ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2015.05.31

ニッケルバック東京公演

 

 土曜日の午後やってきたのは東京体育館。

 P5300017

 

 

 

 

 

 別に、新体操を見に来たわけでもヨガ教室でもない。

 娘とニッケルバックのコンサートである。

 実はここ現在改修中の国立競技場の隣で、

 娘のマンションから徒歩20分弱。

 P5300014

 

 

 

 

 

 

 

 初めて訪れた東京体育館であるがこのマッタリ感はなんだ。(*´ω`)

 P5300016

 

 

 

 

 

 ローリング・ストーンズやポール・マッカートニーの時は

 3時間以上並んだ物販であるが、今回は列もなかった。

 まあ、早く買えて良かったけど。

 IMG_1524

 

 

 

 

 

 

 実は娘がこのバンドの大ファンなのだ。

 実は以前彼女の希望でこのニッケルバックの曲を

 1曲だけバンドで演奏したこともあり。

 P5300005

 

 

 

 

 

 6時開場。

 おおー、こんな感じね。

 さいたまスーパーアリーナをちょい小さくした感じ。

 P5300020

 

 

 

 

 

 

 開場前のマッタリした雰囲気から

 会場ガラガラだったらどうしようと思ったが開演前にはほぼ満員に。

 P5300022

 

 

 

 

 

 

 

 ロックバンドには珍しく(?)7時きっかりに客電が落ちて開演。

 いきなり総立ち。(≧▽≦)

 P5300023

 

 

 

 

 

 

 彼らのステージは初めてだが、うまい、かっこイイ。

 ビックリしたのはステージ上にはギターアンプ、ベースアンプの類が一切ない。

 P5300024

 

 

 

 

 

 

 

 すべて、ワイアレスで見えないとこにあるらしく、

 足元のペダル関係も全くなし。

 裏方さんが操作してるんだろうなあ。 

 ラクでいいなあ、スッキリしてるし。

 P5300028

 

 

 

 

 

 

 

 ニューアルバムのツアーであるが、古くからの知ってる曲が多く大変盛り上がる。

 この「Photograph」のステージングヨカッタ。

 P5300027 

 

 

 

 

 

 途中、レッド・ツェッペリンの「Mobby Dick」を演奏し、

 そのままドラムソロに行くあたりはジジイロッカーにはたまらない演出。

 

 

 

 

 

 何故か、観客に「Hotel California」をうたわせる演出もあった。

 

 

 

 

 

 

 そして、アンコール。

 P5300031

 

 

 

 

 イントロがながれてビックリ。

 

 

 

 

 最初は何かの間違いかと思ったが、

 この曲はまぎれもなくFoo Fightersの「Everlong」♪。

 

 

 

 

 なぜフーファイの曲を演奏するかわからないが、

 なにを隠そう、この曲もつい先日やはり娘がワタシのバンドにリクエスト。

 この間から練習中でワタシのバンド「C5-dips」で近日ライブ公開予定。

 

 

 

 

 

 とんでもないサプライズに驚き盛り上がる親子。

(他の観客はニッケルバックの曲でないのでイマイチビミョーな反応だったが)

 IMG_1527

 

 

 

 

 

 そして、最後は「Burn It To The Ground」。

 P5300034

 

 

 

 

 

 この曲こそかつて娘のリクエストで演奏した楽曲である。

 ワタシも娘も一番好きな曲。よくぞ、演ってくれました。

 P5300035

 

 

 

 

 そりゃ、盛り上がりますわな。

 

 

 

 

 そんなわけで、期待をはるかに上回る感動のライブでした。

 IMG_1543

 

 

 

 

 途中地震があったらしいが、全然気づかなかった。

 ステージでボーカルのチャド・クルーガーが

「オレたちのスゲエロックンロールのせいで地震を呼んじまったぜ、」

 などと言ってたようでしたが。

 

 

 

 

 会場を出るとその地震のせいで電車は止まってたが、我々は徒歩なので

 歩いて娘のマンション近くまで戻って居酒屋でカンパイ。

 

 IMG_1535

 

 

 

 

 

 あー楽しかった。

 

 IMG_1537

 

 

 

 

 


1件のコメント
2015.05.24

おぐじびバーベキュー大会2015&Jリーグ第13節

 

 

 5月23日、学会明けの週末は恒例のおぐじび大バーベキュー大会でした。

 

 

 

 今年は天候はばっちり。

 P5230001

 

 

 

 肉もたっぷり。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 16時スタート予定は喉が渇いて(?)ややフライング。

 P5230014

 

 

 

 まずはメンチカツ&コロッケをつまみつつスタート。

 P5230024

 

 

 

 

 さあ、定刻になりました。

 P5230022

 

 

 

 

 焼きかた、ハジメ!

 P5230034

 

 

 

 今日の目玉は牛タン

P5230029

 

 

 

 

 

 あとからもゲストが続々到着。

 P5230032P5230058

 P5230026P5230043

 P5230049P5230028

 

 

 

 天気がよくて良かった。

 焼きそばあがりましたー。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

パーティーは盛り上がってきました。

 P5230053

 

 

 

 そして、きれいな夕焼けのあとに夜のとばりが下りてくる。

(この方は誰でしょう?)

 P5230060

 

 

 

 

 

 日が暮れたら花火タイム。

 P5230071

 

 

 

 

 子供たちは大喜び。 

 P5230073

 

 

 

 

 

 大人も。

 P5230093

 

 

 

 

 

 一方、そんな中花火には目もくれず、テントにこもる我々。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 なぜかというと、この時間Jリーグ「浦和レッズ対鹿島アントラーズ」

 iPadを持ち込んでのスカパーオンデマンドの生中継を観戦中。

 

 P5230100

 

 

 

 

ちなみに隣に座るは薬局薬剤師のノコくんであるが、

 彼は熱烈なアントラーズファンである。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 ああ、もうバーベキューどこじゃないワタシ。

しかも、後半オウンゴールで失点だと~(--〆)

 P5230112

 

 

 

 

 しかし、足の止まった鹿島相手に同点ゴール(^o^)/

 その後、時々、フリーズする画面にイライラしたが、

 画面が復帰したらなんと逆転してんじゃん!!

 P5230118

 

*******************************************************************************

2015年J1第13節

浦和レッズ 2-1 鹿島アントラーズ (埼玉スタジアム2002)

  (前半 0-0)

  (後半 2-1)

*******************************************************************************

 

 

 

 やったー、それもコレも皆さんのおかげですm(__)m

ありがとーー。

 P5230119

 

 

 

 

 っつたら、いきなり胴上げの祝福を受けた。

 P5230123

 

 

 

 

 胴上げされたのは結婚式以来。優勝したわけではないが。

 P5230125

 

 

 

 

 

 さて、中締めをおえて深夜帯にはいる。

 P5230128

 

 

 

 

 

 だが、まだ、肉、肉、、

 P5230136

 

 

 

 

 あああー、もう食えねーー。

 P5230137

 

 

 

 

 

 焚火は楽し。

 P5230144

 

 

 

 

 

 

 なおも呑み、食い、夜はふけゆく。

 P5230143

 

 

 

 

 

 

 ワタシを含め4人がそのまま河原に野宿w

 

 

 

 

 

 

 

 

 翌朝、大音量の音楽で目覚める。

 

 

 

 

 何やら、若者がカーステレオを大音量出掛け、みんなで一緒に歌ってる。

 よく聞くと日本語でも英語でもなく、

 テントから出て見るてみると外人の男性グループであった。

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 なんと、彼らはスリランカ人で

 先月から日本語の勉強に来ているとのことであった。

P5240151

 

 いろんなことがあったが、今年もバーベキュー大会無事終了。    

 

  

 


コメントはまだありません
2015.05.20

5月21日(木)は学会のため休診です

 

 毎年この時期恒例ですが、日本耳鼻咽喉科学会総会のため、

明日5月21日は臨時休診です。

 

 

 

  header_low

 

 

 

 今回は、東京開催のため、日帰りです。

ちょっと、残念。

 

 

 

 


コメントはまだありません
2015.05.18

北朝鮮飯店@歌姫ナイト

 

   16日土曜日は足利「歌姫ナイト」でした。

  019

 

 

 

 歓喜の埼玉スタジアムからとってかえし、

ギターを担いでGOKURAKU-YAへ。

 

 

  018

 

 

 

 トップ・バッターは「こんがりをんず♡」。

ハウスバンドの「ガングリオンズ」の別ユニット的なバンド。

  004

 

 

 

 女性が多くて華やか、これぞ「歌姫ナイト」といった感じだが、

特筆すべきはそのバンド全体の人数。

 

 

 

 バック7人、ボーカル5人の総勢12人。良く並べましたね。

しかも、ハウスバンドだけに演奏技術は抜群!

楽しいステージ、最高でした。

 

  007

 

 

 

 

 

 そんな、本格派のあとにパチモン登場。

  020

 

 

 

 

 

 我が軍が公の場に姿を現すのは2013年の秋季大演習以来である。

  035

 

 

 

 

 

 

 オープニングSE「ドラクエのテーマ」につづいて、

今回1曲目は「異邦人」。

  022

 

 

 

 

 

 

 今回からアヤちゃんがキーボードに復帰。

  031

 

 

 

 

 

 

 ベースのリンダさん、ライブハウスは久々とか。

ドラムのテルちゃんはこの間HangoverZでやりました。

        033

 

 

 

 

 アコギは相変わらずクールなクータン。

  038

 

 

 

 

 さあ、そして2曲目。我が軍の誇る秘密兵器登場。

この歌姫ナイトはボーカルは女性、あるいは女装、という縛り。

 

 そこで、われらがショーグン様は

このような出で立ちで日本国民の前にお出ましになられた。

これぞまさに「違法人」。

  044

 

 

 

 

 いやー、閲覧注意ですね。

しかも曲は聖子ちゃんの「赤いスイートピー」。

  054

 

 

 

 

 これには日本の人々もビックリ。

  051

 

 

 

 

 なんか、存在感というか、質量が、スゴイ・・・・・。

  069

 

 

 

 

 

 

 続いて再びケイコのボーカルで「1986年のマリリン」。

  070

 

 

 

 

 ああー楽しいなあー。

このバンド、ワタシはリードボーカルとらないのがお約束なんだが、

ちょっと女装にも興味あり?

  059

 

 

 

 

 そしてお次はまた、別の歌姫、リンダさんのリードボーカルで

怒涛の演歌、石川さゆり「天城越え」。

 099

 

 

 

 

 ベース弾きながら歌う姿に萌えちゃいます。

 090

 

 

 

 

 そして、キャンディーズ♡

 107

 

 

 

 

 

 「やさしい悪魔」。

ミキちゃんが、ヤバイ。(^_^;)

 112

 

 

 

 フィナーレは「学園天国」。

 122

 

 

 

 

 たいへん、お騒がせいたしました。(≧▽≦)

 

  125

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな、「北朝鮮飯店」の次はおなじみ「じゃもーんず」で盛り上がる。

今回は歌姫ナイトなのでもちろんマキちゃんリードボーカルです。

 133

 

 

 

 

 そして、最後は「畝り音(うねりね)」。

 150

 

 

 

 

 

 本格派です。

 164

 

 

 

 

 

 夜遅くまで楽しんだ、

不思議な、楽しい「歌姫ナイト」の一夜でした。

 

 

 

 

 

 

 

 この写真、なんとなく香港あたりで撮ったみたいに見えますね。

 127

 


コメントはまだありません
2015.05.17

首位攻防戦は4-1の圧勝

 

 

  スギ花粉、ヒノキまでも終わったはずなのに、一向に患者さんが少なくならない。

 

 

 

 

 

 15時半キックオフは楽勝と思ったのだが・・・・。

 

 

 

 

 

 メシ食ってる時間はないので、途中でトンカツ弁当調達。 

 IMG_1501

 

 

 

 

 東北道をブッ飛ばしたが、キックオフには間に合わず。

 

 

 

 

 

 あと、ちょっとでスタジアム、

というところでわーーっと湧き上がる歓声が聞こえてきた。

 IMG_1502

 ただいまのゴールは背番号20、李忠成のゴールです。

の、場内アナウンスを歩きながら耳にする。

 

 

 

 

 

 あー見逃した―、

でも、先制したー、

でもこの1点が決勝点になったら悔しいなあ、

などと様々な考えが交錯する中、

ともかく一刻も早く、スタジアムへ!

 

********************************************************************************

2015年J1第12節

浦和レッズ 4-1  FC東京 (埼玉スタジアム2002)

  (前半 2-0)

  (後半 2-1)

********************************************************************************

 そんなわけで、開始15分でスタジアムに到着した時はすでに1-0であった。

 001

 

 

 

 相手は2位につけるFC東京、今日負けると

暫定だが順位ががひっくり返る、という「首位攻防戦」である。

 

 

 

 

 

 遠目には紫っぽく見える赤青のガスサポは、ゴール裏だけでなく

メインアッパーのアウエイ側にもけっこう来てるなあ。

 004

 

 

 

 レッズは興梠のワントップ、武藤、李の2シャドー。

前線から中盤のプレッシングがよく、球際も早く、強い。

 

 

 

 

 

 1-0で終わるのは悔しいなあ、と思ってたら、前半終了間際に関根の追加点。

 007

 

 

 

 やったー\(^o^)/

 

 

 

 

 

 来たかいがあったぜ。それにしても、見事な崩しであった。

 

 

 

 

 

 

 前半を2-0で折り返し、

ハーフタイムに持ってきた「ロースかつ弁当」を食す。

ゲーム中には食べない主義なので。

 012

 

 

 写真にとるとイマイチだが美味しかった。

 

 

 

 

 しかし、お茶なんか買いに行っててちと遅くなったので、

食い切らないうちに後半キックオフ。

 

 

 

 

 

 そしたら、いきなり目の前で武藤がゴール。

あわてて、弁当を置いて立ち上がる。

 

 014

 

 

 

 3点目。

 

 

 

 

 

 

 (最近注目されていて、気に食わない)代表の武藤のFC東京相手に

「じゃないほう」の武藤が決めてくれた。こりゃ、気持ちいい。

 

 

 017

 

 

 

 

 

 

 しかし、その後前田のゴールを食らい、3-1。

前田の移籍後初ゴール、ということは例の「デス・ゴール」!?

 

 

(ジュビロ磐田在籍の2007年から2012年まで6年連続で

前田遼一がシーズン初ゴールを決めた相手はJ2に降格するというジンクスがあった。

ところが2013年の初ゴールの相手は浦和レッズであり、

レッズは残留しこのジンクスが破られたばかりか、

ジュビロ磐田の方がこの年、J2に降格してしまった。)

 

 

 019

 

 

 

 

 

 

 ということはFC東京、降格か、なんてことを考えていたら、

 

 

 

 梅崎がすかさず、4点目!

調子づきそうになったFC東京の勢いを見事にへし折った。

 

 022

 

 

 

 

 

 

 

 

 首位攻防戦は、意外にもレッズのワンサイドゲームに近い形になった。

それにしてもこのカードで4万2995人はちょっと少ないのでは。

 028

 

 

 

 

 

 

 

 良い時間帯に効率よく得点を重ねたレッズ。

何となく「勝てる」チームになってきた。

李忠成もこれをきっかけに頼むぜ。

 033

 

 

 

 

 

 

 

 これで、首位固めに成功。次節のアントラーズに勝てば、

前期優勝が見えてくるのでは。

 036

 

 

 

 

 

 

 

 

 遅刻しつつも急いできた甲斐のある素晴らしいゲームであった。

 038

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつまでも勝利の凱歌を歌っていたいところだが、

夜のライブのため足早にスタジアムを後にした。

 039

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2015.05.14

今すぐ購入

 アマゾンとか楽天とかで通販のチェックすると、

他のホームページを見てるときなんかに

一度検索した商品や関連商品が、

どうですか、という感じで広告欄に出てくる。

 

 

 

 

 

 

 

ああ、やっぱ、買っとくかといって

なかば衝動的にクリックしちゃうこともあるが、

 

 

 

   これはないな。

 

 

 

 

001


コメントはまだありません
2015.05.13

シーソーゲームは4-4のドロー

 

昨夜は(といっても本日だが)ライブ後の打ち上げで3時半まで飲んでて帰宅は4時。

新聞受けの朝刊をとって家に入り、就寝。

 

 

 

 

んで、朝、7時半に起きてイヌの散歩を済ませ、朝飯を作って食べ

東京に行く妻を駅まで送って、今度は自分はJRの駅に。

 

P5100001

 

 

 

 

ベガルタ仙台戦に参戦のため、仙台に向かう。

P5100004

 

 

 

両毛線、小山駅で降りるとホームのヒトの波の中に・・・

P5100005

 

 

 

 

 

レッズのキーホルダーをつけた初老の夫婦を発見。

P5100006

 

 

 

目的地は多分、同じww

 

P5100007

 

 

 

 

今度は新幹線。

P5100010

 

 

 

 

鉄道の旅は大好きだ。

P5100011

 

 

 

 

お昼過ぎに仙台着、やはりここに来たからには・・・

 

 

けっこう並んでますが、まあ、時間はあるし。

よく見ると、並んでる人たち半分くらいはレッズサポのようだ。

P5100014

 

 

 

 

ここは、仙台在住のG氏に教えてもらったお店。チョー狭い。

P5100017

 

 

 

 

しかし、相当オイシイ。

人気店でワタシの数人あとで売り切れ閉店。

夕方も5時開店で6時ころには売り切れちゃうらしい。( ゚Д゚)

P5100019

 

 

 

 

さあ、準備OK!

P5100021

 

 

 

7判、13番、きみたちには負けないぞー。

P5100024

 

 

 

実はユアテックスタジアム初見参。

キャパの大きい宮城スタジアムの方は何回か来たことがあるけど、

あっちは仙台から遠いもんなー。

P5100025

 

 

 

ここかー。

P5100029

 

 

 

 

実は、チケット買うときはゴール裏レッズの自由席はすでに完売しており、

ここはアウェイよりだが、周りは仙台サポがほとんど。

P5100033

 

 

 

 

でも、前の席に7番梅崎がいてちょっと心強い。(^_^;)

P5100032

 

 

 

さあ、始まるぞ。

P5100037

****************************************************************************

2015年J1第11節

ベガルタ仙台 4-4 浦和レッズ   (ユアテックスタジアム)

   (前半 1-1)

   (後半 3-3)

****************************************************************************

実はレッズは仙台とのアウェイマッチでは

2003年9月27日のJ1第2ステージ第8節(○6-1@宮城スタジアム)以来、勝利がない。

 

 

 

 

ユアテックスタジアムでの勝利までさかのぼると、

J2時代の2000年J2第8節(3-2でVゴール勝ち)が最後。

(2004~2009年は仙台がJ2でプレー)

 

 

 

 

一昨年はリーグ終盤でここで戦い、ロスタイムに追いつかれ優勝戦線から脱落、

昨年は2-4の大敗を喫しており、まさに鬼門といえる。

P5100039

 

 

 

 

そして、前半8分、オフサイドぎりぎり

(オフサイドじぇねーの?)

という態勢から早々と失点を食らってしまう。

P5100041

 

 

 

 

 

周り一斉に立ち上がる。

仕方がない、アウェイだから・・・。

P5100040

 

 

 

 

ところが、前半ロスタイム、阿部のゴールで、同点!

レッズサポの割合はこれくらいなのか。

P5100047

 

 

 

 

 

ともかく、前半で追いついたことは大きい。

P5100048

 

 

 

 

勝負は後半へ。

P5100049

 

 

 

 

後半、ズラタン、梅崎に変えて興梠、李忠成を投入したレッズは

攻撃のテンポがぐっと上がる。

 

 

 

そして、興梠のゴール!

さっきと、同じ人が立ってますね。当たり前だけど。

P5100050

 

 

 

そして、畳みかけるように関根の追加点で3-1。

P5100053

 

 

 

 

いやー。こりゃ、もう勝ったでしょう。

P5100054

 

 

 

 

 

しかし、このスタジアムには魔物が潜んでいる。

油断したレッズは60分に失点。

P5100056

 

 

 

 

さらに5分後連続失点で同点に。

P5100057

 

 

 

 

そして、なんとさらに4失点目を喫し、再逆転される。

ああー、もうダメなのか。

 

P5100059

 

 

 

しかし、興梠のシュートで再び同点!!

P5100061

 

 

 間違い探し:6個上、9個上の写真と同じに見えますが、どこが違うでしょう?

(答え、ピッチ上の影の長さ。)

 

 

 

 

 かくして、ジェットコースターゲームは4-4というとんでもないスコアで終了した。

 P5100067

 

 

 

 

 

 

 あー、疲れたー。

勝てなくて残念だが、負けなくて良かったという思いも。

なんせ、鬼門だからなー。

 P5100075

 

 

 

 

 その後、仙台のライブでお世話になったG氏夫妻と合流。

(むろん、ベガルタ側で応援していた。)

 P5100081

 

 

 

 そういった意味でも引き分けは「無難」?

 P5100079

 

 

 

 

 せっかくなので、新幹線の時間を1時間半遅らせてちょっと一飲み。

実はご主人の方とは5月5日にも宇都宮で飲んでる。(^_^;)

 P5100083

 

 

 

 

 

 しかも、ワタシは今朝、3時半まで飲んでいたのだったが・・・・。

 P5100085

 

 

 

 かくして、仙台日帰りレッズツアー終了。

笹カマ買って帰途につきました。

 

 


コメントはまだありません
2015.05.11

C5-dips in Sound Spiral@Little Bird

 

 今週初めから何となく体調悪く、風邪気味だなあ、という自覚はあった。

 

 

 

 

 

 5月5日の火曜日に宇都宮かぼちゃ亭に

竹田和夫氏のライブを観に行ったことはすでに書いた。

 

 

 

 

 

 

 その翌朝ホテルで目覚めたら、なんと声が全く出なくなっていた。

 

 

 

 

 

 

 風邪のウイルス+多量のアルコール

+バンドオヤジと深夜に及ぶロック話+ピリ辛ギョーザ=失声

 この方程式の「解」は「不摂生」である。

 

 

 

 

 

 

 週末にはライブ。

しかも、Little Bird10周年記念

Sound Spiral3周年記念イベントの「トリ」である。

 

 

 

 

 

 

 耳鼻咽喉科医30年のあらゆる知識、技術を総動員してなんとかせねばならぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 それなりの薬も処方したが、なんといってもこの病態に対する

最善の方策は「沈黙療法」である。

 

 

 

 

 

 

 

 よって、この4日間ひたすら口を閉ざし、

陰陰滅滅とした日々を過ごした。

 

 

 

 

 

 

 しかし、連休が終わり200人ペースの来院、

しゃべらないわけにはいかず、

ライブ当日になっても声は完全には治らないまま。

 しかも、その当日も土曜日半日で130人超 (T_T)

 

 

 

 

 

 

 ああー、ライブ、逃げ出したい、とマジ思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、当日家で直前まで養生して、ライブ会場に着いたのは

イベント半ば、PANTILAXの演奏中だった。

(見られなかったカセットコンロ、じゃもーんず、ゴメンナサイ。)

 

 008

 

 

 

 迫力ある演奏に、ますます気持ちが萎えてしまう。

 

 

 

 

 

 続いて登場、The Dots。ロカビリーバンドだが

ベースの電気トラブルにより出だしやや遅れる。

 010

 

 

 

 

 

 でもウッドベースはカッコいいなあ。

イベントの主催者ドラム担当のF氏がリーダーのバンドだが、

やはり本職エンジニアのF氏のドラムは「理系」のドラム。

切れ味抜群で気持ちいい。

 012

 

 

 

 

 お次はカントリーのソロのKimmy氏のステージ。

軽妙なトークで素敵でした。

 031

 

 

 

 

 

 さあ、出番だ。

 033

 

 

 

 

 

 やや押したのでスタートは11時35分過ぎ。

果たして声は出るのか?

 042

 

 

 

 

 

 

 

 おお。何とかなるかも。

 044

 

 

 

 

 

 

 

 この4日間でのど飴20個以上舐めた甲斐があったか。

 047

 

 

 

 

 

 

 

 はたまた、夕方、妻の勧めで飲んだステロイド剤が奏功したか。

 046

 

 

 

 

 

 

 

 

 時間の関係でセトリは多少は端折ったものの、何とかライブができました。

 052

 

 

 

 

 

 

 

 最後はアンコールもいただき、感謝です。

思わず、観客席まで乱入してしまう・・・・。

 054

 

 

 

 

 

 そんなわけで、55歳最後のライブでした。

リトルバード10周年、おめでとうございます。

また、Sound Spiral3周年もおめでとう。

そして、関係者の皆様に感謝です。

 051 

 

 

 

 

 

 演奏終了後、深夜からの打ち上げでは、

なんと誕生日に先立ってサプライズのバースデイ・パーティーまで用意していただいて、

これまた感謝、感激です。

 

11221647_656576624472452_1677707420467132303_n

 

 

 オレももうすぐ56周年。

 

 

 

 

 セットリスト

 1.Letterbomb

 2.Holiday

 3.All The Small Things

 4.Troublemaker

 5.Give Me Novacaine

 6.Bridge Burning

 7.American Idiot

~encore

 8.Jumping jack Flash

 


コメントはまだありません
2015.05.08

消化試合をスッキリ消化

 

 

 

 宇都宮にライブ見に行ってた関係で、帰宅して翌日の録画観戦となった。

****************************************************************************

アジアチャンピオンズリーグ予選最終節

ブリスベン・ロアー  1-2  浦和レッズ(ロビーナスタジアム、オーストラリア)

     (前半   0-1)

     (後半   1-1)

****************************************************************************

 ゴールデンウィークのオーストラリアでのアウェイゲーム、

日程発表から楽しみにしてツアーを予約したレッズサポも多かったのでは。

(ちょっと、ワタシも考えた。)

 

 

 

 

 

 しかし、前節で予選敗退が決まった浦和レッズ。今期初の「消化試合」となった。

 

 

 

 

 

 スタメンは大幅に入れ替え、普段試合に出てないメンバー中心。

柏木、ズラタン、槙野等は遠征にも帯同してないという。

 

 

 

 

 

 だが、これがなかなか良かった。

 

 

 

 

 

 西川のおかげでまず出番のない大谷がはつらつとしたプレーを見せたり、

岡本や小島もいい経験をしたと思う。

 

 

 

 

 

 しかし、すごかったのは興梠の存在だ。

 

 

 

 

 

 怪我明けで調整の意味もあっての起用だが、

体の切れやプレーのセンスは、ピッチの中でも際立っており、

さすが浦和のエースだな、という印象であった。

 

 

 

 

 

 途中交代の武藤も好調さをアピールし、

最初のタッチがゴールというのも素晴らしい。

 

 

 

 

 

 いっぽう、李忠成の不調は深刻化しつつある。

 

 

 

 

 ゴール前の決定機での反応がコンマ数秒遅い。

 

 

 

 

 このコンマ数秒の遅さがストライカーにとっては致命的である。

 

 

 

 

 だから、いいプレーはしてるんだけどゴールが取れない。

 

 

 

 

 

 福田正博氏はもうちょっと力が抜ければ、といっていたが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 ともかく、こんな形で取れなかったACLでの勝利を手にすることができた。

 

 

 

 

 

 最終節にACL予選突破の望みを残した鹿島アントラーズが、

直前のリーグ戦で主要メンバーを温存し、最下位甲府に敗戦を喫し、

そのうえ、ACLでも負けてしまったことを思えば、

前節ガンバ戦に迷いなく戦って勝利をおさめ、

またここで若手の経験や、興梠の復帰の手ごたえを感じつつ勝利したことは

結果的には、予選敗退が決定してたらこその収穫かもしれない。

 

 

 

 

 

 うーん、人間万事塞翁が馬だなあ。

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
2015.05.06

ギターとギョーザの夜

 

  ゴールデンウィークの4連休は結局足利市内から一歩も出てなかったが、

5月5日の子供の日は宇都宮まで足を延ばす。

 

 

 

 

 

 やってきたのはライブハウス「かぼちゃ亭」

 P5050006

 

 

 

 

 

 以前、2回くらい演奏させてもらったことがあるが、

今回は出演ではなくライブを聴きに。

 P5050007

 

 

 

 

 

 お目当てはこれ、ギターレジェンド竹田和夫氏のライブなのだ。

 P5050008

 

 

 

 竹田和夫氏といえば日本を代表するトップギタリスト。

特に我々が高校生のころはバンド「クリエイション」でロック小僧を虜にした。

まだ、チャーはプロデビュー前の話である。

 

 

 

 オープニングアクトは「ソウル定食」なるソウルバンド。

 P5050010

 

 これがまた相当にカッコいいバンドでファンになりました。

 

 

 

 

 そして、メインアクトの竹田和夫トリオ登場。

今回はベースにヒロ小川氏、ドラムに樋口晶之氏と

往時のクリエイションのメンバーからなるバンド。

豪華だ―。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 スタートは竹田氏が最近志向するジャズの曲だったが、

次第に、ブルース、ロック、ファンク等、多彩なナンバーを演奏。

 P5050018

 

 

 

 やっぱ、上手い、スゴイ。

近距離で見るとそテクニックのすごさがわかる。

 

 

 

 

 かぼちゃ亭マスターのizzy氏も途中からセッションに加わる。

(あとできいたら打ち合わせ無しだったらしい)

 P5050017

 

 

 

 

 いろいろなギタースタイルを聴かせてもらったが、

個人的にはやはり竹田氏のブルースギターが一番だ。

 P5050020

 

 

 フレットの上で左手の指がまるでバレエのダンサーのように踊る。

さすが、カズオ”Flash”タケダ、といわれた抜群のギターである。

 

 

 

 

 

 そんな、レジェンドな竹田氏とライブ終わって写真撮らせていただいた。

 P5050029

 

 

 なんか、かつて高校生のころラジオやレコードで聴いてた人に

実際に会ってお話をするのはまことに不思議な感じ。

(でもギター持ってないとフツーのオジサンみたいなww)

 

 

 

 

 オヤジロック仲間で一緒にライブ参戦した合田さん(ドラマー、ワタシと同学年)は

これまたあこがれのドラマー樋口氏と2ショット。

 P5050027

 

 

 

 あとで、こっそり足元見に行くと、なんとエフェクターはボスのSD-1一発のみ。

カッコええー!!

 

 P5050026

 

 

 

 

 そして、その後は宇都宮の町中に繰り出す。

 

 

 

 

 

 午後10時というのに長蛇の行列並んでるギョーザ屋さんがありビックリ。

 

 

 

 

 

 並ぶのは嫌なのでその近くの行列のないギョーザ屋さんに入る。

しかし、ここも先ほどまでは行列だったらしく、

名前書く札と外に行列さばきのガードマンさんがいた。

P5050030

 

 

 

 

 

 これこれ、宇都宮ではギョーザだけでビールのない店もあるので

ガードマンの人に確認してから入店。

 P5050033

 

 

 

 

 

 いやあ、ギョーザも美味かったけど、rockオヤジの

音楽談議、バンド談議に花が咲き楽しい連休終盤の夜でした。

 

 P5050034

 

 

 

 

 


コメントはまだありません
医療系をまとめました。
2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ