早くなった。
2013-12-07 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 009


2013年J1最終節
浦和レッズ      2-5       セレッソ大阪  (埼玉スタジアム2002)
(前半   1-2)
(後半   1-3)


選手入場はビジュアルではなく満員のスタジアム全体が立ち上がってタオマフを掲げた。
2013-12-07 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 011

 

 

 

 
さあ、ともに戦うぞ!
2013-12-07 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 017

 

 

 

 
斜め前の人のタオマフが逆さまなのが気になるが・・・・。
2013-12-07 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 018

 

 

 

 
ここのところ先制されてペースを乱していたので、
前半24分の元気のゴールで、勝てる!と感じたのだが・・・・。
2013-12-07 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 029

 

 

 

 
追いつかれ、前半ロスタイムに逆転を食らう。
ハーフタイム、お、広島勝ってるのか・・・・。
アウェイでやるなー。
2013-12-07 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 033

 

 

 

 

 
後半追加点取られたが、興梠の72分のゴールで、
一瞬息を吹き返したのだが。
2013-12-07 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 039

 

 

 

 
終わってみれば今季最悪の5失点でのボロ負け。
2013-12-07 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 042

 

 

 

 
ACL圏内どころか順位も6位に大転落。
いやあ、ナサケナイ。
試合後、何やら黒い幕を持った人々が入ってきた。
後ろのほうで「なんだ、葬式やるのか。」と笑えないジョークを言った人がいたが、
2013-12-07 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 044

 

 

 

 
そう、今日は、浦和の栄光の6番、
レッズ一筋20年、
山田暢久選手の退団セレモニーがあるのだ。
2013-12-07 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 047

 

 

 

 
この20年、自分の人生に起きたいろんな出来事とかさね合わせるとまた感慨深い。
20年前っつったら、まだ開業前、娘も生まれてなかったのだなあ。
2013-12-07 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 055

 

 

 

 
セレッソのサポーターも一部残って
このJリーグ史に残る偉大なプレーヤーに拍手を送ってくれたのがとてもうれしかった。
2013-12-07 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 056

 

 

 

 

スタンドのビジュアルはこのセレモニーのために残されていたのだった。
2013-12-07 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 061

 

 

 

 
近すぎて見えないがオーロラビジョンで見ると全体像がわかる。
2013-12-07 2013年J1最終戦 セレッソ大阪(埼玉スタジアム) 064

 

 

 

 

 
挨拶でここまで来れたのも丈夫に産んでくれた両親のおかげ、
と言っていたが、ケガらしいケガをほとんどせず、
20年間トップチームでプレーし続けたことはまさに鉄人。
でも、そんな、ストイックさや懸命さが全く感じられない、
暢久のユルさ、ナチュラルさが彼最大の魅力だろう。
もうちっと手ぇぬかずにマジメにやれよ、
と思った瞬間は数知れず。
ああ、今日はもう2回オーバーラップしたから、
もうこの試合ではヤマの「上がり」はないな、なんて。
今となっては懐かしい・・・・。
20年間お疲れ様でした。
(あんまり、疲れてないかなw)

 

 

 


 

[広告] VPS
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。


10件のコメント
医療系をまとめました。
2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ