ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.12.31

2018年、音楽活動総集編

 年末になると、テレビは「大河ドラマ総集編」とか「朝ドラ総集編」などの放送が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、大みそかの本日「小倉弘之音楽活動2018総集編」を組んでみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは1月7日、太田メイポールで行われた「ミドルな匂い」での「C5-dips」。

このときは風邪ひいてて、打ち上げ出られなかったんだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2月4日は佐野ハートロックフェス。

「Power Puff Nori-P’s」のアンジーさんと共演。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3月3日には足利BBCのアコースティックナイトに出た、バーベキューに1曲ゲストで

森高千里さんの「風に吹かれて」を弾かせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その翌日3月4日、桐生産文でのFMぐんまオヤジロッカー。

入賞は逃したが、いい経験でした。

この模様はラジオ放送されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3月23日は足利日赤軽音のコンサートに「コクレア」で出演。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4月29日は前橋ダイバーでの「バンドパラダイス」。

この時もアンジーさんにゲストボーカルをお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5月12日、足利ビアンベニューでのワタラセソニック。 

 

 この時は「北朝鮮飯店」でも演奏。

翌5月13日が、ワタシとショーグン様の誕生日だったので、

サプライズでお祝いしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5月28日は足利BBCでアコースティックナイト。

メズラシイ「C5-dipsアンプラグド」でした。

 

 

 

 

 

この時はバーベキューにもゲストで。

・・・・リコーダー(;^ω^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6月14日は伊勢崎レフュッジでのチャリティーイベント「Get Lucky」。

オール・フー・ファイターズ・セットで演奏。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 7月14日は足利BBCのアコースティックナイトにピンで出演。

シンちゃんがドラムサポートをしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その翌日7月15日はおおた夏まつりの野外ステージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 8月はメイポールの「生ビールまつり」にピンで出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 9月9日は運よく通った「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」。

小雨の中仙台までクルマで日帰り往復でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 9月はライブ月間でした。

9月12日は群馬県神流町で「ミュージックザウルス」。

行く途中にクルマがパンクして大変だったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして9月29日は足利BBCで念願のサウンド・スパイラルに出演。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 11月7日は岩谷くんと宇都宮Izakayaまで行って

izzyとあそぼナイトに出演。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 11月25日には太田ギルドの「Music Board」のライブにお邪魔して、

ナオちゃんと「Happy Christmas」を歌わせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 バンド活動しばらく間があって、12月1日足利BBCでのビートルズナイト。

サポートドラマーはシンちゃんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 12月15日はフジモトさんのお声かけで足利ショットバーEに「コクレア」で出演。

直前まで、高熱で、解熱剤を多用してのライブでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 12月23日最後の天皇誕生日は足利織物会館4Fホールで

サウンドジム・クリスマス・コンサート。

「北朝鮮飯店」ひさびさにフルメンバーで登場。

 

 

 

 同じステージで「C5-dips」も演奏。

北朝鮮飯店の長瀬さんにドラムをお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、記憶に新しい12月29日「おぐじび忘年会パーティー」。

まずは「コクレア」で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、3人のベーシストが入れ替わり演奏する、という演出で

「北朝鮮飯店」が2018年のトリを務めました。

 

 

 

 

 

こうしてみると、けっこうやってますねー。

この1年バンドを通じていろいろな場所でさまざまな人と交流を持てました。

ともすれば、閉塞的になりがちな開業医がこのような経験ができるのは

大変ありがたいことだと思っております。

やっぱ、音楽は生きる活力を与えてくれますね。

来年もまた、いろいろな場面で音楽が楽しめたらいいなあと思います。

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2018.12.30

年末の夜間急患診療所

12月30日、今年は1日早く「冬休み」入り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の忘年会のブログを書き、

機材を車から降ろし、玄関には正月飾りを取り付けた。

イノシシが可愛いので今年はこれにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼は帰省した家族と、近所のラーメン屋さん「泰鵬」で。

これも、恒例だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 子供のころも、家族と年越しソバ代わりにここのラーメン食べた記憶があり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、夜は休日夜間急患診療所当番の日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザ、急性中耳炎、アデノウイルス等々……。

時節柄、東京とか、浜松、とか帰省中の患者さん多し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、高熱でかかった3歳の女の子がいて、

検査の結果、インフルエンザは陰性。

扁桃炎の所見や急性中耳炎もないので

じゃあ、解熱剤だけ出しときますねー、

ということになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、少しして診察室のドアをトントンとノックする音。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだろうと思い、

「どうぞー」と声をかけると、

おそるおそる入ってきたのは先ほどの女の子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしたのかな、と思ったら

いきなり

「あげる」と手渡されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見ると、本人も同じお菓子を口にくわえてはにかんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年も押し詰まった救急外来、

忙しさの中にも思わずほっこりして、

出ていく女の子に

「早く治るといいね、よいお年を。」

と、声をかけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は大晦日。

 

 


コメントはまだありません
2018.12.29

2018年おぐじび忘年会パーティー

 最後の外来診療、29日午前の怒涛の120人を診たあとは、

忘年会会場へ急ぐ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずはセッティング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんなで協力して設営をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前原先生の頑張りで、PAが整い、リハーサルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、開宴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何とか、ここまで、来たぜー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、乾杯の御発声を恒例により足利日赤S部長より。

クリスマスは終わったが帽子をかぶればサンタクロースのようですが、

よく見ると「浦和レッズ」のタオマフをなさっているというお心遣い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イチ、ニイ、サン、ダー――ッ、で今年もカンパイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間は不慮の発熱で日赤の忘年会欠席しましてスイマセンでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて院長からご挨拶。

今宵は存分にお楽しみください。

今回、準備に追われ、司会もすべて自前でやることにしました。

耳鼻科医だが「歯科医」なんちて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しばし、ご歓談あれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年も多くの皆様にお越しいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 リサちゃんも大きくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院スタッフも大変ご苦労様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このヒトも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、ライブの皮切りは「コクレア」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間の日赤の忘年会で演奏予定だった曲を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 途中、日赤の新人「立野先生」が遅れて到着。

とりあえず、ご挨拶をしていただく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「コクレア」もう、長いですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 常に、準備不足が付きまとう・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、最後の曲の「転調」をワタシがど忘れしました。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ごめんねー、また来年出直します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いては「バーベキュースペシャル」。

いつものメンバーとは違い、ギター、ベースに岩波先生夫妻、ドラムにテルちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、端っこで緊張しているワタシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 森高千里さんの「渡良瀬橋」。

今回、リコーダーだけ参加させてもらうことに・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アヤちゃんがMCで目イッパイプレッシャーをかけたんで、

観客の視線が集中して、のけぞりそうになりました・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小学校の音楽の試験みたいだった・・・(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、お次が日赤S部長の替え歌スペシャル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これも年末恒例ですが、今年は真っ赤なマスクマン姿で登場。

「還暦スペシャル仕様」だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつもながら、楽しい替え歌、キワドイ内容も聴きどころですが、

なんと、最近はプロレスはプロレスでも「女子プロレス」にも熱を上げてるそうで、

これは、意外なオドロキでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、そんな中、出番を待つ「北朝鮮飯店生ビール軍団」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どう見ても、ヘンタイ集団だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1曲目の森高千里さんの「気分爽快」に合わせたコスプレだが、

これかぶって真面目な顔でMCしてるとオカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、準備OK。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「のーもーおー、きょうはとことん、のみまくりたいー。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場も一体となって、気分爽快! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただしこの生ビールは暑いし、音が聞こえないのが難点。

夏のライブにはムリかなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回はベーシストが3人入れ替わる「北関東飯店」。

最初のベース1は岩波先生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 札幌オリンピックの「虹と雪のバラード」では例によって日の丸の小旗で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もと、東京薬科大コーラス部のお二人。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 若いヒトは知らないが、安藤先生は札幌オリンピック当時、多分小学校4年生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思わず歌ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 グッドナイトベイビーはさらにその3年ほど前のヒット曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時メズラシイ、R&Bテイストの曲としてヒットしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっぱリコーダーよりギターの方が楽だなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2番手のベーシストは「グンマメディカルフュージョンカンパニー」から安藤先生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ぜひ「わが軍」に加わりたいと、以前からラブコールを受けておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回「グンマメディカルフュージョンカンパニー」の方が、

メンバーの都合で演奏できないとうかがい、

ベースで北朝、どうですか、と訊いたら、

スゴイ勢いで「喰いついて」来ました。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 安藤先生は前橋の循環器内科のセンセイ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バンドを通じていろいろな「音モダチ」ができるのは大変幸せです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3番手は「北朝鮮飯店」正ベーシックのリンダさんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スリリングな「J-BOY」も楽しかったー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2018年最後は「学園天国」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来年、安心して「北朝鮮飯店」を名のれる年でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 皆様、よいお年を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、2次会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一大イベントが終わってやっと肩の荷が下りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ゲスト参加の皆様もありがとうございました。

楽しかったねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 楽しい宴は夜半過ぎまで続いたのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来年が良い年でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 


1件のコメント
2018.12.28

年末年始の休診のお知らせ

 当院は例年12月30日の午前中まで診療し、

12月31日から1月4日まで休診、ということになっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は、だが、30日が日曜日なので、

年内の診察は29日午前中まで、

30日から1月4日までが年末年始の休診になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、今週は年末とあって連日大混雑、

午前午後ともにそれぞれ100人近い来院で、

連休明けの火曜日などは併せて230人も来て大変でしたが、

きょう、金曜日はここまでわずか140人足らず。

しかも、この時間で一時的に待ち人数ゼロ、になりました。

ちなみに、このレッズのカレンダー、やっと来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、受付時間30分以上あるけど、

多分、みんな明日来るつもりのようだ。

こりゃあ、明日土曜日の外来は修羅場かも、だなあ。

今日、来ちゃえば、待たずにかかれたのに・・・・・。

 

 


コメントはまだありません
2018.12.27

ようやく観ましたボヘミアンラプソディー

そして、サウンドジムXmasコンサート明けの24日、

ついに観ましたボヘミアンラプソディー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむ、ナルホド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番の感想は、

よくこんなそっくりなヤツを探してきたな、ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレディはなんとなくイメージ近い程度、

ロジャー・テイラーは、まあいい線かな程度だとしても、

ブライアン・メイとジョン・ディーコンは、

途中から本人じゃないかと思うくらい。

もちろん本人はもっと歳とっちゃっているので、

本人であるはずはないのですが、それくらいよく似てる。

フレディ役の俳優は入れ歯と、鼻の矯正で、似せたらしいが、

他のメンバーについては、そのような記事が無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にジョン・ディーコンの普段からダサい服装と、

髪型がどんどん変わり、最後オバサンパーマになっちゃうところまで

キチンと再現していたのはかなりウケた。

鼻がデカイのも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえばジョン・ディーコンは、

最初に日本の雑誌に載ったときには

ディーコン・ジョンとなぜか逆さまになってて、

後から訂正されたっけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何せ、クイーンは日本で売れる前からリアルタイムで体験しているので、

前半部分のバンドが売れていく過程で、使われている曲が、

実際の時系列からはオカシイ

という事がいくつか気になったけど、

曲自体の再現度はなかなかのもので、感心しました。

フレディのボーカルは俳優さんではなく、

カナダ出身の歌手による「吹き替え」のようですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際のフレディ・マーキュリーの顔は最初からインパクトがあり、

レコードのライナーノーツで

アフリカ、ザンジバル出身とあったので

ナルホドなあと当時思っていたのですが、

ご両親はインド系だったのは知らなかったです。

高校の同級生のK君は、出っ歯気味でフレディ・マーキュリーに

似ていた。

ただしオレより成績の良かった彼はロックには全く興味がなく、

現役で東大理科I類に合格しましたが、

今、どうしているんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブエイドは当時大きな話題になったので、

ワタシもテレビで見ましたが、クイーンのステージの背景に

あのようなドラマがあったとは全く知りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシなんかは当時からバンドやりたくて

ホウキをギターに見立てて鏡の前に立ってたクチですから、

ロックスターは憧れであり、マネしてみたい対象でした。

なので、フレディが白黒のタイツを履いたあたりから、

ワタシの中では徐々に「対象外」になっていたのですが、

髪型を短くして、ヒゲを生やし、

ピチピチの短パン姿でステージを走り回るのは、

もうついていけないなあと思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同性愛も否定はしないのですが、

自分はその気はさらさらないので、

ブロンドのお姉ちゃんにモテまくるロックスターは憧れちゃうんですけど

オジサンとイチャイチャするというのも

どうも感情移入出来ないヒトなんですよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、芸術家としてみた場合、

その才能はとてつもないものなので、

今も世界中でクイーンの楽曲が愛されているのは良く分かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画は面白かったけど、

やはりフレディ・マーキュリーはワタシにとって

憧れのロックスターではないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、いつもガラガラのアシコタウンの映画館、

祝日とはいえ、公開からもう1ヶ月半以上たっているのに、

けっこうお客さん入っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもパッと見たところ、

皆、ワタシよりかなり若いヒトビトばかり。

この人たちはクイーンのCDとか持っていたりするんだろうか?

まあ、ワタシみたいにクイーンの初来日公演を観た人は

いないでしょうけど。

ひょっとすると、フレディがエイズで死んだことを映画で見るまで知らなかった、

というヒトも多いのかも、と思いました。

 

 

そういえば、ライブエイドのDVD、

たしかウチあったはずだけど、どこいちゃったかなあ。

 

 

 


コメントはまだありません
2018.12.26

ボヘミアンラプソディーとクイーン

クイーンの映画が公開され大人気のようです。

 

 

 

 

 

 

 

クイーンのデビューは1973年。

デビューシングル「炎のロックンロール」を先行シングル発売。

当時中学2年生だったワタシは

この曲を初めてラジオで聴いたときのことを覚えています。

衝撃的なギターサウンドによるイントロ、

迫力あるボーカル、畳み掛けるリフに、

シングル曲なのにドラムソロまで入っているてんこ盛り。

ロックに目覚めていたワタシはこの曲でクイーンのファンになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時はロック黄金時代ではありましたが、

プログレが大人気だったこともありロックのレコードはLP主体。

だが、中学生はお金が無くおいそれとLPレコードは買えないので、ラジオが頼り。

でもラジオでかかるヒットチャートものは

エルトン・ジョンやポール・サイモンなどシンガーソングライターが席巻していました。

なので、本格的なロックの曲が

ロック専門番組以外でかかるのを聴いて、とても感動した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後デビューアルバム「戦慄の王女」の日本リリースが、

1974年3月。

「クイーン」なんだけど「女王」ではなく「王女」だったんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアルバムの「モダン・タイムズ・ロックンロール」で

初めて「動くクイーン」を見ました。

平日の午後5時台に放送されていた「Pops in Picture」という番組。

ナツカシー。

当時は動くロックバンドを見る機会はほとんどありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次いで1974年6月に名盤「クイーンⅡ」が日本リリースになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアルバムがお昼の校内放送でかかったのだ。

初めて聞くサウンドに教室内のロックファンの友人たちと、

「これは、ツェッペリン?」

「いや、これはイエスじゃないの?」

と、議論紛糾、

よし、直接確認しよう、とみんなで放送室に向かったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで1年先輩の3年生の放送部員の人が見せてくれたのが、

このジャケット。

おお、あのクイーンのセカンドかあ。

このアルバムは今もワタシの中ではクイーンのベストです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3枚目のアルバム「シアー・ハート・アタック」が出たのは

1974年の12月21日。

このアルバムは発売直後に買った同級生のT君が、

一緒に聴こう、とその足でレコードを持ってウチに来てくれました。

彼は、校内放送を聞いて一緒に放送室にかけこんだ男です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2人で英語の勉強だ、とばかりに辞書を片手に

「Killer Queen」の歌詞の和訳に挑戦しましたが、

最初の歌いだしの「She keeps her Moet et Chandon~」から

「Moet et Chandon」が英和辞典にのっていなくてあえなく挫折。

「モエ・エ・シャンドン」がシャンパンのブランド名だと知ったのは、

1990年代になってF1の表彰台でかけるシャンパンファイトからであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、クイーンと良く比較されライバルとされていたのは、

同じ年にデビューしたバッドカンパニー。

評論家筋はバッドカンパニーを高く評価し、

クイーンの評価はメチャメチャ低かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくいうワタシもバッドカンパニーが当時フェイバリットバンドであり、

クイーンも好きだけど

まあ、パープル、ツェッペリンよりは下かな、という感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1975年3月、そのバッドカンパニーが来日コンサートを行います。

どうしても行きたかったけど、

高校入試の直前だったので、涙をのんで断念しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その翌月、1975年の4月に今度はクイーンが初来日。

高校に無事合格したばかりのT君とワタシは、他に友人2名を誘って、

日本武道館の来日コンサートに行ったのだった。

高校に入って初めての実力テストの前々日でしたが、

もう、ガマンは出来ない!

ワタシにとって、クイーンの初来日公演が

記念すべき初武道館、初外タレのコンサートであったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、4枚目のアルバム「オペラ座の夜」がリリースされたのが、1975年12月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この時期、どんどんハードロックに志向が傾いていったワタシにとって、

このアルバムは落胆以外の何ものでもなかった。

なんだか、オペラ風のもあるし、全然ロックじゃねえじゃん。

と、これを区切りにワタシはクイーンから離れていったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、クイーンの人気は、そのころから凄まじくなっていったのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、クイーンの映画タイトルが

ボヘミアンラプソディーときいて、

まさにクイーンを見限った曲だっただけに、

最初はそれほど積極的に観に行きたい、とは思わなかったのですが。

この盛り上がりよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、ロックな耳鼻科たるこのオレが、

観ていない、というのは

ちょっとマズイんじゃないかという気になってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、いざ行こうと思ったら、

今度は年末のこの忙しさでずっと行く機会がなかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして.....

 

 


コメントはまだありません
2018.12.25

サウンド・ジムあしかが X-masコンサート~C5-dips編

 続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワレワレ「北朝鮮飯店」のあとは、森師匠率いる「エスペランサ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2人組のスパニッシュ・ギター・ユニット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よくぞ、あんだけ指動くなあ。

サスガです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その次は「Vortex-Tablet」。

女性ボーカルのJ-Pop。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 歯切れのよいサウンド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テクニックも素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、最後に登場「C5-dips」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は北朝鮮飯店のテルちゃんにサポートドラムをお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当日、リハで合わせただけですが、バッチリでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「C5-dips」年内これが13回目のライブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2018年の音納めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利のほか仙台、佐野、太田、前橋、桐生、神流町・・・

いろんなところで演奏しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は、クリスマスコンサートなので、

アヤちゃんにゲストボーカルをお願いしてこの冬4回目の「Happy Christmas」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 皆さんに素敵なクリスマスが訪れますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アンコールをいただいた、「Basket Case」が今年のシメ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次第に足腰、弱っていますが・・・・(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来年も、よい年でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、打ち上げ!!

今回は、寝ませんでした。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、今年も残すところあと1週間。

 

 

 


コメントはまだありません
2018.12.24

サウンド・ジムあしかが X-masコンサート~北朝鮮飯店編

 12月23日(日)、クリスマスイブイブ、最後の天皇誕生日はこのイベント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午後5時開演。

だが、その前に3時半から4時までC5-dipsのリハ、

4時から5時まで北朝鮮飯店のスタ練と大忙し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一番手は「Moon Ticket」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「サウンド・ジム」の森さんのミュージックスクールの生徒さんたちのバンドです。

オールディーズ中心の親しみのある選曲。

曲によっては「森先生」もサポートします。

大人の趣味としてのバンド演奏の楽しさが伝わってくるステージです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ボーカルの女王様のカツラが次第に、後方へ・・・

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ついに落下してしまいましたが、黒髪もステキでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いては「AVERAGE-6」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次の出番がワレワレだったので、準備であまり見られなかったのですが、

クリームのホワイト・ルームなんかやっててカッコよかったっす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大人のバンドが出るとジジイとしてはホッとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、フルメンバーでは1年ぶりの「北朝鮮飯店」。

なんか、ヘンなカッコしていますが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、この「かぶりもの」、今回初披露の「気分爽快」に備えてアマゾンで購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「今日は、ビールでカンパーイ」ということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにワタシのシャツにも注目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かぶり心地は暑くて「気分爽快」ではないが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 楽しい(≧▽≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにアマゾンで@¥2034でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 女子にはバドガールをリクエストしましたが、却下されました。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「カンパーイ」。🍻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アツイの2曲目からは脱ぎました。(^^;)

ところで、このバンド「北関東飯店」に改名したわけですが、

いつのまにか、「北朝鮮飯店」になっている。

これは、ワタシが主催の森さんに正確に伝えなかったためですが、

「米朝首脳会談」を経て、やや半島情勢の緊張は緩和されてるので、大丈夫かな。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、前半は岩波先生にベースサポートをお願いしました。

どう見てもハードロック/ヘビーメタルを演奏しているようにしか見えないけど、

曲は昭和歌謡「トワ・エ・モア」です。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1972年の札幌オリンピックのテーマ曲「虹と雪のバラード」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにショーグン様とケイコさんは東京薬科大コーラス部出身です。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場の皆様に日の丸の小旗で応援していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 岩波先生、サポートありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半3曲は正ベーシスト、リンダさん登場で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 八代亜紀のあとは今回は再び難曲「J-BOY」にも挑戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果は・・・・・・・・楽しかった。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、お客さんも、演奏者も楽しめるのが一番。

最後は「学園天国」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、年内あと一本、ライブあるぞ、ガンバロー。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後篇へ。

 

 


コメントはまだありません
2018.12.23

男の顔

 カルロス・ゴーンさん再逮捕で、拘置所で年明け、ですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カルロス・ゴーンでググると、かなりの頻度で

「ミスター・ビーン 似てる」という検索ワードが上がってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、最近、ゴーン氏の「悪そうな顔」が

メディアで採用されることが多いせいか、

「善人顔」のローワン・アトキンソン氏とはどうもイメージが違うような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中でテレビで見た、このヒト、

こっちの方がゴーン氏に似てたりして。

悪人かどうかは知りませんけど・・・・見た感じは、・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その次に画面に現れたこのヒトも

同じ顔の系列みたいです。

このヒトは善人だと思いますが、ワタシ、ファンですし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」とは

第16代アメリカ大統領リンカーンの有名な言葉ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 顔は作りではなく、内面を映し出すものなのか・・・・・。

と、朝、顔を洗いながら思う。

 

 


コメントはまだありません
2018.12.22

トローチください

 風邪の患者さん増えていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪は基本的に上気道(ハナやノド)のウイルス感染なので、

「ほっときゃ治る」病気ではあるのですが、

中耳炎や副鼻腔炎などの合併症を起こしたり、

溶連菌感染症やインフルエンザなどの「風邪では無い」よく似た病気も含まれますので

耳鼻科で診ることも意味がないわけではありません。

(内科ではなく、耳鼻科ですよ、風邪は。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく患者さんに「うがいをください」とか「トローチをください」

とか、言われるのですが、ほとんどの場合お断りしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それは、意味が無いだけでなく、

かえって症状を悪化させる可能性があるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うがいやトローチが対象とする、口腔内には、もともと「微生物」がいます。

それは「口腔常在菌」といわれるもので、生理的に存在するものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中耳や副鼻腔が「無菌的」な場所であるのに対し、

「口腔」「鼻腔」は菌がいる場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、イソジンなどのうがい薬、お医者さんで処方されるトローチには

「殺菌的な成分」が含まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これらは、すでに粘膜内に入ってしまった風邪のウイルスには無効です。

そればかりか、もともと口腔内にいる雑菌を減らし、

新たなる微生物の侵入に対する抵抗力を奪ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2005年の京都大学の大規模研究で、

水うがいは多少の風邪の予防効果があるが、

ポピドンヨード剤のうがいはまったく効果がない、

というデータが出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそもウイルスは20分以内には粘膜に侵入しちゃうので

個人的には水うがいも、どうかな、と思うのですが、

まあ、虫歯の予防にはなるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 てなわけで、当院ではポピドンヨードのうがいは基本的に出しません。

アズノールのうがいはまあ、気分がイイという人には乞われれば出しますが、

本音ではあまり出したくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 同様にトローチも、ください、というヒトには、

「ホールズ」の方が効きますよ、と説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、うがいなどの瞬間的な薬剤と粘膜の接触では

殺菌作用はほとんど発揮されないと思いますが、

それはまあ「意味が無い」ということにもなるわけで。

医療費の無駄に他ならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 風邪の予防には手洗いとじゅうぶんな睡眠、マスクです。

マスクは細菌やウイルスの侵入を避けるためではなく、

ハナやノドの粘膜の保温と加湿が目的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ムカシ、勤務医のころイソジン大好きなおばあちゃんがいて、

うがいはもとより、痛いところに塗ってる(!)とかいってたなあ。

そういや、正露丸を歯に詰めて虫歯が治る、って話もあったような・・・・。

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ