ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.07.31

駐車場変更のご案内

 

 クルマで当院にお越しになる方へご連絡です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 8月1日より駐車場が変更になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今まで、ご利用いただいておりました、第2駐車場が利用できなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トンネル通り沿い、法玄寺の前のこの駐車場は

8月1日から法玄寺に来られる方の専用駐車場になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その代わり、現在、法玄寺さまの駐車場になっているこちらが、

当院専用駐車場となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 看板かけ替え予定ですが、10台分のスペースがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当院にぐっと近くなりますので、是非ご利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、こちらの第3駐車場は従来通りご利用できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 満車等の場合は、向かいの市営駐車場にお駐めください。

無料駐車券を発行します。

 

 

 

ご不明な点は受付までお問い合わせください。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.07.30

パイレーツ・オブ・カリビアン新作見てきました。

 

この夏は、あまり見たい映画が無いなあ。

などと思いながら見たコレ。

原題は「Dead men tell no tales」で「死人に口なし」なんだけど、

邦題は「最後の海賊」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、かなりオモシロかった。

これで5作目、そろそろ飽きたかと思ったが、今まででも1,2を争う面白さ。

ネタバレになるけど、このギロチンのシーン、サイコーであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、もうこれはジョニー・デップのプロモムービーというか、

彼なくしては成立しない。

ジェームス・ボンドは様々な俳優が演じることができるが、

ジャック・スパロウは彼しかできない。

「男はつらいよ」の寅さんみたいだ、とは妻の感想。

まさに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のオマケといえばこのジャック・スパロウの叔父さん役。

なんと、サー・ポール・マッカートニー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズでは

キース・リチャーズがジャック・スパロウの父親役で出てるのは有名ですが、

やはり「海賊度」はキースにはかなりひけをとりますね。

ポールの顔はどちらかといえイギリス海軍将校あたりの方がしっくりくるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてことを考えてながら見ていると、

バルボッサの顔がロバート・プラントに見えてきた。(笑)

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、若いころのジャック・スパロウが出てきますが、

CGや特殊メイクではなく、別の若い俳優さんだそうです。

違和感なく、説得力ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「字幕版」好きの我が家は今回も当然字幕版で見ました。

これは当然字幕でしょ。この映画を吹替えで見る人の気が知れん。

あっれ、出てきたら「吹替版」になってる。

ここユナイテッドシネマ足利では同じ部屋で吹替版を3回、

字幕版1回の上映をしているようだ。

吹替えの方が需要が多いのね・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、そんなわけで、おすすめ映画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結末はいわないけど、エンドロールが始まっても席を立たずに、

最後まで見た方が良いですよ。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.07.29

苦いビール、負けるべくして負けた

 

 ひさびさにJ1 昇格の札幌との一戦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏休みに入ったこともあって、夏休み北海道旅行を兼ねて

多くのレッズサポーターが札幌ドームに足を運んだことだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな、楽しい夏の思い出になるはずが・・・・・

********************************************************************************************************************

2017年J1第19節

コンサドーレ札幌  2-0   浦和レッズ (札幌ドーム)

    (前半   1-0)

    (後半   1-0)

********************************************************************************************************************

 札幌14時となると、休診にしないとちょっと無理、

ただでさえ休みの多いこの時期、さすがに臨時休診にはできず、DAZN観戦です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コンサドーレ札幌といえば、前期のホームゲームで素晴らしい活躍をした都倉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、今回は新加入のタイ人初Jリーガチャナティップ。

タイのメッシといわれてるそうだ。

なるほど「タイ飯」か。

名前はケチャップご飯みたいだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしてもタイの人って、この間亡くなった「プミポン国王」といい、

80年代に活躍したタイサッカー史上最高のエース「ピヤポン」といい、

なんでみんな可愛い名前なんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズはワタシのブログを読んだと見えて、アウェイユニを蛍光イエローにしてきた。

(なんか、パソコンの横の本が写りこんでますね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、32分、その警戒していた都倉にコーナーから先制される。

マークについていた槙野が完全に身体を入れられていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、その7分後、槙野がイライラから(?)

接触プレーで都倉の顔面を蹴ったとみなされ1発レッド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1点ビハインドの上、数的不利。

そこで、後半ミシャ監督がとった策は一気に3人交代というもの!

森脇、武藤、李を下げて那須、宇賀神、ズラタンの3枚を一気に投入した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こ、これは、いくらなんでもちっとヤバくない?

と思っていた悪い予感はあっさり的中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半開始早々、変わって入った那須が負傷でピッチに戻れず、

残り40分以上を2人少ない状況で戦わねばならなくなってしまう。

だから、言わんこっちゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局、終了間際には追加点まで取られ

それも、途中交代のレッズレジェンドの小野伸二から、

新加入のジェイへのきれいなクロスからのヘッドで、

コンサドーレサポーターにこの上なく甘美な試合をお膳立てしてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーん、負けるべくして負けたレッズ。

さすがにここまで来たら週明けには監督交代の発表があるやもしれぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、夏休みの高い航空運賃で札幌に行った

レッズサポーターの諸兄におかれましては、

さぞかし苦いサッポロビールを飲んでるかと思うと、

その無念たるや、いかばかりなものかと、お悔やみ申し上げます。

 

 

 


2件のコメント
2017.07.28

渡良瀬通信8月号

 

 「渡良瀬通信」は足利市を中心とした

太田、佐野、桐生、館林などの地域の情報誌です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地域の美味しいお店やイベント情報などが毎号特集されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現在発売中の「8月号」の投稿・街トピ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 看護婦さんに言われて知りました。

あー、オレ出てますね。この間の「AnNOON LIVE」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本体価格191円+税で、絶賛発売中です。

(別に、宣伝頼まれたわけではありません。(^-^;)

 

 


コメントはまだありません
2017.07.27

非日常のロマンス

 

久坂部羊氏の本と、川渕圭一氏の本を読んで思い当たったことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

内科と外科の話である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医学部を出て医者になるときどの科に進むかは自分で選ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中には生理学や病理学などの基礎系に行く者もおるが、

臨床系の診療科は内科系と外科系に大別される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手術をする科としない科で以前のブログでも書いたことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳鼻咽喉科は「外科系」なので(頭頚部外科という言い方もある)

外科医である久坂部氏の本はピンとくるが、

内科病棟を描いた川渕氏の方はへー、そんなんだ、という印象である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開業医ともなると両者の差は少なくなるが、

こと病院、とくに入院の病棟では外科系と内科系はハッキリ違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳鼻咽喉科を含む外科系では、すべてが「手術中心」に回る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの患者さんは手術が目的で、それに合わせて入院し、

必要な検査、下準備を行い、手術日にクライマックスを迎える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、周術期を経て(多くは)次第に回復し、退院に向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、耳鼻咽喉科にはメマイ、難聴での入院や、

がんの放射線・化学療法などのために入院する患者さんもいるが、

中心となるのは「手術患者」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手術によっては朝からぶっ続けで深夜に及ぶこともあり、

消灯後の病室へ手術室から戻り、深夜帯の看護婦さんが出迎える、というケースも多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんをベットに戻し、点滴や、吸引のセットをして落ち着くと、

へとへとになってナースルームに戻る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、看護婦さんによってはお茶とかコーヒー入れてくれたり、

「お疲れ様でした」とお茶菓子やなんかをいただけることも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなとき、外科医は看護婦さんがステキに見えちゃうのですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハリウッド映画で、

たまたま居合わせた船で事故が起こり危機に陥った2人とか、

ひょんなことから災害に巻き込まれた2人の男女が、

そんな非日常的困難を乗り切る過程で恋に落ちるみたいな、

そんなことが深夜の外科病棟にはある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 手術、というのはやはり「非日常」ですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医者とナースの結婚は内科系よりも外科系に多いと聞いたことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実際にそうやってめでたく結ばれたカップル、いっぱいいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内科にはそういうシチュエーションあるのかな。

 

 


コメントはまだありません
2017.07.26

プールサイドはダークサイドへ

 

 スイミングは基本的に週3回、1回1000mをノルマにして体力維持に努めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前スターウォーズの海パンを仕入れたことを書いたが、

インターネットのバーゲンで、もう一個買っちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度は、「ベイダー卿」だ <(`^´)>

(本当はヨーダが欲しかったんですが売り切れでした。まあ、赤黒レッズカラーなんで。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これでプールサイドは、一気にダークサイドへ。(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ついでに赤黒レッズカラーのゴーグルもバーゲンで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ここのところ体力の衰えで、頑張ってもタイムは低下気味。

「マスター(名人)」には程遠い・・・・・。

目標は「体力維持」ではなくて「体力低下緩和」か。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2017.07.25

エグゼクティブな宿泊

先日、同窓会で新宿に泊まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

当初、会場近くのビジネスホテルを探したが、

値段と、距離の面で適当なところがなく、

カプセルホテルを利用した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、カプセルホテル「エグゼクティブフロア」で

ナント1泊6180円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6000円ならば地方都市なら普通のビジネスホテル1泊朝食付きで泊まれるが、

こと新宿だとビジホの相場は12000円程度か。

カプセルホテルがビジネスホテルの半額程度といえば、

これで相場なのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもエグゼクティブがカプセルホテルに泊まるか、

という議論はあるが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上下2段に部屋、とは、いわないか、

寝台スペースが並んでいるが、上段をチョイス。

 

 

 

 

 

 

 

スペースは、やや広めというが、まあ、こんなものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、涼しい環境で寝転んで本を読むのも快適。

(早く着いたので飲み会まで小一時間休憩した。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消防法の関係で、ロールカーテンはロックできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えてみると、寝台車を考えれば豪華版だし、

ヒコーキのファーストクラスなんか、これより狭いはず。(乗ったことないけど。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大浴場はあるし、洗面所もきれいでアメニティも充実しており、

ビジネスホテルよりはずっと豪華だ。

朝、大浴場に入って二日酔いもサッパリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周囲の人のイビキが心配だったけど、

飲んで帰ってあっちゅうまに爆睡していたので全く問題なかった。

そもそも、あれだけ飲んで、よく帰りつけたものだ。

夜中にトイレに起きたときも、イビキの人いなかったみたい。

自分がかいていたかどうかは不明。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、進化したカプセルホテルは、

カビ臭いビジネスホテルよりはイイのかも、ということでした。

部屋以外は、全部ある(笑)。

飲み会のホテルは、ベッドだけあればいいので。

 

 

 


コメントはまだありません
2017.07.24

レッズ、コロコロ、キンチョール

 

 その同窓会がなかったら、大阪まで行こうかと思っていたところであったが・・・、。

 

 

 

 

 

 

 いやはや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜はNHK-BSでの放送あり。

首位快走ホームで負けなしのセレッソ大阪と

大失速、どん底から這い上がるきっかけをつかみたい浦和レッズ。

まあ、注目のカードではある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしてもこの選手入場の 巨大「スプレー式殺虫剤」。(゚Д゚;)

固有の商品や商品名を放送できない公共放送NHKも

大阪商人のしたたかさには太刀打ちできんわな、こりゃ。

 

 

 

 

*****************************************************************************************************************************

 2017年J1第22節

セレッソ大阪    4-2     浦和レッズ (長居スタジアム)

    (前半   4-2)

    (後半   0-0)
*****************************************************************************************************************************

 

 ともかく、ザルのごとき守備で、いきなり前半6,8分に相次いで2失点。

いったい、中断期間、何をどう工夫したのか・・・(◎_◎;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでもズラタンのゴールで1点差に詰め寄った時には

流れが変わる可能性もあったが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またまたキンチョールをかけられて、2失点。

もう、ハエやカならポトリと落ち、ゴキブリならピクピクしてるところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ラファエル・シルバのナイスシュートで、前半は2-4で終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 荒れた展開で終えた前半であったが、

後半は、スコアレス。

乱打戦になればきっかけもあったが、セレッソはガッチリ固めてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、もう死んだな、死んでるだろう・・・・。

キンチョールはコオロギにも効くんだな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう打つ手はないのか・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうだ、ユニをあのシーズン当初の蛍光イエローにまた戻すとか・・・(^^;

 

 

 


2件のコメント
2017.07.23

新宿の夜

 

 昨日は、外来終了後、東京へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 目的地は新宿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年恒例、大学時代の仲間が集まる「同窓会」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「同窓会」といってもオフィシャルなものではなく、

東京近郊にいて集まれる人だけが、集まって飲む、

というオヤジ呑み会、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 会場は毎年変わりますが、決まってることは

「新宿で開催」ともう一つ「3時間飲み放題コース」の2点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 同期で耳鼻咽喉科を選択したのは2人のみ。

ワタシとこの林くん。

彼はこのたび、横浜の300床もある総合病院の院長に就任したそうだ。

「院長スゲエな」といったら「オマエも院長だろが。」とかえされた。

ま、そりゃ、そうですけど・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このメンバーになると、一気に30余年をさかのぼれるのがスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3時間飲み放題コースを飲み倒し、また、新宿の町へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、またまた、飲んでしまうのだった。

皆さん、ますますお元気で何より。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、来年あいましょう。

 

 

 


コメントはまだありません
2017.07.22

擬態

 梅雨が明け、朝の散歩コースはセミの大合唱。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 森の木立の中ならいいが、目立つところにいると、鳥に食われちゃうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 近づいても、わかりにくいなかなか見事な「擬態」でした。

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ